カテゴリ:    整理収納・インテリア( 28 )

suteki seoul ☆ オーダーメイドで額縁を

今日は皆さんに 「suteki seoul」 三本の指に入ると言っても過言では無いもの(?)を御紹介しますね!

e0166398_12122961.jpg


ご存知の方も多いと思いますが、私のブログによく登場する 「ホンデ」 という所は、弘益大学校(ホンイクハッキョ)
があることで知られています。 つまり、大学を中心に栄えている学生街というわけですねー
その弘大は美術学部で有名な大学で、街にも美大生用の画材屋さんなどが数多く立ち並んで居たりします。

そのホンデで、私が以前からちょっと目をつけていたのが 「額装屋さん」。
弘大正門を向かって左に進むと点々とですが、額装屋さんが20軒近くあるんです。

何で私が額装屋さんに目をつけていたかというと、去年の夏にロンドンにプチプチ留学をした際にテートモダンで
下のアートポスターを買ってきたからなんです。 私が勝手に 「地平線シリーズ」 と呼んでいる類の絵なのですが、
手前がマーク・ロスコのもの、奥がパトリック・ヘロンのものです。
これらをどうにかステキに額装できないかしら、と思って・・・

e0166398_12124018.jpg


そんな折、梨泰院にあるアートギャラリーで似たような地平線系の絵の展覧会があるというので行ってみました。
ブログにもUPしたので覚えていて下さる方もいらっしゃるでしょうか。 盧貞蘭(Noh Jung Ran)さんという
韓国の女性アーティストさんの個展です。 この方の絵が、かなり私好みで!! (過去記事はこちら

e0166398_2104449.jpg


うーん、どちらかというとロスコの絵よりも彼女の絵を額装したい・・・と思った私は、その時購入した画集を
えいっ!と思い切って4枚切り抜いてみました。 試しに4枚並べてセロテープで壁に張っておいたところ、
帰宅したSY(夫)が、「ん? いいね、これ」 と一言。

あの!!芸術を全く理解しないSYさんが 「いいね」 と言うなんてっ!!!056.gif056.gif056.gif

「実はこれ、ちゃんと額装してもらおうと思ってるんだけど、ホンデの額装屋さんに一緒に来てくれない?」 と
頼んでみると 「うん、いいよ」 と快い返事が。 家事は全くしてくれない彼だけど、こういう所は大好きだわ~

e0166398_12124941.jpg


そんなわけで早速、その週末に注文してきました。 試しに何軒か入ってみてお値段を聞いてみたのですが、
だいたい同じような金額を言われたので、何となくフィーリングで良さそうなお店に頼むことにしました。
そうそう、大学生対象の所が多いため、日曜日はクローズしていることが多いので注意してくださいね!

気になるお値段ですが、完全オーダーメイドで何と4万ウォン(3000円ちょっと)でした。

これは本当に驚きました。 日本に居た頃に油絵を習っていたことがあるのですが、その時は小さな作品を額装
してもらっただけで2万円近くとられた記憶があったので・・・(確かに少し立派な額ではありましたが)
それがどうでしょう、このホンデ価格!! お値段を聞いたときは、我が耳を疑ってしまいました。
ちなみに私は言葉で細かく説明するのが難しいので、あらかじめ完成予定図を絵に描き 「ここは縦○センチ、
横は○センチ・・・」 と、中に入れる台紙のサイズに至るまで細かく指定して持って行ったのですが、寸分違わず
その通り作って貰えました。

e0166398_1213035.jpg


完全オーダーメイドの額縁がこのお値段で作れるというのは、まさに韓国ならではですよね。016.gif
かかった時間は 「ゆっくりでいいです」 と言って4日間でした。 1日2日でのスピード製作も可能かも?

今回私はシンプルなフレームを選びましたが、お店にはかなり色んな種類のものが置いてありましたよ♪
お気に入りのポスターを額装してもらうのも良いですし、仁寺洞などで韓紙(和紙みたいなもの)をいくつか
買ってそれをアレンジして入れてもらってもいいかも?
切りっぱなしの鏡を持っていってステキな枠を付けてもらうのもステキなんじゃないでしょうか。

ちょっとこれはハマりそうな予感です。


人気ブログランキングへ ←どうやって壁に掛けようか思案中・・・。クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-02-05 12:00 |     整理収納・インテリア

乙支路4街の照明・椅子問屋街

今回、部屋の壁紙を張り替えたのを機に、フロアランプも買い足すことにしました。

e0166398_1442877.jpg



地下鉄2号線・乙支路4街(ウルジロサガ)駅6番出口を出たあたりに、照明や椅子の問屋街が軒を連ねて
いるのですが (先日ご紹介した壁紙の問屋街もほぼ同じエリアにあります)、その中の1軒で手頃なお値段
のランプを見つけたので即購入。 上の写真は、我が家のNew壁紙ちゃんの前に置いたところです。
結構合うでしょう?^^


e0166398_1444192.jpg


レバーを操作すると、垂直にも立てられるし、写真のように少し角度をつけて立てることも出来て便利。

本当は横から見ると長方形に見えるようなフロアランプが欲しかったのですが、一目見て凄く気に入ったものは
さすがに高くて・・・。 私が一生韓国で暮らす人間ならば迷わず買ってしまったと思うのですが、現段階では
まだ日本移住を諦めていないものですから ^^; 手頃なお値段のランプで手を打つことにしました。

ちなみにこのランプ、卸売り価格で13万ウォン、日本円で1万円程でした。 お手頃でしょう?^^
卸売り問屋なので現金払いのみ可、クレジットカードやチェックカードを使う場合は手数料が10%も付くので
注意してくださいね。


e0166398_1445258.jpg



引き続き、とある椅子を見に、椅子の問屋街を散策。

実は先日一人でぶらぶら見て歩いた時にショーウィンドーにディスプレイされていた椅子が気になった
のですが、その日は定休日で店が閉まっていたので手にとって見られなかったんです。



ところで皆様は、柳宋理のバタフライスツールってご存知ですか?

バタフライスツールは柳宗理が1954年にデザインしたもので、1957年第11回ミラノ・トリエンナーレに招待
出品して金賞を受賞、1966年にはグッドデザイン賞を受賞しています。 日本のデザインが世界に認められた
記念すべき作品であり、パリのルーブル美術館やニューヨークのMOMAにも収蔵されているそうです。
(下の写真は柳宋理公式サイトさんよりお借りしました)

e0166398_1451763.jpg



そのバタフライスツールにソックリな椅子が隅っこの方にディスプレイされていて。

日本で定価で買えば4万円近くする代物、まさかこんな隅っこにディスプレイされている訳は無いだろうと
思いつつ、お店の人に聞いてみる事にしました。 もちろん 「これは柳宗理のスツールですか?」 なんて
聞きません。 だってそんな聞き方して、「えっ、そんな有名なものなのか。 じゃあ高い値をつけよう。」
なんて思われたら困るもん。^^;  さりげなさを装いながら、「あの椅子はいくらですか?」 と聞くと、
「あぁ、あの端っこでホコリを被ってるやつか・・・」 というような若干面倒くさそうな様子でお店のお兄さん、
少し考えた後、

3万ウォン (2300円) でいいですよ」

え!!! (お値段にもビックリだけど、つまり本物じゃない、ということですね、、)


椅子の山の中からバタフライスツールを引っ張り出してもらい、よく見ていたら下の方にちょっと目立つ傷が
付いていたので、「傷が・・・」 と言ってみたところ、「じゃあ2万ウォン (1500円)で」。


e0166398_145466.jpg


               スミマセン、買いました。 洗濯カゴちゃんを乗せています。


その他、ダークな色合いの木をふんだんに使ったカウンターチェア各種や、品の良いデザインのコーヒー
テーブルなど、物凄く惹かれるものが山ほどありました。 しかも、かなり安かったです。
デザインに詳しくない私は、それらがデザイナーズチェアもどきなのか 店オリジナルのデザインのもの
なのかは分かりませんでしたが、とにかく思った以上に趣味の良いものが所狭しと並んでいましたよ~
勉強のためいくつか値段を聞いてみましたが、買う個数が増えるほど値引きしてもらえるようでした。

もっとじっくりお店の中まで入って見せてもらったら、驚くような掘り出し物がたくさん見つかりそうな予感が
します。 日本に郵送するとなったら相当コストがかかりそうなのであまりオススメしませんが、在韓の方は
是非一度見に行ってみてくださいね。 買わずとも、見ているだけでも楽しめますよ♪


人気ブログランキングへ ← あとはプランターを1つ買えれば完成! クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-01-26 15:00 |     整理収納・インテリア

壁紙交換、追記。

前回の 壁紙交換リポート の追記です。
我が家はまだお見せ出来ないのですが・・・ 仕上がりの雰囲気だけでもお伝えしておこうと思います。

まずはこちら、ダイニングルームに張った壁紙です。

e0166398_3473450.jpg


上の写真はもちろん我が家ではありません、カタログですので悪しからず。 あ、分かってますって?^^;
引用元はテドン壁紙さんのこちらのページです。
ぱっと見だと、本物の石を使った壁みたいに見えませんか?
相当近くから見ないと紙の壁紙だと分かりません。 これは本当によく出来ているな、と思います。



それからベッドルーム用の壁紙ですが、前回の記事で 「インターネットででチェックしておいた壁紙の実物を
店頭で見たら 『野生!アマゾン!071.gif』 で大笑いしてしまった」 と書いたところ、yurararecipeさんから
「ぜひ見てみたい」 という御要望をいただいたので御紹介しておきますね。

                    ↓ ↓ ↓  こちらです  ↓ ↓ ↓

e0166398_1293983.jpg


・上の写真の引用元はテドン壁紙さんのこちらのページです

ちょうど我が家のベッドルームにも、上の写真の右側に置いてあるような色合いの革張りチェアがあることも
あって (SYパパの形見だとかで、わざわざSYが新居に運んできたのです)、「人目につかない部屋だし、
冒険してみるのもいいかも」 と思ったのですが、実物は大阪のおばちゃんもビックリの どギツイ豹柄でした。 汗
遠くから見たらドットに見えるような細かい柄だろうと思ったら、モロに 「豹」 な大きめ模様で・・・
うーん、ウェブ上の写真と実物とでは 良くも悪くも全く印象が違って見えるものですね。 危険危険っ


結局ベッドルーム用には昨日UPした別の壁紙を選んだわけですが、あいにく実例写真は見つかりませんでした。
カラーバリエーションカタログは見つかったので、興味がある方 (特にモカさん) はこちらからどうぞ。
どれも写真より実物の方が落ち着いた高級感があり、とてもオススメです。



その他、壁紙メーカーの대동벽지 (テドンビョンジ、テドン壁紙)さんのカタログでちょっと気になったものを
少しだけご紹介しておきますね。

e0166398_130129.jpg


ヨーロピアンなイメージの大胆な壁紙は、アジアの家では使いこなすのがちょっと難しいかもしれないけれど、
上手く部分的に取り入れられたら凄くステキな部屋になるかも? (でも私には無理)

e0166398_1301975.jpg


こんな大胆な大柄もありました。 確かこれは1ロール17000ウォン(1300円)程度だったと思います。
迷うようなお値段じゃないので、期間限定で冒険してみるのもいいかもしれませんね。

e0166398_1303950.jpg


最初は 「こんな大胆なデザインや色の壁紙、いくら部分的にとはいえ張れないわ」 と思っていた私も、
次第に見慣れてくると 「あら、いいじゃない」 なんて思えてくるから不思議。 危険ですっ ^^;

「さすがに ここまで大きな模様の壁紙を一面に張るのはちょっと躊躇してしまう」 という方は・・・

e0166398_1305756.jpg


下の写真のように、アート作品のような感じでキャンバスに貼って壁に掛けてみるのはいかがでしょう?

e0166398_1311475.jpg


以上、대동벽지 (テドンビョンジ、テドン壁紙)さんより引用させて頂きました。 


特に一番下の写真の 「アート作品のように取り入れる」 というアイディアはいただき!ですよね。016.gif
これなら職人さんを頼まなくても自分でDIYできちゃいそうだし。
うーん、色々アイディアが広がりそうです。 韓国の壁紙、なんだかハマってしまいそう・・・


人気ブログランキングへ ← 2日連続SYが夕飯を作ってくれました!(驚) クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-01-24 23:00 |     整理収納・インテリア

オススメ☆韓国の壁紙

ソウル生活を始めること、早2年10ヶ月。
今まで気になって気になって仕方なかった我が家の壁紙の一部を、とうとう張り替えることに致しました!

e0166398_12383785.jpg


まず最初にご説明しておいた方がいいと思うのですが、韓国では部屋の壁4面のうち1面だけに柄の入った
壁紙を張るのが流行っているようなんです。 不動産ブームとあいまってか、街には壁紙屋を張り替える専門
業者さんがいっぱい! 日本では考えられないですけど、ここ韓国では本当に気軽に壁紙を張り替えることが
出来ちゃうんですよ。

我が家もご多分に漏れず、4面の壁のうち1面だけ 「柄入りの壁紙」 だったのですが・・・
義母であるSYママが張っておいてくれた華や過ぎる薔薇柄は、残念ながら私の好みとは全く違っていて。054.gif


e0166398_12385056.jpg


    左: ダイニングの壁紙
    右: ベッドルームの壁紙

  なんだか 「モロ新婚さん!」 みたいで恥ずかしい・・・

  私が我が家を 「タカシマヤハウス」 と呼んでいた理由、分かって頂けましたでしょうか。
  特に右の壁紙なんて 「シルク入り」 で (シルク入り壁紙は韓国で大人気)、光の反射によってキラキラ
  光っちゃうのです。(汗)  薔薇のサイズは一輪が直径30~50センチほど。 大きい、大きすぎます・・


   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


「壁紙取り替えたいなぁ」 と思いつつも、選んでくれたSYママの手前もあってなかなか取り替えられなかった
私でしたが、最近 「ソウルでの生活をもっとステキにしよう」 と決めたこともあって、とうとう張り替える決意を
しました。 3年近く経てばもう・・・いいよね?

張り替えを決めたはいいものの、うちの近所の壁紙屋さんには趣味の悪い壁紙しか置いてなさそうだし・・・と
思っていたところ、ちょうど日本にお引越し前のLooさんから 「あらかじめインターネットで壁紙をチェックして
おけば大丈夫! お店で実際にカタログを見せてもらうことも出来ますよ」 と嬉しいアドバイスをいただいたので、
早速検索してみました。 Looさん、その節は本当にお世話になりました!

ご参考までに、私が検索して参考にしたサイトを載せておきますね。

벽지쇼핑몰 (ビョンジショッピンモル、壁紙ショッピングモール)
대동벽지 (テドンビョンジ、テドン壁紙)


チェックした情報を持って、いざ近所の壁紙屋さんに行ってみたのですが、うーん・・・どの壁紙屋さんでも
いいというわけじゃないですね。 うちの近所では思っていたより少し高い値段を言われたのと、「お宅の壁なら、
1面につき2ロールは必要です」 と言われて不信感が。 ド素人の私だってささっと計算して 「1ロールでも
十分余る」 と判断したのに、どうしたら2ロールも必要だなんていえるのだろうか・・・

そこで、SYママが紹介してくれた芳山市場(バンサンシジャン)に行ってみる事にしました。
芳山市場は、明洞のロッテ百貨店からもそんなに離れていない乙支路5街駅のすぐ近くにあります。
以前から何度かバスで通ったことがあり、キラキラした照明器具屋さんが見えてすごく気になっていた場所!


e0166398_1240672.jpg


   芳山市場にはこんな感じの壁紙屋さんがいくつも軒を連ねています。
   念の為に言っておきますが、これ、ラッピングペーパーじゃないです。 壁紙ですからっっ ^^;

e0166398_12401791.jpg


   「一体、どんな人がこの壁紙を家に張るのだろう・・・」 と非常に気になる柄もたくさん並んでいますが。
   でも、実際にカタログを見せてもらったら、ごくシンプルで趣味の良い壁紙もたくさんありましたよ。ほっ。
   店頭にももっとフツーの色柄のものを飾っておけばいいと思うんですけどねー

   (あ、この辺の写真はデジイチではなくコンデジで撮ってるので画像荒めです。ゴメンナサイ。040.gif


e0166398_12402912.jpg


  私がダイニングの方の壁紙候補として ウェブ上でチェックしておいたものが、下の写真の紙です。↓
  カタログには実物の壁紙が張ってあるのですが、実物もなかなか良い感じで即決しました。
  隣のページに、実際にこの壁紙を使ったお部屋の写真が掲載されていたのも分かりやすくてよかったです♪
  迷っている場合、お願いすればサンプルとして壁紙を少し分けて頂けるようでした。
  (カタログのあちこちが切り刻まれていたので・・・)

e0166398_12404050.jpg


  実は、昔からイギリスのお宅みたいに 壁の1面にレンガが入っているお宅に憧れていて・・・
  更にマントルピースがあればパーフェクト! さすがにレンガやマントルピースは無理だけど、
  これでほんの少しは憧れのイングリッシュハウスに近づけたかな?


  ベッドルーム用にと考えておいた壁紙は、カタログを開いて実物を見たらギョギョギョッ!
  ウェブ上でみた感じとは異なり、やたら 「野生!アマゾン!071.gif」 という感じで、SY(夫)と顔を見合わせて
  思わず 「だっ、だめだめだめ!」 と大笑いしちゃいました。 お店の人まで笑っちゃってたし!003.gif

  そこで、色んなカタログを出してきてもらい、その場で見て決める事にしました。
  が、お店に来るまではずいぶん意気込んでいた私だったのに、カタログの山を見ていたら 「もうどうでもいい」
  という気持ちに・・・。 何だか生気を吸い取られちゃって。 どうも最後のツメが甘い私ですが、無難な色合い
  のものをチョイス。 これも韓国で流行中の(?)シルク壁紙でした。 

e0166398_12405163.jpg



ちなみに皆さんが気になっていらっしゃるであろうお値段ですが、壁紙は1ロール35000ウォン、日本円にして
なんと2600円ぐらいでした。 これは一番高い方で、もっと安いのがいっぱいありましたよ~
1ロールは1メートル×15メートルぐらいだったと思いますので、壁4面のうち1面だけ張る場合なら、1ロール
で十分。 私は日本の壁紙事情は分からないので何ともいえませんが、日本じゃちょっとありえないぐらい安く
ないですか? (インテリアの商社で働いていたmariちゃん、いかが?)

それから、壁紙を張ってくれる職人さんは、「1人につき15万ウォン (11000円ぐらい)」 と決まっており、
今回私達の家は張る範囲が少ないということで1人だけお願いする事にしました。

つまり、壁紙代と作業費全てトータルしても23万ウォン、日本円で16000円程度でした。
街のあちこちに壁紙屋さんがあり、気軽に壁紙を取り替えるの人が多いのも納得ですよね!016.gif




さて、芳山市場には壁紙屋さんだけではなく、イスの専門店やら照明器具の専門店なども並んでいます。

e0166398_1241395.jpg


やはり韓国、日本よりはかなりゴージャスなデザインのものが並んでいますが、中には自宅で使いたいなと
思えるような落ち着いたデザインのシャンデリアやフロアランプもいくつかありました。 お値段を聞いてみたら
思ったよりちょっと高かったので、今回は目の保養だけして帰ることに。 あー、こういうウィンドーショッピング
って本当に楽しいですよね☆

e0166398_12411648.jpg


照明のお店は、乙支路5街から4街あたりまで点々とありますので (実はもっと色んな範囲にあったのかも
しれませんが、私が見た限りではですが)、興味のある方はどうぞ。


   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 


さて、話を壁紙に戻しまして・・・

上の芳山市場の壁紙屋さんに行ってから一週間後、早速職人さんが家に張り替えに来てくれました。
こういう素早いところ、さすが 「早く早くの国」 韓国だなーと感心します。

e0166398_12391112.jpg


下の写真の壁紙も持ってきたので 「あれ?こんなの頼んでない・・・」 と思ったら、どうやらこれは端切れ
だったようで、壁紙に糊を付ける際の台紙として使っていました。 でも実はこの壁紙、ダイニングの壁用の
候補として挙げていたものなんです。 あら、思ったより実物の方がずっと良いかも、もしかしたらこっちの
方が良かったかしら・・・なんて心が揺らいじゃいました。 ^^;
写真では分かり辛いですが、これもシルク壁紙。 写真だとただの薄いグレーをしていますが、実物はもっと
明るい色合いで少し光沢があり、落ち着いた高級感がありました。 次回交換することがあれば、これにしよう・・

e0166398_1239068.jpg


    さぁ、職人のお兄さん、思いっきりやっちゃってください!

e0166398_12392238.jpg


   あらら、ベッドルームの薔薇ちゃんの方は、案外あっさり剥がれてくれたようです。
   そして新しい壁紙を張るお兄さん。 何だか新しい壁紙が やたらシックで落ち着いて見えます。

e0166398_12393239.jpg


ダイニングルームの方の薔薇ちゃんは上手く剥がれなかったようで、なぜか上から更に薄い紙を張った上に
新しい壁紙を張り付けていました。 その辺は結構テキトー。。 うーん、色んなやり方があるのですね。

e0166398_12394352.jpg


まだキレイに片付いていないので新しいお部屋をお見せすることは出来ないのですが、どちらの部屋も
仕上がりに大満足しました。016.gif

ダイニングの方の壁紙は 「我が家には思ったよりちょっと強かったかな?」 という気がしないでもないですが
想像以上の高級感! 写真で拡大しただけでは全く分からないのですが、実際に壁に張ってみると本物の
石の壁のように見えるんです。 騙し絵、というのでしょうか、ボコボコ浮き出て見えます。
この壁紙、韓国的でラメもしっかり入っているんですが、実際の石壁でもキラキラ光ったものもありますから
全く不自然ではありません。 これはグッドチョイスだったかも。

そしてベッドルームの壁紙! これはテキトーに選んだにしては大正解でした。 この記事の一番トップの
写真を御覧頂くと分かると思いますが、円の部分が結構凝った作りになっていて、少し隆起してるんです。
シルクなので角度によって微妙に色合いも変わりますし、とにかくオシャレ感がかなりUP!
余った壁紙をスキーウェアなどを入れているボックスに張り、トータルコーディネート(?)したいと思います。


e0166398_12395458.jpg



すっかり長くなってしまいました。 韓国在住の方も、そしてこれから韓国にいらっしゃる方も、ぜひ一度
「壁紙体験」 をなさってみることをオススメします! こんなに安く手軽に張り替えが出来ちゃうなんて
スゴイと思いませんか?! 

私も壁紙初心者なので(?)、これ以上の情報については、直接お近くの壁紙屋さんにお尋ねいただくか、
上でご紹介した壁紙のウェブサイトなどにお問い合わせ下さいね。 よろしくお願いします。040.gif


人気ブログランキングへ ←作業は約3時間で終了。 日本のような綿密な作業を期待してはいけませんが、
            十分満足できる仕上がりでした。 クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-01-24 00:00 |     整理収納・インテリア

東大門総合市場でオーダーメイドのテーブルランナーを sanpo

12月のことですが、友達にプレゼントするために東大門総合市場でテーブルランナーをオーダーメイドして
きました。

e0166398_16525991.jpg



e0166398_16531198.jpg
東大門総合市場は、地下鉄1・4号線の東大門駅8番か
9番出口を出てすぐ目の前にあります。

東大門総合市場について詳しくは ソウルナビさんの特集
を御参考になさってみてくださいね☆



東大門総合市場へ行くのはこれが初めてでは無かったのですが、実際にオーダーメイドをするために
行くのは初めてで。 ここは地元の人用の場所ですから、日本語や英語はまず通じません。

そんなわけで週末にSY(夫)に付き合って貰って行ったのですが、ぶっちゃけSYも頼りなかった、、^^;
「へ? テーブルランナーって何?」 から始まり、「だって、インテリアとかオーダーメイドなんて僕の範疇に
無いもん。 オモニ(SYママ)に付いてきてもらえば良かったのに」 だって。 ふー

e0166398_16532584.jpg


東大門総合市場に限らないことですが、韓国では小売店が何百軒も集って1つのビルを形成していることが
多いんですよね。 東大門のファッションビルなんかもそうだし。 ここ、東大門総合市場も何百という小売店
が所狭しと並んでいます。

とにかくワンフロアが広く、お店の数が多いので、一度通り過ぎたら 「あ、やっぱりさっきのお店に戻りたい」
などとはいきません。 つまりちょっとでも 「ここいいかも」 と思ったら即購入しないとダメ、ということ・・・
(私のような極度の方向音痴人間は特にそう・・・042.gif

この日は週末だったため、半数以上のお店がクローズしていたのですが、キラリと光るものがあったお店が
あったので 迷わずそこで生地を買うことにしました。 プレゼントする予定の友達の雰囲気にあった柄・色合い
のものをチョイス♪ 下の写真のお店で購入したのですが、店名はインハウス、店番号はC-2006でした。
こういった市場では、目に付いたお店があったら店番号を控えておき、戻る時の目印にするのだそうです。
(私の場合、番号が分かったところで2度と戻れなさそうですが・・・)

e0166398_16533684.jpg



上の写真はアングルが悪くて若干残念な感じですけど、、実際は割と広い店舗で(といっても6畳ぐらい)、
割と趣味の良い柄の生地が揃っていたのでオススメです。 店員さん達がみんな若かったけど、センスが
良かったのはそのせいかも? (アジュンマ(おばさん)・アジョッシ(おじさん)の店舗って、まぁそんな感じの
生地が揃ってます・・・)  このビルには何百という小売店が入っていますので、実際に歩いて頂いて 自分の
テイストの生地が揃っているお店でご購入いただくのが一番だとは思います。

そうそう、生地を買う時は、「メートル」「センチ」では通じません。 「マ」という単位 (1マ=約90センチ)で注文
しなければならないので注意してくださいね。^^  よく分からない方はテーブルのサイズなどを店員さんに
告げると、「それじゃ○マ必要だね」 などと教えてくれます。 私達は 「幅160センチのテーブル用のテーブル
ランナーが作りたいんです」 と言ったところ、「それじゃ2マ半買って」 と言われました。

私は元・手芸女子 (015.gif なんじゃそりゃ) で週末ごとにユザワヤを練り歩いていた人間なので、生地や手芸用品の
大体の相場は把握してますから、「慣れない日本人だからって高い値で言われたら買わないからっ」 と意気
込んでいたのですが、お値段は2マ半で17000ウォン位(1300円位)だったかな? 納得プライスでした。
いや、それどころかあの生地のクオリティなら安かったと思います。


e0166398_16534646.jpg


レースだけを扱う小売店も何軒か並んでいました。 どこも同じようなものを扱っているけれど、一体どのお店で
買えばいいのでしょう?^^;  商品1つ1つにキチンと値札が付いているわけじゃないので、初心者や外国人
にはやっぱりちょっと難しい場所かもしれません。 結局ここは問屋街ですから、交渉次第なんでしょうね。
他の方のブログを拝見したら、交渉しやすいように電卓を持っていく、というアイディアがありました。049.gif
お店の人に数字を打ってもらい、自分も数字を打ち返して値引き交渉すれば、言葉が出来なくても大丈夫♪

e0166398_16535512.jpg


      地下にはカーテンのお店も並んでいました。

e0166398_1654543.jpg


韓国のお店全般的に言えることですが、パッと見はガサガサしていて洗練とは程遠いイメージだったりするのに
中に入ると 意外と素敵な物が揃っていて驚くことも多くて。 キラリと光るデザインのものも数多く見かけました。

e0166398_16541541.jpg


生地を製品に仕立ててくれるお店が地下に集まっていると生地屋さんに教えてもらい、ビルの地下へ。
地下もあり得ないぐらい広大で迷路のようになっているので、私一人だったら間違いなく辿り着けなかったと
思われます。 仕立てのお店がダーッと何軒も並んでいるので、ミシンを踏んでいるアジュンマに適当に声を
かけ、縫ってくれるようお願いします。

e0166398_16542490.jpg


テーブルランナーの場合、端を三角にするか直線にするかを選べるようになっていて、三角にする場合は
タッセルを、直線にする場合はビーズなどのラインを付けるよう勧められました。 テーブルランナーを
プレゼントする予定の友達の家をイメージして、今回は端は直線にすることに。 ビーズのラインは同じく
地下にあるタッセル・ラインのお店に買いに走りました。 (何でも揃っていて便利!^^)

e0166398_16543464.jpg


タッセル、ビーズラインの専門店だけでも何軒もあって・・・。 いちいち覗くのは面倒なので、一番手前に
あったお店で買っちゃいました。 あまりに広くてごちゃごちゃしてるので、楽しいけど疲れてきちゃって。。
(それにしても途中に出口もほとんど無いし、防災上かなりマズイ造りですよね、あのビル・・・)

e0166398_1654441.jpg


私が選んだシンプルなクリスタルのラインは、1マ(90センチ)で2000ウォン(150円)と激安でした。
これには思わず興奮・・・。070.gif  テーブルセンターを2枚作る予定だったので、2マ購入。

e0166398_16545443.jpg


布をシングルで作るか、裏表同じ柄が出るようにダブルで作るかも選べます。 何と製作時間は30分っ!!
さすがは 「早く、早く」 の国、韓国です。 ブラボーでしょ?049.gif 旅行客の方もその場ですぐ作って日本に
持ち帰れちゃいますよ☆

ちょっと残念だったのは、製作費用が思ったより少し高かったこと。 ダブルで縫ってもらったためか、はたまた
キチンと最初に交渉しておかなかったためかは分かりませんが、1枚につき1万ウォン取られました。
最初は思わず 「そんなに取るなら自分で縫いますよ」 とムムッと思ってしまったけれど、考えてみたら
日本円にして800円ぐらいですから安いことは安いんですよね。 韓国に住んでるとちょっとマヒしてきて・・・
(ちなみに後でSYママに見せたら、「それなら妥当な値段じゃない?」 と言われました)

Looさんなどは 「クッションを1枚4000ウォン(300円位)で縫ってもらった」 とおっしゃってたから、交渉次第
ではかなり安く縫って貰えるのでしょう。 私も次回は賢く交渉して挑みたいと思いますっ


e0166398_1655412.jpg


そして完成したテーブルランナーがこちら!053.gif

e0166398_16551378.jpg



布代、ビーズ代、製作費すべてトータルで1枚2万ウォン(1600円)ぐらいでした。
友達も 「超好み!」 と喜んでくれたし、よかったよかった。^^ もう1枚は私自身のためにキープ♪

私もこの冬休みは 「家を快適にする」 を1つの目標に掲げていますので、まずは壁紙の張替えから始め、
ベッドカバーやクッションなどを作りに また東大門総合市場へ行きたいと思います。


人気ブログランキングへ ←「私はこんなものをオーダーメイドした」などの情報、お待ちしてま~す。 クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-01-13 20:00 |     整理収納・インテリア

韓国アンティーク街、踏十里

以前からぜひ一度行きたいと思っていた、韓国の有名な古美術通り・踏十里(タッシムニ)に行ってきました。

e0166398_026219.jpg


踏十里(タッシムニ)では伝統的な李朝家具を中心に、様々な工芸品・美術品が置かれているんですよ。^^
踏十里古美術商街は、地下鉄5号線の踏十里駅2番出口から徒歩で約5分程度の場所です。

・コネストさんでの特集はこちら
・ソウルナビさんでの特集はこちら

e0166398_0261762.jpg


お店は雑居ビルのようなところにずらりと入っているのですが、建物も1つだけではなく色んな場所に点々と
存在しているので、全ての建物をくまなく見るとなると丸一日はかかってしまいそう。 っていうか、無理。。
初めて行く時は下見感覚で行き、2度目で目星を付けて買い物する、という感じが良さそうです。

e0166398_0262935.jpg


職場に古美術に詳しい方がいて、今回は 「踏十里ツアー」 と称して希望者を案内してくださったのですが
(というか私が以前から何度か 「ぜひ踏十里ツアーをしてください!」 とお願いしていたからなのですが)
ほんと、こういう詳しい方と一緒じゃなかったら どこをどう歩いたらいいか全く分からなかったと思います。

e0166398_0264019.jpg


古美術に興味はあるものの 全く詳しくない私は、「手頃な値段で、自分が気に入ったもの。 万が一後で
騙されていたと分かっても悔しくない程度の値段のもの」 という基準で、何か1つ買ってみることにしました。
実は私、以前からずっと 「ソバン(小盤)」 が欲しかったのです。 (上と下の写真に写っている小さなテーブル)

ソバン(小盤)というのは、韓国の伝統的な小さなお膳のことなのですが、これが実に種類が豊富。
デザインも様々で、非常に奥が深いものなのです。
その証拠に、ソバン(小盤)だけについて書かれている本まで存在するほどなんですよ。
(同僚の先生が本を貸してくださいました。感謝!)

e0166398_0265018.jpg


ところで、cafe SOBAHN (カフェソバン) なんてビビンバのお店も光化門にあったんですね。^^;
確かに何度か前を通ったことがありましたが、まさかあの「ソバン」のことだったとは知りませんでした。

e0166398_027243.jpg


ソバン、ソバン・・・と捜し歩いたものの、オリジナル(本物のアンティーク)は結構高いんですよね~。
安くても日本円で2万円以上するのです。 状態の良いもので、デザインも優れたものだと10万円とか。
本当にアンティークがお好きな方ならば大した金額ではないのかもしれませんが、何せ私は初心者。 
しかも私の場合、価値のあるものを買って丁寧に保管しておきたいわけではなく、気軽に日常生活の中で
取り入れたい方なので、オリジナルを買う必要は無いのです。 そこで 「安いレプリカを」、と思ったけれど、
レプリカも結構高かったりするんです。 どうしましょ。 ^^;

そんなわけでソバンを探しつつ、他の素敵なものも色々見て回ることに。

下の写真は、韓国の伝統的なお菓子を作る際の型なのだそうです。 1つ7000ウォン(500円)。
あまりに可愛いのでいくつか買おうと思ったけれど、ツアーを引率してくださった先生に 「まだまだ先は長い
から行きましょう」 と言われ、とりあえずこの日は下見だけにすることにしました。 次回は是非買おう。
(あ、でもお店の場所、覚えてない、、、)

e0166398_0271279.jpg


今回の踏十里ツアーにあたって 「埃っぽい場所を相当歩くので、汚れても構わない服装と歩きやすい靴で」
と言われたのですが、本当にその通りだと思いました。 とにかくいっぱい歩く! 更に途中で買い物なんて
してしまうと重い荷物を持って歩かなければならなくなるので、ハイヒールなんてもっての外という感じです。
(でも私、ハイヒール以外持ってないのでこの日もハイヒールで行っちゃいました、、、とほほ)

e0166398_0272126.jpg


私は古美術のことはほとんど知らない、と書きましたが、実は以前から興味だけはあって、イギリス留学中
などはロンドン中のアンティークマーケットをあちこち見に歩いたりしていました。
映画 「ノッティングヒル」 でもおなじみのポートベローマーケットから、入場料を払って入るようなきちんとした
マーケットまで色々。 学生だった私はほんの安い雑貨をたまに買ってみる程度で あとはひたすら目の保養
に見て歩くだけでしたが、ああいうものを見るのって本当に楽しいんですよね。^^

e0166398_0273179.jpg


そうそう、私は 「古美術商」 とか 「アンティークディーラー」 という人達は(特に外国では)あまり信用し過ぎ
ない方がいいと思っているんです。 というのも、ロンドンのアンティークマーケットでお店を開いていたおじさん
に 「ちょっと、ちょっと」 と手招きされたので近付いてみたら、小声で 「君、日本人でしょ? この商品って中国
のもの? それとも日本のもの?」 と質問されたことがあったので・・・。 (ありえませんよね~ ^^;)

そんなわけで、こういうものを買う時は 「たとえ偽物や多少のぼったくりがあったとしても悔しくない程度の
ものしか買わない」 と決めているのです。 私みたいな人は間違いなく 「お宝鑑定団」 には出られませんね。。

e0166398_0274124.jpg


ソバン狙いで見て歩いていた私でしたが、適当な物が見つかる前に、別の素敵なものを発見してしまいました。

こちらの、蓮の花の形をした鉄瓶です。(最初、薔薇だと思った) ↓

e0166398_0275598.jpg


写真ではかなりグレーっぽく見えますが、実物は鉄瓶なので真っ黒なんですよ。

もちろんこれはオリジナルのアンティークではなくレプリカです。 最初で見たお店では、下の台も入れて20万
ウォンだと言われ断念。 2件目に見つけたお店でも似たような値段を提示されたのですが、鉄瓶部分だけでも
いいというので更に少し値引き交渉をし、10万ウォン(8000円ぐらい)で買いました。

下の写真は 「こんな鉄瓶もありますよ」 とお店の人が持ってきてくれたアヒルちゃんの鉄瓶。 個性的!
(許可を頂いて写真を撮ってます)

e0166398_028480.jpg


e0166398_0281354.jpg
ちなみに私が鉄瓶を買ったのはこちらのお店です。
(日本語は通じません)

それぞれのお店の入り口にこうやって番号が振って
あるので便利です・・・が、肝心のビルの名前を忘れ
ました。 誰かに付いて回っているだけだとダメですね。
ソウル在住の方の場合、大きいものや重いものは
バイク便でも宅配してくれるそうです。



e0166398_0282266.jpg


今回行った踏十里の骨董街では、結構日本語が通じるお店もありました。
中には日本の美術館にも商品を販売しているお店もあったりして、わざわざ美術館から来た手紙を見せて
くれた店主さんもいらっしゃいました。 (一体どんな商品を売ったのだろう?)

e0166398_0283228.jpg


日本語が通じないお店でも、なぜか数字だけは日本語で言える方が多く、「ずいぶん日本人客も多いのだろうな」
という印象を受けました。 もちろん、韓国語が少しでも出来た方が値引き交渉やちょっとしたインフォメーション
も手に入りやすくて良いとは思うので、可能ならば韓国語が出来る人と一緒に行くのがベターでしょう。^^

e0166398_028437.jpg


    韓国は青磁も素晴らしいのですが、やっぱり私は白磁派です。 ↓

e0166398_0285318.jpg


    なにこれ・・・、と思ったら、お酒を入れておく壺らしい。 タコの口部分からお酒を注ぐ仕組み。

e0166398_029344.jpg


素敵な鳥かごも目に付きました。 韓国というより、中国っぽい色合いです。(中国のものなのかもしれません)

e0166398_0291532.jpg


e0166398_0292725.jpg


e0166398_0293798.jpg


私が購入した鉄瓶ですが、家に帰ってみたら何だか妙にかつおぶし臭くて・・・ 何故かつおぶし?
フタを開けてみたら、サビがびっしり固まりになって付いていてビックリしました。

ナイフを使ってサビを落としてみたけれど1時間もかかってしまい、さながら外科手術のように。
「お店でフタを開けて確認していれば、『サビがひどいからもう少し値引きして下さい』 と交渉出来たかも」 と、
その辺はちょっと後悔しました。 何度か洗ってお湯を煮立ててみたりしたらだいぶマシになりましたが。 
ま、元々実際に使うために買ったのではなく、あくまでディスプレイ用として購入したものなので、サビについては
あまり気にしてません。 初めての踏十里にしては、良い買い物が出来たなと、毎日 鉄瓶を眺めてはひとりで
ニコニコしています。

今回はお店の外に置いてあった商品しか写真でご紹介出来ませんでしたが、各店舗の中にはもっと魅力的な
小物類 (真鍮の食器など特に惹かれました) や家具など本当に色んなものが置いてありました。
皆さんもお時間 (と興味) があれば、ぜひ一度踏十里に行ってみてくださいね。^^


人気ブログランキングへ ←11月は忙しいのに、何故こんなにUPしたいことが一杯なのでしょう・・・。クリックプリーズ☆
by yossy_kr | 2009-11-05 00:00 |     整理収納・インテリア

ソウルのアパート

今日の土曜日は、2003年に亡くなったSYパパの法事(チェサ)でした。
SYファミリーはキリスト教徒なので 朝は聖堂でミサに参加し、帰りにSYママの新しいアパートへ。
興味があったので 「ぜひ見たいです~」 とお願いしちゃいました。 (皆さんも興味あります・・・よね!?)

e0166398_0225732.jpg


「アパート」 と書きましたが、これは日本でいうところのマンションのこと。
何かの本で読んだ情報によれば、7階建て以上の集合住宅を韓国では 「アパート」 と呼ぶのだそうです。

さて、SYママ宅は昔は一戸建てだったのですが、ソウル市の都市計画によりアパートに生まれ変わりました。
当初の予定よりずいぶん時間がかかったようですが、どうにか無事完成してよかったです。
ソウルはこんな感じでどんどん新しい高層アパート群が建てられており、それを見越して土地転がしならぬ
アパート転がしをする人が大勢いるんですよ。 SY曰く、ソウルの住宅は 「絶対に値下がりすることが無い」
のだとか。 日本人の私としては 「絶対、なんてことあるのかな」 と疑心暗鬼なのですが、韓国では
そういうことになっている模様。 とにかくソウルでは誰もがひと財産作るために家を欲しがっています。
私の大学院の先輩(韓国人)も、家を買っては売り買っては売り・・を繰り返し、一儲けしたと自慢していました。


e0166398_02394.jpg


ところで、韓国では結婚したらこのような高層マンション群に住むのが良いとされているようです。
でも実は私、初めて韓国に来てこういったアパート群を見た時、「なんだか寂れた団地って感じ・・・」 と
思ってしまったんです。。 今回ブログにUPしたアパート群は新しいこともあってかなり綺麗ですけれど、
昔からあるようなアパートは外壁の素材が安っぽかったり、色彩もかなり残念な感じのものも多いので。

このように見た目的にはちょっとアレな感じの (アレって何?) アパートではありますが、中に一歩入ると、
日本と比べ物にならないぐらい広くて素晴らしいんです!

e0166398_0232044.jpg


ソウルのアパートの何が素晴らしいかって、キッチンからダイニングにかけてが物凄く広いこと!
一族で一度に大勢集まったりすることが多い韓国だからでしょうか、メインの部屋は広々ととってあって
開放感があり、非常に気持ちよいです。

ちなみにSYママ宅、工事が終了していないので電気・ガス・水道はまだ引かれていません。

e0166398_0233190.jpg


テレビ台も最初から備え付けになっていて便利。
下の写真中央部分にあるインターホン↓には、警備室に直接つながる呼び鈴も付いていました。
これならお年寄りだけの世帯でも安心ですよね。

e0166398_0234271.jpg


下の写真はダイニング側のベランダです。 日本のマンションのベランダと大きく異なるのは、ガラスの
窓が付いていること。 日本では防災上、ベランダは窓で覆わずに解放しておかなければいけないと法令
で決められていますが、韓国では窓で覆われているのが普通です。 春先になると中国大陸から黄砂が
吹いてきますから、こういった窓が付いていないと洗濯物も干せませんしね。
ベランダといっても部屋の延長線に近い感覚なので、私はこの韓国式ベランダがとても好きです。

e0166398_0235031.jpg


そしてこちらの写真はキッチン側のベランダ。 ベランダが両脇に2つ付いているなんて贅沢ですよね!
ベランダは洗濯機を置く他、キムチを漬けたり料理をしたりと大活躍の場所です。
(韓国の人達ってベランダにしゃがみこんで床で野菜を切ったり魚を焼いたりするんです、、 
なぜテーブルでやらない? といつもツッコミを入れたくなるのですが・・)

e0166398_0235833.jpg


部屋からの眺め。↓ 写真右上にチラッと見えているのは漢江(ハンガン)です。
このアパートからだと漢江まで徒歩10分もかかりません。 ソウルで生活している人たちにとって、
美しい漢江の川沿いを運動出来るのは大きな魅力です。

e0166398_024726.jpg


もう1つ、韓国のアパートの大きな魅力といえば トイレ・バスが2つ標準装備されていること!!
これは本当に便利で素晴らしい。 (ちなみに我が家はヴィラなので、トイレ・バスは1つです)
写真左はダイニングに面しているメインのトイレ・バス、そして右は奥の部屋に付いているトイレ・バスです。↓

e0166398_0241633.jpg


我が家のトイレ・バスもこのアパートぐらい清潔で整っていれば、私の韓国生活ももっと快適で楽しくなると
思うんだけどなぁ。。。 住むところって想像以上に物凄く大切ですよね。

さて、下の写真にご注目ください。 部屋の隅に 「ザ・韓国!」 を発見。 花柄の壁紙です。
壁全体に使うのではなく、一部分だけ柄物にするのが流行している模様。 (我が家も・・・)
ちなみにこれ、SYママが選択したり指定したのではなく、最初からこの壁紙になっていたのだそうです。

e0166398_0242667.jpg


アパート群の中央部はちょっとした広場になっているのですが、こういった広場では週末ごとに
青空市場が開かれたりすることも多いのだとか。 これは羨ましい!
もう1つ、写真の下方やや左の地面が 丸くて黒っぽい模様になっているのがお分かりになりますか?
実はこれ、噴水になっています。 「地面から噴出す噴水」 も韓国のアパートや公園でよく見かけます。

e0166398_024371.jpg


ちなみにSYママ、このアパートにはすぐは引っ越さないのだそう。 2年間は人に貸しておき、その後 ご自分が
入居する予定にしているとのことでした。 せっかくの新しいお家なのに、ちょっと残念!


ところで、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、韓国の賃貸制度は非常に変わっているんです。
月々決まった家賃を大家さんに支払うのではなく、「チョンセ」 といって数百万円から数千万円に相当する
大金を大家さんに預けておき、契約が切れるときに全額返還してもらい退去するという摩訶不思議なシステム
を取っています。 つまりこれ、最終的には 「家賃はゼロ」 になるということ・・・
大家さんはチョンセで預かったお金を貯金して利息を得たり、財テクで増やして家賃の変わりにしているのです。
SYママも今回はチョンセで家を貸すことにしているのですが、通常は家の価値の5~7割ぐらいの金額を
チョンセ費として要求すべきところ 今は不景気なので家の価値の半分以下の金額に設定したそうで、
すでに借り手も付きました。 一安心。

チョンセというのは韓国では非常にメジャーなシステムですが、外国人の私達にはちょっと理解し難く、若干
不安な面もあるシステムですよね。 実際、大家さんがチョンセで集めたお金を持ち逃げしてしまうなんていう
危険もあるそうなので、信頼できる不動産屋を利用すること、そして事前に大家さんの経済状況(?)などを
キチンとチェックすることが非常に大切です。 蛇足ですが 韓国人の先輩は 「経済不況のせいでチョンセ
システムも次第に崩壊していき、これからは日本と同じように月払いシステム(ウォルセ)に切り替わるだろう」
と言っていました。 でも一度チョンセに慣れてしまうと、ウォルセでお金を払うのは何だか馬鹿馬鹿しい・・・


さて、アパート見学の後は SYママ宅の近くの食堂でお昼ご飯を食べました。
ソウルのアパートは東京並みに、いや、もしかしたらそれ以上に高くてビックリする程ですが、こういった
外食というのは相変わらず安いんですよね。 こちらのヘジャングクは5000ウォン(400円)でした。

e0166398_0245573.jpg


SY(夫)が読んでいた新聞に、現在韓国ツアー中の石川遼くんの記事が載っていたので思わず注目。
「日本最高のオムチナ」 と書いてあるのですが、「オムチナ」 というのは 「お母さんの友達の息子」 という
意味なのだそう。 世の中の母親が 「お母さんの友達の息子はね、○○大学を出てるのよ」 「お母さんの友達の
息子はね、両親にお小遣いをしょっちゅうあげるんですって」 ・・・のように言うことから、「人が羨ましがるような
素晴らしい男の子」 のことを指すことばのようです。 → こちら に詳しい説明がありました。

e0166398_025385.jpg


食堂を出ると唐辛子の専門店が。 前回、道端に唐辛子が干されている、という話をUPしましたが、
まさかあれらが売られているのではないでしょうねぇ・・・

e0166398_0244674.jpg


SYママ宅に移り、法事の料理開始。
「えっ、キリスト教徒なのに法事もするんですか!?」 とよく驚かれるのですが、SY曰く 「プロテスタントの
人たちはミサに参加するだけで終わりにするけど、うちはカトリックだから両方やるんだよ」 だそうです。。
ま、いずれにしても真面目に教会に通っているのはSYママだけで、SYも妹ヘランちゃんも1年に1度か2度
しか教会に行かない 「なんちゃってクリスチャン」 ですからね・・・

e0166398_0251324.jpg


今日はヘランちゃんが仕事で日中いなかったので、私とSYで料理の手伝いをすることになりました。
今回はSYがSYママに 「大量に作らないでくれ」 と繰り返し言ってくれたお陰で 料理は少しだけ。
私がニガテなチョッパル(豚足)もなかったし、本当によかった。 毎回大量にお持ち帰りさせられるおかず類も
今回は少しだけで済みました。

こういったお料理は、全て床の上に紙を敷いてやります。 私はテーブルでやった方が腰も足も楽でいいのに
と毎回思うのですが、韓国の中高年の方々の多くは床にあぐらをかいてやった方が楽な模様。

e0166398_0252324.jpg


上の写真のニンニク、SYと私2人がかりで30分近くかかって剝きました。
こちらも毎回 「私なら最初から皮が向いてあるニンニクを買うのに」 と思うんですよね。 ←そんなのが多い、、
ニンニクの種類によっては刺激のある汁で皮膚が痒くなったりするし、何より時間がもったいなくて。
今回初めてニンニク剝きに参加したSYさん、 「あー、何でオモニは最初から皮が向いてあるやつを買わない
んだ!」 と憤慨。 気持ち、分かってくれました??

途中、SYママが出してくれたコーヒーカップがオールドコレールのWoodland Brown だったので私が強く
反応したら、「30年前にキムジャン(キムチを漬ける作業)の時、お祖母さんがご褒美に買ってくれたのよ」 と
嬉しそうに説明してくれたSYママ。 ママ、ひとりで100個の白菜をキムチにしたんだそうで・・・お疲れ様でした。
「写真を撮るなら全部持ってくるわ」 と、フルセットで出してきてくれました。 感謝!

e0166398_0253276.jpg


コレールは若干プラスチックっぽくて重厚さは無いので好き好きが分かれると思うのですが、韓国の一般家庭
ではコレールのようなプラスチックっぽい食器を日常使いにしている家庭が多いんです。
(私達が結婚したときも、そのような食器セットを頂いたりしました。)
私の勝手なイメージでは、韓国のご家庭ではインサドンで売られているような伝統の陶磁器類を日常使いに
していると思っていたのですが、意外にもそうじゃないんですよね。 私は韓国の伝統陶磁器、大好きだけどなぁ。

yossyが好きだろうから・・・とSYママ、チャプチェを作ってくれました。
SYママのチャプチェはお世辞抜きにして本当に美味しいんですよ!
せっかくなので今回は作り方を横でじっくり観察させてもらったのですが、麺をゆでるときまで油をたらすのには
驚きました。 野菜や麺を混ぜるのに お風呂で使うようなたらいを使用するのにも・・・

e0166398_025423.jpg


本来、チェサの儀式は深夜0時に行うのが正式だそうですが、私達はいつも夜9時ごろ行います。
儀式の様子については割愛させて頂く事にして・・・ 下は、儀式のあとに皆で食べた食事。

e0166398_0255519.jpg


今日は途中でイモ(SYママの妹) と イモハルモニ(大叔母さん) も来てくれて、一緒に色々準備してくれました。
家族って本当に有り難いものだな・・・と感謝の気持ちでいっぱいだったのですが、このお二人、一族の中で
最も 騒々しい にぎやかなんです。 2人が来ただけで、ここは飲み屋ですか!?というような大騒ぎに。
多分皆さんが想像出来ないぐらい凄いです、、、。 ノンストップで大声で騒がれ、あまりの喧騒に最後には
私もぐったりしてしまいました。 (私よりSYとの方がぐったりしてたけど)
家の中にいるのに人の声が騒々しくてぐったりしてしまうって・・・ あまりない経験ですよねぇ。

とにかく、無事に法事を終えることが出来て良かったです。
家族がたくさん集まってくれて、きっとSYパパも天国で喜んでくれたことでしょう。


人気ブログランキングへ ←考えてみたらお墓には行かなかったけれど、また別の日に行くのかな。クリックプリーズ☆
by yossy_kr | 2009-09-12 23:30 |     整理収納・インテリア

su・te・ki Seoul @Looさん邸

今日は 「su・te・ki Seoul 大賞」 の発表!
ブログを通じて仲良くさせて頂いているお友達、Looさんのお宅にお邪魔してきました。

e0166398_2531616.jpg


実際にお会いするのは初めてなのに、初めてお会いしたという気が全くせず・・・
Looさんは想像通り綺麗で明るく、その上とても気さくな方で。 本当にチャーミングで素敵な女性でしたよ♪
お言葉に甘えてお宅に遊びに行かせて頂いたのですが、ブログで拝見していた以上に素敵で感激しました。016.gif

ウェルカムドリンクはスパークリングウォーター。 ペリエかな?
今までは正直スパークリングウォーターを美味しいと思ったことは無かったのですが、
素敵なお宅で頂いたせいか、物凄~く美味しく感じられました。


e0166398_251653.jpg


   私がお持ちしたお菓子もこんなに素敵に・・・。 ↓
   ちなみにこれらはホンデにあるSnobというオシャレなカフェで購入しました。
   洋菓子類が日本ほどは便利に買えないここソウルなので、こういったオシャレで美味しいお土産が
   手に入る場所をいくつか知っておくと非常に便利です。

e0166398_2511870.jpg


キッチンに立ったLooさん、ぱぱっとオシャレなプレートを準備してくださいました。
臨月に入った妊婦さんなのに、こんなに色々して頂いて本当に感激。

ちなみにチョコレートは韓国人の旦那様が日本で買ってきてくれたロイズのものだそう。
海外出張が多い旦那様、今日も日本にいらっしゃったそうなのですが、私がLooさんとお会いしている
間だけでも5回か6回は 「安否電話」 がかかってきていました。053.gif


e0166398_2513066.jpg



e0166398_2514068.jpg


  カフェに来たかのようなオシャレなデザートプレート。

  お友達が作ったというオレンジ煮をローソクの明かりに透かしてみたら、あまりに綺麗だったのでパチリ。
  芸術品ですよね!

e0166398_252321.jpg


  ローソクの明かりって本当に心が安らぎます。

e0166398_2521345.jpg


彼女のお宅は間接照明も多用されており、それが本当に素晴らしいんです!(あ、写真撮ってない、、)

以前にもちらっと書いたことがあったかもしれませんが、鐘路(チョンノ)2閣のあたりをバスで通ると照明の
お店がズラリと並んでいる通りがあります。 彼女もそこにあるお店を愛用しているそうなのですが、素晴らしい
照明がびっくりするような安さで手に入るのだそうで、日本からも買い付けに来る業者さんがいる程なのだとか。
私はバスの中から覗いたことがあるだけなのですが、店構えは古めかしい商店という感じでちょっと残念な感じ
なのに、置いてある照明類はすごく最先端のオシャレなものばかりで驚いた記憶があります。


e0166398_2522269.jpg


はい、やっと登場の犬のLooちゃん053.gif

e0166398_2515213.jpg


なんと、犬のLooちゃんの方もつい最近出産したばかり。
神経質になっていて吠えるかも・・・と聞いていたのですがとんでもない!
すぐに近づいてきてくれて、ピタッと寄り添ってくれたり、ぺろぺろと手を嘗めてくれました。

e0166398_2525681.jpg


Looさんのお宅は本当にシックで落ち着いた雰囲気なのですが、そんな雰囲気作りに一役買っているのが
素敵な壁紙なんです。 テーブル脇の壁、一見タイルに見えるけど、実は1枚の壁紙なんですって。
「韓国の壁紙は、安くて種類がいっぱいあるからいいんですよ~」 とLooさん。
我が家の壁紙使いは残念なことにタカシマヤ方面にいっちゃったけど、きちんとこだわって選べば本当に
個性的でオシャレな空間が作れそうです。


e0166398_253614.jpg


ところで、彼女と話した中で印象的だったのは、「”韓国ってイケてない” と否定している人を見ると、本当に残念。
ちゃんと探せばこんなに安くて素敵なものがいっぱい見つかるのに」 という言葉でした。

うう・・・実は私もソウルに来て間もない頃、そんな風に否定的に捕らえていたんですよね。

ソウルにはショッピングしたいと思えるような素敵なお店も無いし (私は東大門市場みたいな場所には全く
興味がない)、何かを買おうと思っても不便だし、何から何まで面白くない!・・・と不満に思っていました。 
でも在韓も2年以上経ち、自分の気持ちが少しずつ馴染んでくるに従って素敵なものもどんどん目に入って
くるようになり、更に 「su・te・ki Seoul」 というタイトルでブログを立ち上げ直して意識的に素敵なものを探す
ようにし始めたら、あらあら・・・素敵なものが一杯あることに気が付いたんです。

不思議なことに、今では私もLooさんと同じ気持ちです。
「私と同じように韓国に全く興味が無かった人が、こういったブログを通じて少しでも韓国に興味を持って
くれたらいいなぁ」、おこがましくもそんな風に願っています。


e0166398_2524572.jpg


Looさんがわざわざ日本から持ってきたという本格的なカプチーノマシーンでコーヒータイム。
この機械、ここ数年で韓国にも輸入されるようになったそう。(でも日本で買うよりずっと高いです)

e0166398_2532721.jpg


上の写真の可愛らしいカップ&ソーサー、何とトータル500円もしなかったんですって!
(日本で買ったのだそうです)
センスの良い人はお金をかけなくても素敵に暮らせるのだなぁと感心しきりでした。

ちなみに、下の写真のパープルのクッションカバー類も東大門市場で布を買い、1枚400円位で縫ってもらった
のだそうですよ。 世界に1つしかない、いわゆるオーダーメイドのクッションがこんなに安く作れるなんて驚き。
まさに su・te・ki Seoul でしょ? だからこのお家が大賞受賞です。 笑

e0166398_2523139.jpg


  最後の最後まで素敵なことは続く・・・
  リビングに飾ってあったアジサイを中心としたお花をお土産に頂いちゃいました。

  それから更に、Looさんのお宅の写真が掲載されたという 『PLUS1 LIVING』 という日本のインテリア雑誌も
  頂いてしまいました。 この雑誌、私がまだ日本に居た頃、よく買っていたものだったので嬉しい。

e0166398_2533837.jpg



Looさんは私の最初のブログの頃から読んでくださっていたそうで、「ぜひお会いしたいと思っていたの~」 と
おっしゃって下さったけれど、期待外れにならなかったことを願うばかりです。
ベビちゃんが産まれたら、お祝いに行かせてくださいね☆ 本当にありがとうございました。


人気ブログランキングへ ← 「タカシマヤハウスもがんばれ!」 のクリックプリーズ☆
by yossy_kr | 2009-07-02 02:00 |     整理収納・インテリア


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル