カテゴリ:    日本帰省( 37 )

北海道旅行 part2、ちょっと足を延ばして小樽へ

e0166398_13353366.jpg


夏の北海道旅行記、続きを簡単にUPさせて頂きます。016.gif


せっかく札幌に行くのなら、少し足を延ばして他の都市にも行ってみたいですよね♪

というわけで、最初候補に上がったのはラベンダー畑で有名な富良野。 でも色々調べてみたら、意外と移動時間がかかることが判明して… 短い滞在期間で移動時間が長いのは勿体無いかもと思い、友達のアドバイスも参考にして小樽に行ってみることにしました。 結論、小樽は凄く良かったです♪

e0166398_13354214.jpg


途中、すぐ真横に海が見えて感動しました。 ちょっと懐かしい雰囲気の海水浴場の脇も通ったり、ローカル感たっぷり!

(それで思い出しましたが、札幌市内の川沿いには上半身裸の男性がぞろぞろ居て ジョギングしたり日光浴したりしていたのですが、札幌では上半身裸っていうのは結構アリなんでしょうか!? ドキドキ…)

e0166398_13354922.jpg


そしてあっという間に小樽に到着。 駅前はごく普通な感じでしたが、バスに乗って小樽運河の近くまで出たら 「テレビや雑誌で見たことある!」 という例の情緒溢れる観光地らしい景色が広がっていました。

e0166398_13355833.jpg


札幌同様、小樽もまたとても暑かったので、まずは運河沿いの 小樽ビール小樽倉庫No1 なるビアレストランでひと休みすることに。(お腹がすくと不機嫌になるSYなので、先に満腹にさせておき、私は後でゆっくりウィンドーショッピングをしようという魂胆…037.gif

途中、こんな建物がありました。 「倉庫」 って、分かり安すぎてツボ…!! 笑

e0166398_1336693.jpg


「小樽ビール」 の文字が鏡文字になっているトラック。

e0166398_13361666.jpg


思ったよりもずっと広い店内。 雰囲気的に、ここは昼間よりも夜行くべきですね~。

e0166398_13362723.jpg


ドイツ人らしき職人さんが、何人かのお客さんを相手にビールの製造過程について説明していました。 30分ごとに無料の醸造所見学も実施されているようなので、時間に余裕のある方はぜひ。

e0166398_13364032.jpg


メニューには 「ハムは目の前で切ってくれる」 とありましたが、フツーに厨房からお皿に乗って出てきました。。 普段はあまりビールを飲まない私ですが、さすがにこの時はビールを注文。 今回の旅行は北海道だけに、ビールは私にしては結構飲んだと思います。 (SYなんて、もうハンパ無く飲んでました。^^;)

e0166398_13364841.jpg


小樽ビール、雰囲気も良かったし、想像以上に満足でした。 ここはかなりオススメかも♪


腹ごしらえした後は、ショッピングストリートの 「堺町通り」 をぶらぶら散歩。 駅前でバスの1日乗り放題券を買ってしまいましたが、あれは全く不要ですね。。 だいたい徒歩で周れてしまいます。

e0166398_13365663.jpg


キャンドル工房、とってもステキな商品が多くてかなり惹かれました。 キャンドル関係は家にたくさんあるので我慢して見てるだけにしましたが、とっても辛かったです!><

e0166398_1337512.jpg


「お父さん預かります」。 003.gif

e0166398_13371220.jpg


風情のある建物のカフェやレストランが多い小樽の中でも、特に目を惹いた 「さかい家」 さんに入ってみることにしました。

e0166398_13372085.jpg


古民家風の建物で、なんともレトロな雰囲気が漂います。 鎌倉にもこういうお店ありそうだな…なんて思いながらキョロキョロ…

e0166398_13372768.jpg


半個室のようになっている席では、男子6人組が甘味を食べながらおしゃべりしてました。037.gif

e0166398_13373642.jpg


こういうカフェに入ったら大人しく(?) 甘味を注文しなきゃね☆

e0166398_13381822.jpg


SYは抹茶のセットをオーダー。 (彼は抹茶もフツーに飲めます。 彼が苦手なものは梅干と納豆ぐらいなんじゃないでしょうか)

e0166398_13383055.jpg


お茶で一息入れ、更にてくてく歩いていたら、六花亭の路面店に辿り着きました。 昔、よく皆でお取りよせ(メールオーダー)したんですよね…。 懐かしい。

札幌市内のデパートに入っていた店舗でも買いましたが、ここの路面店はなかなか立派で見ごたえもありました。(品揃えは特に違わなかったようですが)

e0166398_13385090.jpg


六花亭の隣にあった 「北菓楼」 というお菓子屋さんで、おかきを色々買いました。 初めて聞くお店でしたが、きっと現地では有名なお店なんですよね? ここのおかきがと~っても美味しくて、SYママはじめ韓国の皆さんにも大好評でした!016.gif

正直に言うと、震災以来 韓国の方々へのお土産には食べ物は避けているのですが (報道のせいもあるでしょうが放射能に対する恐怖を感じている人は多いので、本当は大丈夫だと思っても念の為…)、北海道なのでやっぱり食べ物のお土産を渡すことにしたんです。

e0166398_1339267.jpg


そして、これまた私は初めて知ったのですが、小樽を代表するスイーツ専門店 「ルタオ」 のお店もあちこちにありました。 「ルタオ」 って、「小樽」 を反対から読んだだけ…? ナイス過ぎるネーミングです!

e0166398_13391218.jpg


ルタオはドゥーブルフロマージュというチーズケーキが有名なんだそうですが、ピース売りはしておらず、ホールでしか買えないのだそう。 店内のカフェで食べることも出来たのですが、お腹が空いていなかったので仕方なくホールを買って札幌に持ち帰ってきました。

食べた感想は、「美味しいけど…けど… そこまで大騒ぎする感じでは無い気がする…」。(ゴメンナサイ) 1度食べられたので、満足です。

e0166398_133923100.jpg


六花亭の近くには、北一硝子のアウトレット店もありました。 「わけあり」 の赤くて大きな文字が いかにもわけあり~って雰囲気が漂っていて、心の中で爆笑! 003.gif

e0166398_13393589.jpg


アウトレット店は規模も小さくて大したこと無かったのですが、大型店舗の 「北一硝子三号館」 はさすがに見ごたえがありました。 お客さんも大勢いて、さながらバーゲン会場のような混雑。

でも、買いたいと思えるデザインのものは無かったかな… 記念に何か欲しいと思っていたので一所懸命に探したのですが、何となく 「お土産屋さんによくある昔ながらのデザイン」 というイメージがして。 素敵は素敵なんですが、今の私の好みとはちょっと違いました。



凄くよかったのが、「小樽オルゴール堂本店」。 小樽にオルゴールのお店はたくさんあったのですが、やっぱり小樽オルゴール堂さんは品数がハンパじゃないです。 上の階にはスイスのリュージュのオルゴールもありました。 ずいぶん久しぶりに見ましたが、やっぱりリュージュのオルゴールは素晴らしいです!

そう、あれはもう10年ぐらい前の話だと思いますが、友達と夏に上高地帝国ホテルへ行った時、ひっそりとオルゴールが展示されている部屋があったんです。 鍵が掛かっていて、「ご覧になりたい方はお気軽にどうぞ」 とあったのでレセプションに声をかけたら、何と支配人が登場。 展示されているオルゴールは全て支配人の個人コレクションなんだそうで、詳しい説明と共にオルゴールの音色を聴かせて頂きました。

その時に見せて頂いたのが、リュージュのオルゴールでした。 その時から、私の中でリュージュのオルゴールは憧れのような存在に。

「僕は自分の奥さんにリュージュのオルゴールをプレゼントしましたよ。 皆さんも結婚するなら リュージュのオルゴールぐらい買ってくれる男性を見つけてくださいね」 なんて言われたりしたのですが、現実はなかなか… ^^;

e0166398_13394892.jpg


そういえば 意外にもSYもオルゴールに夢中になっていて、「1つ買ってみる?」 なんて言っていたので驚きました。 彼は食欲は旺盛ですが、本当に物欲が無い人なので、そんなことを言うのは青天の霹靂と言いますか物凄く珍しいことなのです。 でも手にしていたのが 「スターウォーズのテーマ」 だったので、即刻拒否しましたが。057.gif

考えてみたら、日本では結構あちこちでオルゴールの館的なお店や美術館を見かけますが、韓国では見かけたことって無いかもしれません。 オルゴールを持っているという人も、少ないのではないでしょうか。 (そう考えると、日本人って結構オルゴール好き??)


e0231876_0251970.png



札幌に戻って、夜はスープカレーを食べました。

e0166398_13395822.jpg




e0166398_1340770.jpg
翌朝は駅の近くのカフェで軽く朝食。 隣に座っていたカップルが、「久しぶり、○週間ぶりだね」 から始まり、しばらくして 「あれから考えたけど…」 と、別れるか、別れないかの話を始めたのでビビリました。。 (後でSYに説明したら、「最後まで聞いてればよかったのに!」 と歯軋りされましたが、嫌ですよ、、)



e0166398_13401674.jpg


最終日の午前中、最後の観光ということで、サッポロビールの工場にも行ってきました。 札幌滞在中、特にSYはさんざんサッポロの生ビールを飲んでましたから、ここはぜひ行かねば!ということで。

宿泊していたクロスホテルからタクシーで行っちゃいましたが、バスなどを乗り継ぐよりずっと早くて便利だったのでお勧めです。 (タクシー代も、確か1000円程度だった)

e0166398_1340265.jpg


建物の上には赤い星のマークが。 北海道庁旧庁舎にも赤い星のマークが付いてましたが、これを見てSYは 「赤い星って、共産主義のマークとは違うの?」 と不思議顔…。 でもこれ、確か、北海道開拓使の徽章なんですよね?

(ウィキペディアに 「赤い星」 の項目がありましたのでご参考まで。)

e0166398_1340364.jpg


工場は見学も出来るのですが、受付の若いお兄さんが韓国語も出来たので驚きました。

e0166398_13404426.jpg


歴代のポスターが展示されているコーナー。

e0166398_13405367.jpg


岩下志麻サマ、お美しすぎます!!056.gif056.gif056.gif

e0166398_1341114.jpg


確か200円程度でビールも飲めます。(おつまみ付き)
3種類を試飲できるセットもあるので、飲み比べたい方はそちらをどうぞ。

e0166398_13411114.jpg


サッポロビール工場からバスでホテルに戻り、荷物をピックアップ。 ホテルのすぐ側の時計台、実はこの時まで見てませんでした。 最後に見る事ができてよかったです。

e0166398_1341205.jpg


そして最後はまたまた空港でラーメン。 安上がりな2人です。

e0166398_13412972.jpg



初めての北海道旅行でしたが、短い期間にも関わらず、とっても楽しめました。 SYは旅行中に仕事しなきゃならなかったりして慌しかったですが、それでも大いにストレス発散が出来て楽しめていたようです。

札幌や小樽もまたリピートしたいですが、今回行けなかった富良野をはじめ、他の都市にもぜひぜひ行ってみたいと思います。 ステキな思い出をありがとう、北海道。 また必ず行くからね★★★ 001.gif


e0231876_0251970.png



飛行機で東京に行き、そのまま私は10日間ほど滞在、SYは3日ほど滞在予定だったのですが 仕事の都合で予定を繰り上げて早々にソウルへ戻ってきました。 ほんと、彼にとっては短い夏休みでした。

ソウルに戻った直後、彼はアメリカ出張に。 一般的に 「アメリカに出張」 なんていうとカッコイイイメージかもしれませんが、今回はクレーム処理(?)での出張。。 もちろん、お気楽に 「お土産には○○お願~い♪」 なんて雰囲気も全く無く、「くれぐれも身体には気をつけて」 みたいな雰囲気でした。 (結局アメリカでは空き時間に映画を観たりして、少しは楽しめたようでホッとしましたが)

e0166398_1341399.jpg


そんな彼の東京での短い滞在中に連れて行った月島。 意外にも もんじゃ焼きは初めてだったようです。 なんともレトロな下町の風景ですが、SYは 「特に路地裏が気に入った」 と喜んでいましたよ。^^


e0231876_0251970.png




さて、ちょっとだけお知らせです。

ソウル本 買いつけ2013 (エイムック 2447)

エイ出版社




私もご協力させて頂いた、ソウルのお土産本、『ソウル本 買いつけ2013 』 が出版されました。

e0166398_15281548.jpg



私はアンケートに答える形だったのですが、何点か商品の写真も提供しました。 どの程度実際に使われているかは まだ本を見ていないので分かりませんが、実家宛に1冊送って頂けることになっているので、冬休みに帰省した時に読むのが楽しみです☆

皆さまも本屋で見かけたら、ぜひ手に取ってご覧になってくださいね♪
(あ、立ち読みじゃなく、ぜひご購入を~041.gif



人気ブログランキングへ ← 今週も頑張りましょう☆ クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-09-24 00:00 |     日本帰省

北海道旅行 part1、定山渓温泉・札幌市内散策など

e0166398_1330422.jpg


プチご無沙汰しておりました。^^;

新学期が始まったり引越しをしたりでバタバタしてまして、ブログをUP出来ずにいました。 というより、引越しのごたごたでカメラをPCに繋ぐケーブルを紛失してしまって…。 (一眼レフを使用しているもので、SDカードを直接パソコンに入れて画像を取り込むことは出来ないんです、、)

本当は順序的にポジャギの記事パート2に行きたかったのですが、先に、既に写真だけブログ内に保存してあった夏の旅行の記事から簡単にいきま~す。


e0231876_0251970.png



8月のことですが、SY(夫)と一緒に北海道へ行ってきました。 北海道旅行が目的、というより、東京へ帰省する際に途中で ちらっと立ち寄った感じです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、JALマイレージで航空券を予約する場合、海外発着だと 「日本国内は乗り放題」 になるんですよね! つまり今回の我々は、15000マイルで東京&北海道にセットで行けちゃった、ということなんです。 本当にJAL様様!でした。 (詳しく知りたい方は直接航空会社にお尋ねくださいね♪)

ちなみに、私の分とSYの分のマイレージは 妹から譲渡してもらったものです。 妹よ、ありがとう。
完全にタダで旅行&帰省をした我々夫婦。(サーチャージは払ってるけど) 姉の威厳無~し! ^^;



e0166398_13305036.jpg
仕事のため、出発の前日は帰宅できなかったSYと金浦空港で待ち合わせをし、どうにか一緒に搭乗。 間に合ってよかったです。

写真のラーメンは、新千歳空港に到着して、空港内のラーメン横丁的なところで食べた味噌ラーメン。 美味しかった~!016.gif



空港でラーメンを食べた後、大急ぎで電車に乗り、札幌駅へ。

到着日は札幌泊ではなく、定山渓(じょうざんけい)温泉に1泊することにしていました。 実は私、「定山渓」 って初めて聞いたのですが、皆さんはご存知でしたか?

e0166398_13305781.jpg


「秘湯の小さな温泉宿」 みたいな場所にも惹かれましたが、SYのために 分かりやすくバーン!とお料理を出してくれて、お風呂の種類もいくつかあるような宿に泊まることにしました。

泊まったのは花もみじという大型ホテルです。 お部屋も驚くぐらい広々としていたし、窓から見える大自然が圧巻!

e0166398_1331542.jpg


エントランスもなかなか立派で、札幌駅から一緒にシャトルバスに乗ってきたお客さん達も 「あら~立派! いいじゃない!」 と喜んでいました。 少なくとも中高年の方々には喜ばれそうなお宿で、家族旅行などにピッタリだと思いました。 (SYママなどを連れて行くなら、こういう「分かりやすい場所」 が良さそうです。^^)

お食事は思ったよりボリュームもあり、SYも満足したようでした。 珍しく、iPhoneで写真を撮っていたぐらいでしたから。



可哀想に、彼はこのとき本当にストレスを溜めていた時期だったので (仕事のせいで 危うく日本行きもダメになるところだった)、1泊目を温泉にしておいて正解でした。 美味しいものを食べて温泉に入った後、「疲れの半分以上はこの数時間で解消された」 なんて言ってました。 温泉パワーって凄いですね!

e0166398_133112100.jpg


定山渓は本当に小さな温泉地で、ゆっくり散策しても小一時間もかからないような場所でした。 驚いたことに、中国や韓国のお客さんがとても多かったです。 皆さん、よくご存知ですね~ 027.gif


ちなみに、私達が泊まった「花もみじ」の系列店である「鹿の湯」もすぐの場所にありましたが、外から見た感じ、花もみじより鹿の湯の方が高級感があって良さそうでした。 もし次回定山渓に行くチャンスがあれば、鹿の湯にしてみようかな?


e0231876_0251970.png



そして翌日の朝。 SYが温泉で日頃のストレスを発散できたところで、予約したシャトルバスに乗って札幌へ。


札幌で宿泊予定のホテルに荷物を預けた後、北海道大学を散策してみることにしました。 職業柄…かは分かりませんが、こういう 「ザ・青春!」 が感じられる雰囲気の場所が大好きです。

大学正門の手前にあるインフォメーションセンターで学内の地図をGETし、併設のカフェでひと休み。 それにしても、学内地図があるって凄いですよね!?

e0166398_13312117.jpg


北海道とはいえ かなり暑い日だったので、あらかじめ見たい場所だけピックアップ。060.gif
韓国語版の地図やパンフレットも置いてありました。

e0166398_13312899.jpg


正門を入ってほどなく、「大志を抱いて」 の石碑が…!!

(石碑の後ろにチラッと花嫁さんが写ってるのですが、分かりますか? ウェディングピクチャーの撮影会をしていたようでした)

e0166398_13313641.jpg


さらにてくてく歩いていくと… ここは本当に大学!? というような素晴らしい景色が広がっていました。

私は自分の出た大学が大好きではありますが、思わず 「こんな環境で勉強できる学生達が羨ましいなぁ… もし私がここで学生生活を送っていたら、どんな人生になっていただろう」 なんて思ってしまいました。 015.gif まずは猛勉強して合格しなきゃね!

e0166398_13314367.jpg


清清しい川のせせらぎを聞きながら読書… ステキ♪ (どんどん膨らむ妄想!)

e0166398_13315121.jpg


「少年よ、大志を抱け!」 のクラークさんです。 さすがに人だかりが出来ていました。

e0166398_13315999.jpg


こういう古くて歴史とロマンを感じる建物が大好きです。

e0166398_13326100.jpg


敷地が広すぎちゃってぇ~♪ 自転車じゃないと次の教室に行けませ~ん♪♪ 024.gif

e0166398_13321435.jpg


最後は、絶対に見たいと思っていたポプラ並木。 柵の中に入ってはいけなかったのは残念だったなぁ…。 正直、想像していたよりは規模も小さくて 「あらら?」 な感じでしたが、それでも見ることが出来て良かったです。

e0166398_13322180.jpg



e0231876_0251970.png



北海道大学を堪能した後は、JRステラプレイスにある有名回転寿司 「根室 花まる」 で美味しいお寿司を食べ (本当に美味しかった!オススメ!)、一旦ホテルへ戻ってチェックイン。

色々調べた結果、駅近で値段とクオリティが見合ったホテルということで 「クロスホテル札幌」 に泊まりましたが、口コミ通りなかなか良いホテルでした。 今まで泊まった中で一番モダンスタイルだったかも。 中高年の方や子供連れの方には分かりませんが、若い人達にはウケそうだと思いました。

e0166398_13323097.jpg


いや… それが、思ったより子供連れのお客さんもいました。 で、このホテルは最上階が大浴場 (温泉ではない) になっていたのですが、SY曰く、「男湯に女の子を連れて入っていた父親が何組も居た」 んだそうで、この話を聞いた私はビックリ! 「日本ってまだまだ平和なんだな~」 と思っちゃいました。



これは個人的な感想なのですが、いくら子供とはいえ男湯に女の子を連れて入るなんて絶対にやめた方がいいと思うんですよね…。 残念なことに世の中には異常な性癖の人も大勢いますし、その「予備軍」の人達だって大勢いるはず…。 そんな輩を煽るような行為は、親として避けなければいけないと思うのは私だけでしょうか。 SY曰く、5歳以上の女の子も居たそうですが、そんな大きな女の子を平然と男湯に入れる親の感性を疑ってしまいます。

もちろん、子供連れで旅行していると 「ママは疲れたから、パパが子供をお風呂に入れてきて」 って事もあるだろうというのも分かります。 それでもやっぱり自分の子供が変態に観賞される危険があるとなれば、3歳を超えるような女児を男湯にに入れたらいけないですよね。 他にお風呂が無いならまだしも、ちゃんと部屋にも内風呂は付いてるんですから。

欧米人が聞いたら 「親が幼児の性犯罪に加担する気か!」 と卒倒することでしょう… 「皆で裸になって楽しく入るお風呂文化」 も、時に慎重さが必要ですね。



話が逸れましたが、お部屋はこんな感じ。 とってもモダンです。

e0166398_13323844.jpg


結局この日の夕方はSYは部屋で仕事。 なんだか聞いてるだけで腹が立ってしまうような酷い働かされ方をしているようで、心が痛みます…



お疲れのSYには せめて美味しいものを食べさせてあげよう、ということで、翌朝は海鮮丼が食べられる市場へ。 私としては朝っぱらからナマモノなんて本当は嫌なのですが、とにかく食べるの命な彼は 「朝から刺身が食べられるなんて最高!」 と大喜び…。

市場の名前は忘れてしまいましたが、必ずガイドブックに載っている場所で、ホテルからも徒歩で行けました。

e0166398_13324515.jpg


朝食を食べた後、ホテルに戻ってSYは仕事。。
私は…何をしていたか忘れました。 寝てたか近所をぶらぶら散策していたかでしょう。



そして夕方。 歩いているうちに、偶然、北海道庁旧本庁舎に到着しました。

e0166398_13325526.jpg


閉館ギリギリの時間でしたが、中に入ることも出来ました。 入館料は無料です。

e0166398_1333355.jpg


クラシックな建物、やっぱりステキです。 意外にもSYが興味を持ったようで、それぞれの部屋の展示物をじっくり見て周っていました。

e0166398_13331164.jpg


夜はラーメン。 札幌といったらやっぱり味噌ラーメンでしょう! (それにしてもラーメン食べすぎ!^^;)
三代目月見軒札幌駅北口店さんです。 普通に美味しかったです。

e0166398_13331974.jpg


大食漢のSYがラーメンだけで足りるわけが無く… 夜の街をぶらぶらしてテレビ塔の夜景を眺めた後、適当に見つけた居酒屋で軽く乾杯しました。 本当は大通公園の夏の風物詩・ビアガーデンで飲みたかったのですが、ちょうど閉店してしまったところで残念でした。

e0166398_13332720.jpg


何だか時系列があやふやになりつつありますが、最後は 「もいわ山」 の夜景をご紹介します。 ケーブルカーに乗って街の夜景を観に行くなんてベタ過ぎるかしら…なんて思いましたが、これがなかなか良かったです☆ 山頂には、プラネタリウムクリエーターの大平貴之氏が開発したプラネタリウム 「スターホール」 もあるので、時間があればぜひどうぞ♪ (規模は小さくてまぁまぁな感じでしたが、久々のプラネタリウムだったので楽しめました)

e0166398_13333643.jpg


ここまで素晴らしい大パノラマが見られるとは思ってなかったので、感動もひとしおです。

e0166398_13334465.jpg



北海道旅行記、簡単にするつもりが意外と時間かかってしまいました。

次回はパート2、小樽編でお終いです。 もう少しだけお付き合いくださいね。016.gif


人気ブログランキングへ ← お久しぶり~の応援クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-09-20 00:00 |     日本帰省

東京帰省時にsu・te・ki なお宅訪問☆

e0166398_21282375.jpg


10日間の東京帰省から戻ってきました。 7月頭のこの時期は、梅雨のシーズンの東京の方がソウルより涼しいですね~。 ただ、私はアレルギー物質にやられてしまい、毎日ゼィゼィ言いながら過ごしていました。。

さて、その帰省中に素敵な方のお宅にお邪魔してまいりました♪ 韓国で生まれ育ち、現在は日本人の旦那様とご結婚なさって日本で生活をしていらっしゃる Chie Mama's Style のhyeranさん(ちえママさん)です~

e0166398_21283012.jpg



実はhyeranさんの旦那様は私の母校に勤務していらっしゃいまして、韓国出張時にソウルでお会いしたり、その後もfacebookで交流させて頂いていたんです。 それとは全く別に、hyeranさんからも当ブログにコメントを頂戴した事がありまして。 …つまり、まさかお二人がご夫婦だとは知らず、別のところでお付き合いさせて頂いてた私!

ある時、ふと ご夫婦で 「ソウルにこんな人(←私のこと) がいてね」 と話しているうちに 「それって同一人物なんじゃない!?」 と気付かれたのだそうです。^^; 世間って本当に狭いですよねぇ、、、



その後、旦那様からご丁寧に 「うちの妻がブログでお世話になっておりまして」 とメールを頂き、「妻は怪しいものじゃありません」 と hyeranさんのプロフィールを事細かに教えて頂きました!003.gif

実はhyeranさん、私が現在ソウルで勤務している大学の卒業生でいらっしゃるのだそう。 しかも学科までドンピシャリで同じ! もう、どれだけ共通点があるの~!?とビックリしてしまいました。

旦那様の文面からは、奥様のことを本当に大好きで自慢に思っていらっしゃるんだなぁ~というのが伝わってきて、「なんて素敵なご夫婦なのー!」 とすっかりファンになってしまったのですが、今回 「奥様ともいつかお会いしてみたいなぁ」 という念願が叶いました☆

e0166398_21283690.jpg


hyeranさんといったら、DIYの達人…。 上の写真の白い棚も、御自分でペイントしてヤスリでゴシゴシし、シャビー感を出されたのだそうです。 凄すぎ!

下の写真の黄色い壁ももちろん御自分でペイント。 フックに掛けられたバッグも御自分で縫ったもので、パールのハンガーも御自分で作られたそうです。 もう、玄関先から開いた口が塞がりませんー!

e0166398_21284219.jpg


こちらの白い飾り棚は、IKEAでご購入なさったものだそう。 ほっ、まさかこれまで御自分でギコギコ作られたものだったらどうしよう、と思っちゃいました。 (いや、でもきっとその気になれば作れるんだろうな…042.gif

e0166398_21285259.jpg


既に玄関先で度肝を抜かれつつリビングに入ると… ひぃぃ~! まるでインテリア雑誌から抜け出したよう!056.gif

e0166398_2129093.jpg


それもそのはず、hyeranさんのお宅は 韓国・日本両国のインテリア雑誌でも取り上げられたことがあるのだそうです。 もうその業界では有名人なのかも。

e0166398_21294490.jpg


名字の頭文字「M」を刺繍したクッションも、もちろんhyeranさんのお手製です。

e0166398_21295147.jpg


e0166398_21295944.jpg


「良かったら、2階もご覧になりませんか?」 とのことで、はいは~い♪♪ と後に続きました。
まずは小学4年生の息子ちゃんのお部屋から。

e0166398_2130792.jpg


・・・・・・・・・・・・。

e0166398_21301353.jpg


・・・えーっと、小学4年生の男子といったら、部屋がしっちゃかめっちゃか~なイメージですけど (ポケモングッズが散らばってたりね!)、こんなピシーッと片付いた部屋で生活している小4男子もいるんですね、、

e0166398_21302078.jpg


・・・と私が言うと、笑いながら 「昨日、旦那も一緒に 『明日はyossyさんが来るんだから片付けないと!』 って大騒ぎして片付けたんですよ!」 と とっても飾らなくて素敵なhyeranさん。016.gif

お掃除(インテリア的に美しく見えるレベル)まで一緒にやってくださるなんて、旦那様、素晴らしすぎます。


ベッドのカバーやピロケースも全てhyeranさんのお手製。 うぅぅ、息子ちゃんってば幸せ者!

e0166398_21302876.jpg


お次は小学6年生の娘ちゃんのお部屋です♪ 思春期真っ盛り(のハズ)の女の子のお部屋にまでお邪魔しちゃってゴメンナサイ~☆☆☆

e0166398_21303559.jpg


壁にはAKB48のポスターが。 小学生らしい趣味に、なぜかホッとする私…。 あ、棚にはリラックマもありますね。(うちの夫もリラックマ大好きです。多分、自分とソックリだからだな…)

エアコンに掛かっているピンクのカバーも、もちろん手作りのもの。

e0166398_21305440.jpg


窓の上の飾り(名称不明…)なんて、まるでカフェ!063.gif

e0166398_2131072.jpg


タンスの上のこの一角、女の子の大好きな色・柄を集めたようで とってもロマンチックでした♪ 積み上げられたケースの一番上のものは、hyeranさんがカルトナージュのお教室で作ったものだそうです。

e0166398_2131658.jpg


もちろんこれらのボックスもお手製のカルトナージュ。

e0166398_21311311.jpg


壁にはフラッグ♪ 娘ちゃんのお友達、遊びに来たらどういう反応するのかなぁ~気になる!

e0166398_21312018.jpg


そして案内されるままにずうずうしくも御夫婦の寝室へ。 こんなラブリーな空間でMさん(旦那様)は寝てらっしゃるのか…と、Mさんのお顔がチラチラと浮かびます。^^;

e0166398_2131323.jpg


e0166398_21314017.jpg


e0166398_21314694.jpg


爽やかな水色の壁も、hyeranさんがDIYでペタペタ塗ったものだそう。 私も薔薇の壁紙のタカシマヤハウス時代 (分かる方だけ分かって下さい…)、鮮やか過ぎるピンクを我慢せずに上から白いペンキを塗れば良かったんだなぁ、と自分の知識の無さを反省しました。

e0166398_21315859.jpg


もちろんイスのカバーも手作り。 こういうカーブのあるカバーを縫うのって 凄く大変ですよね…

e0166398_2132637.jpg


IKEAで人気の白いカーテンに、ブルーのラインが入ったリボンを縫いつけたそうですが、それだけでガラリとイメージが変わりますね☆

e0166398_21321442.jpg


お手製のもので溢れたお宅なので、どこからどこまでが手作りなのか分かりません~~038.gif

e0166398_21322178.jpg


実は、私も実家の自分の部屋のベッドリネン一式をミシンで縫ったのですが (10年近く昔です、、) 全て終わった後に 「こんなに大変な思いをして、しかも結構お金を掛けて作るぐらいなら、買った方が早い」 と悟りまして。。(←人はそれを「つまらない女子」と呼ぶ…)

以来、子供時代から10年以上続けてきた 「手芸女子」 を本当にピタッと止めてしまったんです。 そんなわけで、hyeranさんのお宅を見て周り、これがどれだけ時間と根気の要ることか、ひしひしと感じました。 まさに 「愛の結晶」! もうブラボーの一言です!038.gif038.gif038.gif


こちらが作業場。 ちなみに布は日本で買うこともあるし、韓国のウェブで注文して送ってもらうこともあるのだそうです。 (意外にも東大門総合市場は行った事が無いのだそうです)

e0166398_2132303.jpg


お部屋拝見の後は、サササ~っと素晴らしいお料理を作ってくださいました。 女性の鑑っ 056.gif

e0166398_2132381.jpg


3種類の味付けのチキンも美味だったし、ホタテやエビの揚げ物、そしてピリッと辛味のあるスープも絶品でございました☆ アレルギー症状で本調子じゃなかったもので完食出来ず、本当に申し訳なかったです、、、

e0166398_21325872.jpg


デザートのプレートは、ローラ・アシュレイで購入されたケーキスタンド。 ケーキスタンドなのに 「あまり洗わないでください」 と注意書きがしてあったそうで(笑) 心配しましたが、洗っても足が取れなかったそうです。 よかった、よかった。037.gif

e0166398_2133525.jpg


ところで、一番上に書いたようにhyeranさんは私の勤務校の卒業生でもいらっしゃいます。

そんなわけで、hyeranさんの時代の大学生活について話を伺ったり、私が最近最も興味を持っている就職活動の方法についてお話を伺ったりもしました。 想像はしていましたが、今と hyeranさんの時代とでは、就活もかなり違いますね。 学生達にはもっと大学側が手を掛け目を掛けやっていくべきなのでは、と思いながら自分なりに出来る事をやってきましたけど、色々なことを考えさせられました。



私は自分が出た大学・大学院が物凄く大好きで、もはや「愛053.gif」という域にまで達しているのですが (愛が高じて同窓会の韓国支部の事務担当もやっています)、だからこそ今の勤務校のことも もっともっと盛り上げていきたいと思っているんです。 私が出た大学が今も活気があり 世間からも「良い大学だ」と評価されたらOGとして当然嬉しいわけですが、それと同じ事が 私が勤務している大学の学生達にも当てはまると思うからです。

例えば、hyeranさんは私の勤務校の卒業生ですけど、誰かに 「あの大学ご出身ですか? 就職率も高いですし、社会で活躍している卒業生が多い素晴らしい学校ですよね」 と言われたら凄く誇らしく嬉しいはずです。 反対に、「あぁ、あの大学? 昔は良かったみたいだけど、今はずいぶん評価下がってるみたいだよね~」 なんて言われたら悲し過ぎますよね…。

学生たちがいくつになっても 「あの学校を出た事が私の誇りだ、幸せだ」 と思えるような、たまには母校を訪問したいなと思えるような魅力的な場所にしていくこと…、それが今ここに居る私達がやるべきことですが、そのために教師である自分に何が出来るのか・何をしていかなければならないのか。 それが更に明確になった気がしました。


e0166398_2133127.jpg


上の写真の棚、リサイクルセンターで5000円で購入したものだそうですが、これも白いペンキでペタペタし、ヤスリを掛けてステキに大変身させたそうです☆

e0166398_21332150.jpg



hyeranさんは凄くかわいらしくてステキなのに、こちらを緊張させるような雰囲気は無く、とってもフレンドリーで楽しい方でした♪ お世辞じゃなく、一目見てすぐ大好きになっちゃいましたよ。^^ 外国語として学んだとは思えない、完璧な日本語にも脱帽です。



hyeranさんへ。

お子さんの夏休み前のお忙しい時に ご自宅にお招き頂いて本当にありがとうございました。056.gif

もうすぐ引越しを控えている私としては、大いに刺激を受けました。(刺激を受けただけで、それを実践することは到底難しいのではありますが…) 何でも 「売ってない!」 で片付けるんじゃなく、自分で作り出そうと努力することが大切なんだと学びました。 それが出来るようになるためには、もっともっとセンスを磨かなければ…

次回ソウルにいらっしゃる際には、ぜひ我が家にも遊びにいらしてくださいね。 そして、ビシビシッとアドバイスをお願いします~!



この日のことは、hyeranさんもブログで記事にしてくださってます


e0231876_0251970.png



hyeranさんのお宅に伺う際、何かデザートをお持ちしようと思ったのですが、伺ったのが午前中だったため私の家の近所のお店は閉まっていて買う事が出来ず…。 途中、御茶ノ水で何か買おうと思って下車してみたのですが、御茶ノ水ってケーキ屋さんが全然無い~! やっとみつけた1軒も、まだオープンしてなくて。。

どうしようと焦っていた時、ふと思い立って山の上ホテル へ行ってみることにしました。 結局、お土産に出来そうなものは売ってなかったのですが、でも久しぶりに大正ロマンを感じる素敵なホテルの内部を拝見することが出来て幸せでした。

e0166398_21332937.jpg


そして、hyeranさん宅からの帰り道、数年ぶりに湯島天神へ。 お願い事だけしっぱなしでお礼参りが出来て無かったので、ホッとしました。

e0166398_21333830.jpg




ところで、今回の記事でUPした写真はいかがでしたか?
実はこれらの写真は全て、新しく仲間入りしたカメラちゃんで写したものだったんです☆

Nikon デジタル一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) J1 (ジェイワン) 標準ズームレンズキット ホワイトN1 J1HLK WH

ニコン



J1は 「ミラーレス一眼」 という種類だそうですが、一眼なのにコンデジ並に薄くて素晴らしいですね~ 何より重量が軽いのが嬉しい! 愛用のNikon D80も大好きですが、旅行の時は放り投げたくなるぐらい肩にずしっ、、、とくるので、常々 「軽くて小さくて持ち運びやすいカメラ」 をサブにお迎えしたかったんです。 今まで買うきっかけが無かったのですが、この夏のイギリス旅行中、空港のイミグレで長時間並び 貧血を起こしそうになったことで決心がつきました。。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D80 ボディ

ニコン



J1は、これからカメラを始めてみたいという方にもかなりオススメです。 何て言うか、とにかく簡単! D80は確かに素晴らしいカメラですが、その分自分であれこれ設定しなきゃいけないし、やはり技術が伴わないと難しい点も色々あって。 反対に新しいJ1は 「こんなに何もせずシャッターを押すだけでいいの?」 というシンプルさ。 シャッター音が全くしないのも嬉しい♪

ブログにUPする程度でしたら、このJ1に photoshop(画像処理ソフト) を使えばOKだと思います。 下手に中途半端な金額のカメラを買うより、ちゃんとした画像処理ソフトを使う方が数倍キレイになりますから。 (あくまで「ブログに使用する程度」を前提とした、個人的な意見です~)



人気ブログランキングへ ← パンだの赤ちゃん、残念でした…。 クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-07-12 00:00 |     日本帰省

アルマーニ リストランテ @銀座

e0166398_2302854.jpg


東京帰省中最後の話題は、日韓カップル繋がりの素敵なお友達・Looさんと一緒に行ったARMANI / RISTORANTEです。 Looさんには雑貨本の撮影にもご協力頂いたので (68ページの素敵なお宅はLooさん邸です♪)、御礼も兼ねてお誘いしました。

下の写真は夜に撮ったものなので暗いですが、私達がお店に行ったのはランチタイム。 ディナータイムは高級すぎてとても入れません~っ。^^; 日本の良いところは 「どんなに素敵なお店でも、ランチタイムはぐっとお値段が抑えてある」 というところですよね。

e0166398_2304334.jpg


地下鉄の銀座駅からだと、B3出口からそのまま地下の売場に直結していて便利です。 店員さんに案内されて店内中央部にあるエレベーターに乗り (ちょっとキンチョー)、最上階のレストランへ向かいます。 (下の写真はアルマーニさんのHPよりお借りしました。)

e0166398_2305313.jpg


入口などはさすがにバババーン!という感じですが、フロアに入ってしまうと意外にフランクで寛げる雰囲気。 夜はまた別なんでしょうけど、お昼は窓から明るい陽が射していたからか、リラックスした雰囲気に感じました。 オシャレ度を求めるなら、間違いなくこのお店は夜の方がムーディーで素敵だと思います。072.gif

e0166398_231369.jpg


フロアの中央寄りににはシェルのように背後を覆われたテーブル席もありましたが、私達は窓際の席に通されました。 予約の際に 「席の指定はどうしようかな…」 と迷ったのですが、店内の様子が分からなかったので、特に指定しておかなかったのです。 シェルのような席の方が個性的で楽しそうにも見えましたが、2人よりも3人、4人向きなイメージでした。 (プラス、写真を撮るには窓際の方が良い… ^^;)

e0166398_2311046.jpg


連日の外食のせいでやや胃が重かったので、ドリンクはアルコールではなくジンジャーエールをお願いしました。 「韓国でもないのに何故ストローが2本…?」 と思ったのですが、飲みはじめてすぐに理由が分かりました。 ジンジャーの粒が大きすぎて、すぐにストローが詰まってしまうのです・・・ これ、詰まった時用の予備のストローという意味ですね、きっと。

e0166398_2311820.jpg


ちょっとビックリしたのが、フロアにはイタリア人らしきウェイターさんが何人かいらっしゃったこと! 皆さん、日本語をとても流暢に話していらっしゃいました。 私達のテーブルの担当も、イタリア人の方でした。

e0166398_2312538.jpg


カトラリーもアルマーニのもの。 これらは全て同じビルの4階で購入する事が可能です。 (後学のために、食後4階も見て歩きましたが、大阪弁の男性店員さんがとても親切で感じが良かったです♪)

e0166398_2313191.jpg


パスタは3種類の中から1つをチョイス。 魚介系、チーズ系、トマト系のソースがあったので、2種類を頼んでシェアさせて頂こうと思ったのですが、量が少なくてシェアする感じじゃありませんでした、、 ウェイターさんも一応取り皿は持ってきてくださいましたけど、「シェアする感じでは・・・」 という表情だった理由がよ~く分かりました。

e0166398_2313850.jpg


オレンジ色のお洋服がとっても素敵だったLooさん♪ センスもスタイルも抜群です。

e0166398_2314595.jpg


e0166398_2315234.jpg


メインディッシュはお魚とお肉からチョイスだったので、両方持ってきて頂いて2人でシェアしてもいいかな・・・なんて思ったら、こちらも量が少なくてビックリ。 これは完全に女性向のランチです。

e0166398_2315971.jpg


ウェイターさん、何も言わずにLooさんの方にお魚を、私の方にお肉を置いてくれたので、そのままそれを頂きました。 結果的に、私がパスタもメインディッシュもお肉系を、Looさんは両方ともお魚系を食べたことになりましたが、どちらか交換すればよかったな。

ちなみにお肉はウズラの炭火焼でしたが、ウズラって本当に小さいんですね・・・ 大きなお皿に ちまっ とお肉が乗っていて、その様子が可笑しくて可笑しくて、危うく噴出しそうになりました。(←失礼すぎ!) いえ、本当に、写真で見る以上に小さかったんです!

e0166398_232724.jpg


私は元々そんなに大食漢ではないので足りましたが、しっかり量が食べたい方には向かないお店かもしれません。 でも、ちょっと緊張を伴うようなオシャレな雰囲気は さすがアルマーニ、さすが銀座、という感じですので、話のタネに1度ぐらい行ってみても良いと思いますよ☆ 来ているお客さん達も皆さんオシャレして来ている方が多かったですし、女子力UPにはGOODです。

e0166398_2321493.jpg


食後はタルトとアプリコットのジェラードのプレート、コーヒーor紅茶を出して頂けます。

e0166398_232226.jpg


現在は旦那様のお仕事の都合で東京に駐在しているLooさん。 「東京で生活出来るなんて羨ましい~」 と単純に思ってしまっていたのですが、韓国人である旦那様のサポートをしながら 初めての子育てをする (ご実家は東京から離れた場所)、というのは 想像以上に本当に大変なことだったと思います。 「自分が外国人として韓国に居たときの方がずっと楽だった」 と言ってたけれど、色々話を聞いていたら凄く頷けました。 そう考えると、韓国に来た当初色々と大変だった私をサポートし続けてくれた夫にも感謝しなければ、という気持ちにさせられました、本当に。

e0166398_2323046.jpg


今回はLooさんの 「日本にいるうちにやってみたいことリスト」 色々を聞いて盛り上がりました。 深く納得のものもあり、ええっそうなの!?と驚いたものもあり。 でも1つ言えるのは、彼女が選択していくことは 必ず良い方向へ導かれていくだろうということ。 これからも陰ながら応援させてね。^^


Looさんから出版の御祝いを頂いちゃいました。 「yossyさんのイメージはパープルだったけど、グリーンの香りの方が好きだったからこっちにした」 のだそうですが、グリーンの小物も大好きなので嬉しい♪^^ 香りも爽やか&ゴージャスで とっても気に入りました、ありがとう~♪ ガラスの瓶の上にかかっているチャームは、自分でカスタマイズして組み合わせることが可能なんだそうです。 勿体無くてとても使えないですよね!

e0166398_232381.jpg


確かこれ、Looさんのお宅でも見た気がする・・・と思って過去記事の写真を見てみたら・・・ありました! 念のために言っておきますと、これはインテリアショップのショールームではなく、Looさんの東京のお宅です。↓ 我が家ではこんな素敵にディスプレイすることは不可能ですが、ちゃんとコンソールの真ん中に置かせて頂きました。

e0166398_1263613.jpg


長々と書かせて頂いた東京滞在中の記録ですが、ひとまずこの辺で一段落させたいと思います。 他に撮った写真もあるのですが、また機会があればその時にでも。

e0166398_2324561.jpg


今回は10日間という短めの東京帰省でしたが、その分とても密度が濃かった気がします。 友達と会うのはもちろん、ちょうど東京に旅行で来ていた教え子とも会えたし、恒例の母校訪問をしたり、もちろん家族とも久しぶりに色んな話をして過ごしました。 「もっと居たいな」 と 寂しく思う前に慌しくソウルに戻ってきてしまったので、ある意味良かったような気もします。

でもさすがに5年近く韓国で暮らしていると、何だかんだ言って この国に対する愛着が深くなったと感じます。 以前なら 「ああ、またここでの生活が始まるのか…」 と憂鬱になったものですが、今は 「ただいま!」 とホッとしますし。 飛行機が金浦空港に着陸した瞬間、「自分がこの国にお世話になるだけじゃなく、自分もこの国にきちんと貢献していける人間になろう」 と、身が引き締まる思いがしました。 思うだけじゃなく、きちんと実行に移していかなくちゃね…。 というわけで、今年も自分なりに前向きに頑張っていきたいと思います!


次回からはまた、気ままなソウルブログが始まります。


人気ブログランキングへ ← 東京健忘録も楽しんでいただけましたら・・・クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-02-02 00:00 |     日本帰省

風花 @コンラッド東京

e0166398_161554.jpg


日本に帰省した時の大きな楽しみの1つが、気心の知れた旧友達とのおしゃべりです。 いつもオシャレなお店をピックアップしてくれる人達なのでそれも楽しみなのですが、今回もいくつか挙げてくれたお店の中から、「静かに落ち着いて話せそう」 ということで、コンラッド東京にある和食料理屋さん 「風花」 さんに行ってきました。

e0166398_16151299.jpg


この日、なぜか私は1時間読み違えてしまい・・・。 「急がなきゃ!」 と電車に飛び乗って汐留に到着し、ふと時計を見て 「あら?もしかして1時間早く着いちゃった!?」 と気が付きました・・・

汐留って時間を潰せる場所がほとんど無いんですよね。 仕方ないので、ホテルのお隣のビルの地下にあるスタバで過ごしました。 (蛇足ですが、ソウルより東京のスタバの方が安く感じます。 それもそのはず、韓国のスタバは他の国と比べて値段設定を凄く高くしてあるのだそうです。)

e0166398_16151838.jpg


コンラッドは前回の休暇でアフタヌンティーをして以来2度目です。→過去記事

高速エレベーターに乗って28階へ。 普段は微妙に遅れてくる友達が一番に到着しており、「久しぶり~」 とソファーから手を振ってきたのでビックリしてしまいました。 いつも唐突な登場! 何だか笑ってしまいました。 若い時の友達というのは何ヶ月も会っていなくても すぐあの頃の感覚に戻れるものですね。

e0166398_16152571.jpg


夏にアフタヌンティーをしたラウンジの脇を通り過ぎ、奥へ進むと 「風花」 の入口が。 このフロアにはレストランが数える程しかありませんでした。

e0166398_16153171.jpg


全面ガラス張り、天井の高い店内。 さすがはホテルの和食屋さん、という雰囲気です。 (それにしてもこのホテルで写真を撮ると、窓ガラスの色の影響で全体的に画像がグリーンがかってしまいます。。)

e0166398_16153818.jpg


窓の外からは浜離宮が見渡せます。 外国人の方と一緒なら、風花で和食を食べた後、浜離宮のお茶処で抹茶を頂く・・・なんていう観光コースも良いかもしれませんね。 確か浅草行きのフェリーもすぐ近くのターミナルから乗れたと思います。

e0166398_16154455.jpg


小さな盆栽もオシャレ。

e0166398_16155044.jpg


先附のお豆腐、とっても美味しかったー! 和食らしい、お上品な味でした。

e0166398_16155847.jpg


お昼のコースはいくつかありましたが、私達は一番気軽なお弁当タイプの「箱膳弁当」を選びました。

e0166398_1616497.jpg


おしゃべりに夢中になっていたので途中まで気付きませんでしたが、注文してからお料理が出てくるまで かなりの時間待たされました。 「お詫びのお椀です」 と白っぽいスープ (何か忘れました、、)を付けてくださったのですが、お味噌汁と一緒に持ってこられたのでダブル汁物に・・・。

e0166398_16161036.jpg


美しく繊細な盛り付け。 まさに和食の醍醐味です!

e0166398_16161649.jpg


e0166398_16162281.jpg


食べるよりも話すほうに夢中になっていた私達でしたが、途中でふと我に返っては、「これ、凄く美味しいよね」 と確認しあいました。 ほんと、嬉しいサプライズというか、予想以上に美味しくて満足致しました。 ここは文句無くオススメ出来る和食屋さんじゃないでしょうか。 ホテルの中にあるというシチュエーションも、オシャレな場所で集まりたい女子の皆さんにピッタリです。

e0166398_16162844.jpg


e0166398_1616353.jpg


確か下の部分はお餅が入っていたはず。 月並みな言葉しか出てきませんが、本当に美味しかった~

e0166398_16164318.jpg


男性の方達には分かりませんが、女性の私達はすっかりお腹いっぱいになりました。 量、お味共に大満足です。

e0166398_16165267.jpg


ちゃんとデザートとお茶も付いてきます。 デザートは4種類の中から選べました。 友達の1人が頼んだこれは、確かチーズケーキか何かだったと思います。

e0166398_1617082.jpg


私が頼んだのは黒糖プリン。 「和」 でオシャレなプレゼンテーションですよね♪

e0166398_16171128.jpg


もちろん、お味もしっかり美味しかったです。 写真見てたらお腹空いてきた・・・054.gif

e0166398_16172128.jpg


ちなみに 「風花」 さんは会席、鮨、鉄板焼き、個室の4エリアに分かれています。 ちょっとした女子会はもちろん、少し多めの人数での集まりにも利用できるのが良いですね☆ インテリアは 「墨絵」 をモチーフに、蔵をモダンにデザインしたものなのだそうですよ。 ランチの時間は11:30-14:00、月曜日はお休みだそうです。

お店のメニューや概要については 一休さんのサイト が分かりやすいので、興味がある方はご参考まで。

e0166398_16173296.jpg


<オマケ>
ここでもレディースルームチェックを・・・。 モダンなホテルのお手洗いらしく、ぐっと明かりが落としてあり幻想的でオシャレ。 お手洗いが清潔だとそれだけでホッとするというか、嬉しくなりますよね。

e0166398_16174688.jpg



ほんと、今回の帰省は食べてばかりいた気がします。 お陰でせっかくのバーゲンシーズンだったにも関わらず、ショッピング欲はあまり沸かなかったのでした。 (断捨離決行中の私にとっては、これで良かったのかも!)


人気ブログランキングへ ← 東京レストランの話題、あと1つだけ続きます。クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-01-31 00:00 |     日本帰省

プロヴァンスのショコラティエ Joel Durand @銀座

e0166398_17403260.jpg


東京帰省中、雑貨本のプレゼント企画用の商品を預けに、銀座にある実業之日本社さんへ行ってきました。(契約書類をお渡しするのがメインの目的だったのに、プレゼント企画の方に気を取られてしまい、うっかり書類の方はカバンに入れたまま渡し忘れてしまいました~!>< 書類は翌日郵送に、、)

編集者さまに 「少し前にオープンしたばかりのショコラティエがあるので行ってみませんか?」 と誘って頂き、Joel Durand(ジョエル・デュラン)へ。 フランス・プロヴァンスの有名なお店だそうです。 私は初めて聞いたのですが、皆さんは御存知でしたか??

e0166398_1740435.jpg


1階がチョコレートやコンフィチュール(ジャムですよ、ジャム!)の売場、2階がカフェになっています。

Joel Durand(ジョエル・デュラン)銀座本店
address: 東京都中央区銀座5-5-8 西五番街坂口ビル
phone: 03-3572-7555

詳しい地図は食べログのこちらが分かりやすいです。

e0166398_17404816.jpg


割と小ぢんまりとしたフロア。 10組ちょっと入ったらいっぱいになってしまうぐらいの広さです。

e0166398_17405556.jpg


階段を上がってすぐ目の前にはガラス張りになったクッキングセクションが。

e0166398_1741378.jpg


窓際の席。 大通り沿いではなく路地に入ったところにありますが、この辺もちょっと来ない間にずいぶん様変わりしたように思いました。 新しいお店もどんどんオープンしてますね~

e0166398_17411162.jpg


テーマカラーはパープル、なのでしょうか。 ギフト用のボックスがとても素敵でした。

・・・けど、けどっ、ハッキリ言うと、せっかくの高級ショコラティエなのに、お店のつくりが安っぽかった!>< 1階の売場はまぁ良かったのですが、2階のカフェがちょっと・・・。(写真にはなるべく素敵に見える部分だけ写してます。) 家具も軽いイメージのものばかりだし、う~ん。 こういうお店に行く時、お味はもちろんなのですが私の場合は雰囲気を重視してしまう傾向があるので、余計にそう感じてしまったのかもしれません。 とにかくちょっと勿体無い感じ。

e0166398_17411833.jpg


内装のことはともかく、お味はと~っても美味しかったです!

こちらは 「このカフェに来たら絶対に頼まないとダメ」 というチョコレートパフェ 「リエジョア」。 お店の方もまずこれをオススメしてくださいました。 そして多分、ここを訪れるお客さんの半分以上はこれを注文するんじゃないかな??

e0166398_17412421.jpg


実を言うと私、あまりパフェというものは好きじゃない(胸焼けするので) & ちょうどお腹がいっぱいだったので、普通のコーヒー&チョコレート1粒のセットを注文してしまったのですが、編集者さまが頼んだこのパフェを味見させてもらって 「私もパフェにすればよかったー!」 と思わず後悔してしまったほど。 チョコレートたっぷりなのに全然甘ったるくなく、どちらかというとビターな感じで、凄く食べやすかったです。 次回は絶対パフェにするぞー! ちなみにお値段は単品で1680円だそうです。(セットメニューもありました)


ファミレスじゃないんだから、広告の紙じゃなく普通のランチョンマットを敷いて欲しい・・・。057.gif

e0166398_1741309.jpg


デュランさんのチョコレートは世界中から集められた最高級の天然素材を組み合わせて作られているのだそうで、全部で26種類あります。(分かりやすいように各チョコレートにはアルファベットが振ってあります)

色見本のようになっている一覧表を見ながら自分の好みの味を注文します。

e0166398_17413781.jpg


チョコレートの表面にはアルファベットが印字されているので、プレゼント用に細長い箱につめてもらうときにアルファベットでメッセージを書く…なんてことも出来るかもしれませんね。 (例えば、バレンタインデーには 「LOVE」 になるように4つ並べる、等々…♪)

e0166398_1741447.jpg


こちらはフランス版のHPよりお借りした写真。↓ このように、バラエティに富んだ味が揃っています。 気になったのは 「すみれ」「クローブレモン」「塩キャラメル」 かな?

e0166398_17415077.jpg


1階のお土産コーナーを見ていたら、かなりリアルな蝉(セミ)の形をしたチョコレートが並んでいたのですが、お店の方によると 「蝉はプロヴァンス地方では幸運の印」 なんですって。^^ 「でも、このチョコレートを箱から出した時、あまりにリアルな蝉だったので スタッフ達もちょっとギョッとしちゃったんです」 とおっしゃっていて、思わず笑ってしまいました。

ちなみにお店の方達は皆さんすっごくフレンドリーで親切! 1階で色々な味のコンフィチュールをお味見させて頂いちゃいました♪

e0166398_17415748.jpg


Joel Durandのすぐお隣は、同じくショコラティエのメゾンHirsinger(イルサンジェー)、そしてそのお隣はピエールマルコリーニになっています。 まさにチョコレートストリート、といった感じ。 マルコリーニの2階がカフェになっていてオシャレな感じだったので、次回チャンスがあればこちらにも行ってみたいな。056.gif

e0166398_1742437.jpg


そうそう、Joel Durandのカフェに、50代ぐらいのオジサマが一人で来てらっしゃったんです。 最初、お店の関係者の方なのかな~と思っていたら、全く普通のお客さんだったようで…。 携帯のカメラで写真を撮ったり、コンデジを取り出して写真を撮ったりしてらっしゃいました。 しかも召し上がっていたのは例のパフェ!(笑)

「もしかして、食べ物系のブロガーさんとかなんですかね~」 と編集者さまに言ったら、「パフェ専門で何人かで一緒に書いてるブログがあるけど、もしかしてそれかな・・・」 なんておっしゃってたけど、どうなんでしょう? 胸ポケットにハンカチーフなど入れてて、なかなかオシャレなオジサマでした。 日本だと 「オジサマの一人パフェ」 もOKだけど、ソウルなら完全に浮きまくるだろうな~・・・というか絶対に居ない・・・なんて思いながら横目で見ていた私でした。

素敵なお店に連れていって頂き、ありがとうございました♪


e0231876_19165563.gif



e0166398_21281188.jpg
ツイッターで 「yossyさんの雑貨本の表紙になっていたアルマイトの入れ物とそっくりなものを買いました」 と杏mamaさんからメッセージを頂きました。 更に、表紙と同じイメージでお花も入れてみられたとのこと。 あまりに素敵なのでビックリしてしまいました~!(左の写真は杏mamaさんにお願いしてブログよりお借りしました。)  既に書きましたが、表紙の撮影に使用したアルマイト缶はSY(夫)のお祖母さん宅あったもの。 昔は小間物屋さんなどで普通に売られていたようですが、今現在売られているのを見たことはありません。

杏mamaさんのブログにはアルマイト缶をお買いになった経緯や方法なども書かれていますので、皆さんもぜひ御覧になってみてくださいね♪ 掲載ページはこちらです。 杏mamaさん、ご連絡ありがとうございました!^^


雑貨本、好評発売中です。 よろしくお願いします♪

su・te・kiソウル雑貨

yossy / 実業之日本社



人気ブログランキングへ ← ソウルは今晩からぐっと寒くなるそうです。 クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-01-30 00:00 |     日本帰省

アフタヌンティー @マンダリンオリエンタル東京 ラウンジ

e0166398_1342395.jpg


東京帰省中に撮り溜めた写真、記憶が薄れないうちにサササッとUPしていきたいと思います。 というわけで今回は、マンダリンオリエンタル東京でのアフタヌンティーの話題を♪

マンダリンオリエンタルホテルといえば、2006年に史上初となる「6ツ星」ホテルの称号を 世界的に権威ある格付機関より授与されたことで有名ですが、その東京初進出となるのが日本橋にあるこちらです。

アフタヌンティーは、ホテル最上階に位置するオリエンタルラウンジで頂きます。(下の写真はホテルHPよりお借りしました。) モダンな中にも落ち着いたアジアンテイストが溢れる素敵な空間でした。

e0166398_1345149.jpg


今回は友達が一休のサイトから予約しておいてくれたお陰で、素敵なウェルカムドリンクも付いてきました。 Thanks♪ 季節のノンアルコールカクテル、クランベリーソーダのような味でした。 座った瞬間は少々暑く感じて冷たいものが飲みたかったので、凄く美味しかったです。

e0166398_1343034.jpg


「紅茶は好きなだけオーダーできる」 というラウンジも最近は多いですが、マンダリンオリエンタルも20種類以上あるお茶メニューの中から好きなものを好きなだけオーダーできます。 しかもポットではなくカップで持ってきてくれるので、色々な種類を少しずつ楽しめるのです♪

e0166398_1343712.jpg


ちなみにドレスコードは 「スマートカジュアル」 ということになっていますが、全体的にオシャレをしてきている女性グループが多かったです。 ただちょっとビックリしたことに、私達の隣のテーブルに座った男女2人組のうち、女性の方が ビックリするぐらい普段着で…。 もちろん普段着でも構わないのですが、「裾が擦り切れたデニムのスカートにレギンス、縞々模様のソックス、スニーカー」 みたいな服装だったので物凄く浮いていました。(若い子ならともかく、もう40歳は過ぎていたと思われる人だったのに…)

最近は4つ星・5つ星ホテルでも色んなお客さんがいますから、物凄く気張った服装をする必要も無いですが、わざわざ優雅に 「アフタヌンティー」 をしに来るのなら もう少しどうにかしてもよかったんじゃないかしら・・・と思ってしまいました。 余計なお世話でしょうか・・・

e0166398_1344421.jpg


マンダリンオリエンタルは、ホテルの方達のユニフォームもアジアンテイストでとてもオシャレです。 皆さんキビキビと動いていらっしゃり、少しでもお茶が減ると 「お茶のお代わりはいかがですか?」 と笑顔でメニューを持ってきて下さいました♪ ホテルの名に相応しい細やかなサービス、という印象です。

e0166398_1345819.jpg


まず、サンドイッチのプレートが運ばれてきました。 どうやらここは最初から三段になって運ばれてくるわけではなく、バラバラに運ばれてくるようです。 

e0166398_135491.jpg


フォアグラのパルフェ 林檎のピュレとロゼシャンパンのジュレ ピスタチオナッツ添え
干し柿とクリームチーズポークパストラミのサンドイッチ
マスタード風味のトマトと胡瓜 スモークサーモンのオープンサンド
パルマ産プロシュートと茸のクリームのオリーブタルト

(この後、胡瓜をもらって頂きました。 いつもありがと、、)

e0166398_1351099.jpg


こちらがお茶のメニュー。 アイスもホットも可能です。

e0166398_1351769.jpg


サンドイッチの後、スコーンが来ました。 ホテルの方が、お皿にサーブしてくださいます。

e0166398_1352561.jpg


e0166398_1353270.jpg


「スコーン、今回は空中分解させないから!」 ですって。 発言がいちいち面白い♪037.gif
(でも横から挟んで持つと ポロッ!といくことがあるから危険よ~)

e0166398_1353932.jpg


窓際の席だったので、東京の景色が一望できました。 ちなみにマンダリンオリエンタル東京は日本橋三井タワー上層階に2005年12月に開業したそうで、タワーの30階から36階までがゲストルームになっているそうです。

e0166398_135457.jpg


本場イギリスではアフタヌンティーと一緒にシャンパンを飲む人も多いですが、日本はどうなんでしょう?

e0166398_1355215.jpg


一口サイズのこちら、ラッシーみたいなお味でとても美味しかったです。

e0166398_136066.jpg


さすがに冬は日没が早いですね…。 あっという間に空が暗くなってきました。 夕日が美しい・・・

e0166398_136867.jpg


ようやくここで スイーツの登場♪ このモダンなプレゼンテーション、いかにもマンダリンらしいですよね。

e0166398_1361615.jpg


私はもっとアジアン~な飾り棚↓ に盛られてくるのを想像していましたが、実際に運ばれてきたのは 更にモダンなイメージのものでした。 (写真は一休さんよりお借りしました。)

e0166398_2543861.jpg


どこから食べようかな・・・と迷うのもまた楽しいものです。056.gif

e0166398_1362353.jpg


日本のアフタヌンティーの特徴ですが、1つ1つが凄く小さくて 「おままごとみたい!」 と思ってしまうほど。 でも、実際食べ始めると結構お腹がいっぱいになってしまいます。

お味ですが、正直に言うと 「可も無く不可も無く」、まさに見た目のまま・・・という感じでした。 でもいいんです、アフタヌンティーというものは 「雰囲気を楽しむ」 のが最も大切なのだから。(?)

e0166398_1363151.jpg


クレーム・ブリュレが気に入りました。

e0166398_136375.jpg


あれこれおしゃべりに花を咲かせていたら、いつのまにかすっかり暗くなってしまいました。

e0166398_137077.jpg


うわー、キレイ! 遠くにはハッキリと東京タワーも見えます。 この後はすぐに電車に乗ってしまうのがもったいなくて、東京駅まで歩いて行き、2人で丸ビルをブラブラしたりしながら 「また夏にでもアフタヌンティーが出来たらいいね~」 なんて言いながら別れました。 こういう日本帰省時のちょっとした楽しみをエサにして、日々ソウルで頑張っている私達であります。

e0166398_137917.jpg


ロビーはこんな感じ。 ここだけ見ても正直 「6つ星ホテル」 らしさは感じられませんでしたが、客室は凄そうです。 というのも、最もベーシックなお部屋でも約50平方メートルの広さがあり、スイートルームはいずれも90m²以上を誇るのだそうなので・・・。 東京のど真ん中で、この広さはそれだけで贅沢ですよね!

e0166398_1371856.jpg


「お手洗いから見える景色が凄かったよ」 というので入ってみたら、本当に凄かった~! フォーシーズンズホテル椿山荘もそうでしたが、思わず 「ここになら住みたい・・・」 と思ってしまうような立派なトイレが多すぎますっ。

e0166398_1372771.jpg


彼女から、こんな可愛らしい模様の携帯用ルームシューズを貰っちゃいました。 ありがとー! 機内・ホテルなど、旅先で大活躍してくれそうです。 私達、また一緒に旅行する予定なので、細々と準備を進めているのです♪

e0166398_1364543.jpg


<オマケ>
マンダリンオリエンタルでは年に6回、中国茶サロンも開催しているそうです。 →詳しくはこちら
1回1万円超えと なかなか強気なお値段ですが、単発で通えるようなので、もし興味があれば1度ぐらい話のネタに行ってみても楽しいかもしれません。

e0166398_3103023.jpg



今日は教師の通知表ともいうべき 「授業評価表」 と格闘しておりました。 1クラスに付き10項目以上で教師が細かく評価されるのですが、さすがに見る時は緊張します。

評価表を見た後は、「キチンと見ました。 これこれこういう点を来学期は改善します」 ということを文章にして提出するのですが、去年頃から全て英語で記入しなければならなくなりました。 韓国人教員も、外国人教員も、例外無く英語です。 ここはユニクロか?(楽天も可) とも思いますが、今や英語は 「出来ると凄い、特技の一つ」 ではなく、「一定レベル以上は出来て当たり前、出来なければ問題外」 という時代に移りつつあるのだな・・・と危機感を覚えました。 私は日常会話程度ならどうにか出来ますが、「書く」 となると 普段全然やっていないため自信が無いのです。。

というわけで、今年はもう少し英語も頑張ります。 モチベーションUPのため、まずは近所の中学校でTOEICを受けて来ようかしら。 (って、あら? TOEICは 「書く」 技能は全然関係無いですね・・・)


人気ブログランキングへ ← こちらもお忘れなく! クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-01-27 00:00 |     日本帰省

リベルターブル@表参道

e0166398_2554798.jpg


この冬の日本帰省はなぜか 「10日間」 と、今までで一番短いものでした。 韓国に来て最初の2年程は1ヵ月半帰省して ようやくデトックス出来たというか、韓国に戻れる精神状態にまで持っていけたものでしたが、さすがに韓国生活も5年近くなると10日間でも問題なし! 羽田空港に着いた瞬間、全てのストレスがなくなります。 そう考えると、大抵のことは月日の流れと共に解決できるものだな、と感じます。

今はどちらかというと、長期間東京に帰省するよりも、出来るだけ回数を多く帰省するのが理想です。 きっと海外生活を長くしていらっしゃる方なら理解して頂けると思うのですが、絶対にその方がストレス発散には良い! 実際には難しいでしょうけど、年間4回ぐらい帰るのが理想です。 1回あたり3日間でも4日間でもいいんだけどな。


前置きが長くなってしまいましたが、今回の東京帰省は短期間だったこともあり、毎日忙しく動き回っていました。

e0166398_2555456.jpg


今回ご紹介するのは表参道にあるオシャレなレストラン、Libertable(リベルターブル)。 大切な親友が予約しておいてくれたのですが、この歳になると、こういう気心知れた友達がいることが本当に有り難く感じます。 誰かが待っててくれると思うからこそ、日本に帰る楽しみもあるというものですよね♪

ちょっと分かりにくいビルでしたが、どうにか辿り着きました。 個性的なデザインのプラダビルの角を曲がり、すぐ後ろの建物の地下1階です。 →地図はこちらが分かりやすいです

e0166398_256134.jpg


e0166398_2561079.jpg


入口もとっても素敵でしょ?^^ まさに女子会向けのレストランです。

e0166398_2561732.jpg


「あれ? yossy、夏の帰省の時はカメラ持ってこなかったのに、今回はカメラ持ってるんだね」 と言われたけど、そうなんです。 確かに以前は 「東京でまで重いカメラを持ち歩きたくない」 と思ったり、「帰省中まで写真撮ってブログにUPしてたんじゃ、プライベート丸出しな感じがして何だか嫌だな」 なんて思った時期もあったので、カメラを持ち歩かないようにしていたんですけれど、そういう時に限って皆素敵なお店を予約してくれるので悔しくって!

今回は、素敵なお店に行けそうだと最初から分かっている時だけ カメラを持ち歩きました。

e0166398_2562569.jpg


平日だったこともあり、どうやら私達が一番乗りだったようでした。 (でも予約はなさった方がいいです)

e0166398_2563355.jpg


e0166398_2564015.jpg


窓から差し込む光がとても明るくて心地よい店内。
窓際は明るくて気持ちがいいですが、若干寒いので、寒がりの方は部屋の奥の方の席がオススメです。

e0166398_2564687.jpg


何といっても目を惹いたのが、美しい薔薇の花びらの乗ったプレートです。 白い塊と粉はお砂糖なんだそうですよ♪ 思わず 「これは食べられるものなんですか?」 とウェイターさんに伺ったところ、「通常は召し上がれないのですが、お客様にはよく同じ質問をされます。 たまに、何も言わず召し上がってらっしゃる方もいらっしゃいますよ」 とのことでした。 食べてみたくなる気持ち、分かりますよね!056.gif

e0166398_2565527.jpg


まずはノンアルコールの 「季節のカクテル」 をオーダー。
凄く美味しいのですが、あら? ズバリ、ストロベリージュースでした・・・

e0166398_257260.jpg


アミューズ・ブーシュ。 とにかくこれは凄く美味しかったです。 ごぼうのスープもあっさりして飲みやすかったし、手前のキャベツのシュークリームも秀逸。 焼いたキャベツって凄く香ばしくて美味しいですよね♪

e0166398_2571079.jpg


雪のカリフラワーサラダ。 「ねぇ、yossyってカリフラワーダメじゃなかった? お店の人に言おうよ!」 と言われたけど、すでに他の食材をNGとして申告してあったので、これは頑張って食べました。 子供並でスミマセン!

e0166398_2571732.jpg


とても可愛らしい形のパン。 どことか産の何々を使ったこれこれというパンです、と色々説明されましたが、全て忘れました。。 私、こういうオシャレなところでお食事するのは大好きですけど、メニューにやたらややこしい名前のお食事名が書いてあったり、ウェイターさんに必要以上に長々と説明されると、顔では 「なるほど!」 という表情を作りつつも、心の中では 「気持ちは分かるけど、ひと言で簡潔に言っちゃおうよ!」 と思って 密かに くくく・・・037.gif と笑ってしまいます。(重ね重ねどうもスミマセン)

e0166398_2572461.jpg


お口直し用のチーズのマカロン。 甘くなくて食べやすかったです。

e0166398_2573413.jpg


「ややこしい名前」 で思い出しましたけど、最近日本では 「コンフィチュール」 って単語をよく聞きますよね? 今回、別の友達に 「これ、お土産にコンフィチュール」 なんて言って渡しながら、「ところで渡しておいてナンだけど、コンフィチュールってどういう意味?」 と聞いたら 「えっ・・・!」 と たじろがれました。(そりゃそうだ、、)  「オシャレっぽく言ってるけど、早い話がジャムでしょ? だったらジャムでいいのに」 と言ったら 「そうだよねぇ」 ですって。

今試しにググッてみたら、「フランス語で「ジャム」を意味する」 とありました。 でしょ、ジャムですよ・・・。 ほんと、日本人って新しい語を取り入れたり作って使いこなす天才ですよね~。 確かに、「これ、お土産のストロベリージャム」 と言うとフツー過ぎますが、「これ、フレーズ(苺)のコンフィチュールね」 なんて言った方がやたらと有り難いイメージですもん。



こちらがメインのお肉料理。 付け合せの長芋にNGを出しておいたので (食べられますが、あまり好きではないので…)、私の分はソースをキノコで作って頂きました。 「なんか、yossyの方が美味しそうに見えるねぇ」 だって。 確かに!

e0166398_2574356.jpg


そしてこちらが通常版。↓  最上伝承野菜「甚五右ヱ門芋」のピューレと焼きリンゴのジュ、熊本菊池芳酵豚のグリエ。(←タイピング大変でした、、) メインディッシュにしてはちょっと少ないかな・・・とも思いましたがランチだし、他のものがたくさん出てきたので、これだけでかなりお腹いっぱいになりました。 この後、デザートもたくさん出てきますので、女性なら間違いなく満足できる量だと思います。

e0166398_2575449.jpg


とても雰囲気の良いレストランで、お味も良くて満足だったのですが、お肉料理の時に1つ残念だったことが。 ウェイターさんが 「お水、どれになさいますか?」 と世界各国のミネラルウォーターの便を箱に入れて持ってこられたのですが、私達、「え? それってコースに付いてるの? そんなはずは無いから、頼まなきゃいけないってこと・・・?」 と悩んでしまいました。 この場合、「お肉に合うお水を色々ご用意しておりますが、もしよろしければいかがでしょうか?」 と聞かなきゃマズイでしょう・・・。 「どれにしますか?」 じゃ、断るというチョイスは無いみたいに受け取れます。。 (実際、お店側としては頼んで欲しいんでしょうけど)

「普通のお水で結構です (水道水でいいです、の意)」 と言っても意味が通じてなかったようなので、仕方なく一番小さいボトルを頼んでみましたけど、すぐにデザートとお茶が出てきたりしたので、結局お水はほとんど飲まずに終わってしまいました。 勿体無かったなぁ・・・ 今思えば 「いりません」 って断っちゃっても良かったのですが、その場の雰囲気でちょっとそれがし難いってこと、ありますよね。^^;  この点だけが残念でした。

e0166398_258235.jpg


こちらのレストランのシェフの方、元々パティシエさんなのだそうで、デザートにも凄く力を入れているのが分かりました。 このイチゴのクープはとにかく美味しかったです。 上手い言葉が見つからないけど、本当に美味しかった! 全体的に割と薄味なデザートだったのですが、上に固めた飴を崩して混ぜながら食べると これまた凄く美味しいのです。 キーンと冷たくジューシーで、ふわっとした食感でした。

e0166398_2581093.jpg


デザート、まだまだ続きます。 キノコのモンブラン、四万十源流の和栗と洋梨のソルベ。 これもまた、凄く美しいプレゼンテーションです。 (髪の長い女の子の横顔に見えたのは私だけ?)

e0166398_2581912.jpg


モンブランの栗の部分も、そして洋梨のソルベも凄く美味しかったです。 が、が、中に入った肝心のキノコのアイスクリーム部分が・・・「まぁまぁ」 というよりも、正直かなり不味かったです。。 先に一口食べた彼女が、「あ、私、この味ダメかも」 と言ってフォークを置いたので 「好き嫌いが無い人がそんなこと言うなんて珍しいなぁ」 と思って私も食べてみたら・・・うう。057.gif  全く甘くなくて、本当にキノコの味でした。 普通にバニラアイスを入れて欲しかった・・・

e0166398_2583050.jpg


それまでは ちょっとでもお皿に料理が残っていると 「お口に合わない食材がありましたか?」 なんて聞いてくれていたウェイターさんも、さすがに2人でアイス部分だけモロに残しているのを見て 何も言わずにお皿を片付けてくれました。 他が素晴らしく美味しかっただけに残念です…


ここまででも相当お腹いっぱいになっていたのですが、更にクッキーとお茶が出てきました。 これにはビックリ! このクッキーもこだわりぬかれた食材で作られたもので、○○県の何々を使ってます、なんていうのが並んでいました。 1つ食べましたが、あまりにお腹がいっぱいだったので 「残しちゃうの勿体無いね… 持ち帰れないかしら」 なんて話していたら、すぐ後ろに居た店員さんが 「お持ち帰りなさいますか?」 と聞いてくださいました。(やったー♪)

e0166398_2583813.jpg


とても美しいですよね! やっぱり日本のお菓子は繊細さが違います。

e0166398_258463.jpg


彼女に頼まれていたタッセルやテーブルクロスなどを渡しました。 あ、もちろん、雑貨本にも掲載した東大門総合市場で買ってきた&作ってもらったものです。

e0166398_2585487.jpg


雑貨本の撮影用に買い溜めていたレース類もプレゼントしました。 自分用に取って置いても良かったのですがソウルの家にはミシンが無いし、こういうものは時間を置いてしまうと色あせてしまったりもするので、素敵に使ってくれそうな人に譲るのが一番なのです♪♪

e0166398_259275.jpg


少々辛口意見も書いてしまいましたが、全体的にはとても素敵なレストランで、とても気に入りました。 特に、女子会には最適です♪ 御覧頂いたようにデザートの種類も多いですし、コストパフォーマンス的には申し分無し。 一度行ってみる価値はあると思います。056.gif



e0231876_19165563.gif



帰りに表参道のインテリアショップ巡りもしました。 サラ・グレース、初めて行ったけどとてもオシャレでした。 フレンチシャビーなインテリアは憧れますが、我が家のような一般家庭で実践するのはかなり難しい気がするので、ショップでじっくり堪能して目の保養をさせて頂きました。

e0166398_259156.jpg



帰り際、表参道のオフィスで働いている友達にも急遽連絡を取り、立ち話だけしてきました。 短い帰省では 会いたい人全てに会うのはなかなか難しいけれど、ひと目だけでも見られて嬉しかったです。^^


人気ブログランキングへ ← ほんと、今回の帰省は食べてばかり…なイメージでした。^^; クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-01-26 00:00 |     日本帰省

アフタヌンティー@フォーシーズンズホテル椿山荘 「ル・ジャルダン」

e0166398_2521100.jpg


東京に帰省中、カリスマブロガーのmimiさんとフォーシーズンズホテル椿山荘に行ってきました♪ フォーシーズンズには10年ぐらい前にレディースプランで泊まった事がありましたが、それ以来でした。 (あの頃って、ホテルのレディースプランがやたら流行ってましたよね!?)

e0166398_252859.jpg


予約はmimiさんにお任せしてしまったのですが、窓際の素敵な席を予約しておいてくださり…(感涙) 私の方が後に到着したのですが、mimiさん、係の方に 「女性同士で長ソファーに隣りあわせで座っても大丈夫でしょうか? 怪しくないですよね?」 なんて質問してらっしゃって、あまりに可愛くて笑ってしまいました!003.gif
(下の写真で言うと、左手のブルーのソファーです。 両脇にも1人用の椅子が置いてあるのでそこに座ってもいいのですが、長ソファーに2人で座った方が外の景色が見れるのでベターです。)

e0166398_2521536.jpg


私もmimiさんも普段は 「ブログの中のお付き合いはブログ内で」 というポリシーでして、特別な理由が無ければ2次元の世界で知り合った方とはお目にかかることは無いのですが、今回はその 「特別」 ということでデートしていただいちゃいました。 なにせ、mimiさんといったらカフェ本と雑貨本にも 「オススメのカフェ/雑貨」 をご紹介頂いた方。 キチンとお目にかかって御礼をしなければー!と思い続けていたのです。


紅茶は色んな種類の中から好きなものを何度でもチョイスできます。 ポットで持ってきてくださるので、そう何度も取り替えていただくわけにはいきませんが…

e0166398_2522179.jpg


しばらくして、サンドイッチ・スコーン・ケーキが乗ったクラシックなスタイルの3段プレートが運ばれてきました♪ ら、…ん??

e0166398_2522731.jpg


え、えええええーーー!!!071.gif

e0166398_2523376.jpg


「yossyさん おかえりなさい」 の文字に感動…!!
(実はビックリしすぎて、その場では思わず笑ってしまいました。037.gif ス、スミマセン。)

mimiさんって本当に、ブログから溢れ出るお人柄そのままの優しくて可愛らしい方でした。 でも実を言うと私、「あまりに良い人だったらどうしよう…」 とちょっと心配してたんです。 だって私、全然良い人じゃないのですものーーー! (毒舌なら得意ですけどね、ふっ、、、057.gif

カフェ本・雑貨本とご協力下さったmimiさんですが、見ず知らずの私のために毎回物凄く素早く&丁寧に何度もメールをくださったり、たくさんの写真を送ってくださったり、とにかく 「どんだけ親切で優しい方なのだろう…」 といつも恐縮しっぱなしだったのですが、実際にお会いしたら 「なんてオチャメで可愛い方なのー!」 と別の魅力にもビックリ! 特に、ひらひらひら~っという感じの軽快な手の動きが可愛すぎてツボでした。(笑) もうほんと、mimiさん最高!! 一気に大好きになってしまいました。


ケーキ類は、ストロベリータルト、白ワインとオレンジのゼリー(凄く美味しかった!)、パッションフルーツガナッシュ、フィナンシェ。

e0166398_2523996.jpg


ホテルの方が途中で写真を撮りに来てくださり、ご丁寧にカードの中に入れてプレゼントしてくださいました。 何て素晴らしいサービスのホテルなのでしょう! と、よく見てみたらここにも 「おかえりなさい」 のメッセージが…。(ホテルの方が書いてくださったものです)

まるで本帰国のような歓迎っぷりですが、実際は10日間程度の短い帰省。。

e0166398_2524415.jpg


スコーン3種類。 プレーン、チョコレート、そして紅茶の味です。

e0166398_2525016.jpg


スコーンは食べやすいミニサイズでした。 クロテッドクリームとジャムでいただきます。 本場イギリスだと 「こんなに食べきれないー」 ということが多いですが、さすがは日本のホテル。 日本人向けの小ぶりサイズでのサービスが嬉しいですね♪

e0166398_2525610.jpg


サンドイッチはポークパストラミのサンドイッチ、サツマイモ・サルタナレーズン・キャロットのトルティーヤロール、アボカドのキッシュ、ローストチキンとブリーチーズのオープンサンド。 どれも繊細なお味でした。

e0166398_253339.jpg


何だか写真の都合上、上のプレートからご紹介してしまいましたが、通常は一番下のサンドイッチのプレートから食べ始め、次にスコーン、最後にケーキ、と進むのが一般的な食べ方です。

e0166398_2531047.jpg


いつもたくさんのお写真をUPしてくださるmimiさんなので、どんな風に撮影されてるのかも気になっていたのですが、「後から写真を整理するのが大変なので、なるべく少ししか撮らないようにしている」 とおっしゃってました。 さりげなくササッと撮影されるお姿もさすがです♪

e0166398_2531722.jpg


ところで話は変わりますが、普段私は韓国について書かれているブログを自分から進んで読むことは少なかったりします。 でも、同じ旅行ブログでもmimiさんのブログは楽しい中にも それだけじゃない違う何かがある気がして、いつからか読み始めるようになりました。 同じくカフェ本・雑貨本にご協力頂いたナオさんやゆりんさんのブログについても言えることですが、こういった方達の文章の中には韓国に対する興味や愛情が溢れているのはもちろん、それだけじゃなく 一歩引いて冷静な目で見た部分がある気がします。 きっとそれは、韓国に対する色々な面での知識があるからだと思いますが。

mimiさんとお話している中で、「ソウルに一人旅行をする時は危険を避けるため、午後7時にはホテルに戻って篭ってしまう」 というのを伺ったとき、「さすがmimiさん! やっぱり好きだわ~!」 と思いました。 つまり、「私って旅慣れてます!」「ソウルのこと良く知ってるんで、どこでも一人でガンガン行けちゃいます!」 的な驕りが無く、安全を第一にしつつ、御自分なりの魅力的な旅のスタイルを持っているというのが深く共感出来るポイントなのかな、と思います。

e0166398_2532347.jpg


以前このブログでも書いたことがあったと思いますが、最近は旅慣れた方が増えてきて、女性一人でもタクシーにガンガン乗る人も多いようですよね。 でも、昼はともかく夜は絶対にやめた方がいいと私は思います。 (ちなみにmimiさんも極力一人でタクシーに乗ることはしないそうです。)

韓国の若い子達はどうしても夜タクシーに乗らなければならない場合、運転手の顔を携帯で撮ったりとか (それも失礼な話だとは思いますが…)、わざとタクシーの中から家族や彼氏に電話してタクシーのナンバープレートの番号を伝えたりする事もあります。 というよりも、基本的にはタクシーに女性一人で乗らない、という若い子が多いです。 もちろん、親切で良いタクシードライバーさんも大勢居ます。 でも、色んな人がいるのも事実ですし、タクシー内は密室であることには変わりはありませんから、やはり危険は避けるべきだと思います。 

これも以前書いたと思いますが、海外生活が長い人ほど絶対にリスキーなことはしません。 旅行者から見たら 「えーっ、せっかく○○に住んでるのに勿体無い!」 と言われてしまうかもしれませんが、快適に安全に暮らすため、極力危険は避けて生活するものなのです。 ですから旅行者の方も、「もう○度目の旅行なんだから、何か面白いことしなきゃ! 普通の旅行者が行かないような場所に行かなきゃ!」 と思う必要は無くて、ぜひぜひ安全で快適な旅をなさって頂きたい… と、心配性なアジュンマの私は心から願います。



で、ここからが本題になるのですが、最近は韓流スターブームが凄いですよね。 スターさんを大好きなのは勿論何も問題がありませんし、何かに夢中になってウキウキするのは楽しい人生を送る上で大切なことだと思います。 でも、スターさんと一般男性を混同している日本人女性たちも増えているようで、それには非常に違和感を感じています。

mimiさんがソウルをご旅行なさった時、レストランでウェイターさんに 「写真撮ってもいいですか? オッパ(お兄さん)と呼んでもいいですか?」 と話しかけている日本人の女の子達を見かけたそうで、その話を聞いて思わずあんぐり…としてしまいました。 み、見知らぬ人にオッパ・・・? 冷静に考えみたら、これってただの逆ナンパですよね?057.gif 日本人女性だから相手の男性も喜んで相手してくれると思っているのかもしれませんが、それはかなり違うと思うのは私だけでしょうか・・・

「"オッパ" マジック」 とでもいうのか、最近は韓流ドラマの観すぎで ちょっと夢見てしまっているタイプの女性が増えているような気がします。 私も過去に 「韓国人の旦那さんってどうですか? 韓国の男性に興味があります。」 といったコメントを頂いたことが何度かありましたが、その度に本当にトホホ…な気分になりました。 はっきり言うと、私の場合は結婚の時に私の家族からSYが韓国人だということで反対を受けたし、ましてや韓国人だったからSYを選んだということはこれっぽっちもありません。 どちらかというと、同じ国籍ならどんなに良かっただろう…と思うことの方が多かったです。

1つ言えるのは、そういうお気楽な質問が来るということは、日韓夫婦にとっては少し有り難い時代になったのかもしれないな・・・ということでしょうか。 「え、旦那さん、韓国人なの…?(含意:「残念だね」)」 と言われるより、「韓国人男性なの? きゃー、ドラマみたいで素敵♪」 と言われた方が嬉しいには違いありませんから。 その点では韓流ブームに感謝(?)しなければならないと思います。

話が逸れてきましたが、皆さんは旅行先で気分が高揚していたとしても、ご自分の安全のためにも くれぐれも軽率な行動はなさらないでください。 ご存知のように、韓国は実は性犯罪発生率が高い国です。 もちろん、誠実で素晴らしい人達も大勢います。 でも常識で考えて、ちょっと声をかけてホイホイとメルアドをくれたりデートしてくれるような男性って所詮その程度というか、危険だとは思いませんか・・・? 何かあっても、「責任は半々」 みたいになって訴えることだって出来ないんじゃないか・・・と 私は思ってしまうのです。 ドラマはドラマ、現実は現実。 日本人女性の品位を疑われないためにも、どうか冷静に行動を!

e0166398_2533051.jpg


夢中でおしゃべりしていたら、いつの間にか真っ暗に…。 気が付けば、こちらで4時間以上しゃべりっぱなしでした! mimiさん、本当に本当に楽しい時間をありがとうございました。 今度はソウルのあのバーでお会いしましょう・・・ふふ♪069.gif  実は今回、ナオさんもご一緒いただく予定だったのですが、まだ体調が優れないとのことで 3人でのデートは次回に持ち越しとなりました。 ナオさん、get well soon-----!


mimiさんから、お土産も色々頂いてしまいました。(写真撮り忘れた~!泣 ツイッターで後ほどご紹介しますね♪) お土産を入れて下さったこの素敵な紙袋は、ソウルの新羅ホテルのパティスリーで買ったものなのだそう。 季節ごとにデザインが変わるんですって、素敵♪ 写真ではちょっと分かり辛いですが、赤い表面の部分がゴージャスなパールっぽく光っています。 mimiさん、本当にありがとうございました!056.gif

e0166398_2533779.jpg


<オマケ>
フォーシーズンズのレディースルーム。015.gifトイレって言いなさいよ
私、ここになら住めるわ・・・と思いました。 っていうか、私の家より100倍立派だし! トイレなのに、くぅぅ~

e0166398_2534413.jpg



帰宅して母に 「今日はフォーシーズンズでお茶してきたよ」 と言うと、「お母さん、藤田観光の株持ってて損してるんだから、フォーシーズンズでも椿山荘でもどんどん利用してちょうだい」 と言われました。 え、そうだったの…?^^;

フォーシーズンズのアフタヌンティーは、今時のオシャレホテルのピシーッ!と洗練された感じとはまた違った 「伝統、重厚さ」 を感じました。 それでいて凄く気を遣わなくて済むというか、全く緊張感無く楽しめるすばらしい空間でしたよ♪ お一人様で来てアフタヌンティーを楽しんでらっしゃる女性も結構居て驚きました。 mimiさんもいつかここで 「お一人様アフタヌンティー」 をするのが夢なのだとか。 最後にロクシタンのアメニティーグッズもプレゼントしてくださったりして、物凄くコストパフォーマンスの高いアフタヌンティーだと思いました。 文句無くオススメホテルの1つです。



※ 雑貨本のプレゼント企画E賞にご当選の 「ぺこり」 さん、こちらのページから鍵コメでメルアドをお知らせくださいませ! お願いします~。


人気ブログランキングへ ← 旧正月の際、お祖母さんはじめ親戚一同に雑貨本を持って行ったら 「うちのあの古い器が表紙に!」 と予想以上に大ウケで盛り上がっていました。 よかったよかった。^^ クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-01-24 00:00 |     日本帰省

雑貨本出版記念 part3 ソウルで買った布や雑貨を使った素敵インテリア♪

e0166398_15213754.jpg


暑さ厳しい8月のことですが… 学生時代の親友の家に行ってきました。 プリザーブドフラワーのお教室を開いている彼女に 「東大門総合市場で買ったもので素敵アレンジをしてもらおう」がテーマです。016.gif

e0166398_15521126.jpg


フランスでは「カルトナージュ」と呼ばれる手芸が人気だそうですが、そのカルトナージュのひとつで、布を張ってつくるボード「ペールメール」を作ってもらいました。 布やタッセルなど、全て韓国で買ってきたものです。(結局使わなかったのですが、写真に写っているコサージュも市場で購入したもの。色味が上品です。1つ3000wというお手軽価格でした。)

e0166398_15521822.jpg


じゃ~ん! 夏ばてでグッタリしていた私は結局全部彼女に任せてしまいましたが…^^; あっという間に素敵なペールメールが完成しました。 ここではポストカードを飾っていますが、思い出の写真などをはさむと良いそうですよ♪

e0166398_15522353.jpg


右のポストカードは今年の夏にロンドンに行った際、ハンプトンコート宮殿フラワーショーでもらってきたもの。 左のものは2年ぐらいに同じくロンドンで買ってきたものです。(穴を開けてタッセルをつけてもらいました) どちらも私にとっては本当に大切なものなのですが、こんな風に飾るとますます愛着が湧きますね。^^

e0166398_15522922.jpg


急遽スタンプを使って小さなカードも作成。 こういう工作って子供の頃以来ほとんどやったことがありませんでしたけど、楽しいものですね。 015.gif ほとんどやらせたクセに…

e0166398_15523510.jpg


以前、彼女に頼まれてテーブルクロスやランナー、ナプキンを市場で作って貰ったことがあったのですが、それらも動員してテーブルセッティングしてもらいました。 汗が吹き出るような暑い日に、「クリスマス」がテーマのテーブル… お陰様でちょっぴり涼しい気分になりました!(?)

e0166398_155241100.jpg


雪の結晶のナプキンリングは、韓国の某大手デパートの自社インテリアブランドのものなのですが、すっごく素敵なお店なので今度出させて頂く雑貨本でもキチンとページを割いてご紹介したかったのに、「自社雑誌でしか商品の紹介はしてません」 と断られました。 う~ん、残念!

e0166398_15524731.jpg


クッション類も東大門総合市場で作ったものです。(行くといつもたくさん作るので、いくつか友達にあげたりするのです。 素敵に使ってくれてありがとう♪)

雑貨本には、私がいつもお世話になっているお針子さんにご協力頂いて「注文表」も付けました。 韓国語・日本語併記なので、これをそのままコピーして使って頂けば、韓国語が出来ない方でも簡単に注文できるようになっています。 お針子さんにも「もしこれを持って日本の方がいらしたら、よろしくお願いします!」ってしっかりお願いしてありますので、ぜひご活用頂けたら嬉しいです。

e0166398_15525293.jpg


お昼は簡単に…でテイクアウトしてきたものも、素敵な器に入れると一気に「オシャレな食卓」になっちゃうんですね~ 見習おう。。

e0166398_15525826.jpg


e0166398_1553482.jpg



mariちゃん、お忙しい中、本当にありがとうね! しかも「スペースが無くて持ち帰れない」とか言ってペールメールを居候させてもらいっぱなしでゴメンなさい。^^; この冬にはお迎えに行きます~


人気ブログランキングへ ← 秋も深まり、夕方6時前には真っ暗です…。クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2011-11-03 00:00 |     日本帰省


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル