<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

韓国語版絵本 『サンタクロースっているんでしょうか?』

e0166398_9163333.jpg


クリスマスが終わる前にこれだけは御紹介しておきたい~! と思ったのがこちら、韓国語翻訳版の絵本、『산타클로스가 정말 있니요? 』 です。 原題は "Yes, Virginia, There Is A Santa Claus"、日本語版では 『サンタクロースっているんでしょうか?』 です。


サンタクロースっているんでしょうか?

偕成社


Yes, Virginia, There Is A Santa Claus: The Classic Edition

Francis P. Church / Running Press Kids



ご存知の方も多いと思いますが、この本は、今から100年以上前にアメリカのニューヨーク・サンという新聞の社説に載ったコラムを書籍化したものです。

物語は8歳の少女・バージニアが新聞社に宛てた1通の手紙から始まります。
「友達はサンタクロースなんていないと言っています。 サンタクロースっているんでしょうか?」

子供の真剣な問いに、「サンタクロースはいます」 と真剣に答えるひとりの記者。
「この世の中に、愛や、人の思いやりや、真心があるのと同じように、サンタもいるのです」

優しい言葉の数々が大人の胸をも打つ、クリスマスの不朽の名作です。

e0166398_9165081.jpg


実を言うと私、小学校5年生まで真剣にサンタクロースを信じていました。 今思えば、我ながらなんと純粋というか幼かったのだろうと笑ってしまいますが…

当時の私は毎日夜遅くまで進学塾に通い、偏差値がどうのこうのと言いながら、一方で 「サンタクロースは本当にいるよ!」 と真剣に人前で力説していたのですから、他人から見たら何とも滑稽に映ったでしょう。 でも、そんな年齢になるまで本気でサンタを信じさせてくれていた親に、本当に感謝しています。 うちはオモチャをそう簡単には買い与えてくれない家庭でしたから、毎年クリスマスがどんなに待ち遠しかったことか! 目に見えないものを心から信じるあの気持ちこそが 「宝物」 だったなぁ…と思います。



この 『サンタクロースっているんでしょうか?』、去年もソウルの本屋で探したのですが見つからず、ようやく今年手に入れることが出来ました。 教保文庫という大型書店にありましたが、売場に1冊しか置いておらず、しかも棚の奥~の方に押しやられていたので 店員さんに頼んでやっと探し出せました。 つまり、韓国ではそのぐらい知名度が低い本みたいなんです。

夫に聞いてみてもやはり 「初めて聞いた」 と言うし、実際、本の奥付を見たら初版は2006年と最近だし、やっぱり韓国では知られていないのでしょうか。


ところで、少し気になったのが 「あとがき」 にあった翻訳者の方の解説です。

子供が理解しやすいよう、翻訳版では原作になかったものまで書き足したそうなんです。 原文がどうだったかハッキリ覚えていないので韓国語版と比較は難しいですが、個人的には 「余計な文をくっつけない方がいいんじゃないかな?」 と思ってしまいました。 韓国の子供にとってその方が理解しやすいのであればOKなんでしょうけど、この本は大人が読んでも胸を打つ名作なので (なにせ新聞の社説欄だし)、原文に近いニュアンスを残した方がよかったんじゃないかな…?と。

e0166398_9172100.jpg


お会計の際、レジで手帳を頂きました。 2013年度版というわけじゃなく、カレンダーには日付が入っていないタイプのもの。 色はステキですが最近は全部携帯にスケジュールを入れてしまっている私なので、「もらっても使わないから申し訳無いな…」 という感じ。 本当はレジで 「いりません」 と言おうと思ったのですが、レジのお兄さんが嬉しそうに渡してくれたのでお断りするのは申し訳なく、受け取ってしまいました。


そう、コスメショップなんかでもそうなんですが、私は試供品とかオマケをもらうのは好きじゃないんです。^^; いつも使ってる化粧品と全く同じもののミニサイズなら旅行用に使うから欲しいのですが、それ以外のものは、正直 「もらっても困る」。。 使わないまま放っておいてそのうちゴミ箱行きでは、罪悪感があるし。

もうすぐお正月で日本のデパートでは福袋なども発売されますが、あれも私は絶対買いません。 最近流行りのコフレみたいなものも全く興味無いし、自分でも 「女子として残念!057.gif」(←トキメキ不足?) だと分かってはいるのですが、性格なので仕方ない…


と、話が脱線したまま終わります。 みなさま、楽しいクリスマスを!067.gif069.gif


人気ブログランキングへ ← 韓国はクリスマスの25日は公休日です。 クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-12-24 00:00 |     生活雑記

Soom Island (숨도) @西江大学付近

e0166398_15222938.jpg


西江(ソガン)大学の近くにあるSoom Island (숨도)というカフェに行ってきました。 よくバスでこの道を通るのですが、ひときわ目立つ可愛らしいカフェがあるな~と 以前から気になっていたのです。

e0166398_15224119.jpg


お店の名刺を貰おうと思ったら 「まだありません」 と言われてしまったので、簡単に行き方だけ書いておきますね。 追記: お店のウェブサイト発見~

地下鉄6号線のデフン駅を出て、大通りを西江大学正門に向かって直進。 以上です。 簡単でしょ?^^

駅からだと徒歩5分弱だと思います。 西江大学からだと同じく5分ぐらいかな? 天気が良い時なら、新村(シンチョン)駅からも余裕で歩けますよ。

e0166398_15225375.jpg


ドアに 「文化空間」 とありますが、ここはいわゆるブックカフェ(風)。 ちょっとしたギャラリースペースもあります。 さすがは学生街?

e0166398_1523230.jpg


ところで、大学院生の時に明治期の語彙を主に勉強していた私は、和製漢語である 「文化」 という語が韓国でも多用されているのを見るたびに 「面白いなぁ」 と物凄く興味が引かれます。 例えば、お手洗いを見ても 個室の中に 「文化人は化粧室をきれいに使います」 なんてシールが貼ってあったり、とか。 確かに韓国の人達って使い方が少々きちゃないですからね… おっと失礼。 ^^;

「文化人(문화인)」 という言い方がそのまま日韓で直訳でき、意図する事ををパッと飲み込めるというのは本当に面白いですよね。 (韓国語の문화인は 「マナー・教養・教育のある人」 というニュアンスで使われているようなので、多少の違いはありますが。)  「文化人」 という言葉を英語にしなさいと言われたら、ぴったりとくる語を探すのは (私の英語力では) なかなか難しいです。



ドアを入ってすぐ右側が展示スペースの模様。 この時は何も展示されていませんでした。

e0166398_1523872.jpg


なかなかオシャレで広いお店です。 新村界隈は学生街なのに 意外とオシャレなカフェって少ないので (チェーン店が多い)、こういうカフェは貴重ですね。 (西江大学のすぐ横にもちょっとオシャレなカフェがあるので気になってます)

e0166398_15231374.jpg


こういうアイアンワークの物とかレンガが凄く好きだな~と強く惹かれるのは、イギリスを思い出すから…。 カフェホッピングの楽しみを知ったのはソウルに来てからですが、根底にある好みのようなものは確実にイギリスの影響を強く受けている私です。

e0166398_15231839.jpg


ソウルのカフェは大半が無料でwi-fiを利用できますが、お店によっては接続に鍵がかかっていることも…。 でも、お店の方にパスワードを聞けば大丈夫♪ このお店では、カウンターにパスワードを書いたものがバーンと置いてあって分かりやすかったです。

e0166398_15232454.jpg


本棚に近いスペースには、大きなデスクがいくつかありました。 集団で勉強会とかするには良さそう。

あ、でもこのお店、異常に静かだったんです。 お客さんがいっぱいなのに、物凄~く静か。 お一人様が多かったこともあるけれど、数人で来ていてもみんな静か…。 ちょっと珍しいぐらいでした。 その反対に、この日 私が一緒に行った子が物凄~く声が大きい子だったので (しかも日本語なので目立つ)、内心凄くヒヤヒヤしました。 「お願い、もう少し小さな声でしゃべって」 と何度言いそうになったか… ^^; ゴメン

e0166398_15232969.jpg


とっても美味しそうだったバナナタルトと フォトジェニックなティラミスを注文してみました。

e0166398_15233472.jpg


ティラミス、可愛い~♪ お味は普通に美味しかったです。

e0166398_15234051.jpg


で、オススメはバナナタルト! これはかなりのヒットでした☆ 個人的にはテイクアウトしてもいいなと思ったぐらい美味しかったです。 一緒に行った子も 「上のクリームがなめらかで美味しい!」 と喜んでましたよ♪  味に厳しい方々からもOKが出るかは分かりませんので、その辺は悪しからず… (←ケーキとかパンって日本の皆さん(特に在韓者) は凄く厳しい目で見ますから、手放しで褒めるのは危険です… ^^;)

e0166398_15234541.jpg


彼女から、プレゼントを貰いました。 TEEGEBACKというクッキーで、ソウルのカフェでよくコーヒーと一緒にオマケで出てくるものです。 以前、ツイッターで 「どこで買えるか知ってますか?」 とご質問があったのですが、この彼女と別のカフェに行った時に偶然TEEGEBACKが出たので カフェの方に聞いてくれたことがあったんです。
過去記事

お店の方によると、TEEGEBACKはインターネットでしか買えないらしいのですが、それを今回、彼女がわざわざ買っておいてくれて… その気持ちがとっても嬉しかったです。 ありがとう♪ 016.gif

e0166398_15235094.jpg


若い子たちの間で大人気というメーカーのボディーウォッシュとボディークリームも貰いました。 これで1万ウォン以下だそうです。 on styleというチャンネルでやっている美容番組のブラインドアンケートで1位を取ったこともある実力だそう。 「お誕生日プレゼント!」 と言われたけど、私の誕生日って9月…070.gif

e0166398_15235464.jpg


思ったとおり、素敵なカフェでした。 お一人様でもOKっていうのが高ポイントですよね。 立地的に、わざわざここだけを目的に行くようなお店じゃありませんが、近くに用事がある時はぜひ立ち寄ってみて頂きたい可愛らしいお店でした。^^ (年齢層は非常に低めです、、)

e0166398_1524094.jpg


<オマケ>
e0166398_1524747.jpg
そのまま大通りを新村方面に歩くと西江大学に到着。 確か、SY(夫)の従兄弟が西江大学出身だったはず。 そういえば韓国語の語学堂もあったので、通った事がある方もいらっしゃるかも?

この時期オススメなのは、クリスマスイルミネーションです。 派手ではありませんが、校門を入ってすぐのところにキリスト生誕をイメージした納屋があり、夜になると点灯してキレイですよ♪


皆さま、寒さに負けないようにして、楽しい週末をお過ごしくださいね☆


人気ブログランキングへ ← こちらも最後にポチッとしていってくださると とっても嬉しいです♪

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-12-14 19:06 |     新村・梨大

ソウルで初サッカー観戦 @ワールドカップ競技場

e0166398_0315689.jpg


前回の記事でUPしたRichemontを出た後、すぐ近くのバス停からマウルバス8番(15番も可) に乗り、地下鉄6号線のワールドカップ競技場駅に向かいました。

e0166398_0321448.jpg


我が家では普段、食料品などは家の近所のマートで買いますが、たまに気が向くとワールドカップ競技場にあるhome plusという大型スーパーで食材をまとめ買いします。 今回は家の車で来ていなかったのでSY(夫)は行くのを嫌がりましたが、私は忙しくてちょっとストレスが溜まっていた時だったので 発散のためにお付き合いしてもらいました。

買い物をしてストレス発散する人は多いと思いますが、私の場合は 「ウィンドウショッピングしてストレス発散する派」。 そういう時は、広くて物がたくさんある場所が良いのです。 SY曰く、買うならまだしも 買わないのに歩き回ってストレス発散というのが理解不能らしいですが…



さて。 バスがワールドカップ競技場駅に到着する少し手前で、たくさんの親子連れが下車したので 「何かあるのかな?」 と思ったら、どうやら競技場でFCソウル対FC釜山の試合がある日だったようです。 本当に思いつきですが、「私達も行ってみる?」 ということで、急遽チケットを買うことにしました。

e0166398_0322159.jpg


チケットは思ったより安くて、VIP席が2万ウォン、一般席が14000ウォン、その下はもっと安い席もありました。 一生に一度観るか観ないかの事なので、どうせならVIP席で…と思ったのですが、SYが 「多分、誰もお客さんいなくて寂しいと思うよ」 というので、一般席を買うことにしました。

e0166398_0323562.jpg


ら、何とソウル市民は半額ということで、一人7000ウォン、日本円にして500円程度という安さでチケットを購入することが出来ました! 024.gif

(ちなみに韓国人は必ずIDカード(国民登録証)を携帯しなければならないので、市民であることが簡単に証明出来ます。 私のような外国人は、外国人登録証を携帯しています。 共に個人を認識するための番号が記入されており、韓国では通帳を作るにもネットショッピングをするにも あらゆる場面でこの番号が必要になってくるので、通常は暗記していることが多いです。)

e0166398_0324269.jpg


試合は2時からで、私達が到着したのがグッドタイミングで1時半。 SYは 「まだ時間あるからスーパーに行く?」 と言っていましたが、意外と混むんじゃないかと思い、早めに着席することに。 私達が座った一般席エリアは最終的にかなり混みあったので、早めに着席して正解でした。(自由席なので)

e0166398_0325451.jpg


吹きっさらしの場所で、物凄く寒かったですが…。 この時の気温は零下。 私は寒さに相当強いので耐えられましたが、普通の女性の皆さんには冬の観戦はオススメしません。。


試合開始直前、どやどやっとソルジャーの皆さんが座り始めました。 ピッチでウォーミングアップ中の選手の皆さんよりも、こちらの皆さんに目が釘付けになる私。 きっと皆さんもそうですよね!?

e0166398_033113.jpg


何せ初めてのサッカー観戦なので、周囲をキョロキョロ。 隣の女性は慣れているのか、キンパプや膝掛けも持参していました。

e0166398_03375.jpg


右側のエリアはファンクラブ…もとい、サポーター専用席のようです。 FCソウルは既に優勝が決まっていて消化試合だったためか、サポーター席も満席ではありませんでした。

e0166398_0331443.jpg


「常勝」 と漢字でデカデカと書かれた大きな赤い旗を振っているサポーターが居たので SYに 「あの漢字、分かる?」 と聞いたら 「分からない」 と言っていました。 それでも漢字で書くというのは、やはり漢字の方が重々しさが出るからなのでしょうか。


花火がバーンとあがって、試合開始です。

e0166398_0332191.jpg


応援グッズみたいなものはあまり無く、ちょっと寂しかったです。 長細い紙を蛇腹に折りたたんで作るハリセン(?)のみ。

e0166398_0333792.jpg


左側のガラーン…としたエリアは FC釜山のサポーター席。。 アウェイで試合って辛いですよね…

e0166398_0334443.jpg


e0166398_032485.jpg


お客さん達はどんなものを食べているのかしら、と観察したら、ポテトチップ程度でした。 前の席のソルジャー君たちは、home plusのフードコートで食事してきたと話してましたし。 ←聞き耳 立てすぎ!

e0166398_0335089.jpg


この赤い子がFCソウルのキャラクター。 ちょっと微妙だな…と思っていたら、

e0166398_0335783.jpg


あ、こっち向いた!

e0166398_03489.jpg


途中途中で現れる応援団の女の子が出てくるたび、ウォー!と盛り上がるソルジャー君たち。 そちらに気を取られて写真を撮っていたら、「試合観たら?」 とSYに言われました。041.gif

e0166398_0341569.jpg



試合を観ながら、かつて男子学生が 「韓国ではサッカー人気が凄いのに、日本と比べるとマーケティングが全然出来てなくて 観客動員数が悪すぎる」 とプレゼンで力説していたのを思い出しました。 確かに、私が居た一般席はそこそこ埋まっていましたが、反対側やサポーター席はガラガラだったし、少し寂しく感じたかな…


初めての韓国でのサッカー観戦は、なかなか楽しかったです。 でも寒さには勝てず、前半戦だけ観て終了~。 2人で寒い寒いと言いながらスーパーに避難したのでした。

駅から直結で便利ですし、何せお値段もお安く楽しめるので、皆さんも話の種に一度いかがでしょう?



人気ブログランキングへ ← 更新の励みになりますので、ポチッとクリックお願いします☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-12-10 00:00 |     ソウル観光

50年間地元の人に愛され続けるパン屋 Richemont @ホンデ

e0166398_2241215.jpg


今回は韓国のパン屋さん&カフェでは非常に珍しいお店をご紹介したいと思います。

Richemontというお店で、何と50年間も続いている老舗なのです。 この 「50年」 というのが、あまりに移り変わりが激しすぎる韓国においていかに奇跡的な年数かというのは、韓国にお住まいの方ならお分かり頂けると思います。 しかも、パン屋さんで! (追記: パンフレットには 「50年」 とありましたが、袋には 「since 1979」 とありました)

日本から御旅行でいらっしゃる方が時間を割いてわざわざ足を運ぶ必要は無いかな~と個人的には思いますが (というか、パンは絶対的に日本の方が美味しいですから、どうぞ日本で召し上がってください…)、在韓の方でお近くにお住まいなら、ぜひ1度行ってみて頂きたいお店です。 ちなみに梨大にも支店があるようです。

e0166398_22411469.jpg


最寄り駅は2号線の弘大入口駅。 大通り沿いとはいえ住宅街にあるため、観光客の方には全く知られていないお店だと思います。 まさに 「地元の人達のお店」 で、客層も常連さんっぽい中高年の方が多め。

SY(夫) は麻浦区育ちなので子供の頃からRichemontは知っていたようですが、実際に行ったのはずいぶん昔に1度だけだそう。 私もソウルに越してきてから何度も車で前を通った事があったのですが、実際に行ったのは今回が初めてでした。



所在地など詳しくはホームページをどうぞ~。 弘大入口駅からだと市内バスなど色んなバスが通っていますが、マウルバス(地域循環バス)なら8番か15番、경성중,고 사고리で下車。 …でも、初めての方がバスで行くのはかなりハードルが高いと思うので、駅の1番出口を出てタクシーが正解だと思います。 タクシーなら恐らく10分弱ですので。 (タクシーで行く場合、「마포구 성산동 114-5번지, 리치몬드(Richemont)」 でナビ検索してもらってくださいね)

e0166398_22412230.jpg


カフェ部分も割と広々していて、インテリアも落ち着いた中高年向きなのが好感度高し。 他のお客さんがいたので全体像は撮れませんでしたが、日本の別荘地の中にある古いカフェみたいな雰囲気です。

私がこのお店をいいな~と思ったポイントの1つが、お店の方々がプロっぽい雰囲気だった点。 韓国のパン屋チェーンのパ○・バゲットみたいな場所って、「適当にお金稼げたらいいや」 みたいなアジョッシがダラッとしていることが多いので、そういうのを見慣れている私としては非常に新鮮でした。

e0166398_22413135.jpg


店内で食べたい人は、まずベーカリーコーナーでパンを選んで会計をします。 その時一緒にドリンクも注文。 温めるべきものはちゃんと温めて、オシャレなお皿に乗せてくれます。 お食事メニューもちゃんと有るのかと思ったらそうではなく、基本的にはベーカリーコーナーで売られているパンをイートイン出来る程度のようです。

e0166398_22413831.jpg


上の写真のパンは堅いパンで、個人的にはとっても美味しくいただきました。 SYは 「堅い~!」 と憤慨していたけれど、ハードパンだからそういうもの。011.gif

下のアップルパイは生地は美味しかったけれど、中のアップルが全てペースト状になっていたのが惜しかった。 私としては、リンゴは固形で残っている方が好きです。

e0166398_22414689.jpg


カップ&ソーサーも 別荘地の喫茶店の雰囲気で良い感じ。 そういえば、外国人のお客さんもサッと自転車で乗り付けてパンを買っていました。

e0166398_2241545.jpg


写真が無くて恐縮ですが、ベーカリーとパティスリーコーナーもかなり広く、特にパンの種類は韓国ではちょっと珍しいぐらい色々ありました。 パッと見た感じは 美味しそうなものもあるし まぁまぁだろうなと思うものもあり。(ロールケーキはやっぱり韓国のロールケーキだった…) あ、そういえばドラヤキもありましたよ♪ 

このお店、さすがに50年間の歴史があるためか全体的に懐かしい雰囲気が漂っていて、私はとっても日本っぽさも感じました。 この感覚、韓国のカフェでは初めてかも。 日本の別荘地のカフェで感じられるような、「垢抜けているわけじゃないんだけど、何か居心地が良い感じ」。 品揃えは多いけれど1つ1つはちょっと古臭い感じもあり、でも懐かしくてつい寄りたくなる… そんなタイプのお店です。

朝8時から営業しているのも韓国では珍しく便利ですし、何せ我が家からも近いですから これからも週末には時々利用しようと思います。^^


100gで1200ウォン、という量り売りタイプのパンがあったのでGET。 2枚だけセットになっているのは 朝食用に少しだけパンが欲しい時など とても便利。 Noエッグ、Noバターのパンでした。

e0166398_224264.jpg


パンやお菓子のアカデミーも併設されているようです。

e0166398_22421325.jpg


パンフレットを見たところ、アカデミーの学校長さんは東京製菓学校ご出身だそう。 ケーキ洋菓子科や、チョコレート科など、結構細かく分かれているようです。

そういえば、日本では気軽にお料理教室やお菓子教室に通う女性って多いですが (最近は男性も)、韓国ではお教室に通う人ってあまり多く無いんですよね。 私の学生達に手を上げさせたことがあるのですが、クラスで 「料理教室に通ったことがある」 と答えた人が一人も居ないクラスもいました。 もちろん百貨店などで文化スクールもありますが、日本ほど大勢が利用しているわけでは無いようです。

e0166398_22422218.jpg



12月は本当に忙しいので、ブログの更新も少なくなる&内容も簡単になってしまうと思います。 まだUP出来ていない写真もたくさんあったのですが、「UPしなきゃ」 と思うとストレスになるので、諦めて かなりの数をエイッと捨ててしまいました。。057.gif 趣味でやってることでストレスを感じるのは 何か違いますものね。

細く長くでマイペースにやっていきますので、皆さんも気が向いた時にふらっと遊びにきてくださいね。


人気ブログランキングへ ← 更新の励みになるので、こちらもポチッとお願いしま~す☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2012-12-05 23:56 | カフェ 弘大


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル