おフランスの風 @ソウル

同僚のフランス人・セリーヌ(仮名)のお宅にお邪魔してきました♪

e0166398_21562092.jpg



e0166398_21565842.jpg
既に書いたと思うのですが、私が勤務している大学では外国人講師2人につき1部屋の研究室が与えられています。 普通は同じ国籍の人同士が同室になることが多いのですが、たまたま私とセリーヌは同室になって。 それまで私はフランス人と接する機会が無かったもので 「どんな感じだろう」 と思っていたのですが、想像以上に楽しくお付き合いさせてもらっています。^^ 彼女も私もパーソナルスペースが広い方ですが、それをキチンとキープした上で親しく付き合おうという姿勢が似ているからかもしれません。


セリーヌは去年のフランス・ボルドー旅行記(1)(2)にも登場しています。



今回伺ったのは、彼女が最近引越してきたというアパートです。 ソウルはここ数年、再開発再開発であちこちで高層アパートがにょきにょき建てられていますが、ここもそういった再開発地域の1つです。 同じようなビルが10数棟も聳え立ち、まるで一つの街みたいになっています。

e0166398_21571483.jpg


正直に言うと、以前はこういうアパート群ってあまり好きじゃなかったんです。 10年以上前に建てられたようなアパートは、色彩的にも材質的にも安っぽくて残念なものが多かったですし。 が、しかしっ! ここ数年はセリーヌのアパートみたいに外観も落ち着いて感じが良い建物も増えている&一歩中に入ると凄く広くて立派なところも多いので、私もかなり見直しているんです!!066.gif

e0166398_222316.jpg


というわけで、早速お邪魔しま~す!

e0166398_21572948.jpg


きゃー!056.gif オシャレなセリーヌのイメージにぴったりなインテリア!! モダンな中にもアジアンテイストをふんだんに取り入れているあたり、勉強になります。 「西洋人好みのアジアンテイスト」 といった感じもしますが、それがまた日本人の私から見るととても面白い!!

李朝家具もいくつも置いてありました。 ほとんどイテウォン周辺で購入したそうです。

e0166398_21574139.jpg


下の写真のランプはIKEAで購入。 韓国にもIKEA(の代理店?)はありますが、ちゃんとした大きい店舗は無いので、彼女は大抵フランスのIKEAで買って飛行機で持って帰ってきているのだそうです。 ご苦労様・・・。 ちなみにフランスと韓国の電圧&プラグの形は全く同じなんですって。

真っ赤なソファーカバーは、東大門総合市場でオーダーしたのだそう。 とても上質な生地ものもで、クッション10個込みで100万ウォンぐらいだったそうです。 私は若干高いと感じましたが、セリーヌは 「本当に安かった」 と言っていたので、通常はもっと高いものなのでしょうか? (我が家、ソファーが無いので分かりません)

e0166398_2157554.jpg


こちらの飾り棚は日本のものですが、ソウルで購入したとのこと。 「私、日本の家具や陶器にも興味があるの」 とセリーヌ。 彼女は数年前に一度、京都を旅行したことがあるんですって。

e0166398_2158943.jpg


その京都旅行の際に買ったという日本人形。 「ケースを買い忘れたけど! 埃が心配・・・」

e0166398_21582144.jpg


オシャレなキャンドルホルダーも、フランスのインテリアショップで購入して持って帰ってきたそうです。 フランスに帰省するたびに大荷物で帰ってくるという彼女、とにかく自分の身の回りを 「好きなもの」 で溢れさせて、心地よく暮らすことを大切にしている人です。 私の中のフランス人そのもののイメージ。

e0166398_21583392.jpg


彼女お気に入りのキッチン脇のスペース。 黒いカウンターテーブルが欲しかったけれど気に入ったものが売っていなかったので、ソウルの家具屋さんに特別注文して作ってもらったのだそうです。 「安かったのよ!」 と言っていたけれど、いくらだったのか聞き忘れました。。 インテリア師匠のLooさんも 「家具をオーダーして作ってもらった」 と言っていたけれど、ソウルでもこうやって上手に自分テイストの部屋を作って快適に暮らしている人達が大勢いるんですね~

e0166398_21584583.jpg


壁のパネルピクチャーもパリで購入したもの。 テーブルに乗っているエッフェル塔は、なんとソウルの大型スーパーHOME PLUSで買ったのだとか!! 彼女、イケア&HOME PLUSを上手に活用しています。

e0166398_21585658.jpg


こちらの壁には彼女の出身地、ボルドーのポスターが。 本当に美しい街だったなぁ・・・

e0166398_2159988.jpg


彼女の部屋のセンスを褒めまくっていた私に、気を良くしたセリーヌが 「あなたはどんなインテリアにしているの?」 と聞くので・・・ 「うーん、壁紙を交換してランプを買って、フランスの写真家のオシャレなポスターを額装したぐらいかしら」 と私。 モノクロという点では、彼女の部屋のテイストとちょっとだけ似てる・・・かも? (下の写真は我が家の一角です)

e0166398_23385863.jpg


   オーダーメイドの額装についてはこちらの記事をどうぞ。


   リビングのテレビの脇の天井から床にかけて吊り下げられたランプ、物凄く気に入りました。↓
   夜はとってもキレイでしょうね~。 こちらもやはりパリで買ったのだそう。

e0166398_21592198.jpg


 こちらはパリのイケアで購入したランプ。 何だかほうきみたいですが・・・穂先がブルーに光ってキレイ。
 (写真では分かり辛くてゴメンナサイ、、)

e0166398_21593389.jpg


ベッドルームのランプ。 枝の部分をギュっと真ん中に寄せて飛行機に乗せてきたそうです。

e0166398_21594675.jpg


ブラック&ホワイト、そしてピンクとレッドが好きな彼女の徹底したカラーコーディネート。

e0166398_220093.jpg


ベランダには・・・ブッダが。 「私、とにかくブッダの顔に強く惹かれるの」 という彼女は別に仏教徒というわけではなく一応クリスチャンだそうですが、教会には通っていないそうです。

e0166398_2201253.jpg


   三清洞(サムチョンドン)の街灯って、確かこんな感じでしたよね~

e0166398_2202536.jpg


CDやエクササイズマシーンが置いてある部屋。 そうそう、彼女の家、一体どのぐらいの広さがあると思いますか? 見事当たった方には商品・・・は無いですが ^^; 当ててみてください!

e0166398_2203862.jpg


答え: 44坪! ・・・私は 「坪」 と聞いてもいまいち広さがピン!と来ないのですが、とにかく広い家であることは確かでした。 彼女は4歳の娘さんと2人暮らしなのですが、2人で暮らすには広すぎる家でした。 何部屋あったかな、リビング・ダイニングの他に4部屋か5部屋あった気が。 1部屋の広さは、少なくとも6~8畳ぐらいずつはあったし。

e0166398_2205016.jpg


既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、韓国の家賃システムは物凄く独特なんです。

チョンセといって、かなり高額の敷金を大家さんに預けておくことで 月々の家賃は無料になる制度が1つ。
(日本人には理解し難い摩訶不思議なシステムですが、大家さんは預かったお金を資金運用して利益を得て、家賃の代わりにするらしい)
ウォルセといって、日本や他の国と同じように月々決まった金額を家賃として支払う制度が1つ。
そして最近はチョンウォルセといって、チョンセでいくらか預けておきつつ、同時にウォルセも払うという制度もあるそうです。 銀行金利がぐんと下がった今、チョンセで家を貸してくれる大家さんが減ったからでしょうね。

セリーヌの家は3つ目のチョンウォルセのシステムを取っていて、チョンセとして最初に大家さんに1億ウォン(約800万円)預け、ウォルセとして月々90万ウォン(7万円ちょっと)支払っているとのこと。 ソウルの中心部の家ではないのでこの金額で済んでいますが、同じような広さの家を我が家の近くで借りたらこの1.2倍ぐらいは取られるでしょうし、江南地区でなんて借りたら2、3倍以上はするでしょう。 う~ん。

ちなみに我が家は完全にチョンセだけで借りているので (お金はSYのお祖母様から借りている)、月々の家賃は無料です。 最初は分けが分からなくて怖かったのですが、今となっては 「毎月家賃が出ないのって有り難いなぁ」 と感謝しています。^^

e0166398_221352.jpg


さてさて。 こちらは今フランスで大ブームというウォールステッカー。 ソウルでも最近よく見かけます。

e0166398_2211637.jpg


以前も書いた気がしますが、こういったアパートは通常バス・トイレが2つずつ付いています! これ便利。
(我が家の小さいヴィラはもちろん1つだけ・・・)

e0166398_2213495.jpg


娘ちゃんのプレイルームは、女の子らしい夢のある色彩で溢れていました。 「私の両親が子供部屋もシックな色合いでまとめたがった人達で、私は反発を感じていたの。 だから私の娘の部屋は思いっきりピンクやカラフルな色で溢れさせたいわ!」 とセリーヌ。 写真は撮り忘れましたが、家の形をしたベッドもとてもキュートでした。 「このベッドなら子供が頑張って一人で寝ようという気になるでしょ?」  確かに。

e0166398_2214922.jpg


お昼ごはんはお手製のパスタ。 彼女も私も夏バテ気味なので、量は少なめでした。 ホッ。 沢山作ってもらっちゃったら、残すのが申し訳ないので・・・。 お母様秘伝のソースで作ってくれたパスタは、あっさりした味でとても美味しかったです。^^

「このキッチンツール、見たことある?」 と彼女に見せられたのは、パスタ用のトングとチーズスライサー。 「トングとスライサーでしょ?」 と言うと、「そうか、日本には普通にあるのよね。 韓国だと見たこと無いって人が大半だから」 とセリーヌ。 今の若い人はまた別でしょうが、家で普通にイタリアンを作る人はまだまだ少ないここ韓国です。

e0166398_222377.jpg


韓国陶磁器コレクション。 彼女も青磁より白磁の方が好きだそうです。 韓国にはこんなに美しい陶磁器がたくさんあるのに、どうして一般家庭では安直なプラスチック製食器を使うことが多いんでしょうね・・・。 テレビでもコレールとかを大宣伝しているけれど (もちろんコレールでもいいんですよっ)、もう少し日常的に韓国の伝統的な陶磁器を使う人が増えたらいいのになぁと他人事ながら思います。 せっかく素晴らしい技があるのだから。

e0166398_2221581.jpg



○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●


せっかくなので、ちょっと外もお散歩してみましょう、ということになりました。
(でも湿気でジメジメしていて倒れるかと思いました!!054.gif

e0166398_2231515.jpg


竹の小道があったり、北漢山をイメージした?と思われるような植え込みがあったり・・・

e0166398_2233171.jpg


   もちろん 「ザ・韓国!」 な運動器具も設置されていて・・・

e0166398_2224594.jpg


  テニスコートまでありました。

e0166398_222596.jpg


写真は撮り忘れたけれど、子供用のプレイグラウンドも7・8所ぐらいあった気がします。 彼女も言っていたけれど、子育てするには最高の環境かも。 周囲にはオリニチプ(保育園みたいなもの)や小学校、学院(塾)などもありました。

e0166398_2234658.jpg



私もインテリア雑誌を見たり、インテリア雑貨のお店を覗いたりするのが大好きだけど、やはり 「百聞は一見にしかず」 だと思いました。 実際にオシャレなお宅を見せて貰うのに勝るものはありませんっ!049.gif

これから 「オシャレなソウルの家シリーズ」 なんて特集コーナーを作っちゃいたいぐらい、今日も色々刺激を受けて帰ってまいりました。 「我が家も撮っていいわよ」 という心の広い皆様っ、自薦・他薦は問いません、ぜひご一報を~ (かなり本気!!)



人気ブログランキングへ ← これ以上暑くなったらどうやって生活しよう・・・ クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-07-02 00:00 |     整理収納・インテリア


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル