オシャレな雰囲気で韓国料理を @ドゥデムンチプ、仁寺洞

観光客向けの韓国料理店がひしめく仁寺洞(インサドン)。 お値段もそれなりにするものの、やはり我が家の近所にあるような超ドメスティックな食堂とはひと味違うオシャレなお店も多いです。^^; そんな中でも特にオススメのオシャレ食堂をご紹介しますね♪

e0166398_1030862.jpg


今回ご紹介するのは、以前友達に連れて行ってもらって気に入ったお店、두대문집(ドゥデムンチプ) です。(名刺には日本語で 「ヅュデムンジプ」 とあります)

e0166398_10302223.jpg


address: ソウル市鐘路区(チョンノグ)光勲洞(グァンフンドン)64番地
phone: 02-737-0538

地下鉄3号線安国駅から小道をぐねぐね通って行く方法もあるのですが (そちらの方が趣があって私は好き)、簡単に行くなら仁寺洞通りのメインストリートを進み、サムジギル(ガイドブックには必ず載っているショッピングモール)を目指してください。 サムジギルの向かって左脇の路地を入り、数十メートル先の左手です。 この辺は似たようなタイプのオシャレな食堂がいろいろあるので、歩いてみてピンときたお店に入ってみるのもオススメですよ♪

  ↓ 右手の建物がサムジギル。 この道を進んですぐ左手にあります。
e0166398_10303834.jpg


妙にシャンデリア流行りの韓国らしく、こちらの食堂にもやはりシャンデリアが・・・。 でも全然おかしくなくて、韓国風の建物とも上手くマッチしています。 今回はビミョーな写真しか撮れなくて素敵さが上手く伝えられずもどかしいのですが、とにかく広々としていて開放感もあり、なかなか良いお店だと思います。^^

e0166398_10305156.jpg


外国人客、ファミリー客なども多し。 高級感溢れるお店、というのではなく、気軽に食べられる韓国料理が中心だけど、ちょっとオシャレな雰囲気で安心なお店、という感じでしょうか。 がさがさし過ぎる場所は疲れる&衛生的にも不安で気が進まない・・・という方にはぴったりだと思います。

e0166398_1031433.jpg


この日はカフェ本取材の雑用をこなすためSY(夫)に同行してもらっていたので、お礼に彼が好きなものを注文してもらいました。^^; 下の写真はトゥッペギプルゴギ、だったかな? 早い話、プルゴギ (日本のすき焼きに近いもの、辛くない) がトゥッペギ(チゲの鍋) に入ったもの。 確か8000ウォンだったと思います。

e0166398_10311945.jpg


こちらはお馴染み、無料で付いてくるおかず類なのですが・・・

一昨日だったでしょうか、KBSのニュースを観ていたら、「台風の影響によりキムチの値段が急騰」 と報道されていました。 キムチを初めとしたおかず類は基本的にお代わり自由なのが韓国料理のウリですが、最近は 「お代わり禁止」 とか 「キムチのお代わりは1回2000ウォン」 なんて食堂も出てきているのだとか。(驚) 確かに、我が家の近くの食堂も、以前はお客さんが自由に好きなだけキムチをお皿に盛ってよかったのに、先日久しぶりに行ったら小さいお皿に乗せられて出てきたので驚きました。 今年の台風、凄かったですものね・・・

e0166398_10313272.jpg


そしてこちらがメインのサンパプ。 確か12000ウォンぐらいでした。 お皿は大きいですが、一人用サイズ。 サンパプ(サムパプ)というのは、葉野菜でご飯や肉を包んで食べるお料理のこと。 「サム」 は包むという単語の名詞形で、「パプ」 はごはんという意味です。 サンパプは何度も食べたことがありますが、こんな風に最初からごはんが握った形で野菜の上に乗って出てきたのは初めてでした。 SY曰く、こういう形で出すお店も結構あるそうですけど。(なんだかお寿司のシャリみたい・・・)

e0166398_10314417.jpg


ちなみにごはんは黒米や雑穀米も入ったヘルシーなもの。 韓国では日本以上に雑穀米を、ごく日常的に食べるんですよね。 正直、結婚して韓国に来るまで 「韓国料理=辛い、胃に悪そう」 というイメージを持っていた私でしたが、こちらに来てから 「韓国料理は意外と辛くないお料理も多い」 ということや、「野菜をたくさん使ってヘルシーなものも多い」 ということに驚かされました。 私は元々胃袋の適応能力は高いほうなんですけど、韓国に来てからは 「韓国料理オンリーで生きていける胃袋」 になりました。 在韓仲間の人達には 「たまには和食食べたくならない?」 と聞かれるのですが、外食に関しては韓国料理だけで全く不便してません!

e0166398_10315782.jpg


在韓の私達は普段 あまりこういう場所で食事をすることが無いので、今回は少し新鮮でした。 SYも 「こんなところ、よく見つけたね」 と言ってたけれど、確かに彼みたいな生まれも育ちもソウルの人は、まず行かない場所ですよねぇ・・・^^; 普段、がさがさした中で生活しているものですから、たまにこういう小奇麗な場所で食べるとホッとします。

e0166398_1032989.jpg


         - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


無事残りの雑用を終えた後は、お散歩がてら地下鉄5号線の光化門(ファンファムン)まで徒歩で歩くことにしました。 光化門といえば大型書店の教保文庫。 春からずっと改装工事のためクローズしていましたが、最近リニューアルオープンしました。038.gif

e0166398_10322394.jpg


ベストセラーの本も見やすく陳列されていて、とっても良い感じ。 いつ行っても人・人・人でごった返しているのには閉口しますが、それは仕方ないのかなぁ、、、 文具売場やCD売場も併設されているので、とても便利な本屋さんです。

今回の私の目的はこちらの語学コーナー。(お客さんたち、全員しゃがみ込んでますね。^^;)

e0166398_10323659.jpg


実は、私が共著で書かせて頂いたテキストが2冊同時発売されました。 ぱちぱちぱち~038.gif

本名でやってる仕事なので書名などはここに書きませんが、上の写真の棚に置いてあります。 韓国の出版社から出た、私にとって最初の出版物・・・。 この本のせいで5月は本当~に大変だったのですが、こうやって形になると感慨深いものがあります。 今回はある先生からお誘いがあって参加させて頂いたんですけど、まだまだ駆け出しの部類に入る私に声をかけてくださった先生のお気持ちが本当に有り難くて嬉しかったから・・・その先生をがっかりさせないよう、少しでも喜んで頂けるよう、それだけを考えてやりました。

e0166398_10324835.jpg


そして、その先生が 「実は他にもこれこれこんな仕事も来てるんだけど、時間が無くて・・・」 とおっしゃるので、そのお仕事を 大好きな別の先生にご紹介しました。 私がソウルに来たばかりのころ、たくさんアドバイスと勇気をくださった方で、現在は東京で活躍していらっしゃる先生です。 多分、彼女が思っている以上に私は本当に助けられて感謝しているから・・・これがご恩返しになるかは分からないけれど、少しでもお役に立てたら嬉しいなと思います。

韓国に来てからつくづく思うのですが、やっぱり仕事でも何でも 「win-win」 のマインドでやるというのは大切ですね。 あ、念のためにご説明すると 「win-win」 というのは経済用語で、双方が互いに利益や成長発展が期待できる関係をいいます。

外国暮らしなんていうと色々苦労もありそうに見えると思いますが、実は韓国に来てからの私は人間関係には非常に恵まれていて、「win-win」 で互いに成長し合える人達とたくさん出会えました。 外国だから余計に 「助け合いの精神」 みたいなものも生まれるのかな・・・? とにかく、自分の能力とキャパシティともしっかり相談しつつ、与えて頂いたチャンスを1つ1つ誠実にこなしていくことが重要だな、と改めて思った次第です。


人気ブログランキングへ ← 今日もなんだか朝から肌寒い1日です・・・。 クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-02 10:00 | 食  韓国料理


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル