カテゴリ:    城北区( 3 )

ANDO @城北区

e0166398_11141687.jpg


まだまだ暑い日が続いていますが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

私は…というと、毎年のことなのですがすっかり夏バテ気味…。 特にこの夏は移動して歩くことが多いため、余計に汗をかく場面が多く、デオドラントスプレーが手離せません。(ところでデオドラントのスプレーってソウルで売ってますか? どこかで見たことがある気もしますが、日本のドラッグストアーみたいに種類が多く無いので、私はいつも日本に帰省するたびにまとめ買いして帰ります。)


さて。 以前から行きたいと思いつつ後回しになってしまっていたカフェ (レストラン?)、ANDOに行ってきました。 、「私の期限は49日」 というドラマのロケ地だった場所だそうです。

e0166398_11142667.jpg


ここはずいぶん前にmimiさんから 「yossyさんが好きそうなカフェがありますから、ぜひ行ってみてください!」 と強力プッシュされていた場所。 mimiさん、やっと行ってきましたよ~☆ 016.gif

mimiさんの分かりやすくて丁寧なリポートはこちらです♪

e0166398_11143849.jpg


address: ソウル特別市 城北区 城北洞 30-1
phone: 02-765-0252


mimiさん情報によれば、どうにかバスと徒歩でも行けそうな感じでしたが、住宅街をぐねぐね行く感じでちょっと分かりにくいので、複数人でいらっしゃるようであればタクシーに乗ってしまうのをオススメします。 多分、4号線の漢城大(ハンソンデ)入口駅が最寄です。

e0166398_11144816.jpg


私は…というと、正直最近忙しい&夏バテで遊びに出る気力もあまり無かったのですが、年上のお友達が 「車で大学まで迎えに行ってあげるから、リフレッシュして!」 というので 「え、それじゃ行きます!」 と喜び勇んで付いていってしまいました。 お迎え付きで遊びに行くとは、何たる贅沢!070.gif

e0166398_1115381.jpg


オシャレなフレームがディスプレイされた入口を入っていくと…

e0166398_11155615.jpg


こちらが1階部分です。 「食事をします」 と言ったら、こちらに通されました。

e0166398_11151355.jpg


なるほど… ここはホンデのcafe aAcafe HOMEOのような、いわゆるヨーロピアンヴィンテージスタイルのお店のようです。

e0166398_1116677.jpg


高い天井。 大きな窓から差し込む光がとっても良い感じ。 ここは元々普通の家だったのでしょうか。 (だとしたらどんだけお金持ちなの~!?)

e0166398_11162450.jpg


この周辺は高級住宅街でして、ソウルでは珍しい 「一軒屋」 の家をたくさん見る事が出来ます。 「ほぉぉ~、ソウルにもこんな場所があるんだなぁ」 と観光気分も味わえますよ~。(?)

e0166398_11163875.jpg


店内にディスプレイされている小物や家具などの一部にはプライスタグが付いており、購入することも出来るようです。 (これまたこういうスタイルのカフェも最近非常に多いです)

e0166398_11165238.jpg


e0166398_1117546.jpg


歪んで曇ったアンティークの鏡に映るシャンデリア。

e0166398_11171438.jpg


こちらはカフェというよりレストランがメインのようで、お食事メニューも色々ありました。 お値段はそれなりにしますが、ちょっと凝ったものも多く、メニューを見ただけで 「何度かリピしてもいいな」 と思いました。

e0166398_11172336.jpg


カトラリーに至るまでこだわりぬかれています。 今時のオシャレなカフェやレストランでも、カトラリーに至るまでお金を掛けているところは少なかったりするので (やっぱり盗難のことも考えてでしょうか…?)、これにはちょっと感動しました。

e0166398_11173379.jpg


ペーパーナプキンにプリントされたロゴもオシャレ。

e0166398_11175152.jpg


…と、上の写真を撮っていたらマダムが 「あれ? yossyさんのカトラリーと私のカトラリー、ちょっと違うかも」 と言うのでよく見てみたら…あ、ほんとだ!

e0166398_1118444.jpg


e0166398_11174252.jpg


数種類あるサラダの中から一番普通そうなシーザーサラダ(17000w)を頼んだら… 物凄く巨大な器に乗ったものが出てきてビックリ! ちょうどマダムが席を外していた時に運ばれてきたので、この衝撃を分かち合う人が居なくて くぅぅ~~!! (写真で見るとそんなに大きく見えませんが、実際はビックリサイズだったんですっ)

e0166398_11181514.jpg


こちらはトマトベースのパスタ、「チキンラグーパスタ(23000w)」。 パスタの種類は確か3種類ぐらいしか無かったのですが、今回注文したこれは私的にはとっても美味しかったです。 サイズも普通サイズ。

e0166398_11183030.jpg


サラダを食べているうちに気付きましたが、グリーンの部分は千切られておらず、そのまま茎に繋がったままになっていました。 面倒だったからとかじゃなく、もちろんあえてそうしてあったわけですが、どうりで物凄いサイズだったワケだ…と納得。 「美味しくいただく」 というよりも、途中から 「取り組む!」「挑む!」 みたいな感じになりました。^^; あ、もちろん美味しかったですよ♪

e0166398_11185875.jpg


お食事の後は、2階に移らせてもらってティータイムを。

e0166398_11192255.jpg


室内が少し寒く感じたので外のテラス席に座ったのですが、マダムが 「紫外線が…」 というので中に入りました。(笑) 「yossyさんも気になるでしょ!?」 と言われたけど、うーん、正直私は紫外線対策は欧米人並みに何もしてないので、どこに座ってもケンチャナヨ。 015.gif歳取ってから泣きますよ


ガーデンと店内に時々子どもたちが入り込んでバタバタ走っていたのですが、これはもしかしてオーナーご一家のお子さんだったりするのでしょうか…。 それとも一般客だったりして? いずれにしても、ご近所の方々っぽかったです。 ごくフツーの服装でしたけど、「ああ見えて実はリッチな方々なんだよな…」 と観察してしまいました。 015.gifし、失礼ですよ!

e0166398_11194230.jpg


2階席のインテリア。

e0166398_11195222.jpg


ソファーの後ろには扉。 これもきっと、価値のあるヴィンテージものなのでしょう。

e0166398_1120291.jpg


マダムもおっしゃってたけど、最近ではこういうヨーロッパのヴィンテージスタイルが大ブームで、お金持ちの間では 「こういうスタイルにするのがオシャレでセンスの良い人なのだ」 というイメージが出来ているように感じます。

私自身も初めてcafe aAに行った時などは 「うわぁ!」 と感動したものですが、最近あっちこっちで同じようなスタイルを見るようになると、逆にそれが没個性に感じられたりもして…。 もちろん、それが自分の好みであるなら構わないのですが、もうちょっと色んなスタイルがあってもいいのになぁ、なんて思ったりもします。


アイスカフェモカ(8000w)、スウィートレモングラス(9000w)。

e0166398_11201187.jpg


ところで、我が家は近々引越しが控えているもので、足りない家具を買いに色んなお店をちょこちょこ見て周ったりしているのですが、ソファーの前に置くコーヒーテーブルを何にしようかと考えた結果、長安坪の古美術街でアンティークのバンダジ(李朝家具の箱)を買いました。 私もヨーロピアンスタイルは大好きですけど、最近やや食傷気味といいますか… 少しずつ家のインテリアには「和」や「韓」を取り入れていきたいなぁ、と思ってます。

気が向いたら、いつかこちらのブログでもご紹介しますね。016.gif

e0166398_11202072.jpg


話が飛ぶようですが (飛んでいいですか? ^^;)、長安坪の古美術街に行く時に乗ったタクシーの中でイヤ~な感じのことがあったんです。

韓国の人達が他人のことを根掘り葉掘り知りたがるっていうのは皆さんも御存知かもしれませんが、この時に乗ったタクシーの運転手さんが本当に酷くて! 私は外国人ですから、必要以上に韓国の人達が私の事を知りたがる気持ちは理解できますし、さすがに5年も住んでますから私もその辺の文化は理解しており、当たり障りの無い程度に答えるようにはしています。 が、今回の人は 私の職業はもちろん、住んでる場所、家族構成、とにかく何でもかんでも聞いてきて、だんだん質問が度を越してきて腹が立ちました。

仕事を聞かれたので教師であることを言ったのですが、さらに 「職場名は?」 と言われたので、「あっちの方の大学です」 と言うと、「あっちでどこ? ソウル大? 高麗大? それとも○○?」 と、私が答えるまで絶対にやめないし。 「旦那さんの職業も教師? え、会社員? どこの会社?」、そして 子供はいるかどうか、麻浦区のどのへんに住んでいるのか、ヴィラかアパートか一軒屋か…


極めつけは、年齢!! 年齢を聞かれるのも韓国ではごく当たり前のことですが、こちらが答えないと、普通の人はそこで聞くのをやめることが多いんです。 が、今回はあまりにねちっこく聞いてくるので腹が立ち、「そういう質問しないでくれませんか」 と言ったら (ノーと言える日本人!)、「結婚したらみんなアジュンマなんだから、別にいいじゃない」 だって!047.gif

「だったら私の事も ただアジュンマって呼べばいいじゃないですか。 でも結婚したらみんなアジュンマだ…なんて言うの、外国人には嫌がられますよ」 って言っておきました。


それでも気がすまなかったのか、運転手のアジョッシは 「ねぇ、何歳? 何歳?」 を繰り返し、「28歳? 29歳?」 と言って、なんと運転しながら運転席のミラーをぐっとズラして私の顔をモロにジーッと観察してきました! さすがにこれは物凄く失礼じゃないですか!?

上にも書いたように、私はここに住んでいる人間ですから、大抵のことは 「これはこの国の文化だ」 と思って許容するようにしてますけど、さすがにこれには腹が立ちました。 なんで5分やそこらタクシーに乗るだけで、こんなに根掘り葉掘り聞かれて不快な目に遭わなきゃならないんでしょう。

アジョッシはさらに 「ねぇ、日本語で 『イェップダ』 って何て言うの? え、『きれい』? じゃあ、『ノム イェップダ』 は? え、『すごくキレイ』? お客さんはすごくキレイですー!」 と言ってきたけど、こんな失礼なアジョッシにキレイとか言われても全然嬉しいなんて思わないし、逆にセクハラされてるみたいで本当に気持ち悪かったです。




このことを夫に言ったら物凄く怒ってしまい (彼は昔からこの手の話に過剰に反応します、、) 「そういう時は後部座席に貼って有る 『タクシー情報 (運転手名・車両番号など)』 を携帯のカメラで撮っておかなきゃ!」 と言われました。

さらに、「今度からは 『旦那さんの職業は?』 って聞かれたら、『刑事です』 って答えるように。(←もちろん嘘です) どこの署?って聞かれたら、『ソウル地検の殺人課です』 って答えれば完璧。 ソウル地検の刑事なんて、大統領だって怖がるぐらいだからね。 さらに運転手に聞こえるように携帯でタクシー情報をパシャと撮れば完璧! あっはっは 003.gif」 …だそうです。 汗



ま、今回のことで改めて思ったのは、タクシーにはやっぱり女性一人で乗るべきじゃない、ということです。 このブログでも何度も書いてきましたが、ちょっと韓国に慣れていても、女性一人でタクシーに乗るのは本当にオススメしません。もちろん親切で良い運転手さんもいますが、その一方で問題のある人もいます。 日本人旅行客だと分かると 「夜は一律3万ウォン」 (←そんなルールは絶対にありません) とぼったくってきたりするし、連れ去りなど危険なことも起こっているので、用心には越した事はありません。

e0166398_11203017.jpg


ああ、すっかり話が飛んでしまいました。


この日、マダムからいただいたお土産。 マカロン風のラスクだそうで、フランスの塩をまぶしてあったのですが、甘しょっぱい感じが新鮮で、想像以上に美味しかったです。 なにより、こんな嵩張るものをわざわざ飛行機に乗せて持ってきてくださったその優しい気持ちが嬉しかった♪ 016.gif

e0166398_1120444.jpg



今回ご紹介した 「ANDO」、最初 「アンドーって、まさか建築家の安藤忠雄さんと関係ある?(オシャレな建築のお店だし…)」 と思ってしまったのですが、どうやら韓国語の 「安堵(안도)」 のようです。 そりゃそうだ。^^;

昨今、似たようなヴィンテージスタイルのお店は色々ありますが、ANDOの価値は何と言っても周囲の環境だと思います。 静かな住宅街、しかも一軒家が多い高級住宅地に囲まれた立地というのは 他ではなかなか味わえません。 緑豊かなのもホッと出来ますしね。^^ 大学路(テハンノ)などにも近いですから、劇場やショッピングに行くついでに寄ってみても良いのではないでしょうか。


お友達から聞いた情報によると、現在も店舗は残っているものの、ANDOではなく別のお店に変わっているようです。(2013.12)


e0231876_0251970.png



<オマケ>

このブログに来てくださっているような方々は私より韓国の芸能関係について詳しいと思うので、今さらな話題かもしれませんが…

韓国で今、大ヒット中なのが 「江南(カンナム)スタイル」 という歌です。

カンナムは言わずと知れた高級住宅街で、とにかく韓国の皆さんは 「カンナムに住むのが一番! 憧れ!」 みたいな感じなのです。 悪く言えば価値観が単一化し過ぎ…と言えなくもありませんが、企業の社長さん方などにとっては ここに住むことで財力やパワーを分かりやすく誇示できるという利点もあったりします。 (「え、この程度の古いアパートがそんなにするの?」 というような納得のいかない価格の場所も多い気がしますが…) コーヒー1杯の値段を見ても、カンナムとホンデでは倍近く違います。




「カンナムスタ~イル!」 のフレーズも可笑しいですが、なんと言ってもダンスが最高! うちのSYも豪快に踊ってくれます。 笑


そうそう、上のミュージックビデオで1分40秒あたりから出てくる黄色いスーツを着た人、韓国では恐らく一番有名で人気の有るMCのユ・ジェソクさんなのですが、ゲスト参加していて笑えました。003.gif 彼、コメディアンだというのに誠実そのもの~という感じの方です。 また、1分55秒あたりのエレベーターのシーンで出てくるノ・ホンチョルさんも同じく人気コメディアンでして、私が韓国に来た当初などは 「韓国にはこの人達しかコメディアンがいないのだろうか、、、」 と思ってしまったぐらい、いつテレビを点けても出ている感じです。



このミュージックビデオがあまりに人気なので、あちこちでパロディも作られているようです。 下のものは、「ホンデスタイル」。 月末に引越し後は さらにホンデの中心部に住むことになりますので、私としてはこちらのMVも大いに応援したいところであります。




そしてこちらは 「デグスタイル」。 デグは地方都市ですので訛りがあるそうですが、歌詞にも訛りを取り入れて面白く作られています。 SY、バカウケ!003.gif




私のパソコンちゃん、大事に使ってきましたが、そろそろ寿命なのか動きが鈍くてドキドキします。。
ダウンしないうちにUPしてしまいます~



人気ブログランキングへ ← 今日もムシムシと暑いソウルです。 クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-08-19 00:00 |     城北区

もう1つの Slow Garden

すでに御紹介した壽硯山房(スヨンサンバン)を出て漢城大入口駅へ向かう途中のこと。 がらんとして何も無い道路沿いに突然素敵なカフェが出現したので入ってみることにしました。 (実は、駅からタクシーで壽硯山房に向かう途中に見えたのでチェックしていたのです!)

e0166398_1463654.jpg


外観はこんな感じ。 写真よりももっとドーンと大きく見えました。 周囲が何も無いところだったせいかも?

e0166398_1464987.jpg


「何かこの外観、三清洞(サムチョンドン)のSlowgardenにソックリな気がするんだよね・・・黄色いガラスがはめられているあたりなんかも似ているし。 同じデザイナーさんが設計した建物なのかな?」 と私。

e0166398_14764.jpg


      このナチュラルテイストな雰囲気とか・・・

e0166398_1471892.jpg



e0166398_1473122.jpg


  でもシャンデリアなんかが上手くミックスされてるあたりとか・・・やっぱりスローガーデンそっくりで。
  三清洞のスローガーデンについて過去記事はこちらからどうぞ。

e0166398_1474270.jpg



e0166398_1475412.jpg


昔は白い家具とか白い壁、白いドアって殺風景に感じてあまり好きじゃなかったけれど。 最近 ややフレンチテイストに気持ちが傾いている私なので、こういった白さに惹かれます。 そう、今私の中では妙にフランスが熱い!!

e0166398_148571.jpg



e0166398_1481532.jpg


「ワッフルアイスクリーム9900ウォン」 って・・・あら、やっぱりスローガーデンと同じメニュー、同じ値段設定だ。 ということは、やっぱりここは・・・?

e0166398_1482655.jpg


カウンター背後の大きな花の壁画といい、完璧にスローガーデンです! きゃー、こんなところにもお店が出来ていたんですねぇ。 カウンターを見たら、スローガーデンの名刺もちゃんと置いてありました。^^ (でも過去に貰ったものと同じだったので、貰ってきませんでした。 というわけで、店舗の所在地情報は無し。。ゴメンナサイ。)

e0166398_1483634.jpg


ソウルのカフェやショップといえば 「シャンデリア」 ですが、ここスローガーデンは特にシャンデリアが印象的です。

e0166398_1484618.jpg


壽硯山房でお茶したばかりだというのに、甘いものは別腹でしょ! というわけで2人で1つワッフルを注文。(韓国のカフェでは複数人で1つのものをシェアするのが当然という前提で 大きなワッフルが出てくるのです)

e0166398_1485745.jpg


    今日もやっぱり美味しかった!^^

e0166398_149819.jpg


ところでソウルのカフェに詳しい皆さんはどこのワッフルが一番お好きですか? ここスローガーデンのワッフルを「最高」と位置づけている方も多いようですが、確かにそれも頷けます。 でも個人的な好みとしては 「確かに物凄く美味しいけど、最高といえるかはちょっと・・・?」 という感じ。 だって他にも凄く魅力的なワッフルを置いているお店が山のようにあるんですもの!! 最近は見た目も美しいワッフルが多いですしね。

一番美味しい云々は置いておいて、私の中で一番印象に残っているのは 「Beans Bins」 のワッフルでしょうか。 まだ韓国で暮らし始めて間もない頃に三清洞で食べたのですが、こういうタイプのワッフルが韓国にあるんだ~と驚いたのが1つと、上に乗っていたアイスクリームがハーゲンダッツのもので、しかも2つ好きな味を選ぶことが出来るという点に感激しました。

書いてたらなんだかお腹が空いてきた・・・

e0166398_1491967.jpg


平日の夕方だったので人もまばら。 でも、場所的に決して恵まれた位置にあるわけじゃないにしては、結構お客さんが入っていたように思います。 距離的に言えば恐らく三清洞からもそんなに離れていないと思うのですが (といってもタクシーだと15分はかかりそう)、駅からも徒歩ではなかなか来られないような ちょっと辺鄙なこの場所に、なぜ新たにお店を出そうと思ったのでしょうか・・・。 素朴な疑問です。

e0166398_1493336.jpg


   こういうディスプレイ、三清洞のお店にもありました。^^ ちょっとアメリカ~ンな感じ。 ↓

e0166398_149476.jpg



e0166398_150027.jpg



e0166398_1501274.jpg


日本でいうような梅雨が無いここソウル、すっかり夏の暑さが続いています。 夏といえば蚊!! スローガーデンでもお店のお兄ちゃんが 「蚊取り電気ラケット」 を振り回していたのが印象的でした。^^;

我が家でも香取ラケットを毎年愛用しているのですが、去年まで使っていたものが壊れてしまったので、また今年新たなものを購入しました。 きっと色んな場所で売っているのでしょうが、私は前回も、そして今回も駅の出入口でワゴンを開いていたアジュンマ(おばさん)から買いました。 そうそう、聞いてください! 以前は5000ウォン(400円)のものしか無かったのに、今回はパワーアップして1万ウォン(800円)のものもあったんです。 違いを聞いてみたところ、5000ウォンのものは乾電池式で、1万ウォンのものは充電式なのだとか・・・。 アジュンマの宣伝トークにつられて1万ウォンの方をGETしてみました。 確かに以前のものよりパワーアップしていて良かったです。

e0166398_1502369.jpg


それにしても、東京と比べてソウルは蚊が多い気がします。 私の周りだけかしら・・・。 しかも生命力が強くて、12月頭まで生息しているんです。>< (逆に秋から冬にかけての方が温かい家の中に入ってきて煩わされます) ちなみに我が家ではこの夏、1度だけ 1日に6匹蚊が入ってきてビックリしたことがありましたが、それ以来ほとんど入ってきていません。 極力窓は開けず、エアコンで家の中を冷やすようにしている&夜は必ず蚊取りマットを焚いている効果が出ているのでしょうか。 それとも 「まだこれから」?057.gif

一番良いのは、蚊除けスプレーを身体にシュッとして寝ることです。 色々使用して検証してみた結果 (←オーバーな・・・015.gif)、ムヒの虫よけムシペールαが一番強力であることが判明しました。 去年の夏、お盆の時にSY(夫)の親戚一同でお墓掃除をしに行った時なんて、私にムシペールを借りて付けていた人達は一切刺されなかったのに、使っていなかった人達は10箇所ぐらいずつ刺されて大変なことになってましたからっ。 この夏、東京に帰省する際にも5本ぐらい買い足してきたいと思っています。 ご旅行でソウルにいらっしゃる方も、街歩き&カフェでまったりの際はぜひ蚊除けスプレーを!

e0166398_1503579.jpg



最後は何だかわけの分からない話題になってしまってスミマセンでした。^^;

同じスローガーデンに行くなら、間違いなく三清洞の店舗の方をオススメします。 今回御紹介した方の店舗は、本当に周囲に何もないですから・・・。 先に挙げたように壽硯山房に行くなんて場合には、ついでに立ち寄ってみるのもいいかもしれません。 (ぜひお腹に余裕を残しておいてくださいね~ ^^;) このスローガーデンのすぐ目の前にも1つ素敵な感じのカフェがあり、そちらも気になりました。 ソウルのカフェブームはまだまだ衰えを知りません!!066.gif


人気ブログランキングへ ← 最近のマイブーム:大掃除!! クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-06-29 15:00 |     城北区

美しい韓屋茶院、壽硯山房

今回はソウル市民族資料11号にも指定されているという両班(ヤンバン、韓国の貴族)のお屋敷を使ったカフェ、壽硯山房(スヨンサンバン)を御紹介します♪

e0166398_23365366.jpg


1年ぐらい前だったでしょうか、大学院の同級生達(韓国人マダム多し)に 「漢城大(ハンソンデ)の近くに物凄く素敵なお屋敷カフェがあるから行きましょうよ!」 と誘われたのに、ちょうど用事が重なってしまって行けなかったなんてことがありました。 そう、それがこの壽硯山房だったんです。 すっかり名前も忘れていたのですが、最近友達から借りた 「CREA 韓国特集号」 をパラパラっとめくっていたら・・・ 「あ、ここってもしかしてマダム達が言ってたカフェじゃない?」 と気が付いて。
(あ、私は大学院の博士前期課程は東京で修了し、後期課程はソウルだったんです。)

e0166398_2131875.jpg


でもCREAさんではこの見開きページでさらっとしか紹介されていない上に、所在地情報も字が小さすぎ&背景の濃い色に潰されていて読めなくて・・・。><  「このページだけ見て実際にここに行ってみようという人はまず居ないだろうな」 という感じだったのですが、私は行きました!! だって韓国マダムの超オススメ茶房ですものっ 066.gif

早速インターネットで 「壽硯山房」 を検索してみたのですが、本当に情報が少なくてビックリしました。 「スヨンサンバン」 なのに、なぜか 「スヒョンサンバン」 と間違って記載されているページがやたら多かったし。 「地下鉄4号線漢城大(ハンソンデ)駅から84番バスに乗って・・・」 と書かれているサイトも多かったのですが、駅前に84番バス乗り場なんて無いので注意。 後でお店の方に伺ったら、バスの場合は1111番か2112番とのことでした。 路線変更があったのでしょう。

e0166398_23371045.jpg


今回私と友達は仕事帰りに漢城大(ハンソンデ)駅で待ち合わせて行ったのですが、辿り着くまでに本当~~に苦労しましたっ!! 「有名だろうからすぐ分かるだろう」 なんて思っていたのが大きな間違えで・・・。 バス乗り場がなかったのでタクシーに乗って 「スヒョンサンバンまで」 と言っても 「え、それ何ですか?」 と言われてしまいました。。 そりゃそうだ、正しくは 「スヨンサンバン」 なんだもの。 念の為にプリントアウトしてきた紙を見せてもハングルで書かれていたわけじゃなかったので運転手さんも分からず・・・。 やはり漢字じゃ分からないみたいです。 私が持っていた紙に 「城北2洞事務所近く」、とあったのでそう伝えると、親切な運転手さんはわざわざ電話局で番号を調べて事務所に連絡して下さったのですが、その事務所の方も分からないご様子でした。。 しまいには 「それって三清閣(サムチョンガク)とは違いますか?」 と言われる始末・・・。 多分、正しく 「スヨンサンバン」 と発音していたとしても、分かって貰えなかったような気もします。 そもそも 「산방、サンバン」 って発音も日本人には難しすぎるし・・・とほほ。(何度も聞き返された) 辿り着くまでにかなり凹みました。。

e0166398_23373955.jpg


それだけに、辿り着いた時には感動もひとしお・・・ 壽硯山房は期待通りの素晴らしいお屋敷でした!!

e0166398_23372560.jpg


     こういうお庭がキレイな場所は、やはり春夏に行くに限りますね♪ 056.gif056.gif056.gif

e0166398_23375599.jpg


e0166398_2338119.jpg


     天気が良い日はこんな縁側(?)でお茶を頂くのも素敵。
     蚊に刺されやすい私はもちろん室内に入らせて頂きますっ ^^;

e0166398_23382614.jpg


e0166398_23384076.jpg


e0166398_2339084.jpg


夕方とはいえ、さすがに平日だけあってお客さんも主婦の方を中心に数組しか入っていませんでした。 カフェ(茶房)というよりも何だか普通のご家庭を訪問させて頂いたような感じ。 入口で靴を脱いで上がります。

・・・と、ここで私達は 「靴脱ぐのっ!?」 と大慌てっ。 だってここの縁側、誰でも気軽に入ってこられそうで 「万が一靴が無くなったらどうしよう」 と心配になっちゃったんです。 そこで、上着にさっと包んで中に持って入っちゃいました。 いや~、どうでもいい靴を履いてる時ならいざ知らず、お気に入りの靴をあそこで脱ぎっぱなしにして中に入るのはちょ~っと抵抗ありました。 「ここに来る時は靴を入れるためのビニール袋必携だね」 「そうだね」 メモメモ。

e0166398_23391348.jpg


小さい急須がたくさん! 年末、台湾に行った時のことが夢のように思い出されます。
(気になる方は右のバーのカテゴリ 「台湾旅行」 からどうぞ~ 千と千尋の神隠しの茶房にも行きました☆)

e0166398_23393014.jpg


   こういうの ↓ 韓国アンティーク街の踏十里でも売ってました。 素敵です。 →過去記事

e0166398_23394472.jpg


   う~ん、可愛い!! これを見るたびクリスマスの靴下を思い出してしまう私ですが・・・

e0166398_233958100.jpg


     鮮やかで美しい色彩のポジャギ (韓国のパッチワーク)。

e0166398_23401346.jpg


 メニューが来ました。 さあ、何を頼みましょうか・・・ドキドキ。016.gif

e0166398_23403156.jpg


・・・と思ったら、およよ?? メニューが韓国語オンリーでございます。 私達はとりあえずハングルは読めるし、メニューぐらいならどんなものなのか大体分かるので問題はありませんが、普通の外国人観光客にとってはかなり困っちゃう感じのメニューです。

「辿り着くのも大変だし、靴も自己管理必須だし、メニューも韓国語オンリーだし、あらゆる意味でハードル高し」
「・・・だね ^^;」

e0166398_23404668.jpg


   こちらはテチュ茶。↓  ナツメの実と砂糖、蜂蜜を煮込んだものです。 好き嫌いのあるお味かな?
   でもお肌にはと~っても良いんですよ♪

e0166398_2341171.jpg


そしてこちらは普洱茶(プーアール茶)。 韓国語では 「ポイ茶」 と言います。 ↓

神妙な顔をした友達がひとこと、「韓国の人達の前でプーアール茶って言わないほうがいいよ。 プーアールっていうのが韓国語で女性器を意味するんだって。 私、以前韓国の人達の前で 『プーアール茶、プーアール茶』 って言ってたら 『それ、言わない方たいいと思います・・・』 って言われた」 ですって! き、危険危険っ

念の為SY(夫)に確認してみたところ (←015.gif確認したんですか?)、最初は 「は? 何のこと?」 と全く分かっていませんでしたが、私が何度もしつこく発音を変えて言ってみたところ (←015.gifえ・・・?)、「あー、人によってはそう聞こえる人も居るかもね。 でもそんな人は変態!」 だそうです。 なはは。。

失礼致しました。

e0166398_23411689.jpg


あ、上の写真の右下に写っている白い油菓(ユグァ)はサービスで付いてきます。

でもせっかくだし他のスイーツも頼んでみましょうか、ということになり・・・

e0166398_23413292.jpg


こちらも韓国語オンリー。 1人分5000ウォンということは分かりますが、それ以外は説明がまどろっこしくて私達の韓国語能力では理解するのが難しく、、、 お店のアジュンマに 「すみません、どれが美味しいですか?」 と伺ってみたところ、上から2番目のお餅をオススメしてくださったので、大人しくそれを1人分お願いすることにしました。

e0166398_23414814.jpg


きな粉ラバーの私としては、こういうタイプのお餅はドンピシャリです。016.gif

きな粉で思い出したんですが、うちの大学の教職員食堂でたまに出るビビンバ、きな粉がかかってるんですよね・・・。 うちの食堂以外の場所できな粉がかかってるビビンバを食べたことがないんですけど、これって韓国ではよくあるものなんでしょうか? それともうちが変わっているだけ・・・?

e0166398_2342326.jpg


オシャレをして来ていた韓国アジュンマ4人組。 アジュンマ、なんて言ったら失礼か。 マダム、ですよねっ

e0166398_23422192.jpg


韓国ではこうやって床に座るのは日常茶飯事ですけど、皆さん足腰痛くないのかな~と純粋に心配になります。 日本みたいに掘りごたつ式になっている床って無いですし。 私はこういう風に床に座るタイプのお店で食事をするのはあまり好きじゃないのですが、日本の皆さんはいかがですか? 韓国では女性もあぐらをかいてOKですが (目上の方の前では避けた方がいいです)、スカートを履いている時はそうもいきませんし、床座りだと食べてるうちにお腹が圧迫されてくるのもちょっと・・・。 激寒の真冬ならオンドル(床暖房)が効いていて嬉しいこともありますが、夏は絶対テーブル派の私です。 床に座って食事をすると、なんとなく人と人との心理的距離が近くなって話が弾んだりするのも確かなんですけどネ。

e0166398_23423758.jpg


e0166398_23425619.jpg


e0166398_23431459.jpg


上のアジュンマ4人組が去った後、お店の方が親切に 「よかったらこちらの席にどうぞ」 と言ってくださったので遠慮なく移動させて頂きました。016.gif わーい、まさに 「CREA」 の写真と同じお席です♪

e0166398_23433393.jpg


   ね? 同じでしょ? ^^ 松下奈緒さんと同じ席に座っちゃいました~ 016.gif

e0166398_2131875.jpg


お店のアジュンマ、平日でお客さんも少なく暇だったのか (←失礼、、) 私達のところにやってきておしゃべりを始めました。^^; 聞いたお話では、日本人のお客さんも結構いらっしゃるそうですよ~。

「メニューは韓国語だけですけど、皆さんどうやって注文なさるんですか?」 とうかがったら、「柚子茶、とか餅 (「モチ」、という日本語はアジュンマも知っているようでした) 、って言うから 『はい、これです』 と言ってオーダーを取っている」 のだそう・・・。 つ、つまり日本の方々は「柚子茶」 と 「餅」 ぐらいしか注文出来てないってことですよね・・・? ^^;

e0166398_23435166.jpg


そんなわけであらゆる意味でハードルが高いここ壽硯山房さん、ソウルナビさんかコネストさんあたりにぜひ特集して頂きたいな~と思います。 あ、でもその前に私がカフェ本に収録しますけどっ 063.gif

e0166398_2344961.jpg


素敵な韓屋のカフェ、壽硯山房さんはいかがでしたか? 観光客には若干ハードルが高いと感じたものの、お店の方もとてもフレンドリーで感じが良かったし、実は三清洞(サムチョンドン)からもそんなに離れていないので、お時間があればぜひ1度行ってみて頂きたいと思います。 三清洞からならタクシーに乗っても15分はかからないんじゃないでしょうか? ちなみに三清閣までは1.4キロの標識が出ていました。 最寄は地下鉄4号線漢城大(ハンソンデ)駅ですが、スムースに行ってくれればタクシーで5分ちょっとで行くはずです。 バスもありますが、最寄バス停から少し歩きますし分かりづらいので、やはりタクシーを使うのをオススメします。 「城北(ソンブッ)2洞(イドン)事務所(サムソ)」 のすぐ近くなので目印に。 タクシーの運転手さんにもそう伝えると良いでしょう。 帰り道は駅まで歩いてもいいし、途中からバスに乗ってもOKです。 (実は、駅までの道なりでも素敵カフェを発見したので、次回UPしますね☆)

e0166398_23442611.jpg


個人的には、お店のアジュンマがノリノリで私のカメラを使って記念撮影をしてくれたのがツボでした。003.gif
最初は 「観光客だと思って親切に撮ってくれているのかしら」 と思っていたのですが、「ありがとうございます」 と言っても 「まだまだ」 と撮り続け ^^; トータル8枚も撮ってくださいました~。 わざと斜めアングルから撮ってくださったものもあり(笑) 感謝感謝! ぶっちゃけ8枚中5枚はピンボケになっちゃってましたがそれもご愛嬌。 趣のある伝統家屋で美味しい伝統茶を頂きながら親切な韓国アジュンマともお話が出来て、なんだかとっても幸せな気持ちになった午後のひと時でございました。^^

名刺を頂いてきたのですが、名刺には所在地の住所は載ってなくて(汗)、電話番号だけ記載されていたので書いておきますね。 02-764-1736です。

追記:・・・と思ったら、上の方の写真の石版の中に所在地が書いてありました。
   ソウル市城北区城北洞248番地、だそうです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今、研究費助成を受けて行っている仕事が1つあるのですが、今月中に仕上げないと返金しなきゃいけないので(汗) これから少々更新頻度&コメントのお返しが遅くなるかもしれません。(コメント、いつも本当に楽しみに拝読させて頂いてます!!040.gif) 写真もいっぱい溜まっているので出来るだけお蔵入りさせないようにUPしていきたいと思いますので、気長~にお待ちいただけたら嬉しいです。


人気ブログランキングへ ← 柚子茶もいいけれど、私はメシル茶(梅茶)好きです♪ クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-06-24 00:00 |     城北区


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル