ティム・バートン展 @ソウル市立美術館

e0166398_23275381.jpg


週末、ソウル市立美術館で開催中のティム・バートン展を観てきました。

元々行く予定は全く無かったのですが、SY(夫)と 「川沿いの公園にでも行こうか?」 と地下鉄の駅に向かった時点でお天気が怪しくなってきて…。 急遽 「2号線1本で行けて遠くなくて屋根のある場所に行こう」 ということで、何となくソウル市立美術館へ向かう事にしたのです。

e0166398_2328127.jpg


美術館などには全く興味が無いSYさんですが、彼の良いところは よほどじゃない限り大人しく付いてきてくれるところ…。 今回は運よく、彼も感心の高い分野であるティム・バートンの展覧会で良かったです。

e0166398_2328846.jpg


ティム・バートンさんはアメリカ出身の映画監督(芸術家)で、現在はイギリス・ロンドン在住。 私は映画は全く詳しくないもので、彼の作品は 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」 ぐらいしか知らなかったのですが、実は 「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」、そして あのバットマンシリーズの監督もしているのだそう。

「凄い人だったんだね~」 と言ったら、映画オタクで ティム・バートン作品もほとんど網羅しているSYに 「そんなことも知らなかったの? 一緒にバットマンシリーズも映画館に観に行ってるのに…」 と呆れられました。。

バートンさん、ウィキペディアで見たら熱烈なゴジラファンとして有名で、映画 『ゴジラVSモスラ』 の制作現場を見学したこともあるんですって!

e0166398_23281589.jpg


週末の午後に行ったせいで、会場は大入り満員。

外にあるチケットボックスでチケットを買った後、建物内にある整理券配布所で整理券をもらい、3~40分ほど待ってから入場しました。 電光掲示板に随時 「○○番代の方、入場可能」 と表示されるので、ずっと並んでいなくても良いのが親切です。

e0166398_23282226.jpg


入場待ちの間、韓国ではお約束の 「記念撮影コーナー」 で撮影する人、多数。
(この日は特にポージングがきまってるお子ちゃまが多くてビックリ…)

e0166398_23282845.jpg


建物に入って左手にはミュージアムショップがあるので、私はそこで時間を潰しました。

実はこのミュージアムショップ、引越し直後にしょっちゅう足を運んだんです。 目的はアート・ポスター。 勿論インターネットでも購入は出来るでしょうが、やっぱり実物を見てから購入を決めたいので、こういうショップに足を運ぶしか無くて。

e0166398_23283585.jpg


以下、在韓の方向けのオマケ情報になりますが…

ホンデにある額装屋さん曰く、昔は弘益大学周辺にもポスターを扱うお店が結構あったそうですが、今は全部無くなってしまったとのこと。 「アートポスターを買うなら 芸術の殿堂 がいいですよ」 と言われ、芸術の殿堂はもちろん中央博物館のショップにもわざわざ行ったりもしましたが 結局あまり無かったので、個人的には ここソウル市立美術館が一番無難な気がします。 物凄く多いという訳でもありませんが…

あと、既に額に入った絵・写真が欲しければ、高速バスターミナルの地下のGOTO MALL が種類も多くて良いです。 よくわからないアーティストの物も多いので、とにかく「壁に掛ける絵があればなんでもいい」という方向けです。(現金で買うと割引のあるお店が多いです) または、少し高くてもいいなら 雑貨本でもご紹介したCASAMIAとか。

(日本にお住まいの方は、日本の方が種類も多いので是非日本でどうぞ)



やっと順番が来たので、舌のようなアーチを潜り抜けて会場に入ります。

e0166398_23284199.jpg


廊下以外の場所では撮影禁止だったので、展覧会内部の写真は無しです。

展示物は2階と3階の2フロアに分かれていましたが、2階は主に 「ティム・バートンとは?」 みたいなヒストリーが展示されており、3階は 今まで手掛けた作品の小道具や短編映画の上映室がいくつかあったりと、エンタテイメント性が高いつくりになっていました。

正直、私はシザー・ハンズとバットマン以外の作品は観た事が無かったし、そんなに興味も無かったのでいまいち楽しめなかったのですが、SYは結構楽しんでいる様子でした。 もう少し面白い展示物があれば 興味が無いなりに私も楽しめたと思うのですが、なんか全体的に中途半端な写真の展示が多くて…。 並ばずにサッと見られるならともかく、小さな写真を見るためにいちいち列に壁際の列に並んで…を繰り返すのは面倒で、途中途中で飛ばしながら見る感じに。

e0166398_23284838.jpg


展示内容そのものよりも 私が最も感心を持ったのは、ティム・バートンとジョニー・デップの関係でした。 ジョニー・デップって、バートン作品の常連なんだそうです。(あ、常識でしたか? スミマセン…^^;)

バートンさんの絵コントを見ても分かるように、彼の描くキャラクターの雰囲気がジョニー・デップに凄く似てるんですよね。 詳しくない私が言うのもナンですが、ジョニーという俳優さんはバートンにとって 物凄く良いインスピレーションを与える人なんだろうな、と思いました。

どんな仕事にでも言えることですが、一人きりで出来る仕事なんて絶対にありませんものね。 良い仕事をしている人ほど、必ず 「人に恵まれている」 と思います。 要所要所で 「良い影響を与えてくれる人」、「自分を理解し評価してくれる人」 が居てくれなければ、大成するのは難しいはず。

e0166398_23285412.jpg


ジョニー・デップに似た雰囲気のイラストを見ながら、「バートンさんにとってジョニーに出会えたことは、人生の中でも物凄くラッキーだったことの一つなんだろうな」 としみじみ思いました。 余計なお世話…

そしてついでに 「私の人生において出会えてラッキーだった人って、あの人やあの人やあの人だろうな」 なんてことを考え、そして感謝しました。 そんな風に改めて 「気付き、感謝」 が出来たことが、私にとっては この展覧会を観に行った大きな収穫だったのかもしれません。

e0166398_2329054.jpg


ティム・バートン展は展覧会は4月14日までだそうなので、興味がある方はぜひ行ってみてください。 結構お子様連れの方もいらっしゃいましたし、若いカップルはもちろん、中高年のお客さんもいて、色んな世代で幅広く楽しめる展覧会だと思いました。

何よりこれからの季節、美術館がある市庁駅周辺はお散歩するのにオススメです。 徳寿宮(トクスグン)脇の石垣道も美しいですし、内部も花が咲いてとってもキレイですよ♪ 056.gif



e0231876_0251970.png



最近ますます肥えているSYを少しダイエットさせねば…ということで、そのまま光化門方面へ歩くことにしました。 駅の目の前には、新しくなった市庁舎が。

手前の重厚感のある石の建物は、日本統治時代の1926年に京城府庁舎として建てられたもので、国の登録文化財第52号にもなっています。 その背後にチラッと見えるガラス張りの建物が、去年オープンした新しい市庁舎ビル。 SY曰く、「最悪のデザイン」 とのことですが、皆さんはどう思われますか…?

e0166398_2329137.jpg



手前の古い建物、旧市庁舎ですが、数年前に解体するしないでかなり揉めたりもしたようです。 (韓国って古いものをすぐ壊しちゃうので…) でも結局 登録文化財になったことで保存されることになり本当に良かったと思います。 東京駅周辺のビル群を見てもそうですが、古い建物って、時代を経てきた重厚感・美しさが新しいビルとは全く違いますものね。

現在、旧市庁舎は感じの良い公共図書館になっていまして、この日私達もチラッと中に入ってみたのですが、1階のDVDコーナーはかなり充実していて良さそうでした。 外国人の方々もちらほら居ましたよ。

在住ビザが無いと貸し出しや視聴覚機材の利用は出来ないと思いますが、中に入って雑誌や新聞などを眺めるだけなら誰でもOKですので、お時間があれば皆さんもぜひ一度見学にどうぞ。



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-03-20 00:00 |     ミュージアム


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル