<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

衣食住のトータルコーディネートショップ、b_s @梨泰院

街を歩けば 「ニセモノあるよ」 と呼び込みをされ、あまり良いイメージを持たれない梨泰院(イテウォン)ですが・・・ 最近素敵なお店が次々とオープンしており、個人的に大注目しているんです。069.gif

e0166398_1662031.jpg


今日ご紹介するのは、カフェ本にも収録したb_s(be shop)という衣食住のトータルコーディネートショップです。 真っ白な壁とレゴの人形がお出迎え。 実はこの建物、1930年代の日本家屋を改装したものなんだそうですよ~

e0166398_1663371.jpg


b_s
ソウル市 竜山区(ヨンサング)漢南洞(ハナムドン)739-4
서울시용산구한남동739-4
02-3445-4511

6号線漢江鎮(ハンガンジン)駅1番出口を出て道なりに200メートルほど歩いた右手。 入口に大きなレゴのような人形が2つ出ている白い建物。 駅から徒歩5分弱です。

e0166398_1664314.jpg


この日は台風直撃中で・・・ 足元をびしょびしょにしながら到着しました。。057.gif
一緒に来てくれたSY(夫)も不機嫌そう。

既に何度か書いたように、今回のカフェ本は在韓友達のkayさんにもお手伝いしてもらい、共著という形を取っています。 写真と本文執筆は私が担当し、インタビューやデータ収集は主に彼女に担当してもらって。 そのお陰で、取材時、私は写真撮影に集中することが出来たのです。 がっ、がっ、どうしても彼女が取材に同行できないことが何度も発生してしまい・・・(涙) そういう時は仕方ないので私1人で取材に行くか、ピンチヒッターとしてSYに同行してもらいました。

「韓国人の旦那さんが一緒なら、言葉の面で安心だったでしょう」 と思われるかもしれませんが、そんなことはありませんっ ^^; アバウトで 「ケンチャナ(大丈夫)」 な性格のSY、一緒に取材に行ってもらっても、ぶっちゃけストレスなだけでした。。(ごめんよ、SY!) だって、私が細かいことをお店の人にチェックしたいと思って 「お店の人に○○について質問してくれない?」 とSYにお願いすると、面倒くさがって 「そんなこと聞かなくても僕でも分かるよ。きっと××だよ」 で済まそうとするんだもの~っ。 あまりにイライラさせられるので、結局最後は 「韓国人を同行してほしい」 とお店側から要請された場合を除いては、私が1人で行くことにしました。(人に頼るなよ、ということですね・・・とほほ。^^;)


こちらはお店を入って右手のスペース。 白を基調とした明るい雰囲気です。

e0166398_1665280.jpg


そしてこちらは入って左手のスペース。 一転してムーディーで薄暗い雰囲気になっています。

e0166398_167394.jpg


右下の人ですよっ、あまりのアバウト発言で私を唖然とさせてくれたのは・・・ 015.gif

e0166398_1671361.jpg


そうそう、先週まで私は2週間の出張に出ていたのですが、なんとその間、SYも5日間ほど日本に出張に行っていたそうです。^^; 急に決まったみたいで、私の実家などには顔を出せなかったようだけど。(出したところで言葉も通じないし・・・ 汗) お互いアウェイでサッカーの日韓観を観戦(テレビで)しちゃいました。

e0166398_1672475.jpg


店内には陶芸アーティストの作品も展示されています。 

e0166398_1673492.jpg


こちらは以前にもご紹介した、ミョンジ専門大学の陶芸学科がプロデュースして作っている工房1620#の作品です。 やっぱり素敵。 →過去記事

e0166398_1674310.jpg


更に奥の方に進んでみると・・・

e0166398_1675288.jpg


オシャレな作品や布、家具などが展示してありました。 実はこのお店のオーナー夫妻、建築家とデザイナーなのです! 店内の家具や併設されているブティックの洋服は、彼らの手によるものです。(ちなみに、店員さんたちのシックなユニフォームも♪)

e0166398_16887.jpg


右奥は、10人以上のパーティーにも対応できそうな個室になっていました。

e0166398_168041.jpg


「せっかくなので、ブティックにもどうぞ」 と案内して頂きました。 ひゃー、シックで素敵! よく分からないけど 「ジョージヤマモト」 とか 「イッセイミヤケ」 という言葉が浮かびます。 015.gif あなたのそのアバウトさもSYソックリですよ!

e0166398_1681724.jpg


e0166398_168252.jpg


   こんなオシャレな靴、買ったとしても勿体無くて履けなさそう!

e0166398_1683492.jpg


このb_sはカフェというよりはレストランです。(しかも高級な!) もちろんコーヒーやデザートメニューもありますが、数は少なかったかな。 でも、カフェとしてだけの利用もOKだそうなので、近くにいらっしゃることがあれば、皆さんもぜひ立ち寄ってみてくださいね。^^

e0166398_1684258.jpg


ちなみにすぐ近くには、私も大のお気に入りの美術館、「サムソン美術館Leeum」 があります。 徒歩で2分ぐらいの至近距離。 Leeumはガイドブックでも紹介はされていますが、まだ日本人観光客にはそれほど知名度が高いわけじゃないのが本当に口惜しくて・・・。 とにかく素晴らしい美術館なので、ぜひ1度は行って頂きたいです。 企画展も素晴らしいですが、白磁の器などがずらりと展示された常設展も見逃せません。 建物の雰囲気がとにかく素晴らしいので、建築に興味がある方にもオススメです。 →ソウルナビさんの特集記事はこちら

e0166398_1685017.jpg


そういえば全然関係ない話だけど、b_sの広報の方に 「写真ください」 って言われたんですよね・・・。 どうするんだろ?と思ったけどそのまま送りました。 HPとかどこかの媒体で同じ写真を見かけたら、「あ、これは」 と思ってください。^^;

きなことナッツ類がたっぷりのアイスクリームをデザートにどうぞ♪ ↓
(韓国の方って本当にナッツ類が大好きです)

e0166398_1685941.jpg



「ここは本当に韓国?」 とちょっとビックリしてしまうぐらい素敵なお店、b_sでした。 ソウルにも感性の鋭いオシャレな方達が大勢いるのだな~と嬉しくなっちゃいましたよ。^^ これからも梨泰院から目が離せません。

(カフェ本では紙面の都合上ほんの少ししかご紹介出来なかったので、ブログで詳しくご紹介しました。 ほんと、そんな事が多くてジレンマです、、)


人気ブログランキングへ ← 来週から中間試験ウィークです。 クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-30 17:00 |     梨泰院

本格エスプレッソのカフェ、mk2 @景福宮

カフェ本もゲラが仕上がってきて、そろそろゴールが見えてきたところです。^^
というわけで、今日はカフェ本にも収録予定のmk2というステキカフェをご紹介しますね。

e0166398_21424538.jpg


mk2は、カフェファンの間で今話題沸騰(?)の景福宮の西側エリアにあります。

address: ソウル市鐘路区昌成洞122-2
        서울시종로구창성동122-2
phone: 02-730-6420

景福宮駅3番出口を出て大通りを直進、5分弱でカフェとFUJIFILMのお店がある十字路に出るので、その角を右折、少し行くと左手にあります。 駅から約5分強。

(カフェ本では道順をこのように言葉で説明する他、エリアごとの地図も載せますので、方向音痴さんでも安心ですヨ♪ ←何せ私が超方向音痴人間なもので、「私ならここまでちゃんと説明してもらわなきゃ辿り着けない!」 というのを基準に作っております、、)

e0166398_21425499.jpg


このmk2さんはとにかくインテリアがオシャレ! 日本ではすっかり人気が定着した北欧テイストですが、まだまだ韓国では少ないのでmk2みたいなお店は貴重な存在です。

e0166398_2143717.jpg


「職人」 というイメージの寡黙なオーナーさん。 そこがまたステキなんです♪ 長年ドイツに住んでいらっしゃったのだそうですよ。^^ 奥様の方は、ナチュラルテイストな装いに優しい笑顔が素敵な方でした。 おふたりのコンビネーションがとってもステキで 「こういうご夫婦が韓国にも居るのだなぁ」 と憧れてしまいました。

e0166398_21431995.jpg


フロアの奥の方には 「秘密の小部屋」 が。

e0166398_21432932.jpg


  覗いてみると、本棚になっていました。(そのセレクションもまたステキで・・・)

e0166398_21452580.jpg


壁際の木目が美しいキャビネット、我が家にも欲しい・・・ (一体いくらぐらいするんでしょ?^^;)

e0166398_2143418.jpg


近づいて写真を撮っていたら、例の寡黙なオーナーさんがささっと近づいてきて、ランプを点灯してくださいました。

e0166398_21435398.jpg


右を見ても左を見ても・・・惹かれるものだらけですっ。 が、この木のランプを見て思わず 「掃除が大変そうだな」 と考えてしまった私は、まだまだ素敵ピープルとは程遠いでしょう・・・

e0166398_2144367.jpg


北欧食器のヴィンテージものもたくさんディスプレイされていました。 私はまだまだ北欧については初心者マークなので、これらがどのくらいの価値のものか分かりませんが・・・価値があるものだろうな、ということだけは一目見て分かりました。(←素人発言は控えなされ、、015.gif

e0166398_21441234.jpg


ちなみに、私が持っている北欧食器といったら、月並みですがイッタラのオリゴシリーズのお皿とボウル各2つと、アラビアのブラックパラティッシのティーセットぐらいです。 ブラックパラティッシ、廃盤になるっていうんで焦ってそろえたけど、結局期間限定だとか何とか言ってまだ生産してるようで・・・ (あれ、違ったかな? でも池袋のイルムスではたま~に出てるようですよね ^^;)

e0166398_21442413.jpg


     何となくペンギンっぽい気が・・・ 015.gif そんなこと思うのあなただけですよ!

e0166398_21443410.jpg


個性的なライト。 手前の器の中には、フェルトのコースターが。(売ってます)

e0166398_21445380.jpg


こちらのmk2ではFAEMAというイタリアのエスプレッソマシーンを使用しているのだそうです。 元々紅茶党の私は知らなかったのですが、知る人ぞ知る非常に価値があるものなのだそうです。

e0166398_21444497.jpg


オススメいただいたのは、レモンの入ったエスプレッソ。 レモンティーがあるぐらいだから、レモンコーヒーがあっても何ら不思議は無いのだけれど・・・初めて見たときはビックリしました。 でも、これがまた美味しくて!

e0166398_2145213.jpg


ちなみに、韓国の方たちは全体的に酸っぱいものは好まない傾向があるので、コーヒーも酸味が強いものは人気が無いと聞いた事があります。

チョコレートとバナナの挟まったパニーニ。↓

e0166398_2145142.jpg


カウンターでは手作りのオシャレなクッキーも販売しています。(ロゴがオシャレ!)

e0166398_21453592.jpg


家具の一部は販売も行っているそうですので、興味がある方はぜひオーナーさんに聞いてみてくださいね。 ドイツなどから輸入してきたものを取り扱っています。 とにかくどこを見ても1つも 「エセ」 が無い、本物の審美眼を持った御夫婦だというのをひしひしと感じました。(シンプルだけどこだわりを感じさせるファッションも、タダモノではない感じ!)

e0166398_21454770.jpg



景福宮近くの本格エスプレッソカフェmk2はいかがでしたか? しっかり濃くて美味しいコーヒーが飲みたい!という在韓者の方には特にオススメのカフェです。 1人で来て新聞片手にくつろいで行かれるお客さんも多いそうですので、1人旅行の方も気兼ねなく立ち寄れそうですよ♪


人気ブログランキングへ ← 秋を飛ばして冬になってしまいました・・・。寒いっ! クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-27 22:00 |     景福宮

1歳の誕生日☆トルジャンチ

みなさま、こんばんは♪ お久しぶりになってしまって申し訳ありませんでした。^^; 2週間ほど出張に出ておりました。(韓国国内ですが)

さて、もう1ヶ月近く前の話題になってしまうのですが、SY(夫)の従兄弟・ソンホちゃんの息子ちゃんの1歳のお誕生日会に行ってきた時の様子をお伝えしますね。 韓国では1歳のお誕生日はとても特別なもので、「トルジャンチ」 と呼んで盛大にお祝いします。067.gif

e0166398_20455928.jpg


トルジャンチのことは知っていたものの、実際に参加するのはこれが初めて。 ワクワク♪024.gif

会場を興味深げに回っている私を見たソンホちゃんのご両親、「yossy、ぜひたくさん写真撮ってね」 と言い出しました。^^; ソンホちゃん夫婦もわざわざこちらに来て 「よろしく」。 ええーっ、そんな話、聞いてないし! 会場には一応カメラ係の人もいたけれど、念のために・・・ということなのでしょうか。 そんなことならちゃんと外付けフラッシュを持ってきたのに・・・。057.gif フラッシュ無しで暗い場所の人物を撮るのは ちょっと不可能です。。

会場の入口にはベビーちゃんの写真がありました。 これはトルジャンチでは定番のよう。 もちろん全てちゃんと写真館で撮ったもの! こういうところ、韓国は日本よりずっと欧米的だな~といつも思うのですが、ベビー写真やら家族写真などを結構気軽に撮りに行く人が多いんですよね。(しかも家族全員でおそろいの服を着て撮ったりする)

e0166398_20461025.jpg


今回トルジャンチが行われたのは、江南にある某ホテルのレストランでした。 ブッフェスタイルになっており、大広間の周りにいくつかの個室があるスタイルです。 つまり、それだけトルジャンチなどの家族の集まりが多く行われる場だ、ということですね。^^

e0166398_20464153.jpg


広いフロアには、思った以上に色んな種類のお料理が。 ぶっちゃけ、「ソンホちゃん達の結婚式の時よりも豪華だ・・・」 と思ってしまった私は失礼な人だったでしょうか。^^;

e0166398_20465140.jpg


ところで、韓国に来てから私が気付いた事、というか不思議に思ったのは、「なんで韓国の人達ってこんなにブッフェが好きなの?」 ということ。 もちろん、日本にだってブッフェは多いし 「ブッフェ大好き!」 という人もたくさん居るけれど、「好き度合い」 が若干違うような・・・ (食いしん坊ぞろいのSYファミリーだから、という訳だけではない気がします)

疑問を投げかけてみたところ、「そりゃブッフェは高いからだよ。 誰だって高い料理は美味しいと思ってるから」 とSY。 あ、確かにそうかも。 韓国でブッフェというと、大抵お高めのイメージなんですよね~。(ファミレス然り)

e0166398_2047130.jpg


さて、こちらが個室の正面に用意された祭壇です。 果物やお餅などが飾られており、何となく結婚式の延長線みたいな雰囲気も。(・・・と外国人の私には見えた)

e0166398_20462279.jpg


じゃじゃじゃ~ん!024.gif 今回私が一番楽しみにしていたのがこちらの 「トルチャビ」 です。

「トルチャビ」 というのは、いくつかの物を赤ちゃんの前に置き、手に掴むものによってその子が将来どんな職業に就くかを占うもの。 例えばお金を選べばお金持ちになり (そのまんま・・・)、鉛筆なら学者、聴診器なら医者、糸なら長生きする、といった具合。 でも、今こうやって改めて写真を見てみると、結構いろんなものが置いてありますね。^^; 太鼓は・・・音楽家、という意味かしら??

e0166398_20463285.jpg


パーティー開始は夕方6時のはずなのに、6時になっても集まっているのは親戚のごく一部とソンホちゃんと奥さんのミジュちゃんおお友達数人のみ・・・。 と、親戚の皆さん、「とりあえず食べよう」 と言い出して、ブッフェコーナーに行ってしまいました。 ええっ、いいの!?071.gif

というわけで、とりあえず食べ物をGET。 

e0166398_20471095.jpg


「トルジャンチ」 なんていって盛大にお祝いする一方で、中身は割とカジュアルな感じ、やっぱり韓国だなーと思います。 この辺は結婚式も同じですが。 でも韓国流のこういう気楽さ、私は結構好きかもしれません。 準備する方も 「あれしなきゃ、これしなきゃ」 とストレスにならずに済みそうだし。(結婚式もそうだけど、せっかくのお祝い事で準備期間が長すぎたり大変すぎてストレスになるというのは 何だか本末転倒じゃ・・・といつも思うので。)

ある程度人が集まったところで、司会もどきの人が登場し、ベビーちゃんの誕生からの軌跡(?)を紹介するスライドが流れます。

e0166398_20471828.jpg


以前書いたように、ソンホちゃん夫婦は今、ベビーちゃんとは別々に暮らしています。(奥さんのミジュちゃんのご両親が完全に預かって育てている)  でも、スライドを見ていたら ベビーちゃんがとっても愛されて育てられてきた様子が伝わってきて、何だか私までジーンとしてしまいました。

その家庭その家庭でいろんな事情があり、いろんな育て方があるけれど。
親が子供を思う愛情の深さに優劣は絶対に無いな、と改めて考えさせられました。

e0166398_20472752.jpg


みんなで 「ハッピーバースデー」 の歌を歌った後、ケーキに一本だけ立っているローソクをふーっ067.gif

e0166398_20473547.jpg


そしてお待ちかねの (←私だけ?) トルチャビの始まり始まり~
・・・が、あれれ? ベビーちゃん、泣き始めてしまいました。

e0166398_20474628.jpg


うぎゃー!!!とあまりに破壊的な泣きっぷりに、トルチャビは一時中断。 一旦ベビーちゃんは退場し、落ち着いた頃また再会されたのですが・・・再び 「うぎゃー!!!」

仕方なく、育ての親であるおじいちゃん(ミジュちゃんのお父さん)も登場です。^^;

e0166398_20475574.jpg


     はいはい、泣かないで~・・・とソンホちゃんも必死。

e0166398_2048583.jpg


何を手に持たせてもポイッ!としてしまったベビーちゃんでしたが、最後は本に興味を示しました。 「この子は将来小説家だ!」 と一同。 とにかく、何かに興味を持ってくれて良かったです。^^;

e0166398_20481799.jpg


そして最後はソンホ夫婦から両親たちへのプレゼントタイム。056.gif

e0166398_20482941.jpg


e0166398_20484120.jpg
ソンホ夫婦がそれぞれの両親に贈ったのは 「感謝状」 でした。 自分達だけのオリジナルの心のこもった感謝状、ステキですね☆

(ちなみに後ろで感謝状を持ってくれているのは全然関係ないオジサンです。^^; 私が写真を撮ろうとしたら協力してくださいました。ははは・・・)


イベントが一通り終わって急にご機嫌がよくなったベビーちゃん。^^; お疲れ様!

e0166398_20485446.jpg


きっと一部の皆さんが気になっていると思われる 「お祝い」 ですが、私とSYはお金を渡しました。 日本円にしたら1万円程度です。 でも通常トルジャンチではお祝いに 「金(ゴールド)」 を贈るのが一般的なのだそうですよ。 SYのお祖母さんは30万円相当の金の延棒(!)をプレゼントしたのだそう。 SYママは金の指輪を贈ったそうです。 「でも最近はゴールドの値段が高いし、他のものをプレゼントする人が多いよ」 とSY。 ご参考まで。

そうそう、ちなみにこのベビーちゃんの名付け親はSYママなんです! ほら、SYママ、一応サジュ(四柱推命)の先生をしているので・・・。 子供の名付けに頭を悩ませるのは日本も韓国も同じですね。 昔は同じ世代の一族の子供達は皆同じ漢字を付けたそうですが、今はそれほどこだわりは無いようです。 (ちなみにSYの一族の男性は皆 「成」 の字が付き、女の子は 「蘭」 の字が付いています)

その名付け親のSYママ、今回は 「友達と先約があったから」 といって欠席でした。 えーっ ^^;
でも実は今回のトルジャンチ、親戚のうち3分の1ぐらいは欠席。 でもそれも分かる気がする。 だってこの一族、いつもイベントごとの時に連絡が遅すぎるんだもの・・・ 忙しい人も多いんだから、もっと早く伝達してくれないと困ります。 今回のトルジャンチも、知らされたのは3日前でした。。 ほんと、これだけはどうにかして欲しいといつも思います!

グチついでにもう1つ書かせてもらうと、この一族は夏にイベントが多すぎるんですっ。057.gif 8月から9月にかけてだけで、法事、お墓掃除2回 (同じ日にやってくれればいいのに、わざわざ別の日にやる・・・)、チュソク(お盆)、SYママの誕生日などなど、やたらめったらイベントがありました。 それにプラスして今回はトルジャンチと、腰の手術をしたお祖母さんのお見舞いもあったし・・・。 今年は出版諸々があって私はチュソクは日本に戻っていたので不参加にさせて頂きましたが、「どーぞ、どーぞ。日本で楽しんできてね!」 と さすがに快く送り出してもらえました。^^; そしてイベントが多いということは、すなわちお金もかかるということ・・・。 家族が多い&付き合いが濃いというのは それだけ幸せも多いけれど、その分たいへんさもあるな~としみじみ感じました。 (特に嫁の立場としてはっ)


人気ブログランキングへ ← 重~いスーツケースのせいで筋肉痛です。。クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-24 22:00 |     生活雑記

漢江沿いのカフェ、カフェクルム

最近、ソウル市が漢江(ハンガン、川)沿いにカフェを作っているというのを御存知でしょうか? 現在のところ、確か10個ぐらいあると聞いた気がするのですが、今回はその中でも漢江の夜景がきれいに見えると評判の 「クルムカフェ (구름카페)」 をご紹介しますね♪ (ソウルナビさんでの特集はこちらからどうぞ。)

e0166398_12504111.jpg


実はこのカフェ、我が家から車だと10分もかからない場所。 去年からSY(夫)が 「最近川沿いにyossyが好きそうなカフェが出来たよ。 おっと、ナイショだった!」 (←付き合わされたくないらしい、、、) なんて言っていたので その存在は知っていたのですが、わざわざ車で行かなきゃいけないのも面倒だし・・・なんて思って行くのを延ばし延ばしにしていたんです。

が、下の写真を見てくださいっ  どうやら地下鉄の駅からもすぐ近くみたいです。 地下鉄4号線および9号線の銅雀(ドンジャッ)駅が最寄です。 バスだと502番が通っています。 これなら車が無くても行けて便利ですよね。^^

個人的な感想としては、2泊3日や3泊4日でいらっしゃる旅行者の方が貴重な時間を割いてまでわざわざここに来る意味はあるのだろうか・・・という感じなんですが (だって、ここ以外に周囲に何も名所やショップもないし)、在韓の方や マニアックにソウルのことを知りたい!という方には良いかもしれません。^^;

線路が目の前に。 左手が地下鉄の駅です。 ↓

e0166398_1251451.jpg


私達が行ったのは日中だったのですが、間違いなくここは夜行くのがオススメです。 お昼だと、原っぱしか見られないし・・・。 周辺が美しく整備されている場所じゃないので、漢江の夜景がメインディッシュ、という感じのカフェです。

夜はきっとカップル達で一杯になるのだと思いますが、お昼はもっと気軽な感じ。 カップルもいれば友達同士のグループもあり、子供連れやアジュンマ・アジョッシの集団あり・・・ もう少し高級な雰囲気のカフェを想像していたのですが (韓国の雑誌に載っていた写真もそんな感じだったし)、実際はかなりごちゃごちゃしていて、普通のコーヒースタンドにちょっと毛が生えたようなイメージでした。

その気さくさが良い、という人も居ると思うけど、外観があんなにステキなんだから (多分、新進気鋭の建築家がデザイン)、もうちょっと雰囲気を良くして客層も絞ればいいのに・・・と、勝手に思ってしまいました。 ごめんなさーい!^^;

e0166398_12505421.jpg


大通り&線路を挟んで向かい側にもカフェが。 こちらは 「ノウルカフェ」 というそうです。 あ、今気付きましたけど、右の方に見えている背の高い建物はきっと63ビルですね~ ^^

e0166398_125114100.jpg


この日は暑かったので (もう1ヶ月半以上前になります)、2人で1つパッピンスを注文。 来たものを見てビックリ・・・ なんだか妙に昔懐かしい感じです。^^; 合成着色料バリバリのチェリーが乗ってる時点でかなりアウトだし・・・。 気を取り直して食べてみたのですが、お味も残念でした。。 ソウルのカフェで食べるパッピンスって、どこも本当に美味しくてハズしたことがなかったんですが、ここは初のハズレでした。 えーんっ057.gif

店内も物凄く込み合っていたのに、お店の人の数が圧倒的に足りなくて、注文を取りに来るまでに20分はかかったし、品物が出てくるまでにも15分かかったし、う~ん・・・個人的にはリピートは無しかな、という感じですが、でも1度は夜の雰囲気も確かめに行かなければ!とも思ってます。 夜の方が絶対ステキなはずだから。

そうそう、SY情報によれば、このカフェはトンカツがウリなのだとか。 でも・・・パッピンスのお味からしても、トンカツだって押して知るべしでしょ、と思ってしまうのは私だけでしょうか? (どなたかここでトンカツ召し上がったことがある方、いらっしゃいますか~?)

e0166398_12512532.jpg


漢江沿いのクルムカフェ、いかがでしたか? 繰り返しになりますが、せっかく建築物としてもステキなのだから、中ももっとステキな感じに作って欲しいな~と思います。 これじゃ、建築家さんだって泣いちゃいますよ~^^; 安っぽいコーヒーカウンターがあったり、お土産コーナーがあったり (ソウル市のイメージキャラクター・ヘチちゃんグッズがずらり・・・可愛いんだけど、でも・・・)、お店の人達の数も足りなかったり、制服も無く私服にエプロン姿で なんだか 「片手間にバイトしてまーす」 という印象だったり・・・。

というわけで、もし行かれる場合は、無難にコーヒーとかお酒類を注文なさるのを強くオススメします。 お酒を飲む方にとっては、バス停や地下鉄駅がすぐ近くにあるというのは便利ですよね。^^  私達も もしまた夜にトライすることがあれば、ご報告しますね!


人気ブログランキングへ ← コメントのお返しがまだ終わってません・・・もう少しだけお待ちください~>< クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-07 13:00 |     その他エリア

カップケーキの美味しいお店、Absinthe @景福宮

最近、ソウルのカフェで注目を集めている場所といえば 「孝子洞(ヒョジャドン)」。 孝子洞、と言われてはいるけれど、実際は昌成洞(チャンソンドン)や通義洞(トンウィドン)なども含めた 景福宮の西側エリア一帯を指すようなんですよね。 (よって、カフェ本では 「景福宮エリア」 としています)

というわけで今回は、その景福宮エリアの中でもイチオシのカップケーキのお店をご紹介しますね♪

e0166398_0135779.jpg


Absinthe(アブセントゥ)、という小さな小さなお店です。

address: ソウル市鍾路区(チョンノグ) 昌成洞(チャンソンドン)109-2
phone: 02-725-8020

景福宮駅3番出口を出て大通りを直進、8分ほど歩くとパン屋のパリバゲットがあるので右折、直進。1つ目の角を右折し、数十メートル先のT字路に左手に見える「cupcake & classic espresso café」と書いた青い壁の建物です。

e0166398_014829.jpg


「中に猫がいます」 と書かれたドアを開けると・・・ どーん!

e0166398_0141959.jpg


「にゃによ、せっかくお昼寝してたのに!」 とにゃんこが登場。 こちらが話しかけても我関せず。 このマイペースっぷりが、ネコ派の人にはたまらないのでしょう。^^ ちなみに私はネコアレルギーがあるのですが (がが~ん、、) そんなにヒドいわけじゃないので、1時間やそこら同じ空間に居るぐらいなら大丈夫です。

e0166398_0142922.jpg


ネコといえば、アンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカル、CATS。 東京、ロンドン、ソウル(確か3年前) でトータル30回は観ました。 015.gif観すぎでしょ! とにかく大好きなんです、CATSが・・・。 だから、街でネコを見かけると、思わず 「このネコちゃんも色んな人生(猫生?) があるんだろうな」 なんて考えてしまいます。

そう、実際このネコちゃんも、大変な人生を生き抜いてきた子なんだそうで・・・ (後述)

e0166398_0144024.jpg


このカフェはカップケーキがウリなんですが、正直今までカップケーキって 「おいしい!」 と思ったことってあまり無かったんです。 見た目は可愛いけど、味はイマイチ、みたいな・・・。 ところがここのカップケーキを頂いてから、見る目が180度変わりました。 お世辞抜きにして、それほど美味しかったです。 全くパサパサしてなくて、しっとり味わい深くて。

e0166398_0145110.jpg


お店の方イチオシのこちらのエスプレッソカクテル(hot)も、とっても美味しくてオシャレでした。 これからの寒い季節にぴったり。

e0166398_015165.jpg


陶磁器大好きの私が特に気に入ってしまったのは、カップケーキを乗せてくださるお皿です。 詳しくお聞きしてみたところ、どれも外国で買い付けてきたものなのだそう。 下の写真のお皿は、エインズレイのアンティーク。 こういう感性を持ったオーナーがやっているお店というだけで、もうこちらまで幸せな気持ちになってしまいます。

e0166398_0151314.jpg


もしかしたら気付かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、私のTwitterのページの壁紙は、このカップケーキの写真をPCに取り込んでデザイン化し、色を付けたものだったりします。 どんだけこのカップケーキ気に入ったんだ!って感じですが・・・^^; アートは、やったもん勝ちさっ070.gif

e0166398_0152343.jpg


     「にゃー、あんた、まだ居たわけ?」

e0166398_0153220.jpg


大変な人生(猫生)を送り、ここに辿り着いたネコちゃん、名前はボッコちゃんといいます。
この子がどのようにオーナーに助けられ、またオーナーがどのようにボッコちゃんに助けられたかのストーリーはカフェ本に書きましたのでお楽しみに。 015.gif えっ、キタナイやりかたー!


このカフェを取材したのは1ヶ月半ぐらい前のことですが、あの頃の暑さがウソのようにすっかり涼しくなりました。 それに伴って風邪引きさんもちらほら・・・。 季節の変わり目、皆さんも体調管理をしっかりなさってくださいね!

P.S.
台風被害は日常の食卓にも及んでいます。 今日、SYママの誕生日のお祝いで焼肉を食べに行ったら、キムチが出てきませんでした。。 キムチのお代わりは禁止、とか、お代わりは2000ウォンなんてお店もあるようです。 「お代わりが出来るお店でも、追加は頼まないのが最近のマナー」 とSY。 ご旅行でソウルにいらっしゃる皆様、キムチが出てこなくてもそういう訳なので ちょっとだけ我慢してくださいね。


人気ブログランキングへ ← 寒くなってもブーツ率は低いソウルです。(毎年) クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-04 00:00 |     景福宮

オシャレな雰囲気で韓国料理を @ドゥデムンチプ、仁寺洞

観光客向けの韓国料理店がひしめく仁寺洞(インサドン)。 お値段もそれなりにするものの、やはり我が家の近所にあるような超ドメスティックな食堂とはひと味違うオシャレなお店も多いです。^^; そんな中でも特にオススメのオシャレ食堂をご紹介しますね♪

e0166398_1030862.jpg


今回ご紹介するのは、以前友達に連れて行ってもらって気に入ったお店、두대문집(ドゥデムンチプ) です。(名刺には日本語で 「ヅュデムンジプ」 とあります)

e0166398_10302223.jpg


address: ソウル市鐘路区(チョンノグ)光勲洞(グァンフンドン)64番地
phone: 02-737-0538

地下鉄3号線安国駅から小道をぐねぐね通って行く方法もあるのですが (そちらの方が趣があって私は好き)、簡単に行くなら仁寺洞通りのメインストリートを進み、サムジギル(ガイドブックには必ず載っているショッピングモール)を目指してください。 サムジギルの向かって左脇の路地を入り、数十メートル先の左手です。 この辺は似たようなタイプのオシャレな食堂がいろいろあるので、歩いてみてピンときたお店に入ってみるのもオススメですよ♪

  ↓ 右手の建物がサムジギル。 この道を進んですぐ左手にあります。
e0166398_10303834.jpg


妙にシャンデリア流行りの韓国らしく、こちらの食堂にもやはりシャンデリアが・・・。 でも全然おかしくなくて、韓国風の建物とも上手くマッチしています。 今回はビミョーな写真しか撮れなくて素敵さが上手く伝えられずもどかしいのですが、とにかく広々としていて開放感もあり、なかなか良いお店だと思います。^^

e0166398_10305156.jpg


外国人客、ファミリー客なども多し。 高級感溢れるお店、というのではなく、気軽に食べられる韓国料理が中心だけど、ちょっとオシャレな雰囲気で安心なお店、という感じでしょうか。 がさがさし過ぎる場所は疲れる&衛生的にも不安で気が進まない・・・という方にはぴったりだと思います。

e0166398_1031433.jpg


この日はカフェ本取材の雑用をこなすためSY(夫)に同行してもらっていたので、お礼に彼が好きなものを注文してもらいました。^^; 下の写真はトゥッペギプルゴギ、だったかな? 早い話、プルゴギ (日本のすき焼きに近いもの、辛くない) がトゥッペギ(チゲの鍋) に入ったもの。 確か8000ウォンだったと思います。

e0166398_10311945.jpg


こちらはお馴染み、無料で付いてくるおかず類なのですが・・・

一昨日だったでしょうか、KBSのニュースを観ていたら、「台風の影響によりキムチの値段が急騰」 と報道されていました。 キムチを初めとしたおかず類は基本的にお代わり自由なのが韓国料理のウリですが、最近は 「お代わり禁止」 とか 「キムチのお代わりは1回2000ウォン」 なんて食堂も出てきているのだとか。(驚) 確かに、我が家の近くの食堂も、以前はお客さんが自由に好きなだけキムチをお皿に盛ってよかったのに、先日久しぶりに行ったら小さいお皿に乗せられて出てきたので驚きました。 今年の台風、凄かったですものね・・・

e0166398_10313272.jpg


そしてこちらがメインのサンパプ。 確か12000ウォンぐらいでした。 お皿は大きいですが、一人用サイズ。 サンパプ(サムパプ)というのは、葉野菜でご飯や肉を包んで食べるお料理のこと。 「サム」 は包むという単語の名詞形で、「パプ」 はごはんという意味です。 サンパプは何度も食べたことがありますが、こんな風に最初からごはんが握った形で野菜の上に乗って出てきたのは初めてでした。 SY曰く、こういう形で出すお店も結構あるそうですけど。(なんだかお寿司のシャリみたい・・・)

e0166398_10314417.jpg


ちなみにごはんは黒米や雑穀米も入ったヘルシーなもの。 韓国では日本以上に雑穀米を、ごく日常的に食べるんですよね。 正直、結婚して韓国に来るまで 「韓国料理=辛い、胃に悪そう」 というイメージを持っていた私でしたが、こちらに来てから 「韓国料理は意外と辛くないお料理も多い」 ということや、「野菜をたくさん使ってヘルシーなものも多い」 ということに驚かされました。 私は元々胃袋の適応能力は高いほうなんですけど、韓国に来てからは 「韓国料理オンリーで生きていける胃袋」 になりました。 在韓仲間の人達には 「たまには和食食べたくならない?」 と聞かれるのですが、外食に関しては韓国料理だけで全く不便してません!

e0166398_10315782.jpg


在韓の私達は普段 あまりこういう場所で食事をすることが無いので、今回は少し新鮮でした。 SYも 「こんなところ、よく見つけたね」 と言ってたけれど、確かに彼みたいな生まれも育ちもソウルの人は、まず行かない場所ですよねぇ・・・^^; 普段、がさがさした中で生活しているものですから、たまにこういう小奇麗な場所で食べるとホッとします。

e0166398_1032989.jpg


         - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


無事残りの雑用を終えた後は、お散歩がてら地下鉄5号線の光化門(ファンファムン)まで徒歩で歩くことにしました。 光化門といえば大型書店の教保文庫。 春からずっと改装工事のためクローズしていましたが、最近リニューアルオープンしました。038.gif

e0166398_10322394.jpg


ベストセラーの本も見やすく陳列されていて、とっても良い感じ。 いつ行っても人・人・人でごった返しているのには閉口しますが、それは仕方ないのかなぁ、、、 文具売場やCD売場も併設されているので、とても便利な本屋さんです。

今回の私の目的はこちらの語学コーナー。(お客さんたち、全員しゃがみ込んでますね。^^;)

e0166398_10323659.jpg


実は、私が共著で書かせて頂いたテキストが2冊同時発売されました。 ぱちぱちぱち~038.gif

本名でやってる仕事なので書名などはここに書きませんが、上の写真の棚に置いてあります。 韓国の出版社から出た、私にとって最初の出版物・・・。 この本のせいで5月は本当~に大変だったのですが、こうやって形になると感慨深いものがあります。 今回はある先生からお誘いがあって参加させて頂いたんですけど、まだまだ駆け出しの部類に入る私に声をかけてくださった先生のお気持ちが本当に有り難くて嬉しかったから・・・その先生をがっかりさせないよう、少しでも喜んで頂けるよう、それだけを考えてやりました。

e0166398_10324835.jpg


そして、その先生が 「実は他にもこれこれこんな仕事も来てるんだけど、時間が無くて・・・」 とおっしゃるので、そのお仕事を 大好きな別の先生にご紹介しました。 私がソウルに来たばかりのころ、たくさんアドバイスと勇気をくださった方で、現在は東京で活躍していらっしゃる先生です。 多分、彼女が思っている以上に私は本当に助けられて感謝しているから・・・これがご恩返しになるかは分からないけれど、少しでもお役に立てたら嬉しいなと思います。

韓国に来てからつくづく思うのですが、やっぱり仕事でも何でも 「win-win」 のマインドでやるというのは大切ですね。 あ、念のためにご説明すると 「win-win」 というのは経済用語で、双方が互いに利益や成長発展が期待できる関係をいいます。

外国暮らしなんていうと色々苦労もありそうに見えると思いますが、実は韓国に来てからの私は人間関係には非常に恵まれていて、「win-win」 で互いに成長し合える人達とたくさん出会えました。 外国だから余計に 「助け合いの精神」 みたいなものも生まれるのかな・・・? とにかく、自分の能力とキャパシティともしっかり相談しつつ、与えて頂いたチャンスを1つ1つ誠実にこなしていくことが重要だな、と改めて思った次第です。


人気ブログランキングへ ← 今日もなんだか朝から肌寒い1日です・・・。 クリック・プリーズ☆
by yossy_kr | 2010-10-02 10:00 | 食  韓国料理


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル