カテゴリ:    ソウル観光( 51 )

ホンデぶらぶら街歩き

2007年にソウルへ来た当初は 「ごちゃごちゃしてて全然面白くない…」 と思っていたホンデ。
私の気持ちが次第に韓国生活に馴染んでくるのと同時に、少しずつその魅力が見えてきました。
ご近所なんだし、もっとホンデを楽しみたい♪


e0166398_156445.jpg



週末にフリーマーケットが開かれている公園の近くにワッフル屋さんがあるんですが、
まだSY(夫)が韓国に居た頃 一緒にふらふら歩いていて見つけ、入ってみました。
(普段なら絶対入らないけど、この日はSYが友達との約束の時間まで間があったので仕方なく。
ダイエットさせなきゃいけないのに・・・ぶつぶつ・・・)

というわけで一番上の写真の生クリーム&バナナのスイーツ、実はワッフルなんですよ~
下の写真でディスプレイされている、一番下の右から3番目のワッフル。 美味しそうでしょ?^^
ちなみにSYは一番シンプルな 「プレーン」 にしていました。 私の鋭い視線を感じた!?


e0166398_157225.jpg



お値段はプレーンが1000ウォン(80円)、トッピングされたものは2000~3000ウォン程度。
原宿でいうところのクレープ食べ歩きみたいな感じで なかなか楽しかったです。 ^^

そうそう、韓国の生クリームって全然甘くなくて私好みなんです。 あまりコクが無くてあっさり味。
本来私は生クリームが苦手で食べた後で気分が悪くなっちゃうんですけど、韓国では大丈夫。
(韓国ではコーヒーとか紅茶は物凄く甘いんですけどね)



このワッフル店のすぐ目の前の公園ではフリマが大盛況でした。


e0166398_1571829.jpg


左上: キャップ(帽子)を売るストール。 このキャップを見ると 「韓国~!」 と感じます。
     何で韓国女性ってあんなにキャップが好きなんだろう。 あのスタイルの良さが全く分からない、、

右上: 自分たちの作品らしきものを売る若者。 芸術で有名な弘大(ホンデ)のフリマらしく、
     こういったアーティストさん達が自分たちの作品を売っているストールを多く見かけました。

左下: 似顔絵を描いてくれるストール。
     このお兄さん、どこかのテレビにも出たことがあるようです。(看板が出ていた)



とにかく若者の熱気で溢れているホンデの街。
まだまだ私が知らない魅力がたくさん隠されている気がします。 
ソウルに住んでいるうちに、もっと色んな魅力が発見出来るといいな。 (SY、早く戻ってきて~)



人気ブログランキングへ ←忙しい時ほどブログをUPしたくなるのは何故だろう?ストレス発散?現実逃避!?^^;
by yossy_kr | 2009-06-09 01:00 |     ソウル観光

閑静なショッピングストリート、三清洞を散歩

土曜日、夏のような暑さの中、SY(夫)と 三清洞(サムチョンドン) へ行ってきました。
三清洞へ行くのはかなり久しぶりです。

e0166398_2312221.jpg


 三清洞は、観光客で賑わう伝統雑貨ショッピングストリート・仁寺洞 (インサドン) のすぐ近くにあり、
 とても清潔でオシャレな雰囲気の街です。 大統領官邸が近いこともあって警備も厳重。
 私はここに来ても特に何を買うわけでもないのだけど、ウィンドーショッピングをしているだけで
 ワクワクするような場所なんですよ。^^

 この日は本当に天気が良く、強い日差しと青々とした緑が目に痛かった程でした。
 それにしても、上の写真だけ見ているとなんだか青山辺りみたい。


          ↓ここが日本だったら間違いなく買っていたホーローの小物、セール中でした。

e0166398_23141.jpg


          ↓露店で売られている雑貨もカラフルで見ているだけで楽しい。

e0166398_2311356.jpg


          ↓アクセサリーのお店。 この壁、写真撮影のメッカらしく、何組ものカップルが
            凄いポーズで撮影していました。 私みたいに壁だけ撮る人は皆無、、、

e0166398_23068.jpg


         ↓物凄く素敵な陶磁器が売られていた工房兼店舗。
           半額になっていたものでも小さなお皿で3万ウォン、4万ウォン、、でもステキだったなぁ~

e0166398_2301670.jpg



e0166398_2302590.jpg
上の素敵な陶磁器のお店のすぐ近くにあった建物。
なんと壁の部分が 朝鮮半島から渡ってきたいわゆる
「三島」の模様になっているのです!

せっかくだから、ギャラリーか何かが併設されていれば
いいのになぁ



           ↓アートギャラリーも数多くあります。

e0166398_2305457.jpg



   三清洞といえば、オシャレなカフェなども数多くある地区。
   友達同士で、カップルで、ショッピングの途中にお気に入りのカフェでひと休み。

e0166398_2313270.jpg


   そういえば、上の写真を御覧頂いても分かる通り、三清洞は歩道が狭い上になぜか
   階段を上り下りしなければならない場所が多いんです。 週末など人出が多い時は本当に不便。

   これはソウル全体に関して言えることですが、道路(歩道)があまり良くありません。
   凸凹していたり隙間が多いので、ちょっと歩くとすぐ靴がダメになってしまう・・・
   せっかくだからもう少しキチンと道を平らにしてから舗装しようよ、と思っているのは私だけじゃないはず。
   だからあれだけ多くの靴屋や靴修繕屋が 街のあちこちにあるのだろうな、、


e0166398_231584.jpg


     ヨーロッパ風の可愛らしいカフェもあれば、韓国の伝統的な家屋を用いた趣のあるカフェもあり。

e0166398_2304514.jpg


    ちょうど今の季節なら、テラス席でのんびり過ごすのにぴったりですよね。^^


   ↓私が入ってみたかったのは下のカフェ。 でも残念ながら満席でした・・・

e0166398_2314072.jpg


   昔の家屋を上手に現代風にアレンジしたオシャレな雰囲気。中はどうなっているのだろう?

e0166398_2315015.jpg


   せっかくなのだから、韓屋の小洒落たお店でランチをしたかったのだけど、あまりの暑さに
   やられたSYが 「冷麺以外食べられない、、、」 と言い出したので近くのフツーのお店で冷麺を。
   ところがここの冷麺、すごく美味しかった! 普段、焼肉屋で食べるゴムみたいな堅さの冷麺とは
   全然違い、もっと麺が柔らかく、味わいがある感じ。

e0166398_22595673.jpg


   SY曰く、これは北朝鮮のスタイルの冷麺なのだとか。(肉でダシを取ってあるところが)

   「北朝鮮には冷蔵庫が無い家も多いから、スープを自然に冷たく出来る冬の間しか冷麺を
   食べない家庭も多い」 とSY。 真偽の程は私には分かりませんが、何となく信憑性があるような・・・

   うだる様な暑さでグッタリしていた私達も、スッキリ冷えた冷麺を食べたらかなり復活出来ました。
   私は冷麺にたっぷり酢を入れて食べるのが好き。^^

e0166398_22594611.jpg



  ところで、皆様の中には 「カフェや街でこんなに写真を撮って、大丈夫? 変に思われない?」
  とご心配下さっている方もいらっしゃるかもしれません。
  でも大丈夫、現在のソウル、特に三清洞やホンデといった若者の街では猫も杓子も・・・という感じで
  みんな一眼レフを構えており、私のようなブロガーにとっては非常に有難い(?)環境なんです。

  ただ、私と他の皆さんの違う点は、私は風景ばかり撮っているのに対して彼らは人物写真が多いこと。
  今はもう見慣れてしまいましたが、ソウルに来たばかりの頃は、人目を憚らない凄いポーズで写真を
  撮っているカップルや若い子のグループを見て 度肝を抜かれたものです。 ^^;
  SY曰く、サイワールド (ミクシィのようなもの) などに載せるためなのだとか・・・


  簡単ですが、若者で賑わうオシャレな街、三清洞の御紹介でした。
  皆さんもチャンスがあれば是非一度行ってみてくださいね!


人気ブログランキングへ←SYが暑がるので今晩からエアコンを使い始めました、、 クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2009-05-12 00:30 |     ソウル観光

初登山 in ソウル sanpo

本日土曜日、計らずも登山に行ってきました。。
ソウルの北東に位置している 北漢山(ブッカンサン) 、ソウルでは有名な山のひとつです。

e0166398_0311284.jpg


私は韓国に住み始めるまで全く知らなかったのですが、韓国の人達は本当に登山が大好きなようです。
大好きというより、「愛してる」 の方が近いかもしれません。
何かあるとすぐ 「登山」。 SY(夫)も数ヶ月に1回は付き合いで登山に行ってます。

彼らが登山を愛する大きな理由の1つには、やはりソウル周辺に山が多いことが挙げられるでしょう。
元々ソウルは 「山と川に囲まれた土地」 ということで都として栄えたそうですから、当然といえば
当然なのかもしれませんね。 ^^


e0166398_019539.jpg


超インドア人間の私が (そうでもないか?) なぜ登山するに至ったかというと・・・

前回の記事でチラッと書きましたが、先日、大学院の卒業試験を受けたんです。
なにやら聞いた話によると、先輩達の間では 「試験後の教授達との登山に参加すると合格する」
なんていう噂があるのだそうでして、、
昨日同級生から 「yossyさんも行くでしょう!?」 と確認の電話がかかってきました。

正直、私は登山は全然興味が無いし、疲れ気味の身体を週末ぐらいは休めたかったので、
「うーん、、面倒なので私は行かないかも」 と断ったのですが、電話を切ってしばらくしたら
携帯に 「○○さん、××さん、△△さんは参加予定」 というメッセージが。(汗)


・・・行く事にしました。 ←意思弱っ


e0166398_018499.jpg


何せ山登りは10年以上ぶりの私。
同級生の1人と相談して、「どうせ雨が降りそうだから登山はしないだろう。 近くを散策して
食事だけして終わるだろうから、普段着でいいね」 なんて言って、本当に普段着で行ってしまった
のですが、大いに後悔しました。。

集合した皆さんはまともな登山服。 普段着に肩掛けカバンという登山にはおよそ不釣合いの
服で来てしまった私と同級生は明らかにやる気の無い人みたいになってました。←本当だけど、、

<注意点>
× 「雨が降りそう → 危ないから登山は中止して付近を散策するだけにしよう」
「雨が降りそう → でも降ってないから登山しよう!」


e0166398_0191725.jpg


何人かの同級生達は、結局集合したものの最初から登山はせずに下で待っていたり、
途中リタイアなどをしていたのですが、私はリタイアするタイミングを逃してしまい、、
結局最後まで登ってしまいました・・・・・・


          ↓ ええっ!? あと1.6キロもあるの!? 山の1キロは長い・・・
e0166398_0192938.jpg


北漢山というのはかなりハードな山で、岩場が凄く多いんです。
かろうじて足元だけはスニーカーで行った私でしたが、普通のスニーカーじゃ危険でした。
キチンとした登山服にリュックサック、そしてトレッキングシューズの方々が眩しく見えた・・・


  ↓ やっと目的地付近まで来ました。 既に膝がガクガク笑っちゃってます。
e0166398_0195165.jpg


一緒に登っていた教授があまりにスタスタ楽そうに登ってらしたので (どうやら登山がご趣味らしい)、

「先生、やはり精力的にご研究なさるには体力が必要なんでしょうか」 と聞くと、
いえ、頭が必要です」 と言われました。 (爆)

おっしゃる通りです。 070.gif


e0166398_0194041.jpg


でもやはり 勉強したり仕事するのに体力も絶対必要ですよね。
私の場合、今学期は特に体力との戦いです。


例えばある曜日の流れ。

・朝6:30起床
・午前中、大学院の授業
・昼、勤務校に移り食事
・食後、午後の授業で使う資料等を印刷
・ランゲージエクスチェンジをしている韓国人の先生が研究室に来て下さり、語学学習
・15時から3時間ぶっ通しの授業
・授業後、元教え子の作文指導 (大学院入試のための研究計画書を指導)
・SY(夫) が残業や飲み会の事が多いので、私もそのまま職場で夕食
・帰宅後、翌日の授業準備
・0時頃就寝


こんな感じです。
私は意外と体力はある方だと思うのですが、それでもやっぱりこれはキツイ。

今回登山してみて、「たまにはこういう風に運動して肺活量を増やしたり、気持ちの良い汗を
かくことも必要だな」 と、何となく登山のよさが分かったような気がしました。
先輩にも 「登山しないから あなたは疲れやすいのよ!」 と言われたし。 ←と、登山しないから!?

登山はともかく、何か体力づくりしなきゃ。


  ↓ ソウル市内の建物がこんなに間近に。
e0166398_020055.jpg


今日は天気が悪かったのでハッキリ見る事は出来ませんでしたが、それでもゴール付近の
位置から見下ろしたソウルの町並みは ハッと息を飲むほど美しかったです。
登山を愛する人達は、こういう瞬間の喜びを知っているから登り続けるのだろうな、なんて
少し分かったような気持ちになったりもして・・・

でも、やはり私には登山は相当キツかった。。
下の写真を御覧下さい。


e0166398_020219.jpg


   すみません、これ、私の中では ロッククライミング と呼ばれているものなんですが。。(汗)

   上の写真の岩場は 「まだまだこれから!」 という段階のもの、この先はちょっと普通じゃ
   考えられないぐらい急な岩場になっていました。
   アンコールワットの遺跡に登って以来の恐怖を味わいました。 

   「これ、滑って落ちたりしたら、命にかかわると思う!」 と言っていたら、側に居た先生が
   「毎年何人か転落して死ぬそうだよ」 と。。 生きててよかった~


e0166398_0204194.jpg


でもやっぱり大自然は素晴らしい。
ソウルの山というのは 日本の山に比べて岩場が多いので、登山中に自然と天然ゲルマニウムの
成分を身体に受けることが出来るのだそうですよ。 ^^


e0166398_0203014.jpg
とうとう目的地に到着。
山の上のほうにこんな門を作るのは、
さぞ大変だったことでしょう・・・

実は頂上まではもう少し登らないといけない
そうなのですが、私たちはここで折り返しました。

膝をカクカクさせながら下山し終わったあたりで
雨が降り始めました。。。
もっと早く降ってくれたらよかったのに!!!057.gif
(スミマセン、皆さん・・・)



いかがでしたか?
この北漢山にはいくつかの登山ルートがあるそうで、今回私たちが登った以外のルートも
なかなか素晴らしいという話です。

旅行会社などのオプションでも ソウルの山を登るツアーがあったりするそうなので
(Yahoo!などで検索してみてください)、 皆さんもチャンスがあればぜひソウルの山を
体験をしてみて下さいね! 
すれ違う登山客と挨拶を交わしながら歩くのも また楽しいものですよ♪


人気ブログランキングへ ←でも私はもう登山はしたくない・・・ クリック☆プリーズ
by yossy_kr | 2009-04-25 23:55 |     ソウル観光

ヨイド公園の夜桜 sanpo

ソウルはここ数日で突然暖かくなり、一気に春らしい陽気になってきました。 汗ばむ位。
というわけで今夜は仕事帰りにSY(夫) とヨイドで待ち合わせ、夜桜を見てきました。

e0166398_23255670.jpg



e0166398_23234958.jpg
ご存知の方も多いかと思いますが、ヨイドは国会議事堂が
あることでも有名な ソウルの南に位置するオフィス街。
今回は地下鉄5号線のヨイナル駅から歩いて行きました。

私たちが到着した時はまだ完全に日没しきっていなくて
明るかったのですが、桜鑑賞のメインストリートに着く
頃にはすっかり日没完了。

e0166398_022461.jpg


   メインストリート入口付近には、ちょっとしたモニュメントやフラワーアレンジメント
   なども展示されています。

e0166398_23241089.jpg



   さあ、次からが 「本当のヨイド公園の夜桜鑑賞」 の始まりです。 心の準備はよろしいですか?

                        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    でたぁ~っ!
e0166398_23243762.jpg


    おぉぉぉ、目が、目が、、、 どんな色彩感覚の人がデザインしたんだ!とツッコミを入れたい・・・
e0166398_23242338.jpg


    こんな風に下からライト(色がどんどん変化する) で照らしています。
e0166398_23251445.jpg


    とにかく物凄い数の人、人、人! 昨日は花火の打ち上げもあったそうですよ。
e0166398_2325113.jpg



   こんな感じで数キロメートルに渡り、夜桜を堪能出来ます。 一体、何万本あるのだろう?
   とにかく想像以上に大規模な桜並木であることは間違いありません。
   夜もある意味必見ですが、出来れば次回はお昼に行ってみたいなぁ。


   道の途中では 何組かのパフォーマーさん達が音楽を演奏したり 大道芸を披露していました。
   なんと、日本人のおじさんも。

   えっ、火ですか!?
e0166398_23261815.jpg


    ひぇぇぇ!! 桜に火が燃え移ったらどうするの~~ (汗)
e0166398_2326717.jpg



    桜並木の土手の下では、酒盛りをする人達も大勢。 漢江(ハンガン)沿いで景色も抜群です。
e0166398_23254510.jpg


      今日は美しい満月でした。 月と夜桜 (のド派手なライトアップ・・・)。
e0166398_23262980.jpg



   そしてこちらも毎年のお約束、足元のライトの上で(ちょっと恐い)記念撮影をする人々、、、
e0166398_23245025.jpg



e0166398_23252414.jpg
いかがでしたか?
初めて御覧になる方は度肝を抜かれたことでしょう・・・

私もソウルに来て初めてこの夜桜ライトアップを見た時、
あまりのカラフルさに 「これぞ韓国!」 と驚愕しました。
こうやって写真で見ると物凄いですが、実際はもう少し
ソフト(?)なんですよ~ ←今更、、


↓ オマケ:
   ヨイドにある有名な教会。やはりライトアップ必須。

e0166398_23263848.jpg

まだ今週末あたりまでは見頃だと思いますので、ご旅行でソウルにいらっしゃる方も
お時間があれば是非是非寄ってみて下さいね♪


人気ブログランキングへ ← ドギツイ!などと言いつつ、毎年このライトアップを密かに楽しみにしている私・・・
by yossy_kr | 2009-04-09 23:30 |     ソウル観光

太王四神記の撮影所 sanpo

ようやく土曜日。 午前中は仕事のミーティングがあったのですが SY(夫) に車で迎えに
来てもらい、気分転換に近場の公園までドライブしてきました。 天気も良かったし。^^
その帰り道、 「ヨン様主演・太王四神記撮影所」 という道路標識を発見! ←しかも日本語


e0166398_1512978.jpg


通りがかったのも何かの御縁(?)、せっかくなので立ち寄ってみることにしました。
それにしても、こんなテーマパークがいつの間にか出来ていたんですね~

途中、日本語で 「ヨン様ライナー」 という張り紙がしてある観光バスとすれ違いました。
ヨン様、思った以上に根強い人気。 これじゃテーマパークが出来るハズだ。 ^^;


e0166398_029121.jpg
チケットブースで入場料を支払うとこのような
パンフレットを貰えます。
私たちが貰ったのは韓国語版。
中には地図や見所がサラッと書いてあります。

入場料は大人3000ウォン(300円)でした。



e0166398_029196.jpg


      駐車場で車を降りた直後、早速このような看板↑がお出迎えしてくれました。
      ヨン様岩・・・?? ちょっとモアイっぽいですが、、、
      しょっぱなからツッコミどころ満載。 嫌がおうにも期待(?)が膨らみます。


e0166398_0312346.jpg


   時代設定が設定なだけに、周囲は山(と岩)に囲まれた 自然豊かな場所でした。
   ドラマを観た方なら、「そうそう、まさにここ!」 といった感動があるのかもしれませんね。
   ドラマをほとんど観ていない私でも、それなりに楽しめましたよ♪


e0166398_0325627.jpg


  確かこの 「太王四神記」、日本でも既に放送されたと思いますが、御覧になった方はいかがでしたか?
  うちもSYが最初の頃は結構面白がって観ていたので 私も一緒に2、3度観たことがあるのですが、
  途中で観なくなってしまったので ストーリーの結末がちょっぴり気になります。


e0166398_0313519.jpg



e0166398_0311036.jpg


   また後日、別に写真をUPしますが、ドアや窓枠の紋様が非常に美しくて惹かれました。
   韓国の伝統的な家具や紋様、やはり強く惹かれるものがあります。

e0166398_0314673.jpg


   わざわざこんな場所まで見学に来るのは日本人のオバサマ方ぐらいじゃないかしら、
   なんて思っていたのですが、私が行った時間帯は韓国人のお客さんしか居ませんでした。
   今回は子供連れの人達が結構多かったですよ~


e0166398_0323633.jpg


e0166398_0324670.jpg



e0166398_0315533.jpg
こういうベタな観光施設がツッコミどころ満載なのは
どこの国でも同じだろうとは思いますが、ここも
なかなかのものでした。

左の写真を御覧下さい。

「我々の永遠の愛、この木筒に刻みました。」 ^^;


それにしても日本人の方のメッセージ板を見てみると
「ヨン様」 なんて書いてる人は居ません。
きちんとハングルで 「ヨンジュン氏」 と書いている・・・

たまに街で見かける日本人観光客のおばさま方など、
完全に私より真剣に韓国語を勉強してるし、韓国文化にも
興味を持っているよなぁ、と感心させられます。
やっぱり 「好き」 という情熱に敵うものは無いですね。



   ↓ そしてお約束、記念撮影用のパネルも数箇所に設置されています。
e0166398_0322772.jpg


      ↓ あ、また出た。 ここでも 「ヨン様岩」 。
e0166398_0331750.jpg


      ↓ 左上の方に白い旗が立っていますが、あの辺りがヨン様岩なのでしょうか。
         っていうか、本当に上まで上ってる人達居るし!  
e0166398_0334686.jpg


  やはり私には最後まで 「ヨン様岩」 の存在意義を見出す事は出来ませんでした。
  ヨン様の撮影風景パネルでも展示しておいた方が、ファンにとってはよっぽど嬉しいのでは・・・


*******************************


  いかがでしたか?
  偶然通りがかった太王四神記撮影所でしたが、そんなに広くは無いながらも思った以上に 
  興味深く、我々もなんだかんだで30分以上滞在してしまいました。
  ヨン様パワー、まだまだ健在ですね!


e0166398_033574.jpg
オマケ:

ここで手作りのお餅とお茶が頂けるそうなのですが、「文化人」 という文字に強く反応してしまいました。
やはり太王四神記だけに文化人・・・?
中に座っているアジュンマ達の鮮やかなジャージ&エプロンの色もたまりません。



人気ブログランキングへ ←ヨン様グッズを売っているお店が無かったのは意外。 クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2009-04-05 00:30 |     ソウル観光

汝矣島公園の春

日曜日の夕方、SY(夫)と一緒に 汝矣島(ヨイド)公園 まで ちらっと散歩しに行ってきました。

e0166398_112535.jpg


上の写真は桜ではなく梅です。
東京はだいぶ桜が開花したそうですが、ここソウルの桜はもう少し時間がかかりそう。
汝矣島の桜もなかなか素晴らしいんですよ♪

汝矣島公園の桜といえば、何といっても夜の 「驚愕」 ライトアップは必見です。
今年も出来る限り見に行きたいと思っているので、もし行ったら後日リポートしますね。


e0166398_1142481.jpg


  汝矣島(ヨイド)は国会議事堂もあるビジネス街。
  高くて立派なビルがズラリと建っているど真ん中に このような広大な公園があるのがまた素晴らしい。
  東京で言えば新宿御苑といったところでしょうか。


e0166398_1134777.jpg


  ところで、公園内で妙に目につくのが この2人用自転車です。
  私などはつい 「こんな いかにもカップルです!的なものになんて恥ずかしくて乗れないわっ」
  と思ってしまうのですが、韓国ではノープロブレム。 ペアルックもアリなお国柄ですから・・・
  今回も何組ものカップルがキャーキャー言いながら楽しそうにこいでいました。^^


e0166398_1141156.jpg


  公園の中心部にある大広場は無秩序状態。 ^^;
  自転車を扱ぐ人、ローラーブレードをする人、バドミントンをする人、バスケットボールをする人などなど・・・
  よくぶつかってケガしないなぁと感心してしまいます。


e0166398_1133810.jpg



               えいっ、シュート!!!
e0166398_113455.jpg


             シャボン玉で遊ぶ可愛らしい女の子。 懐かしいなぁ
e0166398_1131551.jpg



   この日は風もあまり強くなかったこともあり、本当に絶好の散歩日和でした。
   芝生にビニールシートを敷いて寝転がったり、食事をしている人も大勢。
   そういえば昔SYも 「お弁当を持ってピクニックするのが夢!」 なんて言ってたなぁ。
   タコ型ウインナーは絶対必要なんだとか(笑)  仕方ない、今度やってあげようか・・・

e0166398_1143695.jpg



         ↓  街灯の左奥が自転車用の道、右側が歩行者用の遊歩道。  ↓
   運動目的でしっかりジャージを着て来るアジュンマ(おばさん)・アジョッシ(おじさん)が大勢。

e0166398_1135827.jpg



      さて、問題です! 下の道は一体何のためにあるのでしょう?

e0166398_1144876.jpg


    答え: 足ツボ刺激のため! ほら、よく見ると道がツブツブになっているでしょう?

    SYも靴を脱いでちょっと歩いてましたが、でも中には靴のまま歩いている人達も居たので、
    とても私は試してみる気にはなりませんでした、、、


          下の写真は LGのツインタワービル。(恐らく)  さすがに立派ですね~

e0166398_1145998.jpg



        ハングルを作ったことでも有名なセジョン王の像と、彼の業績の一部。
        日時計、水時計、雨量計測器など。

e0166398_115122.jpg



   この公園へは地下鉄でも行けるのですが、私たちはいつもバスを使ってます。
   その方が早いし、何と言っても漢江(川)を横断する長い道路を走るのが最高に気持ち良い!

e0166398_1152218.jpg



  我が家から汝矣島までは行こうと思えば徒歩でも行けるのですが、1度しかトライしたことがありません。
  上の写真の橋を渡るだけでも20分以上かかるし ^^;、もう少し暖かくならないと無理、、、
  SYのダイエットには最適なコースなので、ぜひ春の間に1度はウォーキングを実現させようと思います。


  サラッとご紹介しましたが、汝矣島公園はいかがでしたか?
  自然溢れる広大な公園と それを取り囲む高層ビル群、というミスマッチがなんとも言えず
  都会らしい雰囲気ですよね。 私などはついつい東京が恋しくなってしまいました、、、

  恐らく来週あたりから桜も見られると思うので、皆様も時間があればぜひ行ってみて下さいね♪


人気ブログランキングへ ←桜が楽しみなんて、やっぱり日本人だなぁ。クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2009-03-30 01:00 |     ソウル観光

夜の漢江(ハンガン)公園

日曜日の夜、久しぶりにSY(夫)と 漢江公園にウォーキングをしに行ってきました。
もちろん目的はSYのダイエットのため!

e0166398_33567.jpg


漢江(ハンガン)はソウルを横断する広大な川ですが、その漢江沿いに遊歩道やちょっとした公園が
設置されており、市民の憩い(と運動)の場となっています。
規模は小さいですが、我が家から徒歩圏内の場所にも 漢江公園と遊歩道があるんですよ♪

私がソウルに越してきた2年前の今頃、夜になるとよくSYが漢江公園に連れて行ってくれました。
あの頃は韓国という国に住むこと自体が非常に辛くて毎日ストレスで一杯だったけれど、
雄大な漢江の夜景を見ているだけで 「ちょっと頑張れそうな気がする」 なんて思ったりしたな。
彼は本当によくやってくれました。 あぁ、懐かしい・・・



e0166398_35846.jpg
あ、今更ですが「漢江公園」というのは漢江沿いにある公園の総称のようです。 もちろん厳密には公園ごとに「○○区漢江公園」 なんて名称が付いていることもあるようですが、恐らくみんな「漢江公園」と呼んじゃっているはず。

e0166398_352256.jpg



最近出来たらしい無駄に木を使った豪華ならせん状スロープ
を下り、トンネルを抜けるとそこは美しい漢江の夜景。
人気の無い薄暗い住宅街を通り抜けるため、私などはとても
一人じゃ恐くて行けないのですが、韓国の若い女性達は結構
平気で一人でウォーキングしに来てます。 恐くないのかな?




だいぶ暖かくなってきたとはいえ、夜はまだまだ肌寒いここソウル。 今回はさすがに人もまばらでした。
でも春先になると 「韓国の人達って一体いつ寝ているの!?」 なんてビックリする程 夜遅くまで
運動したり散歩しに来たりしている人で一杯になるんですよ。

e0166398_322947.jpg


全体的にオレンジ色が強いライティング。
どこかの国で 「LEDの青白い光を住宅街の街路灯に使い始めたら犯罪が減った」 と新聞に
書いてあったなぁ、などと考えながら歩きました。 ソウル市にも是非参考にして頂きたい。


e0166398_325744.jpg




e0166398_342794.jpg
(左の写真)
SYが立て札を読んでくれたところによれば、この辺は昔 
汽車の線路が設置されていたのだとか。
確かに左の写真を見ると、それらしい跡が残ってますね。


e0166398_344586.jpg
(右の写真)
ウォーキング&サイクリングする人の為、きちんと左右分けられています。今回はともかく、人が多い時は意外に便利。



ところで、私がソウルに来た当初凄く驚いたことの1つが、
韓国の人達の 「運動好き」 でした。
こういった遊歩道もそうですが、ジム通いしている人の数も
ちょっと見た感じソウルは非常に多いですし。
SYにも見習って欲しいなぁ、、、



    「韓国には運動好きの人が多い」、その証拠がこちら。
e0166398_333922.jpg


    無料の運動器具です (驚)

    ちょっとした公園には必ずこういった運動器具が設置されているのですが、初めて見た時は
    本当に驚きました。 皆すごく一生懸命に漕いだりしてるし。 これならジムに行かなくてもいい!?


e0166398_341260.jpg


    漢江の夜景を見ながらなら、運動も進むかな・・・?
    国を挙げて国民の健康対策に乗り出しているような印象を受けます。Well-beingブームだし。


e0166398_324331.jpg


せっかくSYのダイエットのため・・・と思ってウォーキングに出たのに、家に着いた途端、彼は缶ビールを
飲み始めました、、、 私はというとすっかり絶句してしまい、何も言わずに黙ってました。。
ダイエットに限らず何ごともそうですが、自ら危機感を感じて自主的に始めるまでは誰が何を言っても
全く無駄なんですよね、、 それどころか 「意地悪で言ってるんじゃないか」 と思われるのがオチ。

以前、SYのデパート嫌いについて書いた事がありましたが、何故か彼は私の買い物には割と
黙ってホイホイ付いてきてくれるんです。
運動も同じで、もし 「あなたのダイエットのためよ!」 なんて言ったら 「必要ない」 と抵抗されそう。
よってこれからは 「もう春だし、散歩したいな~」 と言って、『私が散歩したいから付き合って作戦』
でいこうと思います。 あ~面倒くさ、、、 ^^;


人気ブログランキングへ ←月曜日の朝の忙しい出勤前に、なぜかSYママと針治療に行くことに・・・
by yossy_kr | 2009-03-23 01:00 |     ソウル観光

スケートリンク sanpo

毎年冬になると、ソウル中心部にある市庁前広場にスケートリンクが登場します。


e0166398_2291314.jpg



なんと SY(夫)は生まれてこの方 一度もスケートをしたことが無いらしい。
お祖父さんが生前、『スケートは絶対したらいかん!』 と孫一同に禁止していたからだとか。

お祖父さんはスケートで大怪我をした子供のニュースを観たという話だけど、
スケートはダメでスキーはOKなのか・・・。
そういえば今回リンクで見かけた子供たちの多くがヘルメットを被っていました。


e0166398_228597.jpg



SYが 「僕達もスケートしようよ」 と言い出したけれど拒否。
生まれてこの方スケートをしたことが無い人となんか一緒に滑って
転倒の道連れにでもされたら大変だもん。。 ^^;
(あの体重で私の指の上にでも乗られたらと思うだけで恐ろしい・・・)


e0166398_2283439.jpg



ところで、今回のスケートリンクを見て1つ気が付いたことがあります。

「・・・なんだか物凄く殺風景!!!」

そう、去年に比べて驚く程装飾が何もされてないんです。
しかも、氷部分の面積も絶対に狭くなっている!



こちらが同じ場所に設置されていた 去年のスケートリンク。 夜に撮った写真ですが。
e0166398_2292624.jpg



広々としてます。 今年のリンクは狭いリンクが2つか3つ繋がったような形です。
e0166398_2293628.jpg



これを見て、何だか非常に不景気を感じてしまった私でした。。


人気ブログランキングへ← でも1度ぐらいはやってみたい気もする。 Click please !
by yossy_kr | 2009-02-06 18:40 |     ソウル観光

SKYのY 延世大学校・冬景色

突然ですが問題です。
ソウルの 「SKY (スカイ)」 って何のことか御存知ですか?

<ヒント>
e0166398_1149612.jpg


答え: ソウルの3大大学 (ソウル大学、高麗大学、延世大学) の頭文字です。

今日は、以前撮ったまま放置してあった写真をご紹介しますね。
SKYのうちの一つ、延世(ヨンセ)大学です。

延世はとにかく広大な敷地の中に校舎が点在しており、東京で言えば早稲田のような
雰囲気といったらいいでしょうか。
ソウルの大学全体的に言えることですが、敷地が広い大学が多いように感じます。


e0166398_0434093.jpg



今思い出しましたが、SY(夫)の従兄弟・ソンホちゃんはこの延世大学出身です。
SYは 「ソンホの出た学部は大したこと無いよ。 ソウル郊外の校舎だし」 などと
負け惜しみを言ってます・・・ ^^;

学生達の話によれば、韓国では 「何を学んだか」 「どの学部を出たか」 よりも
「大学名」 を重要視することがまだまだ多いんだそう。
これについては、日本も似たようなところがありますよね・・・



ところで、韓国における 「大学」 と 「大学校」 の違いを御存知でしょうか?

「大学」 は修学年限が2・3年制の専門大学 (日本では短期大学に近い) を指し、
「大学校」 は修学年限4年のいわゆる日本でいう 「大学」 を指すそうです。
というわけで、私は便宜上 「延世大学」 と書いていますが、正しくは 「延世大学校」 です。
(もし万が一間違えていたら、どなたか訂正して頂けると助かります)



さて、正門を入って真っ直ぐ伸びる道を延々と歩いていくと、突き当たりに延世の
シンボルともいえる校舎が見えてきます。

春・夏の緑さわやかなシーズンに行くと、「ここはハリーポッターの世界?」 と
見間違うような ツタの絡まる美しい建物を見ることが出来るのですが・・・


e0166398_0435541.jpg


ボロリ。。

・・・予想はしてましたが、ハリーポッターどころかホーンテッドマンションになってました。。
スミマセン、延世の名誉挽回のため、また春に出直します。


e0166398_0442168.jpg




東京で言ったら、立教大学みたいな美しい建物なんです。 (春夏は。)
せめて秋に来ればよかった。
でも上の写真を見ると、冬は冬なりの赴きがあるような気も・・・ちょっとする。


e0166398_044962.jpg


セピア機能使ってません、そのままの色彩です。 ^^;

SKYの 「S」 と 「K」 は春になってからご紹介することにしますね。



追記: 去年の夏に撮った写真がありましたので、ご参考まで。

e0166398_20753.jpg



e0166398_20333.jpg



夏と冬とのあまりの違いに愕然・・・


人気ブログランキングへ← 教室には暖炉があって欲しい雰囲気。 Click please !
by yossy_kr | 2009-02-04 18:30 |     ソウル観光

ロッテホテルのお正月ディスプレイ

e0166398_20575532.jpg



既に書いた通り、韓国では1月1日の元旦ではなく 「旧正月」 をメインにお祝いします。
ただ、他のアジア諸国と異なり、街を歩いていてもお正月らしい飾り付けはほとんど見当たらなくて・・・

でも、一昨日たまたま通りがかった明洞にあるロッテホテルで、やっとお正月らしい飾り付けを見つけました!

e0166398_20582298.jpg



なるほど、こういうディスプレイの仕方もあるのか・・・と感心しました。 和洋折衷ならぬ、韓洋折衷?

この色とりどりの可愛らしい袋は、観光客が必ず行くお土産街、仁寺洞 (インサドン) でたくさん売られています。
マニキュアなど、ちょっとした小物を入れてお土産に渡してもステキですよね。 ^^


e0166398_2058956.jpg


丑年なので、一応牛も。


ところで今日、韓国人の友達からメールが来たのですが、「yossyは旧正月どうだった? 私の既婚の姉は
旧正月の後、倒れたよ・・・」 と書いてあってビックリしました。

韓国には 「명절증후군 (名節症候群)」 と呼ばれる心の病気が存在しています。
名節症候群とは、名節(お正月やお盆など)の前後になると、お嫁さん達が心身の強いストレスから一種の
鬱状態になるというものだそうです。

ちなみにあの明るいSYママでさえ、SYパパが御存命で 義両親がまだ韓国在住だった頃は、名節の度に
腹痛を起こしていたとのこと。 そういう苦労を味わっているからこそ、SYママはいつも私を安心させようと
して下さるし、嫁の私よりも御自分が率先して動いて下さるのだろうと思います。 優しい御姑さんですよね・・


韓国の 「家族・先祖を大切にする」 という姿勢は非常に素晴らしいと思うし、人間関係が希薄になりがちな
日本人もぜひ見習いたい面もたくさんあるのだけれど、「名節症候群」 なる心の病を社会に蔓延させてまで
ギチギチと1から10までやるべきものかしら、などと疑問に思うこともあります。
中高年の方々にしてみたら言いたいことも沢山あるとは思いますが、今は共働きの夫婦も多いことだし、
時代に合った形に少しずつ変えていく臨機応変さも必要なんじゃないでしょうか?

外国人嫁の勝手なつぶやきでした。


e0166398_20222958.gif ← 私などは楽な部類なのでしょうから文句言っちゃいけませんね。Click please !
by yossy_kr | 2009-01-29 21:30 |     ソウル観光


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル