安東&慶州2泊3日旅(5) 想像以上に素晴らしかった両班の村・河回村へ

e0166398_293923.jpg


すっかり間が空いてしまいましたが…

5月に行った安東(アンドン)&慶州(キョンジュ)旅行の続きをUPしたいと思います。 いつものペースでダラダラ説明文を書いていたらUPする気力が失せてお蔵入りになってしまうことが予想されるため、、とにかく写真だけでもササッと上げてしまおうと思います!


さて。 とうとう今回の旅のハイライト、安東の河回村(ハフェマウル)へ到着しました。

e0166398_295091.jpg


河回村は韓国の貴族である両班(ヤンバン)の家屋が数多く保存されており、村全体が韓国の重要民俗文化財第122号に指定されています。 2010年には慶州市の良洞村とともにユネスコの世界遺産に登録されました。

e0166398_295719.jpg


保存地区ということで、夕方6時まで一般車両は入ることが出来ません。 日中、村の中へは指定バスが通っているので、自分の車は置いてバスに乗り換える必要があります。

私達は6時ギリギリに村に到着したため、少しだけ村の外の駐車場で待機し、6時過ぎに村に入りました。

e0166398_210489.jpg


今回宿泊した 「北村宅」 という御宅は予約の際に 「家の前に車を停められないから、村の中にある共同駐車場に停めてきて」 と言われたため、そこに車を停めて徒歩で移動しました。 10分近く歩いたかな?

(結局、私達以外の宿泊客は 北村宅の目の前に堂々と車を停めていて唖然としましたが…)

e0166398_2101231.jpg


オレンジの模様みたいで可愛かった鉄柱。

e0166398_2101928.jpg


一旦村に入ってしまうと見事に何もありません。 食事などは村の入口手前にあるお店で食べておかなければなりませんが、そこも早々にクローズしてしまいます。

仕方ないので、北村宅に荷物を置いた後、再度駐車場に戻って車に乗り、村の外の食堂へ行きました。 ガイドマップにも載っている 「自家製味噌作りで有名な店」 ですが、ご紹介したいクオリティでは無かったので店名は控えます。

e0166398_2102642.jpg


サインがたくさんありました。

e0166398_21033100.jpg


お店は物凄く広く、眺めは良かったです。

e0166398_210415.jpg


e0166398_2104823.jpg


本当に普通すぎるお鍋で。。 韓牛ということで、お値段はそんなに安くなかったのに… 何というか、ここが有名なのは、この周辺に他にお店が無いからなんだろうなと理解しました。

河回村で宿泊される方は、安東市内で早めに夕飯を食べてからいらっしゃることをオススメします。

e0166398_2105484.jpg


食事をし終わる頃にはすっかり真っ暗に。


車で河回村に入り、村の中の共同駐車場に車を停め、また徒歩で宿へ。

村の中には北村宅の他にもいっぱい宿泊施設があるというのに、広い共同駐車場に車を停めていたのは私達の他には1台しか無くて、本当に気持ち悪かったです。 「翌朝、車が無くなってたりしたらどうしよう」 と思ったりして…

こんな長閑な村で犯罪なんてあったら世も末だとは思いますが、そのぐらい夜は真っ暗で人もおらず、車もまばらで、田舎暮らしをしたことの無い私にはちょっとした恐怖でした。 5月でもそうだったので、真冬だったらもっと怖いだろうし、女性グループだけだったら (私なら)怖いです。

とにかく河回村に泊まるなら、「明るいうちに宿に入ってしまう」 のがポイントかと。042.gif


危機意識の薄いSYが 平然と車内にPCや小銭を放置しようとしたので、「ここがアメリカなら間違いなく翌朝には窓ガラス割られてるから!」 と注意したのですが、「こんな場所に泥棒なんか来ない」と返されて余分に疲れ。。



下の写真はシャッタースピードを相当下げて撮ってるのでかなり明るいですが、実際は真っ暗でした。

e0166398_211287.jpg


どのぐらい真っ暗だったかというと、人生で2度目の 「iPhoneの懐中電灯機能を使用」 したほどで。 
(1度目はイギリスでのこちら

足元が見えない怖さという以上に、時々すれ違う車に轢かれるんじゃないかという怖さがありました。 街灯もほとんど無いので、車から歩行者はほとんど見えないと思います。 車が来たら自分の身体を照らして「ここに居ますよ」アピール…

e0166398_211937.jpg


本当に 「真っ暗闇っていうのは こういう状態を言うんだな…」 という暗闇でした。 ある意味、楽しい。

e0166398_2111781.jpg



この時点で午後9時ぐらいだったでしょうか。

宿の部屋にはテレビも無いし、というか布団以外なにも無いし、、普段では考えられませんが、この日は夜の9時過ぎには就寝しました。


そうそう。 トイレも部屋の外の小屋に移動しなければならないスタイルだったので、「どうか夜中にトイレに行きたくなったりしませんように!」 と願いながら寝ました。 昔は寝室に尿瓶的な壺を置いていたそうですが、納得です。 怖かった〜

(オバケが怖いとかでは無く、宿の敷地には外部から侵入者が余裕で入ってこられる状態だったので 物騒に感じて…)



夜は不便で怖かったものの、河回村ステイ自体は本当に素晴らしかったです! それを感じたのは爽やかな朝。 この村は宿泊しなければ、良さの半分も分からない場所だと思ったほどです。


続く~ 035.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-08-02 00:00 |     地方都市観光


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル