<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ギャラリーLOOP内カフェ CAFE 60 BEANS @ホンデ

e0166398_055215.jpg


またまたホンデのカフェの話題です。

ホンデといえば芸術の街、若者の街として知られていますが、「いかにもホンデらしいな」 と思うのが、ギャラリーに併設されたカフェも多いという点です。

e0166398_06097.jpg


このとっても個性的な形のビルは、住宅街を歩いていると突然現れるギャラリービル。 「Art Space Loop」 といって、若い才能の発掘を目的に、アジアの現代美術を中心に展示を行っているギャラリーです。

e0166398_06721.jpg


Art Space Loop
address: ソウル市麻浦区西橋洞335-11
phone: 02-3141-1377

でも、今回の目的は2階にあるカフェ、「cafe 60 beans」。 以前から近くを通るたびに建物の2階にちらっと見えるカフェらしき明かりが気になっていたのでした。

e0166398_061429.jpg


ギャラリーの中に入り、オシャレなコンクリートの階段を上って2階へ。

e0166398_062117.jpg


看板には 「ソウルコーヒーバリスタ学院」 と書かれています。 とても小さなお店ですが、どうやらバリスタの教室まで開催している模様。 これは意外な発見かも!

e0166398_062933.jpg


比較的早い時間だったからか、それとも場所柄普段からあまりお客さんが来ないのかは分かりませんが、私達が一番乗りでした。 思ったとおり、小さな店内です。 一見すると普通のチェーン店のようにも見えますが、入口の看板にも書かれていたように素敵なラテアートを施してくれたりもする、なかなかこだわりのお店のようです。

e0166398_063653.jpg


e0166398_064331.jpg


せっかくなので、本棚に囲まれた席を確保。

e0166398_065030.jpg


ただの飾りだと思って撮ってみたけれど、実は動いている時計だったのかな? 考えてみたら、この位の時間に入店したような気がします。

e0166398_065895.jpg


棚にある本は、美術や舞台関係の本などなど。

e0166398_07526.jpg


あ、日本語。 「デイドリーム・ビリーバー」 ですって。

e0166398_071251.jpg


e0166398_072090.jpg


素敵なラテアートのカフェラテが到着♪ よくある花模様ではありますが、細かさが断然上な気がする!056.gif

e0166398_072780.jpg


レモネード。 韓国のカフェで注文するエイド系は少し値段も高めですが、しっかり果汁が入っているので私は好きです。 特に暑い季節にオススメ。

e0166398_074618.jpg


お茶し終わったら、せっかくなので1階のギャラリーも覗いてみてください。 展示物によるかもしれませんが、こちらは無料で自由に出入りできました。 下の写真の左にある、ダースベーダーの頭のようなものが非常に気になります…

e0166398_075372.jpg


…ん? あれってタッパー? どう見てもタッパーですよね?? あれを重ねるだけでアートになっちゃうのか…と、かなり衝撃の作品であります。 まぁタッパーというのは非常に韓国らしいアイテムではありますから (キムチやつくり置きのおかずを入れるのに大活躍)、ある意味ドメスティックアートと言えなくも無いでしょうか。

e0166398_0828.jpg


そして、私とSY(夫)が最も衝撃を受けた作品がこちら。 写真左手ににょきっと延びている白い棒のようなもの、一体なんだと思いますか?

e0166398_08967.jpg


なんと、トイレットペーパーでした!!

e0166398_081712.jpg


実はカフェに入っている時、SYがお手洗いに行ったのですけれど、途中で 「紙が無い」 と戻ってきたんです。 015.gifつまりそれって…

そんな彼がこの作品を見てひと言。
「この建物内のトイレットペーパーを全部使っちゃったから、トイレに紙が無かったんだ…」

いやいや、それは無いでしょ! でも笑わせて頂きました。 041.gif

e0166398_082557.jpg



アートって奥が深いですねぇ…

というわけで、カフェとアートと一緒に楽しめてしまうホンデらしさ120%のこちら、近くを通りがかりましたらぜひ立ち寄ってみてくださいね。 ここは後日発売予定のガイドブックさんでもご紹介させて頂きましたので (後日ご紹介させて頂きます)、詳しい地図などはそちらを御覧頂くと分かりやすいかと思います~


人気ブログランキングへ ← 芸術は爆発だー!のクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-02-28 00:00 | カフェ 弘大

映画 「カフェソウル」 のロケ地、뜰안(トゥルアン) @仁寺洞

e0166398_1485595.jpg


以前から気になっていた伝統茶院に行ってきました。 行ってきました…のは、もうかなり前になりますが。。

e0166398_149370.jpg


뜰안(トゥルアン) さんという、仁寺洞のメインストリートからは離れた小道にある茶院です。 私は 「地図が読める男(?)」 のSYと一緒に行ったのでスッと行けましたが、私ひとりだったらなかなか辿り着けなかったかもしれません。 鐘路3街の4番出口(他の出口とはちょっと離れています) を出て5分程度なので、本当は迷わずに着けそうな場所なのですが…

地図などはコネストさんに載ってましたので、いらっしゃる方はご参考まで。(またも丸投げ)

e0166398_1491053.jpg


小さそうなお店だったので、少し早めの時間に行きました。
私が好きなタイプの、「白一色」 のポジャギが掛けてありました。

e0166398_1491733.jpg


e0166398_1492326.jpg


こちらの茶院、韓国映画の 「カフェソウル」 のロケ地なのだそうです。 韓国ドラマや映画は全くといっていい程分からない私ですが、この「カフェソウル」は知ってました! なぜかというと、拙著第一弾の 「su・te・ki ソウルカフェ」 を検索すると、必ず 「カフェソウル」 がセットでヒットするから… 003.gif

「カフェソウルって何だろう?」 とずっと気になっていたので、今回図らずもロケ地を訪れることが出来て良かったです。

e0166398_1493268.jpg


店内には地元の人と思しきアジョッシ(おじさん)のグループが1組座っていただけ。 でもこの後すぐに韓国の若いカップルちゃん達が数組入ってきて、店内がいっぱいになりました。

e0166398_149393.jpg


小さいですが、とてもこだわりのある店内。 そういえば、雑誌 「スッカラ」 さんの過去の号で、この茶院のオーナーさんが特集されているのを後日発見してビックリしました。 (この「スッカラ」さんというのが、偶然にも私も記事を書かせて頂いた昨年4月号だったので持っていたのです)

e0166398_1494661.jpg


で、このオーナーさんが本当に素敵な方で… 中年の女性の方なのですが、とにかく笑顔が素敵。 こんなに物腰丁寧な人って居るのだろうか…というぐらい腰が低くて、ホスピタリティに溢れる方でした。 私が日本人だと分かるとすぐに 「こんにちは」 と日本語で話しかけてくださったし。(でも挨拶ぐらいしか日本語はお出来にならないようです)

ちなみに店内には日本語で書かれたメニューもありますので、韓国語NGの方でも安心して注文出来ると思いますよ♪

e0166398_1495411.jpg


週末の午後だと凄く混んでくるので、お一人様にはあまり適さないお店だとは思いますが、平日の開店直後などなら一人で入っても大丈夫そうだと思いました。 いずれにしても、なるべく空いている時間に行き、静かにお茶を楽しみたい感じの茶院です。

e0166398_150194.jpg


伝統茶はもちろんのこと…

e0166398_150674.jpg


ヨモギの御餅がとっても美味しかったです。 ハチミツのようなものを付けて頂くのですが、これは胃に優しい! そしてお茶ととっても合います。 思ったよりサイズが大きい&6つ出てくるので、2人以上でシェアした方が良いかもしれません。

e0166398_1501248.jpg


韓国のぜんざいは、日本のものより薄味です。 6000w。

e0166398_1501933.jpg


寒い冬にはぴったり♪

e0166398_1502574.jpg


そして、これは必ず頼まなきゃダメ!というのが 「おこげせんべい」、5000w。 注文するとその場で揚げてくださるのですが、作りたてならではの香ばしさがあり、最高に美味でした。 一言で言えば、「優しい味」。 テイクアウトにも出来たのかな? もし出来るなら、お持ち帰りにしたいぐらい美味しかったです。

e0166398_150322.jpg


お店の入口付近には 「カフェソウル」 の特設コーナーもあります。

e0166398_1504052.jpg


実は私、韓国も他の国も含め、以前はこういった 「ロケ地巡り」 的なものには本当に興味が無くて、ソウルにロケ地めぐりに来るという人を見ては 「ええっ、そんなに楽しいもんかなぁ…」 なんて思ってしまっていたのですが、自分がヘルシンキで 「かもめ食堂」 のロケ地を巡り歩いてからは 「ロケ地巡り、最高!」 と思うようになりました。 全く単純なものですが、要は何事も経験なのだなぁ、と思います。 今なら 「そうですよね!ロケ地巡りって楽しいですよね! 機会があれば私もごいっしょに…」 ぐらいの勢い…かも!?

e0166398_1505034.jpg



映画 「カフェソウル」 ファンの方も、または美味しいお茶とお菓子が食べたいという方も、ぜひ一度뜰안(トゥルアン)さんに行ってみてくださいね♪ 本当にオススメの素敵なお店でした。


人気ブログランキングへ ← 今週ソウルはぐっと暖かくなりました。 クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-02-25 00:00 |     仁寺洞

ミュージカル 「ノートルダム・ド・パリ(Notre-Dame de Paris)」 韓国公演

e0166398_8384227.jpg


イギリス旅行に行ってからというもの、すっかり頭の中がイギリス一色になっていたのですが…
「あのミュージカルが千秋楽を迎える前にインフォメーションしておかなければ!」 と思い出したので、緊急UPいたします。 それは、「ノートルダム・ド・パリ(Notre-Dame de Paris)」 のフランス人キャストの方々による韓国公演! どなたか観に行かれた方はいらっしゃいますか?^^

e0166398_8385487.jpg


今月2月26日まで光化門の世宗文化会館で上演中なので、興味のある方はぜひお急ぎを!

公演が行われている世宗文化会館は、こんな感じの大型で立派な建物です。(過去にUPした写真を再利用)

e0166398_1245292.jpg


実はこれを観に行く前日、日本人の方々とミュージカルについてお話していたんです。 帰り道、「また韓国でも観に行きたいな」 なんて考えながら歩いていたところ、突然昔の教え子から電話が入って 「先生、明日ミュージカル観に行きませんか?」 と誘われてビックリ!

聞けば、彼女のお姉さんが世宗文化会館で働いていらっしゃるため、ご招待券が手に入るとのことなのです。(早い話が売れ残ってるチケットを横流ししてくださるということなのですが… ^^;)
皆さ~んっ、言霊の力って怖いです! 良いことも悪いことも、口に出すだけじゃなく心の中で思っても、そのように導かれていきますからね… 良いことだけを口に出したり考えたりするようにしなければ。 ぶるぶる。

e0166398_125015.jpg


そんなわけで、行ってまいりました。 世宗文化会館、なかなか伝統的な雰囲気もあって美しいデザインです。

e0166398_8393131.jpg


韓国の舞台人口はまだまだ少ないと言われていますが、逆に言うと 「お客さん達も、根っからの舞台ファンという人は少なく、ごく普通の人がたまたま来ちゃったみたいな事も多い」 ということかもしれません。 日本と比べて若い男性客が多いなといつも感じるのですが、それも 「舞台は特別なファンが観るもの」 というよりは、「映画か何かを観るような感覚で 誰かに誘われたり招待券を貰ったりで気軽に出向く人も多い」 ということなのでしょうか。 下の写真にも男性がいっぱい写ってますね。^^

e0166398_8393885.jpg


イベント感覚? あちこちで記念撮影する姿が見られます。

e0166398_8394449.jpg


何の人だかりだろうと思ったら、なんと大きなポスターの前で写真を撮る順番待ちの列でした。

e0166398_8395055.jpg


さて、肝心の舞台の方なのですが、今回はフランス人キャストが全て英語で歌っていました。 劇場には全ての座席の前に個人用モニターが付いているのですが(凄い!)、そこに韓国語字幕が映し出される仕組みになっています。

私はディズニー映画版の 「ノートルダム…」 も観た事が無かったので、あらかじめネットであらすじだけ簡単にさらってから観ました。




音楽は素晴らしいし、モダンダンス調&アクロバティックなダンスを踊る超人的なダンサーさん達は素晴らしかったけれど、何だか 「サーカス」 を観に行ったような感じがしました…。 ストーリー性のあるミュージカルとしては薄っぺらい作りというか…。 ショー、みたいな感覚です。

内容は、「女主人公のエスメラルダに対し、主人公のカジモト(「梶本」じゃありませんっ ^^;) や神父のフロローなどが恋心を抱き…」 というストーリーなのですが (端折りすぎ!)、申し訳無いのですがどう見ても

ただのいやらしいオヤジのストーリー にしか見えませんでした。。
ごめんなさい。。

多分、私の好みじゃなかったということなのだと思います。

でも音楽はとにかく美しく物悲しくて胸にぐっとくるものがありました。 気になる方は上のYou Tubeで聴いてみてくださいね。 終演後も耳にずっと残るメロディーです。

e0166398_8395671.jpg


それから、実はすごく気になったのが、会場のキャパが大きすぎるという点でした。 一緒に行った子や、途中から一緒になった韓国人のお仲間さん達は 「いかにこの劇場が立派か!」 ということを力説していましたが、逆に私は会場が大きすぎるせいで舞台がちまっと見えてしまっていたところもあったと残念に思いました。 確かここは3000人ぐらい入るホールなのですが、舞台の大きさに対して出演者の数が足りないように見えたし、全体的にがら~ん、とした印象になっていたのです。

がら~ん、だったのは舞台上だけじゃなく客席も同じ。 さすがに1階席はほとんど埋まっていましたが、私達が席を取って頂いた2階は3分の1も埋まっていないような状態。 金曜の夜なのに! 2階がこれでは、3階はもっと閑散としていたのではないかと思います。

せっかくの世宗文化会館のスケールを生かすなら、フルオーケストラかオペラ、バレエなどが良いのではないでしょうか。 個人的にはミュージカルは客席とぐっと近い、小ぢんまりしたホールで観る方が好きです。

e0166398_840126.jpg


お客さんの入りがイマイチだった理由は、チケットの値段にもあると思います。 海外からのキャストの公演だから少々高いのは仕方ないとしても、韓国でこのお値段はちょっと…

e0166398_840734.jpg



自分でチケットを買って行ったのなら悔しい感でいっぱいの舞台ではありましたが、今回は御招待頂いたものだったので あれこれ言ったらいけませんね。^^; 側に居た韓国人の男の子は 「よかった!」 と言って終演後に歌ってましたので (笑)、感じ方は人それぞれだと思います。

何はともあれ、躍動感が直に伝わってくるライブの舞台というのは、本当に素晴らしいものです。


人気ブログランキングへ ← ディズニーアニメの日本語吹き替え版は、劇団四季の方々が担当されたのですよね♪^^ クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-02-22 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル

OKitchen @梨泰院

e0166398_21203679.jpg


カフェ本や雑貨本でもお世話になったゆりんさんがソウルにいらっしゃるというので、久しぶりにお会いしてきました。 久しぶり… そう、ソウル観光公社さんに御招待いただいた韓医院体験以来です。

今回はゆりんさんの粋な計らいにより、ソウル観光公社のPさんにもご一緒頂きました。 Pさんにお会いするのもかなり久しぶりです。 お店はPさんオススメのOKitchen♪ 梨泰院(イテウォン)でも話題というパスタ屋さんです。 テレビに出たこともあるそうで、若い人たちに大人気なのだとか。

e0166398_21204896.jpg


오키친 (OKitchen)
address: ソウル特別市 龍山区 梨泰院洞 168-14
phone: 02-797-6420

梨泰院駅1番出口を出て大通り沿いを3~4分直進。 頭上に 「부영주차잠 (Buyoung parking Lot)」 と書かれた看板のところで右折し、少し先の左手。 駅からだと5分弱。

※ 人気店なので、予約した方が安全みたいです。

e0166398_21205641.jpg


私達はシンプルにパスタを1つずつ注文したのですが、私が頼んだ 「うどんみたいな麺のパスタ」 は 正直まぁまぁだったかな…。 でも、インターネットをちょっと検索してみたら他の方のブログなどでは素晴らしいお料理の写真が色々写っていたので、パスタだけじゃなく色んなものを頼んでシェアするのが良さそうです。 パスタ類も凄く種類が多く凝った物が多かったので、きっと美味しいものが多いのだと思います。 たまたま今回私は外しちゃいましたが、また機会があればリピートしたいお店となりました。 次回に期待!

e0166398_2121430.jpg


これはゆりんさんが頼んだパスタ。 お味はどうだったのか聞き忘れちゃいました。 (シェアしなかったので…) ゆりんさ~ん、いかがでしたか??005.gif

ちなみにこちらのOkitchen、オーナーさんは日本の方なんですよ♪ 物凄くラフな服装・雰囲気のおじさまがフラフラ~っとお客さんのテーブルを回ってきていたので 「???」 と思ったら、なんとオーナーさんとのことでした。 もちろん韓国語もとってもお上手。 オーナーさんが気さくなところも若者に人気の理由なのかもしれませんね♪

e0166398_21211275.jpg


他のブロガーさんが写真を撮ってる姿を見るのって凄く新鮮で楽しいな、ふふ♪

e0166398_21212524.jpg


ゆりんさんの地元の素敵な工芸品を頂いてしまいました。016.gif  箸置きと鍋敷きです。 「ガイアの夜明け」 だったかな? でも紹介されたことがあるという、素晴らしい職人技が光る工芸品。 こんなに頑丈そうに見えるのに、自由自在にぐにゃ~んと曲がるんですよ♪ ゆりんさん、ありがとうございました。 大切に使わせていただきますね!

e0166398_21213219.jpg


お食事の後は場所を移して Neal's Yard(ニールズヤード) へ。 カフェ本でもご紹介したお店です。 雰囲気的にここはお昼に行く方が好きなのですが、夜は夜で落ち着いていて良いものですね~。 (クリスマスツリーがあったし♪)

e0166398_2121405.jpg


Neal's Yard、というとイギリスフリークの私としては、あのアロマで有名なNeal's Yard Remedies を思い浮かべてしまうのですが… 店内の雰囲気も、ロンドンのNeal's Yard本店がある周辺に似た色彩で彩られています。 (夏にロンドンのNeal's Yardに行った時の記事はこちらです)

e0166398_21214822.jpg


ゆりんさんが一度食べてみたかったというワッフルと、緑茶のパッピンスを注文。 真冬の寒い時ですが、女子会に甘いものは付き物なのです。^^;

今回ゆりんさんは 「ダイエット入院」 のためにソウルにいらっしゃっていたのですが、その時の様子を現在ブログでUP中です♪ 私から見るとゆりんさんはスタイルも良いし全然ダイエットは必要じゃないように見えましたが… きれいな人ほど より美しさを追求するのでしょう。037.gif

e0166398_21215730.jpg


ゆりんさん、Pさん、楽しい時間をありがとうございました♪

e0231876_19165563.gif



パスタつながりの話題になりますが、洋食系のお店で私が一番よく行くのが、ホンデのcafe SOURCEさんです。 ブログでも何度かご紹介しましたしカフェ本でもご紹介しましたが、鳥取の有名店の韓国1号店です。 味・お値段共に納得できるお店がまだそう多いとは言えないソウルにおいて、「ここなら絶対大丈夫!」 と自信を持って誰かを連れて行ける貴重なお店と言えるでしょう。

e0166398_2122947.jpg


グラタンはこの時初めて頼みましたが、とても美味しかったです。 入れ物がオシャレだと、より美味しく感じますね♪

e0166398_21221698.jpg


e0166398_2122238.jpg


どんなスマフォアプリにハマってるかを披露しあい… 彼女がお勧めという あるアプリを入れるためだけに、帰宅後、iPhoneをアップグレードした私でした。^^;

e0166398_21223087.jpg


この日は食べなかったのですが、「もち」+「ワッフル」の 「モップル」 も最高に美味しいのでオススメです。

e0166398_21223788.jpg



ソウルは少しずつ暖かくなってきているようで、やっぱり寒い日が続いています。
皆さんも風邪など引かないように十分注意なさってくださいね!


人気ブログランキングへ ← 今週一週間も頑張りましょう♪ クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-02-20 00:00 |     和洋多国籍

カメラマンがオープンさせたカフェ ETHIOPIA @ホンデ sanpo

e0166398_005269.jpg


12月から今月ぐらいにかけて、ガイドブックのお仕事を頂きまして、ホンデのカフェをいくつか取材させて頂いてました。 (詳細はまた後日)

「今までブログでご紹介なさったお店で構いません」 と言われていたのですが、せっかくならまだ他の媒体で紹介されていないようなお店で ちょっと個性的でドラマのあるお店をご紹介出来たらいいなぁ…と思い、結構あちこち歩き回ったのですが、その中で特に気に入ったのがこのお店です。

e0166398_01511.jpg


ホンデというよりは新村に近いエリアにあり、普通はここまで足を伸ばしてこないだろうな…という場所にあります。 私がここを気に入った大きな理由は、カフェをオープンさせたのが現役の旅行カメラマンの方(シン・ミシク氏)という点。 貧困に苦しむ国エチオピアにスポットを当てて、店内で写真を中心にエチオピア文化を紹介すると共に、売り上げの一部を寄付として送っていらっしゃいます。

e0166398_011361.jpg


言葉は悪いかもしれませんが、カフェブームに乗って安直にお店をオープンさせ、あっという間にクローズさせてしまう人も多い昨今のソウル… そうなってしまう理由は色々あるでしょうが、根本的に 「強いポリシー、強いテーマ性を持っていないから」 だと思います。 キチンとしたポリシーを持っていれば、ショップのオープン前から様々な計算をしてある程度のことが予測できるはずだし、たとえ少しの間上手くいかなくても 成功するまでグッと耐え凌げるはずですよね。

e0166398_012065.jpg


日本同様不景気の韓国では、会社勤めをしてもまともなお給料をもらえなかったり、会社勤め自体できない若者達も数多くいます。 そういう人達が 「よし、一肌脱いで稼ぐぞ!」 とハングリー精神を持って事業を興すのは決して悪いことではありませんが、「お金儲け」 というのが先立ってしまうと、ちょっと困難が目の前に立ちはだかった途端 「いや~、こんなつもりじゃなかったんだけどねー。借金が増える前にクローズしちゃおう」 となるのでしょう。 日本人の私から見ると 「もう少し根性出して頑張ろうよ!」 と思ってしまうのですが、これも色んな歴史を経ての価値観というか文化なのだ…とも思います。 (そのことについての話はまたいつかしたいと思います。)

e0166398_012764.jpg


それはともかく、さすがに200を超えるソウルカフェに足を運ぶと、どんなお店が長続きして、どんなお店がすぐクローズしてしまうか何となく分かるようになってきます。 まず 「物語(ストーリー)」 が全く感じられないお店はダメ…。 カフェだけじゃなくどんなものについてもそうですが、「そのについてれる何かがある = 物語」 が無いと 容易く捨てられてしまう気がします。


話が長くなりましたが、このカフェからは強いテーマ性やメッセージ性が感じられる気がして、入った瞬間に気に入ったというか応援したくなってしまったのでした。  アマチュアの私ではありますが、壁に掛けられたエチオピアの写真の数々からは強いインパクトを受けました。 写真って本当に素晴らしい…

e0166398_013572.jpg


エチオピアの美しい目をした子供のポートレートが目を惹きました。

e0166398_014666.jpg


温かみのあるイスとお面。

e0166398_015543.jpg


こういうナチュラルな革のテイスト、日本でも好きな人がたくさん居そうですよね♪

e0166398_02249.jpg


こちらは売り物ではありません。↓ ご自由にどうぞ~の、寒い冬に必須のひざ掛けです。

e0166398_022558.jpg


店内は予想以上に広く、メインのフロアの他に少し仕切られた別室もありました。 何というか、書斎とか資料室、といった雰囲気です。

e0166398_02338.jpg


コーヒー好きの方にはお馴染みかと思いますが、このカフェのテーマにもなっているエチオピアは、コーヒー豆の産地としても有名な土地です。

e0166398_024116.jpg


カメラマンさんが実際にご愛用のものなのかな…?

e0166398_024913.jpg


実はここ、嬉しい誤算と言いますか、ドリンク類もすっごく美味しかったんです!016.gif
こちらはグレープフルーツのエイド。 お供してくれた子も絶賛でした♪^^

e0166398_025921.jpg


シャレたセッティングで出してもらえるティー各種。

e0166398_03886.jpg


cafe Ethiopia(カフェエチオピア)
address: ソウル市麻浦区西橋洞325-16 서울시 마포구 서교동325-16
phone: 02-3143-0205


詳しい地図などは、ガイドブックさんに掲載されると思います。 また後日ご案内いたしますね。

e0166398_031725.jpg



勉強をする学生ちゃんのグループからおしゃべりに興じる女性グループ、男性のお一人様客まで幅広い年齢層のお客さんがくつろいでいました。 末永く営業を続けて頂きたいな、と思わず応援したくなる 「素敵ストーリー」 のあるお店です。^^


人気ブログランキングへ ← 次回はゆりんさんと行ったお店をご紹介します☆(多分…) クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-02-17 00:00 | カフェ 弘大

CAFE 5CIJUNG ホンデ店

e0166398_21571420.jpg


淡い色合いのインテリアと、可愛らしいラテアートや女子向けスイーツで有名な 「CAFE 5CIJUNG」。 カフェ本ではカロスギル店をご紹介しましたが、最近どんどん支店を増やしています。 カフェ激戦区のホンデにも1年ぐらい前だったでしょうか、支店がオープンしました。

e0166398_21572234.jpg


弘益大学(ホンイクだいがく)から歩いて3分程度の分かりやすい場所にあります。 大学正門を正面にして左手、大通りを新村方面へ歩いていくと3分ほどで右手にお店が見えてきます。 すぐ分かると思いますよ♪

e0166398_21573131.jpg


入口のディスプレイも乙女の雰囲気♪ (入店する私が乙女じゃないとか何とかいう事は抜きにして… ^^;)

e0166398_21573828.jpg


入口を見て頂いても分かるように、ここホンデ店は全体的に空間に余裕のある作りになっていて、それが魅力。 カロスギル店が狭くてギュウギュウなイメージなだけに、これは嬉しいです。

e0166398_2157468.jpg


e0166398_21575413.jpg



e0166398_2158120.jpg


入ってすぐのところに、パン等を売るコーナーもありました。 これはカロスギルや三清洞のお店には無かったものです。

e0166398_2158899.jpg


入口は割と小さめなので、今までは 「ふーん、CAFE 5CIJUNGってホンデにも出来たんだ」 ぐらいにしか思わず素通りしてしまっていたのですが、いざ入ってみてビックリ。 中は、入口からは想像もつかないような広さ(オーバーかな?)でした。 ここはオススメ!

e0166398_2158153.jpg


まずカウンターで注文してから着席するシステムになっています。 メニューには写真が付いているものも多いので、韓国語が分からない人でも注文しやすいと思います。

少しですが、雑貨を販売するコーナーもありました。

e0166398_21582220.jpg


広々としたメインのフロア。

e0166398_21583056.jpg


…も良いのですが、更に奥に進むと、隠れ部屋のようなちょっと薄暗い別室がありました。

e0166398_21583836.jpg


お昼の明るい時だったらメインフロアの方が気持ちよい気もしますが、夜だったら断然こっちのお部屋が居心地良さそうです。

e0166398_21584574.jpg


靴もオシャレにディスプレイされてました。056.gif

e0166398_21585322.jpg


CAFE 5CIJUNGというと、私の中のイメージは 「可愛い熊さんのラテアート」 なんです。035.gifくまー

お店の方に 「ラテアートして頂けますか?」 と念の為に聞いてみたところ、ちゃんとやって下さいました♪ ラテ類を頼むとスコーンも1つ無料で付けて下さるのですが、カロスギル店では自動的にプレーンを運んできて下さったのに対し、ホンデ店ではプレーン、チョコ、ベリーの中から1つ選べるようになっていました。 今はカロスギル店も同じように変わったかもしれませんが、その辺は分かりません。

e0166398_2159193.jpg


あ、そうそう、こちらのお店に後日行ったら、注文してから商品が出てくるのもビックリするぐらい遅く、またラテアートもやってくれなかったんです…。 ちょうど混雑している時間帯だったので少しは仕方が無いと思うのですが、あれはちょっとひどかったな。。 今までCAFE 5CIJUNGでそういうことが無かったので少し残念でした。 その時に居る店員さんによっても対応が違うのかもしれません。

デザート類としては、こんなスフレも人気だそう。 スフレの中をくりぬいてから、アイスクリームを落として食べるのだそうです。 ちゃんと絵で説明されたシートがテーブルに置いてあったので、その通りにしてみました♪

e0166398_2159985.jpg


お味はいかがでしょう…?039.gif

e0166398_21591661.jpg


「美味しい!」 ですって。 よかったよかった。016.gif

ホンデ店は、テーブルとテーブルの間も広く取ってあり、またフロア自体もとても広いため、伸び伸びとくつろげるとても良いお店だと思いました。 混んでいる時間帯はそれなりに騒々しくなってしまうので、出来ればここはオープン直後の人が居ない時に行くのがオススメです。 その方が絶対、このお店の良さを強く感じられるはず♪ 個人的には、CAFE 5CIJUNGの中では一番好きな店舗となりました。

e0166398_215924100.jpg



カフェの写真がたくさん溜まっているので、これからしばらくはカフェの話題が続くと思います。063.gif

姉妹ブログ 「su・te・ki world」 でも、ビックリするぐらい可愛いロンドンのティールームについて記事をUPしましたので、お時間があればこちらもぜひどうぞ。^^


追記: 残念ながらCAFE 5CIJUNG ホンデ店は閉店し、現在は別のカフェになっています。(2012.初夏)



人気ブログランキングへ ← 可愛いカフェに行ってみたい♪と思ったみなさ~ん、クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-02-15 00:00 | カフェ 弘大

Les Arbres, The Piano Forest @ホンデ(合井)

e0166398_20295294.jpg


仕事の締め切りがあったり旅に出ていたりしたため、更新が滞ってしまってました、、

旧正月前のことですが、編集者さまがソウルに旅行でいらしてるというので、ちらっとお茶だけしてきました。 飛行機に乗る前の時間を使ってのお茶タイムだったので、なるべく金浦空港から遠くない場所を選ばなければと考えたのですが、どう考えてもホンデ!ということになりました。

e0166398_2030154.jpg


「ホンデ」と一言で言っても意外とエリアが広かったりもするのですが、最近は地下鉄2号線の合井(ハプチョン)駅周辺にちょっとしたお店が増えているので、合井駅で待ち合わせることに。 行くお店は特に決めておらず適当に歩いて見つける予定だったのですが、編集者さまが思いの他 荷物をたくさん持ってらしたのでビックリ! そこで、ぱっと目に付いたお店に入ることにしました。

Les Arbres "The Piano Forest"
address: ソウル市麻浦区(マポグ)西橋洞(ソギョドン)397-10, 1F
phone: 070-7808-7357

e0166398_2030794.jpg


平日だったこともありますが、正直まだわざわざ足を伸ばしてくる子も多いとは言えないこのエリア。 お客さんは私達だけでした。

店名に"The Piano Forest" とあるだけあり、ピアノも置いてありました。 (後から入ってきたカップルのお客さんが突然ピアノを弾きはじめてビックリ… それもアリの、自由な雰囲気のお店です。)

e0166398_2030133.jpg


e0166398_20301987.jpg


オンドルの小部屋発見♪ 最近はこんな風にオンドルがあるカフェも増えてますね。 …というより、もしかして元々は食堂だったお店をカフェに作り変えたのかな? 食堂にオンドルは付き物です。

e0166398_20302517.jpg


意外と広い店内。 ドアを入ってすぐのメインフロアを中心に、オンドルの小部屋、右手のグリーンのお部屋になっています。

e0166398_20303111.jpg


e0166398_20303754.jpg


e0166398_20304348.jpg


メニューはそれほど期待していなかったのですが、ドリンク類は結構揃っていました。 特にエイド系も充実しており、夏だったら飲んでみたかったかも。 編集者さまは重い荷物を持って歩いていたせいか、「冷たいものが飲みたい」 とのことでエイドを注文してらっしゃいました。 こちら、カリンのエイドです。 ちょうど風邪が治りかけていたところだったそうなので、グッドチョイスでしたね♪

e0166398_20304819.jpg


私はごく普通のダージリンを注文しました。

e0166398_2030559.jpg


e0166398_2031190.jpg


1月にクリスマスツリーが出てますが、これはソウルでは当たり前の光景。

e0166398_2031762.jpg


店内にはフォトジェニックなオブジェもいっぱい。 カメラ女子向けのお店です。

e0166398_20311319.jpg


あ、カメラ女子で思い出しましたが、実はここ、以前ご紹介したスーパードルフィーを持った子が集まるカフェのすぐ隣だったんです。 更に、これまた近くにはスーパードルフィーがバーンと展示されているカフェもありました。 この地帯、「スーパードルフィー地帯(?)」 だったようで…。 この日はあいにく 「スーパードルフィーがバーンと展示」 のカフェはクローズしていたのですが、次回通りがかることがあれば必ず入ってみたいと思います。(お人形さん持ってないとダメかしら…?^^;)

ちなみにスーパードルフィーとは、こちらの超リアルなお人形さんのことです ↓

スーパードルフィーパーフェクトカタログ―La carte d’un Ange 天使の地図

朝日新聞社



e0166398_2031326.jpg


ワッフルも頼んでみました。

e0166398_20313979.jpg


e0166398_2031455.jpg


学生の街ホンデだけあり、お値段も良心的です。(上からエイド、ダージリン、ワッフル)

e0166398_20315117.jpg


おしゃべりに夢中になっていたら、次第に暗くなってきました。(最近、こういうフレーズが多い気がします…)

e0166398_20315786.jpg


編集者さまは今回、お友達の編集者の方と一緒にご旅行していたのだそうですが (お友達さんは一足先の飛行機でご帰国)、お二人で雑貨本を持って歩き、色んなお店に行かれたそうです。 二人三脚で本を作ってくださった編集者さまがこうやって実際に本を使って下さっているのが何よりも嬉しかったです。 正直、この方が喜んでくださらなければ何を作っても意味は無い・・・と思っているぐらいです。

どこを回ったのかお聞きしたら、「○○も行ってきたし、××も行ったし、△△も寄って…」 と、「本当に2泊3日!?」 というぐらい物凄い数のお店を回られたようでビックリ。 以前から感心していたのですが、こういうお仕事をなさっている方達というのは体力が超人的です・・・ また、フットワークの軽さ、「地図が読める度合い」 も 私のような一般人の比ではありません・・・

東大門総合市場でもクッションカバーやアイロンカバー等々のものをお作りになったようで、大きな荷物を抱えてらっしゃいました。 後日、写真まで送ってくださいましたが、素敵なものが作れたようで私も嬉しい♪^^

e0166398_2032492.jpg


e0231876_19165563.gif



編集者さまをホンデの空港鉄道駅までお見送りした後、江南(カンナム)へ。

ちょっぴりお久しぶり~な韓国人の男の子と食事をしました。 彼のチョイスは 「かっぱ寿司」。 韓国にもかっぱ寿司ってあったんですね。 知りませんでした。

e0166398_20321049.jpg


画面で注文すると、新幹線が商品を運んできてくれます。 私がビックリしていたら、日本のかっぱ寿司も同じだと言われました。 もちろん私も回転寿司はよく行きますけど、家の近くにかっぱ寿司は無いので、見たことが無かったのです。 これ、他の国でもウケそうですよね!003.gif

e0166398_20321761.jpg


彼がお寿司を食べる前に 「ダイエット中なんで」 と言って 「ナイシトール」 を飲んでいたのが笑えました。 こういうもの、日本で買ってくるという韓国の人も凄く多いです。 (そんなに効くならうちのSYにも買わないと、、)

食事の後は、すぐ近くのサムソンビルへ。 初めて入りましたが、地下にはサムソンの商品を展示販売しているショップや、レストラン・カフェなどが入っていました。 お店の数も少ないし、取り立ててオススメするような場所ではないと感じましたが、何かあった時用に知っていても便利かな。

e0166398_20322396.jpg


ところで、彼は最近、日本の某大企業に就職が決まって働き始めたそうです。038.gif


韓国の就職事情について、下の 「Read More」 に続きます。


人気ブログランキングへ ← こちらもお忘れなく~☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.


Read More
by yossy_kr | 2012-02-13 00:00 | カフェ 弘大

アルマーニ リストランテ @銀座

e0166398_2302854.jpg


東京帰省中最後の話題は、日韓カップル繋がりの素敵なお友達・Looさんと一緒に行ったARMANI / RISTORANTEです。 Looさんには雑貨本の撮影にもご協力頂いたので (68ページの素敵なお宅はLooさん邸です♪)、御礼も兼ねてお誘いしました。

下の写真は夜に撮ったものなので暗いですが、私達がお店に行ったのはランチタイム。 ディナータイムは高級すぎてとても入れません~っ。^^; 日本の良いところは 「どんなに素敵なお店でも、ランチタイムはぐっとお値段が抑えてある」 というところですよね。

e0166398_2304334.jpg


地下鉄の銀座駅からだと、B3出口からそのまま地下の売場に直結していて便利です。 店員さんに案内されて店内中央部にあるエレベーターに乗り (ちょっとキンチョー)、最上階のレストランへ向かいます。 (下の写真はアルマーニさんのHPよりお借りしました。)

e0166398_2305313.jpg


入口などはさすがにバババーン!という感じですが、フロアに入ってしまうと意外にフランクで寛げる雰囲気。 夜はまた別なんでしょうけど、お昼は窓から明るい陽が射していたからか、リラックスした雰囲気に感じました。 オシャレ度を求めるなら、間違いなくこのお店は夜の方がムーディーで素敵だと思います。072.gif

e0166398_231369.jpg


フロアの中央寄りににはシェルのように背後を覆われたテーブル席もありましたが、私達は窓際の席に通されました。 予約の際に 「席の指定はどうしようかな…」 と迷ったのですが、店内の様子が分からなかったので、特に指定しておかなかったのです。 シェルのような席の方が個性的で楽しそうにも見えましたが、2人よりも3人、4人向きなイメージでした。 (プラス、写真を撮るには窓際の方が良い… ^^;)

e0166398_2311046.jpg


連日の外食のせいでやや胃が重かったので、ドリンクはアルコールではなくジンジャーエールをお願いしました。 「韓国でもないのに何故ストローが2本…?」 と思ったのですが、飲みはじめてすぐに理由が分かりました。 ジンジャーの粒が大きすぎて、すぐにストローが詰まってしまうのです・・・ これ、詰まった時用の予備のストローという意味ですね、きっと。

e0166398_2311820.jpg


ちょっとビックリしたのが、フロアにはイタリア人らしきウェイターさんが何人かいらっしゃったこと! 皆さん、日本語をとても流暢に話していらっしゃいました。 私達のテーブルの担当も、イタリア人の方でした。

e0166398_2312538.jpg


カトラリーもアルマーニのもの。 これらは全て同じビルの4階で購入する事が可能です。 (後学のために、食後4階も見て歩きましたが、大阪弁の男性店員さんがとても親切で感じが良かったです♪)

e0166398_2313191.jpg


パスタは3種類の中から1つをチョイス。 魚介系、チーズ系、トマト系のソースがあったので、2種類を頼んでシェアさせて頂こうと思ったのですが、量が少なくてシェアする感じじゃありませんでした、、 ウェイターさんも一応取り皿は持ってきてくださいましたけど、「シェアする感じでは・・・」 という表情だった理由がよ~く分かりました。

e0166398_2313850.jpg


オレンジ色のお洋服がとっても素敵だったLooさん♪ センスもスタイルも抜群です。

e0166398_2314595.jpg


e0166398_2315234.jpg


メインディッシュはお魚とお肉からチョイスだったので、両方持ってきて頂いて2人でシェアしてもいいかな・・・なんて思ったら、こちらも量が少なくてビックリ。 これは完全に女性向のランチです。

e0166398_2315971.jpg


ウェイターさん、何も言わずにLooさんの方にお魚を、私の方にお肉を置いてくれたので、そのままそれを頂きました。 結果的に、私がパスタもメインディッシュもお肉系を、Looさんは両方ともお魚系を食べたことになりましたが、どちらか交換すればよかったな。

ちなみにお肉はウズラの炭火焼でしたが、ウズラって本当に小さいんですね・・・ 大きなお皿に ちまっ とお肉が乗っていて、その様子が可笑しくて可笑しくて、危うく噴出しそうになりました。(←失礼すぎ!) いえ、本当に、写真で見る以上に小さかったんです!

e0166398_232724.jpg


私は元々そんなに大食漢ではないので足りましたが、しっかり量が食べたい方には向かないお店かもしれません。 でも、ちょっと緊張を伴うようなオシャレな雰囲気は さすがアルマーニ、さすが銀座、という感じですので、話のタネに1度ぐらい行ってみても良いと思いますよ☆ 来ているお客さん達も皆さんオシャレして来ている方が多かったですし、女子力UPにはGOODです。

e0166398_2321493.jpg


食後はタルトとアプリコットのジェラードのプレート、コーヒーor紅茶を出して頂けます。

e0166398_232226.jpg


現在は旦那様のお仕事の都合で東京に駐在しているLooさん。 「東京で生活出来るなんて羨ましい~」 と単純に思ってしまっていたのですが、韓国人である旦那様のサポートをしながら 初めての子育てをする (ご実家は東京から離れた場所)、というのは 想像以上に本当に大変なことだったと思います。 「自分が外国人として韓国に居たときの方がずっと楽だった」 と言ってたけれど、色々話を聞いていたら凄く頷けました。 そう考えると、韓国に来た当初色々と大変だった私をサポートし続けてくれた夫にも感謝しなければ、という気持ちにさせられました、本当に。

e0166398_2323046.jpg


今回はLooさんの 「日本にいるうちにやってみたいことリスト」 色々を聞いて盛り上がりました。 深く納得のものもあり、ええっそうなの!?と驚いたものもあり。 でも1つ言えるのは、彼女が選択していくことは 必ず良い方向へ導かれていくだろうということ。 これからも陰ながら応援させてね。^^


Looさんから出版の御祝いを頂いちゃいました。 「yossyさんのイメージはパープルだったけど、グリーンの香りの方が好きだったからこっちにした」 のだそうですが、グリーンの小物も大好きなので嬉しい♪^^ 香りも爽やか&ゴージャスで とっても気に入りました、ありがとう~♪ ガラスの瓶の上にかかっているチャームは、自分でカスタマイズして組み合わせることが可能なんだそうです。 勿体無くてとても使えないですよね!

e0166398_232381.jpg


確かこれ、Looさんのお宅でも見た気がする・・・と思って過去記事の写真を見てみたら・・・ありました! 念のために言っておきますと、これはインテリアショップのショールームではなく、Looさんの東京のお宅です。↓ 我が家ではこんな素敵にディスプレイすることは不可能ですが、ちゃんとコンソールの真ん中に置かせて頂きました。

e0166398_1263613.jpg


長々と書かせて頂いた東京滞在中の記録ですが、ひとまずこの辺で一段落させたいと思います。 他に撮った写真もあるのですが、また機会があればその時にでも。

e0166398_2324561.jpg


今回は10日間という短めの東京帰省でしたが、その分とても密度が濃かった気がします。 友達と会うのはもちろん、ちょうど東京に旅行で来ていた教え子とも会えたし、恒例の母校訪問をしたり、もちろん家族とも久しぶりに色んな話をして過ごしました。 「もっと居たいな」 と 寂しく思う前に慌しくソウルに戻ってきてしまったので、ある意味良かったような気もします。

でもさすがに5年近く韓国で暮らしていると、何だかんだ言って この国に対する愛着が深くなったと感じます。 以前なら 「ああ、またここでの生活が始まるのか…」 と憂鬱になったものですが、今は 「ただいま!」 とホッとしますし。 飛行機が金浦空港に着陸した瞬間、「自分がこの国にお世話になるだけじゃなく、自分もこの国にきちんと貢献していける人間になろう」 と、身が引き締まる思いがしました。 思うだけじゃなく、きちんと実行に移していかなくちゃね…。 というわけで、今年も自分なりに前向きに頑張っていきたいと思います!


次回からはまた、気ままなソウルブログが始まります。


人気ブログランキングへ ← 東京健忘録も楽しんでいただけましたら・・・クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-02-02 00:00 |     日本帰省


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル