雑貨本出版記念 part6, 雑貨&カフェのお店 kate's @ホンデ

e0166398_15585912.jpg


今回の記事、実は9月に写真だけブログに保存し 非公開にしておいたのですが、どんどん新しい記事に埋もれてしまって危うく忘れかけるところでした。 セーフ! とっても素敵なお店なので、簡単にご紹介させて頂きますね♪

(私は面倒くさがりなので、撮った写真も小マメには整理できず、やるなら100枚単位で一気に加工し、写真だけ先にブログにUPして 「非公開」 で保存しておくことが多いのですが、ブロガーの皆様はどうやってますか? 写真を先にUPしておけば、後は好きな時に本文を書き足せばいいだけなので、時間が無い平日でも気軽に更新できてオススメですよ☆ お蔵入りしちゃう写真も減ります。 015.gifズバリ、たかがブログにそこまでしないし~、って皆思ってますよ。


前置きが長くなりましたが、そんなわけで今回は雑貨本出版記念パート6、ホンデにあるkate'sというお店をご紹介させて頂きます。

e0166398_1559690.jpg


ここ、駅からもとても近い場所なのですが、カフェやショップが密集している方角とは反対方向にあるため、地元の人しか気が付かないような場所にあります。 私はたまたま自宅からバスでホンデに向かう車窓から見かけて行ってみましたが、そうじゃ無かったら絶対見落としていたような場所です。

e0166398_15591290.jpg


周囲はごくフツーの商店や不動産屋さんみたいなものしか無いストリートなので、この真っ白な一軒屋はひときわ目立ちます。 外観も素敵なんですが、中はもっと素敵! とにかく、どこもかしこも真っ白なんですよ♪ 最近のソウルのカフェはヴィンテージ調が多いため、こういう真っ白なインテリアは凄く新鮮です。 ちょっとフレンチスタイル、でしょうか。

e0166398_15591816.jpg


中庭に面した窓際も素敵でしょ♪ (背後の扇風機は ちと残念。 扇風機に至るまでオシャレだったら完璧だけど、そこまで求めるのは酷かな・・・)

e0166398_15592353.jpg


メニューは韓国語・英語併記なので安心です。 お値段も5000w前後と一般的なホンデ価格です。

e0166398_15593092.jpg


真夏だったので冷たいドリンクを注文しました。 そう、この日は本当に暑かったんです…。 でもそんな暑さも思い出せないほど、この日曜日のソウルは冷え込みました。 最低気温はマイナス1度だったそうです。。 土曜日まではそこまで寒くなかったのに、一夜明けた途端に真冬が来たかのよう。 これからしばらくは、最低気温が零下になる日が続くようです。

e0166398_15593516.jpg


ところで土曜日、某大学で行われたセミナーに参加したのですが、受付係をやっていた子が、何年か前にうちの大学で助教をやっていた子だったんです。 私が列に並んでいたら 「先生ー!!」 と大きな声がするのでパッと見ると、ん?Hさん・・・だよね? 明らかに整形してました。^^; (こういうこと、韓国では全然珍しくないので驚きませんが。)

私の手を握ってブンブンしながら、「先生、全然変わってませんね! でも私は変わりました。」 と、ナイスな自己申告をする彼女。 面白すぎるんですけど!

韓国って整形する子が本当に多いので、結構あっけらかんと 「整形しました」 と言う子 (アジュンマも) が多いです。 日本人だってかなりの人がプチ整形しているはずですが、分からない程度にするとか、やっても人に隠したりしますよね・・・

e0166398_15594131.jpg


e0166398_1559465.jpg


e0166398_15595231.jpg


とても小さなスペースですが、中庭もきれいに整えてありました。

e0166398_15595970.jpg


e0166398_160591.jpg


とっても可愛らしい水玉模様のプランター。 どこか特別な場所で仕入れて来たのかなぁ・・・ちょっとイギリスっぽい気もする・・・と思ったら、すぐ近所の超ドメスティックなお花屋さんに置いてあるのを帰り道に発見しました。 意外と近場で仕入れてたみたいです。

e0166398_160109.jpg


正面にあるテラス席には、ジャージ(というかパジャマの下?)姿にキャップみたいな出で立ちの、いかにも 「近所の人達」 という感じの男女がよく座ってらっしゃいます。 お店の雰囲気とは少々不釣合いではありますが、服装は個人の自由ですからどうでもいいとして、問題なのは大声! 雰囲気ぶち壊しなのでやめて欲しい・・・と思う私は厳しすぎるでしょうか。 居酒屋ならともかく、オシャレカフェなのに・・・といつも思います。  最近の若い子はTPOがわきまえられる子も増えていますが、ある一定以上の年齢層になると周囲はお構いなしに とにかく大声出すので、韓国の色んなことに慣れて大抵の事は許容出来るようになった今でも、たまにイラッとさせられます。

e0166398_1601756.jpg


今月末に出版させて頂く新刊、『su・te・ki ソウル雑貨』 で このお店を取り上げたのは、カフェの横に雑貨&ファッションのショップが併設されているから♪ (「ソウルでみつけた素敵なものを色々ご紹介する本」 というつもりで作ったものなので、厳格に「雑貨」という言葉にこだわるつもりは無かったのではありますが、一応・・・)

e0166398_1602534.jpg


ふんわり、夢のある洋服がたくさん掛かっています。 そういえば 「森ガール」 って流行りましたよね~。 私はもうその時はソウルに来てしまっていたのでイマイチ森ガールの浸透っぷりが分かっていないのですが、今でもたくさん居るのでしょうか?

e0166398_1603318.jpg


可愛い子供服も置いてあります。

e0166398_1604121.jpg


森ガールで思い出しましたが、私が担当しているクラスの1つに森ガールみたいなフワッとした雰囲気の女の子がいるんです。 その子が先週の授業の休み時間に 「質問があります」 と言うので、授業に関することだろうと思ったら、

「先生、韓国に友達はいますか?」

へ?? 027.gif

「・・・えっと、それは韓国人の友達って意味? 日本人の友達って意味?」 と聞くと、「どちらでもいいです」。 「ええ、いますよ」 と答えたのですが納得がいかないようで黙っているので、「他の授業で外国人向けのアンケート調査か何かやってるの? もしくは、私に誰か韓国人の人を紹介してくれるとか?」 と聞きなおすと、

「あの、聞きたかったのは・・・先生はいつも笑顔で幸せそうなので、数ヶ月前から不思議で仕方なかったんです。 理由はなんですか。」

と言われました。
     :
     :
     :
はい!? 027.gif

e0166398_1605076.jpg


まさかの質問内容に私が固まっていると、自分の言った事を先生が理解出来なかったのでは・・・と思ったのか、近くに居た日本語が上手な学生に 「先生にこれこれこういう内容を通訳してくれ」 と頼み始めた森ガールちゃん。 それを聞いた学生は、「いやだよ!そんな恥ずかしいこと、どうして私が先生に言わなきゃいけないの!」 と抵抗してました。 (そりゃそうだろう・・・)

続いて、「先生は仕事が好きだから幸せなんですか?」 と森ガールちゃん。

「そうですね、もちろん大好きですよ。」

「何で好きなんですか?」

「・・・・・・・・・・・。」 (エンドレスになりそうだ。。)

「先生は外国で暮らしていて大変なはずなのに、幸せに暮らせるなんて不思議なんです」 と言うので、「これは一発、苦労話でもしないと納得しそうも無いな」 と思い、

「私もソウルに来た当初は韓国語も一切分からなかったし、韓国の文化にも馴染めなくて本当に辛かったけど、時間が経って慣れたから楽しく過ごせるようになったんですよ」 という話をしたら少し納得したようで 「ありがとうございました」 と席に戻って行きました。 こんな答えでよかったのでしょうか・・・ (これ以上、言いようも無いケド。。)

e0166398_1605884.jpg


まぁ、なんだか色んな子が居ますけど、若い子ちゃん達も色々疲れることが多いんだろうなぁ・・・と改めて思いました。 韓国の大学生は、多分皆さんの想像を絶するぐらいシビアな生活を強いられていますから。 (以前も書いたように 「青少年の幸福度指数」が世界で一番低い国なのです。)

例えば、日本の大学では成績評価を「絶対評価」で出しますが、韓国は「相対評価」ですから、クラス全員が敵みたいな感じにもなりかねません。 いつもニコニコ感じが良い学生がクラスに居たのですが、「大学に入ってからは本当の友達なんてまず出来ません。 以前私が風邪で欠席した後、クラスの友達に 『授業でどこを勉強した?』 と質問したら、『えーっ、私もよく分からなかった』 と言って教えてくれなかったんです。 1人じゃなく、何人もがです」 と話していました。 何だか辛い話ですよね・・・

また、日本の場合、大学時代は部活やサークルに入ったり、バイトに精を出したりしますから、友達や楽しい思い出もたくさん出来ると思います。 でも、韓国の大学生の大半は、部活やサークルには入りません。 韓国の大学は宿題も多いし、期末試験のみならず中間試験もあるので、余暇に使う時間が無い子が多いのです。 アルバイトもしない子が多いので、それこそ 「大学生活」 イコール 「学校と家の往復」 だけになりかねません。

アルバイトをしない・・・というのは、家庭教師みたいにそこそこ収入になるバイトはともかく、コンビニのバイトのように いわゆる肉体労働的なものだと、時給にしてわずか3900ウォン、日本円にして300円弱しかもらえませんから、「そんな小銭をかせぐために勉強の時間を削るな!」 と親に言われるためです。 (でも 「スペック(就活の際の履歴書に書けるような資格・経験)」 のためにボランティア活動やインターンシップはやらなければなりません。)



話は脱線してしまいましたが、森ガールな学生ちゃんに 「なんで先生はいつも笑顔で幸せそうなんですか?」 と聞かれて最初は唖然としたけれど、家に帰って考えれば考えるほど、「やっぱり教育は幸せになるためにあるべきだ」 と強く考えさせられたし、そのために私が出来る事をもっと模索していかなきゃいけないな・・・なんて柄にも無く考えたりもしました。 もちろん、色んなポリシーの教師が居て当然だし、やり方だって多様性があるべきだと思うけど、それならば 「楽しくなきゃ学ぶことなんて出来ない」 というポリシーでやる人間が居たっていいのかな、と・・・

e0166398_1616100.jpg


↓ こんな感じで歩道の両脇にプラスチックのイスを置いてオシャベリするアジュンマ(おばさん)やハルモニ(お祖母さん)達が見られるのも、かなりドメスティック。 うちのご近所にもこういうアジュンマいっぱい居ますが、道の両脇に分かれて座りながら、大声でおしゃべりしています。 なぜ隣同士にイスを置かず、わざわざ道を挟んで座り、大声でしゃべるのかは謎・・・。

通る時はアジュンマ達の間を割るようにしなきゃいけないため、私はいつも気まずい気分になるのですが (おしゃべりを止めてジロ~リ、と上から下まであからさまにチェックされるし)、こちらが思うほど御当人たちは気にしていないのかもしれません。

e0166398_1611346.jpg



今回ご紹介したkate'sの詳しい場所は、もちろん雑貨本にしっかり記載してあります。

このストリートを真っ直ぐ行ってすぐの場所には私のオススメバーがあり、更にそのバーのすぐ裏手には漢江公園もあるのですが、その情報もコラム欄に書きました。 kate'sからも簡単にはしご出来ちゃうので、皆さんもあちこち歩いてみてくださいね~。


今日から月曜日。 またフレッシュな気分で頑張りましょう♪♪♪


人気ブログランキングへ ← 森ガールちゃんの話をしたら、大笑いの後、「他人に幸せになり方を聞いてるうちは全然ダメ」 と、やたらシビアなコメントのSY(夫)…。^^; でも日本でも自己啓発系の本は凄く売れてますしね…。 クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2011-11-21 00:00 | カフェ 弘大


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル