<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

使える大人のカフェレストラン cafe the air @ホンデ

e0166398_2324422.jpg


本日2本目のブログUP、さらっといきます。

以前にも一度ご紹介したことがありましたが(過去記事)、ホンデにあるカフェレストラン、cafe the airです。 我が家から近いということもあり、個人的にとても気に入っているお店。 ホンデというとどうしても20代の学生ちゃん中心のお店が多くて落ち着いて食べられるお店が意外と少なかったりもするのですが、ここは静かに落ち着いて話しながら楽しめるという意味で重宝しています。

e0166398_23241283.jpg


上の写真を撮ったのは9月でしたが、背景に写っている木がまだ緑ですね。 11月末の現在では紅葉もすっかり終わり、だいぶ葉が落ちてしまいました。 すでにマイナスの気温の日もあり、すっかり冬のソウルです。


cafe the air
address: 374-10 Seokyo-dong, Mapo-gu, Seoul
phone: 02-324-2780

地下鉄2号線の弘大入口駅1番出口を出て、大通り沿いをそのまま5~6分直進した右手。 大通りをひたすら直進すれば着くので簡単です。 インテリアのcasamiaのお店の前を通り過ぎて、さらに数分歩いた信号の角にあります。 夜は予約して行った方が確実。

e0166398_23241945.jpg


以前も書きましたが、店内は外から見る以上にとても広いです。 入口を入ってすぐのスペースも素敵ですが、個人的にはカウンターの奥にあるスペースの方がオススメ。 予約するなら窓際をぜひ。

e0166398_23242650.jpg


こちらがカウンター。 奥のスペースに移動する時にケーキが飾られたショーウィンドーをぜひチェックしてみてください。 私はまだこちらでケーキを食べたことは無いのですが、割とシンプルで美味しそうな予感がします。

e0166398_23243358.jpg


カフェ、というよりレストランなので、お一人様向けのお店ではないかな…。 欧米人の男性がひとりで来ているのは2度ほど見ましたが、彼らはまた別といいますか、、

e0166398_23243987.jpg


以前イクラさんが食べていたBLETサンドを頼んでみました。 これ、思った以上に美味しいです! 私だけじゃなく、一緒に行った友達も 「味付け美味しいね」 と言っていたので、間違いないと思います。 お値段もホンデ価格でそんなに高くありませんしオススメですよ♪ 1人でワンプレートだと意外にボリュームがあってちょっと多いので、2人でシェアすると良いかもしれません。

e0166398_23244574.jpg


テリヤキチキンのサラダも 想像以上にボリューミー。

e0166398_23245250.jpg


この日以外にも何度かcafe the air には行きましたが、色々頼んでみた感想としては、「当たりのメニューとまぁまぁのメニューがあるな」 という感じ。 パスタとかピザはまぁまぁだったような…。 ランチタイムに行かれるなら、サンドイッチとかパニーニ一皿とサラダ系、みたいな頼み方が失敗は無いと思います。


友達に 「iPhoneに替えたの?」 と聞いたら、「この間会った時も見せたじゃん!」 と言われました。 ごめんー

e0166398_23245921.jpg


ちなみに私も夫といっしょに最近iPhone5sに替えたのですが、想像以上に凄く良いです! 内臓カメラもiPhone4の時より格段に良くなったし、個人的には音声入力機能が本当に重宝して。 機種変更を迷っている方は、ぜひぜひオススメですよ♪

e0166398_2325532.jpg


ごはん→お茶、までここ一軒で済ませることも出来ますが、この周辺にはいくらでもカフェが並んでいますので場所を移します。

e0166398_23251111.jpg


オトナ女子の皆さんも違和感無く楽しめる、ステキなお店です♪



e0231876_0251970.png



そしてまた別の日。 今度は夜です。

e0166398_232517100.jpg


上の四角いスポンジみたいなものは、サービスで出てくるパン。 なかなか美味しかったです。
(この日はワインを持ち込みましたが、持ち込み料は確か3万ウォンぐらいだったと思います。)

e0166398_23252413.jpg


トーテムポールのようなパッピンス。 これがなかなか美味しい! この日は3人で行きましたが、3人でシェアしてちょうどいいサイズでした。 (韓国のカフェやレストランではパッピンスは夏限定ということが多いのですが、こちらではどうなのでしょう… ちなみにこの写真は9月のものです。)

e0166398_23253170.jpg


ごちそうさまでした060.gif


e0231876_0251970.png



<オマケ>
今この記事を書きながらテレビを観ていたら、NHKのニュースでアメリカで話題になっている興味深い活動について特集していたので関連動画を張っておきます。

「because I said I would (言ったからには実行します)」 のメッセージが付いたカードに自分が今後実行したいことを書いて誰かに渡し、それが実行されたらカードを返してもらう、というものだそうです。 ネットでのコミュニケーションが進む昨今ですが、あえてアナログな方法で人とのコミュニケーションを取ろうという試みが世界中から注目されているのだそうです。






それでは皆様、楽しい週末をお過ごしくださいね。016.gif


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-11-30 00:00 | カフェ 弘大

やきとり 「ごう」 @梨泰院

e0166398_22435067.jpg


確かちょうどハロウィンの日の夜だったと思いますが、梨泰院のやきとり屋さん 「ごう」 に連れて行っていただきました。 ソウルには日本式のこういった居酒屋のようなお店がたくさんあるのですが、普段自分では選ばないジャンルのお店なので とても楽しかったです!

e0166398_22435783.jpg


お店は梨泰院駅から徒歩5分ちょっとの場所にあります。 アメリカ人の方がやっているタルトのお店、タルティンのすぐ斜め前。

ごう
address: B1 119-17, Itaewon-dong, Yongsan-gu, Seoul
phone: 02-794-7088

e0166398_2244524.jpg


連れて行ってくださったのは、夏のカメラ女子会でもお世話になった日系カメラ会社のOさんと、Oさんがご紹介してくださったお友達のAさん。

普段、母校の大学の同窓会(韓国支部)以外では駐在員の方々と接触する機会は無いのですが、こうやってたまにお会いすると 「同じ在韓者でも色んな面でやっぱり全然違うな」 と思います。 お店のチョイスひとつ取っても、私みたいに結婚で韓国に来た人間だと、普段あまり 和食レストランとか居酒屋さんを選ぶことはありませんが、駐在員の方々は (ビジネスでよくご利用になるのかと思いますが) 本当によくご存知ですよね。


お2人がオススメのホルモン。 自分ではあまり選ばない品ですが、美味しかった!

e0166398_22441134.jpg


つくねなんて、一体何年ぶりに食べたでしょう。 半熟卵に絡めていただきます。 懐かしいー!

e0166398_22441867.jpg


私はソウルでも仕事をしていますから仕事関係の方々と食事をする機会も多いのですが、同じ日本人同士であっても 駐在員の方々と 滞在期間に際限の無い(?) 私達とはお店のチョイスの仕方が全く違うので、この日は本当に懐かしさを感じました。 自分が東京でOLをしていた○年前を懐かしく思い出したりして…

e0166398_22442530.jpg


サワーなんていう飲み物も、ソウルで飲む機会はほとんど無いので興奮しました!
(今回の記事はビックリマークのオンパレードです。)

e0166398_2244318.jpg


日本だとサワーとかカクテルとか、さほどお酒が強くない女性でも気軽に飲めるドリンク類が豊富に揃っていますが、韓国だと大抵は 「ビール、焼酎、マッコリ」 みたいな感じになってしまうため、韓国に来て以来ほとんどお酒を飲まなくなりました。 サワーを飲むと、20代の頃の青春(?)を思い出します。 吉祥寺のあの焼き鳥屋さん、よく行ったなぁ…とか。

e0166398_22443763.jpg


「ごう」 さんは日本人のオーナーさんはもちろんのこと、韓国人の店員さん達も日本語がすごくお上手で、「ここは日本じゃないかしら?」 と思ってしまうような雰囲気が漂っていました。 皆さん明るくて元気がよく、とっても感じが良い接客をしてくださいましたよ♪

e0166398_22444468.jpg


〆は焼きおにぎりで。 普通のお醤油味もありますが、韓国人の若い男性店員さん曰く、「バター醤油味がオススメ」 だそうです。 焼きおにぎりも久々だったので懐かしくなってしまい、この後、家でも何度か作りました。 SY(夫) にも作り方を教えたので、今では彼も作れるように。

e0166398_22445179.jpg



久々に日本の会社勤め独特の雰囲気を思い出したりもし、とても楽しいひとときでした。 016.gif

「ごう」 さんは固定客の多い人気のお店のようですので、確実に入りたければ予約して行かれるのをオススメします。 Oさん、Aさん、楽しい時間をありがとうございました♪  またぜひご一緒させてくださいね。

(写真がかなり溜まってしまっているので、今日はもう1本記事をUPします!)


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-11-29 00:00 |     和洋多国籍

カフェ激戦区の2階建てオーガニックカフェ、Cafe Organic @ホンデ

e0166398_12750100.jpg


私が韓国に来たばかりの頃、韓国ではウェルビーイング(well-being) が大流行していました。

ウェルビーイングというのは、「現代的ソーシャルサービスの達成目標として、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念」(『知恵蔵2013』より) だそうですが、私が見た限り韓国のウェルビーイングは 「食」 に関してが中心かなと。

そんなブームを反映して韓国でもオーガニックレストランが増えたようではありますが、日本と比べるとまだまだ数は少ないと感じます。(「なんちゃってオーガニック」 みたいなお店も多いし…) 食材1つ1つの原産地(農場とか)やカロリーまでメニューに表示してあるお店も、少なくとも私は見たことがありません。 ご家庭単位では色々取り組んでらっしゃる方も多いとは思いますが。

e0166398_1275920.jpg


そんな感じのオーガニック事情なのですが、先日ホンデを歩いている時に偶然こちらのお店を見つけたのでお友達と入ってみることにしました。 2階建てで、なかなか立派なつくり。 私の写真だと分かり難いかもしれませんが、この近辺ではひときわ目を引きました。

ちなみに、チョコレートデザートの名店 MOBUSSIE(モブシ) のすぐ目の前なので目印に。 地下鉄2号線の弘大入口駅からだと徒歩6-7分程度でしょうか。 このストリートはカフェやレストラン、ショップがずらーっと並ぶ通りなので、いちいちお店を決めて行かずに 外観を見たフィーリングで入る場所を決めても楽しいと思います。(私はいつもそうしています~)

e0166398_128891.jpg


Cafe Organic
address: 31, Wausan-ro 27-gil, Mapo-gu, Seoul
phone: 02-332-4650


1階のエリアは小さいので、広い2階席へ。

e0166398_1281942.jpg


むき出しのコンクリート壁と、ガス管(?)を繋いだような面白いデザインのランプ。

e0166398_1282780.jpg


一人でランチをしに来ている、欧米人の男性のお客さんもいました。 韓国人男性が こういうお店に一人で入ってランチするなんてまず見かけませんが、欧米人男性は たまにいますね。

e0166398_1283640.jpg


3人で行ったので、適当に3皿注文してシェアすることに。 こちらのチキンはちょっぴりテリヤキっぽく甘い味付けになっていて、結構美味しく感じましたよ♪ そうそう、トマトが凄く美味しかったです!

e0166398_1284434.jpg


これは何だったかな… 私はナスが食べられない人間なので、お友達が私のためにナスをよけてくれている図。 いつもスミマセン、、

e0166398_1285249.jpg


こちらはブランチセットだったかな? お隣の席の欧米人男性もこれを注文してました。 サラダのドレッシングが、なんだかフルーツを使った系の不思議な味だった気が。 ふにゃっとしたパンケーキみたいなもの (ちくわの輪切りみたいに写ってますが…) も、なんだか不思議なお味だった気が。。

もしこのお店をリピすることがあれば、一番上の写真のチキンにすること間違いなしです。

e0166398_129088.jpg


お値段はそれぞれ12000ウォン程度だった気がします。 学生街のホンデだけあって、お値段的には悪くないですが、でもやっぱり私の感想としては 「韓国では韓国料理を食べてるのが一番」 ですね…。 スミマセン。

でも、意外とこの辺で気軽に洋食系ランチをするのって難しいと感じますし (私だけでしょうか?)、そういう意味では お値段的にも雰囲気的にも悪くないお店なので、また利用するかもしれません。 近くにいっぱい良いカフェもありますので、「ランチ→カフェに移動」 がスムースに出来る点も◎かな。

拙著カフェ本にも掲載した、ゆりんさんオススメカフェ be sweet on も数軒先です。



お友達2人が 「ここから写真を撮るとフォトジェニック!」 と言うので、私も撮ってみました。

e0166398_129729.jpg



私が日本に帰省できるのは、平均して年に2回 (夏と冬) なのですが、韓国に来て最初の数年は10月か11月になると 「もう無理、一刻も早く東京に行きたい!」 となっていたのに、さすがにもうそういうことはなくなりました。 これも自分なりに大きく成長したな…と。 ただ、こうやって洋食を食べるたびに 「東京に行ったらレストランで○○を食べよう」 と妄想はするかな。^^;


先週あたりからソウルはグッと冷え込み、昨日はチラッと雪も舞いました。 朝晩の気温は0度前後に。 ただありがたいのは、韓国は寒冷地対策として 家の中が凄く暖かいことです。

うちは朝ちょこっとオンドル(床暖房) をつけることはありますが、それ以外は何もつけていなくても 全く寒さは感じません。 これはなんとも不思議…。 上下階のオンドルのぬくもりが伝わってくるのかは分かりませんが、この 「冬の室内の暖かさ」 は本当にありがたく感じます。 病気予防にも、身体は冷やしちゃいけませんしね。


日韓とも風邪引きさんも多いようですので、皆さんもお気をつけてお過ごしくださいね。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-11-20 00:00 | カフェ 弘大

「マリオ・テスティーノ展」&「ピカソ展」 @芸術の殿堂

e0166398_122979.jpg


お友達のブログに、もうすぐピカソ展が終わってしまうと書いてあったので急いで行ってきました。 場所は南部ターミナルにある芸術の殿堂。 我が家からは1時間かかる場所なので、ちょっぴり思い切らないと足を運べない場所です。

同じ敷地内で写真家のマリオ・テスティーノのエキシビションもあるというのでそちらもハシゴすることにしたのですが、結果的に私としてはピカソ展よりテスティーノ展の方がずっと楽しめました。

e0166398_1222424.jpg


ピカソ展は大盛況で、チケットを買ってから整理券を渡され 「1時間半待ちです」 と言われたため、その間にテスティーノ展へ。 上手い具合にハシゴできました。

入口ではケイト・モスのポートレイトがお出迎え。 ケイトは大好きなスーパーモデルの一人です。

e0166398_1223057.jpg


韓国の美術館や博物館はフラッシュを使わなければ撮影可能な場合も多いのですが、テスティーノ展も撮影OKでした。 これにはちょっとビックリでしたが、ブロガー的には有難いサービスでもあり。

確かに、お金をかけてテレビや雑誌でCMするよりも、来場客に写真を撮ってもらってブログやtwitter、facebookなどで宣伝してもらった方が ずっと効果があるのかもしれませんものね。



右端のピンクのフードの女性は、レディー・ガガ様。

e0166398_1223621.jpg


こちらの写真も初めて見ました。 デイビッド・ベッカムとヴィクトリア・ベッカム夫妻。 まさに絵になる夫婦…。

e0166398_1224285.jpg


下の2枚の写真は物凄いインパクトで私の記憶にも鮮明に残っている作品です。 特にジュリア・ロバーツがリスを手に乗せている写真は可愛さ満点ですよね♪

e0166398_1224911.jpg


昔テスティーノさんの展覧会を見た時と大きく違っていたのは、写真の背後からライティングが施されていたという点。 これなら会場内が暗くても問題ありませんし、写真にだけ集中できてGOOD。

e0166398_1225543.jpg


ハリーポッターシリーズのハーマイオニー役でお馴染み、エマ・ワトソンちゃん。

e0166398_123018.jpg


ちなみに韓国ではハーマイオニーのことを 「ヘルミオンヌ」 と呼びます。。 推測するに、翻訳家の人がHermioneを読み間違えちゃったんでしょうね、、あくまで推測ですが…

e0166398_12364.jpg


マリオ・テスティーノもお気に入りのスーパーモデル、ケイト・モス。 個性の強い存在感に惹かれます。

e0166398_1231218.jpg


イギリス王室シリーズもたくさんありました。 チャールズ皇太子と2人の息子達。 他にも写真がありましたが、私はこの1枚が特に気に入りました。 テスティーノさんは著名人たちの さりげない自然な表情 (特に笑顔) を撮るのが凄く上手いと思います。 恐らく、被写体をリラックスさせて心を開かせるのに長けていらっしゃるのでしょうね。

e0166398_12318100.jpg


下の写真は、御髪がふさふさだった頃のウィリアム王子。 ←失礼、、

それにしても、ご両親の不仲や離婚、そしてお母様であるダイアナ元妃の事故死などを経験しても なお爽やかで曲がらずに王子としての品格を保っているのは凄いことだな…と素直に感心します。

e0166398_123247.jpg


ダイアナさんのポートレートも多数。 ダイアナさんというと、美しいけれども堅い表情の印象が強かったのですが、ここに写っている彼女はとても柔らかい雰囲気で ちょっと見ただけではダイアナさんだと気が付かない程です。

e0166398_1233080.jpg


他にも、ウィリアム王子とキャサリン妃のツーショット写真などもありました。 これってテスティーノさんの作品だったのか…と納得&すっきり。


そのテスティーノさんご本人はこんな感じの方。 ご本人もスタイリッシュです。

e0166398_1233628.jpg


エキシビションの説明を読んでいたら、私も行った2002年のロンドン、ナショナルポートレートギャラリーでのエキシビションの大成功について書かれていました。 確かに、普段は絶対に行列なんて出来ないポートレートギャラリーに、凄い列が出来ていましたから… (だから当時テスティーノさんを知らなかった私も並んで入った)

e0166398_1234428.jpg


韓国でのお約束、あちこちに記念撮影用のパネルが設置されていました。

e0166398_1235221.jpg



今回のエキシビションの写真集を買おうと思って見たら、なんと9万ウォン (9千円ぐらい) というのでやめました。 多分同じ物がAmazonならもう少し安いだろうと思ったら、やっぱり安かったです。 6300円ぐらい。 私も年末に日本に帰省する際にポチる予定です。


Mario Testino: Private View

Taschen America Llc




こちら ↓ は2002年のエキシビションの時の写真集。 プレミアが付いてかなりお高くなってるようです。 東京に置きっぱなしになってるので、今度の帰省の際にはぜひ持って帰ってこよう…

Mario Testino Portraits

Mario Testino / Bulfinch




マリオ・テスティーノ展は2013年11月30日まで。 ファッションやセレブに興味がある方も写真に興味がある方も必見です!



e0231876_0251970.png




しばらく芸術の殿堂内のカフェで時間を潰してから、ピカソ展へ。
さすがにピカソ展の内部は撮影禁止でした。 が、やはり会場の最後には記念撮影用のパネルがズラリ…


         <ここは撮影してもOKなエリアです。>
e0166398_124317.jpg



肝心のピカソ展に関して言うと… 実は私にはあまり響かなかったかもしれません。。 ピカソの大ファンの方などが見れば彼の歴史が分かって凄く楽しめるのかもしれませんが、デッサンだとかシンプルな作品が中心のエキシビションだったので、素人の私には そこまで 「うわ~!」 という感じになれなくて…

ちなみに、一緒に行った夫は 意外にも真剣に説明を読んだりしながら見て周っていました。


外に出たら、すっかり真っ暗になっていました。

e0166398_1241068.jpg


ピカソ展の方は来週の24日で終わりのようなので、興味がある方はお早めにどうぞ。


紅葉もこれで最後かな。 芸術の殿堂周辺は自然が豊かです。

e0166398_1241846.jpg



オマケ情報ですが、芸術の殿堂の向かい側、大通りを渡ったところにある 「百年屋」 というスンドゥブのお店はオススメです。 私も何年も前に学生に連れて行ってもらって以来 何度か行っているのですが、何種類もあるスンドゥブ料理の中でも個人的に 「トゥルケスンドゥブ」 というお豆腐しか入っていないものがお気に入りです。 全く辛くないので、辛い物が苦手という方にもオススメですよ~


嫌がることなく (デパート以外の) どこにでも付いてきてくれる夫のお陰で、芸術の秋らしい週末を過ごすことが出来ました。 感謝です。035.gif


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-11-17 00:00 |     ミュージアム

梨泰院&漢南洞の紅葉散歩

e0166398_040956.jpg


ブログをUPする順番があれこれ前後してしまうのですが…
ソウルの紅葉シーズンもそろそろ終わりなので、先にこちらをUPしてしまうことにします。

先週、梨泰院周辺を歩いていたところ、計らずもとても美しい紅葉の夜景を見ることができました。

e0166398_0401766.jpg


上の写真と下の写真は、漢南洞にあるレストランに向かう途中の道で撮ったもの。 イチョウにも色々な種類があるようで、もさもさっと葉がたくさん付いているものもあれば、割とシンプルなものまで少しずつ違った木がありました。 普段、木をジーッと見て歩くことはありませんが、たまには上を見ながら歩くのも良いものです♪

e0166398_0402472.jpg


一緒に居た友達は華奢なヒールの靴を履いていたのですが、「イチョウで滑った!」 と驚いていました。 私が 「イチョウって靴が滑るから気を付けて」 と言った時は 「えーっ、まさか~」 と思ったそう。 「本当にイチョウって滑って危険だね!」 ですって。037.gif

日本にもイチョウ並木は数多くありますが、歩行者やバイクが滑って危険だというクレームが行政に入ることも多いようです。 他のお友達から聞いた話だと、そんなこともあって日本ではこれ以上イチョウ並木は増やさない方針なのだとか…。

e0166398_0403183.jpg


漢南洞エリアから漢江鎮駅まで戻り、梨泰院駅の方向へ大通り沿いをてくてく。

e0166398_0403834.jpg


イチョウってこんなに葉が付いているものでしたっけ? まるで、枝垂桜のよう。

e0166398_0404553.jpg


この日はそこまで寒くなかったのですが、今週からソウルはめっきり寒くなってきました。 朝の気温は氷点下という日もちらほら。 朝のNHKニュースで 「日本列島は冷え込みました」 とやっていると、「全然甘~い!」 なんて思ってしまうほど。

これからさらに寒くなり、真冬になるとマイナス15度以下になる日もあるソウル。 私は基本的に洋服は大半を日本で買ってくるのですが、冬のコートと手袋だけは日本のものでは薄すぎて対応できないため、韓国で買うことにしています。

e0166398_0405888.jpg


今年の冬は寒さ対策のためムートンのコートを狙っているのですが、梨泰院駅前の革製品屋さんでチェックしようと思ったところ、夜遅くてすでに閉まっていました。。

e0166398_041545.jpg


ソウルの秋は本当に短く、あっという間に過ぎてしまいます。 だからこそ、偶然にもこんなステキな秋らしい景色を見ることが出来た事が ことさら嬉しく感じるのかもしれませんね。

e0166398_0405276.jpg


美しい三日月が出ていました。 写真で見ると丸い光だけど、実際はキレイな三日月。

e0166398_041196.jpg



この分だと、紅葉が見られるのはギリギリ今週末ぐらいまででしょうか。
もう少しの間だけ、秋らしい黄金色の景色を楽しめたらいいなと思います。063.gif

(秋と言えば、個人的には光化門の紅葉&夜景が特に好きです。 →過去記事


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-11-15 00:00 |     ソウル観光

miniソウルカメラ女子会 @ソウル灯篭祭2013

e0166398_23453527.jpg


何となく定番化しつつあるソウルカメラ女子会。 今回は皆様の多忙諸々あって予定があれこれ変わり、「でもせっかくだから何か撮りに行きましょう」 ということで、ちょうど清渓川で開催中だったソウル灯篭祭に 女子5人で行ってきました。

5回目を迎えるランタンフェスティバルの今回のテーマは 「漢城百済千年の夢」 だそうです。

e0166398_23454214.jpg


私達は お食事をしたミレアセットビルから歩いて清渓川に出たため、中間地点のこんなお魚さんたちのコーナーからスタート。 鯉のぼりみたいでカワイイ♪ (ディナーの模様はまた後日記事にUPします)

お魚さんたちの背後に見えている建物は、化粧品会社のアモーレパシフィック。

e0166398_23454927.jpg


雨降りだったため、橋の上に飾られたランタンには覆いがしてありました。

e0166398_23455658.jpg


こちらはマンがチックなランタンが並びます。 中国のコーナーでしょうか。

e0166398_2346676.jpg


e0166398_23461310.jpg


色がくるくる変わるランタンも。 最初目にしたのが真っ赤な時だったので、思わず巨大タコのモニュメントかと思ってしまいました。。 鳳凰ですよね。^^;

e0166398_2346205.jpg


伝統楽器を演奏するランタン。

e0166398_23462650.jpg


そういえば一緒に行ったお友達が 「ランタンが川の上に静かに流れてるのを想像したけど、思ったより大きくて (しかもがっつり板に固定されて設置されていて) ビックリした」 と言っていました。

そうなんです、何となくこぢんまりとした灯篭流し的なものを想像していくとビックリするぐらい、全ての灯篭は大きくてしっかりしています!

e0166398_23463290.jpg


土砂降りでは無かったものの、傘をささないといけないぐらいは降っていたため、この日の撮影は全部片手で行いました。 夜の暗い場所での撮影は、ただでさえホールドを両手でがっちりやらないとブレブレになってしまうというのに、片手でというのはかなりキツかったです。。

更にこの日は学会の会場から直行したもので、物凄く分厚くて重い要旨集を持ちながらの撮影になってしまい、ちょっとした修行のようでした。 重いものを持ちながら雨に打たれ、且つ震えずに片手で撮影… 撮影も体力気力勝負!?

この日はこの冬初めて冬のコートを着て行きましたが正解でした。

e0166398_23463934.jpg


今回は寒かったり重かったり雨だったり (学会が延びて遅刻してしまったり、、) で大変だったけれど、その分、なんだかとても深く心に残る撮影会になった気がします。


正直、何かガッツリ撮影したいだけであれば、皆で行くよりも一人で行った方が断然いいです。 自分のペースで立ち止まりたいところで立ち止まれるし、興味が無い場所はスタスタとスルー出来るし。

でも、お友達と皆で行く楽しみというのも確実にあるんですよね。 自分はスルーしたポイントでカメラを一生懸命に構えてるのを見るとハッとさせられたり、単純に皆で同じ事をしているという事自体が凄くワクワクするものであったり…

今回は何だかそんなことが凄く心に残ってしまって、変な言い方かもしれないけれど 「今がまさに私にとって青春 (←年齢を無視して…) なのかもしれないな」 なんて思ったりしました。 最初は苦痛でしかなかったソウル生活でしたが、人に恵まれたお陰で こんなにも楽しく過ごせるようになり、改めて感謝しています。

e0166398_23464684.jpg


橋の下は、雨宿り&ひと休みする人達でいっぱい。 皆さん、お疲れさま!

e0166398_23465338.jpg


ミニランタン(?)のお土産を売っているコーナーもありました。

e0166398_2347069.jpg


スタート地点である光化門駅方面に向かうにつれて、ランタンのクオリティーも上がってきました。

e0166398_2347756.jpg


こちらで弟子達に教えを説いているのは、王仁(ワニ)博士。 物知りのお友達曰く、日本に漢字を伝えた方なのだそうです。

後から調べてみたところによると、王仁博士は百済から日本に渡来し、千字文と論語を伝えたとされる人物だそう。 王仁さんに関しては、『古事記』、『日本書紀』、『続日本紀』 に記述もあるようです。 元々朝鮮半島には王仁さんに関する伝承は存在しなかったようで、近代になって日本から流入した知識により、現在で広く知られるようになっているのだとか。

e0166398_2347147.jpg


手前の船は百済のものと書かれていました。 解説のボードもあったのですが、雨と時間(クローズ時間ギリギリだったのです) のせいで読むことが出来ず。 ま、読んだところで理解出来なかった可能性の方が高いですが…

背後にあるストーリーを知った上で見ると、更に楽しめるのでしょうね。

e0166398_2347225.jpg


ところで、私は清渓川がとても好きなんですが、その理由は両側に高層ビルが聳え立っているところなんです。

もしかしたら これには賛否両論あるかもしれませんが、私は昔からお台場のような人工的なところ (且つ水があるところ) が凄く好きで、そのため清渓川の夜景にも惹かれます。

e0166398_2347302.jpg


こちらは王様。 見ればわかりますね…。 どちらの王様だったかはチェックできませんでした。

e0166398_23473837.jpg


最後の橋を越えたら、ゴールの光化門です。 夜11時になっていたので、少しずつ明かりが消えていました。 ギリギリ間に合って良かった!

e0166398_23474690.jpg


ふっと 「今この瞬間が私にとって一生忘れられない青春の1つなのかもしれないな」 と思ったのがこの場所。 流れ落ちる水とブルーのライトと共に、私の脳裏に焼きついた感覚です。

e0166398_23475411.jpg


川のスタート地点に聳え立つこのモニュメントは 「スプリング」。 クリスマスシーズンになったら飾りつけがされるのかな?

e0166398_2348279.jpg



以上、ソウル灯篭祭でした。 11月17日までだそうなので、興味がある方はぜひ行ってみてくださいね。

私達が行った時は夜遅かったこともあるし雨も降っていたのでさほど混んでいませんでしたが、どうやら時間帯によっては入場制限もされたりするようです。 週末にいらっしゃる場合は そのつもりで少し余裕を持って行かれた方がいいかもしれません。


今回ご一緒くださった皆様、どうもありがとうございました。016.gif 「寒い~」 と言いながら雨に打たれつつの修行僧のような撮影会は、私にとって心に残る楽しい時間になりました。

miniソウルカメラ女子会、テーマを決めて ちょくちょく気軽にやっていけたらいいなと思います。 今回ご一緒できなかった皆さんも、ぜひ次回ご一緒くださいね♪


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-11-11 00:00 |     カメラ

芸術の秋♪ 2013 トヨタクラシックス @世宗文化会館

e0166398_23182122.jpg


韓国トヨタさんが毎年、社会貢献活動の1つとして行っていらっしゃる音楽会、「トヨタクラシックス」 に今年もお招き頂きました。 ありがとうございます♪


昨年までは江南のCOEXかどこかの会場に伺った記憶があるのですが、今年は世宗文化会館での公演でした。 世宗はソウルの中でも家から割と近く親しみのあるホールなので嬉しかったです。

開演前に少しだけレセプションにも参加させて頂いたのですが、レセプション会場の雰囲気もとても良かったですよ♪ (帰宅後も諸々雑用があるため、お酒は控えましたが…)


(下の会場の写真は、以前撮ったものの使い回しです、スミマセン…)
e0166398_1245292.jpg



今回のコンサートは従来のオーケストラによる演奏だけではなく、ミュージカルやバレエと融合した舞台になっていました。 「音楽のハイブリット」 がコンセプトだそうですが、まさにそんな感じのプログラム。 選曲も、幅広い層が一緒に楽しめるやわらかい作りになっていました。



バレエのことは私は分からないので言及は控えさせて頂きまして、ミュージカルのことだけ少しメモしておきますね。 今回ご出演なさっていたミュージカル俳優さんは、こちらのお2人です。

(画像はお借りしました)
e0166398_23184914.jpg



キム・ソヒョンさんは、確か去年もトヨタクラシックスにご出演されていました。 そして、今年新たに加わったのがソン・ジュンホさん。 ジュンホさんは、オペラ座の怪人のラウル役や 三銃士のアラミス役もされたことのある実力派だそうです。

そしてこちらのお2人、なんとご夫婦なのだそう! お2人揃って容姿端麗で思わず溜息…。 舞台で観ている以上に、街などで見かけたら相当美しいカップルなんでしょうね。 顔小さいし、スタイルも良くて…

司会者の方が 「お二人はご夫婦なんですよ。 あ~羨ましくてお腹が痛いです」 とおっしゃった瞬間、私の中で妄想が走り出してしまいまして、三清洞あたりを手を繋いで歩く 絵になるお2人の姿を思い浮かべてしまいました。 街行く人が 「ねぇ、今のカップル見た?」 と思わず振り返っちゃう感じ… 羨まし~!

※ 追記: こちらのご夫婦、なんと奥様が8歳年上なんだそうです!!



こちらがプログラムです。

e0166398_23191633.jpg



お馴染みガーシュウィンの 「アイ・ガット・リズム」。 今回は女性ヴォーカルが入っていたのですが、個人的にはヴォーカル無しの方が好きかな…。(スミマセン) 元気の出る、大好きな曲です。

エディット・ピアフの 「愛の賛歌」 は韓国語版で聴いたらかなり違う曲に聴こえて新鮮でした。

私とSY(夫)が結婚式でデュエットした 「All I ask of you (オペラ座の怪人)」、妹の結婚式で私とSYが歌った 「A whole new world (アラジン)」 などもあって、懐かしい気持ちに。

同じく誰もが知ってる 「My way」 は、バックのスクリーンにシナトラの映像も流れたりしてムードたっぷりでした。 最近のコンサートはライティングも凝ってますし、凄く 「見せる(魅せる?) のが上手」 ですね。



そんな中で、今回特に楽しみだった曲が、「지금 이 순간 (今、この瞬間)」 です。016.gif


私より詳しい方はたくさんいらっしゃるとは思いますが、念のために簡単にご説明すると、この曲はミュージカル 「ジギルとハイド」 のナンバーの1つです。 ジギルとハイドは韓国でも2004年から何度も上演されているそうで、「지금 이 순간」 も ミュージカルファンのみならず、割と一般にも知られている曲のようです。



こちらが 「韓国版・ジギルとハイドと言えば彼!」 の俳優チョ・スンウさんがお歌いになる、「지금 이 순간」。 最近日本でも公演されたそうです。 (この辺は私より皆さんの方がお詳しいかと思いますが…)





ホン・グァンホさんの 「지금 이 순간」 も素晴らしいので、自分のために張っておきます。





個人的には、マイケル・リーのお歌いになる英語版 「This is the moment」 も強くお勧めです!






今回のコンサートでジュンホさんがお歌いになった 「지금 이 순간」 も素晴らしかったです♪ さすが声量があったし、この日お歌いになった他のどの曲よりも感情が篭っていて良かったです。


元々が英語の楽曲の場合、他の国の言葉 (日本語にせよ韓国語にせよ) に訳して歌われると 私はすごく違和感を感じてしまう方なのですが、 「지금 이 순간」 に関してはスパッとはまっているように感じます。 特にサビの 「지금 이 순간♪」 の部分。 インパクトが強く、今もずっと頭の中をぐるぐる回っております~



コンサートにお誘い下さったRさん、ご主人様、ありがとうございました♪
生の舞台から大いにエネルギーを頂き、また明日からも頑張るぞ、という気持ちになれました。 066.gif

(そして、「久しぶりにミュージカルを観に行かねば」 という気持ちも盛り上がってきました。 今月中に何か一本観られたらいいなぁ…)



e0231876_0251970.png



<オマケ>
コンサートの会場に入る前に、今回 ご一緒したお友達の皆さんと待ち合わせをして、近くにあるPaul Bassettでお茶しました。

Paul Bassettは日本にもあるので御存知の方も多いと思いますが、最年少で世界チャンピオンになったオーストラリアのバリスタさんのお店です。 私も過去にパジュのアウトレットか何かに入っている店舗で飲んだことがありましたが、最近ソウル市内にもかなり店舗が増えてきましたね。

なかなか居心地の良いお店なので、光化門駅周辺で美味しいコーヒーをお探しの方はぜひ♪ 光化門店はこちらの建物の1階です。 (おしゃべりに忙しく、写真は撮り忘れました、、)



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2013-11-07 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル

かなりオススメ♪ 大人の韓定食レストラン 다담(ダダム) @清潭洞

e0166398_1514025.jpg


少し前のことですが、日韓混合メンバーで 清潭洞(チョンダムドン)にある韓定食のお店、茶啖(다담、ダダム) に行ってきました。 詳しい場所はお店のHPをご覧下さい。 私達は車で行ったのですが、駅からちょっと離れているので やはりバスかタクシーがいいと思います。 道路を挟んだ向かい側には、高級スーパーのSSGフードマーケットがあります。

e0166398_1514790.jpg


ビルの地下にあるお店、とのことだったので薄暗い雰囲気を想像していたのですが、行ってみたら全然そんなことはありませんでした。 入口もこんな感じで外にある階段を下ったところにあり、1階と変わりません。

e0166398_1515358.jpg


この入口の感じが、東京で行ったこのレストランに凄く似てる!

e0166398_152085.jpg


入口には立派な投げ入れも。 想像以上に素敵レストランかも!?と期待が高まります。

e0166398_152790.jpg


入口を入ると個室が並ぶ通路に出ます。 どうやらこちらのレストラン、個室を予約してお食事する方が多いようでした。 大広間もあるのですが雰囲気が全然違うので、ある程度の人数だったら断然個室を予約するのが正解だと思います。 著名人の方々もきっと こういうお店を利用してるのでしょうね~

e0166398_1521373.jpg


ちなみにこちらのレストラン、CJエヌシティーのプレミアム韓食レストランなんだそうです。 「器に韓国の土地の自然と味を盛る」 がコンセプトなのだとか。

e0166398_1522075.jpg


さて。 個室に入ってメニューを持ってきて頂いたのですが、今回は日韓混合メンバーだったため、ご丁寧に日本語のメニューが書かれたiPadも持ってきてくださいました。 とにかくサービスが素晴らしい印象のお店です。 そういえば個室には入り口が2つあって、お客さんが出入りするドアの他に、係の方が配膳をするためのドアまで付いていました。

e0166398_1522681.jpg


ここを予約してくれたお友達情報では、ディナーになるとグッと値段がお高くなるそうですが、ランチタイムだと4万ウォンぐらいからあるとのこと。 私達も今回はランチで伺ったのですが、韓国で 「ランチで4万ウォン」 というとビックリ価格に感じるのですが (私が庶民過ぎるだけ??)、このお店なら4万ウォンでもお安過ぎるぐらいだと思いました。

e0166398_1523241.jpg


一番安いコースでも相当な量が出てきてお腹がいっぱいになると聞いていたため、私達も4万ウォンのコースを2人分と、4万5千ウォンのコース (ベジタリアンコース) を2人分注文。 人数がある程度いる場合、違うコースを頼むと色んなものがシェア出来て良いそうです。 (お友達情報)

e0166398_152381.jpg


出てくる物がとにかくどれも繊細。 韓国料理というと辛いものオンパレードのイメージが強い方もいらっしゃると思うのですが (社員食堂などは実際そうなのですが…)、ここは 「辛いものはちょっと苦手」 というタイプの方でも美味しく召し上がれると思います。

e0166398_152441.jpg


1つ1つは小さくて量も少ないのだけど、とにかくお皿の数が多いので、男性でも満足できる量だと思います。 しつこく書いちゃいますが、とにかく繊細なお味のものばかり。

e0166398_1525033.jpg


韓国に来たばかりの頃は ややトラウマで食べたいとも思わなかったジョンも、今では外で食べても美味しく感じるように。 (ジョンは法事や名節に嫁が物凄い量をひたすら焼き続けなければならないのです。)

e0166398_1525754.jpg


壁に映し出される明かりがこれまたオシャレ。 お昼もいいけど、夜だとまた良い雰囲気に感じるのでしょうね。

e0166398_153350.jpg


もうお腹いっぱいと思った頃に ご飯と汁物が登場。 普段ならこれだけで十分ランチの量かも。 ご飯は2種類から選べたのですが、蓮の葉ご飯をチョイス。 とても美味しかったです。

e0166398_1531024.jpg


こちらのレストランは、とにかく食器類がオシャレ。

e0166398_1531750.jpg


デザートはこんな感じ。 相当お腹がパンパンだったのに、とても美味しかったので全部頂いてしまいました。 飲み物はカボチャのシッケ。 お代わりしたいぐらい美味しかったです!

e0166398_1532446.jpg


小さなボックスに入ったお土産まで頂きました。 こういうちょっとしたサービスが嬉しいですね。

e0166398_153321.jpg


お手洗いに行く途中、ホールの席もチェック。 やっぱりこのお店は個室を予約するのが正解のようです。 というか、ホールにはお客さんが誰もいなくてビックリ…。 週末だというのにこんな感じで、ちょっと心配になってしまいました。 CJがバックについてるとはいえ、経営は大丈夫かしら…

ステキなお店ですので、潰してしまわないためにも、ぜひ皆さんも行ってみてください!

e0166398_1533926.jpg


お会計のカウンターにもステキなお花が。

e0166398_153464.jpg


ビジネスでいらっしゃったグループでしょうか。 いわゆる江南の雰囲気だ~という感じのビシッとした方々が会食に来てらっしゃいました。

e0166398_1535526.jpg


普段、家から遠いこともあって江南方面にはあまり出向かないのですが、たまに行くとやっぱり 「小綺麗で良い感じの店に行きたければ、江南に行くのが正解だな」 と実感させられます。

ここはかなりヒットな素敵レストランでしたので、オシャレな雰囲気で韓国料理を食べたいという方は ぜひぜひ行ってみてくださいね。 カロスギルからも近いですので、お食事の後はカロスギルを散策&カフェ、なんていうコースも良さそうです。


食事会の後、ご一緒していた方のオフィスに移動しコーヒーを出して頂いたりもして、とっても楽しい1日となりました。 (本棚に 『チャンスはゴミ箱の中に』 みたいなタイトルの日本語の本が置いてあったのが かなりツボでした。003.gif



e0231876_0251970.png



<オマケ>
先日のことですが、夫ファミリーとオペラに行ってきました。

e0166398_2435833.jpg


な~んて書くとステキな感じですが、そうではなく、結論から言うと 「オモシロ韓国体験」 でした。^^;


夫の叔母さんがソウル郊外のデパートにあるホールで行われるオペラ公演のチケットを譲ってもらったということで行く事になったのですが、メンバーは 「オペラには全く興味は無いがVIP席のチケットを捨てては勿体無い」 というだけの理由で行く事にした義母と義妹と叔母さん(義母の妹)、それから 「コンサートの後 美味しいものをご馳走してやるから」 と義母に言われて渋々付いてきた夫、という何とも微妙なメンバー。

SYママなどは 「椿姫って韓国のストーリー?」 と聞いてきましたからね。。^^;


会場は上の写真の通りなのですが (開演前は撮影可)、予想外に狭くて驚きました。 デパートのホール、というところからしてある程度の予想はついていたのですが、全席自由席でした。 「VIP席」 という触れ込みのせいで来たようなSYファミリーは 「えっ?」 という感じに。 この時点で私は噴出しそうになるのを必死に堪えておりました。

そして肝心のオペラは、主役のヴィオレッタとアルフレッド以外は 「あれ? 素人の集団?」 という感じのクオリティー。 決してオーバーじゃなく、本当に音大の学生さんかアマチュア集団かというレベルだったのです。

なんと、途中で歌詞を忘れた人もいまして、30秒ぐらいオケだけが流れ続けてお客さんがザワッ…なんてこともありました。 そもそも、アルフレッド役の人が どう見ても 「普通の韓国のオッサン 中年男性」 という感じで全然物語りに入れないな…と思っていたところ、SYママが

アルフレッドが不細工だから面白くない」 とバッサリ。 041.gif041.gif041.gif


救いは、初心者向けに1時間半の短縮版になっていたことでしょうか。 もしフルでやられたとしたら、間違いなく途中で退席していたと思います。

主役以外は化粧も髪型も何も舞台用になっておらず、舞台はフランスだというのに モロに 「韓国人が突然ドレスだけ着て出てきました」 風だったり、学芸会のように皆で一列になったまま歌っていたり、とにかくある意味貴重な舞台でございました。

極めつけは、終演後のエスカレーター。 私達の後ろに団員達が乗っていたのですが (←どんだけ着替えて撤収するのが早いの!?)、「○○さんは途中で歌詞を忘れてた!」 と怒って悪口を言ってました…


こんな感じでオペラ自体は非常に面白い事になって終わったのですが、終演後は夫の希望通り郊外の美味しいカモ料理レストランで食事が出来たので良しとします。 芸術の秋(?)、食欲の秋の1日でございました。何よりも家族で楽しい時間を過ごせたのが一番かな。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…ぽちっとクリック・プリーズ☆

ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。
Copyright(c) yossy All rights reserved.


by yossy_kr | 2013-11-03 00:00 | 食  韓国料理


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル