「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:    地方都市観光( 48 )

全州ビビンバ <全州・潭陽 1泊2日旅行①>

週末、SY(夫)と1泊2日で小旅行に行ってきました。
事前準備や下調べはほとんど無し、行き当たりばったりの気ままな旅です。

e0166398_3141439.jpg


今回訪れた2都市を簡単に御紹介すると・・・

全州(チョンジュ)は 全羅北道中部の市で、全州ビビンバで有名です。
潭陽(タミャン)は全羅南道の北東部にある郡。 かつては竹や竹細工製品の生産が盛んで、地域の主要な
産業の一つだったのだとか。

(以上。 「本当に簡単な説明だな!」 とかツッコミ入れないでくださいね~ ^^;)


e0166398_3142682.jpg
実は、今回の旅はSYが計画してくれました。emoticon-0100-smile.gif

10月頭に私が日本出張を終えた際、「11月は少し余裕が
あるかも」 と言ったことから、「じゃあ地方へ行ってみようか。
韓国では秋になると皆旅行するんだよ」 ということになって。
まさか今更 「実は11月の方が忙しいから、12月に変更して
くれない?」 とも言い出せず、とにかく行ってきました。
これ以上寒くなってからでは凍えてしまって楽しめなさそう
なので、やはり今行ってきて正解だったかも。

観光地や宿の下調べは全くしなかったSYですが、さすがに
食べるのが好きなだけあり、現地の名物だけは色んな人に
聞いて準備万端にしておいてくれました。^^;

そんなわけで、高速道路を降りてまず向かったのは、ソウル
にも支店があるビビンバの名店、古宮です。(→過去記事



e0166398_3143740.jpg


やはり本店だけあって立派な店構え、とても大きな店舗でした。
この付近は 文字通り本当に何もない場所だったのですが、この古宮にビビンバを食べにくるためだけに
来ている人達も大勢居たようで、お店の前には大型観光バスまで止まっていました。


シックな色合いのポジャギ (韓国伝統のパッチワーク) がとても素敵でした。 ↓

e0166398_3144766.jpg


      メニューは恐らくソウル明洞店と同じ。 日本語表記もあります。

e0166398_3145640.jpg



e0166398_315624.jpg


    ロールケーキのような形で品良く出てきたキムチ。(もちろん、お味も美味しかったですよ♪)

e0166398_3151674.jpg


    いっしょに出されたおかず類も、ちょっと素敵でしょう?^^
    韓国料理といっても、辛いものばかりではないのですよね。 身体に良さそうな野菜が並びます。

e0166398_3152732.jpg


SYが同僚さんに 「美味しいから是非食べてきて!」 と言われたパジョン、いわゆるチヂミです。
普通のチヂミよりも薄く伸ばして焼いてあったようで、ふちがカリカリしてとても美味しかったです♪ emoticon-0115-inlove.gif

e0166398_3153631.jpg


   そしてお待ちかねのビビンバが登場! SYは(多分)ユッケのビビンバをチョイス。

e0166398_315469.jpg


私は前回ソウル店でも食べた普通のビビンバを注文。 普通・・・といっても、これ、本当に素晴らしいんです。
全州ビビンバは朝鮮時代の三大料理の1つなのだそうですが、何と30余りの材料が入っているんですよ!
美味しく簡単に食べられて、しかも栄養満点とは嬉しい限りですよね♪

e0166398_3155792.jpg


  しっかり混ぜました。 あ、何が入っていたのか観察し忘れた・・・

e0166398_316962.jpg


お好みで特性コチュジャンを入れて。 こちらのコチュジャンは、レジで購入することも出来ます。
それにしても、なぜ韓国の食堂って オーナーのリアルな顔入りキャラを作るのが好きなんですかね、、

e0166398_3162131.jpg



こんな感じで、1泊2日旅行は全州を代表するビビンバでスタートしました。

最初、街をしばらく車で走っても全然ビビンバのお店が見つからなかったので 「えっ、これで名物?」 という
感じでしたが、街の中心部や、後ほどご紹介する韓国民族村あたりに行くと やはりそれなりに多くのお店が
並んでいました。 日程の都合上、ビビンバを食べられたのはこの1度だけでしたが、奥深い全州のビビンバ、
チャンスがあれば また是非食べに行きたいと思います。^^


人気ブログランキングへ ←今回食べられず悔しかったのは、全州韓定食! クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2009-11-17 00:00 |     地方都市観光

水原(スウォン) ~城壁と宮殿の街~

前回の記事の続き。
SY(夫) と、京畿道の道庁所在地、水原(スウォン)へドライブがてら行ってきました。

e0166398_21574712.jpg


水原(スウォン)では1794年、時の王様・李氏王朝第22代正祖がソウルからの遷都を計画し、
大規模な城郭が築かれたのだそう。
結局、遷都は実現されなかったものの、現在も城郭や楼門など40あまりが残されています。

ところで上の写真は 水原の城壁の近くで見つけたガードレール。 可愛いでしょ?^^
ソウル市内でもそうなんですが、マンホールや街路樹の柵など ちょっとしたところにこだわりのある
デザインが見られるんですよね~。



さて、水原の中心となっているのが 水原華城(スウォンファソン) です。
第22代正祖が遷都を計画した際に建てた城で、城壁の長さは何と5.7キロメートルに及ぶのだそう。
西洋の様式も取り入れたこの城は高い評価を受け、1997年には世界遺産にも登録されたのだとか。
残念ながら私たちは時間が無くて そこまでは行けませんでしたが・・・


e0166398_21572426.jpg


私たちが民俗村から水原に車で移動して最初に辿り着いたのが、上の写真の華城行宮です。
華城行宮は 「宮廷女官・チャングムの誓い」 の撮影の一部にも使われた、華城の中心的建造物。
是非入りたかったのだけど、入場出来るのは午前9時から午後6時までとのことで、あと一歩の
ところで入る事が出来ませんでした。 (何も調べず、行き当たりばったりで出掛けたので仕方ない、、)


せっかくなので、周囲の城壁を歩いてみることにしました。
日が沈む前に、急げ、急げ~

e0166398_21573633.jpg


    「城壁」 なのだから当たり前だけど、やたら長い・・・・・・
    先週の登山といい、最近なんだか運動ばかりさせられている気がします。


e0166398_21575871.jpg


    ひたすら階段を登り続けること、約30分。 (ゼーゼー、、、真夏じゃなくて良かった、、)

e0166398_2158821.jpg


    ようやく頂上に到着。 長かった!
    この辺では、立派な一眼レフを構えている男性陣(外人さん含む)多数とすれ違いました。


e0166398_21581824.jpg


    あとはなだらかな道を進み続けるだけ。 何だかイギリス・ヨークの城壁を思い出してしまった。


e0166398_2158295.jpg


    うーん、さすがに上からの見晴らしは抜群です!!


e0166398_21583914.jpg


    お疲れ様でした! 日没近かったので、私たちはぐるりとは回らず、途中で下りました。

    ここだけではなく、水原にはあちこちに素晴らしい門や城壁があるそうなので、
    次回行くチャンスがあれば、是非丸一日かけてのんびり回ってみたいと思います。


e0166398_21584973.jpg



ところで、水原でもう1つ有名なものといえば、「水原カルビ」。
味付きカルビの元祖が水原なのだそうで、お値段は少し高めだけど とにかく有名です。

私はこのカルビを食すのを楽しみにしていたのだけど、SYは 「だめだめ、輸送手段が無かった
昔ならともかく、今はソウル市内でも同じものがずっと安く食べられるんだから、ソウルに戻って
家の近所で食べようよ」 なんて面白くないことを言う・・・

「やだよ、せっかく水原に来たんだから、記念に水原でカルビが食べたいよ」 と主張してみたものの
結局 「ソウルの方がずっと安い」 の言葉に押し切られ、家の近所で食べることに、、、←やはり主婦
先週、元・生徒さん達に連れて行ってもらった 物凄く美味しいカルメギサルの店にSYを連れて行って
あげました。 (写真無し。 ゴメンナサイ~)


そうそう、そのカルメギサルのお店で、ちょっと面白い光景を見たんです。
私たちの右隣のテーブルに、日本人観光客の凄く可愛らしい女の子2人組が座っていたのですが、
私たちの左隣のテーブルの韓国人男子グループ4人組、彼女達を見てずっとソワソワソワソワ(笑)。
「おい、お前が声掛けろよ!」 「お前が言ってこいよ!」 とヒソヒソヒソヒソ。

もしかして真ん中に邪魔な私達が座ってなければ、男の子達は彼女らに声を掛けたのかな??
くくく、若いっていいなぁ。


人気ブログランキングへ ← そして今日はSYママと大叔母さんと一緒に早めの父母の日ディナーを。 クリックプリーズ☆
by yossy_kr | 2009-05-03 22:00 |     地方都市観光

韓国民俗村 @京畿道、龍仁

昨日、SYとドライブがてら京畿道(キョンギド) の龍仁(ヨンジン) にある韓国民俗村に行ってきました。
京畿道はソウルをぐるりとドーナツ型に取り囲む、日本で言うところの都道府県の1つです。

e0166398_9195923.jpg


日本は今まさにゴールデンウィークの真っ最中ですが、ここ韓国も日本ほどではないものの
5月頭はGWのような連休が入ります。
5月2日はお釈迦様の生誕記念日で祝日、5月5日は日本と同じくこどもの日・・・

金曜日の私の仕事は通常 「お昼: 勤務校で仕事、夕方: 非常勤の仕事」 という感じなのですが、
昨日は特別に非常勤の方の仕事が休みになったため、会社がお休みだったSYに大学まで車で
迎えに来てもらいました。



e0166398_9443276.jpg車に乗り込んでから、「京畿道の水原(スウォン) に
行ってみようか」 と急遽決定。

というのも、非常勤で教えているクラスの生徒さんから
頂いた ガイドブックの中の京畿道の部分だけ抜粋した冊子
がちょうどカバンの中に入っていたので。 この生徒さん、
日本の某ガイドブックの編集に携わっているそうのだそうです。



さて、車で1時間ちょっと、あっという間に目的地の水原に到着しました。
地図を見たSY、「ここから近いから、まず龍仁の民俗村に行ってみようか」。


e0166398_918164.jpg


  韓国民俗村といえば、韓国語のテキストには必ず出てくる名所です。
  重要な単語もろくに覚えていないうちから 「民俗村」 という単語は記憶してしまうという位・・・

  これだけ出てくるのだからよっぽど韓国が自信を持っている観光地なんだろけど、こういう場所って
  大抵は期待はずれなことが多いんだよなぁ・・・などと思っていたら これが予想以上に充実した
  施設でビックリ。 入場料も12000ウォンとちょっとお高めですが、それだけの価値はありましたよ~


e0166398_943780.jpg



  ここの動物達、「すみません、カメラ目線お願いします」 と言ったら、ちゃんと見てくれてビックリ!!
e0166398_923334.jpg


    ・・・っていうか、そんな事を牛やロバに言う私にビックリ、って感じですか? (汗)


     ↓ 日本の神社みたいにおみくじの紙を結んでいるのかと思ったらそうではないらしい。
        自分の願い事を書いた紙を ロープに結び付けてます。

e0166398_9185977.jpg



      ↓ 何度見ても摩訶不思議なのはこちら、「天下大将軍」。 ソウル内でも結構見かけます。
         ちなみに写真には写っていませんが、 「地下大将軍」 もあります。

e0166398_9223991.jpg


     これを見るたび、うちの妹の旦那さん (普段は割と物静かでクール) がソウル内の
     宮殿で 「天下大将軍」 を見るなり 急に跪いて祈りのポーズを取り、妹に写真を撮って
     貰っていたのを思い出します・・・・・・ (よっぽどインパクトが強かったんだね、、、)


e0166398_924186.jpg


   京畿道といえば、陶磁器で有名でもあります。
   利川(イチョン) では確か現在陶磁器フェスティバルが行われているはずだけど、
   今年は行けないかも。 ちなみにこの民俗村でも陶磁器製作体験が出来ます。


            ↓ お掃除のアジュンマとアジョッシも民族衣装で趣があります。
e0166398_9242754.jpg


               ↓ あ、ひょうたんだ。
e0166398_9244614.jpg



e0166398_925619.jpg
<クイズ>
これは何に使うものでしょう?


答え: 昔のアイロンだそうです!!

SYから聞いた答えなので、万が一間違えて
いたらゴメンナサイ、、、




   ↓ のどかな田園風景。 乗馬体験も出来ます。(この日は子供が泣きながら乗っていた・・)
e0166398_9421493.jpg


  今更ちょっと説明を、、、

  ここ韓国民俗村は 朝鮮時代(1392~1910年) の韓国の様子が総合的に紹介されている
  伝統文化体験施設なのだそうで、ずいぶん沢山の建物がきちんと造られているなと思ったら、
  なんと270棟もの両班家屋や農家、朝鮮時代の役所などが作られているのだとか。
  私は観た事がないのですが、韓国の歴史ドラマ 「チュオクの剣」 といった時代劇の舞台としても
  よく利用されているのだそうですよ。

  伝統的な民家の他にも、市場や食堂、伝統茶院、そしてなぜか子供が遊べる遊園地の施設
  まで揃っており、のんびり丸1日過ごせてしまえるような なかなかユニークな場所でした。
  (ちなみに私たちは時間も無かったので 2時間ほどの滞在でした)


e0166398_9271943.jpg


              ↓ おままごとのキノコのお家みたいで可愛い♪
e0166398_9425156.jpg


        ↓ もしかしてアジョッシ、ここに住んでいる・・・・・・? という自然な佇まい。
e0166398_9432236.jpg


         ↓ やはり韓国の人達にとっては 昔からとうもろこしは身近だったのでしょうか。
e0166398_9423487.jpg



    さて、民俗村では実際の結婚式も執り行われることがあるのだそうです。
    この日もちょうど16:30から結婚式があったので、ちらっと覗いてみました。

e0166398_9433818.jpg


    こちらのお嫁さん、なんと日本の方なのだとか。 しかも私の妹(未婚の方の) と同じ名前!
    新郎新婦の名前が書いてあるプレートを見たSYは、
    「ねぇ、○○(←妹の名前) の結婚式だって! いつの間にこんなところで!!」
    と大喜び。(寒)

    どうぞ末永くお幸せに・・・! emoticon-0115-inlove.gif
   

    たくさん歩いて小腹が空いたので、気軽に食べられる食事処へ。 テーブルは野外です。

e0166398_9435524.jpg


    こちらはジャガイモをすり潰して焼いた 「カムジャジョン」。
    お味はまぁまぁ、このお店が悪いのではなく、元々カムジャジョンはこういう味なのかも。
    個人的にはキムチジョンの方がもっちりした食感で好きです。

    他のお客さん達は皆 「ドンドンジュ」 というマッコリによく似た味の白濁したお酒 (美味!) と
    一緒に食べていたけれど、SYが運転しなければならないので私たちはお水で我慢、、、
    観光バスで行かれる方は、ぜひぜひドンドンジュと一緒に召し上がってみて下さいね~



    ↓ 池のほとりでビニールシートを敷いて宴会、の図。 韓国っぽい~
e0166398_9441491.jpg



  いかがでしたか?
  韓国民俗村に行ったのは初めてでしたが、思っていたよりもずっと面白い場所でした。
  機会があれば、ぜひ1度行ってみてくださいね♪
  但し、とにかく広くてたくさん歩かなければならないので、真夏と真冬は避ける事をオススメします、、


人気ブログランキングへ ←一番上の写真に入れた文字、間違えて「民族」にしてしまいました、、
by yossy_kr | 2009-05-02 11:00 |     地方都市観光

凧、凧、あがれ

日曜日は半袖で歩けるほど暑かったのに、雨が降った月曜日からまたグッと冷え込みました。
こういう季節の変わり目って、どんな服を着て外に出たらいいのか迷います、、、

e0166398_22534946.jpg


さて、今月頭の話なんですが、SY(夫) と九里(グリ)にある漢江(ハンガン、川)公園に行ってきました。
九里というのはソウルをドーナツ状に取り囲んでいる京畿道(キョンギド)にあります。
既にUPしたヨン様主演の 「太王四神記」 の撮影地もすぐ近く。


e0166398_22545335.jpg


漢江(ハンガン)沿いにある一連の公園を総称して 「漢江公園」 と呼びますが、この九里漢江市民公園は
数ある漢江公園の中でも かなりの敷地の広さを誇ります。

私がソウルに引っ越してきた2年前にも1度行った事があったのですが、確かあの時は5月か6月で
バラのアーチがあったり 他にも色とりどりの美しい花が咲いていて 「韓国にも こんな植物園の
ような場所があるのだなぁ」 と非常に驚き感動した記憶があるのですが、今回は時期が悪かった
らしくガラ~ン、、、という雰囲気。 広い敷地内のごく限られた花壇にのみ 花が咲いていました。
どうせ行くなら来月あたりにすれば良かった、、


   お約束のウォーキング用ロードも延々と続く・・・
e0166398_22541160.jpg



   もちろん もう1つのお約束、無料で出来る 「野外ジム(?)」 も完備。
e0166398_2255582.jpg


 この日はまだかなり肌寒かったこともあり、人出もまばらでした。
 もう少し暖かくなって花が一斉に咲くシーズンになったら 家族連れで賑わうことでしょう。
 (あ、余談ですがこの公園に設置されているトイレはやたら凝っていてキレイだったりします)


   ん? 遠くの空に何か見えますが・・・  「8」 の字のリボン・・・?
e0166398_22543980.jpg



      もう少し近づいてみましょう。
e0166398_225415.jpg



「凧」 です。 いや、凧じゃなくて 「スポーツカイト」 と呼んだ方がいいのでしょうか。
写真じゃあまりよく分からないかもしれませんが、このカイトは物凄い大きさでした。
色合いも何か韓国の国旗をイメージしたような感じですね~

50代ぐらいのおじさんが一人で揚げていたのですが、揚げるまでの準備も大掛かりだし、
カイトが空に揚がってからも とにかく忙しそう。 正にスポーツ。
写真でも分かるように、カイトが色んな形にぐるぐる回って円を描いたり八の字になったり
とにかくすごいんです!! 私の中の 「子供がやる凧揚げ」 のイメージとは全く別物でした。



あくまで私が生活してみた感想ですが、東京に居た時よりも韓国での方が 公園や自然といったものを
ずっと身近に感じられるような気がします。
とうとう新しいレンズもGETしたことだし (はい、意を決して今晩ひとりで買いに行ってきました!)、
春が終わる前に色んな場所に行って お花を中心とした自然を楽しもうと思います。 ^^


人気ブログランキングへ ←こえださん、バトンは次回UPしますね♪ クリック☆プリーズ
by yossy_kr | 2009-04-22 23:00 |     地方都市観光

江原道 (4) 冬ソナロケ地 sanpo

竜平スキー場には色々なコースがあるのですが、ゴンドラに乗ってかなり山頂まで
行ったところでSYに 「yossy、こっちこっち!」 と呼ばれました。


e0166398_404471.jpg



ヨン様がこんなところにいらっしゃいました。

しかもわざわざ日本語で大きく 「冬のソナタ」と書いてあるところが凄い。
このスキー場、日本人観光客もよく来たりするんでしょうか?
(欧米人のスキーヤーは何人か見かけましたが。)
それとも、「冬ソナ」 といえばやっぱり日本、ということで日本語?

せっかくのご配慮なので、日本人の私は有難く写真を撮らせて頂きました。


上の写真を撮り終わり、さぁ出発・・・と思っていたところでまたもSYが
「yossy、こっちにもあるよ!」


e0166398_405689.jpg


本物と見間違ってしまいそうな程、やたらリアルなパネルです。 ^^;


韓流ドラマに興味が無い私もさすがに冬ソナは半分以上観たのですが、
なぜこの場所に冬ソナのパネルがあるのか全く分かりませんでした。
「寒い場所だから冬ソナ? そんなバカな・・・」 と思っていたら、


e0166398_41939.jpg


    ↑ あ、ここにも。 帰りの車の中より。

スキー場のすぐ側の車道に看板が出ていました。
どうやらここ、冬ソナのロケ地だったらしい。



e0166398_412113.jpg


    ↑ こちらがヨン様とチェ・ジウが歩いた道でございます。


思いがけず冬ソナロケ地ツアーまで出来てしまい、なかなか充実した旅になりました。^^



e0166398_20222958.gif ← 私以外、誰も写真を撮っていなかったのが不憫・・・。Click please !
by yossy_kr | 2009-02-02 01:00 |     地方都市観光

江原道 (3) スキー

LOHAS PARK へ総勢9名での1泊2日旅行、1日目の日中は、
「氷上釣り大会」 組と 「スキー」 組に分かれて過ごしました。

・・・といっても、スキー組は私とSYの2人だけ。 ^^;
「釣り組」 の皆さんは結局 「面倒だから行くのやめよう」 と部屋で過ごしていたそう。。
氷上釣り大会が目的で旅行を計画したんじゃなかったの!?


e0166398_3412743.jpg


私達は他の皆さんがオススメしてくれた용평스키장 (竜平スキー場) へ行きました。
ソウルナビさんでの特集はこちら
LOHAS PARK からだと車で40分ちょっとの場所。

車で向かう途中まであまり雪が無くて 「こんなんでスキー場に雪なんてあるのかしら」
と心配していたのもつかの間、トンネルを抜けた途端に豪雪でした。
川端康成の 「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった」 ・・・の世界そのもの。



e0166398_3424772.jpg

SY、ちゃんと準備体操してから滑ってね。

私は忘れて滑ってしまい、上り坂を無理して勢い良く登ったらこむら返りもどきを
起こして非常に焦りました。 ^^;



e0166398_3433086.jpg
ドッキリカメラ?

リフト券売り場付近で、イギリス留学時代の
友達にバッタリ遭遇!!!
ま、SYは彼と今でもたまに会ってるようですが。

それにしても、世界って狭すぎます・・・




e0166398_344813.jpg



一眼レフを背負いながらスキーはとても出来ないので、ここではコンデジが大活躍。
(でも一眼レフを背負って滑ってる人、結構居てビックリ)

この写真では伝わらないと思いますが、実際はかなり吹雪いてました。
お陰でアイスバンになっている場所が無く快適に滑れてよかったですが、寒かった!



e0166398_3454679.jpg
ランチタイム

スキー場といえばカレーライス。
韓国のスキー場でも同じなんですね~

お値段は9000ウォン程度 (900円)。
韓国でこの値段はかなり高いけど
リゾート地なので仕方ないですね。

しかもお味は・・・不味かったです。。
カレーで 「不味い」 ってある意味凄い。




寒さを物語るワンシーン。 見ているだけでひんやり・・・
e0166398_3462856.jpg



私がソウルに来て最初の年に非常勤で教えていた大学に、スキーに凄く詳しい
男子生徒 (例の建築学科の子) が居たんです。
詳しいどころか、日本のスキー場でひと冬インストラクターの仕事をしたこともあるそう。

その彼が言うには、スキー場そのものの数やコースの多彩さなどは 断然日本が上だ
という話だったので、正直今回はあまり期待せずに行ったんです。

ところがなかなかどうして。 規模も雰囲気も凄く良くてビックリしました。
プロの人がどう評価するかはともかく、私レベルの人間には十分良い施設でしたよ☆
ここならまた何度でも行きたいです。


皆さんもチャンスがあれば、ぜひこのヤンピョンスキー場へ行ってみてくださいね!


e0166398_20222958.gif ← 20分近く乗るゴンドラもオススメです☆ Click please !
by yossy_kr | 2009-02-02 00:30 |     地方都市観光

江原道 (2) ソリ遊び

LOHAS PARK での2日目の朝。

e0166398_232414.jpg


部屋の窓を開けると、遠くの方の坂で誰かがソリ遊びをしているのが見えました。
朝食の後、早速みんなで 「行ってみよう!」 ということに。


e0166398_2324152.jpg

↑ 見えますか? 誰かが滑り降りています。 (み、見えないですよね。^^;)
  露出オーバーなのはカメラの設定を戻し忘れていたから・・・



e0166398_2321975.jpg


とにかく皆 若い、元気、ノリが良い!! (スミマセン、年寄りじみてて・・・^^;)

色んなポーズを取りながら順番に滑り降りていく男性陣。
誰かが滑るたびに、皆で大笑い。
ソリがあんなに笑えて楽しいスポーツ(?)だったとは!!

なだらかに見えて意外と急勾配でかなりのスピードが出ていたため、
恐れをなした私とミジュちゃん (ソンホちゃんの奥さん) は見ているだけにしました。
転んで顔にでも怪我したら大変じゃない・・・と思ってしまう私は根っからのインドア人間。



e0166398_2323090.jpg


SY(夫) も1度だけトライ。
かなりのスピードが出ていて、見ているこっちがブルッ。 ^^;

大自然の中では、誰もが子供の気持ちに返ってしまいます。



e0166398_20222958.gif ← 立ちすくむ私の横で、小さい子供がスイスイ滑り降りて行った・・・。Click please !
by yossy_kr | 2009-02-02 00:10 |     地方都市観光

江原道 (1) LOHAS PARK

週末、SY(夫) の従兄弟・ソンホちゃんに誘われて、江原道(カンウォンド) にある
LOHAS PARK というコンドミニアム施設に行ってきました。
なんと、総勢9人で。 

ソンホちゃん夫婦はいいとして、他のメンバーは ソンホちゃんの幼友達複数名および
そのガールフレンド1名というかなり微妙な感じでしたが (←もともと団体行動大嫌いな
私にとってはかなり酷)、行ってしまえば結構楽しめました。


e0166398_0175226.jpg



江原道(カンウォンド)は、ソウルの隣の隣の道。
「道」 は、日本で言えば都道府県にあたるものです。
週末だったので高速道路が少し渋滞していましたが、我が家から3時間弱だったでしょうか。


e0166398_0181747.jpg



旅行の前日、SYママに電話で呼び出されて一人でキムチを貰いに行ったのですが
(この辺、凄く韓国っぽくて自分でも思わずウケてしまう・・・)、その時にSYママに
「コンドミニアムに行くなら、料理の材料なんかはもう買ったの?」 と言われて
ハッとしました。

私、典型的なインドア人間なので ^^;、コンドミニアム=自炊、という図式が全く
頭の中に無くて。
でも大丈夫、マメで良く気がつくソンホちゃんが全て買っておいてくれました。^^
(キムチだけは うちがSYママに貰った物を持って行きましたが。)

そうそう、素晴らしい事に、夕御飯は男性陣で全て作ってくれたんです!(拍手)
SY曰く、「アウトドアの時は、男性がやるのが当然だよ」 と。
特にソンホちゃん、本当にマメマメしく動いてくれて、「なるほど、これじゃ女性に
よくモテたっていうのも分かるなぁ」 などと感心して見ていました。


e0166398_0182953.jpg



ベランダで、江原道名物という牛肉を焼く。
もちろん炭火焼。
牛も豚も外で焼くとどうしてこんなに美味しいのだろう!!

SYとソンホちゃんが絶妙のコンビネーションで焼いていたので褒めたら、
「当たり前だよ! 30年のコンビだよ」 と自信満々に返されました。
血の繋がった従兄弟同士であり、兄弟のようでもあり、親友でもある2人。
そんな存在がある彼らが、何だかとても羨ましかったです。 ^^



部屋数の都合上、私とソンホちゃんの奥さん・ミジュちゃんの2人で1部屋使いました。
やたらラブリーなダブルベッドで一緒に寝ちゃったよ~!


e0166398_0184147.jpg



部屋のインテリアは色彩が若干微妙な感じだったけど ^^;、見ようによっては
私が好きなイギリスのファブリックブランド・デザイナーズギルドっぽく見えるかも?
と思い、写真を撮ってみました。 どうでしょう??


e0166398_0192424.jpg


デザイナーズギルドというより、ローラアシュレイ?
やっぱり全体的にラブリーなイメージです。

e0166398_0194152.jpg



コンドミニアムの周辺は結構雪がありましたが、私達が行った日は結構暖かかった
ように感じました。
(私の 「暖かい」 は、普通の人にとってはかなり寒い可能性もあるので要注意・・・)


e0166398_018557.jpg



e0166398_020184.jpg




夏に行ったらまた違った雰囲気が楽しめることでしょう。
思った以上になかなか良い場所でした。 ^^


e0166398_20222958.gif ← ゴム手袋をして食器洗いをしていたゴツイ男性が可愛かった(笑)。Click please !
by yossy_kr | 2009-02-02 00:00 |     地方都市観光


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






お気に入りブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

人気ジャンル