釈迦生誕日イベント、燃灯祝祭 @曹渓寺

e0166398_14461975.jpg


日本は5月というとゴールデンウィークですが、韓国も5月はちょこちょこっとイベントが続きます。 子供の日、父母の日、先生の日、そして 「ブチョニムオシンナル (釈迦誕生日)」 です。

釈迦誕生日は旧暦の4月8日にあたる日で、2013年は5月17日(金)が祝日でした。 韓国は国民の祝日がとても少ない (ついでに祝日が日曜日にあたってしまっても振替休日がない) ので、金・土・日の3連休はとても貴重なのです♪

e0166398_14462626.jpg


5月17日当日は特に何もしなかった我が家でしたが、その1週間前に曹渓寺に行ってみました。 曹渓寺は曹渓宗の総本山で、とても有名なお寺です。 観光客の多い仁寺洞エリアにあるので、ご旅行でソウルにいらっしゃった際に立ち寄ったという観光客の方も多いかもしれませんね。


鐘閣駅周辺は歩行者天国になっており、イベントのテントがずらりと並んでいました。 「イベントは夕方6時ごろまで」 とあったので、私達が到着した午後6時半にはとっくに終わっていると思ったのですが、まだまだ凄い活気。 思った以上に大掛かりなイベントだったようです。 無料で蓮の花の提灯を作れるブースが人気のようで、道行く人達の多くが可愛らしい提灯を手にしていました。

e0166398_14463241.jpg


この日は 「ソウルってこんなに外国人がいたんだ!」 と思うぐらい、外国人客がわんさかいました。 ま、私も外国人なんですけどね…。

無料で伝統衣装を着ることが出来るブースは、欧米人のお客さんで賑わっていました。 (これを言うと驚かれるのですが、実は私、一度も韓服を着た事が無いのです)

e0166398_14463828.jpg


韓国だけではなく、世界各国の仏教国の特設ブースもありました。 タイ、中国、ブータン、そして日本などなど。 スリランカのブースでは、スリランカティーがふるまわれており、長蛇の列が出来ていました。(列がもう少し短ければ私も並びたかった~)

タイのブースでは、華やかな衣装を着た人との記念撮影が人気でした。

e0166398_14465031.jpg


そんな大賑わいの各国ブースが続く中、日本のブースがこちら。

e0166398_14464445.jpg


し、渋い… ^^; ひたすら座禅を組むパフォーマンス(?) が行われていました。 赤いセーターの西洋人の方もサマになってますね。 イギリスでもそうでしたが、日本の 「禅」 の世界はリスペクトされていますものね。

最近の私のリラックス法は、夜、丁寧にお茶を煎れて飲むことなのですが (面倒くさがりの私がキチンと茶葉から!)、いつか座禅もやってみたいな…と思いました。 身体の中が浄化されそう。



そして、曹渓寺に到着。

e0166398_14465685.jpg


既に夜7時近かったのですが、まだ明るいので提灯に灯りはともっていませんでした。
(写真は見やすいようにフォトショップで加工してあるので、更に明るく感じます)

e0166398_1447311.jpg


曹渓寺は1395年に創建された歴史のあるお寺で、今日まで韓国仏教の中心地として 信者の方々から尊敬を集めているのだそうです。

e0166398_1447910.jpg


大雄殿前のエンジュの木も提灯に覆われて、不思議な景観に。

e0166398_14471526.jpg


提灯の色がところどころ中途半端に変わっている箇所があったので 「何か描かれているのかな?」 と思ったのですが、曹渓寺のホームページを見たらこんな感じになっているようでした。(写真はHPよりお借りしました) 「ブッダのように生きましょう」、でしょうか。

e0166398_1447229.jpg


お寺の脇には、スタンバイをしている踊り手の方々がたくさんいました。 曹渓寺を出発し、仁寺洞のメインストリートを練り歩くルートのようです。

e0166398_14472847.jpg


なかなかお寺の提灯に明かりが灯らないので、仁寺洞まで歩いてみることにしました。

お寺の脇から出たら、手作り提灯が吊るされたストールを発見。 オーソドックスな蓮の花の提灯から、オリジナリティー溢れる作品まで色々ありましたよ♪ (子供が作ったのか、キティちゃんなどのキャラクターものも。)

e0166398_14473475.jpg


e0166398_14474072.jpg


e0166398_1448365.jpg


曹渓寺の前の大通りを反対に渡り、すぐ前の小道に入って1分ほど歩くと、仁寺洞のメインストリートにあるサムジギルに出ます。 こんなに近かったのかとビックリ。 メインストリートでは、パレードが行われていました。 さっき曹渓寺の脇で見た踊り子さん達も、ここまで練り歩いてきたようです。

e0166398_14481027.jpg


ソウル市内にある大学の校章が描かれたものもありました。

e0166398_1448164.jpg


龍、天女、お釈迦様など、色々な明かりが練り歩きます。 日曜日の夜の仁寺洞は すぐに暗くなってお店も閉まって閑散とするイメージだったのですが、この日は遅くまで賑わっていました。

e0166398_14482357.jpg


さて、だいぶ暗くなってきたので曹渓寺に戻りましょう。

わーい、明かりが灯っています! この時点で夜8時ぐらいだったかな?

e0166398_14483063.jpg


こちらは境内の入口に掛かっていた提灯。

e0166398_14483690.jpg


蓮の花や金魚の柄が素敵。

e0166398_14484217.jpg


そして境内です。 一体何個の提灯が吊るされているのでしょうか? まさに 「光のシャワー」 という感じです!

e0166398_14484998.jpg


ひゃー、日本には無い感じの鮮やかな色彩ですよね。 タイに行った時のことを思い出しました。

e0166398_14485769.jpg


大仏様3体が鎮座する大雄殿。 熱心な信者の方々が中でお祈りしてらっしゃいました。
この大雄殿は朝鮮時代に建立され、ソウル市有形文化財第127号にも指定されているそうです。

e0166398_1449475.jpg


写真だとイマイチその場の雰囲気が上手く伝えられなくてもどかしいのですが… 頭上一面に広がる提灯は本当に見事でした。 イベントも想像していたよりずっと大規模で面白かったので、行ってみて本当に正解。 タイミングが合えば、また来年もぜひ行ってみようと思います。

e0166398_14491077.jpg


韓国では日本のように各地で行われる大々的な夏祭りは無く、日本に行った事がある韓国の学生達によく 「日本は祭文化があって素晴らしいです」 と言われるのですが、この 「釈迦誕生日」 のイベントは とても日本の夏祭りとも通ずるものがあるなと 個人的には感じました。

e0166398_14491648.jpg


白一色の提灯も幻想的なものですね。

e0166398_14492352.jpg


私は 「提灯」 と書いてしまいましたが、お釈迦様の誕生を祝う提灯は 「燃灯(ヨンドゥン)」 と呼ばれるそうです。曹渓寺では市民が申し込むと、自分の名前を書いた札を燃灯に吊るすことができるようですよ。

曹渓寺ではテンプルツアーなどもやっているようなので、興味がある方は日本語版ホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。 私もぜひ一度はテンプルステイを体験してみたいと思い続けているのですが、夏だと蚊に刺されやすい体質なので大変なことになるだろうし、、機会を掴めないままでいます。

e0166398_14493082.jpg


お寺で提灯の明かりを堪能した後は、元来た道を戻ります。 歩行者天国続行中。 次の日は月曜日だというのに、まだまだ凄い人通りでした。

e0166398_14494393.jpg


三重塔が可愛い♪ 記念撮影に交じって、外国人観光客の人達もたくさん群がって撮影していました。

e0166398_14495361.jpg


目つきがやたらと悪いクジラ(?)さん、若い子達に大人気でした。 003.gif

e0166398_1450197.jpg


特設会場ではナンタ (太鼓) などのパフォーマンスをやっていました。 この時点で夜9時過ぎだったと思いますが、日曜の夜だというのに皆さん元気ですよね~ 正に眠らない街、といった感じです。

e0166398_1450770.jpg



SYも 「曹渓寺は知ってたけど、具体的にどこにあるかまでは知らなかったし、こんなに大きなイベントをやってるとも知らなかった」 と驚いてました。 翌日、SYママに会った時に 「曹渓寺に初めて行ってきたよ~」 なんて報告していた程。 (彼は出来事を細かく家族に話すタイプではないので、とても珍しいことです)

私自身も曹渓寺の存在は知っていたし何度も前を通ったことはあったのですが、入るのは今回が初めてでした。 提灯の明かりやイベントも楽しかったですが、次回はぜひ何も無い静かな時に一人でフラッと行ってみたいと思います。

皆さんもチャンスがあれば、ぜひ一度。 016.gif



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-05-20 00:00 |     ソウル観光


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル