<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

MUSCUS @江南

先日、韓国人の友達の誕生日祝いに、江南(カンナム)にあるMUSCUSに行ってきました。
お寿司大好きな彼女が、「ずっと昔からお寿司ビュッフェにあこがれていた」(!) というので。

e0166398_1334729.jpg


今回私たちが行ったのは、彼女の職場のすぐ近く、駅三(ヨクサム)にある本店。
コネストさんのサイトに20%OFFクーポンもあったので、事前予約してGO。

このMUSCUSは 「ウェルビーイング・シーフードビュッフェ」 が売り物なのだそうで、お寿司を中心に、
カニやエビなどの魚介類、各種サラダやデザートなどが割と手軽な値段で食べられます。
私は2007年に1度、ヨイドにある支店にSY(夫)と行ったことがあったのですが、お店の雰囲気や規模は
駅三本店よりもヨイドの方が良かったかな?

e0166398_1341310.jpg


夕方6時に予約して行ったので、まだお客さんはまばら。
7時過ぎた頃からどんどん席が埋まっていきました。 欧米人のお客さんもちらほら。

e0166398_1344579.jpg


MUSCUSはなかなかオシャレだし、味も割と良いので私も気に入ってはいるのですが、
海外旅行に行った時の朝食ビュッフェを除き、通常ビュッフェには自ら好んでは行きません。
割と小食な私は絶対に元が取れないから、、、 汗

「大丈夫、今日は奢ってもらうんだし、yossyの分も目一杯食べるから安心して!!」 と友達。
「・・・いや、ダイエットするって言ってたじゃん。 いいよ、ほどほどで」 と私。 ←辛口

e0166398_1351145.jpg


ところで、御存知の方も多いと思いますが、韓国では通常 誕生日の人が周囲の人に奢ります。
日本では逆なので最初はびっくりしましたが、でも考えてみたら私、韓国に来てから一度も
「誕生日だから自分がおごる」 というのをやったことがありません。 あら?
SYに聞いたら 「僕もやらない」 と。 うーむ・・・

e0166398_1352868.jpg


「とにかくお刺身をお腹いっぱい食べたかった」 という友達。
嬉しそうにお刺身ばかり何度もお代わりしていました。 ここまで喜んでもらえたら御馳走し甲斐が
あるというもの。 この日は彼女、会社でも一日中ニコニコしていたそうで、周りの人達から 
「何かいいことでもあるの?」 と聞かれたらしい。 可愛すぎ!

ちなみにこの友達は私が東京で大学院に通っていた時の同級生なんですが、8年間日本に住んでいたので
日本食が大好き。 逆に辛い韓国料理や焼き肉が食べられないというのだから、なんとも気の毒です。


e0166398_136331.jpg
ちょっと不思議な創作寿司を発見。
ニラと鰹節のお寿司です。
シンプルだけど、これが驚くほど美味しかった~
私はこってりしたものは苦手なので、こういう
あっさりヘルシーお寿司は大歓迎です。

他にもゴマなどを多用した創作寿司など
オリジナリティ溢れるお寿司が色々ありました。
1つ1つは非常に小ぶりに作ってあるのが少し
気になったけど、食べ放題だしOK。



e0166398_1362067.jpg


この友達は色々あって日本で博士に行くのを諦めざるを得なくなり韓国に帰国したのだけど、
その後も様々な苦労がありました。
でも考えた結果 高校の先生になることを決意し、今年から教育大学院に通っています。

フルタイムで仕事をしながら大学院に通うというのは、想像以上に大変なこと。
だけど努力は彼女を裏切らず、今学期は 「オール・Aプラス」 の成績を貰うことが出来たのだそうです。
「今日はyossyにも一緒に喜んでもらいたくて!」 という幸せそうな顔を見て、私も自分のことのように、
いや、それ以上に本当に嬉しかったです。

「うんうん、じゃあ今日はお祝いだからダイエットは一切忘れて食べたいだけ食べな!」  ←精一杯


e0166398_1364193.jpg



考えてみたら、彼女ほど日本で大変な思いをした人もいないかもしれません。

まずお金の問題。 家族の援助は一切受けず、学費から生活費まで全て自分で働いて支払ったそう。
文字通り 「朝から晩まで働きづめ」。 本当に頭が下がります。

その他にもエピソードに事欠かない人で、空港では毎回入国時に 「はい、お姉さん、ちょっと来て」
と止められたそうだし (それも凄い、、)、ビックリしたのは、イミグレーションで3時間足止めされた後
無罪放免になって外に出たら、そこでも警察に 「お姉さん、こっちね」 と呼び止められたという話・・・。汗
実際何も悪いことはしてないし、ごく普通の見た目の子なんですけどね・・・。 


それから今回初めて聞いたのですが、彼女、会社の休み時間に古新聞を集めて古紙回収屋に売り、
そのお金を 恵まれない子供達の給食費として寄付しているのだそうです。
「私はお金が無いから直接お給料を寄付することは出来ないんだけど、私が新聞を集めることで
子供達の給食代になると思うと嬉しくてね」 という彼女を、心の底から尊敬しました。


いつも 「私は日本が大好き。日本語が大好き!」 「いつかまた日本に行きたいなぁ」 と遠い眼をする
彼女のために、私も自分に出来る形で協力してあげられたら・・・
例えば、数年後に私が日本に帰国した暁には自宅にゲストルームを用意し、いつでも好きな時に
航空券だけ持って日本に帰ってこられるようにしてあげる、とか。 
私の思考回路なんてその程度のもの。。 でも結構役に立つんじゃないかな。

とにかく、何だか色んな事を考えさせられた一日でした。


人気ブログランキングへ ←あ、彼女が何歳になったのか知らない・・・。 クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2009-07-05 01:30 |     和洋多国籍

懐かしいオモニの味@ホンデ

下のLooさん邸の記事の続き・・・というか順序が前後しちゃってるのですが。
Looさん邸に伺う前に外で待ち合わせ、毎度おなじみのホンデ地区にある韓国料理店に案内して頂きました。

e0166398_22273679.jpg



e0166398_22281980.jpg
この 「懐かしいオモニの味のお店 (by Looさん)」 は何度かこのブログでも御紹介したミュージアムカフェ
aAの近くにあるのですが、普通なら見逃してしまうような奥まった場所にあります。 
私もしょっちゅう近くを通っているはずなのに、存在すら全く知らなかったぐらいだから。 
お料理は懐かしい韓式定食、でも内装はさりげなくオシャレな感じなのは、さすがLooさんチョイス。
お店の名前は忘れました。。



韓国料理の何が素敵かって、まずはお値段でしょう。
2人分セットで18000ウォン、一人当たり7~800円ぐらいからしっかりコースが頼めます♪

私たちはせっかくなので色々なお料理が出てくる28000ウォンのコースにしてみました。
それでも一人あたり1000円程度の安さですから、ソウルに居る間は特に他のお料理を食べたい
という気持ちが起こらないんです。

e0166398_22284040.jpg


ニラのチヂミとシソの葉のはさみ揚げ、ホバッ(韓国かぼちゃ)のジョン。
特にチヂミとシソの葉が最高に美味しかった~。 これだけで既に満足!?

下の写真、一瞬 「なにこれ? まさか馬肉・・・? (←有り得ない、、)」 と思ってかじってみたら
ゴボウをスライスしたものの上に 少し甘辛くしたコチュジャンが乗ってました。
いや、少しどころか相当辛かったです。 (辛いのは得意な私でも口から火が出た程)

e0166398_2229246.jpg



ミヨグッ(わかめスープ)、チャプチェ、デンジャンチゲ、お魚(実物はかなり巨大)、各種バンチャン類が
ずらりと並べられて。 和食に比べたら全体的に赤いけど、意外と辛くないお料理も多いんですよ。

e0166398_22292123.jpg


これ大好き、釜炊きご飯。 
韓国で暮らし始めるまで、この国の人達が日本人と同じように こんなにお米を愛しているとは
知りませんでした。 今回のご飯は白米オンリーだったけれど、大抵は豆などが入った雑穀米が
出てくることが多いですね。 (こういう韓式定食、実は大好きでしょっちゅう食べに行ってます)

e0166398_22294238.jpg


ご飯をお茶碗に移した後、お釜にお湯を注いでおくと・・・ ヌルンチの出来上がり。
ヌルンチとは、釜についたおこげをお湯で溶かして飲むもののことです。 特に味付けは無し。

最初ヌルンチを食べた時は、「味も何も付いていないし、お粥とも違うし、食べても別に面白くないなぁ」
・・と思ってしまったんです。 お店の人の食器洗いが楽になるから作らせてる? とまで思ったし。 汗
うちの大学の教職員食堂では 食後のデザートに毎日違う飲み物が準備されているんですけど、
メシル茶(梅茶)やユズ茶の日はハッピー、でもこのヌルンチを出された日は非常にガッカリです。054.gif

でも最近ようやく、「辛いものばかり並んでる時にヌルンチがあるとホッとするかも」 と、少しずつ
ヌルンチの良さも分かってきた気がします。 
そもそも 「おこげ」 の良さが分かるなんて、やっぱり同じアジア人ならではですよね!

e0166398_2230153.jpg



全然話が変わるんですが、今日、共同研究を進めている先生のお宅に行った際、突然玄関口から
どっかのアジュンマ(おばさん)の 「すみませ~ん!」 という威勢の良い声が響き渡ってきました。
どうやら 「家に上げろ」 と言っているらしい。

先生が 「今は忙しいから」 と言っているのにも関わらず、開けてあったドアから 「失礼しまーす」 と
勝手に入ってきたアジュンマ、肩からゴーストバスターズに出てくるようなボトルを背負い、あれよあれよ
という間にトイレやキッチンなどの水回りに プシュー! と消毒液を吹き付け始めました。 汗

なぜだか分からないけれど、韓国って消毒がすごく好きみたいなんですよね、、
我が家は小さなヴィラなので無いのですが、ある程度の大きさのアパート(いわゆるマンション)では
数か月に1度消毒の人が回って来て、水周りを消毒していくのだそう。
一般道路でもたまに消毒車が消毒液を散布していることがあり、「この国は一体何をそんなに消毒しなきゃ
いけないのだろう・・・」 と不思議で仕方がありません。

「お陰でうちはゴキブリやアリは全く出ないわよ」 と先生。

ちなみに我が家も最初アリで悩まされましたが、市販のコンバットを窓枠にシュッとした途端、
驚くぐらいピタリと出没しなくなりました。 今でも3か月に一度ぐらい、予防にシュッとしてます。
韓国でアリに悩まされてる皆さん、ご参考まで。


人気ブログランキングへ ←蚊取りマット万歳!今年はお陰で蚊も出ません。クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2009-07-03 22:30 | 食  韓国料理

su・te・ki Seoul @Looさん邸

今日は 「su・te・ki Seoul 大賞」 の発表!
ブログを通じて仲良くさせて頂いているお友達、Looさんのお宅にお邪魔してきました。

e0166398_2531616.jpg


実際にお会いするのは初めてなのに、初めてお会いしたという気が全くせず・・・
Looさんは想像通り綺麗で明るく、その上とても気さくな方で。 本当にチャーミングで素敵な女性でしたよ♪
お言葉に甘えてお宅に遊びに行かせて頂いたのですが、ブログで拝見していた以上に素敵で感激しました。016.gif

ウェルカムドリンクはスパークリングウォーター。 ペリエかな?
今までは正直スパークリングウォーターを美味しいと思ったことは無かったのですが、
素敵なお宅で頂いたせいか、物凄~く美味しく感じられました。


e0166398_251653.jpg


   私がお持ちしたお菓子もこんなに素敵に・・・。 ↓
   ちなみにこれらはホンデにあるSnobというオシャレなカフェで購入しました。
   洋菓子類が日本ほどは便利に買えないここソウルなので、こういったオシャレで美味しいお土産が
   手に入る場所をいくつか知っておくと非常に便利です。

e0166398_2511870.jpg


キッチンに立ったLooさん、ぱぱっとオシャレなプレートを準備してくださいました。
臨月に入った妊婦さんなのに、こんなに色々して頂いて本当に感激。

ちなみにチョコレートは韓国人の旦那様が日本で買ってきてくれたロイズのものだそう。
海外出張が多い旦那様、今日も日本にいらっしゃったそうなのですが、私がLooさんとお会いしている
間だけでも5回か6回は 「安否電話」 がかかってきていました。053.gif


e0166398_2513066.jpg



e0166398_2514068.jpg


  カフェに来たかのようなオシャレなデザートプレート。

  お友達が作ったというオレンジ煮をローソクの明かりに透かしてみたら、あまりに綺麗だったのでパチリ。
  芸術品ですよね!

e0166398_252321.jpg


  ローソクの明かりって本当に心が安らぎます。

e0166398_2521345.jpg


彼女のお宅は間接照明も多用されており、それが本当に素晴らしいんです!(あ、写真撮ってない、、)

以前にもちらっと書いたことがあったかもしれませんが、鐘路(チョンノ)2閣のあたりをバスで通ると照明の
お店がズラリと並んでいる通りがあります。 彼女もそこにあるお店を愛用しているそうなのですが、素晴らしい
照明がびっくりするような安さで手に入るのだそうで、日本からも買い付けに来る業者さんがいる程なのだとか。
私はバスの中から覗いたことがあるだけなのですが、店構えは古めかしい商店という感じでちょっと残念な感じ
なのに、置いてある照明類はすごく最先端のオシャレなものばかりで驚いた記憶があります。


e0166398_2522269.jpg


はい、やっと登場の犬のLooちゃん053.gif

e0166398_2515213.jpg


なんと、犬のLooちゃんの方もつい最近出産したばかり。
神経質になっていて吠えるかも・・・と聞いていたのですがとんでもない!
すぐに近づいてきてくれて、ピタッと寄り添ってくれたり、ぺろぺろと手を嘗めてくれました。

e0166398_2525681.jpg


Looさんのお宅は本当にシックで落ち着いた雰囲気なのですが、そんな雰囲気作りに一役買っているのが
素敵な壁紙なんです。 テーブル脇の壁、一見タイルに見えるけど、実は1枚の壁紙なんですって。
「韓国の壁紙は、安くて種類がいっぱいあるからいいんですよ~」 とLooさん。
我が家の壁紙使いは残念なことにタカシマヤ方面にいっちゃったけど、きちんとこだわって選べば本当に
個性的でオシャレな空間が作れそうです。


e0166398_253614.jpg


ところで、彼女と話した中で印象的だったのは、「”韓国ってイケてない” と否定している人を見ると、本当に残念。
ちゃんと探せばこんなに安くて素敵なものがいっぱい見つかるのに」 という言葉でした。

うう・・・実は私もソウルに来て間もない頃、そんな風に否定的に捕らえていたんですよね。

ソウルにはショッピングしたいと思えるような素敵なお店も無いし (私は東大門市場みたいな場所には全く
興味がない)、何かを買おうと思っても不便だし、何から何まで面白くない!・・・と不満に思っていました。 
でも在韓も2年以上経ち、自分の気持ちが少しずつ馴染んでくるに従って素敵なものもどんどん目に入って
くるようになり、更に 「su・te・ki Seoul」 というタイトルでブログを立ち上げ直して意識的に素敵なものを探す
ようにし始めたら、あらあら・・・素敵なものが一杯あることに気が付いたんです。

不思議なことに、今では私もLooさんと同じ気持ちです。
「私と同じように韓国に全く興味が無かった人が、こういったブログを通じて少しでも韓国に興味を持って
くれたらいいなぁ」、おこがましくもそんな風に願っています。


e0166398_2524572.jpg


Looさんがわざわざ日本から持ってきたという本格的なカプチーノマシーンでコーヒータイム。
この機械、ここ数年で韓国にも輸入されるようになったそう。(でも日本で買うよりずっと高いです)

e0166398_2532721.jpg


上の写真の可愛らしいカップ&ソーサー、何とトータル500円もしなかったんですって!
(日本で買ったのだそうです)
センスの良い人はお金をかけなくても素敵に暮らせるのだなぁと感心しきりでした。

ちなみに、下の写真のパープルのクッションカバー類も東大門市場で布を買い、1枚400円位で縫ってもらった
のだそうですよ。 世界に1つしかない、いわゆるオーダーメイドのクッションがこんなに安く作れるなんて驚き。
まさに su・te・ki Seoul でしょ? だからこのお家が大賞受賞です。 笑

e0166398_2523139.jpg


  最後の最後まで素敵なことは続く・・・
  リビングに飾ってあったアジサイを中心としたお花をお土産に頂いちゃいました。

  それから更に、Looさんのお宅の写真が掲載されたという 『PLUS1 LIVING』 という日本のインテリア雑誌も
  頂いてしまいました。 この雑誌、私がまだ日本に居た頃、よく買っていたものだったので嬉しい。

e0166398_2533837.jpg



Looさんは私の最初のブログの頃から読んでくださっていたそうで、「ぜひお会いしたいと思っていたの~」 と
おっしゃって下さったけれど、期待外れにならなかったことを願うばかりです。
ベビちゃんが産まれたら、お祝いに行かせてくださいね☆ 本当にありがとうございました。


人気ブログランキングへ ← 「タカシマヤハウスもがんばれ!」 のクリックプリーズ☆
by yossy_kr | 2009-07-02 02:00 |     整理収納・インテリア

The Queen @江南

以前から一度行ってみたかったカフェ、The Queen に行ってきました。

e0166398_01336.jpg



今回は元・教え子といっしょ。 この学生ちゃんは1年ほど前に私のクラスを履修していたのですが、
「この夏で卒業するのでその前にぜひ会いたい」 と連絡があったのです。

韓国の大学では摩訶不思議なことに、男女共、半年~1年程度休学するのは当り前のことなので、
この学生ちゃんにように 「夏卒業」 という学生がけっこう大勢いたりします。
兵役がある男子学生はともかく、女子学生までもが休学して留学(遊学?)したり、学院とよばれる
塾に通って英語力を高めたり、はたまたアルバイトをして学費を稼いだりしています。
韓国では休学中は一切授業料を支払わなくていいので、そういったことも休学者続出につながって
いるのでしょう。

ちなみに夏に卒業することを 「コスモス卒業」 というらしいです。 ご存知でした? ^^


e0166398_0162535.jpg



今回行ったカフェは、江南(カンナム)というハイソなエリアにあるのですが、やっぱり江南は違いますね~。
今までにも何度か行ったことはありましたが、改めて 「この雰囲気、好きだなぁ」 と思いました。
道幅もすごく広くてきれいだし (ただし横断歩道がほとんど無いので地下道を使わねばならず、不便)、
ビジネス街ということもあって行き交う人たちもパリッとしているし。
我が家からもう少し近ければ、もっと頻繁に遊びに行きたいところです。

ちなみにこのエリアは整形外科でも有名で、ビルというビルに整形美容外科医院が入っています。
道で立ち止まってぐるりと周囲を見渡せば、間違い無く5つ以上の看板を発見できます。 汗


e0166398_0163687.jpg



期待に胸をふくらませて行った(?) 、The Queen でしたが、期待通りの素晴らしいカフェでした。

このカフェは一応ホームページもあるのですが、地図も載っていないしちょっと不親切。
(後でもらったお店の名刺に書いてあったこちらのHPはエラーで見られなかったし)
私は学生に丸投げして お店に電話して調べてもらっちゃったのですが、「ぜひ行ってみたいわー」 という
皆様のために簡単に場所をご案内しておきますね。


e0166398_01615100.jpg


                        <The Queen 行き方>
   *********************************************************

   地下鉄3号線シンサ駅1番出口を出て、そのまま2~30Mほど直進。
   バス停があるので、緑色4212番のバスに乗り、4つめの停留所(なんとか消防署)で下車。
   大通りを反対側に渡り、映画館Cinema Cityの角を左折。 1分ほど歩くと右手にコンビニ
   ミニストップが見えるので、そこを右折。
   細い路地を突き当りまで歩くと The Queen の案内板が見えるので、そこを左折してすぐ。

   address: 654-13 shinsadong-kangnamgu
   phone: 02-3448-0131

   *********************************************************



さあ、中へ入りましょう。 ソウルのカフェは、やっぱり椅子が素敵です。
e0166398_0165783.jpg


The Queen の名前通り、ゴージャスな雰囲気の店内。
でも、ありがちな間違ったエセ・ヨーロピアン風ではなく (韓国は多いです・・・特に一般家庭用の家具類)、
凄くオシャレで落ち着いた空間でした。 二重丸!

e0166398_015225.jpg


そうそう、入口でオーナーらしき男性に 「1階と2階とございますが、どちらがよろしいですか?」 と
聞かれたので、「どっちの方が素敵かな?」 などと日本語で学生と話していたら、そのオーナーさんに
流暢な日本語で 「2階の方が素敵ですよ」 と言われました。 驚

というわけで、2階に行くことに。

e0166398_014697.jpg


   シャンデリアの明かりが凄くムーディーで素敵! ・・・でも写真を撮るのは苦労しました、設定が、、

e0166398_0135215.jpg


   平日の昼間だったせいか他にお客さんがいなかったので、2階を歩きまわって写真を撮っていたら
   ウェートレスさんがお水を持ってやってきたので、黙ったまま撮影しているのも失礼だと思い、
   「本当に素敵なカフェですね。 日本ではこういうカフェに行ったことがなかったので、写真を撮らせて
   もらっています」 と拙い韓国語で話しかけてみたところ、物凄くうれしそうに、
   
   「ありがとうございます! うちはオーナーが1年間日本に滞在して勉強し、帰国後にこの店を
   オープンさせたんですよ」 と説明してくれました。 通りででオーナーさん、日本語が上手だったわけだ。


e0166398_0155655.jpg


しかもしばらくして別の若い男性店員さんが 「日本の方へ、サービスです」 と、上の写真の
アイスミントティーを運んで来てくれました。(しかも日本語で) 彼も日本で勉強したいんだそうですよ。

最近 韓国語をちょっと話すだけで色々美味しいことがあるもので、韓国語学習のモチベーションが
急上昇中の私。 下手くそな韓国語で話している、というところが優しくしてもらえる秘訣でしょう。 爆


e0166398_0141786.jpg


     人形の家、という感じ。 すごく素敵だけど、夜はちょっと怖いかも・・・?

e0166398_0142970.jpg


  部屋はメインの広い空間と、5~6人座れるような小部屋に分かれていました。
  まとまった人数で行く場合に良さそうです。 予約も出来るのかな?

  なんとなく、全体的にマリスミゼルなイメージの店内でした。 あ、古い?

e0166398_0144053.jpg



 ↓ 私の大好きなイギリスもの発見。

e0166398_0164641.jpg


 ↓ 全体的に中世ヨーロッパなのかと思いきや、こんな可愛らしい雑貨も。
   これが意外にも他のインテリアとマッチしていました。
e0166398_016547.jpg


    大きなガラスの壁を通して、2階から1階の様子を見下ろすことができます。
    全く手抜きのないインテリア。

e0166398_0153647.jpg


このカフェは、1・2階部分がカフェ、3階部分が輸入雑貨や服を売っているお店なのだそう。
私たちは残念ながら3階は覗きませんでしたが、興味のある方はぜひ3階にも上がってみてくださいね。

e0166398_015945.jpg



江南(カンナム)という地域は何から何まで高いことで有名なのですが、このカフェもかなりいいお値段でした。
飲み物は平均9000~10000ウォン。 日本円にしちゃうと700円程度ですが、ソウルではかなり高い方。
でも、これだけ素敵な空間でゆったりお茶が出来るなら安い位ですよね!
お店の人達も感じが良いし、本当に素晴らしいカフェでした。 久々に癒されました。

The Queen の周辺には素敵なカフェがたくさんあったので、皆さんも江南地区にいらっしゃる際には
是非カフェのはしごをしてみてくださいね。


e0166398_0154614.jpg



ここ数日、残務処理やミーティング等が重なって、ブログ更新が滞っていました。

今学期は何かと忙しくストレスも重なった学期でしたが、得るものも多々ありました。
最近のニュースですが、私が作成して授業中に学生に配ってきた教材が出版出来る事になりました。
あくまで補助教材として作っていたものだったし、出版しようなどとは全く考えていなかったのですが、
他のクラスの学生からも 「欲しい」 と言われたり、教材を見た同僚の先生から 「出版したらどうですか」
とチラッと言われたりしたことから 「確かにそうだ、駄目で元々」 と学科長に相談したところ、翌日には
Goサインが。 何でも言ってみるものです。


e0166398_0145332.jpg



それからもう1つニュースだったのは、実家の父が6月末で完全にサラリーマン生活に終止符を打ちました。 
気付けば父も66歳・・・ お父さん、お疲れ様。 今まで家族のためにありがとう。
SY(夫)が 「ぜひ済州島に御招待したい」 と言っているので、彼が韓国に戻ってきたら一緒に行きましょう。


人気ブログランキングへ ←コメント欄開けました。気軽にコメント残して頂けると嬉しいです♪ クリック・プリーズ♪
by yossy_kr | 2009-07-01 00:15 |     狎鴎亭・清潭洞


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル