韓国の結婚式♪

今日はSY(夫)の友達の結婚式に行ってきました。^^

e0166398_2132543.jpg


私が韓国の結婚式に参加するのもこれで5回目か6回目。 「カメラを持っていく必要も無いかな」 とは思ったのですが、考えてみたらこのブログで韓国の結婚式について書いたことは一度も無かったはず。

以前、韓国の結婚式に参加する際の洋服についてコメント欄でご質問いただいたりしたこともあったし、これはぜひ写真を撮って記事にせねば!という使命感に駆られて(?)カメラを持っていくことにしました。 カメラを持ったからには、頑張って撮影してきますよ~!



ちなみに韓国の結婚式では日本のように 「皆がカメラを持参」 ということはまずありません。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、一部のゴージャス婚を除いては本当に短時間で終わるシンプルな結婚式が多いため、わざわざカメラを持っていく必要が無いからだと思われます。



さて、SYとウェディングホールに到着すると、外の駐車場でお友達が車を053.gifウェディング仕様053.gifにするのに手こずっていました。

韓国では新郎新婦は欧米並みにウェディングカーに乗って移動するんですよ~ (缶はぶら下げません)

e0166398_2134036.jpg


説明書を見ながら花を車に付けていきます。 「真ん中のハート・・・上手くハート形にならないっ!」 とヤケ気味の彼。 ぷぷぷ、笑っちゃいけないけれど、大の大人の男性が真剣に車をデコレーションしている姿が何とも可笑しいやら微笑ましいやらで、思わず笑ってしまった私です。037.gif

e0166398_2135478.jpg


ウェディングカーとして使用する車は、豪華な車を持っているお友達が貸してくれる場合もあるし、レンタカーする場合もあるそうです。

今回、新郎新婦は結婚式を挙げたその足で空港に向かってハネムーンに出発するので、お友達集団が皆で良い車をレンタカーをしてあげようとしたのだそうですが、新郎が 「そんなのいらないから、お金でくれ」 と言うので、誰かのテキトーな車をウェディングカーとして使うことにしたのだそうです。。 まったく、女心の分からない新郎だこと・・・034.gif


炎天下の中、ウェディングカーのデコレーションを見ているのも辛いので、ウェディングホールの中に入ってみることにしました。

新婦控え室には、可憐で可愛らしい花嫁さんが待機中!016.gif 親戚やお友達は会場に到着すると まず新婦控え室に行き、新婦さんの顔を見てお祝いを言うのが慣わしです。

e0166398_214934.jpg


ロビーには、韓服(ハンボッ)を着た女性たちがたくさんいました。 「結婚式だから皆きれいな衣装を着ているのは当然よね」 と思ったそこの貴女! ちょ~っと違います。 きちんとした韓服を着るのは親族のみ。

後述しますが、お友達は普段着に近い恰好の人も大勢居ます。 日本の結婚式だとゲストはフォーマルな装いが普通ですし、中にはキチンと着物を着て行く人もいますが、ここ韓国ではお友達の結婚式に伝統衣装を着て行くなんてことは99%無いと思います。

もしかしたらこれを読んで下さっている日本人の方の中には 「韓国人の友達の結婚式に招待されたから、せっかくだし日本の着物を着て行こう」 とお考えになっている方もいらっしゃるかもしれませんが、よっぽど豪華なホテルで行われる特別な結婚式でない限り、着物でなんて行ったら浮きまくります。

e0166398_2143556.jpg


SYのお友達の結婚式会場は2階だそうですが、1階の入口付近で他のカップルさんの結婚式が始まっていたので ちらっと覗いてみることにしました。

そう、会場と雰囲気によりますが、結構誰でも自由に入れちゃったりするんです。^^; (普通そんなことする人は居ませんけどね・・・)


下の写真を見てお気付きになった方もいらっしゃると思いますが、ゲストのテーブルに食べ物は乗っていません。 ここはあくまで結婚式が行われる会場であって、食事は結婚式が終わった後、別のホールで各自勝手に食べて帰るのが韓国流なんです。

e0166398_2144964.jpg


ささ、赤の他人様の結婚式で拍手をしてきた後は、また外の駐車場に戻ります。

デコレーションはどうなったかしら・・・と覗いてみると、他のお友達(全員男性)も合流し、皆で試行錯誤が続いていました。 なんだかゴツい男性もいるのに、皆で汗をかきながら花を付けている姿に またも一人で笑いをかみ殺していた私でした。 くくくっ037.gif ←手伝いなさいよっ


仕上げは 「Just Married」 の張り紙。 パーフェクト!!

e0166398_215114.jpg


余った花をタイヤに付けるSY。 そんなところに付けたら走り出した途端に取れちゃうでしょ、と思っていたら、シャッターを切った次の瞬間にポロッ・・・と落ちていました。 え、縁起でもないっ!

e0166398_2151265.jpg


ようやく車のデコレーションが終わり、一服した男性陣。 「じゃあ、そろそろ会場に行くか」 というので付いて行くと・・・

もうとっくに結婚式始まっちゃってるし!!! 

e0166398_2152541.jpg


でも大丈夫。 式が始まる前からちゃんと会場内でスタンバッている方々もいらっしゃいますが、式が始まってからどやどや入ってくる人達も大勢いるのでノープロブレムなのです。 ドアも開けっ放しだし、非常にフランクな雰囲気。

一応会場前にレセプションがあって記帳してご祝儀を渡せるようになっていますが、別にそれをしなくても中に入れちゃう感じです。 (あ、ただし記帳してご祝儀を渡さないと、お食事券は貰えません。)

e0166398_2153777.jpg


何となく席につけなかった人達が、会場の後ろの方に立ったまま見守ります。 式自体は30分から40分程度で終わるので、立ったままでも苦になりません。

若いゲストの人たちの洋服はこんな感じなので、これから韓国の結婚式に参加される予定の方はご参考まで。

女性ならちょっとオシャレなワンピース、男性ならビジネススーツで行けば間違いありません。 ネクタイも普段用で十分です。 ちなみに私は 「銀座でオシャレにランチをしに行く」 というシチュエーションを設定して ネイビー×白のワンピースに大粒真珠のネックレス(一連ではなく一粒)&ピアスで行きましたが、今日の会場の様子では一番頑張ってオシャレして行っちゃった人達の部類に入っていたと思います。^^; ホテルでの結婚式だったりすると ゲストの皆さんももう少し気合が入るんですが・・・。

e0166398_2154820.jpg


ところで、韓国にはキリスト教徒がとても多いというのは御存知でしょうか?

SYファミリーもキリスト教徒な位なので 本当に驚くぐらいの数のキリスト教徒が居るのですが、結婚式はなぜか人前式スタイルが主流です。 日本の挙式では神父様(牧師様)がやるような役を、大学などの恩師が行ってくれるんです。 これ、本当に素敵だな~と思うんですよね。^^



一通りの儀式が終わった後、突然、韓国の民謡を歌う女性が登場。(お友達なのか、プロの方なのかは分かりませんが・・・)

音響の調節が悪かったのか、かなり大音量で響き渡ってました。 隣でSYが 「うるさい」 と日本語でポツリ。 ち、ちょっとあなた! 神妙な顔して聞かないといけない場面で なんですかっ 013.gif

e0166398_216065.jpg


続いて、写真を撮っていた私の背後からヌッとサックス奏者の方が登場。 びっくりした~!

マーチみたいなステップを踏んでいるのだけど、微妙にリズムとずれていて お客さん達も若干ニヤッとしながら見ていました。

e0166398_2161171.jpg


  摩訶不思議なステップで進む奏者さん。 目が離せません!(ある意味大成功)

e0166398_2162228.jpg


音楽が終わって後ろを振り返ると、SYと友達集団がワイワイやっていたので 「何?」 と言うと、

「これで費用は30万ウォンだって!」 とSY。
お友達集団も口々に 30万ウォン! 30万ウォン! を連呼。

・・・えーっと、・・・そうですか。。  ←色んな意味で言葉見つからず。

e0166398_2163425.jpg


壇上でしっかり抱き合う新郎と新婦の父。 そして両親に土下座で挨拶した後、会場にも土下座で挨拶をします。 新郎の白い手袋で土下座、というのに最初は度肝を抜かれたものですが、ようやく見慣れてきました。 誠実さはとてもよく伝わってきます。

e0166398_2164871.jpg


     今日の二人、とっても輝いていましたよ!016.gif  どうぞ末永くお幸せにね。

e0166398_217160.jpg


カメラマンさんの 「はーい、ここでチューしてください」 の声に立ち止まって素直に指示に従う新郎新婦。
この辺、妙に韓国チックな気がするのは私だけでしょうか。037.gif

e0166398_2171568.jpg


新郎新婦がバージンロードの先頭まで来て頭を下げると 会場から大きな拍手が沸き起こりました。

と、次の直後、「はーい、これで終了で~す!」 という感じでパッと電気が点き、その途端、我先にと食事をするためにゲストの皆様方が移動を始めました。 ひー ^^;

映画館でエンディングロールが流れる前に全員席を立っちゃう、まさにあの状態と同じことが結婚式場でも起こっていますっ

e0166398_2173093.jpg


どやどや退出するゲスト達を横目に、また元来たバージンロードを戻っていく新郎新婦。^^;

e0166398_21743100.jpg


ゲストがあらかた退席し終わった後、親戚の皆さん方での記念撮影の開始です。 日本の場合は挙式前に写真撮影が行われますが、韓国は逆なんですね。

e0166398_2175673.jpg


あ、そうそう、韓国の結婚式では 「両親も主役」。 壇上にこんな立派な両親用のイスも用意され、式の間中 ご両親は子供の結婚式を見守るのです。 私が過去に出席した結婚式の中には、式の初めに新郎新婦の母親達2人が仲良く手をつないでスポットライトを浴びながら入場する、なんていうのもありました!

e0166398_218984.jpg


普通、花嫁側の母親はピンクの韓服を、新郎側の母親は青い韓服を着るそうです。


親戚一同での撮影が終わった後は、親兄弟のみでの撮影。 お子ちゃま達は飽きちゃって大変なことに。 ボク達も頑張ったね、お疲れ様!^^

e0166398_2182245.jpg


その後、友達一同との記念撮影になるのですが・・・これが本当に面白いんです!003.gif
普通に直立不動で写真を撮った後、バラエティに富んだ撮影会の始まり始まり~!


新郎新婦が前に出てキスをする中、友達が周りを囲んで拍手しているところを撮影したり (わざとらし過ぎでしょ! 笑)、新婦がブーケを後ろに投げるのを 友達集団が驚いた顔で見守るシーンを撮影したりします。 大体これはどの結婚式でも同じ。

そして今回は ブーケを受け取る役だった新婦の親友ちゃんを囲んで なぜかキムヨナちゃんの007ポーズ (バキューン!と手をピストルの形にするやつ) を全員でさせられたりしました。 あのポーズに一体何の意味があったのだろうか・・・。 恥ずかしがってたら韓国の結婚式には出席できません!? ^^;


私も友達集団の中に入って一緒に写ったので、その面白撮影の様子が撮れなくて本当に残念です。




さて、記念撮影も終わったところで、同じ建物内にあるブッフェ会場へと移動します。
これからは 「各自適当にお食事して、食べ終わったら帰ってくださいね」 タイムの始まりです。

e0166398_2184914.jpg


このブッフェ会場は全ての結婚式共同で使用している会場のため、ここに入ってしまうと 誰がどの結婚式に出ていた人なのか一切分からなくなります。 文字通り、「後はご自由にどうぞ!」 の状態。 入口で食事券を渡して中に入ります。 席は自由。

今回のレストランは、かなりの種類のお料理が置いてありました。 韓国的なメニューも並びます。
(「ここに写っているお料理は何ですか?」 的なご質問にお答えする自信は無いので悪しからず・・・)

e0166398_219533.jpg


韓国の結婚式にお餅は付き物。 今回はブッフェの中にお餅も何種類か置いてありましたが、通常はテーブルの上に飲み物と一緒に置いてあることが多いです。 (下の写真は過去に出た結婚式の時のものです)

e0166398_2191896.jpg


あ、そろそろペペク(伝統的な結婚の儀式)が始まるんじゃない? ということで、ペペク会場に行くことにしました。

通常ペペクは親族だけで行われるものなので、友達が見に行くことはまず無いそうですが、私には写真を撮ってブログにUPするという使命があるのでっ、ちらっと見に行ってきました。 皆さんも興味ありますよねっ? ^^

e0166398_219311.jpg


両親や親戚の方にお辞儀をしてお金を貰ったりしているわけですが・・・ なんだかここでも結構フランクな雰囲気が漂っています。 シーンとして見守るということは無く、皆さん自分の番が終わったらウロウロしたりお喋りしたりしちゃってます。^^;

e0166398_219456.jpg


新郎新婦の2人、お人形さんみたいで本当に素敵! やっぱり伝統的なお衣装というのは本当に素晴らしいものですね。^^

ちなみに私とSYは東京で結婚式を挙げ、ソウルではお披露目パーティーをしただけなので、こういったペペクの儀式は体験していません。

e0166398_219584.jpg


ペペクが終わった後、新郎新婦はブッフェ会場に移ってゲストに挨拶をして回ります。

が、既に帰宅してしまっているゲストも多い上、親の友達だったりすると誰が誰なのか分からず、結局自分の友達や会社の人などを中心に探して挨拶して回ることになります。

この後、2人は例のウェディングカーに乗って空港へと向かいました。 素敵なご旅行を!016.gif

e0166398_21101024.jpg


今回はごく一般的なウェディングホールでの結婚式でしたが、過去に出たホテルでのゴージャス婚の時の写真がありましたので、ダイジェストでちょっとだけ御紹介しておきますね。↓ ゴージャス婚の時は、結婚式会場でフルコースの食事も出てきます。 日本の結婚式に近い感じですよね。

e0166398_2183681.jpg



あと何か書いておかなければならないことはあったかな・・・

あ、そうそう。 韓国の結婚式では普通、ご祝儀は新郎新婦の両親のものになるそうなんです。030.gif 日本のように、本人達が貰うわけじゃないんですって。 ちょっとビックリですよね。

でもこれは、韓国では家や家具を親が用意してあげるのが普通なので、その分のお金といった意味合いが強いのかもしれません。 どうしても新郎や新婦にお金を渡したいという人は、受付にはお金を渡さず、こっそり後で新郎新婦に直接渡すそうですよ。 今回、SY達もそうやって皆でお金を集めて封筒に入れていました。 ご祝儀袋はシンプルな白い封筒に 「祝結婚」 などと漢字で印字されているものを使います。


ちなみにご祝儀は通常5万ウォン(約4千円) も包めば十分のようです。 とても親しい友達なら10万ウォンとか。 そう考えると、日本の結婚式のご祝儀は高すぎますよね。


       ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○


<オマケ>

ウェディングホールのすぐ近くにあったバッティング練習場で汗を流すSY&お友達集団。 なんだか長閑な光景です。 この暑いのに、お疲れ様。 若さを感じます。 (皆さん満30歳集団っ)

e0166398_2110236.jpg


・・・と思っていたら、突然背後から70歳はゆうに超えていると思われるハルモニ(お祖母さん)が登場。 ま、まさかこのハルモニがバッティングするわけじゃないですよね? ここで働いていらっしゃる方なのかな?

e0166398_21103614.jpg


な~んて、私が甘かった!! ハルモニ、バットを握ってバッティングを開始。(驚)
足腰が曲がってしまい、一球も当たっていませんが・・・ そのチャレンジ精神はあっぱれ!!038.gif

e0166398_21104937.jpg


ハルモニ大丈夫かなぁ、という感じで、近くに居た野球少年も近づいて来ました。
私もこんなパワフルハルモニになりたいっ

e0166398_2111437.jpg



長くなりましたが、韓国の結婚式はいかがでしたか? もちろんこれはほんの一例ですので、色んなタイプの結婚式があると思います。 「こういう結婚式もあるんだな」 ぐらいの軽い気持ちで御覧頂けたらと思います。^^

ところで、ウェディングホールのすぐ近くが永登浦だったものでタイムズスクエアへ寄ってきたのですが、小1時間ショッピングに付き合わせただけでSYは可愛そうなぐらいグッタリし、夜8時に寝てしまいました。。 もう彼を買い物に付き合わせるのは完全に諦めることにします・・・。


※ この記事を書いてから、時々韓国の結婚・結婚式についてご質問・ご相談を頂くのですが、結婚については家ごとにしきたりや価値観も大きく異なるため、込み入った内容については私個人ではお答えするのが難しいことも多いです。 また、現在は時間的にも個々にお返事を差し上げることが難しく、ブログのコメント欄を閉じています。 大変申し訳無いのですが、ご了承くださいませ! (2012.02)


人気ブログランキングへ ← かれこれ2年近く欲しかったのにずっと売り切れ中だったfranc francのブタちゃん貯金箱、永登浦にありました!^^ クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-07-05 00:00 |     生活雑記


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル