SYママのお引越し part1、内装編

e0166398_2325453.jpg


この秋、SYママ(義母)及び私達はソウルから京畿道に引越します。(と言っても、今住んでいるホンデからもさほど遠いわけではありません。)

引越しの様子なんてブログに書いても仕方ないかとも思ったのですが、意外と参考にしてくださる方もいらっしゃるようなので、ちょこちょこ記録しておこうと思います。 これから韓国に引越してくる方に 少しでも参考になれば幸いです。



さて、今回のSYママのお引越しは、家の買い替えによるものです。 韓国の人達って、一度家を買っても 結構パッと買い換えたりする人が多いみたいなんですよね。 不動産バブルが続き、「家は投資目的」 という時代が長かったせいでしょうか。

韓国の引越しは、色々と摩訶不思議なことが多いです。 前の住人が出て行くのと同じ日に自分たちが入居するというのも そのひとつです。 大金を一気に動かすためなのですが、その話はまた後日にでも。

SYママは 前の住人が少し早めに退去してくれたため、引越し前に壁紙を貼り替えたりキッチンを入れ替えたり等の工事をすることが出来てラッキーでした。


(下の写真に写ってるアジュンマは お掃除のプロの人。 引越しの際は、こういったお掃除アジュンマをお願いするのが普通です。 なぜなら、工事の業者さんたちが土足で家に入って 床がドロドロになるため…057.gif

e0166398_23255427.jpg


キッチン総取替えの工事中。(テーブルの上が汚い…) ↓

キッチンはセットで200万ウォンぐらい(20万円)だったそうです。


下の写真の左側、ベランダ部分の窓際に見えているのは 「第2キッチン」 です。 韓国のアパート (日本でいうマンション) では、メインのキッチンの他に、こうやって小さなシンクやガス台が付いたキッチンがベランダに設置されていることが結構あるんですよね。

e0166398_2326261.jpg


このアパートは中古とはいえ 比較的新しい物件なのですが、収納が全然ありません。 韓国のアパートやヴィラというのは ほぼ収納が付いておらず、その点がとても不便です。

収納は基本的に自分で揃えるしかありません。


下の写真はSYママの寝室に設置されたクローゼット。 幅が3メートルあります。 これを、天井と壁にがっちり取り付けてもらいます。 ちなみにこのクローゼットは120万ウォン(12万円)。

日本のように普通のタンスを買って置いてもいいとは思うのですが、韓国のアパートには韓国のアパートに合う こういった長いクローゼットを買って取り付けてしまうのが一番良さそうな気がします。 私達も引越しの際には こういったものを設置する予定で、あれこれ見て周って目星を付けたところです。

(パッと見、日本の襖みたいに見えますね…)
e0166398_23261145.jpg


さて。 SYママのアパートの造りや広さについても少しご説明しておきますね。

SYママの家は韓国のごく平均的な間取りのアパートで、広さは24ピョン(坪)です。 SYママと義妹へランちゃんが2人で住む家としては丁度良いサイズの家ですが、トイレが2つ付いています。

トイレが2つ付いているマンションというのは 日本ではなかなか見ませんが、韓国のアパートでは普通です。 2世帯とか大勢で暮らすことが多かった頃の名残なのかもしれませんね。


下の写真のバスルームがメインのバスルーム。 欧米式で、トイレ・バスが同じ部屋にあります。

e0166398_23262041.jpg


こちらはメインの寝室内にあるバスルーム。 こちらにはバスタブは付いておらず、トイレとシャワーのみです。

e0166398_23262921.jpg


シャワーはシンクの蛇口から伸びてる状態。 朝シャン用??

e0166398_23263958.jpg


寝室にバスルームが隣接しているというのは便利そうに見えて、実は掃除が大変だったりもするので、結局使わなくなってしまうんですよね… ^^;;



さて、韓国のアパートで 日本と違うもうひとつの点は、ベランダです。

e0166398_23264866.jpg


日本は消防法上、ベランダに窓は付けられないことになってますよね。 それに対し、韓国のアパートのベランダは窓を付けていいため、部屋の中みたいな感覚になっているんです。

SYママのアパートは、ベランダの幅がかなり広く、測ったら180センチ近くありました。

e0166398_23265641.jpg


このベランダのスペースがもったいないということで、最近はリビングルームとベランダの間の壁を取っ払い、リビングを拡張するご家庭も多いそうです。 実際、今私が住んでいるホンデの家も、そのように拡張工事でリビングが広くなっています。


ベランダも収納ゼロなので、自分たちで収納の棚を付けなければいけません。 SYママ宅は、SYパパが生前かわいがっていた後輩さんが来て 棚を作ってくれたそう。(下の写真はまだ途中段階)

e0166398_2327342.jpg


こういう棚がベランダに無いと、スーツケースやら、普段使っていない布団やらが入れられなくて困っちゃいますよね。


ん? 窓際に、なんだかお風呂っぽい板を発見。 ↓

e0166398_23271194.jpg


元々は花壇になっていたこのスペースも、後輩さんが取り壊して収納スペースに変えてくれたのだそうです。 SYママ宅はモノが多い家なので、使っていないモノを収納するのだとか。。。 でも…整理収納アドバイザーの資格を取った私に言わせると、こういうスペースこそ危険〜!!042.gif

e0166398_23272098.jpg


そして、下の写真は さきほどもチラッと写真に出ていた キッチン側のベランダです。 窓際には、シンクが付いている台が置かれています。 SYママが買い足したのではなく、最初から設置されていたのだとか。

「キッチンって2つも必要?」 とも思いますが、韓国ではチュソクなどの名節に皆で集まって料理をすることも多いので、こういう広いスペースが必要なご家庭も結構あるのでしょうね。

e0166398_23272855.jpg


上にも書いたように、SYママの家は24坪と平均的なサイズなのですが、かなり広々として見える家です。(ちなみに他に3つ部屋が付いている3LDKです。)

広々と見えるのは多分、中心となるリビング&キッチンが広めに取ってあるからなんだと思います。

家族が集まるリビングが広いって、凄くいいですよね。 016.gif

e0166398_23273657.jpg



この1週間はSYママに付き合い あちこち家具屋めぐりをしていました。 本当にあちこち周って大変でした… ^^; 自分たちの参考にもなったし、結構面白かったのではありますが。

またその様子もpart2でご紹介しますね。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-10 00:00 |     整理収納・インテリア


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル