「ほっ」と。キャンペーン

安東&慶州2泊3日旅(4) 朝鮮時代の代表的な儒教的建築物・屏山書院

e0166398_15401080.jpg


5月の連休中に行った安東・慶州旅行記の続きです。

旅行記を飛び飛びで書くのは好きじゃないのですが、あまりに写真が多くて気持ちが萎えてしまうため、、飛び飛びで失礼してます。(まとめて読んでくださる方は、カテゴリー 「地方都市」 をクリックしていただくと 旅行記のみ一覧になって出てきます)


さて、韓紙工場を出た後は、この日の目的地である河回村(ハフェマウル)方面へ向かいます。 その前に、河回村からもさほど遠くない場所にある屏山書院にも立ち寄ってみることにしました。

e0166398_15401677.jpg


安東に着いて最初に行った陶山書院も素晴らしかったのですが、屏山書院もまた違ったタイプの素晴らしい書院でした!

陶山書院が 「質実剛健」 だとすると、こちらの屏山書院は 「風光明媚、雅やか」 といいますか。

e0166398_15402255.jpg


既に書いたように、安東に向かう高速道路の中からすでに 「なんて素晴らしい緑なんだろう!」 と感動していたのですが (田舎っぽい自然ではなく、洗練された自然?)、この旅行中、屏山書院が その最たるものだったと思います。 ここは絶対に行くべし!

e0166398_1540282.jpg


ご説明が遅くなりましたが、ここ屏山書院(병산서원、ビョンサンソウォン)は、1613年に高名な儒学者である柳成龍(1542-1607)の学問と人格を慕う学者たちが共同で建てた学校なのだそうです。 1863年には国王より書籍・土地・奴婢などを下賜され、国王から権威を認められた賜額書院になりました。

日本語のホームページもありましたので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。



書院の正門である 「復礼門」。復礼門とは、この門をくぐる前に礼儀を尽くすという意味だそうです。
釜山ナビさん参照)

e0166398_15403368.jpg


e0166398_15404084.jpg


開いた門から臨める美しい緑。

e0166398_15404725.jpg


屏山書院は周囲を山に囲まれた素晴らしい場所ですが、風水的に見ると実はあまり良くない場所で、生活するには適していないのだそう。(財が貯まらないのだとか)

そのような理由から周囲に家がなかったため、学生達は学問に集中できて 書院としては大成功だったというのだから、本当に面白いですよね。 どんな事でも良い面もあれば悪い面もある、ということでしょうか。

e0166398_15405221.jpg


門の背後には大きな山が。 30mm単焦点レンズのため、広角の撮影が出来ないのが残念です。

e0166398_15405819.jpg


私の写真では ここの素晴らしさの10分の1も伝わらないとは思うのですが… とにかく壮大な自然に圧倒された場所でした。

e0166398_1541535.jpg


e0166398_15411081.jpg


当時の学生達は、何を思いながらここで学んでいたのでしょうか。

e0166398_15411565.jpg


伝統建築を見ると、つい門とか窓枠のデザインが気になってしまいます。

e0166398_15412173.jpg


かなり年季の入った木製の建物。

e0166398_15412817.jpg


書院の周囲の植物も、ワイルドな感じではなくキレイに整えられていて、全体的にスッとした雰囲気の、格式が高い場所といった印象でした。

e0166398_15413589.jpg


このような歴史的建造物というのは少々食傷気味というか、大抵の場所を見ても 「ふ~ん」 という感じで めったに感動することは無いのですが (スミマセン…)、ここも、そして陶山書院も久々に胸が震えました。

建物の、建築物としての素晴らしさもあったと思いますが、何よりも周囲の景色、大自然が素晴らしくて。

そんなに人出も無かったのも良かったのだと思います。 もしこれで団体客がわさわさいたら、また違った印象だったかもしれません。


屏山書院へは市内バス46番でも行けるそうですが、1日に2本のみとのことなので、やはり出来れば自家用車で行くか、季節によっては安東を周るツアーバスも出ているようなので、そういったものを利用するのがいいかもしれません。

(韓国観光公社さんでも こんなモニターツアーをやっていたのですね~)



e0231876_0251970.png



屏山書院のすぐ目の前には屏山が。 その屏山の手前には洛東江という川が流れています。
(屏山書院の駐車場は、このすぐ目の前)

e0166398_15414261.jpg


靴の中に砂を入れつつ… 川の近くまで歩いてみました。 大学生ぐらいの若者大勢が楽しそうに走り回っていて、「青春だねぇ」 とほのぼの。

e0166398_15415538.jpg


私の勝手なイメージでは、中国の山みたい。

e0166398_1542164.jpg



まさに心の洗濯ができた、素晴らしい時間でした。 安東の話題、まだまだ続きます。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-05-31 00:00 |     地方都市観光


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

人気ジャンル