韓国版: ターシャ・テューダーさんの美しい写真集

e0166398_1721779.jpg


今日は、ずっと皆さんにご紹介したかった本をご紹介しますね♪

日本でも大変有名なターシャ・テューダーさんの本の韓国語版です。


ターシャさんを御存知無い方のためにちょっとご紹介すると、ターシャさんは1915年生まれのアメリカ人絵本作家です。 50歳代半ばにバーモント州の小さな町のはずれで自給自足の暮らしを始め、1800年代の農村の生活をそのまま再現したライフスタイルで注目を浴びました。 日本でもNHKで何度も特番が放送されて、DVD付きの本も出ています。(私も母にプレゼントしました!)






ちなみに、韓国でのターシャさんの知名度は、日本における知名度ほどでは無いと思います。 韓国のテレビでも何度か放送された事はあるようですが、夫は 「名前も知らなかった」 そうですし。 私も詳しい事は分かりませんが、日本はターシャさんの知名度が高い国の上位に来そうです。


さて、今回ご紹介するのは、『ターシャ・テューダーのガーデン』 と 『ターシャ・テューダーの世界』 の2冊。
韓国語では 『타샤의 정원 (ターシャの庭園)』、『타샤의 행복 (ターシャの幸福)』 となっています。


<日本語版はこちら>

ターシャ・テューダーのガーデン

トーヴァ マーティン / 文藝春秋


ターシャ・テューダーの世界―ニューイングランドの四季

ターシャ テューダー / 文藝春秋



<英語版はこちら>

Tasha Tudor's Garden

Tovah Martin / Houghton Mifflin (T)


The Private World of Tasha Tudor

Tasha Tudor / Little, Brown and Company




ご覧のように、英語版と日本語版は 表紙のデザインが全く同じです。 でも、韓国語版は一番上の写真のような別のデザインになっており、よく見ないとターシャさんの本だとは分からないほど。

乙女チックなカワイさにノックアウトされたのと同時に、この思い切りっぷりに驚きました。 売ることを考えたら、この表紙はかなりチャレンジャーですよね。 しかも背表紙も タイトルが物凄く目立たない作り方になっていて、本棚に挿してあったら スルーしてしまいそう。

e0166398_1722913.jpg


私も今回、もしこの本が本屋の棚に平積みになっていなかったら、恐らく気付かなかったと思います。


本屋に行くたびに思うのですが、韓国の書籍のデザインは 意外にも(失礼!) とても趣味の良いものが多い気がします。 文房具類は子供っぽいデザインが多いので 一部のメーカーを除いては買う気にならないのですが、反対に書籍はスマートなものも多くて。 以前、このブログでも何度か韓国で買った本についてご紹介したことがあったと思いますが、デザイン性が高いものも多く、私は結構好きです。


好きなポイントはいくつかあるのですが、1つは 「余分なカバー表紙が付いていないこと」。

日本の書籍は、本の上からペラッと一枚カバー表紙がかけられていますが、読んでいるうちにズレてきて端っこが折れたり切れたりすることがありますよね…。 なので私は、購入後すぐに本体とカバーを両面テープで貼り付けています。 そのカバーが韓国の書籍には無いんです。


端っこの強度を保つため、少しだけ裏側に表紙が折り込んであります。 ↓
e0166398_1722032.jpg


カバー表紙は必要か不要かは個人的な好みもあるし、どちらが良いかは一概に言えませんが、個人的には不要派なので、このスッキリ感が気に入っています。


では、中味を見てみましょう。

私はこの2冊の日本語版を持っていないので比較は出来ませんが、韓国語版は こんな感じで写真が大きく掲載されています。

e0166398_17212645.jpg


ところどころ文章が書かれたページも出てきますが、デザイン的にスッキリしていて邪魔にならない感じ。 韓国語が分からない方でも、写真集として楽しめる作りです。

e0166398_17213148.jpg


ターシャさんの美しい絵のページもあります。 疲れた時に眺めると、ふっと優しい気持ちになれますね。

e0166398_17213777.jpg


美しい挿絵を描き、人々が憧れる素敵な田舎暮らしをしたターシャさん。 でも実際は、子供4人をもうけた後で離婚したり、また再婚しては離婚したり…と、かなり波乱万丈な人生を送られたのだそう。

そんなターシャさんだからこそ、心を癒してくれる花や木を愛し、動物達とのスローライフを実践するに至ったのかもしれません。

e0166398_17214520.jpg


各本にはオマケとして4枚のフラワープリントの紙(?)が付いてきます。 個人的にはこれ、もらってもどうしようという感じではありますが… 額装したりしても可愛いですよ、という意味かな?

e0166398_17215347.jpg


ちなみに本のお値段は、『ターシャの庭園』 が15800ウォンで 『ターシャの幸福』 が13800ウォン。

韓国は皆さんが思っていらっしゃるほど物価の安い国ではないのですが、書籍に関しては日本よりも数割安いので、それもオススメのポイントです。


他にも韓国で買った本で ご紹介したいものがあるので、また気が向いた時に記事にしますね♪


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-08-14 00:00 |     雑貨・市場


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

人気ジャンル