<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第1回 ソウルカメラ女子会 @bloom and goute

e0166398_344137.jpg


マイナス10度という激寒の中、フォトジャーナリストのAki Shikamaさんをお迎えして、第1回目のソウルカメラ女子会を実施いたしました♪

場所はカロスギルのbloom and goute。 大通りから裏通りに移ってから ますますステキになったイチオシのカフェ&フローリストです。 →過去記事

e0166398_35831.jpg


店内がうねうねと曲がっているため、いい具合に個室っぽくなっている一角があるのですが、運良くそちらに案内してもらうことが出来ました。 他のお客さん達のご迷惑にならなくて済むし、窓から差し込む光の量も良い感じで本当にラッキーでした。

e0166398_351713.jpg


何度かご紹介しているようにbloom and gouteは、イギリス留学経験のあるフローリストの女性と フランス留学経験のあるパティシエの女性が2人で経営しており、ステキカフェの中でも群を抜いてセンスの良いお店です♪

e0166398_352966.jpg


ところで今回、カメラ女子会を開くことになったきっかけは何だと思いますか?

答え: ツイッター。

日経新聞の電子版で 「お気に入りをきれいに撮りたい、カメラ女子会盛況」 というタイトルの記事を見て 「東京ではこんな会があるようです。 ソウルでカメラ女子会だったらカフェとか?」 みたいなことを何気なく呟いたところ、フォトジャーナリストのAkiさんが 「やるなら関空から飛びます!」 とリプライを下さったので、本当に飛んできて頂くことになりました。 Akiさん、フットワーク軽いです!038.gif


少人数で和気藹々とした会にしましょうということで、私の周囲のカメラ女子の皆さんにだけ声をかけ、合計7名で集まりました。 結果的に、ベストな人数だったと思います。 (ギリギリで来られなくなってしまったLooさん、次回はぜひ♪)

e0166398_355113.jpg


せっかく集まって頂くのにダラダラになっては悪いので、簡単なタイムテーブルと皆さんのお名前やブログのURLを書いたプログラムを作っておきました。 普段はかなり面倒臭がりな私ですが、こういう時だけ妙にマメ子になるので、自分でも 「もっと他のことも頑張ろうよ!」 とツッコミを入れたくなります。

e0166398_355848.jpg


お土産にお渡ししたのは、東京から買ってきたアンリ・シャルパンティエの 「幸せサブレ」。 バレンタインが近いので良いかな~と思って♪ (ここだけの話、大荷物のスーツケースに入れてソウルに持ち帰るのは大変だった~ ><) →アンリ・シャルパンティエ銀座店に行った時の過去記事はこちら



まずは簡単な自己紹介をして、早速ブランチを注文。 bloom and gouteはケーキだけじゃなくブランチメニューも充実しているので、ランチタイムの集まりにもオススメです。

e0166398_3661.jpg


「普段は家の中でしかカメラを撮らないから、お店で写真を撮るのは緊張する」 という方々もいましたが、確かに慣れていないと店内での撮影って緊張しますよね。 お店の方や他のお客さんの迷惑になっても悪いし、自宅での撮影のように のんびりマイペースでセッティングするわけにもいかないし…

こうやって他のカメラ女子の皆さんと一緒に撮影すると、普段自分では気が付かなかったようなことにハッと気付かされたりもして、とても参考になることが多かったです。 カメラの構え方とか、一度に撮る枚数とかも人によって本当に様々でしたし。

e0166398_361238.jpg


私はハム&チーズのパニーニを注文しましたが、普通のパニーニより少し大きめサイズに感じました。

半分食べた時点でお腹いっぱい…と思って休んでいたら、同じくパニーニを注文した隣の2人はペロッと平らげていて 「まだデザートの入る余裕はバッチリある!」 と言っていたので大笑い。003.gif それなのにスリムなんて、世の中の女性たちに恨まれちゃいますよ!

e0166398_361960.jpg


注文した食べ物が到着すると、暗黙の了解のように黙々と移動して写真を撮り始めるメンバー達…
伊達に 「カメラ女子会」 を名乗って無いね! と笑ってしまいました。037.gif

e0166398_362597.jpg


ゆりんさんが注文したエッグベネディクト、とってもフォトジェニック&美味しそう。

e0166398_363418.jpg


なゆさんのグラタンも、マイナス10度の寒い日にぴったりです♪

彼女、私が 「オシャレな服やネックレス、ネイルアートをしている人と一緒に食事する時は積極的に被写体の一部になってもらってる」 と言ったら、「まだ私、一度もyossyさんのブログの被写体に採用されたこと無い…」 とポツンと言い出して皆で大ウケでした。 面白~い!003.gif 今回は冒頭から大活躍です☆

e0166398_364079.jpg


カメラが好きな皆さんなので、途中途中で互いのカメラを持ち合いっこしてみたり、「それ、いくらでしたか?」 とちゃっかりお値段を聞いてみちゃったり。 (あ、それは私か…)

e0166398_364580.jpg


皆さんに写真を撮るときのポイントを言ってもらったら、「あまり考えずに 『美味しそう』 だと思ったらシャッターを切っている」 という声が多かったのですが、それって単純なようでいて凄く大切なことだなと思いました。 食べ物にしても風景にしても、撮り手が 「これ、いいな」 と強く思って撮ったものは、やはり凄くパワーがある気がしますから☆


e0231876_0251970.png



写真のように各自の感性に訴えかけるアートの分野は 「どれが正解」 ということが無いものですが、それでもせっかく撮るならば 自分も気に入り他人からも素敵だと思ってもらえるように撮りたいな…と思うもの。

Akiさんもおっしゃってましたが、写真を撮る時は 「ピントだけはキチンと合わせる」 ように気をつけています。 光量が足りなかったり水平線が曲がってしまっていても、Photoshopなどの画像処理ソフトを使えば後から多少の修正は可能ですが、ピントだけはどうにもなりませんものね…

あと、私はカフェなどで食べ物の写真を撮ることも多いですが、その時は食べ物だけじゃなく その背景に写りこむものも全て気にして撮るようにしています。


例えば下の写真。

e0166398_365142.jpg


クイズ: 何か余分なものが写っている気がしませんか?? 023.gif

私としては、上の写真の背景に写ってしまっているお手拭きティッシュと その背後のイスに斜めに掛かってしまっているコートが気になります、、


というわけで、上の写真をトリミング (部分的に切り取り) したのが下の写真です。 ピントさえ合っていれば、このように後からトリミングして背景をごまかしたりすることも可能なので便利です。

e0166398_365951.jpg


「うーん、でもやっぱり私は食べ物のドアップより、背景も入れ込みたい」 という時は、さささっとウェットティッシュを視界に入らない位置に移動~。 ついでに、斜めに掛かったコートも極力写らないように角度を下げてみたのが下の写真です。

e0166398_37731.jpg


今回は可愛いコートなので多少写りこんでも問題無いですが、もしこれがド派手な紙袋とかだったら やっぱり気になりますよね。 そんな時は下の写真のようにトリミングして食べ物だけをクローズアップしてしまいます。

e0166398_37148.jpg


または、写真を撮る時点で最初から背景が写りこまないよう身体の角度を変えて撮る、とか。

e0166398_372153.jpg


同じものを写すのでも、ちょっとしたことで随分雰囲気が変わってきますね。 カメラはそれが面白いのかも。



今これを書きながら改めて思いましたが、やっぱり私は写真を撮る時、メインとなるもの以上に 「背景にくるもの」 を気にして撮っている気がします。

下の3枚の写真は以前ブログにUPしたものですが (bloom and gouteではなく別のカフェの写真です)、シャンデリアを撮りたいと思ってカメラを構える場合でも、背景の角度でイメージが結構違いますね。

e0166398_22505724.jpg


e0166398_2251793.jpg


e0166398_22511724.jpg



e0231876_0251970.png



「写真を撮る時」 というよりは 「ブログをUPする時」 の事になってしまうのですが…

私が写真を撮る時は99%はブログ用なので、「読んでくれている人が 一緒にその場にいるような感覚になれる雰囲気を出したいな」 というのも気にして撮っています。 私の自己満足でUPしているブログをせっかく読みに来てくださるのだから、少しは楽しい気持ちになって頂けたらいいな…と。

今回はゆりんさんが犠牲になりましたが ↓ 目の前の人がフォークを食べ物に入れているカットも、「カフェに入る→注文する→店内を見回す→食べ物が到着→おしゃべりしながら食べる」 という一連の流れを連想させやすいと思うので、出来るだけ入れるようにしています。

e0166398_37286.jpg


お食事の後はデザートタイム。 カメラ女子会を意識してかは分かりませんが、皆見事にバラバラのものを注文しました。 ぱちぱちぱち~ カメラ女子の鑑です! 038.gif (ケーキのお味はやや当たり外れあります。ティラミスはオススメ♪)

e0166398_373525.jpg


Akiさん曰く、ブログ用には横長の写真の方が良いそうですが (パソコンの画面がそうなっていますものね)、縦長写真の方が雰囲気が出るので 「積極的に縦長写真も撮ってみてください」 とのことです。 縦写真は奥行きも出ますし、私も横より縦の方が好き☆

e0166398_374271.jpg


またまた大活躍のゆりんさんです。 (皆にカメラを向けられ一瞬固まる、の巻)

e0166398_374892.jpg



e0231876_0251970.png



上で 「縦長」「横長」の写真の話が出てきましたが、最近はパソコンじゃなくスマホでブログを読む人も半数ぐらい居るはずなので、そういう意味でも縦長写真で撮っておく方がいいですよね。 皆さんはブログをPCとスマホ、どちらで読むことが多いですか? 023.gif

私は地下鉄の中でスマホで読ませて頂く事が大半なので大きな声では言えないのですが、自分のブログはスマホよりもパソコンで見て頂けたら嬉しいなぁ…なんて思って作っているんです。。 ^^;


というのも、パソコンで見ると私のブログはこんな感じに見えると思うのですが ↓

e0166398_19101852.jpg


上半分のタイトル部分の写真と 右側にあるピンクの薔薇の2点の写真に写っている 「ピンク・ブラウン・グレー」 が私のブログのテーマカラーなんです。 (どうでも情報)

最新記事の一番上にくる写真は 上に書いた2点の写真と合わせると 「トライアングル」 で表紙になりますから、色調も極力 「ピンク・ブラウン・グレー」 に近いもの、または大きく雰囲気を崩さないものを持ってくるようにしています。

と、こんな風に自分の中では全体の見え方にこだわりを持って作っているので、スマホよりはPCで見て下さると嬉しいわけなのですが、ぶっちゃけ 他人から見たら全くもって 「どうでもいいじゃん!」 な事ですよね、、よく分かります。057.gif


e0231876_0251970.png



さ、長くなって疲れてきましたので、そろそろ 「カメラ女子会」 にご参加の皆さんの 「渾身の1枚」 を発表していきたいと思います056.gif

私が 「渾身の1枚を出来るだけ早く送ってくださいね」 を5回も繰り返したせいか、皆さんその日のうちにピューンと送ってくださいました。 コマウォヨ。 1枚に絞れなかった方は2枚出してもらいました。



まずは まみをさん の作品から。

旦那様と一緒に選んだ1枚だそうですが、うちの夫に見せたら 「この写真が一番美味しそうに撮れている」 なんて言ってましたよ♪ うちのSYは食べるの大好き人間。 まみをさんも食べるのが大好きだそうなので、きっと何かがピピピ!と来たのでしょう。 食べ物への愛情が感じられる、ふわりと優しい雰囲気の一枚です♪

e0166398_3214100.jpg



それから2枚写真を送ってくれたなゆさん。 ぐっとアップにしたグラタン。 見ているだけでお腹が空いてきちゃいますよね☆

e0166398_382137.jpg


そして、Akiさんが 「店内の雰囲気では、なゆさんですね」 とコメントを下さった写真がこちら。 いつの間にこんなアングルから写真を撮っていたの~!?とビックリ。 さすがですね♪

e0166398_382640.jpg



そして、同じく2枚写真を送ってくれた しおりさん。 下のライトの写真はSYがいたく気に入っていましたよ♪ Akiさんも 「しおりさんのライトもステキです」 とコメント下さいました。 皆で同じお店に居ても、人によって色んな部分に着目するものだなと感心しました。

e0166398_383112.jpg


しおりさんが召し上がっていた下のプレートも美味しそうでしたね♪ これを機に、ぜひぜひブログも開設してくださいね~ 016.gif

e0166398_383644.jpg



お次はヨメコさんの作品。 普段はご自宅の中でしかお撮りにならないそうですが、凄く本格的なカメラを構える姿がサマになっていて恰好良かったです☆

そして、パンパカパーン! おめでとうございます☆ 024.gif

ヨメコさんがお撮りになった下のお写真が 「★★★Akiさん賞★★★」 を受賞いたしました☆

Akiさんのコメント:
「色がいいです。明るいのと暗いのとバランスがいい。料理本にも出てきそうです。パンが美味しそうなのも、すごく伝わってくる。」

e0166398_384621.jpg


で、「★★★yossy賞★★★」 は、同じくヨメコさんがお撮りになった下の美しいお花の写真に決定♪ 024.gif

ヨメコさんに 「ブログを見てて思ってたんですけど、yossyさんってお花がお好きなんですね。 よく写してらっしゃいますよね」 と言われて驚いたのですが、そうかも! ヨメコさんの美しくゴージャスなお花の写真に、完全にノックアウトでした☆

e0166398_39068.jpg



そしてお次はゆりんさんの写真2枚。

どちらもゆりんさんらしい個性が光っていて大好きです。 上手い言葉で表現出来ないんですが、ゆりんさんのお写真って凄く情緒的というか叙情的というか、その1枚を見ただけで色んなストーリーが想像できてしまうような奥深さがあるんですよね。

e0166398_39860.jpg


Akiさんが 「特別賞、があれば、ゆりんさんの2枚目」 とおっしゃっていたのが こちらの写真。 うちのSYも 「これが一番好きだ」 と言ってました~。 奇跡的なタイミングで写りこんでいる店員さんのシャツがとっても素敵です。

e0166398_391678.jpg



そして最後にAkiさんのお写真を。

まずはこちらから。 オシャレな造りのお店の雰囲気がハッキリと伝わってくる1枚です。 私のような素人は目の前に美味しそうな食べ物があるとついついそればかり撮りたくなってしまいますが、店全体の雰囲気をキチンと伝えるという点に配慮していらっしゃるのは さすがプロのお仕事だと思いました。

e0166398_19504097.jpg


そしてもう1枚。 カメラを被写体として写し込むことで 「カメラ女子会」 の雰囲気が読み手にハッキリ伝わる写真です。 そういえば今回はNikonのJ1保持者が私を入れて3名もいましたよね♪ 私はごくたまにしか使わないのですが、J1もとても良いカメラだと改めて思いました。 ソウルまでカフェ本もお持ち頂きありがとうございます~040.gif

e0166398_19505792.jpg



皆さんも当日の様子をブログにUPしてくださっています。

Akiさん 「地球を「旅」する」 韓国・ソウル カロスギルのカフェで「カメラ女子会」
ヨメコさん 「Enchante!! C'est Seoul」 ソウルカメラ女子会へ、参加してきました
なゆさん 「ミレロ日記」 ソウルカメラ女子会
ゆりんさん 「ゆりんの韓国と私♪」 カロスキルbloom & gouteでカメラ女子会に参加してきました
まみをさん 「お・い・し・いソウル」 第1回 ソウルカメラ女子会


e0231876_0251970.png



今回は初めての企画ではありましたが、皆さんのご協力のお陰で想像以上に素晴らしい時間になりました☆

わざわざ日本から飛んできてくださったAkiさん、お忙しい時間を割いて集まってくださった皆さん、楽しい時間をありがとうございました。 016.gif また必ず集まりましょうね。^^ 

今までは大勢でワイワイ集まるような企画には興味が無かったのですが、こうやって在韓者同士の友達の和も広がりましたし皆さんにも喜んで頂けて嬉しかったので、これからもチャンスがあれば似たような会を企画してみようかな?



あと、私もこれを機にもう少しカメラを勉強してみてもいいかもと思いました。 ちゃんとしたお教室に通う予定は特にないけれど、もう少し技術的なポイントを抑えたいなとは常々思っており…

ド素人の私ですが、カメラ歴だけは長く、物心付いた頃からカメラが大好きでした。 小学生の時にお年玉を溜めて買った 「生まれて初めての高い買い物」 は一眼レフカメラでしたし、うちは父親がカメラやビデオを撮らない人だったので、子供の頃から私がyossy家の家族の記録を残す係だったんです。

…と思わず告白してしまいましたが、こうやって小さい頃から常に持ち歩いていたカメラを通じてこうやって楽しい事や人との繋がりが広がり、とても有り難いことだと思っています。 カメラちゃん、ありがとう。016.gif


ソウル旅行に来るついでにちょこっとカメラ女子会に顔を出してもいいよというプロカメラマンの方がいらっしゃれば、ご連絡をお待ちしていま~す。 焼肉・韓定食で手を打って頂ければ… 024.gif ← オイ、、



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-27 00:00 |     カメラ

AVEDA併設のカフェ the rifinery @ホンデ

e0166398_23554427.jpg


本日2本目のブログUPです。

週末、ホンデを適当に歩いていて見つけたお店をご紹介しますね。 the refinery というお店で、あのAVEDAのヘッドスパやメークアップサロン、ヘアサロン、そしてカフェが入っているビルです。

e0166398_23555257.jpg


cafe Aa からも徒歩3分ほど。 この建物のすぐ脇は、カロスギルにあるカフェ w.e. の支店も出来てました。 全然気付かなかった~。

以前住んでいた家はバスで上水(サンス)駅まですぐだったので 週末はこの辺のストリートを歩くことが多かったのですが、引越してからは弘大入口駅が最寄になってしまったため、あまり来なくなってしまったんです。 さすが移り変わりの激しい韓国、3ヶ月も来ないと新しいお店がバンバン建っていて、浦島太郎のような気持ちになりますね…

e0166398_23555830.jpg


上の正面玄関から建物の右脇に回ったところに別の入り口があるので、そこから入ります。


やたら大きくて重い扉を開けると、すぐ目の前にカウンターが。 ここは2階ですが、3階にあるヘアサロンの受付になっているようで、お店に入った途端に 「ヘアサロンのご予約ですか?」 ときかれました。 カフェにお茶だけしに来る人は稀なのでしょうか。 まぁ、そうでしょうね… ^^; 夜はバーにもなるみたいです。

少々入りにくい雰囲気ではありますが、お店のお兄さんは親切だったし、気に入りました♪

e0166398_2356555.jpg


こちらが3階のヘアサロンへ続く階段。 オシャレチックな若者が行き来してました。 韓国で大満足なヘアサロンを探すのはとても難しいのですが、試しに一度行ってみようかな…

ちなみに男性のカットは3万ウォンだそうです。 思ったよりはお安めですよね。 この日はちょうどSY(夫)が髪を切りたいと言っていたので 「ここで切ってみてよ」 と言ったら拒否されました、、 Why?

e0166398_23561168.jpg


お店の雰囲気に合った素敵な絵がかかっているなと思ったら、アーティストさんの展示会だったようです。 最近はこうやってカフェの店内で作品展をやっていることが多いですが、とても良いアイディアですよね♪

e0166398_23561726.jpg


この絵も同じアーティストさんのもの。

e0166398_23562268.jpg


カフェカウンターを見ていたら、3階のヘアサロンに来ているお客さん用に飲み物を作ってました。

美容室で飲み物が出てくるって日本では当たり前ですが、韓国では出てこないお店も多いんです。(ハッキリ言うと、お値段による?) そんな中、こうやってちゃんと本格的なマシーンで作った飲み物を出してくれるって良いな~と思いました。 文字通り、「サロン」 ですよね♪ 063.gif

e0166398_23562779.jpg


この日は少し生理痛があったので 「お店に着いたら薬を飲もう」 と思っていたのですが、「AVEDA Tea」 なるブレンドティーを頼んで飲んだらすっかりよくなってビックリ。

早い話がカモミールティーのようなハーブティーだったのですが、ハーブティーって物凄い効能があるんだな…と改めて感心しました。 ここ数年、家でもよくハーブティーを飲んだりアロマオイルを使っているのですが、一度ちゃんと勉強してみたいな、なんて。

e0166398_23563530.jpg


<オマケ>
下のプレートはお店のアドレスですが、上下に2つ書かれているのがお分かりでしょうか?

e0166398_23564173.jpg


上は 「ソウル市 麻浦区 上水洞」 とあり、下は 「ソウル市 麻浦区 仁王山路」 とあります。

ソウル市では 「~洞」 という表記から 「~路」 という表記に移行中で、うちの郵便物も両方の表記で来てます。 (~路、の方はまだ記憶してませんケド。 ^^;)


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-22 00:00 | カフェ 弘大

ロッテシネマで映画 「レ・ミゼラブル」 観てきました☆

e0166398_1905261.jpg


世界中で大ヒット中の映画 「レ・ミゼラブル」 を観てきました。

東京に帰省中に母と観に行こうと思っていたのですが 「どうせならレディースデーに・・・」 と言ってるうちに行けず仕舞いになってしまって。。 日本は映画が高すぎます!042.gif (ロッテシネマは大人9000ウォン、日本の半額以下です)



一緒に観に行ったSY(夫)は 「もう大半の人は観た後だろうから 予約しなくても余裕で入れる」 なんて悠長なことを言ってましたが、お昼過ぎに映画館に行ったらかなり席が埋まっていたので、夜の上映分を予約しました。

ちなみにソルラル(旧正月)の日は大人ペアチケットが1万ウォン、1人あたり5000ウォンになるそう。 安い! さすがにソルラルに映画館に行く人は少ないようです。

e0166398_1904343.jpg


私はレミゼの舞台版LOVEなので、映画版については少し複雑な気持ちで観たのですが、なかなか良かったです。 隣のSYは最後泣いてました。ぷぷ。037.gif 「DVDが出たら買おう」 ですって。

彼も1度ロンドンで舞台を観ていますが、あまり印象に残って無かったみたいです。 ガクッ。


私の隣の席に座っていたアジュンマ(おばさん)達も、「おおっ!」 とか 「アイゴッ!」 とか叫びながら感情移入して観ていらっしゃいました。 アジュンマが隣に座った時点で、集中して観るのは諦めなければいけません。 (途中でジュースを凄い音ですすったりするしね… なははは。 ^^;)



e0231876_0251970.png




で、感想ですが、やっぱりレミゼは音楽が素晴らしいです♪♪♪

珠玉のナンバー揃いですが、私がよく口ずさんでしまうのは 「Do You Hear the People Sing? (民衆の歌)」 です。






映像的にも、オープニングのように映画でしか表現出来ない壮大なシーンもあったのは良かったし、全体的にはとても満足しました。 あえて言うなら、レミゼの中でも重要なナンバーを一人で歌うシーンは 逆に映画版だと画面が揺れて集中出来なくなる気がしたのが少し残念だったぐらいかな。

ファンティーヌの 「I Dreamed a Dream」 や エポニーヌの 「On My Own」、ジャン・バルジャンの 「What Have I Done?」「Who Am I?」「Bring Him Home」、ジャベールの 「Stars」 などは、映画版よりも舞台のぐっとライトを落としてスポットライトを当てた状態で集中して聴いた方が胸に響きますね。

早い話、私は映画人間ではなく 舞台の方が肌に合うというだけの話なのでしょうが…



そういえば、映画版には舞台版には無いナンバーも1曲入っていてビックリしました。 個人的には別に無くても良かった気もしましたが、舞台版ファンの皆さんはどう思われましたか?






そして配役です。

ヒュー・ジャックマンの歌は素晴らしかったです。 高音までキチンと出てましたし。 016.gif が、が、私の中では舞台版の役者さん達の作り上げたイメージ (外見とか雰囲気とか) の印象が強くて ちょっぴり違和感があった気がします。

ついでに言うと、ラッセル・クロウのジャベール警部も 「ん??」 という感じでした。 良いんだけど、良いんだけど、何かが足りない…

この違和感は何だろうと考えていて 途中でふと気付いたのですが、いっそ両者が逆の配役の方がしっくりきたのではないかと思いました。 あくまで外見のイメージだけの話です。 (でもラッセル・クロウがバルジャンでは歌唱力が足りない)



なにせヒュー・ジャックマンはバルジャンには少し線が細すぎるし、イメージが若い。 上手く表現出来ないけど、「父」というより「男」に見えるんです。 胸をはだけた白シャツを着てるシーンとか、妙なフェロモンが。。

ジャベールは私の中ではもっとダークで黒いイメージ。 ジャベールが現れただけで周囲が 「ひぃっ!」 と凍る雰囲気が欲しかったです。 ラッセル・クロウはステキな俳優さんなので好きですが、もう少し冷たい雰囲気の役者さんだと良かったかな…



余談ですが、同僚の先生がヒュー・ジャックマンのことを 「ジャック・ヒューマン」 と言ったのが妙に頭から離れません。 ←どうでも情報







アン・ハサウェイのファンティーヌは、映画の話題づくりのためのキャスティングなのかな…なんて思っていたのですが、とんでもない! 思った以上に良くて、「芸達者な役者さんだな」 と感心しました。 アマンダ・サイフリッドのコゼットも可憐さ・お嬢さんっぽさが出ていて良かった♪

学生革命グループのアンジョルラス君は黒髪だったらよかったのにーと思いました。 完全に個人的な趣味です。 プラス、もっとリーダーっぽさが欲しかった。 でも、銃で撃たれて建物からぶら下がるシーンは 舞台の旧演出版を再現していて良かったです!




それから、個人的に気に入ったのは、道化役のディナルディエ夫妻。 大げさ過ぎない演技で滑稽さが良く出ていて最高でした! なんかハリー・ポッターに出てきそうな2人だな~と思ったら、ディナルディエ夫人役の役者さんは本当にハリポタで悪役やってる人だったんですね、ビックリ。 038.gif

ディナルディエ役の男優さんの方は、なんと 「アリG」 の役者さんだと知って更に驚きました。 アリG、日本じゃ知名度低いですが、イギリスでは大ヒットしたギャグ映画です。 SYは気付いたかな? 彼が帰宅したら教えてあげなきゃ… (追記: SYに教えたら、「まさか! あのアリGが!」 と驚愕していました。)

それから、ファンティーヌと一緒に工場で働く女工さん達の1人が 物凄~~く意地悪な感じが良く出ていてとても気に入りました。 ああいうおばさん、いるいる!みたいな。 最高~(笑) 003.gif




色々と感想はありますが、これ以上書くとレミゼファン以外の方はウィンドウを閉じてしまうと思うので ^^; この辺にしておきます。



e0231876_0251970.png




最後に1つだけ。 名曲 「On My Own (オン・マイ・オウン)」 は日本では島田歌穂さんが歌って有名になりましたが、私の中でオン・マイ・オウンというと レア・サロンガ(Lea Salonga)様です。





映像だけを観て泣いたのは、これが初めてです。


ちなみにレア様は 「ミス・サイゴン」 のキム役で脚光を浴び、ディズニーのムーランやアラジンのジャスミン役もしていらっしゃいます。 レア様はフィリピン出身の方なのですが、彼女の出身というだけで私は 「1度ぐらいはフィリピンに行ってみてもいいな」 と思ったほどです。

(話は脱線しますが、韓国ではフィリピン好きな人が多いように感じます。 日本ではフィリピンというと少し危ないイメージもあったりしますが、韓国ではかなり捉え方が違うようで。 フィリピンに英語留学に行く若者も多いですし (実は私の義妹も行きました)、学生達も旅行でフィリピンに行ったりしています。)



そういえば今回の映画版でもエポニーヌ役は 「フランス人」 っぽい白人の役者さんではなく、ちょっとオリエンタルな雰囲気の役者さんになってましたよね。 舞台版もそうですが これってレア様の影響が強いのでは…? と思うのですが、詳しい方がいたら教えてください。

私が去年ロンドンでレミゼの舞台を観た時も エポニーヌだけ完全な黒人の役者さんでビックリしました。




韓国では現在、舞台版の 「レ・ミゼラブル」 が全国公演中です。 私はヨンイン公演を既に観てきましたが、4月にはソウル公演がオープンしますので、興味がある方はぜひ。 映画の大ヒットを受けてからソウルで公演するなんて、なかなかグッドタイミングですよね~


余裕があれば、今日はもう1つ記事をUPします。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-21 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル

美しい陶磁器の世界 @国立中央博物館

e0166398_21162732.jpg


10月に両親が新居を見にソウルへ来てくれた時、地下鉄4号線の二村駅にある国立中央博物館(국립중앙박물관) に連れて行きました。 約30万点の遺物を所蔵し、その内約1万5000点が展示されている、世界でも6番目に大きな博物館です。 入館料が無料というのも嬉しいポイント。016.gif

よろしければ過去記事もご覧下さい♪

e0166398_21163281.jpg


あまりに広く、じっくり見て周ったらとても1日では終わらないので (しかも凄く疲れる)、私はいつも 「今日は○階だけ見る」 といった感じでエリアを限定して見ることにしています。 中でも一番好きなのが、陶磁器が時代ごとに展示されているエリアです。

e0166398_21163637.jpg


下の写真をご覧ください。 普通に酒場で出てきそうなとっくりですが、これは国宝だったか宝物だったかの指定がされている価値のある一品です。 ^^; さりげなく展示してある陶磁器を1つ1つよく見てみると、プレートのところに 「国宝○号」とか「宝物」なんて単語が書かれていてビックリします。

e0166398_21164170.jpg


最初は何となくさらっと館内を見て周っていた母も、途中からメガネを取り出して真剣に見入っていました。

e0166398_21164696.jpg


ところで、恐らく 「韓国」 という国は、歴史的な問題云々は別にして純粋に 「旅行先」 という要素で見た場合でも、「大好き」 という人と 「全く興味が無い」 という人とに大きく分かれるのではないでしょうか。

韓国旅行というと 「食・美容・買い物」 がメインのイメージですが、そういうのが好きな方にとって韓国は 近くて安くて魅力的な場所でしょう。 でも、こういったものに興味が無い人にとっては、行っても一体何をしたらいいんだろう…という感じの場所だと思うのです。


正直、私の家族や仲の良い友達の多くも後者で、私自身も結婚して韓国に来るまでは あまりこの国に興味を持てないでいたのですが、いざ生活するとなったら話は別。 ポジティブに興味が持てる事を見つけて、自分の人生を明るく楽しくしていくしかありません。

そこで、少しずつ興味が持てそうな場所を開拓していった結果、私の中で 「ソウルのベスト5」 に入ったのが この国立中央博物館だったのです。

e0166398_21165192.jpg


ブログには日常起こった事や行った場所の全てを書くわけではないので、中央博物館をブログで御紹介したのもまだ2度目か3度目くらいだと思いますが、実は結構ちょこちょこ通ったりしています。 家族や友達と行く事もありますが、大抵は一人でフラッと行ってしまいます。

私にとってここは展示物を観賞して楽しむ以上に、静かな空間で一人落ち着きリラックス (デトックス) するための空間である気がします。 在韓の方はもちろん、一人旅をなさっている方も、都会の喧騒から離れて心を落ち着けたい時にぜひ行ってみてください♪

e0166398_21165583.jpg


素晴らしい黄金の高杯にも惹かれます。
(フラッシュを使わなければ、館内の大抵のところで写真撮影が可能です)

e0166398_2117078.jpg


母には 「半跏思惟像」 をぜひ見せてあげたかったのですが、運悪く展示スペースが工事中で見られませんでした。 ここにある半跏思惟像は、京都の広隆寺にある木造の弥勒菩薩半跏像ととても似ています。 世界の半跏思惟像の写真も一緒に展示されていますので、国や地域ごとに少しずつ異なる仏像を比べてみるのも楽しいですよ。

e0166398_2117444.jpg


拙著 『su・te・ki ソウル雑貨』 でもご紹介したのですが、ソウル土産に悩んだらミュージアムショップを見てみるのもオススメです。 その美術館ごとのオリジナルグッズはもちろん、なかなかセンスの良い雑貨が置いてあったりします。

e0166398_2117955.jpg


これはもしかしたら国立中央博物館じゃなくソウル市立美術館で買ったものだったかもしれませんが、お金を入れて人にお渡しする時の袋です。 半透明の封筒の中に、韓国っぽい色彩の二つ折りになった光沢のある紙が入っており、その中にお金を入れるようになっています。 素材も高級感があり、個人的には物凄く好きなデザインです。

e0166398_21171419.jpg


これは以前SY(夫)がお土産に買ってきてくれたキーホルダーです。 外国からのお客さんを連れて国立中央博物館に行った際、お客さんと私にお揃いで買ってくれたそうです。^^; 鯉は 「成功運、金運、商売繁盛の守り神」 と言われ、演技の良いモチーフですよね☆

e0166398_21171845.jpg


こちらは国立中央博物館オリジナルの鉛筆。 今時、鉛筆を使って勉強している学生はいるのだろうか…と思わなくも無いですが、こんな鉛筆でお勉強したら成績も上がりそう…!?  (シャープペンバージョンもあればいいのに~)

e0166398_2117232.jpg


その他、絵画を転写したクリアファイルも美しくてオススメです。 ちなみに今回母は日本でお留守番の妹達に、伝統的なデザインの手鏡を買っていました。



旅のスタイルは人それぞれ。 ショッピングやエステ三昧の旅もそれはそれで良いと思いますが、たまには趣向を変えて静かな空間の中で寛いでみてはいかがでしょうか? うちの母も 「韓国にもこんな緑がキレイで素敵な場所もあったのね」 と凄く喜んでいました。 皆さんもぜひ一度、国立中央博物館に行ってみてくださいね♪ 016.gif

ちなみに、平日に行くと本当にガラガラで、空間を独り占めしたような気分になれます。 歩き疲れたら、館内3階にあるカフェで伝統茶をどうぞ。 063.gif


e0231876_0251970.png



伝統茶といえば、両親を仁寺洞の耕仁美術館伝統茶院にも連れていきました。 偶然ながら今回は緑豊かな場所にばかり連れて行った感じでしたが、両親もとても喜んでくれてよかったです。

e0166398_21173367.jpg


仁寺洞には色んな伝統茶院があってどこもそれぞれ魅力的ですが、個人的には 「初めて韓国に来た人」 や 「1軒しか茶院に行けない人」 を案内する場合は、この耕仁美術館伝統茶院に連れて行くことにしています。

どのガイドブックにも載っている王道な茶院ですが、やはり失敗は無い気がします。 ただ、あまりに混んでいる時間帯だと優雅なティータイムでも何でも無くなってしまうので、、行くなら昼食直後ぐらいまでがいいかな?

日本から家族や友達が遊びに来てくれると、普段在韓者同士では行かないような場所にも行けるので楽しい&新鮮です。^^


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-12 00:00 |     ミュージアム

インテリアの祭典☆ ホーム・テーブルデコフェア2012 @COEX

e0166398_1222204.jpg


本日3本目の記事UPです☆ 038.gif

12月のことですが、ホーム・テーブルデコフェア2012に行ってきたので、その時の事をご紹介したいと思います。 本当はフェア開催期間中に記事をUP出来れば良かったのですが、例のごとく年を越してしまいました…

主催者は変わったはずですが、2年前にも同じようなテーブルデコフェアがCOEXでありましたので、気になる方は過去記事もどうぞ。

e0166398_21313748.jpg


会場は同じでしたので、きっと似たような雰囲気なんだろうと思っていたのですが、2年前と比べると格段にフェアらしいフェアになっていたというか、ぐっと良くなっていた気がします。 2年前は 「あれ? これだけ?」 という感じだったのですが、今回はメーカーの販売ブースもかなり多く出ていて見ごたえがありました。


「テーブルデコフェア」 というだけあって テーブルコーディネートのブースもありましたが、こちらは思ったより数が少なかったかな? 個人的にはもう少し見たかった気がします。

e0166398_21314688.jpg


でも、韓国の白磁や青磁を用いた素敵なコーディネートもいくつかあって、目の保養になりました♪ 以前は青磁に惹かれたものでしたが、ここ数年はシンプルで美しい白磁にもっぱら惹かれています。

e0166398_21315334.jpg


実際に食べ物が乗っているプレートも多く、コーディネート以上に食べ物に目が釘付けに… 011.gif

e0166398_2132085.jpg


結婚式の時によく出てくるシンプルなグクス(麺)。 ホンデの駐車場通り沿いにもチャムチグクスのお店があって、時々夫と食べに行きます。 辛くないものが食べたい時、ふと恋しくなる麺です。

e0166398_2132731.jpg


e0166398_21321412.jpg


今回はやたらとアロマディフューザーを売るブースが目立ちました。 一緒に行った友達も、「ソウルでもこんなにこういう物を売っている場所があるんだね~嬉しい驚き!」 と言っていましたが、実は私もビックリ。

ソウルは雑貨店だとまだまだこういう類のものは少ないのですが、一部のデパートとかネットショップなどを頑張って探せば結構あるのかもしれません。 お値段設定は高いので、出来るなら日本で買ってきた方が良いですが、「いざとなればソウルでも買えるんだ」 と分かっただけでも、在韓者の私達にしてみたら凄く嬉しいものなのです!

e0166398_21322188.jpg


北欧テイストのお店。 12月頭だったので、クリスマスツリーが目立ちました。

e0166398_21322828.jpg


10代の頃はアロマ雑貨には全く興味がありませんでしたが、30代半ばにもなると癒しが必要になってくるので ^^; アロマキャンドルやアロマ石鹸などを見ると それだけでリラックスした気持ちになってしまいます♪

e0166398_21323579.jpg


本物のキャンドルの明かりも大好きですが、常に部屋の中で灯しておくのは少し心配なので、日本でLEDのキャンドルを購入して帰ろうか検討中の私です。 (下の写真は普通のキャンドルです)

e0166398_21324254.jpg


こちらが購入検討中のLEDキャンドル ↓

キャンドルインプレッションズ (Candle IMPRESSIONS) LED フレイムレス キャンドル グレー ラベンダー&カモマイル CA23503-PU

キャンドルインプレッションズ



LUMINARA LEDキャンドル アイボリー/香料:オーシャンブリーズ 5インチ【LM101-IV】 LM101(IV)

グリーンエージェン





ミニポットに入ったミニツリー。 このお店で友達は小さなポインセチアの鉢植えを買っていました。

e0166398_21324973.jpg


e0166398_21325645.jpg


何とも乙女なランプ。 これの男の子バージョンもありました。

e0166398_2133344.jpg


私がとっても惹かれたのがこちらのオーストリア発のキャンドルランプ。 一見普通のキャンドルが入っているように見えますが、蝋に見える部分はフェイク。 中にアルコールのガスか何かを入れて灯すようになっています。 大体5万ウォン台だったかな?

凄くステキだったので1つ欲しかったのですが、冷静に考えると 「はて、ガスが無くなったらどこで買ったらいいのだろう…」 と思い、購入はしませんでした。 自分で買うにはちょっと高いけれど、誰かにプレゼントしたり プレゼントで貰ったりするには素敵な商品だと思います♪ 016.gif

e0166398_21331095.jpg


家具屋さんカフェ、HOMEOに置いてあるような 「ザ・イギリス~」 なものを扱うブースもありました。

e0166398_21331867.jpg


2012年はロンドンオリンピック、エリザベス女王即位60周年記念 「ダイヤモンド・ジュビリー」 と、まさにイギリスイヤーでしたものね。 024.gif

e0166398_21332612.jpg


「ホーム・テーブルデコフェア」 とは言うものの、普通の雑貨メーカーのようなブースも多々ありました。

e0166398_21333598.jpg


新羅だったかインターコンチネンタルだったか忘れましたが、高級ホテルのブースも。 結婚式をテーマにしたディスプレイや、ホテルのオリジナルグッズのようなものが色々並んでいました。

e0166398_213343100.jpg


ホテルオリジナルカード類を売るブースもあったのですが、凄くオシャレなカードがたくさんあって混みあっていました。 ここまで混雑していなかったら買ったかもしれませんが、少々人酔いしてしまったので 軽く見るだけで終了…

考えてみたらこの日は何も買わずに終わったのですが、色んなものを見ているだけで 心が満たされました♪

e0166398_2133519.jpg


クリスマスオーナメントのボールをモチーフにしたカード。 とってもハイセンスです。

e0166398_21335948.jpg


ふっと子供の頃を思い出して懐かしくなってしまうような、キッチュで可愛らしいブースもありました。

e0166398_2134798.jpg


e0166398_21341412.jpg


友達がアロマディフューザーを買っていたブース。 ここの男性店員さんは奥様が日本人だそうで、日本語もお出来になりました。 友達は少しオマケもしてもらってました。 よかったね♪^^

e0166398_21342146.jpg


2年前もそうでしたが、この時期に発行していたインテリア雑誌の 「CASA」 の中に、この「ホーム・テーブルデコフェア」の無料招待券も入っていました。(一般入場の場合は1万ウォン) 雑誌が書店では7500ウォンですから、明らかに雑誌を購入て来た方がお徳ですよね~

ただ以前の記憶だと 無料招待券を使う場合は色々と個人情報を記入させられて面倒だったので、今回は1万ウォン払って一般で入場したんです。 なのに、結局全員マストで色々アンケートを書かされたので 「だったら雑誌を買っておけばよかった」 と後悔しました。 高級ジュエリーの展示会でもないのに、どうして名前から住所からあれこれ記入させられるのか不思議です。。 (外国人の私達まで。。かなり面倒くさい。。057.gif

e0166398_21342966.jpg


フラワーアレンジメントのデモンストレーションもやっていました。

e0166398_21343746.jpg


ソウルの花事情はまだあまり良くなくて、花市場のようなちゃんとした場所に行けばそこそこ色んな種類の花を買えるのですが、普通の街の中にある花屋では、バラとかカーネーション、ユリのような花以外を見つけるのが凄く難しかったりします。 未だに小林幸子バラの需要が高いぐらいですから…。

私も家に花を飾りたい時は、少々面倒ですが高速ターミナルの花市場まで買いに行ったりしています。

でも、ソウルでもステキにフラワーアレンジメントライフを楽しんでらっしゃる方もいらっしゃるのですよね… CASA Schoolにはジェーン・パッカーやカトリーヌ・ミュラーのフラワー教室もあるぐらいですし。 いつか私もソウルでフラワーアレンジメントを習えたらいいな。



「ホーム・テーブルデコフェア」、恐らくまた来年もやると思いますので、在韓の方で興味がある方は、11月ぐらいになったらCASAなどの雑誌やインターネットをチェックしてみられてはいかがでしょうか? ちなみに私もツイッターで情報を流しましたが、また今年も気が付いたら早めにお知らせしようと思います~ 016.gif



人気ブログランキングへ ← 久しぶりに連続ブログUP頑張りましたっ クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-07 00:00 |     整理収納・インテリア

Passion5の地下にあるカフェ Parlour @梨泰院

e0166398_18282053.jpg


お蔵入り写真を救い出すDAYということで、本日2度目のブログUPです!

梨泰院(イテウォン)にある大型パティスリーPassion5は今ではすっかり有名ですが (カフェ本にも掲載させて頂きました)、そのPassion5の地下に別のカフェが出来ているのはご存知でしょうか? 私も夏に行ってきたのですが、今までUP出来ずにおりました。 データを消そうとしては思い留まったため、残っていた写真が7枚だけ… ^^; ←ちなみに通常私は1つの記事あたり15~20枚の写真をUPすることにしています

ということで、さささ~っとメモだけしておきますね。

e0166398_18282715.jpg


地下鉄6号線の漢江鎮(ハンガンジン)駅から徒歩5分。 一見高級ブティックのようなビルがPassion5です。

Passion5は 私がソウルで唯一認められるロールケーキがある場所です。 (上から目線!) パンなども美味しいですが、日本のパン屋さんと比べると、買うのがバカバカしくなるようなお値段が付いています。。

何度も書いていますが、韓国では韓国料理以外のものは本当に高いんですよね… 韓国は日本より物価が安いイメージを持ってらっしゃる方も多いと思いますが、実は全然そんなことはありません。 今ちょうど私は東京に帰省中ですが、スーパーやドラッグストア、パン屋さんを見るたびに 「日本はなんて安いの!」 と心の中で叫んでいます。 チーズとかバターとかオリーブオイルのような調味料など、とにかく 「韓国料理以外のもの」 が韓国は凄く高いんです。

e0166398_18283389.jpg


さて。 地下に続く階段を下っていくと、白を基調としたちょっとラグジュアリーな雰囲気のフロアに出ます。 私が普段通っているホンデエリアとはちょっと違う雰囲気。 学生が気楽に入る感じのお店ではないです。 どちらかというと、江南っぽい高級なイメージでしょうか。

韓国のカフェはコーヒーがメインで紅茶は数種類しか無いことが多いですが、こちらのお店は紅茶もかなりありましたので、カフェというよりティールームといった方がいいかもしれませんね。063.gif

e0166398_18283922.jpg


話は変わりますが、この日は普段使っている一眼レフじゃなく ミラーレス一眼を使いました。 一眼レフはズシリと重いので出来ればミラーレスをメインにしたいと思っていたのですが、比べてしまうとどうしても一眼レフの方に軍配が上がります…

Nikon デジタル一眼カメラ Nikon 1 (ニコンワン) J1 (ジェイワン) 標準ズームレンズキット ホワイトN1 J1HLK WH

ニコン




ケーキも紅茶も、全体的にかなり値段はお高め設定のお店でしたが、話のタネに行くなら凄く良いと思います♪ 個人的にはこういうフォトジェニックなタイプのお店は好きです。 ただ、一緒に行った友達は それほど好みじゃなかったようでしたので、こういうラブリーな雰囲気のお店は好き嫌いが分かれちゃうかな?とは思います。 (少なくとも夫と行くのはどうかな…という雰囲気。^^;)

e0166398_18284538.jpg


2人で 「タルトならどうにかいけるかも!」 と選んでシェアしたブルーベリーのタルトがこちら。
韓国でスイーツを選ぶ時はどうしても 「美味しそう」 というよりも先に 「これなら大丈夫かも」 という基準で選ぶことになるのが ちょっと悲しいのです…

こちらのタルト、記憶が正しければ、確か1つ7500ウォンぐらいだったと思います。 今は円高なので日本円に換算しちゃうと500円ちょっとですが、在韓の人間の感覚では7500ウォンといったら750円ぐらい。 めちゃめちゃ高いです! うちの職場ならブッフェのご飯が4000ウォンで食べられますから、それと比べてしまうと驚くような金額ですよね。 お味はまぁ普通でした。 本当に、「普通」。

e0166398_18285162.jpg


ちなみに、以前このお店に行った別の友達の話によれば、夏は柿のシャーベットだかパッピンスがあって、とても美味しかったそうですよ♪ 私は柿が食べられない人間なので頼みませんでしたが、韓国は柿を使ったデザートが結構あるので、柿好きな方はぜひトライしてみてください~ 016.gif あれ?マンゴーだったかしら…うろ覚えでスミマセン。

あと書き忘れていることは…

そうそう、紅茶のお値段は確か1万ウォンぐらいでした。 これも江南並みのお値段です。 ここは気軽に通い詰めるタイプのお店というより、イベント的に1度行ってみるというタイプのお店かもしれません。 インテリアはオシャレだし雰囲気は良いので、女性同士でおしゃべりするにはピッタリのお店だと思います☆ (蛇足ですが、個人的にはお一人様向きのお店じゃない気がしますので、ぜひ複数人で♪)




こんなアフタヌンティーセットもありました。 下の写真は私達が注文したのではなく、入口に見本で飾ってあったものです。 

e0166398_18285622.jpg



残念ながら写真を削除してしまったのですが、このお店は化粧室も凄くオシャレで、何だかブティックの1室みたいになっていました。 ほんと、1度見学するつもりで行ってみるには楽しいお店だと思います~ ブルースクエアで観劇される方などは、ぜひついでに寄ってみられてはいかがでしょうか? 024.gif



e0231876_0251970.png


<追記>
…と思ったら、化粧室の写真、別のところに保存してありました! 妙にゴージャスでしょう?037.gif

e0166398_19322325.jpg


お手洗いがキレイなのって とても大事です! 056.gif


人気ブログランキングへ ← 今日はもう1本ぐらいUP出来るかな? クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-06 01:00 |     梨泰院

ソウルでステキな中国茶会♪

e0166398_14533924.jpg


去年の話題は去年のうちに…を目指していたのですが、すっかり年越ししてしまいました。042.gif

この2日間は怒涛のブログUP期間(?)と題しまして、お蔵入りするには忍びない写真を色々救い出そうと思います~ お時間のある時にお付き合い頂けましたら幸いです。

e0166398_14534439.jpg


というわけで、今回は夏にソウル某所で行われた中国茶の会の模様を少しだけ記しておきたいと思います。
「ソウルでもこんな生活を送ってる方もいらっしゃるのだなぁ」 と溜息モノでしたよ♪ 016.gif

e0166398_1453482.jpg


私はお友達に誘ってもらって参加させて頂いたのですが (ありがと♪016.gif)、こちらは お教室という形でやっていらっしゃるのではなく、今はお友達を集めて時々やっていらっしゃるみたいです。 もし公開サロンになさったら 素敵なものに飢えている在韓日本人女子の方々がたくさん参加されるハズ!(ご自宅でやるサロンだと、誰も彼もOKは難しいかもしれませんが…)

先生は現在 旦那様のお仕事でソウルに御駐在中なのですが、以前は中華圏にも駐在していらっしゃったそうで、その時に集めたという家具や調度品が本当に素晴らしかったです。

e0166398_14535343.jpg


お宅はコンシェルジュ付きの素晴らしい高層アパートで、お部屋もハンパじゃない広さ。
ソウルにもこういうアパートがあったんだなぁ…と感心してしまいました。


同じ韓国生活といっても、正直 駐在の方というのは優雅なイメージで、結婚で来た我々とではかなり生活レベルが違う気がして一瞬寂しくなりますが、、^^; 駐在の方は駐在の方で 私達には計り知れない努力をして生活を組み立て楽しもうとされてらっしゃるのだろうな…と思います。

皆さんもおっしゃってましたが、皆が皆、自分が行きたい国に駐在になるわけでは決してなく、どの国に駐在になったとしても奥さん達は旦那様の仕事を支えながら 自分もしっかり現地に適応して生活していかなければならないわけで、本当に凄いことだと思います。 (狭い世界での人付き合いの大変さもあるでしょうし…)

e0166398_1453582.jpg


今回の先生は、中華圏にご滞在中に 趣味の域を超えて 「茶芸師」 という国家資格までお取りになり、旦那様のお仕事を支えながら御自分の生活を輝かせていらっしゃって、本当にステキだなぁと思いました。

そう、どんな場面にあっても、自分の努力と心持次第でいくらでも幸せな生活を築いていけるんですよね。016.gif




みんなで 「これ、昆布みたい!」 とビックリしたのが こちらのお茶です。 もちろん昆布ではなく、普通のお茶でしたが。 なんか可愛い~037.gif

e0166398_145429.jpg


中国から持ち帰られたという、こちらのオシャレな電気ケトルに目が釘付けになりました。 中国茶を頂くのにあまりにピッタリなオシャレなデザインですよね。 これ、中国に行く機会があれば ぜひ欲しいですっ。 (電圧も韓国と中国は同じだそうで便利)

e0166398_1454787.jpg


一応カメラは持っていったものの、失礼かしら…としばらく出さないでいたら、皆さんカメラを構え始めたので笑ってしまいました♪ うっかり皆さんのブログのURLを伺うのを忘れてしまって残念…057.gif

話は飛びますが、韓国在住ブロガーさんにも素敵な方が大勢いらっしゃると思うのですが、私はほとんど韓国系のブログは読まないもので、そういうところからの交流の広がりが少ないのが 自分でも残念だなと思っております。。。 (なにせ自分のブログのコメント欄も閉じてしまっている位ですし、、ちょっと反省中。)

e0166398_14541112.jpg


以前台湾に行った時に茶芸館で見た 「豪快なお点前」 についてお話したら、先生が実演してくださいました。 こうやって急須を挿したまま、お茶が出切るのを待つのです。 豪快で面白いですよね。003.gif

e0166398_14541582.jpg


先生がさりげなく開けた箱を見て、「あのっ、写していいですか?」 と聞いてしまった私。 だって、あまりにステキだったんですもの♪

1996年に初めてイギリスを訪れて以来イギリスのアンティークが大好きな私ですが、歳を重ねるにつれてやっぱりアジア的なものに凄く惹かれています。 和のものはもちろん、韓国のもの、そして他のアジアの国のものを上手にミックスした 先生のお宅のようなインテリアに憧れます。

e0166398_1454199.jpg


お茶自体はもちろん、先生が少しずつ買い集められたという食器や調度品など、素晴らしい物がたくさんありました。 ちなみに食器には、典型的な中国茶用のお茶菓子の他、日本で買ってらっしゃったというチョコレートやクッキーなども密かに混ざっていて、センスの良い人は何をしてもピタッとはまるものだなぁ~と感心しきりでした。

お茶菓子だけじゃなく、これって生活全てのことにおいても言えることなのかも。

「ここは韓国だから○○をするのは無理」 と決め付けるのではなく、似たようなもので代用したり 上手に工夫すればいくらでもステキに出来るんですよね。 何だか人生を学びました。 私も 「ここは日本じゃないから無理」 と言うんじゃなく、自分で考え工夫してステキに暮らしていけたらいいなと思います!

e0166398_14542371.jpg



中国茶の奥深い世界に触れる事が出来て、至福のひとときを過ごさせて頂きました。 誘ってくれた友達、そして御一緒させてくださった皆様、ありがとうございました。016.gif


今現在、東京に滞在中の私ですが、ひとまず今回は紅茶の基礎だけ習って帰りたいと思っています。 お味だけ言うと、西洋のお茶よりは 日本茶や中国茶、韓国茶などのアジアのお茶が好きな私ですが、今年は 「人をたくさん家に招いて 常に整理整頓を心掛けようイヤー」 なので、おもてなしの基本である 「紅茶のいろは」 は学んでおくべきだと思って…

私も身の丈に合うレベルで 素敵&快適な生活が送れるよう、今年も頑張ろうと思います☆ 056.gif



人気ブログランキングへ ← 今回は実家に置きっぱなしだった抹茶茶碗も持ち帰ります…。クリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-06 00:00 |     生活雑記

韓国キャスト版 ミュージカル 「キューティー・ブロンド(리걸리 블론드)」

e0166398_3163889.jpg


皆様、明けましておめでとうございます! 016.gif

年末はバタバタしてしまい、ブログが放置状態になってしまいましたが、1月2月はなるべく頻繁にUP出来たらいいなと思っています。 (ツイッターでは頻繁につぶやいてます~)



e0166398_324835.gif
さて、新年最初の記事は韓国ミュージカルの話題です。 本当はこのブログらしく(?)カフェの話題でいきたかったのですが、既に写真を整理してあったのがこちらだったものでエイッといっちゃいます!

女子の皆さんは 「キューティー・ブロンド(リーガリー・ブロンド/리걸리 블론드)」 という映画を御存知でしょうか?

キュートでリッチなブロンド娘・エルが、上院議員を目指す恋人に 「ブロンド女は議員の妻にふさわしくない」 という理由でフラれたのを機に一念発起、ハーバード大学のロースクールに入り一人前の弁護士を目指して奮闘するという爽快コメディ作品です。



キューティ・ブロンド〈特別編〉 [DVD]

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント




劇場は江南のCOEXにあるartiumというホール。 ロビーにはお約束(?)の撮影コーナーもありました。 予想以上に子供客も多く、大喜びで写真を撮っていましたよ♪

e0166398_15154419.jpg


出たっ! 韓国の花輪はイマイチ悪趣味なんですが、リボンに書いてある言葉を見るのが結構楽しかったりします。 スマイルマーク「^^」 はここでも健在です。(右側のリボンの一番下参照)

e0166398_15155959.jpg


今、下の写真を見ていて気付きましたが、韓国でよく使う 「파이팅/화이팅/ファイティン(頑張って、の意)」 が英語で 「Hwiting」 と書かれているのにビックリ! ^^; Fightingと書かないといけないのに何ともテキトーだな… と思ったけど、よく見たらこれってシンガポールのファンからの花輪なんですね。 つまり、シンガポールのファンは 「ファイティン」 は純粋な韓国語で、まさか英語由来だとは思っていないということでしょうか? (確かに英語のFightingには 「がんばって」 なんて意味は無いですし…)

e0166398_15161424.jpg


役者さんの名前と一緒に職業名の 「俳優」 が付いているのも、日本語には無い呼び方で面白いです。 上の写真にもあるように、「キム・サンホ俳優」 とか。 日本語だと 「田中社長」「佐藤医師」 みたいな呼び方はあっても、「木村拓哉俳優」 なんて呼び方はしませんものね。


花輪といっしょにお米が飾られているのも、日本とは違って興味深いです。 日本のファンからもお米が来ていました。 私、実は劇場に来るまで主演の方々の中に人気アイドルさんがいるって知らなかったのですが、どうやら少女時代のジェシカさんという方がトリプルキャストの1人だったようです。

e0166398_15162862.jpg


花輪のリボンには 「SONE」 の文字が見えます。 後で夫に 「ジェシカちゃんのファンってSONEっていうの?」 と聞いてみたところ、「初めて聞いた」 とのことでした。 私達が知らないだけで、韓流ファンの方々の間では もしかして常識なのでしょうか…?

e0166398_15164163.jpg


この日は金曜日の夜だったこともあってか、お客さんの入りも凄く良かったです。 多分、キャスティングも良かったのでしょうね。 日本でもアイドルをミュージカルの舞台で使うことってありますが、韓国でもやっぱりそれをすると客入りが全然違うようです。

ソウルの劇場はせっかく実力のある俳優がたくさんいてもイマイチ客席が埋まって無いことも多いのですが、いつもこのぐらい客入りが良いと役者さん達も張り合いがあっていいですよね。

e0166398_15165438.jpg


私が観た日のキャスティングはこんな感じ。 少女時代のジェシカさんの日ではありませんでしたが、この時主役のエル・ウッズをやった女優のチェ・ウリさん、物凄く良かったです。 まだかなりお若い方だと思いますが、彼女が出てきただけで舞台がキラキラと輝きましたから♪ 058.gif

キューティー・ブロンドというのは主役が典型的なブロンド娘なので、正直、我々アジア人が演じるには少し無理があるかな…と心配もしていたのですが、彼女に関しては全く違和感が無く、私は個人的に物凄く彼女に好感を持ちました。 役柄にもピタッとハマっていたし、歌もお上手だったし、何よりとってもかわいかったですよ☆ 016.gif

e0166398_1517681.jpg


あとは、エルの友人・ポーレット役の方はなかなか良かったし、ポーレットと恋人になる郵便配達男も8頭身でスタイルが良く それでいてコミカルなのが良かったですが、それ以外は全体的に少々歌唱力とインパクトに欠けていた気がします…

それから、「ブロンド」 そして 「女の子の可愛さ」 がテーマの物語なのに、ブロンドだったのはエルだけだったのも気になったかな…。057.gif もちろん、エルがブロンドであれば他の子たちはブロンドじゃなくてもOKですが、今回みたいに大半の役者さんがダークブラウンの髪の毛だと どうしても舞台に乗ってるのは 「韓国人」 に見えちゃうんですよね。 エルだけが妙に浮いて見えちゃうというか。



それより何より一番残念だったのは、私が大好きなエメット様(←様?)がイメージとかけ離れていたこと。 もちろん、映画は映画、舞台は舞台で別物として観た方がいいのは分かるのですが…

例えば、エルが提出した香水付の履歴書をエメットが嗅ぐ場面。 映画では履歴書を嗅いでクスッと笑う、余裕のある大人の男のイメージだったのに、今回は女子の持ち物をくんくん嗅いでいるオタク男な感じでゾゾゾゾゾ。。054.gif

客席の一部からも 「いやぁっ」 という感じの小さい声が上がってたので、そう感じたのは私だけではなかったと思います。。。 彼の名誉のために言いますと、後半は割と良かったです。 ただ最後まで少々頼り無い男のイメージで、個人的には最後まで入れませんでした。。。 ファッションや立ち姿なども、現役の敏腕弁護士というより 新村あたりを歩いている男子大学生にしか見えなくて。。。 (そのため、彼が舞台に登場してもしばらくはエメット役だと気付かなかった)



思わず力説してしまいましたが、この 「キューティーブロンド」 という映画、実は私にとって5本の指に入る思い出深い映画で、もちろんDVDも持ってますし、最低でも50回以上は観ている位なんです。

特に韓国に来て間もない頃は 新学期が始まる前に緊張をほぐすため、必ず何度も繰り返し観て自分にパワーを注入していました。 もちろん、今でも時々観返しています。 とにかく私にとっては勇気と元気をもらえる大好きな映画の1つ。 韓国ミュージカル版はもちろんですが、映画版を観てない方は ぜひ1度ご覧になってみてください♪ 016.gif

e0166398_3164525.jpg


韓国国内にお住まいの方は、各種割引もあるようなので チェックしてみてくださいね。

私は年末は予定が読めなかったので予約はしておかず、別件でCOEXに行った日にそのまま当日券を買って観ました。 受付の方に 「何か当日割引とか無いですか」 とずうずうしい質問をしたところ、「現金だと割引は無いのですが、カード払いだと10%OFFです」 と言われたので、銀行のチェックカード(日本のデビットカードみたいなもの) で払いましたが、現金払いで割引じゃなくカード払いだと割引って面白いですよね!



韓国版のキューティーブロンド、Youtubeにも少し上がってました。





余談ですが、インターミッション(休憩)の時に客席でハーゲンダッツを売る売り子さんが出ていました。 ロンドンのウエストエンドの劇場ではインタミの時にハーゲンダッツは当たり前なのですが、ソウルでも同じことを始めたんだな~と興味深かったです。 ソウルの他の劇場では見たことが無かったので、まだここだけなのかもしれません。


COEXはこんな感じにキラキラしていました。 前日から雪が降っていたので、地面が白くなっています。

e0166398_15172571.jpg


韓国版のキューティーブロンドは3月まで上演していますので、興味がある方はぜひどうぞ~。 私が観た時のエル役チェ・ウリさんは凄く良かったですが、他のお二人も気になります。 全体としては 「1度行けばもう十分」 というタイプの舞台ですが、他のエルを観るために 時間とお金に余裕があればまた観に行ってみたいとは思うかな…? (でも、まだアイーダも観に行ってないしな…)


e0231876_0251970.png



劇場の話題が出たところで、最後にオマケです。

10月に両親がソウルに来てくれた時に 「何か伝統芸能が観たい」 という母のリクエストで、芸術の殿堂に舞台を観に行きました。 毎週土曜日、主に外国人客向けに韓国の伝統芸能を低価格でみせてくれる 「土曜名品公演」 というプログラムがありまして、私はこれが2回目だったのですが、伝統芸能が気楽に観られるのでオススメです!

e0166398_23362718.jpg


通常は1名1万ウォンなのですが、同伴者に65才以上の人がいると全員半額で観られるとのこと。 私たちは父が該当したため、4人で2万ウォンという安さで観ることができました。 ありがたいですよね☆ 母も 「楽しかったわ~」 と とても喜んでいました。 敷地内が広々として緑も多かったのも気に入ったみたいです。

e0166398_2338160.jpg



こんな感じで2013年もぼちぼちソウルの話題をUPしていけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。 040.gif


人気ブログランキングへ ← お年玉代わりに(!?) 最後にこちらもポチっとお願いします☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-01-04 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル