ソウルでステキな中国茶会♪

e0166398_14533924.jpg


去年の話題は去年のうちに…を目指していたのですが、すっかり年越ししてしまいました。042.gif

この2日間は怒涛のブログUP期間(?)と題しまして、お蔵入りするには忍びない写真を色々救い出そうと思います~ お時間のある時にお付き合い頂けましたら幸いです。

e0166398_14534439.jpg


というわけで、今回は夏にソウル某所で行われた中国茶の会の模様を少しだけ記しておきたいと思います。
「ソウルでもこんな生活を送ってる方もいらっしゃるのだなぁ」 と溜息モノでしたよ♪ 016.gif

e0166398_1453482.jpg


私はお友達に誘ってもらって参加させて頂いたのですが (ありがと♪016.gif)、こちらは お教室という形でやっていらっしゃるのではなく、今はお友達を集めて時々やっていらっしゃるみたいです。 もし公開サロンになさったら 素敵なものに飢えている在韓日本人女子の方々がたくさん参加されるハズ!(ご自宅でやるサロンだと、誰も彼もOKは難しいかもしれませんが…)

先生は現在 旦那様のお仕事でソウルに御駐在中なのですが、以前は中華圏にも駐在していらっしゃったそうで、その時に集めたという家具や調度品が本当に素晴らしかったです。

e0166398_14535343.jpg


お宅はコンシェルジュ付きの素晴らしい高層アパートで、お部屋もハンパじゃない広さ。
ソウルにもこういうアパートがあったんだなぁ…と感心してしまいました。


同じ韓国生活といっても、正直 駐在の方というのは優雅なイメージで、結婚で来た我々とではかなり生活レベルが違う気がして一瞬寂しくなりますが、、^^; 駐在の方は駐在の方で 私達には計り知れない努力をして生活を組み立て楽しもうとされてらっしゃるのだろうな…と思います。

皆さんもおっしゃってましたが、皆が皆、自分が行きたい国に駐在になるわけでは決してなく、どの国に駐在になったとしても奥さん達は旦那様の仕事を支えながら 自分もしっかり現地に適応して生活していかなければならないわけで、本当に凄いことだと思います。 (狭い世界での人付き合いの大変さもあるでしょうし…)

e0166398_1453582.jpg


今回の先生は、中華圏にご滞在中に 趣味の域を超えて 「茶芸師」 という国家資格までお取りになり、旦那様のお仕事を支えながら御自分の生活を輝かせていらっしゃって、本当にステキだなぁと思いました。

そう、どんな場面にあっても、自分の努力と心持次第でいくらでも幸せな生活を築いていけるんですよね。016.gif




みんなで 「これ、昆布みたい!」 とビックリしたのが こちらのお茶です。 もちろん昆布ではなく、普通のお茶でしたが。 なんか可愛い~037.gif

e0166398_145429.jpg


中国から持ち帰られたという、こちらのオシャレな電気ケトルに目が釘付けになりました。 中国茶を頂くのにあまりにピッタリなオシャレなデザインですよね。 これ、中国に行く機会があれば ぜひ欲しいですっ。 (電圧も韓国と中国は同じだそうで便利)

e0166398_1454787.jpg


一応カメラは持っていったものの、失礼かしら…としばらく出さないでいたら、皆さんカメラを構え始めたので笑ってしまいました♪ うっかり皆さんのブログのURLを伺うのを忘れてしまって残念…057.gif

話は飛びますが、韓国在住ブロガーさんにも素敵な方が大勢いらっしゃると思うのですが、私はほとんど韓国系のブログは読まないもので、そういうところからの交流の広がりが少ないのが 自分でも残念だなと思っております。。。 (なにせ自分のブログのコメント欄も閉じてしまっている位ですし、、ちょっと反省中。)

e0166398_14541112.jpg


以前台湾に行った時に茶芸館で見た 「豪快なお点前」 についてお話したら、先生が実演してくださいました。 こうやって急須を挿したまま、お茶が出切るのを待つのです。 豪快で面白いですよね。003.gif

e0166398_14541582.jpg


先生がさりげなく開けた箱を見て、「あのっ、写していいですか?」 と聞いてしまった私。 だって、あまりにステキだったんですもの♪

1996年に初めてイギリスを訪れて以来イギリスのアンティークが大好きな私ですが、歳を重ねるにつれてやっぱりアジア的なものに凄く惹かれています。 和のものはもちろん、韓国のもの、そして他のアジアの国のものを上手にミックスした 先生のお宅のようなインテリアに憧れます。

e0166398_1454199.jpg


お茶自体はもちろん、先生が少しずつ買い集められたという食器や調度品など、素晴らしい物がたくさんありました。 ちなみに食器には、典型的な中国茶用のお茶菓子の他、日本で買ってらっしゃったというチョコレートやクッキーなども密かに混ざっていて、センスの良い人は何をしてもピタッとはまるものだなぁ~と感心しきりでした。

お茶菓子だけじゃなく、これって生活全てのことにおいても言えることなのかも。

「ここは韓国だから○○をするのは無理」 と決め付けるのではなく、似たようなもので代用したり 上手に工夫すればいくらでもステキに出来るんですよね。 何だか人生を学びました。 私も 「ここは日本じゃないから無理」 と言うんじゃなく、自分で考え工夫してステキに暮らしていけたらいいなと思います!

e0166398_14542371.jpg



中国茶の奥深い世界に触れる事が出来て、至福のひとときを過ごさせて頂きました。 誘ってくれた友達、そして御一緒させてくださった皆様、ありがとうございました。016.gif


今現在、東京に滞在中の私ですが、ひとまず今回は紅茶の基礎だけ習って帰りたいと思っています。 お味だけ言うと、西洋のお茶よりは 日本茶や中国茶、韓国茶などのアジアのお茶が好きな私ですが、今年は 「人をたくさん家に招いて 常に整理整頓を心掛けようイヤー」 なので、おもてなしの基本である 「紅茶のいろは」 は学んでおくべきだと思って…

私も身の丈に合うレベルで 素敵&快適な生活が送れるよう、今年も頑張ろうと思います☆ 056.gif



人気ブログランキングへ ← 今回は実家に置きっぱなしだった抹茶茶碗も持ち帰ります…。クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-06 00:00 |     生活雑記


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル