カテゴリ:    地方都市観光( 48 )

安東&慶州2泊3日旅(2) とうとう自然の美しさに目覚めました、の陶山書院

e0166398_14364952.jpg


マンモス製菓店を出た後は、再び車に乗り込みます。

旅行の時は常に行き先は私任せのSYさん。 「次はどこへ行きたい?」 というので、インフォメーションセンターでもらったマップを見ながら 「有名だという陶山書院(도산서원)に行ってみたい」 とお願いしました。


駐車場前はこんな感じ。 すごい緑です! emoticon-0137-clapping.gif (蚊の季節じゃなくて良かった〜)

e0166398_14365964.jpg


陶山書院については、釜山ナビさんのこちらのページや、コネストさんのこちらのページをご参考まで。 書院へのバスでの行き方なども書いてくださってます。

e0166398_14371066.jpg


まず、「陶山書院とは何か」 ですが、韓国史上最高の儒学者、退渓・李滉ゆかりの地なのだそう。

書院というのは、今でいう大学のような場所。 朝鮮時代の中期に設立された両班(ヤンバン=貴族)の子弟が儒学を学んだ私設の教育機関で、科挙の合格率が高い書院には人が大勢集まったのだとか。


李滉さん(1501~1570)は朱子学を大きく発展させた儒学者で、朝鮮史上の最高の学者だそう。 昔の1000ウォン札の裏面には、この陶山書院が印刷されていたようですが、現在のお札は違うみたいです。 (念の為、お札を出して確認した)

e0166398_14371993.jpg


両側に美しい緑の木を眺めながら、軽い坂道を上っていきます。 あー、本当に気持ちいい!

e0166398_14373045.jpg


上の方まで上ったところに、突然見晴らしの良い川が現れました。 洛東江(ナットンガン)というみたい。

e0166398_14374063.jpg


私の写真じゃ全く伝わってないと思いますが、水面がキラキラと輝いて、本当に心が洗われるよう…

下の写真に小さく人影が写ってますが、釣りをしている人もいました。 何か釣れたかな?

e0166398_14375031.jpg


川の向かい側の高台には人影がいっぱい。 あんなところまで行けるようになっていたとは!

SYが 「あそこ行ってみたい?」 というので、「さすがにあそこはいいや…」 と遠慮しておきました。

でも後で知ったのですが、この高台、ただの高台じゃありませんでした。 試士壇(シサダン)といって、地方の儒学者の士気を高めるために行われた試験の会場だったのだそう。 すごい場所で試験を行ったのですね!

e0166398_1438056.jpg


と、ここまでで私は十分満足してしまったのですが、ここからが本番。 旧1000ウォン札の裏面のデザインにもなった書院が見えてきました。

e0166398_14381093.jpg


書院の入口の右前にある古い松を見るのもお忘れなく。 樹齢数百年のこの松は、支えが無いと折れてしまいそうなほどの大木。 見ているだけでありがたい気持ちになってくるような老木でした。

e0166398_14381996.jpg


それでは早速中へ。 日差しがじりじりと照りつけて、この時点でかなり日焼けしてしまいました。

e0166398_14382915.jpg


e0166398_1438374.jpg


中に入った途端、物凄い大きな花を付けた木がずらりと並んでいるのが見えて。 お客さん達は一斉に 「きれい!」 と言っていて私もそう思ったのだけど、よく見るとこの花、大きすぎて怖かった…

e0166398_14384741.jpg


できるだけ怖くない花を撮りましたが、花弁まで見えてるものは 結構怖かったです。。 花の直径はゆうに20センチは超えていたと思います。 毒々しい、なんて言ったら花が可哀相かもしれませんが…

何ていう花かご存知の方、いらっしゃいますか?

e0166398_1439482.jpg


こちらは宝物第210号であり、陶山書院の中心である建物、「典教堂(チョンギョダン)」。 完成は1574年。

e0166398_14391587.jpg


扁額は王・宣祖(ソンジョ) より下賜されたもので、当時の名筆・韓石峰(ハンソッポン)の自筆なんだそうです。

e0166398_1440997.jpg


私は屋根などのデザインや色彩に興味を持ちました。

e0166398_14392657.jpg


e0166398_14393560.jpg


e0166398_14394949.jpg


連休中とはいえ、週末ではなかったためか人がそんなに多くなくて幸いでした。 もしこれが人でごった返していたら、また違った印象を持ったかもしれません。

e0166398_1440049.jpg


ここはかつての書棚。 儒学の本などが大量に並んでいたのでしょうか。 この当時は当然印刷機などは無かったわけですから、書物も全部手書きで写していたはず…なんて昔の人のご苦労を思いながら眺めました。

e0166398_14401972.jpg


いつまでものんびり佇んでいたくなるような、不思議な場所でした。

(蛇足ですが、SYの洋服がいつも同じようなのは私のせいではありません。←誰も聞いてない。 生まれながらにして断捨離人間の彼、私が服を買ってあげようとすると 「持ってるからいらない」 と断固拒否するのです)

e0166398_14403014.jpg


思わず写真を撮ったこの素敵な建物は隴雲精舎。 隴雲精舎は、李滉に師事したソンビたちが寄宿する場所。 日本の茶室作りの様式にも影響を与えたそうです。 瓦の模様がいい感じ。

e0166398_14404020.jpg



安東にこんな素晴らしい建物があることは知らなかったし、こんなにも自然豊かで美しい場所だとも行くまで知らなかったのですが、とにかく心が洗われるような美しい場所で 大満足でした。

車が無いと個人で行くのは難しいのかな?と思ったのですが、駅からバスも出ているようですし、季節によっては安東を1日で周る日本語ツアーなどもあるようなので、ぜひぜひ行ってみてください!


安東の話題、まだまだ続きます。


人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-05-18 00:03 |     地方都市観光

安東&慶州2泊3日旅(1) 名物の焼魚とパンを食す

e0166398_13241793.jpg


5月といえば日本はゴールデンウィークの大型連休がありますよね。 ここ韓国も日本ほどの長さではないものの、連休があります。(ちなみに5月5日は日本と一緒でこどもの日。)

SY(夫)も連休になるとのことだったので、せっかくだからどこか泊りがけで行ってみようということに。 かねてから一度行ってみたいと思っていた安東(アンドン)と、そこから遠くない場所ということで慶州(キョンジュ)をチョイスしました。



早朝、車で出発し、まずは安東へ。 車を駅前の大型マートに駐車し、安東駅まで行って駅前のインフォメーションセンターでマップをGETした後、駅と大通りの角にある焼魚のお店へ入りました。

e0166398_13242623.jpg


ガイドブックも無かったし、事前の下調べはほとんどして行かない旅だったので、お店のチョイスは行き当たりばったりです。

SYがネットで調べたところ、「テレビでも何度も取り上げられた、何十年も続いている (←韓国ではこれが珍しい) 焼魚の名店」 とのことだったので期待して入ったのですが…

e0166398_13243610.jpg


店構えやお店の内部などは、韓国のどこにでもある普通の食堂です。

e0166398_13244457.jpg


焼魚定食を頼んでみました。 これで2人分。 2人分だけど、魚は1匹…というのも韓国流。

お魚は確かに美味しかったです。 でも、お魚天国・日本から来た私に言わせると、「この程度の魚のクオリティはごく普通では…」 という感じだったかも。 せめておかずが物凄い量だとか美味しいとかだったら分かるのですが、おかずも本当にごくごく普通だったので、「なぜここがそんなに有名??」 と思ってしまいました。

e0166398_13245392.jpg


食後、私が車の中で調べておいた老舗のパン屋さんへ。 


MANMOTH製菓店
address: 慶尚北道 安東市 南部洞 164-1
phone: 054-857-6000

e0166398_1325387.jpg


2011年に韓国版ミシュランガイドが初めて出ましたが、そこに3つ星店として掲載されたというお店です。

安東の商店街はあまりパッとしない…なんて言ったら失礼かもしれませんが、そんなお店が多い中で、マンモス製菓店だけが突然オシャレな店構えでビックリしました。 ちょっと期待できそう。


店内もなかなかオシャレ。 ホンデにある老舗パン屋、リッチモントにとても似た雰囲気です。 ある程度歴史があるお店じゃないと、こういう雰囲気は出ないかも。

e0166398_1325125.jpg


お天気も良かったので、奥のほうから出られるテラスで食べることにしました。 最初にお会計を済ませて、自分で持って行くシステムです。

ピラミッドみたいな三角形のチョコレートケーキにも惹かれたのですが、せっかくなので 「人気ナンバー2」 だったかな? と書いてあったケーキにしてみました。 (コーヒーと紅茶が紙コップなのは残念)

e0166398_13252045.jpg


ケーキは普通に美味しかったです。 普通に美味しいケーキというのが韓国では凄く重要なので、私は満足。

そして、このお店で不動の一番人気というクリームチーズパンも買ってみました。 店を出る時に買えばいいかーぐらいに思っていたのですが、SY曰く 「すぐに売り切れちゃうらしいよ」 とのことだったので、焼きたてでたくさん積まれていたのを ケーキと同時に2つ購入。

見るからにふかふかとした柔らかそうなパン。 実際、とってもふかふかしてました。

e0166398_13252919.jpg


せっかくだからと温かいうちに1つ食べてみたのですが…

私は苦手なタイプのお味でした。。 チーズが甘いんです。 ちょっと予想はしていたのですが、予想通りで。 これとほぼ同じ味のパン、ソウル市内でも普通にパリ○ゲットみたいなチェーンパン屋でも売ってます。 ←食べた瞬間 「甘いっ!」となった

ただ付け加えますと、翌日冷たくなってからもう1つを SYとシェアして食べたところ、冷たい方が私には美味しく感じました。 この辺の感覚は個人の好みがあるかもしれませんので 軽く聞き流してください。

ちなみにSYにパンの感想を聞いたら 「マシッソ (美味しい)」 と軽い反応でした。


私は日本とつい比べてしまって厳しい見方をしてしまうのですが、韓国のパン屋事情… 特にここは安東という地方都市であり、更に何十年も前からある老舗のパン屋さんであるということを考えれば、出来た当初 「なんて美味しいパンがあるんだろう」 と人々が感動しただろうなというのは納得できます。

(ここ数年、ソウルのパン屋さんもレベルがグッと上がりましたが、私が来た頃のパン屋さんは 本当に 「普通と感じられたらありがとう」 という状態だったのです。)

もし私が安東の住民だとしたら、絶対マンモスを心の憩いの場にするだろうな…なんて想像しながら頂きました。



安東駅前のインフォメーションセンターでもらったパンフレットでお勉強タイム。 日本語版もあって、ありがたい限りです。

e0166398_13253855.jpg


パンフレットによると、安東は韓紙 (和紙みたいなもの)や、布が有名とのこと。 何も分からず、とにかく 「韓屋に宿泊できれば満足」 ぐらいのイメージで出発してしまいましたが、思った以上に見所が多い土地かもしれません。

e0166398_13254746.jpg



こんな感じでまずは安東からスタート。

結論から言ってしまうと、私は安東が大好きになりました。 とにかく安東は自然が美しい! 緑が鮮やか!

地方都市というと、緑が豊かといっても どうしても 「寂れた」 という雰囲気の土地もあると思うのですが、行った季節も良かったのでしょうか。 安東は本当にどこを見ても美しいのひとことでした。


私の写真で雰囲気が伝わるかは分かりませんが、1000枚近く撮った写真の中から(←撮りすぎ!) 厳選したものをご紹介していきたいと思います。 記憶が薄れないうちに頑張ります~



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-05-18 00:02 |     地方都市観光

2度目の仁川チャイナタウン (ちょこっとだけ記録)

e0166398_0192015.jpg


今回はいつものカメラじゃなく iPhoneで撮った写真オンリーなので、簡単にだけご紹介しますね。



先週の土曜日、空港のある仁川(インチョン)近くの大学で学会があり行ってきたのですが、公共交通機関を使うと 地下鉄&バスで2時間近くかかるため、SYに車を出してもらうことにしました。 車だと50分。

私が仕事している間、大学の駐車場で待っていてくれたSY。 アリガト…。 休みの日にアッシー君だけさせるのはさすがに申し訳無いと思い、帰りに仁川駅のすぐ前にある仁川チャイナタウンへ寄ってご飯を食べることにしました。


上の写真を見ると そこそこの規模のチャイナタウンに見えるかもしれませんが、仁川チャイナタウンはとっても小さいです。 横浜のチャイナタウンのようなものを想像して行くとガッカリしてしまうと思うので、仁川駅付近に行くことがあればジャジャンミョンを食べにちょっと立ち寄る、程度の感じで行くのが正解かも。


SYが 「ジャジャンミョン(ジャージャー麺) を食べるならここ」 というので入った共和春さん。
とても有名なジャジャンミョンの老舗だそうです。


e0166398_0193062.jpg


韓国に来たばかりの頃は結構好んで食べていたジャジャンミョンも、最近は油っぽく感じることが多くてずいぶんごぶさたしていたのですが、久しぶりに食べたらとっても美味しかったです。 というか、この共和春さんのジャジャンミョンが美味しかった~emoticon-0115-inlove.gif

ちなみにジャジャンミョンって100年ほど前に仁川で誕生したのだそうです。 ご存知でしたか?



食後、小道に入ってぶらぶら歩いていたら偶然 共和春さんの博物館を発見。
入場料も1000ウォンと安かったので、入ってみることにしました。

e0166398_0193945.jpg


寂しそうにジャジャンミョンを食べているマネキンさんや、テーブルを囲んでジャジャンミョンを食べているマネキンさん達と一緒に写真を撮る事ができます。 需要はあるのか? と思ったら、記念撮影する人続出でした。^^;



館内の案内係の方々が妙に親切で、ジャジャンミョンのマメ知識を熱く語ってくださったのも面白かったです。

例えば、韓国ではよく 「小麦粉は身体に悪い」 と言われるのですが、昔は全く逆で、「アメリカ人のようなしっかりした体になるために、小麦粉を使った料理をたくさん食べなさい」 と推奨されていた時代もあった (ちょうどジャジャンミョンが出来た頃)、なんて歴史とか諸々。

共和春さんと コンビニのGS25がタイアップしたインスタントのジャジャンミョンも売っている、というのも博物館の展示物を見て初めて知りました。 インスタント…お味はどうなんだろう?



私にとっては2度目の仁川チャイナタウンでしたが、思ったより楽しかったです。 滞在時間は1時間程度でしたけれど…。 もう少し暖かい季節なら 月尾島(ウォルミド) もセットで行くといいかもしれません。 遊覧船内のダンスフロアで ロシアン美女と踊り狂うお年寄り達があまりにディープで衝撃的だった記憶があります。^^;



では皆さま、良い週末をお過ごしくださいね☆ 今週、韓国の大学はちょうど中間試験ウィークでした。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-26 00:00 |     地方都市観光

雑貨本出版記念 part9, パジュプレミアムアウトレット @京畿道、パジュ

e0166398_20533863.jpg


雑貨本の最後の方にもチラッと掲載させて頂きましたが、私とSY(夫)がたま~にドライブがてら行くのが、パジュプレミアムアウトレット(paju premium outlet) です。 パジュというのは、ソウルのお隣・京畿道(キョンギド)にある都市名。 既に何度かご紹介している芸術村ヘイリも、このアウトレットのすぐ近くにあります。

e0166398_20534649.jpg


ショッピングの類が大嫌いなSYですが、アウトレットだけは別のよう。 私が 「久しぶりに行ってみない?」 と言うと、喜んで運転してくれます。 と言っても、私も彼もここで物を買うことはほとんどありません。^^; だって、いくらアウトレットといっても外国ブランドの服なんかは高いんですもの~っ! それでも2人してアウトレットが好きなのは、広々とした空間が気持ち良いからかもしれません。

e0166398_20535393.jpg


あぁ、TOMMYでは1度だけSYのシャツを買ってあげた事がありました♪ emoticon-0114-dull.gif普段はユニクロ!

e0166398_2054120.jpg


パジュのアウトレットは、まだ去年出来たばかりなのでとてもキレイ&店舗数も多いのでなかなか見ごたえがあると思います。 お目当てのブランドがある人は、要所要所に置いてあるMAPで確認を。

e0166398_205474.jpg


そうそう、3階部分にはル・クルーゼなどのキッチンブランドもいくつか入っているので、ソウル在住の日本人の奥様方にも強くオススメです。 私は新世界百貨店のインテリア部門のオリジナルブランドが好きなのですが、そのブランドのアウトレットショップもあるんですよ♪ 雑貨本にも店名をチラッと書きましたので、御覧くださいませ♪

(今思い出しましたが、ル・クルーゼの店内を見ていたら突然 「先生!」 と呼び止められたんですよね…。 かなり焦りました。 知人にバッタリ出くわす確立も高そうな場所であります…。)


大人気のcrocsも。

e0166398_20541330.jpg


若者向けのカジュアルなスポーツブランドから、マダム向けのブランドまで約160店舗が集結しています。

e0166398_2054203.jpg


e0166398_20542787.jpg


e0166398_20543623.jpg


韓国ではかなりアッパーなイメージのBEAN POLE。 色んなデパートに入ってるので、御覧になったことがある方も多いのでは? 今朝も地下鉄の中でBEAN POLEのカバンを持っている男の子を2人も見かけました。 素敵は素敵だけど、私にはラルフ・ローレンの二番煎じにしか見えません… (ごめんちゃい)。

e0166398_20544283.jpg


さすが食の国(と勝手に命名) 韓国だけあって、フードコートは充実しています♪

e0166398_20544965.jpg


アメリカのハンバーガーショップ、Johrry Rockets。 食べることにかけては人一倍ウルサイSYによれば 「アメリカにはもっと美味しいハンバーガーショップは色々ある!」 とのことですが、私はまぁ普通に美味しいと思います。 味はともかく、アメリカ~ンな雰囲気は楽しいかも☆

e0166398_20545694.jpg


とても人気があるようで、時間によっては30分ほど並ばなければいけない時も・・・

e0166398_205538.jpg


ポテトが美味しければ私は満足です。(全体的に韓国のファストフードショップのポテトはあまり美味しくないところが多いのです。同じマクドナルドやロッテリアでも、日本のそれとは全然味が違うのは、油のせい…?)

e0166398_20551068.jpg


店員さんが頭上で何かもぞもぞやってるな、と思ったら、こんなに可愛いイラストをケチャップで描いてくれました。 可愛い~♪♪♪ 忙しい時間帯&あまりイラストが得意じゃない店員さんが多い時は(?) 簡単なイラストのものを厨房から運んできてくれるのですが、日によってはこうやって目の前でケチャップアートをしてくれます。 これだけで、何だかテンション上がっちゃいますよね!emoticon-0123-party.gif

e0166398_20551757.jpg


バリスタ世界チャンピオンのPaul Bassettさんのコーヒーショップもありました。 ポールさん、私より年下だ…。(今調べたところによれば、2003年度「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」において、 世界最年少、オーストラリア人としては初の世界チャンピオンになった方なんだそうです。) 日本でも新宿にお店があるそうです。

e0166398_20552417.jpg


昼間はお子ちゃま連れが多くて少々賑やかなアウトレットですが、さすがに夜になると落ち着いた雰囲気に。

e0166398_2055305.jpg


e0166398_20553740.jpg


今頃はちょうどクリスマスイルミネーションがキレイなことでしょう。emoticon-0171-star.gif

e0166398_2055455.jpg


e0166398_20555255.jpg



<オマケ>
韓国のプレミアムアウトレットは新世界百貨店でお馴染みの新世界グループが運営しているのですが、同じグループ会社から韓方(韓国の漢方)を用いた生理用ナプキンが発売されたとのことで、お送り頂きました。 私、ブログでは自由&正直でいたいので こういったプロモ活動は一切しない主義である旨お話しましたけど、「ぜひ使ってください」 とのことなので、有り難く頂戴致しました♪ emoticon-0114-dull.gif結局使ってるし。

e0166398_1614374.jpg


デザインが凄く素敵です。emoticon-0155-flower.gif サイズ違いのものに、グリーンのパッケージのものもあり。

何となく気になってスーパーなどに行くついでに生活用品コーナーを覗いてみたら、ちゃんと置いてありましたよ♪ 韓国土産として最近は 「ヨモギ蒸し生理用ナプキン」 なんてものも売れているそうですが、漢方のナプキンもちょっとした話題性はあって面白いかもしれませんね。 

使ってみた感想ですが、漢方というだけあって、さすがに香りは凄かったです。 かなり強烈な「漢方!」という感じ。 漢方だと思うせいか、確かに清潔感とか癒しの効果はありそうだな…と思いました。 気持ちの問題かもしれませんが、そういうマインドコントロールって結構大事ですよね!


ところで話は飛びますけど、新世界百貨店のホームページを見ていたら、グループ企業としてE-MARTやスターバックス、ウェスティン朝鮮ホテルなどが出てきました。 スタバもそうだったんだ…。 韓国の財閥企業って、本当に何でも持ってるイメージです。 今学期、私のクラスでは(私の趣味丸出しですが) 企業研究的なプレゼンテーションを学生にしてもらったりもしたのですが、それを見ていて唖然とすることもたくさんありました。 本当に、韓国における「財閥企業」というのは、私の想像以上に凄いかも・・・。 別に、悪いとか良いとか言ってるのではなく、純粋に「ビックリ」した、という話です。


最後はまたまた話が飛んでしまいましたが、パジュプレミアムアウトレットはいかがでしたか? 特にお買い物目当てじゃなくても、フラフラ歩いているだけで楽しめる場所でオススメです♪ 私もクリスマスシーズンが終わる前に、また見に行ってみたいと思います。 (ちなみに韓国ではお正月過ぎまでクリスマスの飾りがそのままになっていますから、1月に行ってもきっと大丈夫…。)


人気ブログランキングへ ← 韓国の家庭恒例の「安否電話(用事が無くても電話して挨拶する)」。本来、嫁の私がしなきゃいけない立場なのに、今日はSYママから入りました。最後に「サランヘヨ~!」だって…。こんなに良いお義母さん、絶対そうそう居ないはず。(涙) クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2011-12-02 00:00 |     地方都市観光

ヘイリ芸術村@京畿道 part2 美しい建築物、エルビス食堂 etc.

e0166398_188298.jpg


ヘイリの続きです。 今回はサラッといきま~す。

ヘイリには個性的な建築物も数多く見られるのですが、中でもひときわ目を惹くのがこちらの建物です。 オシャレなカフェがいくつか入っているので、ぜひひと休みに立ち寄ってみて頂きたい場所の1つです。

e0166398_1883748.jpg


リーゼントのように飛び出た2階部分。 emoticon-0114-dull.gif 例え方が古いですよ…
木が複雑に組んである屋根も なかなか素敵ですよね♪

e0166398_1884622.jpg


下の写真は夏に行った時のものです。 こちらのオレンジジュースとピンクグレープフルーツジュースは果汁100%のもの。 韓国では、カフェで飲むジュースはもちろん、普通にスーパーなどで売られているジュースも100%のものが多いですよね。 日本だとQooみたいに果汁があまり入っていないものも人気がありますが、韓国にはほとんど無いので最初驚きました。 100%の方が身体に良いのは確かです。

e0166398_1885210.jpg


↑ 韓国のカフェでは、Lotusのビスケットが添えられていることも多いです。 下の写真のものは、普通にコンビニでも売ってます。

ロータス(Lotus) スナックカラメルビスケット8×2P

ロンドンティールーム




御覧のとおりヘイリは山を切り開いたという感じで、緑豊かな場所です。 夜はさぞ寂しいだろうな…と思っていたら、寂しいどころかかなり早い時間に閉店しちゃうみたいです。 以前、夜8時ごろ行ったら、どこもかしこも真っ暗でゴーストタウンみたいになっていました。 夜遅くまで営業している店舗が多い韓国にしては、かなり珍しい施設です。

e0166398_1885849.jpg


ちょっと奥の方に進むとショップは無くなるのですが、こんな個性的でオシャレな建物を見る事が出来ます。 建築のことはよく分かりませんが、きっと韓国では有名な建築家さん達がデザインしたものもあるのでしょう。 こういったものに興味がある方にとっては、とても興味深い施設に違いありません。 前回の記事でも書きましたが、敷地内はかなり広いので徒歩で全部見て歩くのはちょっとキツイと思いますが、ガッツのある方はぜひ歩きやすい靴で行ってみてくださいね。

e0166398_189480.jpg


ここはどうか分かりませんが、実際にアーティストさん達が暮らす住居になっている建物も多いようです。

e0166398_1891076.jpg


e0166398_1891645.jpg


なんと、ホンデにあるお気に入りカフェ、HOMEOが建築中でした! 12月にオープンだそうです。 これは絶対行ってみなきゃ。 HOMEOはイギリスなどのヴィンテージ家具を輸入している家具店で、インテリア雑誌などにもよく掲載されています。 ホンデの店舗にはカフェも併設されているのですが、私もお気に入りでよく行くんですよ♪ (今月末発売の雑貨本にも 「雑貨等の販売も行っているカフェ」 の1つとして掲載してます♪)

e0166398_189228.jpg


で、ここからが本番(?)。 ヘイリには、こんなオモシロ博物館も色々あります。 どうやらエルビス・プレスリーの博物館のようですが、なぜか建物の前にはロンドンのダブルデッカーがあります。 エルビスってアメリカ人のはずですが・・・。(汗)

e0166398_1892997.jpg


ついでに博物館の前には 「エルビス粉食(ブンシッ)」 なる、なんとも垢抜けない食堂 (←失礼) があります。 ブンシッというのは、トッポッキやマンドゥ、うどんみたいなものを売る気軽な食堂のことで、皆さんも御存知の 「キンパプ天国」や「キムガネ」 みたいなお店もブンシッです。 世界のスター☆エルビスも、韓国式にアレンジされると こんなもの… ^^;

e0166398_1893681.jpg


噴水がある広場みたいなものがあったので歩いていくと、こんな素敵なモニュメントを発見。(汗)

e0166398_18942100.jpg


ルーブル美術館にあるサモトラケのニケ、のようです。

e0166398_1894832.jpg


いやぁぁぁ~~っ!!emoticon-0153-brokenheart.gif

e0166398_1895344.jpg


これを見たカップルちゃん達が大ウケで、彼氏の方がこの前で同じポーズをして写真を撮っていました。 あ、もちろん彼は服着たままでしたよ。 emoticon-0114-dull.gif当たり前でしょ

ヘイリ「芸術村」のハズですが、もう何でもアリのようです。 面白いからいいんだけど。^^;


というわけで、今回は数回に渡ってヘイリをご紹介してみました。 数年前まではオープンしているショップも少なくて閑散とした印象でしたが、最近とっても拓けてきたので 観光客の方が行っても半日以上楽しめると思います。 また1、2年したらもっと拓けて良くなる・・・かな? ソウルからもバスで1時間程度で行けますので、興味がある方はぜひ行ってみてくださいね。 冬だとかなり寒いと思うので、出来たら春~秋に行くのがオススメです。


人気ブログランキングへ ← 今日は風も冷たく肌寒い1日でした。そろそろ冬かな…。クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2011-11-14 00:00 |     地方都市観光

ヘイリ芸術村@京畿道 part1 オシャレな本屋とレトロな雑貨店

e0166398_128096.jpg


ソウルのお隣、京畿道(キョンギド)にあるヘイリ芸術村の話題が続きます。 今月末に出版させて頂く雑貨本にもチラッと掲載しております~。

さて、ヘイリ芸術村は 「芸術村」 の通りアーティストさん達が集まっている場所なわけですが、「確かにこれはアートっぽい!」 と思えるオシャレな建物やショップも沢山あります。 こんなカフェとか。 そんな中でも最近割と気に入っているのが、こちらの建物。 1階はカフェ、2階はシゴンサという出版社がやっている書店になっています。

e0166398_1281047.jpg


なかなか雰囲気があるでしょう? ^^ コンクリートの打ちっぱなしの壁が素敵です。

e0166398_1281725.jpg


店内にはゆっくり座って読めるベンチやソファーも置いてあります。 大人のための書籍はもちろん、子供の絵本もたくさんあるので、家族で楽しめる場所です。

e0166398_1282689.jpg


なんとっ、ロンドンのフローリスト、ジェーン・パッカーの本もありました。 本の右下に 「CASA」 と文字が入っていますが、ソウルでもCASA Livingが主催しているCASA schoolでジェーン・パッカーのフラワー教室があるんですよ♪ ただ、受講料がめちゃめちゃ高いのが難点。。 単発レッスンは無く、コースのみなので、興味があっても通うのは難しいかな…。(レッスンは皆お昼だし…) ちなみに銀座にあるジェーン・パッカーのスクールは単発レッスンもあるので便利です。→ 私も参加しました。

e0166398_1283380.jpg


ジェーン・パッカーの店舗はソウルだと新世界百貨店に入っています。 高速バスターミナル駅の新世界にも入っているので、花市場に行く時には必ずついでにチラッと見に行くのですが、ディスプレイがなかなかオシャレで一見の価値ありですよ☆

このシゴンサの書店なんですが、凄いのは全品半額のディスカウント価格という点です。 デカデカと書いてあるわけじゃないので私もお会計をするまで気が付かなかったのですが、どうやらここは在庫一掃のための店舗のよう。 そういえば、平積みになっている絵本などの一部は、ちょっと汚れた感じでした。 でも、全然気にならない程度です。

e0166398_1284036.jpg


そんなわけで、ジェーン・パッカーの本と、『景福宮に行った火の鬼』 なる絵本を買ってみました。 ←最近買ったかのように語っていますが、もう半年近く前の話です。

ちなみにジェーンパッカーの本は定価が32000wのところ、半額の16000wでした。 安いっ! 洋書や日本語翻訳版だとかなり高いものですので、凄く得した気分です。 どうせ中は写真ばかりですから、韓国語が分からない方でも全然問題無しです♪

ジェーン・パッカーのCOLOURアレンジ ―おしゃれな色の花束

ジェーン・パッカー Jane Packer / 世界文化社


Jane Packer's Flower Course

Jane Packer / Ryland, Peters & Small Ltd



ちなみに私、華道は師範の手前まで習って(習わされて)いましたが、西洋のフラワーアレンジメントは単発でしか習った事がありません。 韓国に来てから 「何か習い事でもしてみようかな」 と思い、書店で華道やフラワーアレンジメント系の本を探したりもしたのですが、やっぱり日本ほどは盛んじゃ無いみたいですね…。 もちろん、探せばどこかにあるとは思いますが。 (韓国のデパートには日本のようにカルチャースクールも入ってますし。)



さて、この書店が入っているビルの1階はこんな感じのカフェになっています。

e0166398_1284638.jpg


パッピンスもありました。 確かこれ、6月ぐらいに撮った写真です。

e0166398_1285320.jpg



こんな感じでなかなかオシャレな施設がある一方で、「なんじゃこりゃ、、」 なショップなども色々あります。^^;  アートとは全く関係の無い、ただの雑貨屋も多いです。 何て言うか、「芸術」 と謳ってる割にはノンポリ・・・? でも、そうでもしないと幅広い客層は取り込めないのかもしれません。

e0166398_129211.jpg


昔の映画のポスターはなかなか面白いです。 結構漢字が使ってあったり、今はハングルには使われない長音記号が使ってあったりするんです。 「ローマの休日」 なら、「로ー마의休日」 みたいな感じに、ちゃんと 「ローマ」 になっています。

e0166398_1294498.jpg


昔の小学校の教室を再現したコーナー。 昭和のかほり漂う空間で、日本人にとっても懐かしさがこみ上げてくる場所です。

e0166398_1295113.jpg


駄菓子コーナーもありました。 駄菓子って絶対身体に悪いものばっかりなのに、何故か無性に食べたくなりませんか?^^; そういえば私が小学生だった頃、「買い食い」 なんて言葉がありましたけど、今考えてみたら 食べ物は本来買って食べるものなんだから、「買い食い」 って表現は変だよなぁ・・・。 (どうでもいい情報)

e0166398_129578.jpg


こういうオモチャ、あったあった! 紙製の野球ゲームやサッカーゲームを見て、SYは 「昔やったよ、これ!」 と興奮してました。

e0166398_1303396.jpg


こんな着せ替え人形、ありましたね~! 私の時代は当たり前に遊んだけれど、今の子達はこんなもので遊ぶことってあるんでしょうか? バービー人形みたいなものも、今の子達にはウケないのかなぁ・・・ だとしたら、ちょっと悲しい・・・。

e0166398_1305170.jpg



「ビミョーな施設もある」 とか書きながら、最後はノスタルジックな〆となりました。 なんだ、結構楽しんでるじゃない・・・と思われたことでしょう。^^; そう、ヘイリはある意味何でもありの施設なので、行く人ごとに違った楽しみ方が出来るのかもしれません。 私達はドライブのUターン地点としてお茶だけして帰ることが多いのですが、最近は注目度も上がっているのか、今月行った時は日本人観光客もいてビックリしました。 こんなところにまで観光客の方が来るとは・・・。 ほんと、旅行もどんどんマニアック化してますね。 (一人だと寂しすぎる場所なので、複数人でご旅行の際にいらっしゃるのをオススメします。)


そんなわけで、part2に続きます。


人気ブログランキングへ ← 明洞にユニクロのアジア最大店舗がオープンしたとのこと。ぜひこれは行ってみなければ…。クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2011-11-12 00:00 |     地方都市観光

ソウルも秋 @ヘイリ etc.

e0166398_026382.jpg


気が付けばあっという間に11月。 例年だともっと寒くなっている気がするのですが、今年は異常気象なのか、かなり暖かいです。 土曜日から日曜日の朝にかけて雨が降ったので少し寒くなりましたが、その前は 「本当に秋?」 と思うぐらい暖かかったです。

東京に比べると驚くぐらい秋が短いソウルですが、紅葉の美しさは東京と変わりません。 こちらはソウルのお隣・京畿道(キョンギド)のパジュにある芸術村「ヘイリ」の紅葉です。

e0166398_0261180.jpg


ここの紅葉はとても色鮮やかでキレイなので、毎年この季節になるとドライブがてら足を運んでしまいます。

e0166398_0261885.jpg


ススキもとってもキレイ。 話は飛ぶようですが、ソウルでカラスって見た事がありません。 神戸の大学に交換留学中の学生ちゃんから 「話には聞いていましたが、日本にはカラスがいっぱい居て驚きました!」 というメールが来て、「そういえばそうだなぁ」 と思いました。 (これまた話が飛びますが、うちの近所には白いハトが結構います。 東京ではあまり白いハトって見なかったので、ちょっと不思議な感じ・・・)

e0166398_0262655.jpg


こちらの個性的な建物の1階はかなり大きなブックカフェになっています。 いつもお客さんで一杯。 私達も一度入った事があるのですが、まぁ普通な感じでした。 以前はレストランだったのですが いつもあまり人が居なかったので、ブックカフェにして正解かも。 ヘイリの良いところは、色んな年齢層が一緒に楽しめるところでしょうか。 お子ちゃま連れからお年寄りまで、ドライブがてら半日~1日楽しめます。

e0166398_0263235.jpg


ヘイリ&その周辺の施設については、今度出る雑貨本でも簡単にご紹介しています。 自家用車で行く事が出来ない観光客の方向けに、バスでの行き方も記載しました♪ ←チラッとCM~


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そしてこちらはソウル市内、SYママ(義母) の新しいお引越し先の駐車場です。 SYママ、私がソウルに来てからだけでもこれで3軒目…。 ご自分のアパート(日本で言うマンション)もあるのですが、そちらは賃貸にしちゃって、ご自分と娘のヘランちゃんは テキトーな感じの家を点々としています。 あまり住む場所にこだわりは無い様子。 「もう少し住む場所にも気を配ったらいいのになぁ」 と思ってしまうのですが、こればかりは個人の価値観ですものね。^^; でも正直に言うと、今回のアパートはご近所さん達がちょっと 「疲れた感じの人達」 が多くて、少々良くない印象を受けました。 エレベーターの中で変わった人に声を掛けられ、SYもギョッとしてたし。 別に 「高級なアパート」 に住む必要は無いですけど、良くないオーラが漂う場所は避けた方がいいと思う・・・ 余計なお世話でしょうか。。 (でも、運気をUPさせるには、やっぱり住環境って凄く大事ですよね)

e0166398_0263935.jpg


まるでセッティングしたかのような美しい落ち葉。

e0166398_0264584.jpg


「落ち葉」 で思い出しましたが、韓国では大学修学能力試験(スヌン)、日本で言うセンター試験が今週木曜日に迫っています。 (「落ち」 って受験生には禁句だな、で思い出しました。^^;) ニュースを見ていたら、神社のようなところで祈祷する母親達の姿が映し出されていましたが、「ここまで来たら、あとは神頼み」 という感じでしょうか。 皆、頑張って~! ちなみに韓国の大学進学率は90%を超え、世界第一位です。 (私個人としては、多様性に欠ける韓国の学歴重視の風潮を 非常に不憫に感じていますが…)


黄色い絨毯。 今がまさに紅葉の一番美しい時です。

e0166398_0265193.jpg



ソウルで紅葉が美しい場所は色々ありますが、私は市庁の徳寿宮(トクスグン)の外壁沿いの銀杏並木が凄く好きです。 残念ながら今年は見に行く時間が取れなさそうですが、今週ソウルをご旅行の皆さんは、ぜひ御覧になってみてくださいね。 (ロッテ百貨店からも徒歩圏内です。)  あとは光化門広場の大通り沿いの銀杏並木もオススメ。 特に夜景が素晴らしいですよ~。 →過去記事


今日はこの秋で初めてブーツを履きました。 今の季節が一番好き♪


人気ブログランキングへ ← 睡眠の秋~で、日曜日は11時間ぶっ通しで寝ました! クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2011-11-07 00:00 |     地方都市観光

English Village @パジュ

e0166398_21555576.jpg


夏の終わりのことですが、色々ありまして、ソウルのお隣京畿道(キョンギド)坡州市(パジュシ)にある English Village に行って来ました。 私がここを訪れるのは、これで2回目。 English Villageは日本のニュースでも取り上げられたことがありましたけど、異常な英語教育熱の韓国において 「国内で海外体験ができる」 ことを目的に作られた、子供のための英語教育施設です。

e0166398_2156450.jpg


3年前はかなり子供連れで賑わっていたのですが、この日はがら~ん。。 なんでしょう、入口の時点からかなり不安に襲われる感じ・・・。 「村に入ったらそこは外国」 ということで、入口には空港の入国審査のようなゲートも作られているのですが、かつては行き先が表示されていた電光掲示板も 節電のためか全て電気が落ちていました。

e0166398_21561264.jpg


何かの書類を書くためのカウンターも設置されていますが、普通の人はそのままチケットブースに行って大丈夫。

e0166398_21562072.jpg


確か以前はもっと高い入場料を取られたような記憶があったのですが、この日は2000ウォン弱でした。 これはあくまで「入場料」だけで、中で行われている英語劇のようなものが見たければ、更に追加料金を払わなければいけません。

e0166398_21562921.jpg


3年前に来た時はここに入国審査の人がいて、子どもたちには英語で話しかけていたのですが、この日は英語で話しかけるのはおろか、人自体おらず・・・ 不法侵入OKって意味!?

e0166398_21563766.jpg


と思ったら、「自分で勝手にスタンプ押して入ってちょ」 でした。 (ある意味、すごく面白いー!)

e0166398_21564530.jpg


中に入っても、やっぱりあまり人がいませんでした。 なぜか足漕ぎの乗り物が大人気でビュンビュン通っていましたが、もはや英語村というより地方のちょっとした公園のようになってしまっています。 施設内は英語オンリーのはずですが、店員さん達ですら韓国語しか話してないし。 それでいいのか・・・

e0166398_21565552.jpg


建物はなかなかオシャレなのですが、テナントが入らずにクローズしているところも多く、本当に寂しい感じでした。 すぐ近くのヘイリ芸術村が最近盛り上がってきているだけに、余計残念。 2つの施設の明暗を分けたのは一体何だったのでしょう・・・。 ここももう少し良いテナントを誘致してイベントなんかをたくさんやれば、結構良い感じになると思うのに・・・。 (街並みはきれいに作ってあるので、ドラマやCMの撮影は時々あるようです。)

e0166398_2157536.jpg


線路脇にはそれらしい注意書きも。 芸が細かいですよね!

e0166398_21571252.jpg


e0166398_21571960.jpg


イギリスの街並みを意識したのか、赤いテレフォンボックスもあちこちに設置されています。

e0166398_21572641.jpg


オシャレな感じのイングリッシュパブも♪ ただ、説明書きがフツーにハングルだったりして、もはや「英語オンリー」の鉄則は守られておりません。。 あ、そうそう、私のもう1つのブログ、「su・te・ki world」 の方で、この夏のヨーロッパ旅行の記事を全てUPし終わりました。 またもイギリス中心の旅でしたが、やっぱりイギリスは何度行っても素晴らしいですね。^^ お時間があればこちらもぜひどうぞ♪

e0166398_21573540.jpg


線路に沿って奥の方へ進んでいくと、コンサートホールに到着~。

e0166398_2157438.jpg


なかなか立派なホールです。 3年前はここで子供向けの英語劇を観て予想外に感動したのですが、この日は上演されていないようでした。 これだけお客さんが居ないのでは、上演しても赤字になってしまいそう・・・といらぬ心配をしてしまった私。 うー、でも本当に悲しくなっちゃうぐらい閑散としていました。 かつては施設内の色んな場所で行われていたゲスト参加型のイベントも一切やっていませんでしたし・・・

e0166398_21575269.jpg


更に奥に行くと、外国人キャスト用の宿泊施設がありました。 何となく、日本の○○ニュータウン、みたいな感じの小ぢんまりとした可愛らしい建物。 近くを犬を連れて散歩している外国人女性がいたけれど、一体どのぐらいの人がここで働き続けているのでしょう・・・

e0166398_2158266.jpg



このように、日帰りで入れるエリアは非常に寂しい感じになってしまっており、正直 「いつまで持つだろう」 と思ってしまう感じではありましたが、ただここは元々日帰りの人がちょっと立ち寄って楽しむ施設というより、子どもたちが合宿して英語漬けになるのを目的に作られた施設ですから、そちらの方はぜひ頑張って頂きたいものです。emoticon-0114-dull.gifま~た上から目線ですよ

正直、ここだけを目的に行くのはちょっと・・・ではありますが、すぐ近くのヘイリ芸術村に行ったついでに寄ってみるのは良いかもしれません。 ある意味興味深いのは確かですから、ディープ&マニアックに韓国を楽しみたい方は、話の種にぜひどうぞ。


address: 京畿道(キョンギド)坡州市(パジュシ)炭縣面(タニョンミョン)法興里(ポプンリ)1779
        경기도 파주시 탄현면 법흥리1779
phone: 02-1588-0554

ソウルから行く場合、地下鉄2号線合井(ハプチョン)駅より2200番のバスで1時間ほどで行けます。


人気ブログランキングへ ← ソウルはすっかり秋の涼しさになりました。クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2011-09-24 00:00 |     地方都市観光

韓国以外の海外旅行記事をお引越しさせました☆

e0166398_20375164.jpg


だんだん記事数が増えてカテゴリもごちゃごちゃしてきたので、
韓国以外の海外旅行記事をUPする新しいブログsu・te・ki worldを立ち上げることにしました。

大好きなイギリスを中心に、旅の記録を残していきたいと思います。

su・te・ki Seoul共々よろしくお願いします☆


人気ブログランキングへ ← クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2011-02-24 21:00 |     地方都市観光

韓国の道(9つ)・特別市(1つ)・広域市(6つ)

韓国に住んでいながら意外と知らないのが、韓国全土の地理。
先日、久々にソウルの外に出たので、この機会に韓国の地理をおさらいしてみました。

e0166398_1284661.jpg


※上の白地図は自分で文字入れしたので、若干位置がずれてるかもしれません、、



【9つの道と道庁所在地】
・京畿道 (경기도、キョンギド)  水原 (수원、スウォン)
・慶尚北道 (경상북도、キョンサンプクド)  大邱 (대구、テグ)
・慶尚南道 (경상남도、キョンサンナムド)  昌原 (창원、チャンウォン)
・江原道 (강원도、カンウォンド)  春川 (춘천、チュンチョン)
・全羅北道 (전라북도、チョルラプクド)  全州 (전주、チョンジュ)
・全羅南道 (전라남도、チョルラナムド)  務安郡 (무안군、ムアングン)
・忠清北道 (충청북도、チュンチョンブクド)  清州 (청주、チョンジュ)
・忠清南道 (충청남도、チュンチョンナムド)  大田 (대전、テジョン)

【韓国の特別自治道】
・済州特別自治道 (제주특별자치도、チェジュ トゥクピョル チャチド)  済州 (제주、チェジュ)

【韓国の特別市】
・ソウル (서울)

【韓国の広域市】
・釜山 (부산、プサン)
・大邱 (대구、テグ)
・仁川 (인천、インチョン)
・光州 (광주、クァンジュ)
・大田 (대전、テジョン)
・蔚山 (울산、ウルサン)


せっかくだから、韓国に住んでいるうちに 全都市制覇できたらいいな・・・というお話。emoticon-0122-itwasntme.gif


人気ブログランキングへ ←「参考になった」という方も、「知ってたわよ」という方も・・・クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2011-02-08 00:00 |     地方都市観光


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

人気ジャンル