トマトと花中年

最近のちょっとしたマイブームは、ハチミツレモン(手作り)とミニトマトだったりします。

e0166398_22473277.jpg


韓国の人達って、日本人以上にトマトが好きですよね~。 普通に食べるだけじゃなく、化粧品なんかにも
トマト成分が含まれたものが数多く存在しています。 やはり美白効果があるからでしょうか。

私は日本に居たときは特にトマトが大好きというわけでもなかったのですが、以前韓国人の先輩のお宅へ遊びに行った時に、お子さん達におやつとしてミニトマトを食べさせているのを見て非常に感心し (このお宅では普通のお菓子は滅多に与えないとのこと)、私も自分の食生活を反省して おやつ代わりにこのミニトマトを食べるようになりました。 身体にも良いし美白効果も少しは期待できるだろうし、一石二鳥かしら、と。


そうそう、ご存知の方も多いと思いますが、韓国ではミニトマトは果物のような扱いをされています。
よって、ケーキやパッピンス(韓国風カキ氷、美味!) にもミニトマトちゃんがちょこんと乗っていることも・・・。
下の写真はヘイリで食べたワッフルですが、こちらにもちゃ~んとミニトマトが乗っていました。


e0166398_190176.jpg


そんなわけで、「ふむふむ、韓国ではミニトマトは果物扱いなのね」 と納得していたのですが、先日、何かの折に学生達に 「韓国ではミニトマトって果物扱いされてますよねー」 と言ってみたところ、「そうです」 と頷いた子が約半数、「いえいえ、違います」 と首を振った子が約半数居てビックリ! ミニトマトを野菜だと思っている人も結構居る、ということですね。 でも 「果物みたいにして、ケーキなんかと一緒に食べますよね」 という質問に対しては、全員一致で頷いていました。 ちなみにSY(夫)の親戚宅に行ったりすると、デザートにイチゴとミニトマトが同じプレートに乗って出されたりもします。^^;

こんな話を日本人の友達にしたところ、「アメリカでも 『トマトは果物か野菜か』 という論争が巻き起こって、裁判にまでなったことがある」 と教えてくれました。 裁判沙汰にまで!? さすがは裁判の国、アメリカ!

驚いてネットで調べてみたところ、確かにアメリカではトマトは果物か野菜かを巡って大騒動があった模様。 でもこれにはちゃんと理由があって、アメリカでは法律により輸入野菜には10%の関税がかけられるけれど果物は無税であるため、らしいです。 何事にもキチンと理由があるものですね。 こちらのサイトに詳しくありましたので、興味がある方はぜひどうぞ。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


さて、今日はもう1つ、最近私が知った面白い韓国の流行語についてお話したいと思います。

皆さんは 「꽃미남(コンミナム)」 という言葉をご存知でしょうか? 漢字で書くと 「花美男」、文字通り花のように美しい男性を指すのですが、^^; 今から5~6年ほど前から流行している言葉だそう。 日本で言うところのイケメン、のようなものでしょうか。 ところが最近、花美男を上回る(?)新語が登場したそうです。 それは、「꽃중년(コッチュンニョン)」、漢字で書くと 「花中年」 です。 意味は通じるけど、「中年」 って・・・もう少しオシャレな単語は無かったのかしら。 汗

で、その花中年の皆さんの必須アイテムが、下のようなものだそうです。


e0166398_22474590.jpg


私としては、蝶ネクタイに反応してしまいました。 やっぱり蝶ネクタイ、流行ってるのね~と・・・。 というのも、以前このブログでもご紹介した素敵雑誌DOOに、蝶ネクタイをした中年男性が何人か載っていまして・・・。 個人的には 「なんじゃこりゃ」 のファッションなのですが、テレビでも蝶ネクタイ男性をよく見かけますし、韓国では 「オシャレな中年男性の必須アイテムだったんだなぁ」 と妙に納得してしまいました。 でもやっぱり普通の男性が蝶ネクタイというのはちょっと・・・レッドカーペットのカッコイイ俳優さん達がタキシードに付けるなら良いんですけどねぇ・・・

e0166398_21271164.jpg


韓国の人気バラエティーショー、「남자의자격(男の資格)」 でも 「花中年プロジェクト」 なる企画があって、普段はダラっとしたコメディアンさん達がパリッ!とした花中年になる、なんていうのもありました。 こちらのサイトにいくつか写真がありましたので、興味がある方はどうぞ。(ここでもトマトパックが登場。)  私も彼らのことはテレビでよく観て知っていましたので、冒頭の写真の変身振りに大爆笑! そうですよね、やっぱり中高年ほど清潔でキチンとした恰好をしなきゃ!

e0166398_018153.jpg



韓国は中高年に対してすごくシビアな国(?)で、結婚した人はみんな 「アジュンマ(おばさん)」 なんて呼ばれてしまうようなところなんです。(私はまだかろうじて 「アガシ(お嬢さん)」 と呼ばれますが、それもいつまで続くことやら・・・)  でも、呼び方ってとても重要ですよね。 もし 「おばさん」 なんて呼ばれたら、一気に 「そうだよね、もう私って歳なんだ」 と気付かされて、オシャレする気も半減してしまうかも・・・。 韓国のアジュンマ、アジョッシのオシャレ度が低く、行動も完全にオバタリアン・オジタリアン(?)的なのは、そんな呼び名にも原因があるんじゃないかしら、なんて思ってしまうのですがいかがでしょう? そう考えると、「花中年」 なんて新語が流行ってくれるのも良い傾向かもしれないな、と思います。 若いイケメン君よりも どちらかというとロマンスグレーのオジサマの方に興味がある私は、ソウルにも素敵なオジサマ達が増えてくれることを切に願っております。 どうもまだ韓国は 「おじちゃ~ん!」 と呼びたくなっちゃうようなビミョーに残念な方が多くてですね。。^^; バスの運転手さん達なんて、運転中に窓を開けてカーッペッ!と痰を道路に吐いちゃったりしますしね。 とほほ。


興味がある方は、下の記事も御覧になってみてくださいませ。

・中央日報 「時代は花中年!」 →こちら
・産経ニュース 「コンミナムからフンナムへ? 癒し系男性が大人気」 →こちら


人気ブログランキングへ ←最近は仕事をする為に毎晩スタバちゃんのお世話になってます。クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-04-24 00:00 |     生活雑記


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル