<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

モビールの生みの親、アレクサンダー・カルダーの展覧会 @サムソン美術館Leeum

e0166398_158862.jpg


9月の頭にサムソン美術館Leeumへカルダー展を観に行ってきました。

今回の主役であるアレクサンダー・カルダーさんというのは、動く彫刻 「モビール」 の生みの親として知られるアメリカ人の彫刻家・現代美術家。 なぜだか私、ずっと彼をデンマーク人だと思っていました。


展示会場であるLeeumは、地下鉄6号線の漢江鎮駅からすぐの便利な場所にあります。 ソウルの中でも個人的に特に好きな美術館。 私が韓国に来た2007年以前は、確か完全予約制の美術館だったと記憶していますが、今は誰でも普通に入ることが出来ます。 今回は企画展のみ入りましたが、白磁などのディスプレイがある常設展も 建物と展示物の雰囲気がマッチしていて素晴らしく、オススメです。

e0166398_1581581.jpg


印象的な建物の設計は、世界的に有名な3人の建築家、スイス人建築家マリオ・ボッタ、フランス人建築家ジャン・ヌーベル、オランダの建築家レム・コールハースが手掛けています。 建物自体が美術作品という感じ。

重い荷物をクロークで預かってもらい、お財布だけ持って展示室へ。 会場内は普通のカメラでの撮影はNGだそうですが、携帯電話のカメラでならOKなんだそう。 摩訶不思議… というわけで、次からの写真は全てiPhoneで撮ったものです。


韓国にもこんなオシャレなオジサマがいたのかと思わず見てしまいました。(スミマセン。)

e0166398_1582229.jpg


建築家レム・コールハースさん設計の美しい階段と天井。 この階段を上ると会場です。

e0166398_1582975.jpg


今回の展示は、Leeumとニューヨークのカルダー財団が共同で企画したもので、国内最大規模の回顧展となるそうです。 作品数は118点に及び、カルダーの生涯にわたる代表作を網羅しているそう。 モビールとスタビルだけでなく、カルダーの原点といえる針金彫刻等、様々な作品が展示されているのが特徴です。

モビールでも有名なデンマークを旅行した時→ に買えなかったので、今回何か売っていたら1つ欲しいと思っていたのですが、残念ながら売っていませんでした。 モビールをモチーフにしたマグカップなどはあったけれど。

e0166398_1583942.jpg


モビールはそれ自体も美しいですが、影がまた美しいですね。 会場内は風が無かったので揺れていなかったですが、ゆらゆら揺れているところも見てみたかったです。

e0166398_1585237.jpg


針金の作品は、なかなかユニークなものもいっぱい。 下の写真の左上、見た瞬間に砲丸投げの室伏選手を思い出してしまいました!

e0166398_1585847.jpg


カルダー展は10月20日まで開催されています。 月曜日は休館日なので注意。 なかなか素晴らしい展覧会だったので、興味がある方は梨泰院散策のついでにぜひ行ってみてください♪



e0166398_15963.jpg
<オマケ>
美術館の後は当然お茶でしょ! ということで、Leeumからも徒歩すぐの有名パティスリーPassion5へ。

今回ご一緒したメンバーは総勢5名。 美術館内は皆バラバラ、気ままに見て歩きましたが、カフェでは長い時間おしゃべりに花が咲きました。

メンバーのハッピーニュースにビックリ&幸せ気分をお裾分けしてもらったりもして、とても楽しく有意義な一日となりました。 ありがとうございました♪ またご一緒しましょうね。



秋は始まったばかり。 今学期はなかなか平日に時間が取れないのが残念ですが、隙間時間を狙って 「芸術の秋」 をしたいと思います。

季節の変わり目のせいか、最近は風邪引きさんも多いようです。 (私も地下鉄かバスで風邪を移されましたが、早めに薬を飲んだお陰か 今のところは軽い咳だけで済んでます。) 皆さんもどうぞご注意くださいね!


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-09-22 00:00 |     ミュージアム

真鍮の器でいただく伝統茶&スイーツの店・ノッグルッカジロニ @景福宮

e0166398_2318146.jpg


8月に友達が連れて行ってくれたカフェ、놋그릇가지런히 (ノッグルッカジロニ) をご紹介しますね♪

タイトルに書いた通り、ここは真鍮の器で伝統的なお茶やスイーツをいただけるお店です。 景福宮駅から徒歩5分ちょっとだったでしょうか。 サムゲタンで有名な土俗村を通り過ぎて少し行った路地にあります。 お隣には雑貨店のmarket m。

address: ソウル市 鐘路区 通仁洞 118-9
phone: 02-736-6262

e0166398_2318824.jpg


韓国の普段の食卓には、残念ながら真鍮の器が登場することはまずありません。 真鍮どころか、器自体にこだわりが無い人が大半かも…。 コレールのような割れないお皿を使っているご家庭も多いですし、せっかく素晴らしい陶磁器の伝統があるのに 勿体無いなといつも思います。



そんな韓国の真鍮ですが、私が初めて真鍮をいいな~と思ったのが、夫のお祖母さん宅にあった調理用の入れ物 (何十年も昔からある古いもの) を見た時でした。 食材を流し込んで固めるために ボールのような用途で使っていたのですが、とても素敵だったのでそう伝えたところ、「いくつかあるからあげる」 と頂いてしまいました。

ついでに、デパートで真鍮のスッカラ(スプーン)とチョッカラ(お箸)を2セット買い、雑貨本の表紙用に使ったことがありました。 器に描かれた、妙にレトロっぽい花柄がツボです。 ↓

e0166398_2318167.jpg



さて、前置きが長くなってしまいましたが、お店の中をご紹介しましょう。

e0166398_23182433.jpg


窓際にディスプレイされている美しい器。 物凄く高そうです!

e0166398_23183123.jpg


店内はこんな感じ。 整然と美しく並んだテーブルは、大人のカフェといった雰囲気です。

実はここ、第2回カメラ女子会の会場としてどうかと御紹介されて下見に行った場所だったのですが、諸々の理由で今回は残念ながら見送りにしたお店だったんです。 でも本当に素敵。 個人的にくつろぎに行くには強くオススメのお店です!

e0166398_23183919.jpg


2階部分が展示スペースになっているというので、店長さんにお願いして見せていただくことにしました。 普通の雑貨店みたいに誰でも勝手に入れるという雰囲気ではないので、見たい方は勝手に上に行かず、一旦1階にいるお店の方に許可を得た方が良さそうです。

e0166398_23184542.jpg


写真を撮っていいか伺ったところ、「日本の方ですか? どうぞ」 と言われたのですが、外国人だったからOKだったのでしょうか… よく分かりませんが、お言葉に甘えてたくさん撮らせていただきました。

下の写真のように、真鍮の器にカラーグラスを合わせるというのも素敵だな、と勉強になりました。

e0166398_23185286.jpg


そういえばお店の方が 「日本で行われる展示会にも出品します」 とおっしゃっていました。 いつ、どこで開催される展示会だったか忘れてしまったのですが… スミマセン。

e0166398_2319088.jpg


パンタジ(李朝家具の収納箱) の鍵の部分にスプーンを挟むというの、面白いアイディアですね。

e0166398_2319645.jpg


ずらりと並んだ美しい心中の器。 でもこれ、定期的にキチンと磨いてあげないと、変色して大変なことになります。。

(含有量などによっても違うと思いますが、私のスッカラとチョッカラは キチンとやわらかい布で包んで保管しないと、あっという間にオレンジ色に変色します)

e0166398_23191393.jpg


e0166398_23191951.jpg


お値段は聞きませんでしたが、ここに置いてあるものは全てかなり高級そうでした。

e0166398_23192538.jpg


統一感の美、ですね。

e0166398_23193329.jpg


e0166398_23194034.jpg


なかなかまとめ買いは難しいですが、気に入ったものを少しずつ集めていくなんていうのも楽しいかもしれません。 韓国料理はもちろん、アジアの他の国のお料理を入れても合いそうですね。

e0166398_2319487.jpg


さあ、そろそろ注文したものが出来上がる頃なので、1階に戻りましょう。

女性のオーナーさんと思しき女性が、にこやかで本当に親切で、とても感じの良い方でした。 ^^

e0166398_23195631.jpg


注文した物が到着。 私が頼んだのはベーシックにパッピンス。 手前は友達が頼んだもの、トッ(お餅)とアイスクリームのセット。 お茶は無料でサービスしてくださいます。

e0166398_2320591.jpg


e0166398_23201298.jpg


今年の夏はソウルも本当に暑かったので、かなりの回数パッピンスを食べました。 日本にいた頃は あまりアズキは好きじゃなかったのですが (茶道部員だった時代に 無理やり和菓子を口に入れていた程度…)、パッピンスを食べるようになってからだいぶ慣れました!

e0166398_23202061.jpg



平日だったせいもありますが、お客さんも全然いなくて (←それはそれで心配ですが…) 静かな雰囲気の落ち着けるお店でした。 上にも書いたように、すぐ近くにはサムゲタンで有名な土俗村がありますから、ランチ→デザートとはしごしてもいいかもしれません♪



さて、韓国はチュソク(お盆)の連休に入りました。

うちは既に前倒しで日曜日に 義父のお墓掃除をしに行ってきました。 車で往復3時間の距離です。 ソウルは土地が無いので、お墓らしいお墓というと どうしても地方になってしまうんですよね…。 そして更にチュソク当日は お祖父さんのお墓掃除に親族一同で行く予定です。

お祖父さんのお墓というのがビックリするような山奥にありまして… ほんと、モムチャンダイエットしなくていいぐらいの運動量を要求される場所なんです。 ご高齢の親戚達は、本当に辛そうに登ってらっしゃいます。 文字通り 「登山」 という感じで。 ^^;


韓国の名節は一般的に 「お嫁さんが大変」 と言いますが、最近は家庭によるかなという気もします。 この時期を狙って、海外旅行などに行くご家庭もあるようですし。 とはいえ、一般的には準備が物凄く大変で、ストレスが溜まり疲労困憊になるのが韓国の名節。 ニュースでも連日 「名節時期のミョヌリ(嫁)のストレスが云々…」 と報道しています。

でも頑張った分、絶対に良いことも同じだけあるハズ。 在韓ミョヌリの皆様、お互い頑張りましょう~
(あ、お金の準備もしなくちゃ。 …と、出費がかさむ行事でもあります。。)



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-09-18 00:00 |     景福宮

お久しぶりのGECKO'S @梨泰院

e0166398_2512670.jpg


UPしたい写真は色々あるのですが、後期の仕事もはじまり、ブログを書くためにパソコンに向かう心理的余裕がありません。。 なるべく写真を捨てたくはないので、出来るものからパパッとUPしていきたいと思います。

まずはこちら。 ちょっぴりお久しぶりのお気に入りバー、GECKO'S です。 外国人の街・梨泰院らしさが溢れる大人のバー。 ここに来るたび、イギリスのパブを思い出します。 お店の場所や雰囲気等の詳細は過去記事をご覧下さい。

e0166398_2514327.jpg


このカシス色のドリンクはアルコールではなくジュース。 が、何を注文したのか全く記憶がありません。。 まだ1ヶ月も経っていないというのに… 最近自分の記憶力の悪さ (特に名前系) にショックを受けることもしばしばです。

e0166398_2515096.jpg


こちらは覚えています、ポテトフライです。(見れば分かるって?)
30代を過ぎてから、こういったジャンクなものは好んで食べたいと思わなくなってしまったのですが、それでもたま~に懐かしくなって食べたくなる瞬間があります。 この日はまさにそうだった感じ。 かなり量が多かったので、3人でちょうど良かったです。 4~5人でもいいぐらいかも。

e0166398_2515625.jpg


一緒に行った韓国女子さんがオススメというので注文したこちら、初めて聞いたメニューでしたが、名前は失念。。 トルティーヤの皮で作られていました。 タコスっぽい味がしました。

e0166398_252230.jpg


中身はチーズたっぷりとチキン、トマト。 ここには入ってませんでしたが、Tさん曰く サルサソースを入れても美味しいのだとか。 チーズは特別大好きというわけでもない私ですが、この日はとっても美味しく感じました。

e0166398_252914.jpg


Tさんのネイルの色がとってもキレイだったので、思わず目が釘付けに。 オススメのメーカーを聞き、帰りにマネして買ってしまったほど。 (私はもっと大人しい色を選びました)

e0166398_2521571.jpg


「好きで~す♪」 と言いながらケチャップでハートマークを描くTさん。 女子だね!

e0166398_252215.jpg


Tさん、Hさん、久しぶりに会えてとっても楽しかったです。 でも、久しぶりでもあまり久しぶりに感じないのは何故だろう? 次回は旅行のお話を聞かせてくださいね~


<オマケ>
e0166398_3462699.jpgGECKO'Sで食べたものに触発され、翌日、自宅でも同じようなものを作ってみました。 作り方は非常に簡単なので、ちゃんと美味しくできました。 中には牛肉、タマネギとトマトのみじん切り、チーズ、サルサソースを入れました。 上の白いのはサワークリーム。
トルティーヤなどの材料は、梨泰院のFOREIGN FOOD MART で買いました。 外国に居るような気持ちになる、楽しいスーパーです♪



ソウルはすっかり秋になりました。 朝晩は肌寒く感じる日もあるほど。 秋が大好きな私は ようやく水を得た魚のようにウキウキしているのですが、ソウルの秋はあまりに短く、毎年あっという間に冬がきてしまいます。

短い秋、今年は 「芸術の秋」 にできたらいいな。 (結局 「食欲の秋」 になりそうな予感ですが… ^^;)


人気ブログランキングへ ← 最後にぽちっとクリックしていって頂けると嬉しいです☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-09-08 00:00 |     梨泰院

第2回ソウルカメラ女子会、カメラレクチャー付♪ @cafe Moss &国立中央博物館

e0166398_037918.jpg


夏休みの終わりに… 第2回ソウルカメラ女子会を開催いたしました。

今回は日系カメラメーカーにお勤めのOさんのご厚意で、なんと、人数分の一眼レフを貸して頂けることになりました。 タイミング良くOさんの会社で大量にカメラを使うイベントがあったお陰なのですが、このようなチャンスは滅多に無いこと…。 本当にありがとうございました!

更に図々しくもOさんに簡単なカメラレクチャーもお願いし、普段はカメラを全然使わない方々もご参加いただいての 「カメラ女子会・入門編」 となりました。


(この記事の写真は全て、今回お借りしたカメラで撮ったものです。)

e0166398_0371658.jpg


今回集まっていただいたのは、なんと18名! 私のお友達や、今回のイベントにご尽力くださった なゆさんのお友達、そしてお友達のお友達…という感じで集まって下さった皆さんです。

ゆりんさん、まみをさん、ヨメコさん、しおりさん、イクラさん、まいこさん、きょうこさん、じゅりさん、ちひろさん、じゅんこさん、ともこさん、ラビさん、Noharaさん、あっきーさん、あやこさん、よしこさん、そして色々一緒に準備してくれた なゆさん、ありがとうございました☆

急にお仕事や体調不良で来られなくなってしまった方々もいらっしゃって残念でしたが、また機会があればぜひ。 (来られなかったのにプチ・ギフトを用意してくださったkayさん、本当にサンクス♪ 016.gif

e0166398_0372380.jpg


せっかく全員分の一眼レフを貸し出していただける上、これだけの人数が集まったので、普通にレクチャールームで写真を撮るのでは面白く無い…というわけで色々考えた結果、以下のようなルートとなりました。


①おしゃれカフェでカメラのレクチャー&ワッフルを食べながら店内で撮影実習
                 
②国立中央博物館でガイドツアー&気に入った作品を撮影
                 
③博物館内の伝統茶カフェでフィードバック

e0166398_0373044.jpg


というわけで、まずは地下鉄4号線二村駅4番出口から徒歩5分の場所にあるカフェ 「Moss」 さんへ。

この界隈はオシャレなカフェが少ない上、どこもかしこも予約不可だったため、本当に大変でした。 Mossさんも最初は予約不可だったのですが時間帯限定で予約を受けていただき、その上とても親切にしていただいて本当に感謝しています!


時間通りにレクチャー開始。 「皆さん、欠席とか無くビシッと集まるんですね~」 と、Oさんはビックリしていらっしゃいましたが、考えてみたらそうですよね! でも何せ今回はただの 「カメラ講習会」 ではなく 「カメラ女子会」 ですので。037.gif

e0166398_0373749.jpg


説明していただいた通り、真剣にダイヤルを回しながら撮影をする皆さん。

はじめましての方々同士も、とても和やかに話しながら撮ってらっしゃいました。 何か目的があって集まると、自然な形ですぐ打ち解けられるのがいいですよね♪

e0166398_0374484.jpg


マジメにメモを取る方々もいっぱい。 016.gif

e0166398_0375228.jpg


途中から入ってきたオジサングループの皆さん、窓際のテーブルに座りながら一緒にレクチャーに耳を傾けていて可笑しかったです!037.gif きっと日本語は分かっていなかったと思うけれど。

e0166398_0381163.jpg


cafe Mossさんは、週末は常に満席の大人気のオシャレカフェです。 今回私はバタバタしてしまってまともに飲食物の写真を撮れなかったので 素敵さもイマイチ上手く伝わっていないと思うのですが、ドリンク類の種類も豊富でとても良いお店です。 またそのうちゆっくり伺いたいと思います。 本当にお世話になりました♪

(行き方: 二村駅4番出口を出てそのまま直進。 2つ目の十字路を渡ったら左折し数軒目。 角にセブンイレブン有。 駅から徒歩5分弱。)

e0166398_0381716.jpg


予定時間通りにカフェを出たら、カメラ会社のOさんとは一旦お別れ。



女子の皆さんはカメラを持って国立中央博物館へ移動~。 運良く、駅の構内をカードを通さず通り抜けさせてもらうことが出来ました。 ←これ、出来る駅と出来ない駅があるようですが、駅員さんの気分次第…?

e0166398_0382566.jpg


この日の国立中央博物館は、平日なこともあってとっても静かでした。

でもここ、同じ8月でも1週間前までは小学生で溢れかえっていて物凄くにぎやかだったんです。 今回のために2度下見に来たのですがその時は全体的にガヤガヤしてて、奇声を発しながらバタバタ走り回っている小学生達までいたので、思わず 「ちょっとシーッね」 と注意しちゃったぐらい。^^;

ちなみに国立中央博物館は、常設展は入場無料です。 太っ腹ですね♪ 企画展は有料ですが、現在開催中の 「イスラムの宝物展」、なかなか良かったのでオススメです。

e0166398_038334.jpg


到着後、まずボランティアガイドの方から日本語でガイドをして頂きました。

実は今回、ガイドをお願いした方は、私が外部機関で教えたことのある韓国人マダム。 彼女が分厚い資料を持ち歩いて作品について勉強したり、ボランティア仲間と毎週集まって勉強会を開いていると言っていたのが強く印象に残っていたので、今回のカメラ女子会を考えた時にすぐ 「彼女にガイドをお願いしよう」 と思いつきました。016.gif


人数が多いため、マダムの他に もうお一人にガイドをお願いし、2組に分かれてガイドツアー開始。 博物館はとても広いため、3階の仏像と韓国陶磁器の展示エリアのみに限定してレクチャーして頂きました。 今回は私の個人的な好みでこうなりましたが、2階の李朝家具のコーナーや1階の金冠などのコーナーもなかなか良いので、ぜひご覧になってみてください。 「日本」 セクションには、徳川家のお宝もありますよ。

e0166398_0384133.jpg


国立中央博物館には十数回来ていますが、私はボーっと気ままに見て歩くのが好きなので、キチンと作品の解説を聞いたことは無かったんです。

でも今回初めて説明を聞きながら歩いてみて、やはり作品の背景を知った方が断然面白いなと反省しました。


例えば、この大仏様の手。 手の部分を造るのは大変な技術が必要だったため、手だけ別に作って、後からはめ込んだのだそうです。 仏像を作るのは、大変な技術が必要ということですね。

e0166398_0384913.jpg


それぞれの仏像の手の形にも、色々な意味が込められています。

e0166398_0385633.jpg


思い思いに作品の写真を撮る皆さん。

e0166398_039369.jpg


ガイドツアー終了後、30分間の自由撮影時間をとってあったのですが、次第に足が止まっておしゃべりに花が咲き…^^; 他のお客さんの迷惑になったらいけないと思い、予定を繰り上げて館内の伝統茶院に誘導しちゃいました。 臨機応変に~。

というわけで、本気モードで撮りたかった方々は不完全燃焼だったかもしれません。 また次回、一緒にリベンジしましょう!

e0166398_039133.jpg



皆さん、あまりたくさんシャッターを切ってる様子が無かったのでちょっと心配していたのですが、その日の夜のうちに続々と 「渾身の一枚」 が届いて嬉しいビックリ♪

本当にありがとうございます~ 016.gif

「今回カメラを使ってみて、やっぱりカメラが欲しくなった」 と書いてくださった方もいらっしゃいましたし、博物館が気に入って、翌日も連続で行ったという方もいらっしゃいました。 なんだか嬉しい♪

私が余計な心配をせずとも、人それぞれ自分のペースでちゃんと楽しんで、色んなことを感じたり得たりしてくださってたんだな、と分かってホッとしました。



というわけで、写真を送ってくださった方々の作品をご紹介しますね☆



e0231876_0251970.png



<鈴木ちひろさん>
このブログでも過去記事→ でご紹介した 『歩いてまわる小さなソウル』 の著者、鈴木ちひろさんもご参加くださいました。 ソウルに短期留学中のご参加でしたが、この日は帰国前日! お忙しい時期にありがとうございました♪


歩いてまわる小さなソウル (歩いてまわるシリーズ)

鈴木 ちひろ / 大和書房




送ってくださったのは、1軒目のカフェと、最後の伝統茶カフェでのショット。 「女子会」 らしいキレイな写真ですね♪ ピッチャーに入ったレモネードがとっても美味しそう。

e0166398_0401294.jpg


e0166398_0402246.jpg



<まみをさん>
カメラ女子会1回目に引き続きご参加のまみをさん→ も、カフェの写真を送ってくれました。 1枚目は 「カメラ会」 というのがよく分かる構図で素晴らしい!038.gif ご本人は 使い慣れないカメラで思い通りに撮れなかったとおっしゃってましたが、全然そんな風には見えない作品です♪

e0166398_012407.jpg


そして2枚目は まみをさんらしい食べ物の写真。 このワッフル、カメラのレクチャーを聞くのに忙しくて 皆さんなかなか手を付けられず、アイスクリームがどんどん溶けていっちゃったんです…。 溶ける前に写真を撮っていたのは さすがですね♪

e0166398_0125440.jpg



<まいこさん>
「渾身の一枚はありません…」 と控えめにおっしゃっていたまいこさんでしたが、facebookに素敵なお写真がUPされているのを発見~☆ というわけで、後から1枚お送りいただきました。 まいこさん、なんとカメラ女子会の翌日にも お一人でこの博物館にいらっしゃったそう。 御主人様のお仕事の関係で3ヶ月前から駐在生活をはじめられたばかりだというのに積極的にあちこち周ってらして、そのアクティブさに脱帽です!

e0166398_2174429.jpg



<Kyokoさん>
センス抜群のkyokoさん→ が送ってくださったのは、この博物館の中で私が一番好きな作品である半跏思惟像。 実物を見ていただくと分かるのですが、数ある仏像の中でも、神々しさが群を抜いています。 私の記憶では以前は撮影NGだったのですが、今年展示スペースがリニューアルしてからなぜかOKになってました。

e0166398_0405867.jpg



<ヨメコさん>
同じくセンス抜群のヨメコさん→ が 「渾身の一枚ではありませんが…」 と謙遜されながら送ってくださったのは、土門拳さんの「古寺巡礼」の仏像のような雰囲気の写真を撮ってみたい・・・ということでお撮りになった、「鉄造仏坐像」の写真です。 おでこに光る白毫(びゃくごう)がポイント。 写真にきっちりと意味を持たせてお撮りになるあたり、さすがです!

e0166398_15273371.jpg



<Junkoさん>
可愛らしいJunkoさんが送ってくださったのも、仏像です。 顔のアップで迫力大! Junkoさんが書いてくださったように、まさに 「ドーン!」 というイメージです。 ポストカードのような素敵な仕上がりですね♪

e0166398_0413796.jpg



<Noharaさん>
そしてこちら、Noharaさん→ が送ってくださったのも迫力大の仏像。 彼女が選ぶ被写体としては少し意外だったけど、とってもお上手!038.gif 同じ顔のドアップでも、真正面から撮るのと少し斜めから撮るのとでは、またイメージが少し変わってきて面白いですね。

e0166398_0422272.jpg


2枚目の写真の仏像の鼻が取れているのは、人々が鼻の部分を削って飲んだからだとガイドさんがおっしゃっていました。 そうすることで、息子を授かると信じられていたのだとか。 (私の聞き違いだったらスミマセン)

e0166398_0423831.jpg



<ラビさん>
初めましてのラビさん→が送ってくださったのは、韓国を代表する陶磁器・青磁の作品。 最初のレクチャーで習ったことを生かした、遠近感がしっかりと出た素敵な作品です。 背景のボケ感がイイ感じですね♪

この青磁の作品は、確か国宝か宝物に指定されていたと思いますが、うろ覚え…。 各作品の前に貼られているプレートには 「国宝○号」 とか 「宝物○号」 と入っていますので、皆さんも作品を見て歩く際は、ぜひ注目なさってみてください。

e0166398_043958.jpg


追記: ラビさんは、こちらの本の著者さんでもあります♪ (うっかり掲載が遅れてスミマセン!><)

ソウル the NIGHT! - クラブ&BAR 夜遊びガイド

吉原 沙織 / 実業之日本社




<Tomokoさん>
「カメラは持っていないけれど、興味はある」 …と言っていたTomokoさん。 他の方があまり注目しない作品にじっくり目を向けて撮ってみたのがこちらの作品だそうです。 動物の形かな? Tomokoさんは「カメラが欲しくなった」 と言ってました。 ぜひぜひカメラ女子になってください~♪

e0166398_0433350.jpg



<Juriさん>
Juriさんが 「カメラ会社のOさんが持ってきてくださった接写レンズを取り付けて撮ってみた」 という作品がこちら。 一瞬パラパラっと降った雨に濡れた葉っぱ…すっごく美しい! オシャレでアートな作品です。 せっかくの素敵作品なので大きな画像で見たかったのですが、最初から小さく画像処理して送ってくださいました。 うーん、大きなサイズで掲載したかったです!

e0166398_0451426.jpg


下の写真は、ガイドをしてくださった韓国マダムの美しい手が写りこんだ作品。 指の繊細な動きに、彼女の繊細なガイドの様子が思い出されます。 優しい目線の作品ですね。

e0166398_0452612.jpg



<イクラさん>
カメラには興味が無い、と言っていたイクラさんでしたが、博物館では一番真剣に撮ってらしたと思います! なぜかイクラさんにだけ赤いカメラが渡されたのですが、この日のファッションにもぴったりで、まさに 「カメラ女子」♪ カメラを構える姿もサマになってましたよ。

「渾身の一枚はない」 とのことでしたが、イクラさんのブログを見たら 既にこの日についての記事をUPしてくださっていて→、素晴らしい写真ぞろいだったので、お願いしてここでも2枚掲載させていただくことにしました。 ゴールドの冠と、大仏様の横顔です。 一眼レフらしい奥行きが感じられる素敵な写真です。

e0166398_20563528.jpg


e0166398_20564884.jpg



<なゆさん>
そして最後は なゆさんの作品。 彼女は今回会計を担当してくれたり、その他諸々 本当に細かなサポートをしてくれたので、写真を撮る余裕は全く無かったと思います。 ごめんね。。

そんな彼女が送ってくれたのがこちら。 なぜメニュー表?? と思ったら、後ろに写りこんだ素敵なNoharaさんのネイルアートの指先がお気に入りなのだとか♪ メニューに書かれた日本語も、ちょこっとずつ面白くて印象的です。 そういえば博物館内のこちらの伝統茶カフェ、伝統茶のメニューがとっても豊富なんですよ。

e0166398_0454372.jpg



「渾身の一枚」 を送っていただいたのは、以上の皆さんでおしまい。 あれ? もしかして半数以下?007.gif
私の締切設定が早すぎたかしら… 焦らせて申し訳無いです。 (月曜日から新学期なもので…)

今からでもいいので、まだ送っていただいてない方は ぜひお願いします~
(追記: 何人かの方が送ってくださいました。 ありがとうございます♪ 038.gif



今後もカメラ女子会は定期的に行いたいと思っていますが、私自身が落ち着いて写真を撮れないとフラストレーションが溜まってしまうため ^^; 次回からは参加者全員が自分のペースで撮れるよう、少人数でのテーマ別の会を ちょこちょこやれたらいいなと思ってます。

今回ご参加くださった皆さんも、ご興味に合う会があれば、ぜひまたご参加くださいね。
「こんなテーマのカメラ会があったらいいな」 という提案も歓迎です♪



というわけで、第2回目のカメラ女子会は無事に終了。


カメラを大量に運んできてくださっただけでなく、レクチャーをお願いしたいという図々しい依頼にも快く応えてくださったOさん、本当にありがとうございました! きっと皆さんにもカメラの楽しさが伝わったと思います。 ご恩返しは必ずします。

そして、お忙しい中 ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。 とても和やかに楽しく会が進んだのも、素敵女子の皆さんのご協力あってのこと。 はじめましての方々とじっくりお話する余裕がなく残念だったので、また別の機会にご一緒出来れば嬉しいです。

そしてそして、色々とご尽力くださった なゆさん、ありがとうございました♪♪



子供の頃から好きで細々と続けてきたカメラですが、そろそろちゃんと勉強してみたいという気持ちも出てきました。 自分なりに勉強しつつ、また色々と考えてみたいと思います。 056.gif



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-09-01 00:00 |     カメラ


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル