ANDO @城北区

e0166398_11141687.jpg


まだまだ暑い日が続いていますが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

私は…というと、毎年のことなのですがすっかり夏バテ気味…。 特にこの夏は移動して歩くことが多いため、余計に汗をかく場面が多く、デオドラントスプレーが手離せません。(ところでデオドラントのスプレーってソウルで売ってますか? どこかで見たことがある気もしますが、日本のドラッグストアーみたいに種類が多く無いので、私はいつも日本に帰省するたびにまとめ買いして帰ります。)


さて。 以前から行きたいと思いつつ後回しになってしまっていたカフェ (レストラン?)、ANDOに行ってきました。 、「私の期限は49日」 というドラマのロケ地だった場所だそうです。

e0166398_11142667.jpg


ここはずいぶん前にmimiさんから 「yossyさんが好きそうなカフェがありますから、ぜひ行ってみてください!」 と強力プッシュされていた場所。 mimiさん、やっと行ってきましたよ~☆ 016.gif

mimiさんの分かりやすくて丁寧なリポートはこちらです♪

e0166398_11143849.jpg


address: ソウル特別市 城北区 城北洞 30-1
phone: 02-765-0252


mimiさん情報によれば、どうにかバスと徒歩でも行けそうな感じでしたが、住宅街をぐねぐね行く感じでちょっと分かりにくいので、複数人でいらっしゃるようであればタクシーに乗ってしまうのをオススメします。 多分、4号線の漢城大(ハンソンデ)入口駅が最寄です。

e0166398_11144816.jpg


私は…というと、正直最近忙しい&夏バテで遊びに出る気力もあまり無かったのですが、年上のお友達が 「車で大学まで迎えに行ってあげるから、リフレッシュして!」 というので 「え、それじゃ行きます!」 と喜び勇んで付いていってしまいました。 お迎え付きで遊びに行くとは、何たる贅沢!070.gif

e0166398_1115381.jpg


オシャレなフレームがディスプレイされた入口を入っていくと…

e0166398_11155615.jpg


こちらが1階部分です。 「食事をします」 と言ったら、こちらに通されました。

e0166398_11151355.jpg


なるほど… ここはホンデのcafe aAcafe HOMEOのような、いわゆるヨーロピアンヴィンテージスタイルのお店のようです。

e0166398_1116677.jpg


高い天井。 大きな窓から差し込む光がとっても良い感じ。 ここは元々普通の家だったのでしょうか。 (だとしたらどんだけお金持ちなの~!?)

e0166398_11162450.jpg


この周辺は高級住宅街でして、ソウルでは珍しい 「一軒屋」 の家をたくさん見る事が出来ます。 「ほぉぉ~、ソウルにもこんな場所があるんだなぁ」 と観光気分も味わえますよ~。(?)

e0166398_11163875.jpg


店内にディスプレイされている小物や家具などの一部にはプライスタグが付いており、購入することも出来るようです。 (これまたこういうスタイルのカフェも最近非常に多いです)

e0166398_11165238.jpg


e0166398_1117546.jpg


歪んで曇ったアンティークの鏡に映るシャンデリア。

e0166398_11171438.jpg


こちらはカフェというよりレストランがメインのようで、お食事メニューも色々ありました。 お値段はそれなりにしますが、ちょっと凝ったものも多く、メニューを見ただけで 「何度かリピしてもいいな」 と思いました。

e0166398_11172336.jpg


カトラリーに至るまでこだわりぬかれています。 今時のオシャレなカフェやレストランでも、カトラリーに至るまでお金を掛けているところは少なかったりするので (やっぱり盗難のことも考えてでしょうか…?)、これにはちょっと感動しました。

e0166398_11173379.jpg


ペーパーナプキンにプリントされたロゴもオシャレ。

e0166398_11175152.jpg


…と、上の写真を撮っていたらマダムが 「あれ? yossyさんのカトラリーと私のカトラリー、ちょっと違うかも」 と言うのでよく見てみたら…あ、ほんとだ!

e0166398_1118444.jpg


e0166398_11174252.jpg


数種類あるサラダの中から一番普通そうなシーザーサラダ(17000w)を頼んだら… 物凄く巨大な器に乗ったものが出てきてビックリ! ちょうどマダムが席を外していた時に運ばれてきたので、この衝撃を分かち合う人が居なくて くぅぅ~~!! (写真で見るとそんなに大きく見えませんが、実際はビックリサイズだったんですっ)

e0166398_11181514.jpg


こちらはトマトベースのパスタ、「チキンラグーパスタ(23000w)」。 パスタの種類は確か3種類ぐらいしか無かったのですが、今回注文したこれは私的にはとっても美味しかったです。 サイズも普通サイズ。

e0166398_11183030.jpg


サラダを食べているうちに気付きましたが、グリーンの部分は千切られておらず、そのまま茎に繋がったままになっていました。 面倒だったからとかじゃなく、もちろんあえてそうしてあったわけですが、どうりで物凄いサイズだったワケだ…と納得。 「美味しくいただく」 というよりも、途中から 「取り組む!」「挑む!」 みたいな感じになりました。^^; あ、もちろん美味しかったですよ♪

e0166398_11185875.jpg


お食事の後は、2階に移らせてもらってティータイムを。

e0166398_11192255.jpg


室内が少し寒く感じたので外のテラス席に座ったのですが、マダムが 「紫外線が…」 というので中に入りました。(笑) 「yossyさんも気になるでしょ!?」 と言われたけど、うーん、正直私は紫外線対策は欧米人並みに何もしてないので、どこに座ってもケンチャナヨ。 015.gif歳取ってから泣きますよ


ガーデンと店内に時々子どもたちが入り込んでバタバタ走っていたのですが、これはもしかしてオーナーご一家のお子さんだったりするのでしょうか…。 それとも一般客だったりして? いずれにしても、ご近所の方々っぽかったです。 ごくフツーの服装でしたけど、「ああ見えて実はリッチな方々なんだよな…」 と観察してしまいました。 015.gifし、失礼ですよ!

e0166398_11194230.jpg


2階席のインテリア。

e0166398_11195222.jpg


ソファーの後ろには扉。 これもきっと、価値のあるヴィンテージものなのでしょう。

e0166398_1120291.jpg


マダムもおっしゃってたけど、最近ではこういうヨーロッパのヴィンテージスタイルが大ブームで、お金持ちの間では 「こういうスタイルにするのがオシャレでセンスの良い人なのだ」 というイメージが出来ているように感じます。

私自身も初めてcafe aAに行った時などは 「うわぁ!」 と感動したものですが、最近あっちこっちで同じようなスタイルを見るようになると、逆にそれが没個性に感じられたりもして…。 もちろん、それが自分の好みであるなら構わないのですが、もうちょっと色んなスタイルがあってもいいのになぁ、なんて思ったりもします。


アイスカフェモカ(8000w)、スウィートレモングラス(9000w)。

e0166398_11201187.jpg


ところで、我が家は近々引越しが控えているもので、足りない家具を買いに色んなお店をちょこちょこ見て周ったりしているのですが、ソファーの前に置くコーヒーテーブルを何にしようかと考えた結果、長安坪の古美術街でアンティークのバンダジ(李朝家具の箱)を買いました。 私もヨーロピアンスタイルは大好きですけど、最近やや食傷気味といいますか… 少しずつ家のインテリアには「和」や「韓」を取り入れていきたいなぁ、と思ってます。

気が向いたら、いつかこちらのブログでもご紹介しますね。016.gif

e0166398_11202072.jpg


話が飛ぶようですが (飛んでいいですか? ^^;)、長安坪の古美術街に行く時に乗ったタクシーの中でイヤ~な感じのことがあったんです。

韓国の人達が他人のことを根掘り葉掘り知りたがるっていうのは皆さんも御存知かもしれませんが、この時に乗ったタクシーの運転手さんが本当に酷くて! 私は外国人ですから、必要以上に韓国の人達が私の事を知りたがる気持ちは理解できますし、さすがに5年も住んでますから私もその辺の文化は理解しており、当たり障りの無い程度に答えるようにはしています。 が、今回の人は 私の職業はもちろん、住んでる場所、家族構成、とにかく何でもかんでも聞いてきて、だんだん質問が度を越してきて腹が立ちました。

仕事を聞かれたので教師であることを言ったのですが、さらに 「職場名は?」 と言われたので、「あっちの方の大学です」 と言うと、「あっちでどこ? ソウル大? 高麗大? それとも○○?」 と、私が答えるまで絶対にやめないし。 「旦那さんの職業も教師? え、会社員? どこの会社?」、そして 子供はいるかどうか、麻浦区のどのへんに住んでいるのか、ヴィラかアパートか一軒屋か…


極めつけは、年齢!! 年齢を聞かれるのも韓国ではごく当たり前のことですが、こちらが答えないと、普通の人はそこで聞くのをやめることが多いんです。 が、今回はあまりにねちっこく聞いてくるので腹が立ち、「そういう質問しないでくれませんか」 と言ったら (ノーと言える日本人!)、「結婚したらみんなアジュンマなんだから、別にいいじゃない」 だって!047.gif

「だったら私の事も ただアジュンマって呼べばいいじゃないですか。 でも結婚したらみんなアジュンマだ…なんて言うの、外国人には嫌がられますよ」 って言っておきました。


それでも気がすまなかったのか、運転手のアジョッシは 「ねぇ、何歳? 何歳?」 を繰り返し、「28歳? 29歳?」 と言って、なんと運転しながら運転席のミラーをぐっとズラして私の顔をモロにジーッと観察してきました! さすがにこれは物凄く失礼じゃないですか!?

上にも書いたように、私はここに住んでいる人間ですから、大抵のことは 「これはこの国の文化だ」 と思って許容するようにしてますけど、さすがにこれには腹が立ちました。 なんで5分やそこらタクシーに乗るだけで、こんなに根掘り葉掘り聞かれて不快な目に遭わなきゃならないんでしょう。

アジョッシはさらに 「ねぇ、日本語で 『イェップダ』 って何て言うの? え、『きれい』? じゃあ、『ノム イェップダ』 は? え、『すごくキレイ』? お客さんはすごくキレイですー!」 と言ってきたけど、こんな失礼なアジョッシにキレイとか言われても全然嬉しいなんて思わないし、逆にセクハラされてるみたいで本当に気持ち悪かったです。




このことを夫に言ったら物凄く怒ってしまい (彼は昔からこの手の話に過剰に反応します、、) 「そういう時は後部座席に貼って有る 『タクシー情報 (運転手名・車両番号など)』 を携帯のカメラで撮っておかなきゃ!」 と言われました。

さらに、「今度からは 『旦那さんの職業は?』 って聞かれたら、『刑事です』 って答えるように。(←もちろん嘘です) どこの署?って聞かれたら、『ソウル地検の殺人課です』 って答えれば完璧。 ソウル地検の刑事なんて、大統領だって怖がるぐらいだからね。 さらに運転手に聞こえるように携帯でタクシー情報をパシャと撮れば完璧! あっはっは 003.gif」 …だそうです。 汗



ま、今回のことで改めて思ったのは、タクシーにはやっぱり女性一人で乗るべきじゃない、ということです。 このブログでも何度も書いてきましたが、ちょっと韓国に慣れていても、女性一人でタクシーに乗るのは本当にオススメしません。もちろん親切で良い運転手さんもいますが、その一方で問題のある人もいます。 日本人旅行客だと分かると 「夜は一律3万ウォン」 (←そんなルールは絶対にありません) とぼったくってきたりするし、連れ去りなど危険なことも起こっているので、用心には越した事はありません。

e0166398_11203017.jpg


ああ、すっかり話が飛んでしまいました。


この日、マダムからいただいたお土産。 マカロン風のラスクだそうで、フランスの塩をまぶしてあったのですが、甘しょっぱい感じが新鮮で、想像以上に美味しかったです。 なにより、こんな嵩張るものをわざわざ飛行機に乗せて持ってきてくださったその優しい気持ちが嬉しかった♪ 016.gif

e0166398_1120444.jpg



今回ご紹介した 「ANDO」、最初 「アンドーって、まさか建築家の安藤忠雄さんと関係ある?(オシャレな建築のお店だし…)」 と思ってしまったのですが、どうやら韓国語の 「安堵(안도)」 のようです。 そりゃそうだ。^^;

昨今、似たようなヴィンテージスタイルのお店は色々ありますが、ANDOの価値は何と言っても周囲の環境だと思います。 静かな住宅街、しかも一軒家が多い高級住宅地に囲まれた立地というのは 他ではなかなか味わえません。 緑豊かなのもホッと出来ますしね。^^ 大学路(テハンノ)などにも近いですから、劇場やショッピングに行くついでに寄ってみても良いのではないでしょうか。


お友達から聞いた情報によると、現在も店舗は残っているものの、ANDOではなく別のお店に変わっているようです。(2013.12)


e0231876_0251970.png



<オマケ>

このブログに来てくださっているような方々は私より韓国の芸能関係について詳しいと思うので、今さらな話題かもしれませんが…

韓国で今、大ヒット中なのが 「江南(カンナム)スタイル」 という歌です。

カンナムは言わずと知れた高級住宅街で、とにかく韓国の皆さんは 「カンナムに住むのが一番! 憧れ!」 みたいな感じなのです。 悪く言えば価値観が単一化し過ぎ…と言えなくもありませんが、企業の社長さん方などにとっては ここに住むことで財力やパワーを分かりやすく誇示できるという利点もあったりします。 (「え、この程度の古いアパートがそんなにするの?」 というような納得のいかない価格の場所も多い気がしますが…) コーヒー1杯の値段を見ても、カンナムとホンデでは倍近く違います。




「カンナムスタ~イル!」 のフレーズも可笑しいですが、なんと言ってもダンスが最高! うちのSYも豪快に踊ってくれます。 笑


そうそう、上のミュージックビデオで1分40秒あたりから出てくる黄色いスーツを着た人、韓国では恐らく一番有名で人気の有るMCのユ・ジェソクさんなのですが、ゲスト参加していて笑えました。003.gif 彼、コメディアンだというのに誠実そのもの~という感じの方です。 また、1分55秒あたりのエレベーターのシーンで出てくるノ・ホンチョルさんも同じく人気コメディアンでして、私が韓国に来た当初などは 「韓国にはこの人達しかコメディアンがいないのだろうか、、、」 と思ってしまったぐらい、いつテレビを点けても出ている感じです。



このミュージックビデオがあまりに人気なので、あちこちでパロディも作られているようです。 下のものは、「ホンデスタイル」。 月末に引越し後は さらにホンデの中心部に住むことになりますので、私としてはこちらのMVも大いに応援したいところであります。




そしてこちらは 「デグスタイル」。 デグは地方都市ですので訛りがあるそうですが、歌詞にも訛りを取り入れて面白く作られています。 SY、バカウケ!003.gif




私のパソコンちゃん、大事に使ってきましたが、そろそろ寿命なのか動きが鈍くてドキドキします。。
ダウンしないうちにUPしてしまいます~



人気ブログランキングへ ← 今日もムシムシと暑いソウルです。 クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-08-19 00:00 |     城北区


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル