女子会にもオススメ♪ インドカレーレストラン Agra @ミレアセットビル

e0166398_3445954.jpg


明けましておめでとうございます。 今年もぼちぼちいきますので、よろしくお願いいたします。040.gif

さて、本来なら新年らしい華やかな記事にしたかったのですが、現在東京に帰省中でして… 既にブログ内に写真を保存してあるものからUPしようということで、新年らしさゼロのインドカレーレストランの記事からのスタートでございます。

e0166398_3451693.jpg


こちらのインドカレーレストラン 「Agra」 は、ブログで何度かご紹介した、乙支路入口駅近くにあるオフィスビル 「ミレアセット証券ビル(미래에셋, Mirae Asset)」 の地下2階にあるお店です。

以前は市庁や光化門周辺で韓国料理以外のものを食べたいとなると、大抵はフィナンシャルセンタービルの地下に行ったものですが、最近は個人的にはミレアセットを利用することが多いかも。 徒歩で光化門や明洞にも出られますし、清渓川もすぐです。 ミレアセットへの行き方はこちらをご参照ください。



さて、特に予約せずに入ったAgraでしたが、余裕で入ることができました。 下の写真に写っているちょっと怪しげな(?)カーテンの仕切りのある半個室に案内してもらったのですが、なかなか雰囲気があって、5~6人で行くような場合にはオススメです。

e0166398_3452777.jpg


お料理は単品でも頼むことが出来るし、コースでも頼む事ができるのですが、さすがにカレー専門店だけあって色々あり迷いました。 結局コースを頼んだと記憶していますが、うろ覚え。

e0166398_3454335.jpg


物凄く薄暗かったので、この程度の写真のクオリティーがやっとです。。 タンドリーチキン、美味しかった~

e0166398_3460100.jpg


そういえば、ウェイターさんの一人が笑顔がカワイイ男の子だったのですが、ニコニコしながらサーブしてくれたので、皆で 「かわいい~」 と言うと、更にニコニコしたので 「日本語少し分かるのかな?」 なんて言っていたら、なんと大学で日本語を専攻しているのだそう!

しかも、私も知っている先生がいらっしゃる大学に通っているとのことだったので、思わず 「○○先生は知ってますか?」 と聞いてみたのですが、知らないとのことでした。

それにしても世間は狭い。 というか、ソウルの社会は特に狭過ぎていつもドギマギ。
ほんと、悪い事はできませんね。 変な噂なんて、あっという間に広がっちゃいそうです。042.gif

e0166398_3461657.jpg


カレーといったら、やっぱりナンでしょう! 我が家でカレーを作る時は、日本から持ち帰った無印良品のナンの粉を使って焼くのですが、なかなか美味しいのでオススメです。 とっても簡単に作れますよ。

e0166398_3463333.jpg


5人居たので、5種類バラバラのカレーを頼んでシェアしました。 こういうのがまた楽しいのです。 どのカレーも食べやすくて美味しかったです♪

e0166398_3464731.jpg


デザートはこんな感じ。 これはまぁ普通だったかな。 お茶は持ち帰りも出来るようになのか、紙コップで出してくれました。

閉店間近だったこともあり、最後はちょっとあわただしかったかな? まだ私達が居るのに、お店の人が掃除機をかけ始めたのには驚愕しましたが、、韓国なので そういうことは目を瞑らなければいけません。

e0166398_347464.jpg


帰り際に30%割引券も頂いたので、今度は夫も連れて行ってあげようと思います。 なかなか美味しかったですよ♪

最後は上に書いた日文科のアルバイトウェイターさんに私達の集合写真を撮ってもらい、ついでに何故か彼とも一緒に写真を撮りました。 面白かった~ 003.gif

e0166398_3471353.jpg



平日のミレアセットビルに行くと、スーツをパリッと着たビジネスマンさん達が大勢見られるのも楽しいです。 私は新卒で一般企業に勤めていた経験があるので (わずか3年半ですが)、オフィス街の雰囲気が大好きなのです。

2007年に韓国に来たばかりの頃は、韓国人ビジネスマンさん達の背広やネクタイがやたらキラキラピカピカ光沢があったのに違和感を覚えたものでしたが、今はさほど感じなくなりました。 私が慣れただけなのか、それとも 日韓の間でそんなに差が無くなってきたのか。 (逆に日本は以前より光沢のあるスーツを着てる若い男性が増えた気がするのは気のせいでしょうか?) 

ご旅行でソウルにいらっしゃる皆さんは、どう思われますか?



e0231876_0251970.png



さて、年末に東京に戻ってきてから、日本特有のアレルギー症状(主に鼻炎)には苦しめられているものの、そのほかの部分では毎日エンジョイしながら過ごしています。

新年はSY(夫)も東京に来てくれて、妹家族も含めて総勢11人で箱根に旅行したりもしました。 一応、父の古希のお祝いです。 父も10年前には大病をして 「九死に一生スペシャル」 みたいなこともありましたので、ここまで元気に生きてくれていることに 改めて感謝しています。


甥っ子姪っ子達とも久しぶりに会いましたが、今回は妙に 「家族の無償の愛を子供に与えることの大切さ」 みたいなことを感じました。 

ちょうどホリエモンさんの 『ゼロ』 を読んだり、友人から ちょっと問題のある家族関係の話を聞いたりした影響もあるかもしれません。 子供の頃に正しく (←という言い方は語弊があるかもしれませんが) 愛情を与えてあげないと、大人になってからの生き方や物の考え方にもマイナスの影響を及ぼしてしまうというか、素直に自分を表現することを難しくしてしまうのかもしれないな…と 改めて考えさせられました。


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江 貴文 / ダイヤモンド社


(この本、色々と考えさせられました。 働くことに対する姿勢には共感できる部分も多かったです。)



私の姪っ子は、赤ちゃんの頃には超が付くほど人見知りが激しかったのですが、今回会ったら本当にニコニコ嬉しそうに興奮しながら皆に抱きついてきたんです。 正直、我が姪っ子ながら、あんなに社交的な子になれるとは思っていなかったのでビックリ。 それを見て、「絶対的な愛情」 を子供に与えてあげることの重要さを深く感じたのでした。

私は時々しか会えない立場ではありますが、「血の繋がっている伯母として、この姪っ子甥っ子達に絶対的な愛情を注いであげる人間の一人でいよう」 と強く思いました。 子供にとっては親の愛情が一番ですが、おじいちゃんおばあちゃんの愛情、伯父さん伯母さんの愛情も、多ければ多いほど良いに決まっていますものね。 無条件で自分を愛してくれる人、味方でいてくれる人がいると思うだけで、人って凄く強くなれるものです。



ついでに、韓国のディープな親戚付き合いも、今までよりもプラスに捉えられそうだなんて思ったりもしました。 私自身は日本の親戚とほとんど付き合いが無い人間なので、韓国の広い親戚付き合いには少々ストレスを感じることもあるのですが、これも人生の修行なのかな、と。 SYの性格の良さや素直さというのは、間違いなく あの愛情深い親戚の中で育ったことに因るものですし。

一族大集合の旧正月も月末に迫っていますので、自分なりにまた学び感じさせて頂こうと思います。



こんな感じで、今回はあれこれ考えさせられる、意義のある東京滞在になりました。

2014年の私のテーマは 「愛」 かな。070.gif 私の東京帰省はもう少し続きます。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-01-06 00:00 |     和洋多国籍


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル