ロバート・キャパ100周年写真展 @世宋美術館

e0166398_315192.jpg


用事で近くを通ったついでに、ふと思い立って友達とロバート・キャパの写真展に寄ってきました。
光化門駅のすぐ目の前、世宋文化会館に併設されている美術館で、10月28日まで開催中です。

e0166398_3152560.jpg


キャパの写真展を見るのは、これが2度目。 1度目は私がまだ10代か20代の初めだったと思います。
が、記憶力の悪い私は ほとんど覚えてなくて。。 が~ん。。。

唯一覚えているのは、パブロ・ピカソが海辺で子供を持ち上げて笑っている ほのぼの写真です。

でも今回のキャパ展を見て、色んな記憶が蘇って来ました。 キャパは 「戦場カメラマン」 で・・・
展示のしょっぱなから壮絶な写真が続きます。


最初は 「怖いな…」 とネガティブな気持ちで見ていた私でしたが、次第に そんな感情は忘れてしまうほど物凄く強く引き込まれていきました。 やはり、命をかけて撮影した写真というのは、鬼気迫るものがあります。 たとえピントが合ってない写真であっても、それがまた説得力を増すというか。

e0166398_3153044.jpg


おこがましくも、自分も子供の頃から写真が好きで撮ってきた立場でキャパの写真を見て思ったのは、「写真を撮る上で最も大切なことは、『良いカメラを使う』 だとか 『センスが良い』 だとか以上に、『被写体に近づく勇気と情熱』 だな」 と強く感じました。 これは日頃から思っていることなのですが…

例えば、キャパの写真の中に、兵士達が水の中をジャブジャブ進んでいる戦場の写真があるのですが、この写真を撮るためにキャパ自身も、撃たれるかもしれない危険を冒して水の中に入っているわけで…


(館内で写真を撮っていいのは、この入口まで。)
e0166398_315379.jpg


今回の展示で特に印象深かったのは、女性が写っている写真の数々です。 中でも最も好きだったのは 「ambulance drivers」 というタイトルの写真。 戦場で女性ドライバー達が編み物をしているミスマッチさが 希望と悲しさを表わしているような、何とも不思議な感覚に襲われる一枚でした。



写真展全体の感想は、「戦争はしてはいけない」 です。

最近、甥っ子や姪っ子が生まれてみてつくづく命の重さについて考えさせられます。 24時間365日、親があんなにも手をかけ愛情をかけて育てた人間を、たった1発の銃で消し去るなんてことは絶対にあってはいけませんよね。



写真展は10月まで開催されていますので、興味がある方、特に在韓の方々はぜひご覧になってみて下さい。 胸に響く何かがあると思います。

折りしも今日8月9日は原爆記念日です。 世界の平和を願いつつ・・・ 黙祷。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-08-09 00:00 |     ミュージアム


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル