カテゴリ:    生活雑記( 79 )

セウォル号事故の追悼所 @市庁前

e0166398_19105580.jpg


前の記事でUPしたHOLLYS COFFEEを出た後、散歩がてらそのまま明洞方面へ歩いて行くことにしました。

市庁に近付くにつれ、今年の春に起こったセウォル号沈没事故のシンボルマークであるイエローリボンが掛けられた場所が多くなってきて。

e0166398_1911226.jpg


徳寿宮の脇の道です。 「帰ってきて」 などとメッセージが書かれたリボンを見ると、あの時のことを思い出して今でも胸が苦しくなります。

e0166398_1911977.jpg


そして市庁舎前に到着。 建物にイエローリボンの書かれた大きな看板が掛かっているのを見て、「そういえば追悼所があるって聞いたけど、まだあるかな…」 と思い、道を渡って行ってみることにしました。

e0166398_19111699.jpg


ポールにイエローリボンがいっぱい。 テントの中にもイエローリボンやメッセージボードが所狭しと置かれています。 ひとつひとつメッセージを読むと涙が出そうになるので注意…

e0166398_19112923.jpg


e0166398_1911359.jpg


下の写真の建物の右側に、大きな祭壇が設置されているのが分かるでしょうか? ここで一般人もお祈りをすることが出来ます。

私は分からないまま 「もしかして、ここでお祈りしてもいいのかな」 と近付いてみたのですが、平日だったこともあって誰も居なくて。。

係員の人達だけがポツポツと立っていたので物凄く近寄りがたかったのですが、勇気を出して(?)近付いてみると、「あちらでお花を受け取ってください」 と言われました。

e0166398_19112213.jpg


係の方に白い菊を一本いただき、祭壇に捧げてからお祈りしました。 さすがに涙が止まりませんでした。。
(そして、私ひとりしか居ないので、係員の皆さんの視線が集中… 042.gif

まだ市庁前には追悼所が設置されていますので、お近くを通る方はぜひお立ち寄りになってみてください。

e0166398_19114228.jpg


スタート時点の光化門・世宗文化会館の階段にもイエローリボンがありました。

e0166398_19114828.jpg



最初、事故が起こったときには 「どうしてイエローリボンなんだろう?」 と不思議に思ったのですが、こうやって少し時間が経ってみると、痛ましい事故を忘れないためにもイエローリボンのように目に見える形でシンボルを作っておくというのは大切だと考えさせられます。 街で黄色い色を見るたびに、ハッとしますから…

(東日本大震災の時も何かあればよかったのに、と考えさせられたり…)


近くに行くことがあれば、また必ず立ち寄りたいと思います。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-07-20 00:00 |     生活雑記

私のオススメ☆ トンソオクスス(とうもろこし)茶 & マジョリカ茶こしポット

e0166398_050273.jpg


今日はちょっと趣向を変えて… 最近のお気に入りをご紹介しますね。 016.gif


まず1つ目は、韓国のオクスス茶 (とうもろこし茶)。 食堂などでも出されることが多いので、飲んだことがあるという方も多いと思うのですが、今更ながら最近私もハマっています!

スーパーに行くと色んなメーカーのオクスス茶がありますが、中でも私が一番気に入ってリピートしているのが こちらのトンソ(돔서)というオクスス茶です。 他のメーカーの有機農オクスス茶なども飲んでみましたが、やっぱりこれが一番香りもいいし美味しく感じます。

e0166398_0503438.jpg


もっと小さな薄い箱に入ったものもあるのですが、これは大箱の方。

ティーバッグに10グラムずつお茶が入っていて、1袋で2リットルのお茶が作れるそうです。 私はティーポットに入れて作ってしまっているので、1回あたり せいぜい5~600ccしか作ってませんが。

ちなみに煮出す以外にも、水出しでもOKだそう。 調べてみたところ、日本のamazonさんでも買えるようで (こちら)、顧客レビューを読んだら 「水出しの方が甘さを感じる」 と書いてる方がいました。 それは初耳~ということで、次回は私も水出しで作ってみます♪

e0166398_0504189.jpg


オクスス茶の何が素晴らしいって、 ←回し者? 015.gif


063.gifその1: 胃腸に刺激が少ない

元々私は子供の頃から刺激物や暑さにお腹が弱いタチなので、体調によってはコーヒーなど絶対にNG。 紅茶ですら 「ちょっと強いな…」 と思うこともあるため、低刺激で水以外のものが飲みたい時は 断然オクスス茶が◎です。 味も刺激も弱いのに香りはしっかり香ばしいって素晴らしい! ノンカフェインなので、妊婦さんなどにもオススメですよ。

063.gifその2: お値段が安い、安すぎる!

上の写真の箱入りはティーバッグが30袋入っているのですが、お値段は何と2,200ウォン(220円)ほど、つまり、1袋あたり10円もしないんですね… 要するに、オクスス茶は高級茶ではなく 「庶民のお茶」 ということなのでしょう。 (うちでは毎晩食後にお茶を出すのですが、SYはオクスス茶はバカにして(?) 飲もうとしません、、 こんなに美味しいのに、、、)



普段は可愛い缶に入れて保管し、整理収納のテンションを上げます。 (何それ…015.gif

e0166398_0504765.jpg



オクスス茶をご紹介したついでに、今回もう1つご紹介したいのが 「マジョリカ スーパーステンレス茶こし ポット」 です。 これは韓国のものじゃなく、日本のものですが。


マジョリカ スーパーステンレス茶こし ポット 60157

西海陶器




詳細はamazonさんなどの説明を見ていただけば分かると思うのですが、とにかくここまで使いやすいポットは初めて! もし割れたとしても また同じものをリピートします~というぐらい、本当に使いやすいです。

この記事の一番上に貼った写真は 「韓国っぽさを出そう」 と白磁の茶器を使って撮ってますが、実際に毎日使ってるのは このマジョリカのポットの方です。 私は韓国に居る間はamazon検索マニアになるので (そして半年に一度の帰省時にまとめてポチッと確定する…)、吟味に吟味を重ねて注文した一品です。

e0166398_0505664.jpg


この急須は茶こしが物凄くウリらしく、確かに今まで見たことの無いような茶こしがセットされています。

最初届いた時は 「あれ? ステンレスの器みたいなのは付いてるけど、これが茶こし? 穴が開いてないけど…?」 と驚き、恐る恐る蛇口の水を入れてみて 穴が開いているか確かめてしまったほど。 とにかくジャパンテクノロジー万歳! という素晴らしい新技術の茶こしです。 (繰り返しますが、回し者ではありません、、)


急須本体についてですが、注ぎ口の部分の作りが良くて、全く水滴がたれない仕組みになっています。 ささいな事ですが、これって毎日お茶を飲む人にとっては大事なことですよね。 ストレスフリーです。

同じデザインで小さいサイズもあるようで どちらにするか少し迷いましたが、1人分にも2人分にも対応できるという点でこのサイズを選んで大正解でした。



ちょっと柄がおばあちゃんっぽいかな… (頑張って見れば北欧風に見えないこともない?039.gif) と思ったのですが、元々我が家のインテリアもおばあちゃん家風なので妙にしっくりきました。。

e0166398_051370.jpg



今は夏休み中なので お茶を飲んでもそこまで感動(?)しないのですが、仕事が忙しい時期などは 一杯のお茶で心底癒されたりするんですよね…

韓国に来てからお茶 (カフェ含む) とお花のパワーに改めて目覚めた私です。


皆さんもオススメのお茶などがあれば、ツイッターでメッセージ頂けたら嬉しいです。063.gif056.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-07-16 00:00 |     生活雑記

GENTLE MONSTERのイエローディスプレイ @ホンデ

e0166398_20301899.jpg


写真が溜まってきてしまったので、スピードを上げてどんどんUPしていきたいと思います!

先週のことですが、ホンデを歩いている時に GENTLE MONSTERというお店の1階でコラボ展示をやっているのを見かけたので入ってみることにしました。 場所は、サンサンマダンから徒歩3分ほど、レストランのキャッスルプラハの斜め向かいです。

e0166398_20302518.jpg


1階部分は常にイベントスペースになっている模様。 2階3階に商品が置いてあるというのでSY(夫)は見に行ったようですが、「特に…」と言ってすぐ戻ってきました。 ←34歳のSYさん、さすがに年齢的に厳しい、、

e0166398_20303255.jpg


1階は「写真もご自由にどうぞ~」なので、皆さん思いっきりセルカしてます。 若さなのか国民性なのか、韓国の若い子って本当に自分撮りしますね~

e0166398_20304067.jpg


何を隠そう、私はイエローが大好きです。 (どうでも情報)

e0166398_20304763.jpg


黄色い小物は持っていないのだけど、黄色い服とかカバンは大好きで。

色って面白いですよね。 私は黄色は好きだけど、小物に関しては黄色ってあまり好きじゃないんです。 小物なら絶対に赤。 他には、ブルーやグリーンの服は大好きなのだけど、小物でその色はあまり好きじゃない…とか。

e0166398_20305346.jpg


e0166398_2031072.jpg


なんだかシュールな…

e0166398_2031847.jpg


サウンドホリック・フェスティバルとのコラボということで、ギターも。

e0166398_20312235.jpg


なかなかオシャレで、自撮りには最高の場所じゃないでしょうか。

それにしても、一般人を使ってタダでお店の宣伝してもらえるのだから、上手いやり方だな~と思います。 ほんと、韓国の企業はネットを上手く利用しますよね。

e0166398_20312815.jpg


e0166398_20313635.jpg



若者の街、ホンデらしい面白い展示でした。 こういうちょっとした楽しさがあるからホンデが好きです。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-06-15 00:00 |     生活雑記

雑草を食す。かわしまよう子さんワークショップ @カフェ Suッkara

e0166398_113241.jpg


ホンデにあるカフェ、スッカラ(Suッkara)さん(→過去記事)で、日本でご活躍されているアーティスト 「かわしまよう子さん」のワークショップがあると友人から教えてもらい、行って来ました。

カフェSuッkaraさんは、元々はあの雑誌「スッカラ」が開いたカフェで、Suッkaraにお勤めだった方がお店を引き継いで営業していらっしゃいます。 私も時々雑誌スッカラさんのお仕事をさせて頂いているので、勝手に親近感を持っているカフェでもあります。

現在のオーナーさんは、韓国におけるオシャレオーガニックフードのパイオニアとして有名なのだそう。 (韓国人の方ですが、日本で生まれ育ったそう。) 私も以前お食事に伺った際に 「韓国のカフェご飯でこんなにオシャレで美味しいものが食べられるとは!」 ととても感激した記憶があります。

e0166398_1132929.jpg


思わず前置きが長くなってしまいました。

今回カフェを訪れた目的は、「かわしまよう子」 さんのワークショップ。 友人から事前に情報を頂いていたので申込みに間に合いましたが、私がスッカラさんにご連絡を入れた時点で 「残席があと3人しかありません」 と言われてビックリ!

近年、韓国でも雑草に着目した講座がカルチャースクールのような場所でもあるのだそうです。 元々韓国はナムルのように野草をたくさん食べるお国ですから、野の草のパワーに着目するのは ごく自然なことなのでしょうね。

e0166398_1133483.jpg


私はアートに疎いもので… 友人からの前情報のみで伺ってしまったのですが、かわしまさんは 「雑草」に着目した活動で注目のアーティストさんだそうです。 御著書もいっぱい。


草手帖

かわしま よう子 / ポプラ社



しんぷるらいふ

かわしま よう子 / アノニマスタジオ




俗人の私などは、御著書のタイトルを見ただけでキンチョーしてしまうのですが…


今でこそ断捨離マインドが身について、いかに持ち物を少なくしてシンプルに暮らすかが分かりかけてきている私ですが、何せ六白金星の星の元に生まれておりますゆえ (←はい?)、元来、華やかなもの、きらびやかなものが好きなのです。

正直に言うと、昨今流行の「ナチュラルに暮らす」「のんびり生活」といった言葉にも 私は少々抵抗を感じるタイプです。 勝手な解釈かもしれませんが、こういった思考の反対は「物欲 (いろんな意味を含めた欲)」なのかな?と思うのですが、もし皆が物欲を失って仙人みたいな生活を送り始めたら国が滅びると思うからです。 が同時に、皆が物欲にまみれてガンガン消費生活を送っていたら、間違いなく地球が滅びるとも思います。

その辺の兼ね合いをどうすべきなのか…

実はこれ、何ヶ月も前から考え続けているテーマなのです。


その答えのヒントになることが得られるかもしれない… そんな気持ちもあって、今回のワークショップに参加させて頂くことにしました。



到着すると同時に出して頂いたお茶。 何を入れてくださったかは…分かりません。 ←すでに失格 057.gif あっさりと飲みやすかったです。

e0166398_1133954.jpg


仕事帰りに伺ったもので、今回はカメラは持っていけませんでした。 残念。 そのため今回は全て iPhone 5sで撮った写真です。 せめて写真だけでもナチュラル感を出そうと(?)、アプリでそれっぽい編集などして頑張ってみましたがいかがでしょう?


頂いたレジュメには、かわしまさんの自然への感謝の気持ちが書かれていて。 まるで詩のような美しい言葉が並んでいました。

食べることは、生きること。 生きることは、命の交換」 のフレーズにジーン… 動物にしても、野菜や果物にしても、私達は何かから命を貰って生きているのだ、と改めて考えさせられて。 かわしまさんの静かで、それでいて力強いメッセージの篭った美しい声に聞き入ってしまいました。

e0166398_1134330.jpg


壁際のディスプレイ。 スタッフの方が海辺で拾ったというビンの中に、雑草が美しく飾られていました。 もはや「雑草」なんて呼んだら申し訳無いような美しさです。 同じ材料でも料理人の腕次第…ですね。

e0166398_1134988.jpg


ワークショップの始めに、参加者(大半が韓国の方)がひとりずつ自己紹介をする時間があったのですが、揃った皆さんは私の予想通りナチュラルを愛す、みたいな感じの方々が多かったです。 ぶっちゃけ、ハイヒールを履いてたのは私だけ…。

私の向かいに座った方など、上着を脱いだら裸に近いタンクトップ姿でビックリ。 間違いなくブラはしてなかったような…

「うわっ、この独特の空気… 絶対ヨガとかストイックにやってる人だ… 食生活も絶対ビーガンっぽい…」 と思ったら、案の定、自己紹介の時に 「私は○○と申します。 あ、これはインド名なんですが」 と、なぜかインドのお名前を名乗っていらっしゃいました。 最後、インド風に手を合わせてお辞儀してたし。 (インドの血は一滴も入ってなさそうな、普通の韓国の方です)

とまぁ予想を裏切らない展開に、もはや笑いさえこみ上げてきそうになった私…



自己紹介とイントロダクションが終わった後は、お店から徒歩すぐの場所にあるワウ公園へ向かいました。 我が家からも徒歩で行ける場所だというのに、存在自体を初めて知って。 ここ、本当に美しいです!

e0166398_1135416.jpg


可愛らしい黄色い花を かわしまさんが摘むと… なんと、茎からは黄色い汁がポタリ。 これ、毒なのだそう。 何が食べられる雑草で何が食べられない雑草かを素人が判断するのは かなりハードルが高そうです。

e0166398_11427.jpg


やる気に満ち溢れた参加者の皆さん。 持参したカゴに、ピンときた雑草を入れていきます。

かわしまさん曰く、雑草も人間も同じで、パッと見た瞬間に合う合わないの相性があるのだそう。 見て、「これだ」 と思ったものを摘むのが良いそうですよ。

e0166398_114892.jpg


とはいえ、素人の私には どれが食べられるものか全く想像がつかず… 「あ、かわいい花が咲いてる」 と思って摘もうと思っても、花が咲いてしまっている草は堅くなってて美味しくないからNGなのだとか。

e0166398_1141652.jpg


いっぱいカゴに入れてる方々も多かったけれど、結局私はこれだけしか摘めませんでした。 しかも、食べられない花がほとんど。

e0166398_1142119.jpg


そうそう、かわしまさんが住む沖縄では 「今の自分の身体に必要な効能を持った野草が、家の庭に自然と生えてくる」 と言われているそうです。 不思議な、素敵なお話ですね。 オーナーさん曰く、韓国でも全く同じ事を言うのだそう。

そう考えると、ますます家に感謝して愛してあげなければいけないという気持ちにさせられます。



同行していた雑誌社のカメラマンさんの要望にこたえてポーズをとるかわしまさん。↓

e0166398_1142760.jpg


ワークショップを紹介してくれた友人にこの写真を送ったところ、かわしまさんも御覧になったそうで 「よう子さん、この写真とても気に入ってましたよ」 とメッセージがきたので嬉しかったです。016.gif ちゃんとした一眼レフを持っていけなかったのが、返す返すも残念です。



散策を終えた後はカフェに戻り、雑草を使ったお料理の実演タイム。

地面から摘んでいた時は正直 「ええ~っ、これを食べるの?!」 と思ったのですが (例のインド名の方を含め、摘みたてを洗わずパクッと口に運んでいた方々も大勢いらっしゃいましたが)、こうやってお料理の材料になっているのを見ると、ごく普通の美味しそうな食材に見えてくるから不思議です。

e0166398_1143243.jpg


Suッkaraの店員さん達は皆さん徹底してナチュラルな雰囲気で、お店の雰囲気とピッタリ。 どなたも本当にお店を愛して大切にしているんだな…というのがひしひしと伝わってきます。

働いている方達に愛されているお店って、何というか 空気からして違いますよね。 文字通り癒しの空間です。

e0166398_1143716.jpg


雑草尽くしのお料理がこちら。 素敵!! 美味しそう!! 038.gif

e0166398_1144366.jpg


雑草…なんていうと抵抗がありますが、入っているのは私達にも馴染みが深い 「なづな」 とか 「はこべ」、「オオバコ」、「ヨモギ」 などなど。 その他、色んな種類の草が入っていました。

メニューは、草粥、草の白和え、草のそうめんチャンプルー、草のかき揚げ (にんじん、さつまいも)、草トマトソースの茄子煮込み。 草尽くしだけれど油も使ってたりするので、思った以上にヘビーでお腹がいっぱいになりました!

e0166398_1145084.jpg


食後には、自分が好きな葉(ミント)を入れたお茶と、自家製のヨーグルト。(多分)
一緒に参加していた友達は仕事のため、少し早めに退出。

e0166398_1145615.jpg


最後にまた一人ずつ感想を言う時間があったのですが、私は少し考えた後、正直な気持ちを話しました。

かわしまさんに教えて頂いた通り、雑草と目を合わせながら触ってみたりして「自分と合う子」 を探してみたけれど、やっぱり私にはピンとくる草は無かったんです。 頑張って摘んだいくつかの草(と花)を手のひらに乗せてじっくりとパワーを感じてみようと思ったのだけど、何も感じられなくて…

公園を歩いていても、私の目に入るのは 我が家にあるベンジャミン君(植木)を髣髴とさせるような大きな葉っぱをつけた大木とか、今の季節にソウルのあちこちで美しく咲いている赤い薔薇の花ばかり。

地面にしゃがんで一生懸命に草を観察して摘んでいる皆さんの後ろで、そっと薔薇の花びらを一枚取って手のひらに乗せたら、こんまり先生じゃないけど 「ときめき」 を感じました。 あぁ、やっぱり私はこちらが好きだ、と。

e0166398_115236.jpg


そんな話を、なるべく失礼の無いように言ったつもりなのですが… 失礼になっていないといいのだけれど。 参加者の皆さんも、すごく真剣に聞いてくださっていてありがたかったです。

その場で 「とても楽しかったです!」 と適当なことを言って済ませるのは簡単だったのだろうけれど。 でも、この日感じたかわしまさんの真剣に自然と向き合うお姿とか、生きている全てのものに対する感謝の心や愛情を素直に表現していらっしゃる様子を見て、私もウソを言ったらいけない… そんな風に思ったのです。



雑草に対しては、やっぱり私は興味を持てなくて残念にも思ったのだけれど… 今の私はそれでいいのかなとも同時に思いました。

今の私はまだ色んな欲とともに成長して 押せ押せで人生を構築していくステージにあるため、華やかな花からの方が確実にエネルギーをもらえるのだろうと思います。 (「今の私はパワーチャージが必要だな」 と感じると必ず花市場に行き、美しい色合いの花を部屋に飾るようにしています。)

けれども私も間違いなく10年後、20年後には歳を取り、今とは違う価値観で生きることになるでしょう。

そんな時、足元に健気に咲いているタンポポやクローバーに ふっと目が行く日が来るのだろうな…ということも確信しています。



上手くまとめられなくてもどかしいのですが… 改めて「命」のこと、「どう生きていくか」を考えさせられた素晴らしい時間でした。

かわしまよう子さん、スタッフの皆様方、本当にありがとうございました。 056.gif


かわしまさんは日本でもワークショップをなさっているようですので、皆さんももしチャンスがあれば参加なさってみてください。 大いにインスパイアされること間違いなしです。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-05-28 00:00 |     生活雑記

ポール・ポッツの半世を描いた映画 「ワン・チャンス」 を観賞♪ @新村CGV

e0166398_23455779.jpg


週末、SY(夫)と久しぶりに映画館に行ってきました。 朝、テレビで偶然 映画の情報番組が流れていて、「あ、こんなのあったんだ」 ということで行ってみることにしたのです。016.gif

観たのは 「ONE CHANCE (ワン・チャンス)」、オペラ歌手のポール・ポッツさんの半生を描いた映画です。 韓国では今月13日から上映になりまして。 日本でもちょうど今月公開だそうです。

e0166398_2346390.jpg


ご存知の方も多いと思うので説明は簡単にだけしますが、ポール・ポッツさんというのはイギリスの人気オーディション番組 「ブリテンズ・ゴット・タレント」 の優勝者。

子供の頃からイジメられっ子で冴えない風貌の彼は、オペラ歌手になる夢を持ちながらも 携帯電話の販売員に甘んじる生活を送っていましたが、ある日オーディション番組に出て優勝し、プロのオペラ歌手として成功を収める…というサクセスストーリーです。






「アメリカン・アイドル」 でもお馴染みの辛口審査員、サイモン・コーウェルも絶賛した、一次審査はこちら。





荒川静香さんで日本でも一躍有名になったトゥーランドットの 「誰も寝てはならぬ(Nessun Dorma ネッスン・ドルマ)」 を歌っていますが、まさに鳥肌モノです。

最初はバカにした様子だった会場の観客や審査員達の表情が、驚きと賞賛に変わっていく様子が爽快♪




この日は新村に用事があったので、そのまま新村のCGVで観ることにしました。

新村のCGVは一見普通のビルですが、内装がなかなかオシャレだったり ちょっぴりアメリカっぽい雰囲気(?)で楽しいんです。 私も何度か行ってますが、結構オススメの映画館かもしれません。

地下鉄2号線の新村駅4番出口を出て、大通りを梨大方面へ5分ほど進んだ左手にあります。 →地図

e0166398_2346868.jpg


メインエントランスの2階には、かなり大きめの 「ポップコーンファクトリー」 が。

この記事の最初の写真に写っているポップコーン&ドリンクもここで買ったものです。 私はもっと小さいサイズのものにして欲しかったのですが、SYに任せたのが悪かった… 「このサイズしか無かったよ」と言ってましたが、そんなワケ無いじゃん!047.gif

写真で見ると分かり難いと思いますが、かなりのビッグサイズです。 (本場アメリカなんて恐らくこれでもスモールサイズなんでしょうね…)

e0166398_23461445.jpg


ちなみに映画のチケットは1人1万ウォンでした。 数年前までは確か7000ウォンぐらいだったはず…。 週末価格だったのか根本的に値上がりしたのか分かりませんが、これじゃ日本のレディースデーに観るのと全然変わりませんね。 ビックリしたー042.gif

e0166398_23462031.jpg


肝心の映画ですが、「なんか作り過ぎだな」 と思う部分も多少あったものの、全体的にはなかなか良かったです。 103分と短めだったのも良かった! 笑

個人的にはイギリスの普通の街並みがたくさん映っていて、それだけでジーンと幸せな気持ちになりました。 さらに、途中で出てくるヴェネチアの美しい街並みにもうっとり…。 これはビデオよりも映画館の大画面で観た方が断然良いですね。


それから、子供の頃からイジメられっ子だったポールが、大人になって 少数ではあるけれど温かい人たち (家族や同僚) に囲まれているシーンも深く心に沁みました。

ちょうど昨日、私も 「大人になるとどうしても広く浅くの付き合いが増えて、それはそれで楽しいし そういう付き合いも凄く大切だけど、でもやっぱり少数でいいから心から信頼出来る人達と深い付き合いをしていく人生の方が幸せなんだろうな…」 なんて思っていたところだったのです。

そんなこともあり、不運続きながらも愛情に包まれてきたポールさんの様子にウルッときました。 特に、お母さんと奥さんの理解と愛情に感動… 007.gif


ちなみに映画の中の歌のシーンは、ポールさん御本人の声です。



「英語は聞き取れない」「韓国語字幕を追うのは難しい」 という方は、あらかじめ下の特番を観ておくと9割は理解できると思いますのでご参考まで〜








なかなか面白い映画だったので、在韓の方はぜひ御覧になってみてください。 あ、そういえば土曜日にもかかわらず客席がガラガラでびっくりでした。023.gif

e0166398_23462564.jpg



ついつい現実的に物事を考えてしまいがちな私ですが、今回ポールさんの映画を見て、夢を持ち続けることの素晴らしさというか美しさをしみじみと感じました。 純粋に何かを 「好き」 という気持ちに勝るものはありませんね。

ふっと幸せな気持ちになりたい時や 疲れた心を癒したい時などにオススメの映画です♪ 061.gif


チラッと隣を見たら、SYさんが涙を拭いていたのが可笑しかったな。 ぷぷぷ037.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-03-16 00:00 |     生活雑記

パーソナルカラー診断をして頂きました♪ @cafe homeo, 弘大

e0166398_095996.jpg


皆さんはパーソナルカラー診断というのをご存知でしょうか?

肌の色味によってタイプを4種類 (スプリング、サマー、オータム、ウィンター) に分け、自分に似合う色を診断するというものです。 自分でもインターネットでチェックすることができますが (こちら)、正しく診断できる人もいれば、全然違う結果を出してしまう人もいるそうで、チャンスがあれば一度はプロに見てもらうのが確実とのこと。

e0166398_010825.jpg


友達が カラーコーディネーターのプロの資格を持っている方を知っているとのことで、今回私もチェックをして頂くことができました♪ アレンジしてくれてありがと♪♪

場所はお馴染みホンデのcafe homeo。 席の予約も受け付けてくださいました。 カフェの詳細は過去記事をご覧頂きたいのですが、イギリスの家具メーカーからヴィンテージ調の高級家具を輸入販売しているお店で、ステキな家具に囲まれながらお茶ができるので個人的に凄く好きなお店です。

e0166398_0101740.jpg


薄暗いオレンジ色の光の座席エリアが多いので、実はカラー診断には不向きの環境だったのですが… ^^;

e0166398_0102615.jpg


まずは簡単に 「スプリング~ウィンター」 の4種類のタイプの特徴を説明していただきます。

e0166398_010347.jpg


前日、事前に自分でネット診断したところ、私は最初 スプリングとオータムの微妙なラインで 「どちらかというとスプリング」 という結果が出たのですが、スプリングのキャッチフレーズは、

「カワイイ!!を独り占め★永遠のアイドル女子」 010.gif010.gif010.gif


それは明らかに違うだろう、、、という感じです。。 だって、アイドルって。。。 汗


皆さんに結果をカカオトークでメッセージしたところ、やはり 「yossyさんはオータムでしょう」 的な反応が多かったため、もう一度やり直しまして、、無理やり回答をひとつ変えて 「どちらかというとオータム」 の結果に自分で移行させました。 ←そんな適当でいいのか、、 

オータムのキャッチフレーズは 「ナチュラルで落ち着いた空気をまとった洗練された大人女子」。 
自分でもスプリングよりはオータムの結果の方が落ち着きます。


e0166398_0104111.jpg


診断は、色んな色(色味)の布を顔の近くに当てて行います。

「色」 と言っても、「あなたにはピンクが似合う、似合わない」 という単純なものではなく、同じピンクでもイエローベースのピンクは良いけれどブルーベースはダメとか、原色に近いのは似合うけど白が多く入ってるのはダメとか色々あるらしいのです。

e0166398_0104832.jpg


他の皆が診断してもらってるのを皆で囲みながら 「ほぉぉ~」 と一緒にお勉強。 「イエローベースとブルーベースの見分けがつかない!」 と言ってたお友達が居たけど、確かに難しい!

ちなみに私はイエローベースは似合い、ブルーベースはダメと言われたのですが、元々 青味がかったものは一枚も持っていなかったので、「自然と自分に合う合わないって身に付いてるものなのかもしれないな」 と少しホッとしたりもしました。 ブルーの服は持っていますが、イエローベースのブルーしか持っていないんです。

e0166398_010564.jpg


下の写真は、お友達が私のカメラで 診断を受けている私を撮ってくれたもの 024.gif

普段、自分が写真に写ることは少ないのですが、後姿はもちろん、前からのショットも撮ってもらうとハッと気付かされることが多いですね。 この色は合わないと思ってたのに意外と似合うのかもと気付いたり、逆に 結構好きで似合うと思っていたのにあまりパッと顔に映えない色だったんだなと気付いたり。 (日本でパーマかけたばかりなのに、全然かかってないじゃん!と気付いたり。。)

e0166398_011472.jpg


そして出た結果は・・・ なんと驚きの スプリング!! 056.gif056.gif056.gif


でも、診断してくださった先生も スプリングかオータムかでかなり悩んでいらっしゃったので、私がネットで診断したように、スプリングとオータムの中間なのかもしれません。

今の私のクローゼットは オータムの色味の洋服が大半を占めているのですが、「スプリングの色を取り入れた方がもっと明るく若々しく見える」 とアドバイスされ、これは本当に目から鱗でした。

私は数年前から黒は極力着ないようにして、なるべく明るい色の服を選ぶようにしますが、それでも 「もっと明るい色を!」 と言われたので、これからはもっと意識的に明るい色の服を買うようにしたいと思います。 明るい色味って、買い慣れてないと結構勇気がいるんですけどね… (キャメルも凄く合うそうです)

e0166398_0111181.jpg


それから、数年前からずっと気になっていたこと、「私にはシルバー系の色とゴールド系の色とどちらが似合うか」 という質問もさせて頂いたのですが、

「絶対にゴールド系」 030.gif

と言われました。 ひゃー

実は若い頃は 「ゴールドはおばさんが持つもの」 という感じで好きじゃなかったんです。 でも、30歳を超えてから、自分にはゴールドの方が合う気がしていて… でも、私が持っているジュエリーはプラチナが多く、最近は付けると やや違和感を感じることが多かったので、もしこれから新たに買うならゴールドにしようと思います。 すごくスッキリしました!



カラー診断に加えて骨格診断もして頂きました。 骨格診断をすると、自分の身体の特徴に合うデザインの服や素材が分かります。 骨格には 「ストレート」「ナチュラル」「ウェーブ」 の3種類があり、私は 「ウェーブ」 だそう。 ウェーブはいわゆるフェミニンな服装が似合うタイプです。

私はフェミニンな服装の時の方が褒められるので 「女性っぽい服装を追求していった方がいいんだろうな…」 と自覚はしているのですが、でも ラルフローレンのようなトラッドカジュアルでマニッシュな服装もすごく好きで、服の比率で言うと 「フェミニン5 : マニッシュ5」 ぐらいの割合で持っているんです。

でも、私にはマニッシュは合わないそうです。。 がが~ん。。 054.gif054.gif054.gif



この診断は若干ショックでしたが、でもファッションって 「自分のため」「自分の好み」 が大事な一方で、やはり 「人から見て素敵だと思われる方がいい」 と思うので、これからは診断結果に素直に従いたいと思います。 とりあえず、断捨ろうか迷っていたマニッシュなジャケットは リサイクルボックスに入れてきたいと思います。


友達が持ってきていた超フェミニンのスカート。 「色がウィンターで骨格がナチュラル」 な彼女には似合わなかったのだそう ↓

e0166398_0111754.jpg


「どなたか似合う方にあげます」 と言うので 「ふーん」 と思っていたら、皆さんが一斉に私の方を向いたので 「えええっ!? 私!?」 とビックリ。

でも、プロの方が見ても 皆から見ても、これは私の特徴に合うタイプの服なんだそうです。 071.gif

とはいえ、自分が着心地の悪い服を着るのも良くないし… せっかくのカワイイ服もイタイ感じになりそうで… ということで遠慮しておきました。 プッシュしてくれたのにごめんね。

(その代わり、「絶対似合う!」 と言われた黄色いジャケットは大人しく頂いておきました。 私もピンクベージュのストールをお友達にあげましたよ。 とっても似合ってた♪ 皆で意義のある断捨離が出来て一石二鳥の会でした☆)



自分の持っている服を 全て写真に撮ってきたお友達もいました。 素晴らしい! 038.gif

e0166398_0112416.jpg


こうやってリスト化すると、新たに服を買うときに似たような服を買うのが防げるし、買い足しをするアイテムも迷わなくて済むのですごくいいですね。 私が最近ハマっている断捨離や整理収納系でもこういう持ち物管理の仕方は絶対に良いので、パワーがある時にマネしてみたいけれど…



診断が終わって外に出る頃には、すっかり日が落ちていました。

e0166398_0113146.jpg


想像以上にとてもためになるパーソナルカラー診断でした。 先生、皆さん、ありがとうございました♪
とっても楽しく、そして参考になりました。 断捨離や無駄買い防止にも大いに役立てられそうです。 016.gif


個人的な感想ですが、診断していただくなら少人数よりもある程度の人数でやって頂いた方が、他の方の診断の様子が見られて勉強になると思いました。 今回私達は5人で受けたのですが、皆の診断も見られて凄くよかったです。

日本には こういうカラー診断やショッピングの同行をしてくれるサロンもたくさんあるようですので、皆さんも興味があればぜひトライしてみてくださいね。 (先生ももうすぐ日本に御帰国だそうなので、日本でサロンなどを開かれるようでしたら こちらでもご案内させて頂きますね♪)



e0231876_0251970.png



カラー診断をしていただく前に、cafe homeoから徒歩3分ほどの距離にある cafe sourceでランチをしました。 日本の鳥取に本店があるカフェです。

e0166398_0113827.jpg


1、2階席のある一軒屋カフェですが、2階席が断然オススメです。

e0166398_0114587.jpg


サラダや飲み物もついたランチメニューは9800ウォンから。 お味もちゃんと美味しいですよ♪
今回は食べませんでしたが、デザートのモップル (餅+ワッフル) が美味しくて大好きです。

e0166398_0115377.jpg


こちらはパスタランチ、9800w。 意外と辛かったそうです。 ランチメニューは日替わりのお味。

e0166398_012160.jpg


私はグラタンランチ、11000w。 「熱いので気を付けてください」 とお店の方に言われたのに、熱くなっている柄の部分をモロに掴んでしまいました。。。

e0166398_012936.jpg



なんか色々やる気がでた1日でした。 066.gif ソウルでは特に人との御縁に恵まれ感謝しています。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-06 00:00 |     生活雑記

su・te・ki 韓方石鹸づくり

e0166398_17544143.jpg


もう数ヶ月前のことになってしまいますが…

ヨメコさんのサロンで韓方(韓国の漢方)石鹸を習ってきました。 石鹸づくりには以前から興味はあったものの (本も2冊買って持っている…)、いざ自分で作ろうというと材料を揃えたり云々と結構ハードルが高く、結局は救世主(?)のヨメコさんに教えて頂くことに。



さて。 ウェルカムドリンクで頂いたのは、山に自生している野生の山梨「サンベ」+アップルミント+レモンをブレンド酵素シロップジュース …だそうです。 サンベは喉や気管支の炎症に、血圧の安定にもいいと言われている韓方の生薬なんですって。 (ヨメコさんのご説明をそのまま丸写しのワタシ…)

e0166398_1755415.jpg


そして、ご用意いただいたランチはこちら。 レストランではありませんよ~ こんなお料理を、色んな材料が揃え難い韓国で作れちゃうなんて素晴らしすぎます。 統一感のある食器も素敵でしょう? ← なぜか私が威張る

e0166398_17551726.jpg


さつまいもとヒヨコマメのモロッコ風サラダ。

e0166398_17552663.jpg


まるごとトマトのスープ。(こういうあっさりスープ、大好き。)

e0166398_17553637.jpg


鳥もも肉のハーブ焼き。

e0166398_17554510.jpg


パプリカのペーストとタプナード(←何??) が添えられたパン。

e0166398_17555961.jpg


サロンにお連れした韓国人の奥様2人も大感激♪

e0166398_1756879.jpg



お腹が満たされて十分満足したところで (私にとってはこれがメインの目的となりつつありますが…)、この日の本番、石鹸づくりのスタートです。

e0166398_17561664.jpg


私が持っているマルセイユ石鹸づくりの本などを見ると、作るのにかなりの行程を経なければならず、時間がかかって大変そうなのですが、ヨメコさんのサロンで教えて頂けるのは 市販のCP(コールドプロセス)ソープベースを使用して 手でこねるだけのもの。 短時間で作れてストレスフリーなのです。 ←ここ大事


ソープベースは、オーガニックのアボカドオイル、アルガンオイル、ザクロCO2オイル等が含まれており、とても高品質のものだそう。 そこに、自分の好みの生薬韓方パウダーと精油を選んで混ぜていきます。

e0166398_17562544.jpg


ソープベースを手で一生懸命練って広げるのですが、これ ↓ どう見ても中華料理で出てくるスナック…

e0166398_17563443.jpg


マーブル状にするため、編みこみにして形を整えます。 これ ↓ どう見ても和菓子…

e0166398_17564177.jpg


じゃ~ん☆ こんな感じに美しく仕上がりました。 少しの間乾かしておきます。 実際に使用できるのは、2週間後ぐらいからだそうですよ。 どれもすごく美味しそうな色合い♪

e0166398_17564963.jpg


ラッピングは、ヨメコさんが韓方薬材を主原料として染色を施されたリネンを使用。 贅沢ですよね☆

e0166398_17565919.jpg


こんな感じで完成です。 自分で使うには もったいなさ過ぎる完成度。 お友達へのプレゼント用に作っても喜ばれそうですね♪

(な~んて余裕なことを書いていますが、石鹸をコネコネする段階で体力を奪われてグッタリだった私…。 「ワタシにはハードルが高すぎます」 と言っていたら、ヨメコさんに 「あれ? でもyossyさん、石鹸の本を買ったって言ってましたよね?」 と言われてしまいました~。 皆さん、記憶力が良過ぎです、、)

e0166398_17572299.jpg


無事に石鹸づくりを終えた後は、もうひとつの楽しみであるティータイム。 ラムとスパイスが効いた、大人のチョコレートケーキでした。

e0166398_17573285.jpg



この日のティータイムは、韓国マダム達の 「リアルな韓国子育て事情」 を聞いて、感心したりヒェェ~となったり。

私も教育現場に身を置いているので ある程度は韓国の教育事情について知ってはいますが、小さい子たちの教育についてはあまり知らないので、色んな話を聞けて面白かったです。 「韓国の子達って生きるの苦しくないかな、、」 と少し心配してしまいましたが…

韓国はこれから10年後、20年後、一体どんな国に成長しているのかな。


ヨメコさん、いつもながらステキな時間をありがとうございました。 016.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-01-23 00:00 |     生活雑記

ハーブビネガーとバジリコのペスト・ジェノベーゼソース作り

e0166398_493776.jpg


さくさくブログをUPする予定が、またも間があいてしまいました。 現在、東京帰省中です。

インターネット環境は韓国の方が断然便利なのですが、自宅のネット環境に限っては東京の方が上かも…。 wi-fiにしてないので携帯電話が使えず不便はあるのですが、その代わりPCでネットに繋ぐ時は本当に快適! 写真のUPもソウルでは やったら時間がかかってイライラすることも多いのですが、東京の実家は3倍速ぐらいの速さでアップロードできます。


さて、5月のことになりますが、ヨメコさんのところでハーブビネガーとバジリコのペスト・ジェノベーゼソース作りを教えていただきました。

e0166398_494754.jpg


大きい葉っぱちゃんは、ジェノベーゼソース用のバジル。 これだけ大漁のバジルを集めるのはソウルでは本当に大変だったと思います! ハーブビネガー用には、ローズマリー、オレガノ、タイムの3種類をご用意いただきました。

e0166398_494261.jpg


作業に移る前に、まずは美味しいお食事です。 これを楽しみに伺っていると言っても過言ではありません!

e0166398_4951100.jpg


下の写真は、サンタルギの酵素シロップをソーダで割ったもの。 すっきりとして飲みやすかったです。
ほんのりピンクの色がまたキレイですよね♪

e0166398_49561.jpg


パンに塗ったキャビアを練りこんだバターが絶品でした。 (余談ですが、東京帰省時のmust buyアイテムはマーガリンです。 韓国のマーガリンは何度かトライしましたが、全部ダメでした。 値段が安いならまだ許しますが、高くてマズイって。。 バターは恐ろしく高いし。。。)

e0166398_410125.jpg


この日のテーマの 「ジェノベーゼソース」 で和えたポテトサラダ。 私も時々家でジェノベーゼソースで和えたポテトサラダを作りますが (え? 私も料理ぐらいしますよ!044.gif) 簡単にできるのに美味しくて大好きです。

e0166398_410530.jpg


黒トマトのピクルス。 最初 「大きい梅干だな」 と思っていたことはナイショです。。 黒トマトって初めて食べましたが、あっさりしてて甘みもあって凄く美味しかった~。 日本だと凄く高いそうですが、意外や意外、ソウルだと日本より安く手に入るのだとか。

e0166398_4101082.jpg


メインはシュークルート (ハーブビネガーを使った酸っぱいキャベツの煮物)。 ドイツを旅行した時にザワークラウトは食べましたが、それよりもずっと美味しかったです。 お世辞じゃなく、とっても食べやすくて私の胃袋ちゃんも喜んだので、お代わりも頂いちゃいました。

e0166398_4101479.jpg



    お取り分け中。

e0166398_4101927.jpg


おしゃべりしながらの美味しいお食事にすっかり満足してしまいましたが、ここからが本番。

見本と同じようにビネガーを作っていきます。 ハーブとお酢を漬け込むだけの いたってシンプルな作業なのですが、このちょっとした作業が 日々の生活の中ではなかなか出来ないんですよね…

e0166398_4102454.jpg


e0166398_4102875.jpg


ラベルを付けて完成です。 (って、私の分もヨメコさんがやってくださってるし!)

e0166398_4103391.jpg


ふふふ、売り物みたいでしょう? 037.gif

e0166398_4103796.jpg


お次はジェノベーゼソース作りです。

e0166398_4104218.jpg


作り…というか、ほとんどヨメコ先生がやってくださったので、生徒の私達は ほとんど 「ほぉぉ~」 と感心しながら見ていればいいだけ。 とことん楽させていただき、重ね重ねスミマセン。。

e0166398_4104742.jpg


食べる時は、ここに粉チーズを入れて使います。 今まで全然気付かなかったけど、市販のものは最初から粉チーズが入っていたのですね。 全然気付かずに使ってました。

e0166398_4105298.jpg


瓶につめたら完成です。 ジェノベーゼソースが自宅で作れるなんてビックリですよね。 …というか、作ろうという発想すら持ったことがありませんでした。

e0166398_4105855.jpg


2つ並べてみます。 ジェノベーゼソースは既に使いましたが、手作りだと思うと余計に美味しく感じました♪ お酢はまだ使っていないので、ソウルに戻ったらサラダに使ってみなきゃ。

e0166398_411379.jpg


e0231876_0251970.png



作業の後は (←ほとんど見てただけのクセに!015.gif) これまた素敵なお茶タイムです。

いつも思うんですけど、ヨメコさんには ここまでやって頂いて本当に申し訳無いというか恐縮というか… 一日仕事でお疲れになっちゃうのでは…と心配してしまいます。 でも、この徹底した温かいおもてなしの心に惹かれて、皆さん参加なさるのでしょうね。 私も何らかの形で御恩返しができればいいのだけれど。

e0166398_411887.jpg


デザートはレアチーズクリーム。 私は元来クリーム系がそんなに得意なほうではないのですが、こちらで頂くものは全て刺激の少ない優しいお味なので、いつも美味しく完食してしまいます。

e0166398_4111435.jpg


トッピングがいろいろあって、目移りしました! サンタルギのコンフィチュール、金柑とジャスミン茶のコンフィチュール、ピスタチオにバルサミコソース。 (あわわ、舌を噛みそうです。。。)

e0166398_4111957.jpg



素敵な時間をありがとうございました♪ 次回も楽しみです。 016.gif


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-07-14 00:00 |     生活雑記

素敵なお宅で中国茶の会 part2

e0166398_5161115.jpg


学期末にバタバタしている間にすっかり写真がたまってしまったので、これからしばらくは怒涛のブログUPをしていきたいと思います!

というわけで、本日2本目のUPはこちら。 何週間か前にお誘い頂いて参加させて頂いた、中国茶の会です。 サロンなどではなく、あくまで個人の方の御宅なのですが、本当に素敵でしょう? 外国人の方が多く住む、いわゆるタワーマンションですね。 正直、ソウルで拝見した御宅の中でナンバーワンです。 ここだったら私、一生楽しく韓国で暮らせそうです。

e0166398_5162528.jpg


ブルーが清清しくて素敵なテーブルクロスとランナーは、東大門総合市場で作ってらしたのだそう。 私が大好きな、あのヒヨンさんのお店で縫製をお願いしたそうですよ♪ ヒヨンさんのことは拙著(雑貨本)やブログ諸々でも何度かご紹介していますが、本当に正直で誠実な仕事をなさる方なのでオススメです!

美しいお花たち。

e0166398_5163725.jpg


韓国は日本のように、色んな種類を置いてある花屋さんというのがほとんど無く、ちょっとした花が欲しいとなると花市場のような場所に出向かなければならないんです。 そのため、普段家に生花を飾るということも少なくなってしまうのですが、こちらのお宅に伺って 「たまには生花を飾ろう」 と反省しました。

私がまだ独身の頃、実家にはよく生花が飾られていたのですが、母曰く 「独身の女性がいる家は、生花を飾っておかなければいけません」 とのこと。 あとは、お客様がいらっしゃる時も絶対生花を飾る。 当たり前のようでいて、実は結構大変なことですよね。

毎日を丁寧に過ごすというのは、日々バタバタとした生活を送っている人間にとっては結構ハードルが高かったりもするのですが、逆にだからこそお花ぐらい飾って心のゆとりを持たなければ、とも思います。

e0166398_5164336.jpg


小さなものに至るまで、こだわり抜かれていて本当に素敵♪

e0166398_5165251.jpg


今、もうひとつのブログで台湾旅行記を書いてますが、陶芸の里に行ってきまして。 ここまで凄いセットではないですが、基本的な中国茶の器をいくつか買ってきました。 あまり使いこなせていない気がするけれど…

e0166398_517387.jpg


この日のテーマは 「ニルギリ飲み比べ」。 詳しいことは失念しましたが (えっ!)、ニルギリの紅茶と緑茶をメンバーのお二人が手に入れられたので飲み比べてみましょう、という主旨でした。 私、途中までよく主旨を理解してなくて、とんちんかんな事を言ってしまった気がしますが、その節は大変失礼しました。。

私はお茶の味そのものより 「飲むシチュエーション」 を大切にする人間なので、正直 お茶をいろいろ飲み比べても味の違いなどピンと来なくて非常に申し訳なかったのですが、、素敵な空間で素敵な皆さんとお茶を頂けたということで120%大満足したのでした。 016.gif

e0166398_5172099.jpg


もさもさっとしていてカワイイ♪ 中国茶の道具って、とっても気楽なものも使えるのが良いですよね。

e0166398_5174053.jpg


あまりに素敵な黒のロングチャイナドレス… (日本人の方です。) 玄関でお迎え頂いた時は思わずドキドキしてしまいました。 民族衣装って素敵ですね♪

e0166398_5175139.jpg


この日のメンバーさん、素敵女子ぞろいだったので、手作りでささっと和菓子を作ってらした方もいらっしゃいました。。 手作りで和菓子って凄すぎる…

e0166398_518297.jpg


お味の方は… 日本で食べるより美味しいし! 041.gif

こう見えて私は茶道を6年間やっていたので、結構色々な和菓子も食べましたが、正直 ここまでさっぱりしていて美味しい和菓子はそんなに食べた事無かったです。 ほんと、売り物にしてくださ~い。


色々とご説明いただいたのですが、この葉っぱ (←茶葉と言いなさい!) がどんな発酵状態なのかなどは すっかり忘れました。 でも、茶葉の奥深さだけは物凄く理解しました。 (←薄っぺらい感想でスミマセン、、)

e0166398_518346.jpg


皆さん 御存知かと思いますが…

緑茶も紅茶も烏龍茶も、元々は同じ茶葉から出来ているんですよね。 発酵の状態によって、お茶の種類が変わってくるわけですが、そのほかにも葉の大きさとか諸々色々なファクターによる違いがあり、「お茶の世界にハマってしまったら、本当に学問的に追求したくなるんだろうな」 と思いました。

e0166398_5181587.jpg



素敵な時間をありがとうございました。063.gif


e0231876_0251970.png



そしてまた別の日。

ソウルに来てから本当にビックリするぐらい、「友達の友達は、みんな友達~」 状態が多くて。 上のお茶会とは全く別口で、同じお宅のお茶会に誘っていただきました。 ひゃー、本当にソウルの日本人ワールドは狭いので、変なことをしたらすぐに噂になっちゃいそうです。

(ここからは一眼レフではなく、iPhoneでの撮影です。)

e0166398_519824.jpg


当日、誘ってくれた友達が風邪でダウンしてしまって… 007.gif

誘ってもらった私だけがお伺いするのも申し訳無いとも思ったのですが、きっと御宅では既に御準備くださってるだろうし、私が声を掛けさせてもらったフランス人の同僚も楽しみにしてるだろうし・・・ということで、この日は私とフランス人の同僚の2人だけで お宅にお伺いしてきました。

というわけで、この日の共通言語は全て英語。 さすが海外駐在歴が長い方は、英語ぐらいはペラペラっとお話になれるものですね・・・。 私も久々に長時間英語漬けになりました。



懐かしの(?) 鳥獣戯画の一場面が描かれた懐紙がとっても可愛くて…

e0166398_5191835.jpg


フランス人の同僚も 「これはどういう目的で使うものなの?」 と興味深々&感動していました。


お宅にある食器から家具、調度品ひとつとっても全てにストーリーがあり、歴史があって本当に素敵。 陳腐な言葉ですが、本当に 「素敵」 しか出てこないんです。 お茶を頂いた後、フランス人の同僚は 嬉しそうに家具や調度品を見せてもらっていましたが、彼女も相当芸術家肌の人なので、物凄くインスパイアされていたようでした。

e0166398_5192717.jpg


私はというと、白いポジャギのアンティーク布に目が釘付けになりました!

以前ブログにも書いたと思いますが、私はポジャギを買うならカラフルなものじゃなく白一色が良いと思っていて。 踏十里のアンティーク街などでも見たことがあったのですが、まだ持ってはいなかったんです。 伺ったら、私が想像していたよりは手頃な金額のものもあるようだったので、そのうち見に行きたいと思います。

e0166398_51938100.jpg


日本にお戻りになったら、ぜひ中国茶のサロンをオープンなさってください~
通いたいという方、絶対たくさんいらっしゃると思いますもの。 016.gif

e0166398_5194941.jpg



実を言うと、かなり夏バテ気味でフラフラしていたのですが、お宅に上がった瞬間に目が冴えてシャキーン!としてしまいました。

エナジーチャージ終了。 私も自分なりの素敵な生活が送れるよう、がんばります~


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-06-29 00:00 |     生活雑記

韓国の結婚式 @西江大学

e0166398_1335476.jpg


先日、夫の従兄弟H君の結婚式に行ってきました。
(韓国の結婚式については過去記事の方に少し詳しく書いてありますので、興味がある方はどうぞ♪)

e0166398_134157.jpg


さて。 以前も書いたように、韓国の結婚式は日本人から見たら 「え? これだけ?」 とビックリするぐらい簡単・短時間です。 大抵はベタな感じのウェディングホールで行われますが、お金のある人だとホテル、敬虔なクリスチャンの方だと教会や聖堂で行うこともあります。

今回、新郎H君が挙式を行ったのは、西江大学の中にあるチャペルでした。

e0166398_134764.jpg


西江大学はうちからも近いですし、今までも何度か入ったことはありましたが、こんな素敵な教会があるとは知りませんでした! H君は西江大学出身なので、どうしてもこの教会で挙式したかったようです。

(今更ですが、SYファミリーは皆さんクリスチャンです。 私も韓国に来てから驚いたのですが、韓国ってとってもクリスチャンが多いんですよね。 と言っても敬虔なクリスチャンばかりではなく、SYファミリーみたいに 「お墓は韓国式、法事も韓国式」 な 「折衷派(?)」 も多いようですし、SYのようにクリスマス以外は教会に通わないような 「なんちゃって信者」 も結構いるようです)



結婚式の前日の夜、新郎H君から電話がかかってきてSYは受付係を頼まれていました。 前日の夜にお願いって、どんだけテキトーなの?! と驚きましたが…

e0166398_1341599.jpg


ちなみに結婚式のお祝い金は、お友達の場合は5万ウォンぐらいかな? 今回うちは他の親戚に言われた通りに夫婦で20万ウォン出しました。

ご祝儀袋も白いシンプルなものを使います。 自分で買わなくても受付にドーンと準備してあるので、その場で入れて渡してもOKな気軽な感じです。



チャペルは凄くシンプルで、木のぬくもりが感じられる素敵な建物でした。 天井の白い蛍光灯だけがちょっと邪魔だったけれど、私は凄く好きなタイプの素朴で温かみのあるチャペルでしたよ。016.gif

e0166398_1342244.jpg


特別にバババーン!という感じも無く、新郎新婦がいつの間にか入場。 新婦のAちゃん、とってもキレイでした。016.gif Aちゃん、中学校の英語の先生なので、生徒さん達も制服を着て参列していましたよ。 私も(一応)教師なので、ああいう場面ってジーンとしちゃいますね…

蛇足ですが、韓国の教員任用(採用)試験って物凄く難しくて倍率が高いんです。。 まだAちゃんに 正規雇用なのかは聞いてないですが、もし彼女が任用試験にキチンと合格して正規で働いてる人なら、本当に尊敬しますっ (以前、彼女と英語で話したことがあるのですが、物凄くキレイな発音で文法も素晴らしかったです)

e0166398_1342995.jpg


ところで、このAちゃんが我々親族に紹介されたのは、2月の旧正月の時だったのですが、親戚があれやこれや煩かったんです。。^^; ぱっと見た感じ 「ちょっと派手なのが好きな子なのかな?」 という感じはしたものの、私は特に悪い印象は持たなかったのですが、大叔母さんが 「彼女が着てるあのジャケットがイヤだ」 と言ってみたり、皆さんやたらと私に 「どう思った?」 と質問してきたり…

私が 「良いと思いました」 と言ったらしつこく 「本当のことを言いなさい」 と何人もの人に言われたのはどういうことなのでしょう? (まぁ、そういうことでしょうね…)

別の日、また大叔母さんが私に 「AとM(新郎H君の弟、S君のお嫁さん)はどっちがキレイだと思う?」 と聞いてきたので、「2人とも可愛いですよ」 と言ったら、またまた 「本当のことを言え」 と言われまして。 本当に2人とも違った可愛さを持っている人達なので、「本当に2人とも可愛いと私は思います」 と繰り返したら、またまた「本当のことを言え」 と言われ…057.gif

e0166398_1343620.jpg


私が割とハッキリ意見を言うタイプだから聞いてくるのか、はたまた私が外国人だから 皆が言いにくいことを私に代表して言わせようとしたのかは分かりませんけれど、あまりにしつこく聞かれたもので、

「新郎H君と弟S君の兄弟が もしハンサムな韓流スターだったら奥さん達の顔も他人にあれこれ言われても仕方ないと思いますが、H君もS君もスターじゃなく一般人ですから、奥さん達の顔の事だけ言うのは失礼ですよ」

と言ったところ、「そうだ、yossyの言う通りだ。」 と大叔母さん。

「ほっ、やっと分かってくれたか…」 と思ったら、「確かにHは醜い顔だ。 皮膚のニキビ跡がヒドい。 でもSはそんなに悪い顔じゃないだろ」 ですって。。 私の意図したこと、全然理解してないし。。。

e0166398_1344284.jpg


まぁアレです。 親戚づきあいは細く長くなので、冠婚葬祭等やるべきことはちゃんと抑えて、後はつかず離れずでお付き合いするのが一番ということですね。 ^^;

e0166398_1344935.jpg


流れるように美しい発音の神父様のお話が終わった後、両親が出てきて挨拶。 ハグとかしちゃうんですねー。 よく韓国の結婚式で見る 「新郎が土下座」 のシーンは無かったですが、私は土下座より両親とハグの方が何か温かくて好きです。016.gif

e0166398_1345523.jpg


下の写真を見て頂くと分かるように、ゲストの皆さんの服は とってもカジュアルです。 韓服を着ているのは近い親戚だけ。 私の立場では韓服は着ても着なくても良いようです。

e0166398_135334.jpg


式が終わったらゲストの方々はダダーッとブッフェの食堂へ流れます。 韓国の方々、本当にブッフェがお好き… 今回は大学内の食堂だったので、お味は本当に想像通りと言いますか、正直、物凄く物凄い味がしたのですが (なんじゃそりゃ)、中高年の皆さんは 「量が多い」 ということに大満足のようでした。

ほんと、「量」 って韓国では凄く大事みたいです。

私とSYは東京の目黒雅叙園で結婚式をしたのですが、相当食事の量が少なく感じたようで、この日も皆でブッフェを食べながら 「SYとyossyの結婚式の時は、会場も豪華で素晴らしかったし 料理の見た目も凄くきれいだったけど こ~んなに量が少なくて全然食べた気がしなかった! 結婚式の後、皆でステーキを食べに行ったもの」 と大笑いしていました。。

以前ブログかツイッターに 「韓国の人達には分かりやすさが一番だから、ゴージャスに見える目黒雅叙園にした」 と書いた気がしますが、ほんと、自分のこだわりなんか全部捨てて 「分かりやすさ」 を追求しないと韓国の中高年の方々に御満足は頂けないのだと改めて感じました。 とほほほほ。。

e0166398_135997.jpg


式の後、新郎新婦と親族は祭壇の前で記念撮影を。

e0166398_1351582.jpg


Mちゃんの韓服が可愛かったので撮らせてもらいました♪

e0166398_1352162.jpg


ブッフェを食べて、食べ終わったらお客さん達は勝手に帰宅します。

新郎新婦と親戚は、ペペクという伝統的な儀式をするために、「ペペクルーム」 へ移動。 この写真だけ見ると凄く厳かそうに見えますが、常に人がバタバタ出入りしているし、ざわざわおしゃべりもしているので、そんなに厳かでは無いです。(過去に見たペペクは皆同じでした)

e0166398_1353675.jpg


年長者に挨拶をして、他の親戚にも順番に挨拶をしていきます。

e0166398_13543100.jpg


ところで、SYママに 「yossyは韓国の結婚式は初めてじゃないわよね? 従兄弟のHの結婚式に出てるから2度目?」 と言われましたが、2度目どころか8度目です。。

韓国の結婚式は割と誰でもウェルカムなので、ちょっとした知り合い程度でも気軽に皆さん行くんですよね。 ご祝儀も日本ほど高くないですし、気張ってオシャレする必要も無いので本当に気軽です。(ちなみに私はワンピにパールを合わせる事が多いです)

少人数の式も素敵ですが、お祝い事は大勢でするのもとても良い事だと思うので、韓国のワイワイという感じの結婚式も結構好きです。024.gif 結婚式は本人達の大切な思い出にしなきゃいけないのは勿論ですが、私の中では 「家と家との繋がり」「家族の行事」 みたいな意味合いも強く感じているので、余計そう思うのかもしれません。

e0166398_1355049.jpg



この日は親戚の皆さんに 「さ、さ、前に出て写真を撮りなさい」 と気を遣われたり(?)期待されたり(?)したので、かなりたくさん写真を撮りました。 SYママに頼まれて、韓服を着た皆さんの集合写真を撮ったりとか。 (プロのカメラマンさん達も2人居ましたが、新郎新婦を撮るので忙しかったのです。)

結婚式が終わってから数日後に写真を整理して、スマホから皆さんに何枚かベストショットを送ってあげたら、SYママが即電話をくれて、「こんなに素晴らしい写真を送ってくれてオモニは感動した! ウリミョヌリ(うちの嫁=私の事)は最高だ! 一番だ! オモニはこの写真を携帯のフォトアルバムに大切に保存するから!」 と恥ずかしいぐらいベタ褒めしてくれたので、ちょっと嬉しかったです。 SYママって本当に褒め上手なんです。016.gif

人間褒められると悪い気はしませんから、単純な私はこれからも私はSYファミリーの一大事(?)にはカメラマンとして頑張ろうと思います。。 今回は外付けフラッシュなどは一切持って行かなかったのですが、次回はちゃんとフラッシュも持って行こうと思います。

…って、次結婚するのは誰??? 027.gif


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-05-30 00:00 |     生活雑記


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル