美しい陶磁器の世界 @国立中央博物館

e0166398_21162732.jpg


10月に両親が新居を見にソウルへ来てくれた時、地下鉄4号線の二村駅にある国立中央博物館(국립중앙박물관) に連れて行きました。 約30万点の遺物を所蔵し、その内約1万5000点が展示されている、世界でも6番目に大きな博物館です。 入館料が無料というのも嬉しいポイント。016.gif

よろしければ過去記事もご覧下さい♪

e0166398_21163281.jpg


あまりに広く、じっくり見て周ったらとても1日では終わらないので (しかも凄く疲れる)、私はいつも 「今日は○階だけ見る」 といった感じでエリアを限定して見ることにしています。 中でも一番好きなのが、陶磁器が時代ごとに展示されているエリアです。

e0166398_21163637.jpg


下の写真をご覧ください。 普通に酒場で出てきそうなとっくりですが、これは国宝だったか宝物だったかの指定がされている価値のある一品です。 ^^; さりげなく展示してある陶磁器を1つ1つよく見てみると、プレートのところに 「国宝○号」とか「宝物」なんて単語が書かれていてビックリします。

e0166398_21164170.jpg


最初は何となくさらっと館内を見て周っていた母も、途中からメガネを取り出して真剣に見入っていました。

e0166398_21164696.jpg


ところで、恐らく 「韓国」 という国は、歴史的な問題云々は別にして純粋に 「旅行先」 という要素で見た場合でも、「大好き」 という人と 「全く興味が無い」 という人とに大きく分かれるのではないでしょうか。

韓国旅行というと 「食・美容・買い物」 がメインのイメージですが、そういうのが好きな方にとって韓国は 近くて安くて魅力的な場所でしょう。 でも、こういったものに興味が無い人にとっては、行っても一体何をしたらいいんだろう…という感じの場所だと思うのです。


正直、私の家族や仲の良い友達の多くも後者で、私自身も結婚して韓国に来るまでは あまりこの国に興味を持てないでいたのですが、いざ生活するとなったら話は別。 ポジティブに興味が持てる事を見つけて、自分の人生を明るく楽しくしていくしかありません。

そこで、少しずつ興味が持てそうな場所を開拓していった結果、私の中で 「ソウルのベスト5」 に入ったのが この国立中央博物館だったのです。

e0166398_21165192.jpg


ブログには日常起こった事や行った場所の全てを書くわけではないので、中央博物館をブログで御紹介したのもまだ2度目か3度目くらいだと思いますが、実は結構ちょこちょこ通ったりしています。 家族や友達と行く事もありますが、大抵は一人でフラッと行ってしまいます。

私にとってここは展示物を観賞して楽しむ以上に、静かな空間で一人落ち着きリラックス (デトックス) するための空間である気がします。 在韓の方はもちろん、一人旅をなさっている方も、都会の喧騒から離れて心を落ち着けたい時にぜひ行ってみてください♪

e0166398_21165583.jpg


素晴らしい黄金の高杯にも惹かれます。
(フラッシュを使わなければ、館内の大抵のところで写真撮影が可能です)

e0166398_2117078.jpg


母には 「半跏思惟像」 をぜひ見せてあげたかったのですが、運悪く展示スペースが工事中で見られませんでした。 ここにある半跏思惟像は、京都の広隆寺にある木造の弥勒菩薩半跏像ととても似ています。 世界の半跏思惟像の写真も一緒に展示されていますので、国や地域ごとに少しずつ異なる仏像を比べてみるのも楽しいですよ。

e0166398_2117444.jpg


拙著 『su・te・ki ソウル雑貨』 でもご紹介したのですが、ソウル土産に悩んだらミュージアムショップを見てみるのもオススメです。 その美術館ごとのオリジナルグッズはもちろん、なかなかセンスの良い雑貨が置いてあったりします。

e0166398_2117955.jpg


これはもしかしたら国立中央博物館じゃなくソウル市立美術館で買ったものだったかもしれませんが、お金を入れて人にお渡しする時の袋です。 半透明の封筒の中に、韓国っぽい色彩の二つ折りになった光沢のある紙が入っており、その中にお金を入れるようになっています。 素材も高級感があり、個人的には物凄く好きなデザインです。

e0166398_21171419.jpg


これは以前SY(夫)がお土産に買ってきてくれたキーホルダーです。 外国からのお客さんを連れて国立中央博物館に行った際、お客さんと私にお揃いで買ってくれたそうです。^^; 鯉は 「成功運、金運、商売繁盛の守り神」 と言われ、演技の良いモチーフですよね☆

e0166398_21171845.jpg


こちらは国立中央博物館オリジナルの鉛筆。 今時、鉛筆を使って勉強している学生はいるのだろうか…と思わなくも無いですが、こんな鉛筆でお勉強したら成績も上がりそう…!?  (シャープペンバージョンもあればいいのに~)

e0166398_2117232.jpg


その他、絵画を転写したクリアファイルも美しくてオススメです。 ちなみに今回母は日本でお留守番の妹達に、伝統的なデザインの手鏡を買っていました。



旅のスタイルは人それぞれ。 ショッピングやエステ三昧の旅もそれはそれで良いと思いますが、たまには趣向を変えて静かな空間の中で寛いでみてはいかがでしょうか? うちの母も 「韓国にもこんな緑がキレイで素敵な場所もあったのね」 と凄く喜んでいました。 皆さんもぜひ一度、国立中央博物館に行ってみてくださいね♪ 016.gif

ちなみに、平日に行くと本当にガラガラで、空間を独り占めしたような気分になれます。 歩き疲れたら、館内3階にあるカフェで伝統茶をどうぞ。 063.gif


e0231876_0251970.png



伝統茶といえば、両親を仁寺洞の耕仁美術館伝統茶院にも連れていきました。 偶然ながら今回は緑豊かな場所にばかり連れて行った感じでしたが、両親もとても喜んでくれてよかったです。

e0166398_21173367.jpg


仁寺洞には色んな伝統茶院があってどこもそれぞれ魅力的ですが、個人的には 「初めて韓国に来た人」 や 「1軒しか茶院に行けない人」 を案内する場合は、この耕仁美術館伝統茶院に連れて行くことにしています。

どのガイドブックにも載っている王道な茶院ですが、やはり失敗は無い気がします。 ただ、あまりに混んでいる時間帯だと優雅なティータイムでも何でも無くなってしまうので、、行くなら昼食直後ぐらいまでがいいかな?

日本から家族や友達が遊びに来てくれると、普段在韓者同士では行かないような場所にも行けるので楽しい&新鮮です。^^


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-12 00:00 |     ミュージアム


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル