<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ソウル・モーターショー2013 @イルサンKINTEX

e0166398_41250.jpg


ブログの記事UPが随分遅れてしまったのですが…

1ヶ月ほど前、ソウル近郊の都市・イルサン(一山)にあるKINTEXというホールでモーターショーがありました。 このソウル・モーターショーは隔年で開催されているそうなのですが、お友達から招待券を頂いたので夫と二人で行って参りました。

ちなみにKINTEXにはIKEAの代理店も入ってますので、在韓の方は興味があればどうぞ。 (以前はヘイリ芸術村にあった店舗が今年移転。 あくまで代理店なので規模は小さいですが配達もOKで便利です。)

e0166398_41940.jpg


会場に入ってすぐ目に付いたのはホンダのブース。 かなり大きなスペースを取っています。

お約束(?)のモデルさん達。
カメラ小僧みたいな男性がわらわら群がるのも 万国共通といったところでしょうか…

e0166398_411564.jpg


「こっちに男性モデルもいるよ!」 とSYに呼ばれたので近寄ってみると…本当だ!ビックリ!emoticon-0140-rofl.gif

モーターショーって女性モデルさんしか居ないものだと勝手に思っていたのですが、男性モデルの方々もいらっしゃるのですね。 皆さん顔が小さく肌もおキレイで羨ましいです…

下の写真の後、しっかりこちらに目線も下さいました。 (が、ピントが甘くなってしまったので不採用。。)

e0166398_412697.jpg


カッコいいライダーの女性モデルさんもいました。 ↓

ホンダのバイクといえば、若くして亡くなった私の叔父を思い出します。 叔父はホンダでバイクの技術者をやっていたのですが、彼が亡くなった後も 当時小さかった子どもたちが18歳だか20歳になるまで会社が援助してくれたのだとか。 「さすが本田総一郎さんが作った会社だな」 と思ったものでした。

e0166398_413285.jpg


テレビコマーシャルに出てきそうな アンニュイな雰囲気のモデルさん。

e0166398_413818.jpg


ん? ひときわ人だかりが出来ているコーナーがあります。 行ってみましょう。 どれどれ…

e0166398_414444.jpg


  ばーん!
e0166398_414923.jpg


      キリッ!   …こっち見てる? こっち見てる??emoticon-0126-nerd.gif
e0166398_415558.jpg


露出度の高いモデルさんでも居てカメラ小僧が群がってるのだと思ったら、キリリとした男性モデルさんでした。 っていうか、モデルさんに群がってるんじゃなく、車に群がってるんですよね、きっと。^^;


「ちょっと、モデルばっかり撮ってないで車を見なよ」 とSYが言うので、ちゃんと車も撮ってみました。

e0166398_42179.jpg


…何かやっぱり モデルさんにフォーカスが行ってる気もしますが、ドンマイ。。
よく見るとこちらのお車、カーブのラインや角などが美しいですね。



このままではいけない…ということで、他にも頑張って撮ってみましょうか。
これなどいかがでしょう? なんとこれ、エルメスとタイアップした車だそうで、女子向きな感じです。

e0166398_42711.jpg


車内はエルメス調のオレンジ色の革張り。 どんな方々がお乗りになるのでしょうか、妄想が膨らみます。
ちなみに、この記事の一番上の写真は プラダとタイアップした車です。

e0166398_421480.jpg


いくら車に詳しくない私でもBMWは知っています。 昔のテレビドラマにこんな 「しゃべる相棒カー」 みたいな番組があったな、と思い出しました。 主人公の男性の名前はマイケルだったはず。 タイトル、なんだったかな…

e0166398_422068.jpg


会場には色んな会社のブースがありましたが、スペースも広く取ってあり、且つ一番目立っていたのがトヨタのコーナーでした。 お客さんが集まっていたのはもちろん、活気を与えるためのモデルさんも大勢起用しており、ショーアップがお上手だなという印象でした。

更に、巨大スクリーンには 摩訶不思議なモデル集団&それに群がって撮影する一般人が映し出されておりました。 「あのワッショイ盛り上がってる映像は何だろう? 以前のイベントの様子を流してるのかな?」 と思いながら遠巻きにスクリーンを見ていたら、何と会場のライブ中継をしているよう。 それなら近くで見てみなきゃ! とステージを探して近づいてみると・・・

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

e0166398_42258.jpg


撤収しているところでした。 メガネの男性モデルさん、顔のソフトさ(色白さ) とマッチョなボディが妙にミスマッチで気になります。 (っていうか、なぜ男性の皆さんは上半身裸!?)

いや~、本当にトヨタのブースは盛り上がり方が突き抜けてる感じでした。 面白かったです。emoticon-0140-rofl.gif

そういえば車の話題で思い出しましたが、トヨタの中型セダン 「カムリ」 の新型モデルが、今年韓国のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したんでしたよね。 輸入車では初の快挙なのだそうです。emoticon-0137-clapping.gif




更に会場を歩いていると、またまた物凄い人だかりの一角が。 近づいてみると…

e0166398_423243.jpg


色々盛ってる感じのモデルさんが セクシーポーズを取っていらっしゃいました。 ここは完全にモデルさん目当ての人だかりだろうな…


私は車のことは全然分からない人間なので、こういったモーターショーに行くのも初めてのことでしたが、普段は見ないようなデザインの車や 超高級車なども見ることが出来てなかなか楽しかったです。 SYは車大好き人間なので、興味深く周っていたようでした。

Rさん、御主人様、チケットありがとうございました♪ お陰様で楽しい時間を過ごさせて頂きました。 emoticon-0100-smile.gif



e0231876_0251970.png



帰りにヘイリ芸術村の近くまで行き、韓式食堂で定食を食べました。 ヘイリ内にはこういう食堂っぽいお店は無いのですが、敷地の周囲にポツポツと建っているのです。

写真で見るととても美味しそうに見えますが、お味はまぁまぁだったかな…。 でも辛い物が少なくて食べやすかったです。 今度行く時は 他の食堂にも入ってみなきゃ。

e0166398_424858.jpg



イルサンといえば、SYのお祖母さんの家がある場所でもあります。

話は変わりますが、そのイルサンで この週末 お祖母さんの誕生日会がありました。 ちょっと車で奥に入ったところに なかなか良い感じの食堂が何軒かある一角があり、そこで鴨肉などを食べたのですが、かなり美味しかったです。 (食事会=肉・肉・肉! がSY一族のお約束。 今回は総勢20人でした。)

後で 「お祖母さん、何歳になったんだっけ?」 とSYに聞いても 「80歳以上」 と適当な答えしか返ってこなかったのですが、多分もう85歳に近いはず…。 最近は腰も良くないようで外出の機会も減ってるようですが、相変わらず食欲はしっかりあり、おしゃべりする時も快活なのでホッとしていますが。

私にとってお祖母さんは、初めてお会いした瞬間から 「あ、この方は間違いなく私のソウルメイトだ」 と思った特別な人。 (←変な宗教じゃありません ^^;) 細かい話は省略しますが、お祖母さんと私は理屈じゃなく物凄く通じ合うところがあり、何と言うか… とても好きなんです。


할머니, 생일 축하합니다! どうかいつまでもお元気でいて下さい。emoticon-0166-cake.gif



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-29 00:00 |     生活雑記

made in Mapoイベント 「naomi & goro」 ボサノバコンサート

e0166398_2354564.jpg


ボサノバが好きな方、または音楽に詳しい方ならご存知だと思うのですが、naomi & goro さんというアーティストさんがいらっしゃいますよね。 このお二人がソウル、しかも我が麻浦(マポ)区のイベントでいらっしゃるというので ずいぶん前から楽しみにしていました。 お二人は2年に1度のペースでソウルで演奏していらっしゃるのだそうです。

実は私、ずっとお二人のCDをAmazonの買い物カゴに入れっぱなしにしたまま購入していなかったんです… (かれこれ2年も! スミマセン…) お家でカフェタイムを楽しむには必須のCDということで、ボサノバファンのみならず様々な層から高い人気を誇っているCDです。


BON BON

naomi&goro / HIPLAND MUSIC


Presente De Natal~bossa nova Christmas~

naomi&goro / 333 Discs




お二人の音楽を聴いた事が無い方は、こちらのYoutubeをどうぞ。






今ちょうど色々忙しい時期でして、ゆっくりコンサートに行く気分でもないなぁ…とも思ったのですが、既にチケットも予約してあったので行ってきました。 同じ区内ですので、気軽に行けるのが有り難いです。

そして結果は… やっぱり行って良かったです。emoticon-0115-inlove.gif エネルギーをたくさん頂いてきましたよ♪



会場は麻浦アートホールという区の施設。 初めて行きましたが、外観は想像より立派な印象でした。 でも中身はよく見る中規模な区民/市民ホール、といった感じです。

e0166398_0283757.jpg


上にもちょっと書きましたが、今回の公演は 「made in Mapo」 という区のイベントの1つ。 naomi & goroさんの他にも5つの公演が行われるようです。

e0166398_23541539.jpg


お値段は2タイプ、5万ウォンと4万ウォンの席があり、私は麻浦区民なので10%割引でした。 emoticon-0123-party.gif
チケットを引き換える時に区民であることが証明できるものを提示します。 私の場合は外国人登録証。

e0166398_23542592.jpg


場所はこんな感じ。 最寄駅は6号線のテフン駅です。 テフン駅といえば西江(ソガン)大学のある場所。 西江大学は韓国語の語学堂もあるので、よくご存知の方もいらっしゃると思います。 以前ブログでご紹介した可愛いカフェsoom islandも近くですよ♪ アートホールからだと徒歩で10分弱かな?

e0166398_23543375.jpg



で、公演ですが、第1部は韓国人の若いアーティストグループの演奏で、第2部が naomi & goro さんでした。 最後の方で2組のコラボもありました。

若いアーティストグループさん、 「신나는 섬 (シンナヌンソム)」 さんという6人組なのですが、途中途中で入るMCが妙に腰が低くて面白かったです。 「僕、ツイッターとかフェイスブックで自分達のグループ名を検索して 皆さんの書き込みをすぐ探すんで…」 と言って 「変な書き込みはせずに良い書き込みをヨロシク」 と暗に言ってみたり、「僕達、まだ演奏を続けていいでしょうか…」 と言ってみたり、なんだかカワイかったです。emoticon-0102-bigsmile.gif






2部の naomi & goro さんは、さすがの貫禄。 ステージが始まった途端に物凄く独特の空気が漂い、客席が一気に緊張したのが分かりました。 何て言うか、物音ひとつ立ててはいけない、という雰囲気がばぁっと広がっていく感じ…

とにかくnaomiさんの声は物凄く安定感があって生の歌声だというのに全然不安な感じがしなかったし、素晴らしかったです。 あれだけバックミュージックも静かだと 歌声がちょっとでも乱れたら大変なことになると思うのですが、さすがは一流のプロ!と感心しました。 (陳腐な感想しか言えず申し訳無いです…トホホ。。)



約1時間20分の演奏はバラエティに富んでいて、定番の曲もあれば、ニューアルバムの中からの曲もありました。 ニューアルバムのタイトルは 「CAFÉ BLEU SOLID BOND」。 イギリスのバンド、The Style Councilの名盤 「CAFÉ BLEU」 を全曲フルカバーしたものだそうです。


CAFE BLEU SOLID BOND

naomi & goro / commmons



goroさんが 「今日は会場で特別価格でお求め頂けます」 と2度もおっしゃっていたので私も買いました。 1万3千ウォンでしたが、後でAmazonで見たら日本だと定価3,000円するのですね…。emoticon-0126-nerd.gif 半額以下で買わせて頂いて申し訳ありません…

他のCDも色々会場で購入することが出来たので、Amazonの買い物カゴに入れっぱなしになっていたCDのうちの1枚も買いました。 こちらも13,000ウォン。 クリスマスソングですけど… (冬好きだからOK!)

e0166398_0282457.jpg



生の naomi & goro さんは初めてでしたが、お二人とも凄くシャイで繊細な感じで、特にgoroさんがポツ、ポツとお話になるのが妙に可愛らしくて本当にオカシかったです。 隣に座っていた韓国人の親娘さんも、goroさんがしゃべるたびにクスッと笑ってました。emoticon-0100-smile.gif

これがまた、通訳で舞台に出てきた韓国人の若い通訳さんが妙にキリッ!としたタイプの真逆な方で… naomiさんとgoroさんの独特なトークの空気感を全く読まずに 「どうしよう」 という感じでキョトンとしていたり、お二人が話していないことまで付け足して通訳してました。 まだgoroさんが話そうか迷ってる感じだったのに、勝手に 「カムサハムニダ」 と終わらせていたし… ^^;


そういえば、naomiさんが 「8月にブラジル大使館主催のコンサートがあるので、それにも来てください」 とおっしゃっていて、「それは一体どこでの話だろう? 日本??」 と思ったら、通訳さんが 「7月芸術の殿堂でブラジル大使館主催のイベントがあり、それにお二人も参加されます」 とかなり情報を付け加えて訳してくれていたのは良かったのですが、ん? でもnaomiさんは 「8月」 とおっしゃり 通訳さんは 「7月」 とおっしゃり… どっちが正しいのでしょう? (ただの私の聞き違いだったりして。)

7月だと私は東京に帰省している可能性が高いのですが、もし日程が合えば是非また聴きに行きたいと思います。 naomi & goro ファンは必聴ですよ!



●お二人によるニューアルバムの解説




会場内には日本人の方も複数いらっしゃったみたいですが、韓国人のお客さんがメインだったようです。 (お二人のMCの日本語を理解してない方が多かったので) 韓国のショップでは小野リサさんのCDなども見かけるのですが、日本のボサノバも一部では人気があるのかもしれませんね。 カフェブームと相まって、こういった日本のアーティストさん達の知名度も上がり、たくさんソウルにいらして頂けるといいな~と思いました。

(蛇足ですが、私が企画者なら同じ麻浦区でも cafe Aaのような大型カフェにステージと客席を設置して演奏して頂きたいかも…。 ←音響問題などを無視した発言でスミマセン  麻浦区じゃなくていいなら once in a blue moon みたいな大人のバーとか。 ボサノバみたいな音楽って白い箱のホールで聴いても良さが完全には発揮されない気がして… 2部が始まってからのピーンと張り詰めた緊張感みたいなもの、悪くは無かったですが、もう少しリラックスした雰囲気の中で聴けたらもっと素敵なのにと思いました。)



ニューアルバム 「CAFÉ BLEU SOLID BOND」、韓国では5月2日にリリースされるそうですので、在韓の皆さま、教保文庫などのCDショップで見かけたらぜひどうぞ♪


CAFE BLEU SOLID BOND

naomi & goro / commmons



ちょっとストレスフルな毎日でしたが、お陰様ですっかりリラックスした良い時間を過ごすことが出来ました。
芸術の秋ならぬ 「芸術の春(?)」 ということで、これからも良いコンサートがあれば色々行ってみたいと思います。 やっぱり生の舞台って素晴らしいですね~



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-27 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル

2度目の仁川チャイナタウン (ちょこっとだけ記録)

e0166398_0192015.jpg


今回はいつものカメラじゃなく iPhoneで撮った写真オンリーなので、簡単にだけご紹介しますね。



先週の土曜日、空港のある仁川(インチョン)近くの大学で学会があり行ってきたのですが、公共交通機関を使うと 地下鉄&バスで2時間近くかかるため、SYに車を出してもらうことにしました。 車だと50分。

私が仕事している間、大学の駐車場で待っていてくれたSY。 アリガト…。 休みの日にアッシー君だけさせるのはさすがに申し訳無いと思い、帰りに仁川駅のすぐ前にある仁川チャイナタウンへ寄ってご飯を食べることにしました。


上の写真を見ると そこそこの規模のチャイナタウンに見えるかもしれませんが、仁川チャイナタウンはとっても小さいです。 横浜のチャイナタウンのようなものを想像して行くとガッカリしてしまうと思うので、仁川駅付近に行くことがあればジャジャンミョンを食べにちょっと立ち寄る、程度の感じで行くのが正解かも。


SYが 「ジャジャンミョン(ジャージャー麺) を食べるならここ」 というので入った共和春さん。
とても有名なジャジャンミョンの老舗だそうです。


e0166398_0193062.jpg


韓国に来たばかりの頃は結構好んで食べていたジャジャンミョンも、最近は油っぽく感じることが多くてずいぶんごぶさたしていたのですが、久しぶりに食べたらとっても美味しかったです。 というか、この共和春さんのジャジャンミョンが美味しかった~emoticon-0115-inlove.gif

ちなみにジャジャンミョンって100年ほど前に仁川で誕生したのだそうです。 ご存知でしたか?



食後、小道に入ってぶらぶら歩いていたら偶然 共和春さんの博物館を発見。
入場料も1000ウォンと安かったので、入ってみることにしました。

e0166398_0193945.jpg


寂しそうにジャジャンミョンを食べているマネキンさんや、テーブルを囲んでジャジャンミョンを食べているマネキンさん達と一緒に写真を撮る事ができます。 需要はあるのか? と思ったら、記念撮影する人続出でした。^^;



館内の案内係の方々が妙に親切で、ジャジャンミョンのマメ知識を熱く語ってくださったのも面白かったです。

例えば、韓国ではよく 「小麦粉は身体に悪い」 と言われるのですが、昔は全く逆で、「アメリカ人のようなしっかりした体になるために、小麦粉を使った料理をたくさん食べなさい」 と推奨されていた時代もあった (ちょうどジャジャンミョンが出来た頃)、なんて歴史とか諸々。

共和春さんと コンビニのGS25がタイアップしたインスタントのジャジャンミョンも売っている、というのも博物館の展示物を見て初めて知りました。 インスタント…お味はどうなんだろう?



私にとっては2度目の仁川チャイナタウンでしたが、思ったより楽しかったです。 滞在時間は1時間程度でしたけれど…。 もう少し暖かい季節なら 月尾島(ウォルミド) もセットで行くといいかもしれません。 遊覧船内のダンスフロアで ロシアン美女と踊り狂うお年寄り達があまりにディープで衝撃的だった記憶があります。^^;



では皆さま、良い週末をお過ごしくださいね☆ 今週、韓国の大学はちょうど中間試験ウィークでした。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-26 00:00 |     地方都市観光

韓国キャスト版ミュージカル 「レ・ミゼラブル」 ソウル公演 @Blue Square

e0166398_21412732.jpg


先日、韓国キャスト版ミュージカル 「レ・ミゼラブル」 のソウル公演を観てきました。
既にヨンイン公演を観ていましたが、全体的に 「疲れてるな…」 という印象の舞台だったのでソウル公演はどうだろう?と少し心配していたのですが、凄く良かったですよ♪

e0166398_3896.jpg


劇場は地下鉄6号線 漢江鎮(ハンガンヂン)駅直結のブルースクエア。 新しくとてもキレイなホールです。

館内にレストランめいたものもありますが、ここは多国籍レストランが山ほどある梨泰院(イテウォン)エリアですので、梨泰院で食事をしてから劇場に向かうのが正解かも。 私達も梨泰院駅で降りてブラブラと散歩&食事をしつつ劇場へ向かいました。

e0166398_38186.jpg


レ・ミゼラブルのロンドン初演は1985年。 もう30年近くも前のミュージカルなのですね。

e0166398_382648.jpg


レ・ミゼラブルはヴィクトル・ユーゴーの小説を元に1980年にパリで上演された作品でしたが、その時は全然ヒットせずに終わってしまったそうです。 それを有名プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュが目をつけて演出家トレバー・ナンに持ちかけ、現在の形になって大ヒットしました。

このエピソードを聞いたのはかなり前のことでしたが、「同じ素材でも 『誰が目をつけるか』 でずいぶん結果が変わってくるものだな」 と子供心に感心した覚えがあります。 人間も全く同じですよね。 何事も 「良い人との出会い」 が大切なのだな、と思います…

e0166398_383280.jpg


オリジナルグッズ売場。 私はパンフレット1万ウォンのみ購入。 ヨンイン公演の時は簡易版のパンフしか無かったのですが、さすがにソウル公演では立派なパンフレットになっていました。 CDもありましたが、韓国キャスト版は無く、海外キャスト版のものしか置いてありませんでした。

e0166398_383811.jpg


旗を持って記念撮影できるコーナー。 ヨンイン公演の時はお友達4人で観に行ったので、私達も遊び半分で旗を持って記念撮影をしましたが結構盛り上がりましたよ~ (だから決してこういうベタな撮影ポイントをバカに出来ません、、、)

e0166398_384444.jpg


コリドーにはアート作品も展示されていました。

e0166398_385153.jpg


建築家・磯崎新さんの特設スペースも。

e0166398_385759.jpg


この日のキャストはこんな感じでした。 韓国キャスト版は基本的にシングルキャストで全公演を行うということになっているのですが、ジャンバルジャン役だけ別の俳優さんになっていました。 でも正直その方がいいかも… だってヨンイン公演の時、ジャンバルジャン役の俳優さんが明らかに体力不足で疲れてましたから。。 観ているこちらにもそれが伝わってしまうのはやっぱりマズイと思うし。 (お疲れのせいかは分かりませんでしたが、Bring him home のような大切な曲で高音が恐ろしく出ていなくてドギマギさせられました…)

e0166398_39365.jpg


実はこの日、劇場に向かう前にツイッターで 「ジャンバルジャン役はオルタネートのキム・ソンミンが演じます」 とツイートが流れてきたんです。

で、観劇したところ、このキム・ソンミンさんのジャンバルジャンがとても良かった (安心して観ていられた) ので、思わず 「いつからキムさんはジャンバルジャンにキャスティングされたのですか?」 と質問してみたところ、「ヨンイン公演からです」 とお返事が来てビックリ。 既にヨンインの時にオルタネートで配役されていたのですね… 最初からだったのか、途中からだったのかは分かりませんが。

e0166398_39104.jpg


このキム・ソンミンさん、オルタネートとはいえ主役のジャンバルジャン役なのに、パンフレットには後ろの方に 「アンサンブル」 として小さくしか写真&経歴が載ってなくて非常に不憫でした。。 もっと大きく載せてあげるべきでは、と個人的には思いますが…


その後、ツイッターでキム・ソンミンさんがジャンバルジャンを演じる日程が流れてきました。 私と同じような問い合わせをした人がたくさんいたのかもしれませんね。

e0166398_2363376.jpg



ちなみにオルタネートというのは今回私も初めて知った単語だったのですが、「ダブルキャスト」 ではなく「代役」 に近い意味のようです。 メインのキャストはあくまで1人で、決まった曜日・時間の公演だけオルタネートの役者さんが演じるのだそう。 キム・ソンミンさんもジャンバルジャンを演じない日は、別のちょい役でご出演していらっしゃいます。

ソンミンさん、経歴を見る限りまだ新人に近い感じなのですが、落ち着きっぷりといい安定した歌唱力といい、とても感心しました。 これから注目していきたい役者さんです。emoticon-0115-inlove.gif







時間が無いので簡単な感想になってしまいますが、他の役者さん達も 「さすがミュージカル畑の人達」 という感じで声量はあるし演技もキッチリしてるしで、久しぶりに 「ちゃんとした舞台らしい舞台」 を観た感じがしました。 特にレミゼはアンサンブルの力が重要な作品ですが、中途半端な人はいませんでしたし。

あ、ヨンイン公演の時はヒヤヒヤしたコゼット役の方も、ソウル公演では 「あれ? 違う役者さんかな?」 と思ってしまったぐらい安定してお上手になっていましたよ☆

最近はタレントさんの名前で客集めをしている感じの割と軽めの作品を観ることが続いていたので、レミゼが始まった瞬間、その迫力に鳥肌が立ちました。 役者さん達の力もありますが、やはりレミゼは作品そのものが 「大作」 で別格ですものね…パワーが全く違います。 今回は夫と一緒に観劇したのですが、「とても良かった!」 と喜んでいました。 (彼は 「映画版の方が好み」 とは言っていましたが…)


ミュージカルファンの方も、普段はあまりミュージカルは観ないという方も、ぜひ1度チャンスがあればご覧になって頂きたいという舞台です!



P.S.
今思い出しましたが、隣に座ったお一人様の青年がしょっちゅう携帯電話で時間をチェックするので気が散りました。 暗い劇場内で突然ピカッ!ピカッ!と強い光が目に飛び込んで来るので、目は痛いし気が散って…

しかも彼、休憩時間の後、第二幕が始まってもずっとカカオトークを続けていました。 少しならまだしも3分以上はずっと… 真っ暗な客席では携帯電話の強い光って想像以上に邪魔です。。 係員さんが来て注意してくれないかな…と思っていたのに全く来る気配が無く、とうとうエポニーヌの一番の見せ場 「On my own」 のナンバーが始まるところまで光りっぱなしだったので、 「もう消して頂けませんか?」 と注意したら止めてくれました。 観劇マナーはまだまだな韓国の劇場事情です。。



<オマケ>

e0166398_391789.jpg
イテウォンの駅の近くにケバブのお店が2軒続いているのですが、初めて入ってみました。 私はお腹が空いていなかったのでSYだけ食べていましたが、種類も色々あって良かったですよ。 ケバブというと私達の中では 「イギリス」。 留学中によく食べたものの1つがケバブだったのです。 東京だと、なぜか秋葉原の駅前にもワゴンがありますよね。(ラップのスタイルで、結構美味しい)


ソウルもすっかり春らしくなってきました。 皆さま、良い週末を♪


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-19 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル

GECKO'S TERRACE でフィッシュ&チップス @梨泰院

e0166398_3302590.jpg


週末、夫と梨泰院(イテウォン)へ行った際に、久しぶりにGECKO'Sに行って来ました。 最初はハミルトンホテルの裏通りにあるGECKO'S GARDENに行こうと思ったのですが、何だか改装されて別の名前になっていて。。 開いているか分からない雰囲気だったので、駅前のTERRACEの方にしました。

場所は地下鉄6号線梨泰院駅4番出口を出て後方へ進み、すぐ右の角を曲がったところです。 駅から30秒もしない場所。 1階がIBKと書かれた銀行になっており、ビルの階段を上った2階になります。

e0166398_3303124.jpg


ここは以前韓国人の女の子に連れて行ってもらったバーですが、その後に夫とも来た事があったと思ったのに彼は 「初めて」 だそう。 「あれ? 一緒に来たこと無かったっけ? 本当に?」 と言ったら、「誰と来たの? 誰? 誰?」 としつこく聞くので笑いました。 SYは普段は全く私の動向を気にしない人ですが、ごくたま~に探りスイッチが入るのが可笑しくて!emoticon-0102-bigsmile.gif

イイ歳してLove Affairなどと人生を棒に振るようなことはしませんが、「うちの奥さんは絶対安全」 と思われるのも女子力低下みたいで寂しいので、たまには心配して頂くのも悪くないかも…!?

e0166398_3303717.jpg


(この辺の写真数枚は 前回行った時の使い回しです。 今回は店内が混んでいて写真も撮りにくくて。。)

e0166398_3304398.jpg


前回行った時も思いましたが、ここの店員さん達は皆笑顔でとっても感じの良い接客です。 外国人が多い土地柄、恐らくほぼ全員が英語も出来ると思われます。 実際、このバーの半分ぐらいは欧米系のお客さんですし。

e0166398_3304963.jpg


一旦韓薬はお休みしていますが、何となくアルコールじゃなくジンジャーエールを注文。 ジンジャーエールは3000ウォンととっても良心的な値段設定なのも好感度高し。 確かドリンクだけ注文の場合はその場でお会計だったと記憶していますが、今回はお食事も注文したので後会計でした。

(韓薬=韓国の漢方薬の話はまた別の機会にしようかと思っていますが、去年の夏に調合してもらった薬が残っていたので再度飲み始めたのですが、とっても身体の調子が良くなったので助かっています。 今学期は偏った時間割のせいで週の半ばになると 疲れすぎて眠れないぐらい背中が痛かった時期があったのですが、韓薬を飲み始めてから劇的に改善されました。 効果は個人差があると思うので誰彼無くオススメはできませんが、私にはとても合ってます)

e0166398_3305446.jpg


注文したお食事が来ました。 私は懐かしのフィッシュ&チップスを。 確か13000wぐらいでした。

e0166398_331074.jpg


一緒についてきたビネガーが韓国のものっぽいニオイがしたので (韓国のお酢は私は苦手…)、シンプルにレモンとお塩、コショウをかけました。 フィッシュ&チップスといえば、たっぷりのビネガーとお塩だけで食べるのが最高なのです☆

お味ですが、タラはアツアツでカリッとしていてなかなか美味しかったですよ♪ 油っぽいものなので一人で全部食べるのは私にはキツイ感じでしたが、元々フィッシュ&チップスってジャンキーなものなので仕方ないのかな、と。 チップスは少々安っぽいタイプのポテトでしたが、まぁそんなものかな、と。 ←ハードル低し。

e0166398_331751.jpg


SYはドイツ風なるお肉を注文。 本当に肉が好きな人です。。

彼と結婚してからつくづく分かったことですが、太ってる人って本当に肉が好きですね。(突然)  SYファミリーもガタイが良い人が多いんですが、揃って肉が大好きです。 油物も大好きです。。 それでいて恐らく自分達はそんなに食べてないと思っているフシがあるのですが、彼らを見ていると 「全てのことには理由がある」 と強く納得してしまう私です。^^;

e0166398_3311274.jpg


ここはレストランではないので お料理の味に多大なる期待をかけるのは難しいと思いますが、メニュー数も多いですし、欧米っぽいお料理を食べながらワイワイ飲みたい時にはとても良いお店だと思います。 たまには韓国っぽく無い雰囲気もホッとしますしね。

SYは 「サッカー観戦しに来るのにいいね」 と言ってましたが、モニターには常にサッカーや野球の試合が映し出されていますので、大勢で盛り上がりながら観戦したい人にも楽しい場所ではないでしょうか。 ダーツのボードなども置いてありますよ♪

e0166398_3311726.jpg



ところでソウルの桜情報ですが、一部咲いている場所もありますが、まだ 「お花見」 のような状態ではないようです。 驚愕のカラフルライトアップで有名なヨイドもまだ開花していないようですし… (過去記事

昼間に桜を見に行くのは時間的に無理ですが、せめて驚愕のライトアップは見られたらいいなぁ…と思っています。 今週後半はまだ無理かな?? テレビのニュース等で気が付いたら情報をUPしますね。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-14 00:00 |     梨泰院

韓国キャスト版ミュージカル 「三銃士」 @忠武アートホール

e0166398_124949.jpg


ミュージカル 「三銃士」 を観てきましたので、簡単にメモしておきます。

物語はご存知の方も多いと思いますが、フランスの田舎町出身の若者ダルタニャンが銃士になるべく都会パリに出てきて、アトス・ポルトス・アラミスの三銃士と協力しながら、困難を解決していく…という物語。 韓国版では、銃士たちの過去の物語などオリジナル版にはない要素が盛り込まれているのが特徴です。






上演場所はお馴染み(?)忠武アートホール。 地下鉄2号線の新堂駅9番出口を出て数分の場所です。 家からそんなに遠くないという点はありがたいのですが、いわゆる 「市民会館」 的な地味なホールで、観劇のウキウキ感はあまり感じられないタイプのホールです。^^;

e0166398_0273493.jpg


建物の入口には大きな看板も。

今回は青年ダルタニャン役に5人もの人がキャスティングされているのですが、ちょっと多過ぎはしませんか…? ^^; アイドルさん達ばかりのようなので、お忙しいからなのでしょうか。 ちなみに他の役柄はダブルかトリプルキャスト止まりでした。

e0166398_028797.jpg


予約したチケットをカウンターでピックアップした後、館内をうろうろ。 お約束の写真撮影コーナーもありました。 人気アイドルさん達を使っての舞台だけあり、客入りもかなり良いようで、ロビーもずいぶん混雑していました。

e0166398_0281732.jpg


お米の花輪もありました。 ホールによってはダーッと並ぶことがあるのですが、今回は1つのみ。

e0166398_0282766.jpg


本日のキャストはこちら。

ダルタニャン Jun K さん
アトス     イ・ゴンミョン さん
アラミス    ミン・ヨンギ さん
ポルトス    キム・ボムレ さん
コンスタンス イェウン さん

e0166398_0283718.jpg


私は申し訳無いぐらい芸能界の事に疎いもので、Jun Kさんが2PMの方というのと、イェウンさんがWonder Girlsの方というのも チケットを予約してから知りました。。emoticon-0156-rain.gif (かろうじてグループ名は知ってましたよ!)

こちらがJun Kさんです。 とってもりりしいお顔の方ですね☆ でも、ダルタニャンというコミカルな二枚目半な役柄もあり、舞台ではとってもおちゃめな感じでビックリしました。 写真だけ見ると凄くクールな雰囲気ですものね。

e0166398_0284728.jpg


※上の写真はプログラム(1万ウォン)より。 韓国のプログラムはかなり立派な作りなので必ず買いましょう!


そのJun Kさんですが、実は想像以上に凄く良かったです。 お世辞抜きにして本当に。 正直に言うと、お歌の実力は少々足りないと思いましたが (声量など舞台慣れしていない感じ)、まず雰囲気がダルタニャンにドンピシャリだったし、若々しい快活な演技も凄く光っていたし、恋人役のコンスタンスとも無邪気なバカップルぶりが何とも微笑ましくて良かったです。

コンスタンス役だったワンダーガールズのイェウンさんも、お歌は高音がイマイチ出てなくて申し訳無いけど足りない感じでしたが、雰囲気が凄く可憐で若々しくて、とにかく可愛くて役柄に合ってました。 私が舞台を観る時に重視するのは 「役にハマっているか」 や 「全体のバランスの中で光っているか」 なので、このお2人は本当に素晴らしかったと思います。 初々しさが微笑ましかった♪

…と思えたのはやはり、周囲を固めていた他の俳優さん達の実力があればこそでしょう。






今回の韓国版ミュージカルでは、三銃士の過去のシーンなどオリジナルの場面も入っているということでしたが、これが凄く良かったです。 アトスとアラミスの過去の恋愛話はかなり濃い感じで、これだけでも別のストーリーが出来てしまうんじゃないかしら?と思うほど。 (宝塚とか、こういう題材好きそう…)

どの役者さんも声量もあるし舞台栄えがして素晴らしかったのですが、アトスさんの髪型だけはちょっと…。 揉み上げと中途半端な後ろ髪が気になって気になって気になって仕方ありませんでした。

「これは誰かに似ている」 と思ったら、「あ、京本政樹だ!!!」 と気が付いてしまい…

それ以降、どうしても京本さんにしか見えず困りました。 なはは。^^;



上演中はもちろん撮影等はNGですが、カーテンコールはOKが韓国流。
(劇場によって異なる場合もあるかもしれませんので御確認くださいね)

e0166398_0285971.jpg


それにしても、今回は舞台の両脇に日本語字幕が出てビックリしました!
どれだけ日本人狙いの公演なの?と。。。

調べてみたら、HISでも 「三銃士観劇ツアー」 なるものが組まれていたり、何だか凄かったのですね。 まぁあれだけアイドルさん達を集めた舞台ですから、普段はミュージカルを観ない人達もたくさん来るでしょうしね。 韓国エンターテイメントのアグレッシブさと言いますか 商魂の逞しさに驚愕した舞台でございました。


カーテンコールの最後、ダルタニャンと三銃士が4人で仲良く帰る姿が可愛かった。emoticon-0136-giggle.gif ↓

e0166398_029913.jpg


ミュージカル 「三銃士」 は今月21日でクローズしますので、興味がある方はお早めにどうぞ。 良い席はソールドアウトだと思いますが、金曜日の夜でも3階席の後ろの方は少し空いていましたので、特にこだわらない方なら今からでもチケットは十分手に入ると思います。

あ、そうそう、今回ソウルで観るのは無理…という方も大丈夫です。 ちょうど今日ツイッターで流れてきたホットなニュース(?)ですが、8月10日~25日に渋谷のBunkamuraオーチャードホールで上演されることが決まったのだそうですよ。 興味がある方はチェックなさってみてくださいね。



繰り返してしまいますが、「三銃士」 の舞台は思っていた以上になかなか楽しめる舞台でした。 日本語字幕までご丁寧にあって全部理解できたのも有り難かったですし。 個人的には繰り返し何度も観たいタイプの作品ではないですが、迷っている方には 「面白かったから観たらいいと思うよ」 とオススメしたい作品でした。 何ていうか、後味スッキリの気分の良い舞台でした♪


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-13 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル

ハワイのコナコーヒー専門店 KONA BEANS @ホンデ

e0166398_1501972.jpg


今日はホンデにあるKONA BEANSを御紹介します。 以前から何度も行っていたのですが 「チェーン店だし…」 と特に写真も撮っていなかった場所。 でも実はハワイの希少なコナコーヒーが飲める、結構こだわりの専門店だったようです。

調べたら、江南の新沙店などは結構有名のようですね。 アイドルグループ 「SUPER JUNIOR」 のメンバーのお母さん達が共同経営していらっしゃるのだとかで、彼らのファンの方々も訪れているそうです。 HiKoreaさんのこちらの記事にはメンバーのお母様が来店されていた時の様子もありました。 (アイドル御本人と写真を撮るのは分かるのですが、お母様とも撮りたいものなのでしょうか… ^^;)

e0166398_150266.jpg


でも私が時々行くのは弘大(ホンデ)店。 地下鉄2号線の弘大入口駅1番出口を出てそのまま大通りを直進し信号を渡ったところにあります。 すぐ数軒先にはインテリアのCASAMIAもありますので (フランスのSiaの雑貨も置いてあります)、在韓の方はチェックなさってみてはいかがでしょう?

e0166398_1503281.jpg


チェーン店、といってもなかなかこだわりの感じられる店内。 社長さんがハワイを訪れた時にコナコーヒーに感激してオープンしたというお店だけあり、ハワイっぽさが感じられる作りになってます。

ソウルのカフェは、キチンとガラス戸などで仕切られて完全分煙なのが嬉しい。↓

e0166398_1503746.jpg


メニューはドリンク類が中心。 コーヒー、ハワイアンジュース、アイスクリーム、その他ドリンク類などなど。 座席に置いてあったメニューを見たら、結構がっつり目のお食事もあるようだったので驚いたのですが、それは釜山のヘウンデ店だけのようです。。(無いのになぜソウルにもお食事メニュー表が置いてあるのでしょう…)

e0166398_150459.jpg


この日頼んだものはこちら。

e0166398_150514.jpg


…ひとつもコーヒーがありません。。。^^;;

一緒に行った人達は 「絶対ハワイアンジュースにする!」 と即決だったし、私はこの後仕事だったのでコーヒーはNGだし (日によって内臓に応えるから…) 寒い日だったからジュースも飲みたく無かったしで結局 「ハーブティー」 という この店では残念過ぎるチョイスに。。。

ちなみにここのハワイアンジュースは何度か飲みましたが、とても美味しいのでオススメです! こういうジュースが飲める場所って、あるようで結構少ないかも。(ソウルでは) KONA BEANSではコナコーヒーもいいけれど、暑い季節は断然ハワイアンジュースが◎です。

e0166398_1505745.jpg


引っ越してから 「家カフェ」 がマイブームなので以前ほどカフェに行かなくなってしまいましたが、女性同士で集まる時はやっぱりカフェが一番ですね。 早くテラス席でお茶が出来るような暖かい季節になって欲しい!

ほんと、今年のソウルの冬は寒過ぎ&長過ぎました。 寒さに強い私ですが、さすがに春が待ち遠しくて…。 4月も半ば近いというのに、今週は2度もチラチラッと雪が舞いましたから。



e0231876_0251970.png


<オマケ>
前回、東京に帰省した時に 実家から持ち帰ってきた本。 もう10年以上前の小学館のウィークリーブックですが、「やきものを楽しむ」 という全10回ほどあったシリーズものです。 最後の方に 「中国・朝鮮のやきもの」 という回もありましたが、当時は朝鮮半島の焼き物には特に興味は無くて。 でも韓国に来てからは、韓国の陶磁器、特に白磁に興味を持つようになりました。

ブログには書いてませんが、こちらに来てから時々白磁や青磁のお皿やお茶碗を少しずつ買い足したりしているので、少しずつ自分なりに勉強してみようと思っています!

e0166398_1512087.jpg



それでは皆さま、楽しい週末を。
ソウルはそろそろ桜が本咲きになりそうです。 お花見するなら今週末ですよ~ emoticon-0115-inlove.gif


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-12 00:00 | カフェ 弘大

セマウル食堂の 「7分キムチチゲ」 @ホンデ

e0166398_21123826.jpg


何週間も前の話ですが、久しぶりにセマウル食堂に行ってきました。 多分色んなガイドブックに載っている有名店ですので、説明は不要だと思いますが…。 こういうタイプのお店は、私よりも観光客の方々の方がずっと詳しいと思います!

今回はホンデの駐車場通りにあるお店に行きましたが、サンサンマダンの近くにも店舗があります。

e0166398_21124439.jpg


24時間営業というのが韓国らしいです。

入口の引き戸には水の入ったペットボトルが。 これを重石にして、扉が開きっぱなしになるのを防いでいるようです。 ナ~イスアイディア! emoticon-0137-clapping.gif

e0166398_21125078.jpg


ここは焼肉がメインなので、お昼時はそんなに混んでいないようです。

e0166398_21125699.jpg


メニューはこんな感じ。 前回日本人の方々と来た時は、日本語(英語?) で書かれたメニューを持ってきてくれたような気がしましたが、うろ覚えです。

この日、私と夫は 「7分キムチチゲ」 をオーダー。 夫は 「ここは焼肉屋だから、キムチチゲだけ注文って出来ないんじゃないの?」 と心配していましたが、大丈夫でしたよ♪ もしかしたら夜は嫌がられるかもしれませんが。

e0166398_2113248.jpg


焼肉の時はゴゴゴ…とこのパイプで煙を吸います。 ソウルの焼肉屋さんは 有名店から超ドメスティックなお店まで結構行きましたが、一番インパクトがあって美味しいと思ったのは結局 立ち食いカルビの店ソソモンヌンカルビチプだったかもしれません。

e0166398_2113819.jpg


この日はまだ寒かったのですが、4月に入ってようやくソウルも暖かくなってきました。 黄色いケナリ(개나리、レンギョウ) の花も咲いてきましたし、桜が咲くのももうすぐかな?

e0166398_21131427.jpg


そろそろキムチチゲが出来たようです。

お店のお兄さん達が物凄い勢いでチョキチョキと鍋の中の肉を切り刻んでいきます。 最初はこれが面白く感じたけれど、実を言うと私、あまり切り刻まないでくれた方が好きです。。。 (キムチのあのペラ~って感じが好き…)

e0166398_21132099.jpg


ぐつぐつ。 座席で煮込まなくても、座席に持ってきてくれる時点で出来上がっていますのでご安心を。

e0166398_2113257.jpg


白いご飯の上に豪快にキムチチゲをかけ、その上に刻んだ海苔を乗せて完成!

e0166398_21133174.jpg


お味は…何て言うか、以前食べた時よりも美味しいとは思わなかったのですが、初めて食べる方はきっと 「美味しい!」 と感激されることでしょう。 でもここは 「キムチチゲだけ食べに来るお店」 じゃないですね。 焼肉の後に食べるから美味しいのであって、キムチチゲそのものの質としてはまぁまぁな感じかな…

キムチチゲだけ食べるならうちの近所のドメスティックなお店の方が格段に美味しいですし (ブログではご紹介出来ませんが…)、観光客の方が行かれるなら 光化門のクァンファムンチプが絶対オススメです。 (潔癖症な方にはオススメ出来ませんが、お味は本当にお墨付きです)

e0166398_21134228.jpg


<オマケ>
セマウル食堂の近くでチラシと一緒に配っていた蛍光ペン。 「何だろう?」 と思って思わず手を出してしまったのですが、こんな可愛いペンでした。 とっても使いづらそうだけど、お子ちゃま達は喜びそう。 姪っ子にあげようかな。

e0166398_21133720.jpg



ここソウルも陽気は次第に春らしくなってきていますが、バスや地下鉄の中は ゴホゴホという危険な咳をする人がいっぱい居てドキドキしています。 季節の変わり目で風邪を引く人も多いみたいですね… 手洗い・うがいは忘れずに~

皆さんを無理をせず、健康第一でお過ごしくださいね。emoticon-0155-flower.gif


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-07 00:00 | 食  韓国料理

韓国キャスト版ミュージカル 「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」

e0166398_21465236.jpg


「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート (Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat)」 を観てきました。 タイトル長っ! ^^;

e0166398_11373175.jpg


場所は地下鉄2号線チャムシル駅すぐのシャルロッテシアター。 ロッテが作ったミュージカル専用劇場で、キレイだし、なかなか観やすい良い劇場です。(お手洗いも数が多くて清潔。)

韓国のソワレ(夜公演)は平日だと大体20時開演なのが便利です。 日本みたいに18:30開演とかだと 勤め人はなかなか観に行けませんから…

e0166398_11374315.jpg


この 「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」(以下 「ヨセフ」) は、「キャッツ」「オペラ座の怪人」 など世界的大ヒットミュージカルを生み出したアンドリュー・ロイド=ウェバーの手による作品です。

なんと彼が若干20歳の時に舞台化されたそうですが、才能もさることながら、20歳の若者が作品をきっちり商業ベースにまで乗せてしまったという方に感服してしまいました!

e0166398_1138363.jpg



作詞を担当したティム・ライスは、ディズニー製作の映画 「アラジン」「ライオンキング」 で主題歌の作詞を担当したミュージカル界の巨匠。 ロイド=ウェバーとは 「ジーザスクライスト・スーパースター」 や 「エビータ」 などのコラボレーションでもヒットを飛ばしています。

e0166398_2146591.jpg


劇場の1階奥にはギフトショップがあるのですが、過去に上演された演目のグッズやパンフレット、CDなどが販売されていて、見ていて結構楽しいです。 グッズも 「いかにも!」 という感じの趣味の悪いものではなく、意外にイイ感じのものが多いので、ファンの方はぜひご覧になってみてください。

e0166398_1138452.jpg


私は例のごとくインターパークでチケットを予約して行ったのですが、演目によっては平日公演なら予約せずにそのまま劇場に行って買っても良いと思います。(良い席で観たい方は別ですが。) そのぐらい、韓国の劇場って2階席はガラガラなんですよね。。。

2階席のロビーはこんな感じでガラガラ… お手洗いも込み合わないので快適ですが。

e0166398_11392861.jpg


以前にも書いたかもしれませんが、インターバークは英語のページもあるので 韓国語が分からない人でも気軽に予約する事が可能です。 (但し、英語版のページには反映されていない演目もあります。)

韓国語版のページから予約すると各種割引価格が適応されるので 英語版のページで予約するよりずっとお徳なのですが、かなり細かく個人情報を入力しなければならず、なぜか私の場合は 「外国人登録番号」 と名前を入力する画面でエラーが出てしまうんですよね。。。 仕方ないので夫に代わりに予約してもらうか、もしくは諦めて英語版ページから予約することが多いです。



予約したチケットは、1階にあるカウンターで受け取ります。 ちなみに、韓国のチケッティングシステムの良いところは、キャンセルがきくこと。 日本は一度購入すると取り消し不可なので 「風邪引いたり急用が出来たりしないかしら…」 と心配になりますが、韓国だとギリギリまでキャンセル可なので安心です。

e0166398_1139977.jpg



さて、「ヨセフ」 の物語について簡単にだけお話しておきましょう。

物語のテーマは 「旧約聖書の創世記」。 聖書なんて言われると何だか難しそうですが、ハッキリ言って中身はかなり薄い感じです。 元々子供向けに作られた作品だという話もあるぐらいなので、ストーリーはさらりと進む感じ。 そう、ズバリお子様向けミュージカルなんです、これは…。

父親であるヤコブは、12人の息子の中で 愛妻ラケルとの子として生まれたヨセフを猫かわいがりしている。 ヨセフは父親からマルチカラーのコートを作ってもらうが、兄弟達から妬みを買ってしまい、色々あって牢獄に入る事に。 でも決してめげないヨセフ。 ファラオの夢解きをして王室に重用されるまでなり、最後は兄弟とも無事に仲直り! …という感じの話。

詳しいストーリーはウィキペディアをご覧下さい。




アンドリュー・ロイド=ウェバー作品は日本では劇団四季が上演していますが、「確かヨセフは上演されたことが無かった気がする」 と思い調べたところ、やっぱりまだ一度も無いようです。 2011年3月に英国カンパニーの来日公演があったようですが、ツアー中に東日本大震災が起こり、カンパニーも途中で帰国したりと大変だったようです。

というわけで、日本人キャストでは まだ一度も上演されたことのない 「ヨセフ」。 韓国でも正式なライセンス契約をとっての上演は今回が初だそうです。 個人的な好みとしては、ぜひ次回は 「スターライト・エクスプレス」 をお願いします。


  <本日のキャスト>
e0166398_11382643.jpg


ヨセフ役には4人の俳優さんがキャスティングされていましたが、私が観た回のヨセフ役は 「チョン・ドンハさん」 という方でした。 他にはソン・チャンイさん、チョ・ソンモさん、イム・シワンさんがヨセフ役としてキャスティングされているそうです。

ちなみに この 「ヨセフ」 で主人公を演じる俳優には、ウエストエンドでも代々アイドル系のキャラクターがキャスティングされているそう。

例えば、70年代に日本でも一斉を風靡した 「オズモンド・ブラザーズ」 のダニー・オズモンドは、91年から97年にかけての北米ツアーで2,000回以上ヨセフ役で舞台に立った上、1999年の映画版にも出演しています。






今回の舞台の感想ですが、全体的には歌唱力もダンス力もあって 良かったと思います。



主役のヨセフをやったチョン・ドンハさんは、まずルックスがヨセフ向きの可愛らしくて若々しい感じ。 まずそれが一番良かったと思います。 歌唱力も物凄くあって、全然不安な感じが無かったのは素晴らしかったです! emoticon-0137-clapping.gif

ただ、ビブラートのかけ方とかやたらと哀愁漂う歌い方が 「あれ? この人はミュージカル畑の人じゃ無さそうだな」 と思ったら、やっぱりミュージカル俳優さんというわけじゃないんですね。 調べてみたら、ロックバンド 「復活(プファル)」 で歌っていらっしゃる歌手の方だそう。(← これ、常識情報なのかもしれませんが、私は芸能界の事を知らない人間なので申し訳ありません…)


ドンハさん、ビックリするぐらい歌は物凄くお上手でした、本当に! ただ、彼が歌いだすと 「ヨセフの舞台」 というよりも 「チョン・ドンハ オンステージ」 になっちゃってたんですよね。。。 太くしっかりとした声質が、ヨセフの 「父親に甘やかされて育った少しワガママな末っ子」 というキャラクター向きではなかった気がしたし、何と言えばいいのかわからないのですが、後半からは 「ヨセフ」 を見ているというより 「ドンハさんを見ている」 感じになっちゃって。

例えば、そこまで力を入れるほどの場面じゃないところで 物凄く感情を込めて歌いきってるところがいくつかあったのですが、「確かに歌は物凄く物凄~くお上手なんだけど、物語の雰囲気としてはそこまでやる必要は無い気がする…」 と思う箇所がいくつかあったり。





ミュージカルって 「カンパニー全体の力」 が大切で、「全体のバランス」 を守りつつ キラッと光るのが重要だと私は思っているので、ドンハさんも 舞台全体の様子を把握して 力を入れるだけじゃなく「引く」演技や歌を歌えるようになればミュージカル界でも大活躍してくださる逸材になれるのではないかと思いました。 大いに期待しております! emoticon-0100-smile.gif



ヨセフは20分の休憩を入れても2時間10分の短い舞台。 カーテンコールがとても長かったのですが、あれで盛り上げてくれたから最後は 「楽しかったね!」 という感じになれたけど、カーテンコールが無かったら イマイチ盛り上がれずに終わった舞台だったと思います。

ロイドウェバー作品の初期のものですから洗練されきって無いですし、子供向け作品なので仕方ないとは思いますが、作品としては 「1度観たらそれでいい」 と思いました。 ウエストエンドでもやっていたら、1度は観てみたいと思いますが。



カーテンコールの時は写真OK、ということで皆さんが撮りまくっていたので、私も急いで1枚だけ写してみました。 それにしても今回は周囲のオーディエンスに恵まれず、隣の席のアラサー女性2人は上演中もぺちゃくちゃしゃべりっぱなしだし、後ろのオジサンはドンドカ座席を蹴ってくるしで 少々イライラしました。 「ここは私の国じゃないのだから文句は言うまい…」 でグッと堪えましたが。 ふー。。

e0166398_11393824.jpg


書き忘れましたが、お衣装がなかなか良かったです。 韓国人デザイナーさんがデザインしたそうですが、部分的に韓国的な色彩が感じられましたし。 特に、趣味が悪くなりがちなヨセフの 「虹色のコート」 が、とても品良く仕上がっていたのが良かったですよ♪



ところで、2007年にアンドリュー・ロイド=ウェバーを審査員に迎えたBBC制作のオーディション番組 「ANY DREAM WILL DO」 というのがあったのをご存知でしょうか?

何千人もの応募者の中からロイド=ウェバーを含む審査員と一般視聴者が審査し、優勝者にはヨセフ役が与えられるというリアリティーショーですが、リー・ミード君という当時25歳の青年が優勝しまして。 勝者となった リー・ミードを主役に 「ヨセフ」 がウエストエンドで開幕すると、全英中が熱狂! チケット入手が困難になるほど、大ブームとなったそうです。


●優勝したリー・ミード君が番組の最後で 「ヨセフ」 のテーマ曲を歌うシーン



リー君は震災のあった年のクリスマスに、なんと東京へも来てくれています。 色々なアーティストが原発事故の影響で日本行きを取りやめた中、こうやってすぐに来てくれて明るくメッセージをくれたというのは嬉しいですよね。 emoticon-0106-crying.gif

彼のホームページでは、ジャパンツアーの様子をビデオでたくさん観ることができますので、気になる方はご覧になってみてくださいね。 ファミマで楽しく買い物をするリー君などのホノボノ映像も観られます。emoticon-0102-bigsmile.gif






今回韓国で 「ヨセフ」 を観るにあたって色々調べた結果、結局 韓国版ミュージカルとは関係の無いリー・ミード君にハマってしまったという…。emoticon-0127-lipssealed.gif

それはともかく、私にとっては 「幻の作品」 であった 「ヨセフ」 を観られて本当に良かったです。 「あ、このメロディー、オペラ座の怪人のあの場面とソックリ!」 なんて部分があったり、「CATSのあのシーンとウリ二つ!」 なんてシーンもあったりして、若きロイドウェバーの模索が感じられました。 ロイドウェバーものファンには別の意味で楽しめる舞台だと思います。


韓国版 「ヨセフ」 の上演期間は2013年2月12日~4月11日まで。 来週には終わってしまうので、お早めに!



人気ブログランキングへ ← 最後にこちらもポチッとしていってくださると嬉しいです☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-06 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル

桜の季節に 「クリームのお菓子箱」 を教えて頂きました。

e0166398_0235340.jpg


同業者のお友達2人と一緒に、ヨメコさんのお宅に伺ってきました。 3月の頭に仕事で集まった際に、ちょっと雑談で 「最近こんなサロンに参加させて頂いて…」 と話したら 「ぜひ行ってみたい!」 となりまして。

韓国歴も長く、私から見ると 韓国にすっかり馴染んでしっかり地に足を付けて生活しているように見える彼女たちでしたが、話を聞いてみると 異国の地で不便を感じながら 「もっと生活を充実した素敵なものにしたい」 と思っているのは一緒なんですよね。 私達は普段、家と職場との往復で一日が終わってしまいがちなので、新しい人達との出会いや素敵な物にとても飢えているのです。

e0166398_02413.jpg


2人はヨメコ邸に入った瞬間から、「うわ~素敵! この置物はどういったものですか?」 などと大興奮。 1人の方が 「ずっと気になっていた」 というクラフト作家さんの本が置いてあり、ヨメコさんともお知り合いだと分かって大いに盛り上がっていましたよ♪

まずはとっても素敵なランチを頂きました。

e0166398_024717.jpg


丁寧に食べ物を取り分けてくださるヨメコさん。 が、「yossyさんは食べられるものを御自分で取ってくださいね~」 と言われました。^^; 私、どれだけ食べ物の好き嫌いが多いと思われているのでしょう… 気を遣わせてしまって申し訳ありません。。

でも私、人と一緒にレストランに行ったりする時も、「私はあれもダメ、これもダメ」 と言う面倒くさいタイプでは無いですのでご心配無く。(多分…) たとえ食べられない食材がチラッと入っていても、自分で適当に避けながら食べますのでご安心くださいませ。 実際、この日お出し頂いた食べ物で食べられなかったものは1つもありませんでしたよ♪

頂いたお料理は本当にどれも美味しくて… ヨメコさんの味付けは、私の腸にとても合うようです。 口に合う、もそうですが 「腸に合う」 のです。


素材のお味を生かしたポトフは、マスタードを入れて食べると恐ろしいぐらいピッタリで美味でした。

e0166398_0241393.jpg


話題は食べ物の話になり。

私よりも以前から韓国に住み 昔の韓国を知っている今回のメンバーの皆さんに言わせると、2000年代頭と比べてビックリするぐらい韓国の食べ物事情は良くなったそうです。

例えば、ケーキひとつ取ってもそう。 まだまだ美味しいと思えるケーキは少ないけれど、頑張って探せば今は割と美味しいケーキも買えますよね。 でも2000年代頭は 生クリームではなく 「バタークリーム」 のケーキが主流で、お店でも平気で冷凍したケーキを解凍して売っていたり、とても残念な状況だったのだそう。 (それは今でもありますが)

e0166398_0241967.jpg


パンに添えられているのは、フランスの無塩バターにトリュフのペーストを混ぜ、ひと手間加えられた美味しいバター。 この日のメンバー全員一致で 「韓国でバターは絶対に買わない」 と言っていましたが、毎回日本から持ってくるのは大変なので、ぜひぜひ韓国でも美味しいバターが手軽に買えるように早くなって欲しいです!

e0166398_0242540.jpg


おしゃべり好きなメンバーが集まったので、話はどんどん膨らみ…

韓国と日本の 「割り勘文化の違い」 の話になりました。 ご存知の方も多いと思いますが、完全に割り勘文化の日本と違い、韓国では 「誰かがまとめて全員分払う」 奢る文化なんですよね。 もちろん、友達同士で食事をする時は割り勘にすることもあるようですが、年長者と食べる時は大抵年長者が全て支払います。

ただ、この日のメンバー曰く、「年長者に奢って貰うといっても、韓国の若い子達は絶対に奢られっぱなしにするような失礼なことはしない。 大抵、他のものでキチンと返してよこす」 とのこと。 これは私も深く同感です。

e0166398_0243139.jpg


私も卒業生達と個人的に会うことが結構ありますが、そんな時は大体私が奢ります。 仕事してない子の場合は 「食事→お茶」 まで全て私がご馳走。 でも、彼らは必ず事ある毎にお土産をくれたり、突然 「先生に合いそうなものがあったのでプレゼントです」 と別の形で返そうとしてくれるんです。

逆に、日本から来た日本人留学生というのは 「韓国って年下は奢られていい文化なんだよね~ラクちん♪」 と、自分に都合の良い解釈で誤解したまま馴染んでしまうため、何度も何度も 「ごちそうさまで~す」 だけで奢られっぱなしになり、傍から見るとちょっと失礼な子になってしまうことも多いのだそう。

この日ご一緒した先生の一人は、こういう姿勢の日本人留学生を見る度に 「あれ? あなた、それはちょっと違うでしょう…」 と違和感を感じると言ってました。 (私は日本からの留学生との接点が無いので、全く気付きませんでした!)



これを聞いて私、改めて確信しました。 今回の 「奢る文化」 の話のみならず、やはり国が変われど 文化が変われど、自分が今まで生きてきた常識で考えて 「これは失礼だな」 と思うことはやっぱりどの国の人にとっても失礼なのだ…と。

私は日本人ですから、どうしても日本人としてのクセや考え方が抜けないところがあります。 けれども、自分の常識で考えて 「こうやっておけば絶対に失礼にはあたらない」 と思うとおりにしておけば、多少やり方が違っていたとしても 絶対に失敗は無い、ということです。  外国に行ったら、その国の文化を自分で勝手に解釈しないようにしなければいけませんね。



というわけで、日本から短期 or 中長期でいらっしゃる留学生の皆さん、「日本ではこれをやったら失礼だけど、韓国ではオッケーだよね」 と安心しないように御注意を~。 ある意味、韓国は日本以上に目上の人に対するマナーに厳しいお国柄です。 他人、特に年長者には少しオーバーなぐらいに敬意を払っておくのが正解だと思います。

考えてみたら私の学生達も 私の研究室に来て何か質問したりお願い事をしてくる時、ちょこっと缶ジュース1本とかドーナツ1個とかを持ってきてくれたり、御礼のグリーティングカードをくれるのですが、こういった気遣いは日本の大学生以上だな…と思います。

言うまでも無く、物を持ってくるのがどうとかではないですよ。^^; その心が素直に嬉しい、という話です。

e0166398_0243726.jpg


さて、ようやく今日のテーマ、「クリームのお菓子箱」 作りのスタートです。

時間とスペースの都合上、サブレはヨメコさんがあらかじめ作っておいてくださり、私達は 「クランベリーバタークリーム」 と 「ピスタチオクリーム」 を作らせて頂きました。 レーズンではなくクランベリーを使うというのがアイディアですよね♪

e0166398_0244261.jpg


キャスキッドソンのエプロンが可愛らしいお友達。 ↓

…と私が指摘したら、「yossyさんのカメラ女子会の記事を思い出しちゃった~。 『オシャレな服やネイルをしている人と一緒に食事をする時は、積極的に被写体になってもらってる』 とyossyさんが言ったら、なゆさんが 『まだ私、一度もyossyさんの写真の被写体に採用されたことが無い…』 と言った、というのが可笑しくて!」 ですって。 しかも 「マニキュアしてくれば良かった」 と言い出したので、思わず笑ってしまいました。

(でも本当、カメラを持ってる時にキレイな手元・オシャレな洋服やアクセサリーの人が一緒だと、「ありがとう。。。」 と思います。)

e0166398_0244823.jpg


卵白と砂糖を合わせて しっかり目のメレンゲを作ります。 思った以上に体力勝負な作業!

e0166398_0245319.jpg


クランベリーを足します。 ちなみにクランベリーをはじめお菓子の材料は芳山市場(バンサンシジャン) で調達されたとのこと。

拙著 『su・te・ki ソウル雑貨』 でもご紹介しましたが、芳山市場にはお菓子用品を売る問屋や壁紙の問屋が軒を連ねていて、好きな人には魅力的な場所だと思います。 ただ、砂埃なのか排気ガスなのか空気が悪いし、大きな荷物を運ぶオジサンがぶつかってきそうになったりして なかなかディープな場所ではあります。

e0166398_0245952.jpg


クリームが出来たら瓶につめつめ。 空気が入ってしまうので、トントンと底を叩きながら詰めます。

クリームは固くなってしまうので冷蔵保存できませんから、一両日中に食べるのがベターとのこと。 そう考えると、普段仕事をしている私達が 「材料をわざわざ市場に出向いて買って、時間をかけて作って、なのに1日しか持たない、、」 というのはハードルが高過ぎてなかなか実践するのは難しいのが現実…。 でも、1つ1つ丁寧に作業するという心掛けというか 「心の余裕を持つ事の大切さ」 を感じられたのが、今日の学びだったと結論付けました。

e0166398_02562.jpg


今、日本ではサロネーゼブームだそうですが、世の中の女性たちが憧れる理由というのは 作業(料理・クラフト)そのものの外(そと)にあるのではないかと思うんです。 先生のライフスタイル・生活空間を直に感じることで、ハッと気付きがあったり 自分の生活に良い影響を与えてもらえるに違いないと期待するからこそ、緊張しながらも わざわざ出向くのでしょう。 少なくとも私はそう。

この日も 何から何までキチンと準備してくださっていたヨメコさん。 楽しくてすっかり長居してしまいましたが、後から疲れてグッタリされたのではないかと心配しています。。><

e0166398_0251157.jpg


瓶詰め作業の後は、商品名が書かれたラベルを貼っていきます。

e0166398_0251817.jpg


出来上がり♪ どうにか真っ直ぐ貼れました。

e0166398_0252535.jpg


準備いただいていた手作りのサブレと共に、箱詰めしていきます。 後から開けるのが勿体無い!

e0166398_0253142.jpg


じゃーん、完成です。

e0166398_0253874.jpg


このサブレが絶品で、甘すぎずとても上品なお味でした。 このサブレの作り方を教えて頂きたかったぐらい!(レシピは頂いてきましたが)

早速その日の夜、夫と一緒に頂きましたが、「食べるのが人生最大の喜び」 で 味に対するジャッジが厳しい彼が 「このサブレ物凄く美味しい!」 と大絶賛でしたよ。

e0166398_0254567.jpg


桜の季節を意識したピンクの可愛らしい紙でぐるりと巻いて完成。 韓紙にプリントしてくださったものです。 ソウルではまだ桜は開花していませんが、一足早く春のうきうきした気分を味わう事が出来ました♪

e0166398_0255255.jpg


作業の後は素敵なティータイム。 ヨメコさんが息切れしてゼーゼーいってて心配でした。。
(本当に私達、しゃべり過ぎたと反省しています。。。)

e0166398_0255888.jpg


雰囲気があって素敵な真鍮の薬用スプーンは、踏十里(タッシムニ)で買ったそうです。 踏十里は独特の雰囲気で韓国語NGの観光客の方には少しハードルが高いかもしれませんので、「ちょっと見てみたい」 程度なら仁寺洞の古道具屋を覗かれるのをオススメします。

e0166398_026525.jpg


過去記事を探したら、仁寺洞で見つけた真鍮のスプーンの写真がありました。

e0166398_23415549.jpg


一日中曇り空でハッキリしない日でしたが、心がほっこり温かくなるような素敵な時間を過ごさせて頂きました。 ご一緒した2人も外に出た途端、「現実世界に戻ってしまった~!」 と叫んでいましたよ。emoticon-0136-giggle.gif

ヨメコさん、皆さん、楽しい時間を本当にありがとうございました。
暑くならないうちに、真鍮の器で頂けるパッピンスのお店にもご一緒しましょうね♪

e0166398_0261241.jpg


「ピヨ! ちょっとちょっと、ワタシのことを忘れてな~い? サロンのアイドル、ヴィオレットちゃんデス」

e0166398_0261925.jpg


「『鳥は見てるだけなら大丈夫だけど、羽ばたかれると怖い』 なんて失礼な事を言うオネーサンが居たから、ワタシ、思いっきりオネーサン目掛けて羽ばたいちゃったの。 ママは 『ごめんなさい~!』 って謝ってたけど、オネーサンの頭に乗っちゃえばよかったと後悔してるぐらいだワ」


(サロンでは一般の方の募集は行ってないそうなので、お問い合わせはお控え下さいね。)


e0231876_0251970.png


emoticon-0171-star.gifオマケ

普段バタバタの私なので、「美しく丁寧な生活を送る」 のを実践するのは なかなか難しいけれど…
せめて、と 抹茶を点ててサブレとクリームと一緒に頂きました。 (元・茶道部員)

e0166398_112731100.jpg


少しは心に余裕が出来たかしら…



今週はソウルも東京も雨模様の日が続くみたいですね。 空が薄暗いと何となく気分も沈みがちになりますが、こんな時こそ元気に外に出て身体を動かさねば。 emoticon-0165-muscle.gif


それでは皆さん、風邪など引かないように注意して元気にお過ごしくださいね。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-04-02 00:00 |     生活雑記


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

人気ジャンル