カテゴリ:    景福宮( 9 )

やっぱり落ち着く♪ 雨の日に「cafe ゴヒ」さんへ @景福宮

e0166398_1192054.jpg


また写真が溜まってきてしまったので、簡単にUPできそうなものからどんどん行きます。063.gif

ちょっぴり雨模様だったある日… お友達2人と景福宮にあるカフェ 「ゴヒ」 さんに行ってきました。 最近なぜかゴヒさんづいてます。

e0166398_1192630.jpg


本当はこの日、最初に駅の近くにあるデリム美術館に寄る予定にしていたのですが、な、なんと改装中で! がが~ん、、、057.gif

地図はしっかりお友達に送っていたのに、肝心の開館情報は調べなかったという…。(休館日は月曜日だから大丈夫♪ と思い込んでいたのです)

あー本当にスミマセン。。 こんな私なので、付き合ってくれるのは、「いいよいいよ~」 とゆるい感じで構えてくれる人か、または私の代わりにキッチリ何でもやっておいてくれる人だけでしょう。 (どっちにしてもスミマセン…)

e0166398_1193160.jpg


お天気もあまり良くないし、あちこち歩かせてしまうのも悪いので、ササッとゴヒさんに入ったのですが、やっぱりここで正解。 お天気のせいかは分かりませんが、そんなに混んでなくて静かで… 落ち着いて話すことができました。

風水的に最高の場所と言われている景福宮の近くだからでしょうか、なんとも言えずリラックスした良い空気が漂っているんですよね。

e0166398_1193730.jpg


3人で2つのケーキをシェアすることに。

ティラミスとカボチャのケーキ。 ティラミスは以前食べた時ほどの感動は無かったけれど、カボチャのケーキは甘さ控えめで美味しかった! 上に乗ってる部分がシュークリームの生地のように軽くてサクッとしていて。

e0166398_1194257.jpg


中はこんな感じ。 あっさりしていて私の好みの味。 また食べたい美味しさでした。

e0166398_1194937.jpg


ゴヒさんは店内で陶磁器も売られているのですが、カウンターの下にあったお皿がなんとも素敵で… 確か1枚1万ウォン(千円ぐらい) だったと思いますが。

素敵…と見ていたら、お友達に、「でもyossyさん、断捨離…」 と言われ、ハッとして見るだけにしました。汗

e0166398_11955100.jpg


店内の壁には前回行った時とは違う絵が飾られていました。 全部同じアーティストさんのもの。 カフェがアートギャラリーのような役割も果たしているのって素敵ですね♪


ゴヒさんへの行き方:
3号線景福宮3番出口を出てまっすぐ歩き、2つ目のFUJIFILMの店がある角を右折。 最初の角を左折し、数十メートル先のビル1階。 駅から徒歩5分強。 電話:02-734-4907



e0231876_0251970.png



カフェを出て、すぐ近くの 「土俗村」 さんへ。 言わずと知れた、サムゲタンの有名店です。

こういった 「ガイドブックには必ず出ている店」 というのは、いかにも観光客専門店みたいな場合もありますが、土俗村さんは素直に 「定期的に食べに行きたい」 と思える名店です。

e0166398_120084.jpg


これだけ食べても満腹に感じなかったのは、大食漢のSY(夫)と暮らしているせいでありましょう…

e0166398_120682.jpg



景福宮エリアは落ち着いていて良いですね。 アートギャラリーはまた次回リベンジします。



e0231876_0251970.png



拙著 『su・te・ki ソウル雑貨』 の台湾語翻訳バージョンができました。 056.gif056.gif056.gif

タイトルも違うし表紙も元のと全然違うので、何だか同じ本だとは思えない感じですが、とってもカワイくて気に入りました♪

e0166398_216287.jpg



かなり前に翻訳版のお話を頂いて契約を交わしていたのに、ずいぶん間が空いてしまって… (1年以上?) すっかり忘れた頃に出来上がりました。 翻訳版に関しては私は完全にノータッチなので、何だかあまり実感は無いのですが、こうやって手に取るとやっぱり嬉しいものですね。016.gif

いつもながら、色々とご尽力くださった編集者のTさんには心から感謝です。


本に並ぶ漢字を見ていたら、台湾に飛んで行きたくなりました。 茶院でゆったりしたい…



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-03-19 00:00 |     景福宮

お久しぶりのgoghi(ゴヒ) @景福宮

e0166398_53680.jpg


怒涛のブログ更新の続きです。

久しぶりに景福宮の近くにあるgoghi(ゴヒ)さんに行ってきました。 カフェ本の取材で伺って以来チャンスが無かったのですが、相変わらずゆったりとした空気が流れる素敵なお店でした♪

e0166398_531279.jpg


お店へは、3号線景福宮3番出口を出てまっすぐ歩き、2つ目のFUJIFILMの店がある角を右折。 最初の角を左折し、数十メートル先のビル1階。 徒歩5分強です。

goghi
address: ソウル市 鍾路区 (チョンノグ)昌成洞(チャンソンドン)100
phone: 02-734-4907

e0166398_531829.jpg


店名の「ゴヒ」は、日本語の「コーヒー」と、「一杯のコーヒーで高(ゴ:韓国読み)い喜(ヒ:韓国読み)びを」から付けたそうですよ。063.gif

ドリンク類も結構多いですし、ケーキやパッピンス、軽食のメニューもあって便利なお店です。

e0166398_532592.jpg


友達が 「yossyさんのカメラでyossyさんを撮りたい」 と言い出したので、撮っていただきました。038.gif

e0166398_533385.jpg


屋久島のお土産をもらいました♪ 亀の形がかわいい~ お味もとっても美味しかったです。016.gif

キティちゃんの赤ペンは、書いた文字を ペンのお尻部分のゴムでこすると消えるという優れもの。 採点の時に活躍してくれそう。 最近の文房具はますます進化してますねー

e0166398_534141.jpg


物をもらうこと自体よりも、旅行中にも私のことを少しでも心に留めておいてくれたということがとても嬉しかったのでした。 お土産って そういう 「気持ち」 が嬉しいものですよね。 016.gif ありがとう。



木のぬくもりが感じられる店内。

この日も若いカップルちゃんから 赤ちゃん連れのご近所さんのようなお客さんまでいましたが、色々な人がストレスフリーで楽しめる良いカフェだと改めて思いました。

e0166398_534825.jpg


それにしても、今年のソウルは去年の寒さがウソのように暖かいです。 暖かいといってももちろん寒いのですが、去年は連日マイナス15以下なんていう日も多かったので、2月の時点で氷点下の日がほとんど無いというのは驚き!

このまま春になって欲しいような、もう少しだけ冬を楽しみたいような。 001.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-23 00:00 |     景福宮

真鍮の器でいただく伝統茶&スイーツの店・ノッグルッカジロニ @景福宮

e0166398_2318146.jpg


8月に友達が連れて行ってくれたカフェ、놋그릇가지런히 (ノッグルッカジロニ) をご紹介しますね♪

タイトルに書いた通り、ここは真鍮の器で伝統的なお茶やスイーツをいただけるお店です。 景福宮駅から徒歩5分ちょっとだったでしょうか。 サムゲタンで有名な土俗村を通り過ぎて少し行った路地にあります。 お隣には雑貨店のmarket m。

address: ソウル市 鐘路区 通仁洞 118-9
phone: 02-736-6262

e0166398_2318824.jpg


韓国の普段の食卓には、残念ながら真鍮の器が登場することはまずありません。 真鍮どころか、器自体にこだわりが無い人が大半かも…。 コレールのような割れないお皿を使っているご家庭も多いですし、せっかく素晴らしい陶磁器の伝統があるのに 勿体無いなといつも思います。



そんな韓国の真鍮ですが、私が初めて真鍮をいいな~と思ったのが、夫のお祖母さん宅にあった調理用の入れ物 (何十年も昔からある古いもの) を見た時でした。 食材を流し込んで固めるために ボールのような用途で使っていたのですが、とても素敵だったのでそう伝えたところ、「いくつかあるからあげる」 と頂いてしまいました。

ついでに、デパートで真鍮のスッカラ(スプーン)とチョッカラ(お箸)を2セット買い、雑貨本の表紙用に使ったことがありました。 器に描かれた、妙にレトロっぽい花柄がツボです。 ↓

e0166398_2318167.jpg



さて、前置きが長くなってしまいましたが、お店の中をご紹介しましょう。

e0166398_23182433.jpg


窓際にディスプレイされている美しい器。 物凄く高そうです!

e0166398_23183123.jpg


店内はこんな感じ。 整然と美しく並んだテーブルは、大人のカフェといった雰囲気です。

実はここ、第2回カメラ女子会の会場としてどうかと御紹介されて下見に行った場所だったのですが、諸々の理由で今回は残念ながら見送りにしたお店だったんです。 でも本当に素敵。 個人的にくつろぎに行くには強くオススメのお店です!

e0166398_23183919.jpg


2階部分が展示スペースになっているというので、店長さんにお願いして見せていただくことにしました。 普通の雑貨店みたいに誰でも勝手に入れるという雰囲気ではないので、見たい方は勝手に上に行かず、一旦1階にいるお店の方に許可を得た方が良さそうです。

e0166398_23184542.jpg


写真を撮っていいか伺ったところ、「日本の方ですか? どうぞ」 と言われたのですが、外国人だったからOKだったのでしょうか… よく分かりませんが、お言葉に甘えてたくさん撮らせていただきました。

下の写真のように、真鍮の器にカラーグラスを合わせるというのも素敵だな、と勉強になりました。

e0166398_23185286.jpg


そういえばお店の方が 「日本で行われる展示会にも出品します」 とおっしゃっていました。 いつ、どこで開催される展示会だったか忘れてしまったのですが… スミマセン。

e0166398_2319088.jpg


パンタジ(李朝家具の収納箱) の鍵の部分にスプーンを挟むというの、面白いアイディアですね。

e0166398_2319645.jpg


ずらりと並んだ美しい心中の器。 でもこれ、定期的にキチンと磨いてあげないと、変色して大変なことになります。。

(含有量などによっても違うと思いますが、私のスッカラとチョッカラは キチンとやわらかい布で包んで保管しないと、あっという間にオレンジ色に変色します)

e0166398_23191393.jpg


e0166398_23191951.jpg


お値段は聞きませんでしたが、ここに置いてあるものは全てかなり高級そうでした。

e0166398_23192538.jpg


統一感の美、ですね。

e0166398_23193329.jpg


e0166398_23194034.jpg


なかなかまとめ買いは難しいですが、気に入ったものを少しずつ集めていくなんていうのも楽しいかもしれません。 韓国料理はもちろん、アジアの他の国のお料理を入れても合いそうですね。

e0166398_2319487.jpg


さあ、そろそろ注文したものが出来上がる頃なので、1階に戻りましょう。

女性のオーナーさんと思しき女性が、にこやかで本当に親切で、とても感じの良い方でした。 ^^

e0166398_23195631.jpg


注文した物が到着。 私が頼んだのはベーシックにパッピンス。 手前は友達が頼んだもの、トッ(お餅)とアイスクリームのセット。 お茶は無料でサービスしてくださいます。

e0166398_2320591.jpg


e0166398_23201298.jpg


今年の夏はソウルも本当に暑かったので、かなりの回数パッピンスを食べました。 日本にいた頃は あまりアズキは好きじゃなかったのですが (茶道部員だった時代に 無理やり和菓子を口に入れていた程度…)、パッピンスを食べるようになってからだいぶ慣れました!

e0166398_23202061.jpg



平日だったせいもありますが、お客さんも全然いなくて (←それはそれで心配ですが…) 静かな雰囲気の落ち着けるお店でした。 上にも書いたように、すぐ近くにはサムゲタンで有名な土俗村がありますから、ランチ→デザートとはしごしてもいいかもしれません♪



さて、韓国はチュソク(お盆)の連休に入りました。

うちは既に前倒しで日曜日に 義父のお墓掃除をしに行ってきました。 車で往復3時間の距離です。 ソウルは土地が無いので、お墓らしいお墓というと どうしても地方になってしまうんですよね…。 そして更にチュソク当日は お祖父さんのお墓掃除に親族一同で行く予定です。

お祖父さんのお墓というのがビックリするような山奥にありまして… ほんと、モムチャンダイエットしなくていいぐらいの運動量を要求される場所なんです。 ご高齢の親戚達は、本当に辛そうに登ってらっしゃいます。 文字通り 「登山」 という感じで。 ^^;


韓国の名節は一般的に 「お嫁さんが大変」 と言いますが、最近は家庭によるかなという気もします。 この時期を狙って、海外旅行などに行くご家庭もあるようですし。 とはいえ、一般的には準備が物凄く大変で、ストレスが溜まり疲労困憊になるのが韓国の名節。 ニュースでも連日 「名節時期のミョヌリ(嫁)のストレスが云々…」 と報道しています。

でも頑張った分、絶対に良いことも同じだけあるハズ。 在韓ミョヌリの皆様、お互い頑張りましょう~
(あ、お金の準備もしなくちゃ。 …と、出費がかさむ行事でもあります。。)



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-09-18 00:00 |     景福宮

雑誌「スッカラ」掲載記念part1, et M'amie @景福宮

e0166398_2316623.jpg


カフェ本に掲載したかったけれど、ページの都合上出来ずに悔しい思いをしたお店・・・それが景福宮のすぐ近くにあるet M'amie孝子(ヒョジャ)店です。 サムゲタンの有名店・土俗村もすぐ近く。 地下鉄3号線の景福宮駅3番出口を出て大通りを7分ほど直進すると右手にあるのですが、なぜかこのビルだけ道路からちょっと奥まった位置にあるので見落とさないよう注意! 下のような看板が道に出ているので目印に。

e0166398_23161949.jpg


ドメスティックな韓国食堂などがポツポツとある通りですが、なんだかここだけヨーロッパみたいな雰囲気なのです。

e0166398_23163078.jpg


外から見ただけで素敵な雰囲気が伝わってきます。056.gif

e0166398_23164156.jpg


    素敵なガラス戸を入ると・・・

e0166398_23165165.jpg


白を貴重としたフレンチカントリー風の小ぢんまりとした店内。 ソウルにはオシャレなインテリアのお店がたくさんありますが、全体的にヴィンテージ風とか乙女風とか、逆に凄くゴージャスな店舗が目立って。 そんな中で、このet M'amieのインテリアは一線を画していると思います。

e0166398_2317598.jpg


入口付近には食器などがディスプレイされたテーブルがあるのですが、初めてこのお店に入った時に私が一番興奮したのはこのスペースでした。 だって、まだまだソウルではこういった趣味の良いシンプルな食器や雑貨を見つけるのが難しいから・・・ (よく探せば見つかる、も真実ではありますが、そんなことばかりだと本当に疲れます、、)

e0166398_23171692.jpg


食器類はヨーロッパから輸入してきたものや、お店オリジナルで作ってもらったものもあるそう。 そう、この et M'amie というお店はここ孝子店だけじゃなく、ソウル市内に数店舗カフェやレストランを持つ洋菓子店なんです。(ちなみにイチオシはカステラだそう。) お話を伺った感じだと、孝子店は完全に女性オーナーさんがお一人で運営してらっしゃるようで、孝子店オリジナルメニューが置いてあったりもしてかなり自由度が高い感じでした。

e0166398_2317257.jpg


e0166398_23173591.jpg


e0166398_23174581.jpg


こういったリネン類も販売しています。 確かこれも et M'amieオリジナルのもの。

e0166398_23175442.jpg


このカップケーキが孝子店オリジナルです♪ こだわりの材料で作られているのですが・・・詳しい説明は、雑誌「スッカラ」さんの4月号(2月21日発売)に書かせていただいたので、ぜひそちらでご覧下さいませ

e0166398_2318345.jpg


ご案内が遅くなりましたが、今月21日発売の雑誌「スッカラ」さんの4月号に、4ページ分記事を掲載させて頂くことになりました。 4月号のテーマは「春056.gif」だそうで、私も春に行って頂くのにお勧めのお店3店をご紹介しています。

e0166398_23181122.jpg


お話を頂いてから取材・執筆まであまり時間が無かったので、お店にアポを取っていただくのが一番大変でした。。 時間も無いし、喜んで取材許可をいただける 「楽チンなお店」 ばかり集める・・・なんてこともありえたのかもしれませんが、それじゃ全然意味がありませんから、スッカラさんにご迷惑をお掛けしながらギリギリまで粘って許可を頂きました。(編集のAさんをヒヤヒヤさせてしまったこと、反省しています・・・)

e0166398_23182149.jpg


でも!! 素人の私が書かせて頂くメリットがあるとすれば、それは 「プロの方には出せない正直さ(?)」 しか無いと思うのです。 もしかしたらプロの方なら 「うーん、正直この店はまぁまぁだけど時間も無いし、まぁいっか」 で取材したり放送したり・・・なんてこともあるかもしれませんが (もちろん「スッカラ」さんは無いと思いますよ!)、私は素人だからこそ、そういう類の妥協は絶対に許せなくて。 そんなことしてカフェ本の評判まで落とす危険を冒すぐらいなら、お断りした方がマシでしょう。(←そういうところは意外と潔癖症、、)

e0166398_23183167.jpg


カフェ本の時も、コーディネーターをしてくれた友達に 「またお店に怒鳴られたよ」「もう1回電話してダメなら諦めようね」 と言われながらも (本当にゴメン!) 最後まで粘って許可を頂いて掲載したし、一度断られてもどうしても諦められないというお店はお上 (=ソウル観光公社様) にお願いして許可を取っていただいたりもしました。

今回「スッカラ」さんに掲載させて頂いた3軒も、本当に自信を持ってお勧めできるお店だけです! 個人的に何度も行きたいお店だけ集めましたので、皆さんもぜひ行ってみて頂けたら嬉しいです。016.gif

e0166398_23184138.jpg


シンプルなデザインがとっても素敵なリネンのクッションカバーとランチョンマットも販売しています。↑

e0166398_23185261.jpg


そうそう、このお店、ランプがと~ってもラブリーなんですよ♪ 056.gif

e0166398_2319497.jpg


鳥の巣風。 影になっている鳥さんに注目。

e0166398_23191911.jpg


e0166398_23192940.jpg


特にお勧めなのがこのウサギのランプ。 ここまで大胆に釣り下がっているのも珍しい?(ま、ウサギ年だし!)

e0166398_23194044.jpg


でも、とにかくキュート!!!016.gif


お店を一人できりもりしてらっしゃる女性オーナーさんが、優しい雰囲気の素敵な方だったのも良かったです。 利益を出すことよりも、お客さんの笑顔が見たくてお店をやっているのだそうで・・・ 「自分が作ったものを食べて 『おいしい』 と言ってくれるのを聞くと、カフェをやっていて本当に良かったと思う」 と笑顔おっしゃっていました。 こういう方がやっているお店なら、心から応援したくなりますよね☆

日本人のお客さんはまだ少ないそうですが、オーダーに必要な簡単な英語なら大丈夫だそうですので、皆さんも安心して行ってみてくださいね。(メニューも英語・韓国語併記してあります)

e0166398_23195210.jpg


カーテンと椅子のカバーのテキスタイルがさりげなく合っているのもオシャレ。

e0166398_2320389.jpg


こちらが孝子店オリジナルのカップケーキです。 カーネーションのようなデザインがまた春っぽいでしょ?^^

e0166398_23201435.jpg


カップケーキってぱさぱさしているものも多いけど、ここのはしっとりしていて食べやすく、素で完食しちゃいました。 しっとりの秘密は材料にあるのですが・・・それは「スッカラ」4月号で!015.gifくどいですよ・・・

e0166398_23202998.jpg


撮影用に春らしさを醸し出せるアイテムが無いかしら・・・とキョロキョロして、、、

e0166398_23204328.jpg


お花、お借りしちゃいました。^^;
et M'amie は紅茶の種類もとても多いので、コーヒーはちょっと苦手、という方にもお勧めです。

e0166398_23205657.jpg


どんなアングルで撮ろうかセッティングしている時が一番楽しくもあり、また 「変な写真しか撮れなかったらどうしよう、、」 と一番緊張する瞬間でもあります。

e0166398_23211031.jpg


こういうインテリアがオシャレなお店は、「取材」という名目で行かせて頂くのが一番です。 遠慮せず素敵なものを撮りまくれるから。035.gifわーい

e0166398_23212338.jpg


お店の前には大きな木蓮の木があるのですが、春になると満開になるのだそう。 それを目当てにいらっしゃるお客さんも大勢いるのだとか。 まさに春のお散歩ついでに立ち寄るのにピッタリのお店です♪

e0166398_23213771.jpg



Amazonを検索してみたのですが、まだ「スッカラ」4月号は反映されていませんでした。 反映すれば予約注文可能ですので、反映したらまた改めてお知らせしますね。 どうぞよろしくお願いします!


<追記>
amazonで予約可能になったみたいです☆

Suッkara (スッカラ) 2011年 04月号 [雑誌]

アートン新社




人気ブログランキングへ ← 今日はバレンタインデー☆ クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2011-02-14 00:00 |     景福宮

本格エスプレッソのカフェ、mk2 @景福宮

カフェ本もゲラが仕上がってきて、そろそろゴールが見えてきたところです。^^
というわけで、今日はカフェ本にも収録予定のmk2というステキカフェをご紹介しますね。

e0166398_21424538.jpg


mk2は、カフェファンの間で今話題沸騰(?)の景福宮の西側エリアにあります。

address: ソウル市鐘路区昌成洞122-2
        서울시종로구창성동122-2
phone: 02-730-6420

景福宮駅3番出口を出て大通りを直進、5分弱でカフェとFUJIFILMのお店がある十字路に出るので、その角を右折、少し行くと左手にあります。 駅から約5分強。

(カフェ本では道順をこのように言葉で説明する他、エリアごとの地図も載せますので、方向音痴さんでも安心ですヨ♪ ←何せ私が超方向音痴人間なもので、「私ならここまでちゃんと説明してもらわなきゃ辿り着けない!」 というのを基準に作っております、、)

e0166398_21425499.jpg


このmk2さんはとにかくインテリアがオシャレ! 日本ではすっかり人気が定着した北欧テイストですが、まだまだ韓国では少ないのでmk2みたいなお店は貴重な存在です。

e0166398_2143717.jpg


「職人」 というイメージの寡黙なオーナーさん。 そこがまたステキなんです♪ 長年ドイツに住んでいらっしゃったのだそうですよ。^^ 奥様の方は、ナチュラルテイストな装いに優しい笑顔が素敵な方でした。 おふたりのコンビネーションがとってもステキで 「こういうご夫婦が韓国にも居るのだなぁ」 と憧れてしまいました。

e0166398_21431995.jpg


フロアの奥の方には 「秘密の小部屋」 が。

e0166398_21432932.jpg


  覗いてみると、本棚になっていました。(そのセレクションもまたステキで・・・)

e0166398_21452580.jpg


壁際の木目が美しいキャビネット、我が家にも欲しい・・・ (一体いくらぐらいするんでしょ?^^;)

e0166398_2143418.jpg


近づいて写真を撮っていたら、例の寡黙なオーナーさんがささっと近づいてきて、ランプを点灯してくださいました。

e0166398_21435398.jpg


右を見ても左を見ても・・・惹かれるものだらけですっ。 が、この木のランプを見て思わず 「掃除が大変そうだな」 と考えてしまった私は、まだまだ素敵ピープルとは程遠いでしょう・・・

e0166398_2144367.jpg


北欧食器のヴィンテージものもたくさんディスプレイされていました。 私はまだまだ北欧については初心者マークなので、これらがどのくらいの価値のものか分かりませんが・・・価値があるものだろうな、ということだけは一目見て分かりました。(←素人発言は控えなされ、、015.gif

e0166398_21441234.jpg


ちなみに、私が持っている北欧食器といったら、月並みですがイッタラのオリゴシリーズのお皿とボウル各2つと、アラビアのブラックパラティッシのティーセットぐらいです。 ブラックパラティッシ、廃盤になるっていうんで焦ってそろえたけど、結局期間限定だとか何とか言ってまだ生産してるようで・・・ (あれ、違ったかな? でも池袋のイルムスではたま~に出てるようですよね ^^;)

e0166398_21442413.jpg


     何となくペンギンっぽい気が・・・ 015.gif そんなこと思うのあなただけですよ!

e0166398_21443410.jpg


個性的なライト。 手前の器の中には、フェルトのコースターが。(売ってます)

e0166398_21445380.jpg


こちらのmk2ではFAEMAというイタリアのエスプレッソマシーンを使用しているのだそうです。 元々紅茶党の私は知らなかったのですが、知る人ぞ知る非常に価値があるものなのだそうです。

e0166398_21444497.jpg


オススメいただいたのは、レモンの入ったエスプレッソ。 レモンティーがあるぐらいだから、レモンコーヒーがあっても何ら不思議は無いのだけれど・・・初めて見たときはビックリしました。 でも、これがまた美味しくて!

e0166398_2145213.jpg


ちなみに、韓国の方たちは全体的に酸っぱいものは好まない傾向があるので、コーヒーも酸味が強いものは人気が無いと聞いた事があります。

チョコレートとバナナの挟まったパニーニ。↓

e0166398_2145142.jpg


カウンターでは手作りのオシャレなクッキーも販売しています。(ロゴがオシャレ!)

e0166398_21453592.jpg


家具の一部は販売も行っているそうですので、興味がある方はぜひオーナーさんに聞いてみてくださいね。 ドイツなどから輸入してきたものを取り扱っています。 とにかくどこを見ても1つも 「エセ」 が無い、本物の審美眼を持った御夫婦だというのをひしひしと感じました。(シンプルだけどこだわりを感じさせるファッションも、タダモノではない感じ!)

e0166398_21454770.jpg



景福宮近くの本格エスプレッソカフェmk2はいかがでしたか? しっかり濃くて美味しいコーヒーが飲みたい!という在韓者の方には特にオススメのカフェです。 1人で来て新聞片手にくつろいで行かれるお客さんも多いそうですので、1人旅行の方も気兼ねなく立ち寄れそうですよ♪


人気ブログランキングへ ← 秋を飛ばして冬になってしまいました・・・。寒いっ! クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-27 22:00 |     景福宮

カップケーキの美味しいお店、Absinthe @景福宮

最近、ソウルのカフェで注目を集めている場所といえば 「孝子洞(ヒョジャドン)」。 孝子洞、と言われてはいるけれど、実際は昌成洞(チャンソンドン)や通義洞(トンウィドン)なども含めた 景福宮の西側エリア一帯を指すようなんですよね。 (よって、カフェ本では 「景福宮エリア」 としています)

というわけで今回は、その景福宮エリアの中でもイチオシのカップケーキのお店をご紹介しますね♪

e0166398_0135779.jpg


Absinthe(アブセントゥ)、という小さな小さなお店です。

address: ソウル市鍾路区(チョンノグ) 昌成洞(チャンソンドン)109-2
phone: 02-725-8020

景福宮駅3番出口を出て大通りを直進、8分ほど歩くとパン屋のパリバゲットがあるので右折、直進。1つ目の角を右折し、数十メートル先のT字路に左手に見える「cupcake & classic espresso café」と書いた青い壁の建物です。

e0166398_014829.jpg


「中に猫がいます」 と書かれたドアを開けると・・・ どーん!

e0166398_0141959.jpg


「にゃによ、せっかくお昼寝してたのに!」 とにゃんこが登場。 こちらが話しかけても我関せず。 このマイペースっぷりが、ネコ派の人にはたまらないのでしょう。^^ ちなみに私はネコアレルギーがあるのですが (がが~ん、、) そんなにヒドいわけじゃないので、1時間やそこら同じ空間に居るぐらいなら大丈夫です。

e0166398_0142922.jpg


ネコといえば、アンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカル、CATS。 東京、ロンドン、ソウル(確か3年前) でトータル30回は観ました。 015.gif観すぎでしょ! とにかく大好きなんです、CATSが・・・。 だから、街でネコを見かけると、思わず 「このネコちゃんも色んな人生(猫生?) があるんだろうな」 なんて考えてしまいます。

そう、実際このネコちゃんも、大変な人生を生き抜いてきた子なんだそうで・・・ (後述)

e0166398_0144024.jpg


このカフェはカップケーキがウリなんですが、正直今までカップケーキって 「おいしい!」 と思ったことってあまり無かったんです。 見た目は可愛いけど、味はイマイチ、みたいな・・・。 ところがここのカップケーキを頂いてから、見る目が180度変わりました。 お世辞抜きにして、それほど美味しかったです。 全くパサパサしてなくて、しっとり味わい深くて。

e0166398_0145110.jpg


お店の方イチオシのこちらのエスプレッソカクテル(hot)も、とっても美味しくてオシャレでした。 これからの寒い季節にぴったり。

e0166398_015165.jpg


陶磁器大好きの私が特に気に入ってしまったのは、カップケーキを乗せてくださるお皿です。 詳しくお聞きしてみたところ、どれも外国で買い付けてきたものなのだそう。 下の写真のお皿は、エインズレイのアンティーク。 こういう感性を持ったオーナーがやっているお店というだけで、もうこちらまで幸せな気持ちになってしまいます。

e0166398_0151314.jpg


もしかしたら気付かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、私のTwitterのページの壁紙は、このカップケーキの写真をPCに取り込んでデザイン化し、色を付けたものだったりします。 どんだけこのカップケーキ気に入ったんだ!って感じですが・・・^^; アートは、やったもん勝ちさっ070.gif

e0166398_0152343.jpg


     「にゃー、あんた、まだ居たわけ?」

e0166398_0153220.jpg


大変な人生(猫生)を送り、ここに辿り着いたネコちゃん、名前はボッコちゃんといいます。
この子がどのようにオーナーに助けられ、またオーナーがどのようにボッコちゃんに助けられたかのストーリーはカフェ本に書きましたのでお楽しみに。 015.gif えっ、キタナイやりかたー!


このカフェを取材したのは1ヶ月半ぐらい前のことですが、あの頃の暑さがウソのようにすっかり涼しくなりました。 それに伴って風邪引きさんもちらほら・・・。 季節の変わり目、皆さんも体調管理をしっかりなさってくださいね!

P.S.
台風被害は日常の食卓にも及んでいます。 今日、SYママの誕生日のお祝いで焼肉を食べに行ったら、キムチが出てきませんでした。。 キムチのお代わりは禁止、とか、お代わりは2000ウォンなんてお店もあるようです。 「お代わりが出来るお店でも、追加は頼まないのが最近のマナー」 とSY。 ご旅行でソウルにいらっしゃる皆様、キムチが出てこなくてもそういう訳なので ちょっとだけ我慢してくださいね。


人気ブログランキングへ ← 寒くなってもブーツ率は低いソウルです。(毎年) クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-04 00:00 |     景福宮

素敵カフェを求めて孝子洞散歩 Part2

e0166398_0181055.jpg


前回からの続きです。 孝子洞周辺の素敵カフェを求めてGO!

孝子洞は新たなカフェエリアとして注目されている・・・と聞いていたのに、思ったよりもカフェが見つからず焦ってきました。 お散歩コースとしてはとっても素敵なんだけど、カフェエリアとは呼べないんじゃ・・・?

駅の方に戻ってみようか・・・と思いながら歩いていたら、小道の向こうになにやら白い看板が!

e0166398_22301615.jpg


  動物の勘に従い、近づいてみることに。

e0166398_0182510.jpg


やったー! カフェです。063.gif なんだかやたら小さくてシーンとしているけれど、開いているのかしら・・・?

e0166398_0183890.jpg


  ・・・手? 039.gif

e0166398_0185276.jpg


ちらっと覗いてみたけれど誰も居ないし、何だかとってもクローズな空間で一瞬ためらいましたが、せっかく見つけたお店なので入ってみる事にしました。 ガラガラッと扉を開けると、中からメガネをかけたやさしそうな男性が顔を出したので、「今、大丈夫ですか?」 と聞くと 「どうぞどうぞ」。 ほっ。

「こちらで靴を脱いで、スリッパを履いてください。」

・・・えっ!? スリッパ?

e0166398_019819.jpg


この日、私は素足にサンダルだったので 「どうしよう~」 と思ったけれどノーチョイス、そのまま失礼してスリッパを履かせていただきました。 私は 「さんざん外を歩いてきた素足で履いちゃって申し訳ない」 ということで躊躇したけれど、逆に 「誰が履いたか分からないスリッパを履くのは気持ち悪い」 という観点から躊躇してしまう方もいらっしゃるかも・・・? 潔癖症の方は、あらかじめ靴下をお履きになってくることをオススメ致します。^^;

店内には小さなテーブルが3つあるだけ。 何だか普通のご家庭にお邪魔するような感覚です。

よっぽどお客さんが来ないのか お店の中はエアコンも入っておらず、ムオンッ!と生暖かくなっていました。 ひ~、暑いよぉ・・・。058.gif とりあえず冷たい飲み物を・・・ということで、ピンクレモネード(うろ覚え)を注文してみました。 メニューは少ないですが、意外にオシャレな飲み物もありました。

e0166398_0192394.jpg


周囲をキョロキョロッと見回すと・・・どうやらここ、普通のカフェというよりは工房のようです。 カフェエリアになっているお部屋の棚にいくつか作品がディスプレイされていた他、電気が消えて薄暗くなっていた隣の部屋にもたくさん作品が置いてありました。 どうやらお隣の部屋がギャラリーになっているようです。(暗くしておいていいのかしら? ^^;)

e0166398_0193563.jpg


お店の男性と私の2人きり、音楽もかかっていないシーンと静まり返った空間で黙っているのもナンなので、「ここはギャラリーですか?」 と話しかけてみました。 (誰? 今、「見りゃわかるでしょ!」 とか言った人はっ)

「はい、そうなんですよ」 と男性。 わざわざお隣の暗くなっていた部屋の電気を点けてくださったので、飲み物が来るまでの間、見学させてもらうことにしました。 購入することも出来るようですが、お値段は付いていませんでした。 

e0166398_0194781.jpg


写真を撮ってもいいかお聞きしてみたところ、快くOKしてくださいました。^^  「素敵に撮ってブログに載せますので!」 と、心の中で思いながら撮影開始。

e0166398_0195938.jpg


皆さん御存知無いと思いますが、実は私、陶磁器を初めとした食器類にかなりハマっていた時期がありました。 (←本当にどうでもいい情報015.gif)  財テクして(親が、、)出た利益を 「食器貯金」 なんて名目で通帳に溜めておき、食器を買うのに当てていたこともあるんですよ~。 食器にハマったのは、間違いなくイギリスの影響なのですが。

韓国の陶磁器にも本当に惹かれていて、こちらに来てからいくつか買いました。 ソウル市内で旅行客の方でも気軽に行ける場所では、仁寺洞のサムジギルにある토요(トヨ)というお店がオススメです。 作家さんものの素敵な白磁が、割と手頃なお値段で買えますよ。^^ 2万ウォン以下で売られているスープカップは種類も多く、特にオススメです☆  窯元で有名な利川の陶磁器フェスティバルに行ったこともありますが、正直イマイチだったのでオススメしません。 (日本各地の陶器祭のようなものを連想してはいけません)

e0166398_0201829.jpg


さてさて。 ようやくピンクレモネードちゃん登場。 若干生ぬるかったけど、感じの良い店員さんに免じて許しちゃうっ。 ここは生粋のカフェっていうより、工房のオマケでカフェを併設しているような場所みたいですしね。

e0166398_0203150.jpg


こちらがギャラリー部分です。↓ 私の 「暑いー暑いー」 の心の声が届いたのか、途中でようやくエアコンを入れてくれました。 この日は本当に暑かったのー! 058.gif042.gif

e0166398_0204297.jpg


   美しい白磁には、シンプルなデザインと模様が断然似合います。

e0166398_2535041.jpg


ところで、まだお店の名前を書いてなかったですね。 昨日の記事にコメントを下さったayakaさん、大当たりっ! 私が偶然突き当たったカフェは白磁工房の 1260#さんでした。 それにしても、雑誌 「GINZA」 に載っていたというのは本当ですか!? うーむ、日本の雑誌って凄いですねぇ・・・。 そういえばこの工房にも日本語のテキストが置いてあったのですが、実は男性店員さん、少しは日本語が話せたりしたのかな? (そんな素振りはちっとも見せてくれませんでしたが)

e0166398_0205817.jpg


最後に、名刺代わりにお店のポストカードを頂きました。 「入口のところで頭をぶつけないように気を付けてくださいね」 とお見送りまでしてくださって感動・・・。 何て素敵な方なんでしょう・・・。 マイルドで物静かで知的な雰囲気が漂っていて、良い意味で私の中の tipical Korean man とはちょっと違う雰囲気を持った方でした。 (うちのSYやその周囲の皆さん方が本当に典型的コリアン~!という感じの 騒々しい 賑やかな人達ばっかりなので、たまにこういう男性を見るとドキドキしてしまうのですっ)

そういえば以前、ホンデの工房カフェに行った時も、アーティスト兼オーナーの男性が同じようなマイルドな雰囲気で素敵でした。 アーティストってステキ・・・ →過去記事

e0166398_021116.jpg


My Art Ceramic 1260#
address: ソウル市鐘路区通義洞7-13
phone: 02-6052-7792

カフェ本出版の際には、間違いなくINです。 私、韓国の白磁大好きだし!

e0166398_0212427.jpg


もう薄暗くなってきたし、今日はここまでかな。 小道を歩いていたら、チキン犬に吠えられました。
あ、チキン犬というのは小さくて やたらキャンキャン鳴く犬のことです。(私が命名)
韓国の人達ってネコより断然犬派が多く、中でもマルチーズみたいな小さくて白い犬が大人気です。
我が家のヴィラにもマルチーズを飼ってる人が居て、足音がするだけでキャンキャン吠え立てます。^^;
ま、防犯になるので良し!と思うことにしていますが・・・

e0166398_0213876.jpg


ここにもザ・韓国!な運動器具を発見。 ソウルは坂道が多いし、地下鉄もエスカレーターが無いところが多いし、その上あちこちに運動器具まであって、どんだけ足腰丈夫にしたら気が済むんだー!といつも思います。

e0166398_0215234.jpg


駅に向かう途中、なんだかやたらオシャレな感じのバーガーのお店もありました。 が、大きな車が駐車していてよく見ることが出来ず。 カフェじゃなさそうだったから、まぁいいか・・・

e0166398_022562.jpg


こんな感じで第一回 「素敵カフェを求めて孝子洞散歩」 が終了しました。 景福宮周辺は、これからまだまだ素敵になっていきそうな気がします。 願わくば 再開発などしたりせず、このまま一軒家を保存していただきたいです。

2泊、3泊の短期間の観光でいらっしゃる方でも、景福宮は訪れるという方が多いと思いますので、帰り道にでもぜひぶらっと孝子洞散歩をなさってみてくださいね! 前回も書きましたが、サムゲタンで有名な土俗村さんもすぐ近くですし、「景福宮→土俗村→散歩がてらカフェ」 なんてルートで周ってみられてはいかがでしょうか? ^^



人気ブログランキングへ ← 今晩はウサ晴らしに久しぶりに明洞へ行ってきました!気分スッキリ!!^^ クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-07-04 00:00 |     景福宮

素敵カフェを求めて孝子洞散歩 Part 1

そろそろ夏休みなのですが、毎日何となく雑用をこなさなければならない毎日が続いています。057.gif
家と職場の往復だけでは勿体無いので、帰り道に素敵カフェを求めて孝子洞(ヒョジャドン)をぶらぶらしてきました。

e0166398_22262619.jpg


上の写真で真ん中の男性が2人の警官に連行されているように見えますが違います。念のため。^^;


さて、孝子洞(ヒョジャドン)は景福宮(キョンボッグン)の近くに広がるエリアで、すぐ近くには青瓦台(大統領府)があります。 この孝子洞が最近、新たなカフェエリアとして注目されているとのこと。 これは行ってみるしか無いでしょうっ。 あ、今 「孝子洞」 と書きましたが、実際は昌成洞・通義洞も含めたエリア一体を 「孝子洞エリア」 なんて呼んじゃうことも多いみたいですよ。

ちなみに先日ご紹介した cafe spring come rain fall もこのエリアです。(正確には通義洞)


というわけで、地下鉄3号線、景福宮駅3番出口を出て大通りをとにかくまっすぐ歩いていきましょう。 適当なところで右手の小道に入って散策してみてもいいと思うのですが、今回はちょっと奥まで行ってみることに。 ちなみに大通り沿いには大した店はありません。 あくまで路地に入ってからが勝負! 大通りの反対側に小さな通仁市場のアーケードが見えたあたりで、右折してみました。 角にはパン屋のパリ・バゲットがありますので目印に。

「ただの住宅街にしか見えないけど・・・本当にこんなところにカフェなんてあるのかしら・・・」 と思いながら進むと・・・、ん? 右の脇道を入ったあたりに 何やらそれらしいお店が見えてきました。

e0166398_22265995.jpg


カップケーキとコーヒーのお店のようですが、残念ながらこの日は開いておらず。 カップケーキがブームのここソウルのカフェ、私もいくつかのカフェで食べてみましたが、いまだ心から美味しいと思えるカップケーキに巡り合えておりません。 このお店はどうかな? 次回のお楽しみにして 先へ進むことにしましょう。

何だかとっても長閑な雰囲気です。↓ この辺は大統領府が近いため、あちこちで警官がパトロールしていて若干物々しい雰囲気がありますが、こんなアジュンマ達を見ると急にほのぼのしちゃいますね。^^ ドアの装飾が激しいのも韓国風。

e0166398_22264521.jpg


やっぱりこういうレンガの一軒家って落ち着きます。^^ 風情があって素敵。

前回書いたように、今ソウルではどこもかしこも再開発で一軒家が取り壊されアパート群へと変貌しています。 どうも韓国は見ていると 古いものを惜しげもなく潰して新しいものにしちゃう風潮があるように感じます。 人口の25%近くがソウル市及び京畿道に集中している今、アパートに変えていかなければ対応しきれないという事情も分かるのではありますが・・・でも・・・。 韓国の企業で働いている韓国人の友達が、 「韓国は過去に古い資料をどんどん捨てちゃったから、本当に欲しい資料が残ってない。 仕方ないから、何か調べ物をする時は日本の国会図書館に電話して情報を取り寄せることも多い」 と話していましたが、これが何かを物語っている気がします。

もと来た道に戻ってそのまま直進し、大通りに突き当たる一つ手前で雰囲気の良い通りが見えたので左折してみました。 家の門のところに素朴なお花を育てているお宅が多く、とっても良い感じ。 今やこの辺りは不動産も相当高騰していると思うのですが、住んでいる人達はセレブ~という感じではなく 「昔からここで暮らしてきたんです」 という感じの素朴でのんびりしたお年寄りが多かったのも◎でした。 チラッと見えたお宅では、ハルモニ(おばあさん)が地べたに座って大きなたらいを使って何か料理していたし。 「韓国らしい雰囲気を楽しみつつ、素敵なカフェにも行ってみたい」 という方には本当にオススメの地域でしょう。 近くにはサムゲタンが有名な土俗村さんもありますから、お昼御飯を食べた後で散歩がてらカフェに寄る・・・なんて素敵ですね。^^

そしてオシャレなカフェを発見。 6.1.4 と書かれています。

e0166398_22271425.jpg


   入ってみようと思ったのに・・・この日は 「(夕方)6時からです」 との張り紙が。 涙

e0166398_22272764.jpg


   残念ですが、ここも次回のお楽しみに取って置くことにして先へ進みます。 くすん。

e0166398_22274163.jpg


上の6.1.4のすぐ近く、右手に立派な建物&ガラス張りのカフェらしきお店を発見~ 行ってみましょう。

e0166398_22275427.jpg


はは~ん、ここが青瓦台サランチェですね~。 以前、ソウル観光公社さんからお誘いいただいたFamツアーの行程に入っていた施設です。(私は一部しか参加出来なかったので、このサランチェには行けませんでした)  ちらっと覗いてみたところ、無料で入館出来る模様。 施設もなかなか立派で面白そうだったし、閉館時間前に到着していればぜひ入ってみたかった~! ここも次回のお楽しみということにして、先へ進みます。 (今回はそんなんばっかだな、、、)

e0166398_222852.jpg


  中国からの団体さんが大勢来て写真を撮っていました。 みんなとっても元気!

e0166398_22281666.jpg


モダンさと木のぬくもりが融合したこういった感じの建物、凄く好きです。

e0166398_22282776.jpg


6.1.4があった小道に戻り、更に進んでみると・・・すぐ左手奥にオシャレな感じの建物が出現!
どうかここぐらいは開いていて~っ と祈りながら近づいてみると・・・

e0166398_22283870.jpg


開いてました。 わーい!!

마르코의 다락방 (マルコエ ダラッバン、マルコの屋根裏部屋)
address:  ソウル市鐘路区孝子洞104-1
phone: 02-735-4622

写真は撮りませんでしたが、ドアを入ってすぐにある鉄道の模型がとっても可愛らしかったです! 屋根裏部屋というネーミングにふさわしい、遊び心のある空間でした。 お店の女の子達がややダラ~ンとしていて力が抜けた感じなのも◎。笑 (でも感じ良かったです☆)

e0166398_22284923.jpg


この日は曇っていたものの朝からジメジメ暑くて温かい飲み物を頼む気持ちになれず・・・ アイスカフェラテを頼んでみました。 お客さんは私だけ。 なぜか他の座席にいくつかブランドのカバンが置いてあったけど、あれは一体誰のものだったのだろう・・・ (防犯意識無さ過ぎでしょ! ^^;)

ちなみにこのお店、後で調べたところによれば歌手のユン・ゴンさんのお店なのだそう。→参考記事 1階がカフェで、2階がスタジオになっているのだとか。 どうりで色々ポスターが張ってあったはずだ。(すみません、私は彼のことは知っていたのですが、お顔までは分からなかったので ポスターを見てもその場では気が付かなくて・・・)

e0166398_2229017.jpg


一人でボーっと座っているのもナンなので、今まで集めたカフェの名刺をノートに整理。 カフェ本が正式に決定する前段階とはいえ、とりあえずそのつもりで準備はしておかないとねっ 006.gif

ここからは私の勝手なつぶやきになりますが・・・

ソウルで暮らし始めて早3年。 元々韓国に全く興味が無かった私にとっては、ここでの暮らしは決して面白いと思えることばかりではありませんでした。 韓国は私にとって最初から 「生活の場」 だったこともあり、ストレスを感じる出来事の方がずっと多かったのです。 いつも言うことですが、観光で来るソウルと暮らすソウルは全く別物です。 自分でもよく逃げ出さずに頑張ったな~と思います。 でも在韓1年半を越えた頃から少しずつ韓国に慣れて ここでの生活が楽しいと思えるようになってきて・・・。 1番の理由は仕事が充実していて楽しいという事なのですが、もう1つの大きな理由は間違いなく 「カフェ」 の存在だったりするんです。 だからどうしてもソウルのカフェには私に出来る形で恩返しがしたい! そんな風に思っているんです。 オーバーかしら?

e0166398_22291289.jpg


こうやってカフェを始めとしたソウルの情報をブログで発信させて頂くことで 本当に救われているな~と最近改めて思います。 特に、仕事が一段落してちょっと時間に余裕が出来た今日みたいな日! 私はどうも時間が出来るとマイナス思考になる傾向があって、毎学期のパターンとしてこの時期が一番危険なんです。 学期中4ヶ月間ピンと張り詰めた中でやってきて、緊張の糸が切れた途端、ドッと別の種類の疲れとストレスが襲ってくる感じでしょうか・・・。 今日も 「韓国でなんか暮らしたくない、早く日本に移住したい病 (←私が命名)」 にかかりそうになりましたが、「とりあえず帰省の前に写真を整理しておかなきゃ」 とパソコンに向かってこうやってブログを書き始めたら、少し落ち着きました。056.gif

なんだか心配させるようなことを書いてしまいましたが、でも毎年確実に良くなっているのを感じます。 3年前の一番辛かった頃、SY(夫)が 「何事も時が解決してくれる」 と言っていましたが、本当にその通り。 そこに自分の努力を少し加えれば、もっと早く解決出来るでしょう。 でも焦る必要は全く無し! 私が仕事とカフェに韓国生活の希望を見出していったように、それぞれ少しずつ楽しいことを見つけて生活を楽しむようにすれば、自ずと全て上手くまわるようになるだろうと思います。



さてさて。 まだ少し時間があったので、引き続きカフェ探索を続行。 途中、ユニセフを発見。 韓国風の素敵な建物でした。

e0166398_22292550.jpg


こんなブックカフェもありました。 割と大きな通り沿いにありましたが、なかなか雰囲気の良いお店でしたよ~。 店名が 「612」 ですが、上で御紹介した6.1.4と何か関係があるのでしょうか・・・。

e0166398_22293782.jpg


     「占」 の文字を発見。

e0166398_22295093.jpg


ほんと、韓国の人達は日本人以上に占いが大好きです。 既に書いたようにSYママもSYパパが亡くなってから四柱推命にはまり、とうとう先生にまでなってしまいました。 SYママが楽しく生活してくれることは大歓迎なので、そういった点では四柱推命もウェルカムな私ですが、先日ばったりSYママに会ったときに 最近のSYの困ったちゃんな計画について相談してみたら、

「そりゃ大変だ。 でもyossyは何も心配しなくていいんだからね。 オンマが付いてるんだから」 とSYママ。
うう・・・いつもながら本当に優しいSYママ、ありがとうございます・・・

オンマがタロットで占っておいてあげるから安心しなさい。 オンマ、最近タロットも真剣に勉強し始めたから」

                              :
                              :

・・・は、はい??071.gif071.gif071.gif

今の、聞き違いじゃないですよね・・・? タロットと聞こえた気がしましたが・・・?


思わずあんぐり開けた口が塞がらなくなり、なんと言っていいのかも分からず、「ありがとうございます・・・」 とだけ言って別れました。。 結構真剣な相談だったのに、タロットって・・・。 ごめんなさい、私のような凡人には全く理解出来ないリアクションでした。 少しオーバーかもしれませんが、「今、破水して子供が生まれそうなんです!」 と苦しんでるのに 「そりゃ大変だ、良い子が生まれるように祈祷してやろう」 と言われているのと同じように聞こえます。 今この緊急事態に祈祷はどうでもいいんで とりあえずタクシー呼んでください!みたいな。 とほほ。 もちろん占いもいいんですよ、それで救われる人が大勢いるんだし。 でも私はやっぱり抵抗を感じることの方が多いです。

e0166398_2230357.jpg


やっぱりこの辺は昔ながらの趣のある家が素敵ですね。^^ 路地の魅力を再発見、という感じ。 あまり暑い日はオススメしませんが、春や秋に1時間ぐらいかけてそぞろ歩きをするには最高です。

思ったよりカフェが少ないもので多少焦りを感じた私、キョロキョロしながら歩いていたら・・・
お? あそこに見えるのは看板? もしかして、カフェ??

e0166398_22301615.jpg



というわけで長くなりそうなので、パート2に続きます。


人気ブログランキングへ ← SYママのお友達には 「夢の中に神様が降りてくる」 とかいうおばさんも居ます。^^; クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-07-03 00:00 |     景福宮

雑貨ブランドとタイアップのカフェ、cafe spring come, rain fall

今回は景福宮(キョンボックン)の側にある小ぢんまりとして素敵なカフェ、cafe spring come, rain fall を御紹介しますね。^^

e0166398_223251.jpg


皆さま、以前このブログで鳩のモビールをご紹介したのを覚えていらっしゃるでしょうか? あのモビールはO-CHECKという韓国の雑貨ブランドのものなのですが、実は今回のカフェはそのO-CHECKとタイアップしているカフェなのです!

e0166398_22323166.jpg


address: ソウル市 鍾路(チョンノ)区 トンウィ洞 35‐11
tel: 02-725-9554

地下鉄3号線景福宮から徒歩5分弱の場所です。 大通りを挟んだ向かい側は、あの有名なサムゲタンのお店、土俗村さんになっているのでセットで行かれても良いでしょう。^^
コネストさんでも特集記事がありましたので、詳しい道順などはそちらを御覧になってくださいね。
(コネストさん、ありがとうございま~すっ)

e0166398_22324634.jpg


このカフェは、前回ご紹介した三清洞(サムチョンドン)やカロスギルなどの江南(カンナム)地区、ホンデといったカフェ激戦区ではなく、あらかじめ何らかの情報がなければ絶対足を踏み入れないようなちょっと辺鄙な場所にあります。 これぞまさしく 「隠れ家カフェ」。

カフェだけをお目当てに行くのもアリですが、観光客の方なら景福宮やサムゲタンの土俗村さんとセットで行かれるのをオススメします。 そう、そして実はここから三清洞へも行こうと思えば徒歩でも行けますので (私達は歩きました)、季節が良い時ならお散歩がてらあちこちカフェホッピングをして歩くのも◎ですよ☆

e0166398_2233186.jpg


     お店の入口付近には、O-CHECKの商品が展示されています。

e0166398_22331633.jpg


e0166398_22333016.jpg


2階は既に先客が居たので、私達は誰も居なかった1階の窓際の席に着きました。 が、あまりに暑すぎて途中で日の当たらない席に移動。。 もー本当、いきなり夏が来てしまいましたね~。058.gif015.gifじと~

そうそう、ソウルに来てから驚いたのですが、ソウルの夏はとっても日が長い! ソウルの方が東京より日没が1時間近く遅いんですよ~。 今の時期は、夜8時近くまで明るいです。

e0166398_22342259.jpg


こちらが写真満載でオシャレなメニューです。 韓国語・英語が併記されているページと、韓国語しか書いていないページがありました。 ま、でも写真が非常に見やすいので、韓国語が全く分からない方でも指差しでどうにかなると思います。

朝食を取らずに張り切ってINした私達は、ブランチになりそうなパニーニとドリンク類を注文しました。
(取材もどき兼ですので、人が少ない早い時間に行って快適に写真を撮れるのが必須です ^^;)

e0166398_22334364.jpg


    窓際に居たお店のマスコット、トナカイちゃん。 ・・・ん? じゃない? 鹿??023.gif

e0166398_22335811.jpg


   じゃん! 店内にあったゲストブックです。 皆さん、アーティストですよね~038.gif
   上の写真のトナカイちゃん(鹿ちゃん?)も描かれています。 ブラボー

e0166398_223491.jpg


   イスの下には荷物を入れるためのカゴも。 こんなさりげない気遣いが嬉しいですよね♪

e0166398_22343432.jpg


そして私達が注文したものが来ました。 何だかとっても夢のあるプレートで、心が躍ります。056.gif056.gif056.gif

e0166398_22344682.jpg


朝食兼、なので私は手作りミューズリーヨーグルトをチョイス。 無糖のヨーグルトがあっさりしていて美味でした。 友達が言うには、数年前まで韓国には無糖のプレーンヨーグルトってほとんど無かったそうです。 確かに、我が家の近所のスーパーでも砂糖入りはあっても無糖のプレーンヨーグルトって売ってないですねぇ・・・ (もちろん売っているところには売っているのでしょうが、日本ほどポピュラーじゃないのは確か。)

e0166398_22345846.jpg


    そして友達チョイスのオレンジなんとかティー。(適当でゴメンナサイ、、) 新登場だそうです。

e0166398_22351074.jpg


     こちらはチキンモッツアレラパニーニ。 2人でシェアです。

e0166398_22352363.jpg


      カリッとしていて香ばしくてとても美味しかった!! ◎

e0166398_22353734.jpg


 ブロガーさん達っていちいちこういうこと(↓)もしちゃうんだよね、と言いながら撮影。。
 でも、思わずこうやって取りたくなる位美味しかったです。 これはブランチorランチにオススメです。

e0166398_22354982.jpg


幸せ♪ ヨーグルトの右手奥にちらっと移っているブラウニーは、ドリンクを頼むとオマケに付けてくれるのだそうです。

e0166398_223622.jpg


こちらのカフェ、1階と2階合わせても20席ちょっとしか無いため、絶対に行きたければ今回の私達のようにお昼前 (11時半ぐらいに行った) に行くのがオススメです。 20席あるといっても、まさかびっちり詰めて座るわけじゃないですから、数組お客さんが入ってしまったら、気分的にもう座れないイメージです。 すごく素敵なので強くオススメしたいけれど、もし行くなら本気で行ってくださいね、という感じ。 (←つ、疲れる、、015.gif)  そうそう、開店直後のように空いている時間帯なら、お一人様でも居心地良さそうですよ。 現に私達の後に入ってきた男性(!)は、お一人様でした。 お店の人もいい感じだし、一人で行っても気兼ねなくくつろげそう。

e0166398_22361629.jpg


                お水もカウンター前でセルフサービスで頂けます。◎


     ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●


さてさて、2階に居たお客さんがお店を出た後だったので、店員さんに 「2階も写真を撮らせて頂いていいですか?」 とお願いしてみました。 「どうぞ、どうぞ」 と女性店員さん。^^ 感じの良い対応に、更に高ポイントですっ

e0166398_22363317.jpg


素敵な階段を上ると・・・そこには古いけどモダンなタイプライターが。
ちなみに3階は先にご説明したO-CHECKのデザイン事務所になっているようです。

e0166398_22364937.jpg


   カフェなんだけどカフェじゃない、何だかオシャレな友達の家にお邪魔したような感じ!

e0166398_2237395.jpg


素敵ですよね~ (ため息)。 でも、「お客さんが数組入ったらもう座れない」 と書いた意味もお分かり頂けたのではないかと思います・・・ 本当に小ぢんまりしたカフェなんです。(そこが素敵なのだけど)

e0166398_22371861.jpg


e0166398_22373250.jpg


     ここで隣りあわせでお茶!? それもまた楽しいかもしれませんね。^^ 家庭教師みたい。

e0166398_22374844.jpg


e0166398_2238289.jpg


e0166398_22381795.jpg


e0166398_22383220.jpg


e0166398_22384624.jpg


パリグッズ、発見っ056.gif  パリには何度か旅行で行ったことがありますが (「立ち寄った」、に近かった気もするけれど)、正直今まではあまり興味が無かったんです。 それが、去年ボルドーに行ってから急に 「フランスいいかも」 と思い始め、それが高じて 「パリも素敵だったかも!」 になりました。 うん、それぐらいボルドーは素敵な街でしたね~、同僚の出身地ということも大きかったけれど。 興味がある方は、右のカテゴリー 「フランス旅行」 を御覧下さいませ。

e0166398_22385979.jpg


そういえば以前にも書いたことがあるかもしれませんが、昔、大学で同じゼミに居た韓国人留学生ちゃんに 「ねぇ、どうして日本人はそんなにフランスを崇拝しているの?」 と聞かれたことがあったんです。 もちろん韓国人にとってもフランスは魅力的な国だけれど、それはあくまで旅行先の1つのチョイスとしてのことであって、日本人ほど 「フランス、フランス」 とは言わないよ、と。 うーん、確かに日本人のフランス好きは凄いですよね、フランスだけ 「おフランス」 なんて 「お」 を付けて呼んじゃったりするし。 (「おイギリス」、「お韓国」、「おオーストラリア」・・・?? いや、無いですね~ ^^;)

e0166398_22391422.jpg


   2階も大層素敵な空間でした。 というわけで1階に戻ると・・・ お、オシャレなお客さん発見。035.gif

e0166398_22392922.jpg


何だか日本人みたいなファッションだけど・・・(結局どこの国の人だか分からずじまい)
「次回オシャレカフェに行く時は、私ももっとオシャレして行こう」 とちょっぴりオシャレ心を刺激されました。
(残念ながら私はこういうタイプのオシャレスタイルはしませんが・・・私なりに頑張りますっ ^^;)

e0166398_22394314.jpg



cafe spring come, rain fall はいかがでしたか?
繰り返しになりますが、本当に小ぢんまりとしたカフェなので早めの時間に行くことを強くオススメします。
めんどくさ!なんて言わないで~~、それだけの価値はあるカフェですよ。056.gif


人気ブログランキングへ ← コメントのお返事、少々お待ちくださいませ。040.gif クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-06-11 00:00 |     景福宮


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル