カテゴリ:    ソウル観光( 51 )

秋の紅葉さんぽ♪ @世界遺産・昌徳宮、後苑(秘苑)

e0166398_21403832.jpg


年度のはじめが日本より1ヶ月早いここ韓国では、大学も後期の半分を迎えています。

私が大学生だった時代は期末試験しかなかったと記憶しているのですが、韓国では大学生でも中間試験があります。 そして、今がまさに中間試験シーズン真っ最中。 地下鉄の中やバスの中などで、一生懸命に自筆のノートなどに目を通している学生ちゃん達を見た方も多いのではないでしょうか。


さて、学生達が忙しいということは 私もそれなりに忙しいのではありますが、SY(夫)に 「昌徳宮の後苑(秘苑)に行こう」 とずいぶん前から言われていたので、週末ささっと行ってきました。

e0166398_21405484.jpg


紅葉を見るにはまだちょっと早いんじゃないかな…と思ったのですが、やはり早かったです。。

写真は かろうじて紅葉していた部分をクローズアップして撮っているのでそこそこ秋らしく見えますが、実際はグリーンの部分が7~8割、紅葉が2~3割といった感じでした。 本格的な紅葉を後苑に見に行くなら、10日から2週間後ぐらい、つまり11月の10日から15日ぐらいが良さそうです。



さて、以前も書いた事がありますが、昌徳宮の背後に広がる広大な庭である後苑(秘苑)は、個人が勝手に入ることはできず、ガイドさんと共に入らなければいけません。

チケットはあらかじめ予約しておくか、空きがあれば当日券を買うこともできます。 日本語ツアーや英語ツアーなら当日でも大抵購入することが出来るようですが、韓国語ツアーはソールドアウトでした。 日本語ツアーであっても、確実に入りたければ (特に週末は) あらかじめ予約していった方がいいと思います。

e0166398_2141853.jpg


韓国語ツアーはソールドアウトだし、日本語ツアーの時間も逃してしまったため、私達は英語ツアーに参加することにしました。 通常、韓国人は外国語ツアーに参加できませんが、外国人の同伴者としてならいいみたいです。 (念の為、チケットは私が 外国人観光客オーラを出しつつ(?) 英語で購入しました。)


春に日本語ツアーで参加した際は、ガイドさんといっしょに見て周らなければいけなかったのですが (途中でドロップアウトするのは可)、今回は最初から 「自由に見て歩きたい方は、ガイドツアーに参加しなくていいです」 と言われてビックリ。 ガイドさんによって、フレキシブルなようです。

e0166398_21412213.jpg


私達はもちろん自由行動を選び、気ままに散策を開始。

e0166398_21413789.jpg


後苑の中でお手洗いや売店があるのはこのエリアだけなので、あらかじめ行っておきます。 ここを逃すと、1時間以上 お手洗いに行けませんので…

e0166398_21414965.jpg


ここから先はかなりアップダウンのある坂を歩いたりしなければならないので、靴もフラットなものやスニーカーがいいと思います。 ご高齢で歩くのが辛い方は、ここから先もう少し行ったあたりでUターンなさるのがいいかな?


本を読む会、みたいなイベントもあるようです。

e0166398_21415882.jpg


そういえば、後苑ではこの時期の期間限定で夜間開放も行っているとのこと。 ただし、外国人限定で、しかも数回しか無いので、既に前売りチケットは売り切れていました。。

e0166398_2142951.jpg


e0166398_21423483.jpg


e0166398_21422238.jpg


今流行の 「セルカ棒」(携帯電話を取り付けて、自撮りするための棒) を使って記念撮影する中年のご夫婦。

e0166398_21424651.jpg


実際よりも 写真でこうやってまとめて見た方が紅葉らしい感じがしますね…

e0166398_21425921.jpg


王様の田植えスペース。 春に見た時は草がちょぴっと生えていた程度でしたが、こんなに立派に育っていました。

e0166398_21431192.jpg


手で触ってお米の出来を確認している人がいましたが、昔の王様もそうやって庶民の気持ちやお米の大切さをお感じになったのでしょうか。

e0166398_21432223.jpg


「お米すごいですねぇ~」 と見知らぬ人同士が何となく和やかになる、の図。003.gif

e0166398_21433662.jpg


後苑もそろそろ終盤にさしかかってきました。
(「やっと平らな場所に出た~」と思いきや、ここから先が最後のアップダウンで大変なのですが…)

e0166398_21435087.jpg


e0166398_21442100.jpg


e0166398_21441487.jpg


この年齢になってようやく、生活の中に常に緑があることの必要性を感じるようになった私です。 20代の頃までは、アスファルトジャングルが大好きだったのですが、人間って歳とともに変わるものですね…

e0166398_2144263.jpg


紅葉だけ見るとすっかり秋ですが、この日は日中ビックリするぐらい日差しが強くて暑かったです。 この時期は、何を着て外出したらいいか、本当に悩んでしまいますね。

e0166398_21443791.jpg



またも昌徳宮自体は見られずに終わってしまったのですが、現在、このような特別公開も行っているようです。 興味がある方は期間内にぜひ。 ↓

e0166398_21444760.jpg



季節ネタなのでとにかく日を置かずご紹介しようと思い、ちょっと駆け足になってしまいましたが、ブログUPだけは終えました!

秋らしさを感じたい方も、日頃の運動不足を解消したい方も(?)、ぜひ一度行ってみてください。016.gif
(月曜日閉園のようなので、事前に確認なさってくださいね。)



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-27 00:00 |     ソウル観光

意外な場所に素敵なテラスのあるカフェが♪ 国立民俗博物館 ~屋内編~

e0166398_22234523.jpg


前回の記事の続きです。

思いがけず、屋外の昔懐かしい韓国の街並み再現を楽しんだ後は、ようやく目的地の国立民俗博物館へ。 こちらも入館無料です。 美術館や博物館が入館無料というのは本当に素晴らしいことですね。

ここ国立民俗博物館は1945年にオープンした、意外と歴史のある博物館。 韓国の歴史と国民の生活を見ることの出来る博物館です。

e0166398_2223536.jpg


中に入ろうと思ったら… ん?? 建物の左脇に、何やら飛び出したスペースが。 あれってカフェじゃない? とカフェレーダーが発動…

e0166398_2224263.jpg


とりあえず館内に入りましょう。

e0166398_2224958.jpg


左手を見たら、やっぱりカフェ。 063.gif

売場自体はそんなに大きく無くて、テイクアウトで注文してベンチで飲んでる人が多いようなドリンクスタンドだったのですが、背後のテラス席が凄く素敵で! 空いてる席もちらほらあったのに、お客さん達はなぜか屋外のベンチで飲んだりしていて勿体無い! さほど暑い日じゃなかったのに不思議です。

e0166398_22241731.jpg


もちろん我々はテラス席へ。 カフェのことになると(諦めてるのか)何も言わず黙って付いてくるSYさんはエライ。 ありがとう〜


SYは毎度ブレないアイスアメリカーノを注文。 私は 「オミジャペチャ (五味子茶と梨をミックスしたもの)」 のアイスをオーダー。 あっさりしていて、とても美味しかったです。 ありそうな組み合わせだけど、私は初めてでした。

e0166398_22242638.jpg


うちにはまだSYママお手製の五味子茶エキスがたくさん残っているので、今度うちでも梨をすって入れてみます。


天井には美しいシックな色合いの麻布が。

e0166398_22243498.jpg


外から見るとこんな感じ。 市の中心部でも こんなに緑が残された場所もあるんですね。
(…というセリフ、最近の私のブログ記事に多い気がする)

e0166398_22244351.jpg


私としては、なぜかイギリスの美術館を思い出してしまって 少しセンチメンタルな気持ちにもなりました。

e0166398_22245247.jpg


屋外展示とカフェで十分満足したので 「もう帰ってもいいか」 ぐらいに思ってしまったのですが、一応室内展示も見なきゃと入ることに。

e0166398_2225939.jpg


白磁の展示も少しありましたが、国立中央博物館の壮大な展示室を見てしまうと、全然比べ物になりません。 あちらは国宝や宝物レベルがバンバン置いてありますしね。


館内には韓国の歴史を辿るパネルや展示物が色々置いてあったのですが、私には全く響かず。 私は響かないものには徹底的に響かない人間なので、ほぼ素通り状態になり 「もう出て帰ろうかな」 と思い始めていたところ…

お、何だか面白そうな日用品が登場。

e0166398_22251675.jpg


上の写真の左に写っているラジオに 「ラッキーゴールドスター(Lucky-Goldstar)」 と書かれていたのですが、SYが 「これ、今のLGの旧社名だよ!」 と嬉しそうに言うので、「うん、知ってるよ」 と言ったらがっかりしてました…


あ、出た。 韓国の国民的ゲーム、花札です。 最近SYのお祖母さん宅ではやらなくなったけど、以前はずいぶん親戚一同でヒートアップして遊んでました。 私も 「yossyは日本人なんだから花札をやりなさい」 と言われ、「日本ではヤ○ザさんのゲームです」 と拒否した記憶が… 既に懐かしい。

e0166398_22252538.jpg


真鍮の器、好きです。 断捨離アンとしてはこれ以上食器を増やすわけにはいかないけれど、いつか手に入れたいもののひとつです。 (デパートとかで見るとバラ売りはしてなくてセット売りなんですよね。 南大門市場あたりだとバラで売ってるかな?)

e0166398_22253276.jpg


ソバン(小盤)、一人用のお膳です。 私が韓国に関して一番最初に興味を持てたのが こういった韓国の家具だったのですが、今でも本当に好きで、見るたびにワクワクします。

e0166398_22254182.jpg


我が家にも私が骨董街で買ったソバンがひとつあるのですが、丁重に扱う私に対し、SYやSYファミリー、そして稀に来るSYの友人たちの雑な扱いにヒヤヒヤします。。 外国人である私にとっては貴重な代物だけど、韓国の人達にとっては昔から当たり前のようにあった 「ごく普通の日用品」 なんでしょうね。


靴いろいろ。 つま先の感じとか、ちょっと中国っぽい?

e0166398_22255153.jpg


キムチいろいろ。 手前の列の右から2番目、美味しそうで見入ってしまいました! 011.gif

e0166398_22261695.jpg


よく韓国の方から 「キムチや辛いものは大丈夫ですか?」 と聞かれるのですが、キムチに関しては韓国に来てから大好きになりました。 家では無くても大丈夫だけど、外食の時などはSYより私の方が食べるほどです。(辛味成分は必ず水で落としてから頂きます)


キレイな色合いの子供用韓服いろいろ。

e0166398_22262782.jpg


e0166398_2226355.jpg


何度か書いたことがあると思いますが、いまだに私、一度も韓服を着たことがありません。 義妹ヘランちゃんが結婚することになったら親族として着ようなんて考えていましたが、彼女も結婚する気配は無いし、、


さて。 今回の展示で私が一番衝撃を受けたのがこちらの展示です。↓

e0166398_22264355.jpg


このお供え物の量!!

嫁としては、こんな量のお供え物を準備させられる するなんて、想像しただけでウウッ…

今も法事の時などのたびに 「ずいぶん盛るね…042.gif ずいぶん作るね…042.gif042.gif」 と思ってしまうのですが、昔の方々に比べたら全然ということが分かりました。 昔のお嫁さん達、お疲れ様です!



さてさて。 展示物の最後になぜかアンドレ・キムさんの展示スペースが登場。 日本では知名度の低いアンドレ・キムさんですが、韓国では知らない人は居ないファッションデザイナーです。

e0166398_22265273.jpg


アンドレさんのデザインする服のゴージャスさもインパクトが強いのですが、何よりご本人の風貌が物凄い衝撃です。 特に前髪が印象的で。 (ぜひ写真をググッて探してみてください。 ウィキはこちら

以前も書いたと思いますが、SYと私はアンドレさんの生前に一度 ロッテホテルのロビーでお見かけしたことがあり… 背も高いしオーラも強いし 何より全身真っ白だしで、かなりの存在感でいらっしゃいました。

e0166398_2227063.jpg


実は先月、SYが髪を切った際に このアンドレ・キムさんみたいな感じに仕上げられてしまい… 
SYは顔周りも肉付きがいいので、まさしくアンドレ・キムさんになってしまいました。。
(ホンデの真ん中にある美容室で切ったのにこのザマって一体…)

家庭内で 「アンドレ・キム」「アンドレ・キム」 と連発していたところに このアンドレさん展示室だったため、妙にタイムリーでした。 引き寄せちゃった? 071.gif



下の写真の全身白いお衣装が、アンドレさんご自身のお召し物です。

e0166398_2227793.jpg


今ウィキペディアを見てみたら、白い服を着る理由としてアンドレさんは 「川端康成先生の 『雪国』 を読み感動を受けたからだ」 と語った、とありました。 本当ならスゴイですね。 知りませんでした。

e0166398_22271850.jpg


アンドレ・キムのウェブサイトはこちら


最終的には色々と楽しめた国立民族博物館でした。 個人的にはテラスでお茶もオススメです~ 056.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-07-12 00:00 |     ソウル観光

昔懐かしの韓国の街並みが私にはハマった♪ 国立民俗博物館 ~野外編~

e0166398_22305657.jpg


三清洞に行く時などに必ず前を通る 「国立民俗博物館(국립민속박물관)」。 景福宮の敷地内にある博物館ですので、行ったことがあるという方も多いかもしれませんね。 私も一度ちゃんと見たいなと思い続けてきて、先週末にふと思い立って夫と行ってきました。 詳しくはコネストさんのこちらの記事をどうぞ。

ちなみに、通りを挟んだ向かい側は、去年できたばかりの国立現代美術館ソウル館です。

e0166398_2215477.jpg


入場料は無料。 素晴らしい~

あら? この 「天下大将軍」 の群には見覚えが… と思ったらここ、私が結婚した年に、妹達&妹の旦那さんと来た場所でした。 初めてじゃなかったんだ… 妹の旦那さんがこの天下大将軍の前でポーズをとって写真を撮ったのが印象的で、かろうじて覚えていました。

私は(特に思い出に関する)記憶力が悪いので、写真でも撮っておかなければ何も思い出せません。←ブログは文字通り備忘録です

e0166398_22151361.jpg


石の像(将軍)がいっぱい。 怖い顔のものもありますが、とっても愛嬌たっぷりのものも。

こちら、気に入りました。 声は 「ふぉ~ふぉ~ふぉ~」 って感じ。

e0166398_22152165.jpg


こちらもシュールな感じが気に入りました。 声は 「ケケケケッ」 ←あくまでイメージです

e0166398_22153027.jpg


この季節はどこもかしこも緑が美しいしお花も咲いていて素晴らしいですね。 (蚊除けスプレー必須)

e0166398_22154086.jpg


e0166398_22155148.jpg


e0166398_2216157.jpg


おっと… さりげなく背後にボカして撮ろうと思ったのですが、クリアに写ってしまいました。 性器崇拝というのもよく見るシンボルです。

e0166398_221610100.jpg


つるっとしていてキレイな藁葺き屋根のこちらは、石臼を馬に回させて脱穀する小屋。

e0166398_22161822.jpg


昔の電車もありました。 路面電車かな?

e0166398_22162680.jpg


まさかこんなに野外展示物があるとは思っていなかったのですが、本格的に 昔の韓国の街並みを再現した一角もありました。 ここが私のツボだった!

e0166398_22163416.jpg


壁際に3本立てかけてあるチーズドッグみたいなものは、夏に使う抱き枕です。 寝具屋さんなどで今でも売っているので、現役で使っているご家庭もあるのでしょうね。

e0166398_22164222.jpg


昔の薬屋さん、いわゆる漢方(韓方)のお店でしょうか。

e0166398_22165178.jpg


e0166398_2217133.jpg


リヤカーとか…いいですね~。 この雰囲気、まさに私がイメージしていた 「韓国」 そのものです。

私の中で韓国は現在みたいに近代化したイメージではなく、長いこと この写真にある街並みのようなイメージでした。 2001年にイギリスに留学するまで私は生の韓国の人達を知りませんでしたが、彼らと話して街の様子を聞くまで漠然と想像していた韓国像がこれだったんです。

e0166398_22174751.jpg


恐らく私だけではないと思うのですが…

1990年代末に始まった韓流ブームの前は、韓国という国についてほとんど知識が無かった日本人も多かったのではないかと思います。

e0166398_22175582.jpg


話は飛ぶようですが…

私が東京の大学院に通っていた頃の同級生に、韓流ブーム前の1990年代半ばに日本に来た韓国人女性がいます。

彼女が日本に来た当初、韓国の場所すら知らない日本人が大半だったそうです。 「これ食べた事ある?」とバナナなどを親切にくれる人もいたと…

それがヨン様ブームで韓国が一気にブレイク。

突然韓国に興味を持つ人が増え、あちこちで 「韓国から来たの? 韓国語教えて」 と言われるようになり、彼女は 「ヨン様には感謝してもしきれない」 と、彼に感謝の手紙を送ったそう。

韓国に本帰国してからも化粧品は、当時ヨン様がイメージキャラクターを務めていたコスメブランド・フェイスショップでしか買わなかった…なんていうほど、韓国の知名度&イメージアップに貢献してくれたヨン様には 韓国人として深く感謝していると言っていました。



話は飛んでしまいましたが、多くの日本人同様、大人になるまで韓国を知らなかった私にとっても、頭の中で漠然と抱いてきた韓国の街並みイメージは この写真のような長閑な場所だったのです。

e0166398_2218349.jpg


江南に代表されるような近代的な街並みも良いとは思いますが、私にとってはここのように 懐かしさが溢れる街並みの方が韓国らしくて好きです。 何というか、人が置いてけぼりにされていない安心感がある気がするんです。

ソウルは高層ビルがバンバン建ち並ぶ一方、地面に座ってナムルやカルメ焼きを売ってるハルモニ(お祖母さん)達もいまだに大勢います。 ああいう人達を見るたび、急速過ぎる近代化が そこに住む人々を取り残しているような違和感を感じる私です。



昔の 「タバン」、いわゆる喫茶店もありました。 063.gif

e0166398_2218176.jpg


もちろん営業はしていませんが… 営業していたら面白いのに〜! (マキシムのミックスコーヒーも可。 というか、ここはそれが合う!)

今の韓国のカフェは昼からオープンのところが多いですが、こういうタバンは朝も営業していたのでしょうか。 日本のサラリーマンさんが愛用しているような 「モーニングセット」 が似合いそうな場所ですよね。

e0166398_2218279.jpg


レトロな赤電話も情緒あり。

e0166398_22183792.jpg


写真館と洋品店。 写真館は、いまだにこういう感じのところも結構ある気がします。

e0166398_22184714.jpg


洋品店にディスプレイされていたスーツ。 うちの母が若い頃、絶対こういうの着てただろうな~という懐かしさ。

e0166398_22185543.jpg


こちらはハンコ屋さん。 天井からぶら下がっている大型ハンコは、いまだにハンコ屋さんで見かけます。

e0166398_2219322.jpg



まさか野外にこんな施設があるとは思っていなかったですが、私は妙にツボにハマりました。


私が2年前の引越し前に住んでいた地域も、一本路地に入ると妙に懐かしい商店があったりして、レトロさを残した場所でした。 それが市の区画整理計画によって一斉に立ち退きをさせられ、今では高層アパートが連立する大型団地になっています。

勢いよく近代化を進めている時期って どの国も同じなんでしょうけど、何でもかんでも「新しい方がいい」といった風潮は少し残念に感じます。 新しさも取り入れつつ、こんな古き良き時代のものも大切に保存していって欲しい…


色々な思いを抱きつつ、ようやく室内の展示へ移ります。 続く~ 070.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-07-11 00:00 |     ソウル観光

想像以上に素晴らしかった! ユネスコ世界文化遺産・昌徳宮(チャンドックン)の秘苑

e0166398_2394361.jpg


数週間前の週末のことですが、昌徳宮(チャンドックン)に行ってきました。

ソウルに7年半も住んでいながら、ユネスコ世界文化遺産であるここ昌徳宮へ行くのは初めて。 私にとってソウルは最初から観光地ではなく 「住む場所」 だったことや、元々あまり韓国に興味が無かったこともあり、いわゆる名所的な場所には足が向かないでいたのです。

でも… ここは本当~に行ってよかった!! 強くオススメです。 049.gif

e0166398_2395222.jpg


昌徳宮に着いてチケット売場に行くと、頭上の電光掲示板に 「秘苑入場時間」 の掲示がされていました。 ガイドツアーの入場時間と言語の案内板のようです。

本当に何も知らず・調べずフラッと行ってしまったのですが、昌徳宮は2010年までは環境保護のために自由観覧は出来ない場所だったそうです。 現在、宮殿内は自由観覧可になっていますが、秘苑だけはガイドツアーに参加しないと見学できないのだとか。

既に韓国語と英語のツアーはいっぱいになっていたのですが、ラッキーなことに10分後に始まる日本語ツアーはガラガラでした。 (こんなところでも、日本人観光客が減ってるんだな~と実感します、、)

e0166398_2310131.jpg


SY(夫)は韓国語ツアーじゃないのが不満だったようですが、選択肢が無いのだから仕方ない。。 2人で日本語ツアーに参加することにしました。 (韓国人客は本来、外国語ツアーに参加出来ないそうですが、外国人の同行ならOKだそうです。 ちなみに日本語ツアーには中国人のお客さんも紛れていました。)

ガイドツアーは1時間半ほど。 時間が無い人は、途中、決まった場所でドロップアウトすることも可能です。

e0166398_2310943.jpg


何と、この日もハイヒールで行ってしまった私。。 ←宮殿をチラッと見て戻ってくると思っていたので。

どこへ行くのであっても、SYと出かける時はヒールが低い靴で行くのが正解かもしれません。



下の写真の池は、「天地人」をあらわしているのだそう。 四角い池が天を表わして、その中にある丸い石の島が地を表わして・・・といったような説明を受けましたが、細かい事は忘れました。 (ブログはすぐにUPしましょう~)

あ、そうそう。 この池の周りは、ドラマ 「チャングムの誓い」 のロケ地にもなったそうですよ♪

e0166398_23101821.jpg


立派な大木。 朱色のつっかえ棒の色合いがとてもシックで素敵。 ここで一旦お手洗い休憩です。

e0166398_23103073.jpg


一枚板を削って作られた門は 「不老門」 と呼ばれ、ここをくぐると歳を取らないのだそう。 若くなぁれ~と念じながら皆でくぐり抜けます。

e0166398_23103848.jpg


さりげない門に見えますが、一枚板の石って相当すごいですよね。

e0166398_23104826.jpg


このような建物が要所要所にあって、韓服を着たガイドさんが丁寧に説明してくださいます。 細かい説明は覚えられないけれど…とにかく周囲の緑の美しさも手伝って、とても素敵に見えました。

e0166398_23105629.jpg


建物のペイントの色が、イイ感じに古くなって自然と溶け込んでいて◎。 塗り替えられて派手派手しい色合いのものより、個人的には このぐらいの寂れた感じが好きです。

e0166398_2311587.jpg


下の写真の地面に置かれた石、両班(ヤンバン、昔の貴族) の歩き方をするために置かれたものなのだとか。 両班はせかせか歩かず、後ろに腕組みをしながら大またでノンビリ歩く…ということから このように石が置かれたのだそう。

順番に石の上を両班歩きをしながら進みます。 「僕は最初から出来てる」 とSY。。

e0166398_23111344.jpg


屋根が二重になっているのは、この昌徳宮の中でも珍しいのだそうです。 格が高い場所…とかだったかな?

e0166398_23112148.jpg


緑の中をどんどん進みます。 まさかあんな都会の中に、ここまで広い庭が広がっているなんて想像すらしていなかったのでビックリ! 昌徳宮に行ったら秘苑もマスト・ゴーです。

e0166398_23113072.jpg


一般家屋のような場所にも出ました。 床下暖房、いわゆるオンドルも入っている建物です。

e0166398_23113718.jpg


下の写真の石は、オンドルの蒸気の出口。 冬は この周りにネコとか集まってきたんだろうな~ なんて勝手な想像をしたりして…

e0166398_2311513.jpg


下の写真奥に見える藁葺き屋根の建物は、王様が庶民の心を理解するために作られた、農業体験のための施設…だった気がします。 藁葺き屋根の建物の前には水が張ってあり、稲が植えられたそうですよ。

e0166398_23121361.jpg


そうそう。 上の写真の付近だったと思いますが、すぐ裏手が成均館(ソンギュンガン)大学になっていました。 ドラマの舞台にもなった場所ですよね。

e0166398_23122250.jpg


下の写真は演慶堂(ヨンギョンダン)・善香斎(ソニャンジェ) 。 1828年に建てられた民家形式の建物で、男性の居住空間と女性の居住空間に分かれています。 入口も男女別で、男性は馬に乗って門を入るため、女性の門よりも高くなっています。

e0166398_2312304.jpg


夏の間は風を通すため、障子の扉は上げられて。

e0166398_23123928.jpg


この辺一体は紅葉の木でいっぱいなのですが、秋に行ったらさぞかし美しいと思います。 後で聞いたところによると、秋は観覧が困難なほど大人気なのだとか。 朝イチで予約しにいかないとダメかもしれませんね。

e0166398_23124789.jpg


窓枠の向こう側に見える景色が絵画のよう。 こういった借景的な窓のつくり、とても好きです。

e0166398_23125592.jpg


やっとゴールに近付いたと思ったのに… まだまだ登ります!! (足腰が弱い人は要注意)

e0166398_2313369.jpg


なんかここは… お祖父さんのお墓がある場所にソックリじゃない? と言ったら、SYも 「そうかもね」 だって…。 そうかもね、じゃなく、まさしくお墓の近所そのものです! お墓掃除に行くのも登山状態で、毎回本当に大変なのです~

e0166398_23131268.jpg


ようやく終着点。 樹齢450年だったかな? の松の老木に見送られてフィニッシュ!

e0166398_23132012.jpg


まさかの山道散策でフラフラになりましたが、想像もしなかったような広大で美しい庭を歩く事ができて (庭、というより山ですが) 本当に清清しい気持ちになれました。 ここは本当にオススメです!


後庭を見ただけでクタクタになってしまったので、宮殿散策はまた次回に…ということに。

敷地内にある伝統カフェでお茶だけして帰りました。 立派なカフェとかじゃなく、お土産品店内にある小さなスペースです。

e0166398_23132923.jpg



昌徳宮、私もまた必ず秋にも紅葉を見に行きたいと思います。 

なぜか突然 昌徳宮をオススメしてくれたSYのお友達に感謝。 016.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-07-04 00:00 |     ソウル観光

雷雨の夕方の 「東大門デザインプラザ(DDP)」

e0166398_12385384.jpg


ソウルでは雨の日が続いています。 終日降り続くということは無いのだけど、週末も夕方から雨になったり、昨日の月曜日も午前中はかなりの雷雨だったり。

週末の夕方、東大門の近くを通る用事があったので、「今日こそは夜のDDP(東大門デザインプラザ)の写真を撮ろう!」 と寄ってきました。


こちらは地下鉄の駅から直結の入口。 ↓

e0166398_11581125.jpg


コネストさんの記事(こちら)にもあるような、完全に夜で建物が光っている写真を撮りたかったのですが…

ソウルは東京よりも日没が1時間遅く、しかも夏季の今は夜8時近くまでかなり明るいため、しばし待つことにしました。 一人で来て熱心に写真を撮っている外国人さんもちらほら。 ↓ (私も外国人か…)

e0166398_11581853.jpg


30分ぐらい館内を見て歩いたりしてみたけど、なかなか暗くならず。

一緒にいたSY(夫)に 「疲れてるだろうから、先に帰っててもいいよ」 と言ったのに 「やだ」 と言って動かず。。 じゃあ待っててくれるのかと思いきや 「早く帰ろう」 と引っ張るので 面倒だな…015.gif と思いつつ、早く暗くなってくれるよう祈りながらウロウロします。

e0166398_11582689.jpg


この頃には雨がポツポツ。

e0166398_11583349.jpg


空を見ていたら、雷もピカッ!と光り始めて…

e0166398_11584159.jpg


こんなお天気、実は嫌いじゃありません。 私は根が暗いのか、太陽燦々の晴天よりも、曇りとか雨の方が落ち着くのです。 だから昔からイギリスが好きなのかな。

SYには 「アナタの前世はコウモリ」 と言われたけど、自分でも妙に納得しています。(夜行性だし)

e0166398_1158487.jpg


さらに、こんな近未来的な建物もとても好きです。 お台場が出来たての頃に行ってとても清清しい気分になったのですが、そんな感覚。 「だだっ広いところに何も無い」 というのが、なぜだか物凄くデトックスできるんですよね。 (自分の家が無機質なデザインなのはイヤだけど…)

e0166398_11585650.jpg


東大門も気付かないうちにどんどん近代化してますね。 東大門総合市場の脇で工事していたホテルも完成し、「一体ここはどこ?」 という感じになっちゃいましたし。

e0166398_1159397.jpg


雷が鳴る瞬間が撮れないかなーなんて思って待ってみましたが、さすがにそれは無理でした。

e0166398_11591234.jpg


そういえば、現在DDPで行われているエキシビションのひとつが韓国ドラマを題材にしたものなので、興味がある方はぜひ行ってみてください。(入場料が15000ウォンとお高めですが…)

主人公の男性がエイリアンという設定のドラマで、中国で大ヒットしたらしいですね。 (日本で言う冬ソナ的なヒット?) 明洞などでも主役の俳優さんのポスターやパネルをよく見かけます。

e0166398_11592056.jpg


<オマケ>
DDPの内部にはデザイン系のショップも多数あり、見ているだけでなかなか面白いのでオススメ。 そこで見つけたのがこちら、光を感知すると手を振る置物。 エリザベス女王が似ていてツボ。 男性店員さんが店内の商品をひとつひとつ物凄~く詳しく説明してくれたので 「買わなくてゴメンナサイ…」 と思いながら店を出ました。

e0166398_11592734.jpg



結局この日は夜景を撮ることは出来ず…

DDPに限らずですが、夜景を撮るなら、空気がキーンと冷えた冬の方が良さそう。 またそのうちリベンジします。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-06-24 00:00 |     ソウル観光

ローズガーデン Part2 & ソウルで1番大きな動物園 @ソウル大公園

e0166398_18503882.jpg


Part1のつづき、サクッといきます。

バラ園のお隣にある 「子供動物コーナー」 を見た後は、再度バラ園に戻ります。 「バラはもう見たくない」 というSY(夫)をなだめすかし、、もう少しだけ見物。 だって、まだ半分も見終わっていなかったんですもの~~っ

e0166398_18504428.jpg


落ちたバラの花びらがかき集められていたけれど、バラは枯れてもやっぱりバラ。 美しい…

e0166398_18505068.jpg


テントの中で冷たい飲み物を飲んで生き返ったので、少しじっくり品種名などを見ながら歩く事にしました。

あ、「かざぐるま」??? 日本のバラだそうです。 韓国で出会う日本、嬉しい~ 016.gif

e0166398_18505516.jpg


こちらも日本のバラ。 さて、何という名前のバラか分かりますか?? ↓

e0166398_1851234.jpg


答えは、「プリンセス・アイコ」。

ウィキペディアによると、「プリンセスアイコ」は、2002年に京成バラ園芸によって日本で作出されたものだそう。 その名の通り、敬宮愛子内親王の誕生を祝してつけられたバラです。 サーモンピンクの花付きが多いのが特徴だそうで、愛らしくて素敵なバラでしたよ♪

e0166398_1851831.jpg


個性的な色合いのこちらも日本のバラで 「丹頂」。

鳥の丹頂にちなんで名づけられたバラで、四季咲きで大輪の花を付けるそうです。

e0166398_18511480.jpg


まだ全て見終わったわけじゃなかったけれど、SYが限界だったので この辺で退散。
まぁ、付き合ってくれただけ感謝しなければならないでしょう。。

e0166398_18512050.jpg



じりじりと焼けるような日差しの中、今度はスカイリフト2号機に乗って動物園へ。 午後になっていたためか、3連休だったためかは分かりませんが、2号機は物凄く並びました! かれこれ40分は並んだんじゃないでしょうか。 (1号機は全く並ばずに乗れたのですが…)

e0166398_18513112.jpg


またも高さにおののきつつも、連なる美しい山々を堪能しながら進みます。

あ、動物の檻! ライオンが日陰でダラーンとしている姿なども上から見ることが出来て、なかなか面白かったです。 ここは、お子ちゃま連れの方々だったら1日中楽しめる場所でしょう。

e0166398_18513745.jpg


到着~。 園内はすっきりと整備されており、ところどころに置いてある動物モチーフのアート作品もなかなかのセンスで。 SY曰く、子供の頃に来た時とは全く変わってしまったそうです。 いや~、ソウルにも こんな大規模な動物園があったのですねー (あれ? パンダはいなかったような…?)

e0166398_18514313.jpg


パンダで思い出しましたが、授業中に私が 「日本ではパンダブームがあったり、パンダのキャラクターグッズなども人気がある」 という話をしたところ、中国とのハーフの学生ちゃんが 「どうしてですか!?」 と物凄く食いついてきたんです。 確かに日本人ってパンダ梳きですよね。 考えてみたら、韓国では日本みたいなパンダ人気って無い気がします。

(今、SYに理由を尋ねたら 「韓国にはパンダが居ないから人気もない。 もしパンダが居たら人気も出る」 と当たり前の答えが返ってきました… だよね。。)


まずは、屋根付きのブースへ。 おさるさんが手を出していたので何かと思ったら…

e0166398_18514952.jpg


お菓子を投げてる 愚かな 男性がいました。。 こういうとんでもない人、絶対いるんですよね。。。
可哀想だと思ってやるのか、単に楽しいからやるのか。。


床にべろーんと伸びている姿が可愛かったおさるさん。 室内、物凄く蒸していたので、動物達もさぞ暑かったことでしょう…

e0166398_18515545.jpg


愛嬌たっぷりポーズのおさるさん。 かわいい! 本当に手が長いんですね~

e0166398_1852114.jpg


でも正直に言うと、檻の中に入れられた動物を見て 気持ちが滅入ってしまいました。。
可哀想… なんて言ったらいけないのかな。 でも、やっぱり可哀想に思ってしまって。


愛嬌たっぷりに動き回るおさるさん達と対照的に、微動だにしない亀さん。 か、かわいい…

e0166398_1852898.jpg


亀さんの模様も、なかなか素晴らしいですね。

でも、ヒョウ柄とかシマウマ柄とかヘビ柄の服はあるのに、亀柄って無いですねぇ…
(え? レオパードとかゼブラとかバイソンと呼べって? 023.gif



カバさんコーナーに行くと、突然素敵なイラストが登場。 飼育員さん、絵がお得意な人のかな…

e0166398_18521532.jpg


おおお、かわいい~! 003.gif 仲が良さそう!

e0166398_1852259.jpg


飼育員さんの背後を健気について回るキリンさんもいました。 キリンさんコーナーには2階建ての小屋みたいなのが設置されており、自由に2階に上がって見学することができます。

e0166398_1852324.jpg


キリンさん達の食事風景に、ちびっ子達も興奮。

e0166398_1852389.jpg



我ながら典型的なインドア人間の私ですが、たまにはこういう爽やかな行動(?)もいいものですね。

先日、安東に行ってグリーンに心奪われて以来、すっかり大自然の素晴らしさに目覚めた私です。
(今学期は 改めてお花のパワーにも目覚め、花市場にも通っています)



日本からの観光客の方は、ソウルまで来てわざわざ動物園も無いでしょうけれども…
ひと味違う観光をなさりたい時や、小さいお子様同行の時などはオススメです!

あ、ヒールの無い靴&帽子&日焼け止めは必須ですよ~ 042.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-06-09 00:00 |     ソウル観光

ローズガーデン Part1 @ソウル大公園

e0166398_1323051.jpg


金曜日からソウルは3連休。 そんなわけで、連休初日の金曜日はソウル大公園で行われているバラ祭り2014に行ってきました。 →コネストさんの記事

私はソウル大公園に行くのは初めてで。 「ソウル大学の付属公園なのかな?」 と思ったら、「ソウル大+公園」 ではなく 「ソウル+大公園」 でした~。 敷地内には大きな動物園や遊園地があり、SY(夫)も子供の頃に行った事があるそうです。


実は私、特に下調べもしてなかったので、「バラ園だけさくっと見てすぐ帰ってこよう」 と簡単に考え、8cm以上あるハイヒールなど履いて行ってしまったのですが、ぎょっとする程広大な駐車場を見た瞬間に 「あ、しまった。 ここは本気の公園だ。。」 と気がつきました。



悠長に白い日傘など持って行ってしまいましたが、白い日傘って驚くほど日光を通してしまい、全然涼しさが感じられないものですね… この日は気温30度を越え、本当に暑かったです。

e0166398_1323530.jpg


次回買うなら絶対黒いのにしよう…


さて。 駐車場を見ただけで 「本気の公園だ」 と気付いてしまったので、まずは心を(お腹を?)落ち着かせるため、早めのランチタイムにすることにしました。 夏と言えばのヨルムグクスです。

e0166398_1324082.jpg


公園入口からバラ園までは 思った以上に離れているようだったので、スカイリフトに乗ることにしました。 スカイリフトは1号機と2号機があり、バラ園までだけなら1号機のみで行けます。 (5,000w)

「わ~、スキー場みたい~」 と余裕だったのは最初だけ。

e0166398_1324629.jpg


「高い~! 怖い~!」 とドキドキ。 自分が落ちるというより、何か荷物を落としちゃったりしないか不安で。 湖に携帯電話を落としたら最後ですものね。。

e0166398_1325422.jpg


どうせ5分も乗らないんだろうな、なんて思っていたら大間違い。 10分近く乗りました。 長かったー

それにしても、ソウル大公園は想像以上に緑がキレイでした。 ソウル (厳密に言えばお隣の京畿道) にも、こんなに緑豊かな場所があるのですね。 ソウルの中心部から30分程度とは思えない大自然です。



とても良い香りがしてきたので、ふと左下を見ると… あ、バラ園!

e0166398_133021.jpg


こんなに上からでも、バラって香ってくるものなんですね

e0166398_133694.jpg


リフト下り場では、若いアルバイトのお兄さんたちが 「エイヤッ」 と腕を引っ張って降ろしてくれました。 結構スリリングで楽しい。

リフトを降りてから数分道を下っていくと、「ザ・韓国」 な設置物が見えてきます。

ちゃんとハートの輪に入って記念撮影をする中年ご夫婦。素直でカワイイ…

e0166398_1331132.jpg


では、早速中に入ってみましょう。

e0166398_1332128.jpg


お約束のアーチもなかなか。 真っ赤なバラなのも韓国らしい。 (ソウルのバラは真っ赤が大半です。)

SYさんを探せ! 011.gif

e0166398_1332616.jpg


ちなみに バラ祭りは6月29日までだそうですが、今年は早く暑くなってしまったこともあり、とても29日までは花が持たないのではないかと思います。 金曜日(6月6日) の時点でかなり傷んでいる花も多かったので、行ってみたい方は急いだ方が良さそう。

e0166398_1333545.jpg


バラも本当に色んな色、種類がありますね。

e0166398_1334051.jpg


e0166398_1334526.jpg


既に花束になっているようなバラ。 思わず 「花市場だったらいくらするだろう」 と考えてしまいました、、

e0166398_1335012.jpg


最初のうちは 「うわ~♪」 と感激して見て歩いていたのですが、時々ヘンなものにも遭遇。

こういう安っぽい像があったり、↓

e0166398_1335855.jpg


東屋に造花が巻きつけちゃってあったり、↓

e0166398_13451.jpg


いくらでもホンモノのバラが咲いてるのに、なぜ造花で彩っちゃった? な椅子があったり、↓

e0166398_1341362.jpg


やりすぎ! 057.gif

しまいには本物のバラすら 「あれ? これは造花ではない…よね?」 と怪しく見えてしまう始末。


その他にも、花壇のすぐ脇にわざわざ植木鉢がずらりと並べてあったりと、とにかく全体的に やりすぎ感満載でした。 素晴らしいバラ園なだけに残念。

とにかく韓国は 「プラスワン」 のオマケ文化なので、これでもか!と足してよこすんですよね。 引くことで生まれる美みたいなのを期待するのは… ちょっと難しいのかな…


とはいえ、全体的にはとても満足しました。 とにかくソウル大公園自体も緑豊かで想像以上に素晴らしい場所だったし、スカイリフトは思いのほか楽しかったし、バラの香りに癒されたし。

やっぱり自然は最高。 一度行ってみる価値はあります!

e0166398_1341924.jpg


まだ半分も見終わっていない時点で、SYが 「僕はバラはもういい。 あっちに動物コーナーがあるから見てくる」 と言うので、ついていくことにしました。


ブタ、かわいいーーーー!! 003.gif

e0166398_1342534.jpg


一番手前のブタちゃん、顔が笑ってるみたい。 しかも、寝ながら幸せそうにしっぽを パタ、パタ、と振っていました。

「ブタかわいい!」 と言ったら、「アナタ、やっぱりブタ好きだね」 と自虐ギャグのSYさん… 057.gif



私がブタさんに魅了されている間に、SYは黒ヤギさんのところへ。 一人と一匹、なんか通じあってる…?

e0166398_1343131.jpg


あ、私のところにも来てくれた~。 「カメラ目線あげたんだから、エサちょーだい」

e0166398_1343760.jpg


ウシさん…は、ただいま貸し出し中とかなんでしょうか。 何故ここだけ作り物??

e0166398_1344412.jpg


ヒツジさんコーナー。 奥の小屋のドアの前に座っている二頭のヒツジちゃん達、何ともカワイイ。 キリストの生誕的な。

e0166398_1345243.jpg


子供のためのミニ動物コーナーだけあって、ウサギさんもいました。

ん?? ウサギさん、ずいぶん立派な家に住んでませんか…? 042.gif

e0166398_1345813.jpg


振り返ると・・・ こんなところをリフトで進んできたんだ~。 怖かったけど、楽しかったな。

e0166398_135493.jpg



ナショナルジオグラフィック人間のSYさん。 動物達を見て興奮したのか、 「動物園にも行こう!」 と言い出して…

一旦バラ園に戻り、動物園を目指す事にしました。 続く。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-06-08 00:00 |     ソウル観光

東大門デザインプラザ DDP @東大門歴史博物館

e0166398_11454938.jpg


東大門に2014年3月21日、동대문디자인플라자 (東大門デザインプラザ、DDP)がオープンしたのをご存知の方も多いと思います。 ←私よりも、観光でソウルにいらっしゃる方のほうが この辺の情報は詳しいはず…

4月の頭ですが、私も夫とチラッと行ってみました。 地下鉄の東大門歴史博物館駅から直結で便利です。

e0166398_11455931.jpg


4年もの歳月をかけて完成した建物なだけに 以前から外観はちらっと見ていましたが、いざ中に入ってみると思った以上に近未来的でした。 アルミパネルが45,133枚も使われているのだそうですよ〜。

e0166398_1146873.jpg


このDDPのデザインは、2020年東京オリンピックのメインスタジアム設計にも携わっている、イラク出身の建築家、ザハ・ハディッド氏の手によるものです。

こういった近未来的なデザインというのは賛否両論あるのかもしれませんが、下の写真を見ても分かるように、周辺のビル群の雰囲気に合っていて、私は嫌いじゃないと思いました。

e0166398_11461715.jpg


鉄腕アトムの時代ですよねぇ…

e0166398_11462516.jpg


館内にはいくつかの展示室があり、面白い展示もやっていそうだったので、中に入ってみることにしました。 せっかくの白い建物が、足跡などで汚くなっていたのは残念、、 この日は特に大混雑だったので仕方ないかもしれませんが。

e0166398_1146342.jpg


中に入ったはいいけれど、どこもかしこも大混雑&大音量の話し声で辟易してしまったため、「今日は見ないで帰ろう」 と意見が一致。

週末の午後なんて一番のピーク時に行ってはいけませんでした。。 042.gif

ここの展示物を見たお友達曰く、なかなか面白かったそうなので、平日にでもリベンジしに行きたいと思います。



外に出てホッと一息。 この日は4月のはじめだったと思いますが、かなり暑かったです。

e0166398_11464355.jpg


人の波が一瞬収まったところを狙って撮っているので広々して見えますが、実際は大混雑でカオス状態になっていました。

e0166398_11465258.jpg


思った以上に広かったDDPですが、敷地面積は62,957平方メートル、建物面積25,008平方メートル、延面積85,320平方メートルに及ぶのだそう。 こういうだだっ広い場所というのは、歩いているだけでストレス発散出来る気がします。

e0166398_1147239.jpg


ここは絶対夜の方が素敵なハズ。 夕方以降にでも近くを通ることがあれば、またカメラを持って立ち寄りたいと思います。

e0166398_11471053.jpg


建物の中にはなぜかオリーブヤングなどの化粧品店や、コンビニ、カフェなどなどが。 シャキーン!とした近未来的な部分と、なぜか突然ザ・韓国~な雰囲気が混在しちゃうのもまた、韓国らしくて面白いのかもしれません。

e0166398_11471970.jpg


DDPについてはソウルナビさんのこちらをご参考まで。 私もこの展示を見に、またリベンジしに行きます~



e0231876_0251970.png



DDPを出た後は、道路を挟んで向かい側にあるファッションビル doota! へ。

4階だったか5階だったかにワッフルの専門店 「beans bins」 が入っているので、それを食べるためだけにたまに立ち寄ることがあります。 (ワッフルを売る店はたくさんありますが、やっぱり beans binsが一番安定したお味な気がするのです)

e0166398_11472893.jpg


SYは自称 「甘いものは食べない」 人なので、私ひとり用にハーフサイズのワッフル、アップルシナモンを注文。 以前も書いた事がある気がしますが、このハーフサイズのアップルシナモンはかなり気に入ってリピしています。

ちなみに今現在はマンゴーフェアもやっていて、後日私もマンゴーワッフルを食べたのですがとても美味しかったです! ツイッターで教えて頂いた情報では、マンゴーワッフルはお店によっては売り切れになってしまうこともあるようなので、本気で食べたい方は、少し早めの時間に行った方がいいかもしれません。

e0166398_11473688.jpg


それにしても今年、ソウルではよくマンゴーものを見かける気がします。 街の中でマンゴーを売っている軽トラなども去年は見かけませんでしたが、今年は時々遭遇しますし。



beans binsの窓際の席からは、DDPが一望できてキレイ。

e0166398_11474585.jpg


それにしても、ここ1、2年ほど doota!の中も日本人は激減し、中国人観光客パワーがすごいことになってますね。 私の家の近所でも、中国人観光客のツアーバスが何台も連なり、免税品(?)か何かを買い求めている姿を毎日のように見ます。

円安の影響だったり、日韓関係の悪化の問題だったりもあるのでしょうが、「どんどん時代が変わっていくんだなぁ…」 と少し寂しい気持ちもします。



e0231876_0251970.png



SYが 「天気がいいし、歩く?」 というので歩くことにしました。 本当は 「お腹いっぱいだし、早く地下鉄に乗って帰りたい」 と思ったのですが、予想外にSYさんが私のワッフルを奪って食べてしまったため、歩いて痩せさせよう作戦です。

doota!を出て左手に向かうとすぐ清渓川(チョンゲチョン)に出るので、階段を下ります。 川沿いをずっと歩いて行くことが出来るので、お天気が良い日は散歩に最適ですよ♪

e0166398_11475611.jpg


この日はかなり日差しが強くて暑かったため、暑さに弱い私は 「お散歩」 というよりも 途中から 「修行」 みたいになってしまいましたが…

e0166398_1148679.jpg


ちなみに結局、光化門のゴール地点まで歩いてしまいました。 私、ハイヒールでしたが…

かかった時間は1時間弱だったと思います。 川の中を覗きながら歩いたら、東大門に近いほうにはたくさん魚が泳いでいたのに、光化門に近付くにつれて魚が全く見られなくなったのが衝撃(?)でした。 何か理由があるのでしょうか…

e0166398_1148187.jpg



かなり体力消耗したけど、良い運動にはなりました~。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-05-18 00:00 |     ソウル観光

今日5月6日は祝日、釈迦誕生日です♪ @曹渓寺

e0166398_15451330.jpg


ちょっとブログのUPが滞ってしまいました。


その間、韓国ではセウォル号の沈没事故があったり、つい数日前には地下鉄2号線の衝突事故があったりと、不安な出来事が続きました。 韓国の弱い部分が露呈してしまったような形といいますか…

特にセウォル号の事故は連日メディアで大きく取り上げられ、国全体が悲しみと怒りに包まれたのは、皆さんもご存知の通りです。


どんな命も等しく重いものではありますが、今回は特に若い学生さん達が多かったということで、その悲しみは更に強く… 私も気になってツイッターやニュースを追っていましたが、詳細が分かるにつれて ニュースを観たり聴いたりするだけで胸が苦しくなったりするようになったため、少し観るのを控えたりすることもあったほど。

シチュエーションは全く違いますが、東日本大震災の時にニュースを観て感じた時と同じような苦しさを覚えたという在韓者も多かったようです。


亡くなられた皆様には、心よりご冥福をお祈りいたします。 不明者の方々も、一刻も早く見つかりますよう…



e0231876_0251970.png



さて、今回は私のプチ・ブログリハビリ(?)として、短い記事をUPしたいと思います。

日本はゴールデンウィーク最終日を迎えていることと思いますが、ここ韓国も同時期に連休があって。 日本よりは短いですが、今日まで数日間のホリデーが続いています。

e0166398_1545199.jpg


今日5月6日は 「釈迦誕生日」。 ソウルでも色々な場所でイベントが行われていますが、一番のオススメは、観光客の方にも馴染みのある仁寺洞にあるお寺、曹渓寺(チョゲサ)です。

去年も同じような記事を書いているので、詳しくはこちらをどうぞ。


ここ曹渓寺には、上に書いたセウォル号の犠牲者を弔問するための焼香所が設けられています。 また、今日行われた釈迦誕生日を祝う式典には 朴槿恵(パク・クネ)大統領も参列し、犠牲となった方々に対して 「守れず申し訳無い」 と述べたとニュースでやっていました。

e0166398_1545259.jpg


この写真は、たしか2週間ぐらい前の週末に撮ったものだったと思います。 釈迦誕生日用の提灯を、ちょうど設置しているところで。 

私は残念ながら見に行けないのですが、可能な方はぜひ今日の夜にでも提灯のライトアップを見に行ってみてください。 本当にキレイですよ♪ こんなカラフルで目がチカチカするのでは…と心配していたのですが、去年見たら本当にキレイで感動しました。

e0166398_15453086.jpg


提灯の間から覗く太陽の光。

e0166398_15453677.jpg


イベントの時のダンサーの方々が練習をしてらっしゃいました。 まさに今日、大活躍なさっているのでしょうね♪

e0166398_15454283.jpg


韓国では日本ほど紫陽花の花を街で見かけないのですが、曹渓寺の入口にはたくさん植えてありました。 去年もあったかは覚えていませんが。

桜と紫陽花を見ると、「あ~日本に飛んで行きたい!」 と思ってしまう私です。

e0166398_15454830.jpg



そういえば、こちらのブログではまだ書いていなかったと思いますが、ツイッターでは呟ききれない長さの呟き(?)を書くための簡単ブログを立ち上げました。

su・te・ki Life Organaize です。

以前も書いた気がしますが、去年あたりから断捨離とか整理収納、ライフオーガナイズにとても興味がありまして、細々と勉強しているところなので、そのような内容を主にメモ的に書いてます。 ソウル情報などは全く無いので、興味が無い方はスルーしてください。 ^^;


連休も今日で終わり。 連休明けとはいえ、水曜日だと思うととても嬉しいですね♪ 016.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-05-06 00:00 |     ソウル観光

梨泰院&漢南洞の紅葉散歩

e0166398_040956.jpg


ブログをUPする順番があれこれ前後してしまうのですが…
ソウルの紅葉シーズンもそろそろ終わりなので、先にこちらをUPしてしまうことにします。

先週、梨泰院周辺を歩いていたところ、計らずもとても美しい紅葉の夜景を見ることができました。

e0166398_0401766.jpg


上の写真と下の写真は、漢南洞にあるレストランに向かう途中の道で撮ったもの。 イチョウにも色々な種類があるようで、もさもさっと葉がたくさん付いているものもあれば、割とシンプルなものまで少しずつ違った木がありました。 普段、木をジーッと見て歩くことはありませんが、たまには上を見ながら歩くのも良いものです♪

e0166398_0402472.jpg


一緒に居た友達は華奢なヒールの靴を履いていたのですが、「イチョウで滑った!」 と驚いていました。 私が 「イチョウって靴が滑るから気を付けて」 と言った時は 「えーっ、まさか~」 と思ったそう。 「本当にイチョウって滑って危険だね!」 ですって。037.gif

日本にもイチョウ並木は数多くありますが、歩行者やバイクが滑って危険だというクレームが行政に入ることも多いようです。 他のお友達から聞いた話だと、そんなこともあって日本ではこれ以上イチョウ並木は増やさない方針なのだとか…。

e0166398_0403183.jpg


漢南洞エリアから漢江鎮駅まで戻り、梨泰院駅の方向へ大通り沿いをてくてく。

e0166398_0403834.jpg


イチョウってこんなに葉が付いているものでしたっけ? まるで、枝垂桜のよう。

e0166398_0404553.jpg


この日はそこまで寒くなかったのですが、今週からソウルはめっきり寒くなってきました。 朝の気温は氷点下という日もちらほら。 朝のNHKニュースで 「日本列島は冷え込みました」 とやっていると、「全然甘~い!」 なんて思ってしまうほど。

これからさらに寒くなり、真冬になるとマイナス15度以下になる日もあるソウル。 私は基本的に洋服は大半を日本で買ってくるのですが、冬のコートと手袋だけは日本のものでは薄すぎて対応できないため、韓国で買うことにしています。

e0166398_0405888.jpg


今年の冬は寒さ対策のためムートンのコートを狙っているのですが、梨泰院駅前の革製品屋さんでチェックしようと思ったところ、夜遅くてすでに閉まっていました。。

e0166398_041545.jpg


ソウルの秋は本当に短く、あっという間に過ぎてしまいます。 だからこそ、偶然にもこんなステキな秋らしい景色を見ることが出来た事が ことさら嬉しく感じるのかもしれませんね。

e0166398_0405276.jpg


美しい三日月が出ていました。 写真で見ると丸い光だけど、実際はキレイな三日月。

e0166398_041196.jpg



この分だと、紅葉が見られるのはギリギリ今週末ぐらいまででしょうか。
もう少しの間だけ、秋らしい黄金色の景色を楽しめたらいいなと思います。063.gif

(秋と言えば、個人的には光化門の紅葉&夜景が特に好きです。 →過去記事


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-11-15 00:00 |     ソウル観光


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル