<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

オープン間もない国立現代美術館ソウル館へ & 杉本博司氏の特別展@Leeum

e0166398_512115.jpg


旧正月の連休中ですが、国立現代美術館ソウル館(국립현대미술관 서울관)へ行ってきました。

去年からずっと工事中だったので出来るのを楽しみにしていたのですが、いつの間にかオープンしていたという感じで。 場所は景福宮の東門正面という便利な場所なので、仁寺洞や三清洞散策と併せて行かれるといいかもしれませんね。

e0166398_5121099.jpg


普段は展示によって有料なのかもしれませんが、この時は旧正月ということもあってか無料になっていました。 ただし、ファミリーを中心に物凄い人出で入場制限もされており… カウンターでチケットをもらった後、しばらく待たなければなりませんでした。

館内にあるフードコート的な場所でコーヒーを飲みながら待ちます。

e0166398_5121776.jpg


私達の入場開始時間のなるまでの間、建物の中を見て歩くことにしました。

こちらはミュージアムショップ。 いくつかに分かれており、世界のアートグッズから、韓国の作家さんの作品を売るお店まで色々ありました。 特に買うものは無かったけれど、見て歩くだけで楽しい雰囲気です。 (あ、モビールは凄く可愛かったのでオススメです)

e0166398_5122433.jpg


外にも出てみました。 何と表現していいか分からないので、ノーコメントで。

e0166398_5123320.jpg


連休中だったので、中庭のような場所では韓国伝統舞踊のイベントもやっていました。 物凄い人!!

本来この美術館は常にこんなに混んでいるタイプの場所じゃないと思うのですが、立地条件が良いことやオープン間も無いこと、そして連休中だったこともあって とにかくどこを歩いても凄い人、人、人で…。 正直 「今日見るのは止めて、別の日に出直そうかな」 とも思ったのですが、せっかくここまで待ってしまったので引き続き待つことにしました。

e0166398_5124058.jpg


そしてどうにか入場。 中が半透明になっているSeoul Boxという作品、ひときわ目立っていました。 中に入る事もできますが、ここでもまた入場制限で並ばなきゃいけなかったので、私達は外から眺めるだけに。

e0166398_5124773.jpg


光のラインが次々と流れて行き、足元を見ながら歩くと何だか引っ張られる感覚になる不思議な作品。

e0166398_512539.jpg


私が、「見て見て~、足元見て歩くとブワーッて不思議な感じになるよ!」 と言っているのに全く興味が無さそうにスタスタ歩いて行ってしまう夫を追いかけなければならなかったのが大変でした。。。

e0166398_513173.jpg


この美術館で何が良かったといえば、何よりも 「建物」 でしょう。 個人的にはロンドンのテート・モダンを思い出しました。(規模は全く違いますが、モダンに徹しつつもレンガ造りの建物とマッチしている雰囲気がという意味で…)

e0166398_513889.jpg


真っ暗な部屋の中に細長いスクリーンが設置され、写真が次々と変わっていく作品。 何というか… 私のような素人には全く理解できませんでしたが、体操のマットのようなものが設置されていたので、皆で体育座りをしながらしばらく休憩し見ました。

e0166398_5131584.jpg


何か主張したいメッセージが流れているのでしょうか。 ハングルがインパクト大なメディアアートの部屋。

e0166398_5132285.jpg


レンガ造りの美術館の外観、とても好みです。

e0166398_5132936.jpg



正直に言うならば、美術館の建物の素晴らしさに対して作品が追いついてない印象を受けました。 もちろん、ところどころ良いと思える作品は置いてあるのですが全体的には 、、、

質の話は私にはできませんが、数的にもちょっと…


また平日の 人があまり居ない時に行けば違った感想を持つのかもしれません。 建物は素晴らしかったので、その中にポツン…と作品が置いてあるのがまた空間とマッチして素晴らしいと思えるかも。

とにかく、再び訪れてみたいと思える美術館ではありました。 数年後は恐らく作品も充実してくると思うので期待しています。



e0231876_0251970.png



美術館繋がりでもうひとつ。 別の日ですが、梨泰院に行ったついでにサムソン美術館Leeu,mに寄りました。 ブログでも何度かご紹介していますが、ここは個人的にソウルの中で最も好きな場所のひとつです。

Leeumの何が素晴らしいかと言われると、まずは建物。 複数の世界的建築家が設計しているのですが、今回行ったMUSEUM2:現代美術館は、フランスでナイトの爵位を授与されたジャン・ヌーベル氏の手によるものです。

e0166398_19214776.jpg


今回見たのは杉本博司さんの特別展。 →詳しくはこちら

私は初めてのアーティストさんだったのですが、日本現代美術で最も重要な作家の一人であり、現代写真の巨匠と評価される方なのだそうです。 若い人を中心に、お客さんもたくさん見に来ていました。

e0166398_19215830.jpg


下の作品は、五元素:黄海、済州(1992)

宇宙の基本である五元素をベースに建てられた日本の伝統五輪塔(五輪塔, Gorintō)の形を借用した作品。 光学ガラスの中に、海が見えるのがお分かりになるでしょうか?

e0166398_1922883.jpg



この展覧会を通して訴えられている作者の主張のようなものを必死で捕らえようと努力したのですが、私の力不足というか芸術性の不足というかでなかなか難しかったです。 すっかり自分の凡人っぷりを再認識した時間となってしまいました、、

でも、Leeumの空間と作品が素晴らしくマッチしていて、その空間に身を置くだけで満足しました。 私にとって美術館は大抵それが目的だったりするのですが。

そういえば、「僕は芸術のことは全く分かりませんタイプ」 の夫が 割と真剣に説明書きなどを読んでいたのが意外でした。 彼は何かインスパイアされるものがあったのかもしれません。


今回は行かなかったのですが、韓国の陶磁器などが展示されている常設展の方も本当に素晴らしいので、まだ行ったことが無い方はぜひぜひ梨泰院散策と併せて一度行ってみてください。016.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-28 00:00 |     ミュージアム

ホテル内のオシャレ中華料理 Piece Nord @市庁

e0166398_19133918.jpg


年末のことですが、市庁のホテルにある中華料理屋さんに連れて行っていただきました。

Piece Nord
address: ソウル市 中区 世宗大路 22ギル 16 ニューソウルホテル1階
phone: 02-792-4997

ランチタイムは11:30~14:30、14:30~17:00がカフェタイム、17:30~21:30がディナータイムになっているようです。

e0166398_19134655.jpg


ホームページをご覧頂くとわかるように、ここは後藤さんという日本人の方がメインのシェフを勤めていらっしゃるようです。 そんなこともあってか、日本人駐在員の方々からも熱く支持されているレストランなのだとか。

e0166398_1913527.jpg


コースもあったのですが、そこまでお腹が空いていたわけじゃなかったので、単品をいくつか頼んでみました。 韓国で食べる中華料理は 「正統中華」 と書いてあるのにキムチやたくあんが出てきたりして かなりフュージョンと言いますか… そんなに強く期待できない部分もあったりするのですが、こちらはかなり美味しかったです!

e0166398_19135866.jpg


ソウルのレストランについて、私は勝手に 「現地人用」 「観光客用」 「駐在員用」 という風に大きく3つに分類しているのですが、それで言うと このレストランは間違いなく 「駐在員用」 のお店でした。 (もちろん、複数のカテゴリーにまたがっているお店もあります)

ウェイターさん、ウェイトレスさんもスーツを着て身なりがビシッとしているし、皆さん美形(?)だし、そんなに大きなホテルじゃないにせよホテルの1階に入っているお店という地点で ドメスティックな人達が日常的に入るタイプのレストランではないですよね。 フロアに出ている店員さんには 日本人の方(or 日本語がネイティブ並みの方) もいらっしゃいました。

e0166398_1914588.jpg


どれも食べやすくて、とても満足でした♪

坦々麺も1人分を注文したら ご丁寧に2つに分けて持ってきてくださいました。 この心配りもありがたい…。 (でも正直に言うと、坦々麺はちょっと塩味が足りないというか、今まで食べたことのない不思議な味がしました。 これが中国本来のお味なのかな? かなりコッテリめ。)

e0166398_19141230.jpg


食後にお茶を出してくださったのも嬉しい♪

e0166398_19141976.jpg


女性2人だったので そんなにたくさんは頼みませんでしたし、ドリンクも頼まなかったこともあり、確かお会計はひとり2万ウォンちょっとぐらいだった気がします。 何だかスミマセン…。^^;


このお店の席の中から窓越しにファイナンシャルセンタービルがバーンと見えてまして、徒歩で1分という距離です。 ここでランチをした後、ファイナンシャルセンタービルの地下に移り、ティータイムをするのが正解かな。 (先日ご紹介した5cijungもここです)


自分ではなかなか開拓しない&家族とは行かないタイプのお店なので、こういうところに連れていって頂けるのも新鮮で楽しいものです。

中華ですし、旅行者のかた向けのお店ではないですが… 在韓の方はビジネスミーティングや お友達との静かなお食事会に使ってみられてはいかがでしょうか。 きっと夜は更に素敵な雰囲気だと思います。 テーブル同士が離れている上、隣が気にならない感じで座席が組まれているのも◎です。001.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-27 00:00 |     和洋多国籍

素材にこだわった韓国食堂・クァッガネウムシク @通仁市場

e0166398_18324258.jpg


景福宮駅から5分程度歩いたところに通仁市場(トンインシジャン)というディープな雰囲気の市場があります。 「ディープな」 なんて書きましたが、最近は観光客の方のほうがこういうドメスティックな場所を好んで行かれるようなので、「もうとっくに行ったことあるよ~」 という方も多いかもしれませんね。^^;

私は何度も前を通ったことはあったものの、いつも何となくタイミングを逃してしまって入ったことが一度も無かったのですが、先日友達と会った時に やっと行くことができました。

e0166398_18325687.jpg


平日だったためか、まだ時間的に早かったのか、お客さんもまばら。

e0166398_1833341.jpg


アーケードの中には こんな感じで飲食店がずらりと並びます。 下の写真はトッポッキのお店。 屋台みたいな感覚で楽しそう。

市場だとか屋台は衛生的にちょっと不安…という旅行者の方もいらっしゃると思うのですが、通仁市場は思ったよりは衛生的に悪くない感じだと(個人的には)思いました。 (とはいえ、私はこういったディープな市場で日常的に買い物をしたりすることはありません。 見る分には楽しいのですが…)

e0166398_18331178.jpg


今回はこちら、友達が一度入ってみたかったという 「곽가네음식(クァッガネウムシク)」 さんに入ることにしました。 市場に入ってアーケードをひたすら直進し、5分ぐらい進んだ左手にあります。

この市場内の食堂としてはかなり有名なのだそうですが、外から見るとごくごく普通の食堂。 でも、私達の前にひと組 日本人観光客らしき方々が入っていったので、既にガイドブックなどで紹介されているのかもしれませんね。

e0166398_1833187.jpg


クァッガネウムシクは、サチョル(寺刹)料理、つまり精進料理の専門店だそう。 お店の中には 素材にこだわっているという心意気を感じさせる宣伝文句がずらりと並んでいました。 写真を撮らなかったのでハッキリ覚えていないのですが、有機農栽培の野菜だとか何とか、ウェルビーンな内容が書かれていました。

(上の写真の扉部分にも、「ウェルビーン食堂」 と書かれています。)

e0166398_18332553.jpg


メニューはこんな感じ。 色々あったのですが、お店の名前のついた定食、「クァッガネ定食」 を頼んでみることにしました。 下の写真の上の段、水色の文字のメニューです。

定食は18000wと23000wの2種類あるようですが、18000wの方をチョイス。 これ、2人分のお値段じゃなく、1人分でこのお値段。 2人分だともちろん2倍です。 こんな超ドメスティックな雰囲気の食堂なのに (←失礼)、かなり強気のお値段設定です。 これは期待せねば~

e0166398_18333134.jpg


厨房のカウンターにあるナムル類はセルフサービス。 これと目玉焼きで、ビビンバにして食べたら美味しそう。

e0166398_18333790.jpg


実は私、日本ではもやしは一切食べられないのですが (キュウリなど青臭いものが苦手…)、韓国の細っこいもやしは食べられます。

e0166398_18334484.jpg


e0166398_18335085.jpg


盛り付けは友達が。 キレイ~ 038.gif

e0166398_18335727.jpg


トゥッペギに入ったメイン料理がきました。 汁物ではなく、蒸した感じ。 野菜と魚介類。 リンゴも入ってた気がしたけど、気のせいだったかな?

e0166398_1834351.jpg


胡麻やナッツ類などをすりつぶしたスープにキノコ類がたっぷり入ったスープ。 名前は失念。 初めて韓国でこのスープを飲んだ時は慣れない味だったのでちょっと抵抗があったのですが、今では美味しく頂いています。 何より身体にとっても良さそうですしね♪

e0166398_18341080.jpg


普通にお肉も。

e0166398_18341767.jpg


全体的に見るとこんな感じ。

e0166398_18342556.jpg



正直に言いますと、「一人前18000wでこれだけ…?」 と思いました。 スミマセン。。 お腹はいっぱいになりましたが、クオリティ的にあらら?というか。

全ての素材にこだわっているというのがウリの食堂なので、恐らく私が想像している以上に原価が高いのかもしれませんが。 でも、市場内の、この雰囲気の食堂でこのお値段か…という感じは否めませんでした。 私達が食べているのを見たほかのお客さん達が何組か 「このメニューは何ですか?」 とお店の人に聞いていて、「18000wの定食です」 と言われると全員が 「ピッサダー!(高い!)」 と言ってましたからね… ^^;

というわけで、私は定食のリピはありませんが、他のメニューは機会があれば食べてみたいなと思います。



今回ご紹介したクァッガネウムシクさんのある通仁市場のすぐ近くには、カフェ本にもご紹介したようなオシャレカフェがいくつもありますし (goghiさんやノッグルッカジロニさんもすぐ近くです)、何よりパワースポットといわれる景福宮も近くですから、どこかへ行くついでに軽くお食事しに立ち寄ってみていいかもしれません。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-25 00:00 | 食  韓国料理

ファイナンシャルセンター内にある5cijung cafe @光化門

e0166398_573832.jpg


とうとうソチオリンピックも終わりに近づいてますね…

通常、オリンピックのようなものをアウェイ、特に韓国で観るというのは色々ありまして少々抵抗があるものなのですが、今回はそんな邪念を持たずに楽しく観戦することができました。 韓国人選手が出ていなかったのに、男子フィギュアスケートをフルで放送してくれたのもありがたかったです。 ほんと、真央ちゃんといい、今回のオリンピックは素晴らしかった! 016.gif


さて、そんなオリンピックフィギュアのエキシビションを観ながらブログ更新もサクッとしちゃいましょう。

e0166398_574692.jpg


これも12月に行ったお店ですが、光化門のファイナンスセンター地下の飲食街 sfcモールの一角にあるカフェ、5cijungです。 週末などは常に混んでいるため、入るのを諦めることが多いのですが。

e0166398_575285.jpg


5cijungといえば、カロスギルに本店のある有名カフェ。 くまさんのラテアートや、飲食物にちょこっと付いてくる動物のマスコットなど、乙女な雰囲気満点です。

e0166398_57599.jpg


お店の中央部分にあるこの小部屋がとっても可愛くて… 途中まで女の子グループが座っていたのですが空いたので、席を移らせてもらっちゃいました。 若い子グループを差し置いて申し訳ありません~

e0166398_58517.jpg


棚にディスプレイされている雑貨類、販売されているのかな?

e0166398_581262.jpg


e0166398_581835.jpg


オリジナルのオレンジティーだったかな? を頼んだら、めちゃくちゃ甘かった~
そう、忘れてたけど、このお店のものは全体的に凄く甘いのです。

e0166398_582556.jpg


雪の結晶の窓がカワイイ♪

e0166398_583738.jpg


小部屋からカウンターを見たところ。 とっても忙しそうでした。

e0166398_584350.jpg


ドリンクを頼むとスコーンが付いてくるのはサービス♪ 冬なので(?)ペンギン君もいっしょ。

e0166398_584997.jpg


友達が 「皆で何かお揃いのものを持ちたいから」 とプレゼントしてくれたレザーのポーチ。

3色あったのですが、「○○さんはこれ!」 とそれぞれに似合う色がハッキリしていたので 3人で喧嘩する(?)ことはありませんでした。 ちなみに私は一番手前の赤♪ 東大門だったかな? のレザー専門店で買ってきてくれたのだそうです。 末永く大切に使わせてもらいます。016.gif

e0166398_585666.jpg


用事があったので、私だけちょっと早くお暇させてもらいました。 楽しい時間をありがとうございました☆

e0166398_59499.jpg



オフィス街である光化門は、以前はカフェに入るといってもチェーンカフェのようなところがほとんどだったのですが、最近はチョイスも増えて嬉しい限りです。001.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-24 00:00 |     その他エリア

お久しぶりのgoghi(ゴヒ) @景福宮

e0166398_53680.jpg


怒涛のブログ更新の続きです。

久しぶりに景福宮の近くにあるgoghi(ゴヒ)さんに行ってきました。 カフェ本の取材で伺って以来チャンスが無かったのですが、相変わらずゆったりとした空気が流れる素敵なお店でした♪

e0166398_531279.jpg


お店へは、3号線景福宮3番出口を出てまっすぐ歩き、2つ目のFUJIFILMの店がある角を右折。 最初の角を左折し、数十メートル先のビル1階。 徒歩5分強です。

goghi
address: ソウル市 鍾路区 (チョンノグ)昌成洞(チャンソンドン)100
phone: 02-734-4907

e0166398_531829.jpg


店名の「ゴヒ」は、日本語の「コーヒー」と、「一杯のコーヒーで高(ゴ:韓国読み)い喜(ヒ:韓国読み)びを」から付けたそうですよ。063.gif

ドリンク類も結構多いですし、ケーキやパッピンス、軽食のメニューもあって便利なお店です。

e0166398_532592.jpg


友達が 「yossyさんのカメラでyossyさんを撮りたい」 と言い出したので、撮っていただきました。038.gif

e0166398_533385.jpg


屋久島のお土産をもらいました♪ 亀の形がかわいい~ お味もとっても美味しかったです。016.gif

キティちゃんの赤ペンは、書いた文字を ペンのお尻部分のゴムでこすると消えるという優れもの。 採点の時に活躍してくれそう。 最近の文房具はますます進化してますねー

e0166398_534141.jpg


物をもらうこと自体よりも、旅行中にも私のことを少しでも心に留めておいてくれたということがとても嬉しかったのでした。 お土産って そういう 「気持ち」 が嬉しいものですよね。 016.gif ありがとう。



木のぬくもりが感じられる店内。

この日も若いカップルちゃんから 赤ちゃん連れのご近所さんのようなお客さんまでいましたが、色々な人がストレスフリーで楽しめる良いカフェだと改めて思いました。

e0166398_534825.jpg


それにしても、今年のソウルは去年の寒さがウソのように暖かいです。 暖かいといってももちろん寒いのですが、去年は連日マイナス15以下なんていう日も多かったので、2月の時点で氷点下の日がほとんど無いというのは驚き!

このまま春になって欲しいような、もう少しだけ冬を楽しみたいような。 001.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-23 00:00 |     景福宮

ダッシュでチェック! ホーム・テーブルデコフェア2013 @COEX

e0166398_1572839.jpg


怒涛のブログ連続更新! お蔵入り写真を増やさないためにも、気が向いた時にバンバンUPしていきたいと思います。


今年も (もとい、去年ですね) インテリアの祭典、home table deco fairへ行ってまいりました。 東京ドームでも毎年テーブルウェアフェスティバルをやっていますが、それのソウルバージョンのようなものです。

インテリアに関連する色んな企業がブースを出しています。

e0166398_1573429.jpg


12月は本当に忙しかったので 我が家から遠いCOEXまで足を運んでいる時間がなく… 別の場所に用事を済ませに行くついでの隙間時間にちょこっと寄ってきました。 タイムリミットは たったの30分間。 見られたのは ごく一部でしたが、十分満喫できましたよ♪


家具を展示しているブースや、

e0166398_1574112.jpg


   ラグを展示販売(予約かな?) しているブースなど。

e0166398_1574765.jpg


   韓国ドラマに出てきそうなゴージャス系のベッドルームも。

e0166398_1575449.jpg


ぬいぐるみ山積み。 (断捨離&整理収納に加えて風水の勉強を進めている私としては、見た瞬間に 「ぬいぐるみを置いていいのは2~3体まで!」 と思ってしまいましたが… ^^;)

e0166398_158042.jpg


このメーカーのカップやプレートを初めてロンドンで見た時に 「うわ~カワイイ!」 と思ったのですが、ここでも売られていました。 自分では買わないけれど (私に似合わない…)、見ているとウキウキした明るい気持ちになれる物たち。

e0166398_158729.jpg


雑貨を扱うブース。 壁に掛けるフレームの専門店やタイルの専門店なども出店していました。

e0166398_158131.jpg


フランスで人気に火が付いたウォールステッカーも、韓国で時々見かけます。 壁紙販売のサイトでも色々売っていますので、興味がある在韓者の方はチェックしてみられてはいかがでしょう。 例えばこのサイトとか。

e0166398_1582067.jpg


   照明いろいろ。

e0166398_1582674.jpg


照明なら、雑貨本でもご紹介した乙支路の照明専門店街がオススメです。

e0166398_1583487.jpg


カーテンのオーダーメイドコーナーもありました。 ソウルだと、東大門総合市場の地下にあるカーテン専門店コーナーがお値段的にオススメです。 日本人観光客の方も結構オーダーしに行かれるようですが、うちの妹もソウルに遊びに来た際、新居用にオーダーしてました。

e0166398_1584067.jpg


窯元さんたちも多数出店していました。 主に利川のもの。 時間が許す限り見て歩いたのですが、韓国の焼き物も素敵なのが色々ありますねー。

e0166398_1584834.jpg


ただ、素敵だと思うものは いかんせん値段設定が高過ぎて…。 ほどほどの値段のものでいいなと思えるのが少ないので、韓国の焼き物はいくつかしか持っていません。 

(「ほどほどの値段で良いものを探すのが難しい」 というのは 焼き物に限らず洋服でも何でもそうですね… 韓国は 「上か下か」 が多くて 真ん中が凄く少ないので…)


あ、でもこの日は 「スープカップにも出来るミニサイズのコーヒーカップが欲しい」 と狙って行ったので、セールになっていたものを4つほど買いました。 ←断捨離は?015.gif  和食器に合うデザインでとても気に入って使っています♪



テーブルコーディネートのコーナーもありました。 今回はそこまで良いと思えるデザインは無かったですが。

e0166398_1585690.jpg


韓国らしいデザインのテーブル。

e0166398_159482.jpg


お皿の上に置いてあるお菓子は、ここ数年韓国で人気のドイツ菓子schneeballen(シュニーバレン)。 ハンマーで叩き割って食べるもので、デパ地下や駅構内などでお店をよく見かけます。 どうして韓国でこんなに人気が出たのかは謎ですが、日本ではいかがですか?

e0166398_1591185.jpg



以上、駆け足で2013年のホームテーブルデコフェアを振替ってみました。 写真がお蔵入りにならなくてよかった~。024.gif

そういえば、ソウル郊外の都市・イルサンに出来る予定のIKEAは いつ完成するのでしょうね。 SY曰く、スタッフ募集の広告はどこかに出ていたそうです。 IKEAが出来てくれたら週末の楽しみも増えるのですが。


人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-22 00:00 |     整理収納・インテリア

光化門広場の目の前♪ GODIVA cafe @光化門

e0166398_555070.jpg


ほとんど写真も撮ってないしどうしようかな…と思ったのですが、参考情報程度にということで GODIVA光化門店のご紹介をさせていただきますね。

光化門駅7番出口を出てすぐ目の前という目立つ立地にあるので、行かれた方も多いかもしれません。


12月だったのでクリスマスリースが… ↓
(韓国の場合、1月、下手すると2月になってもクリスマスグッズが飾ってあるカフェもあったりしますが)

e0166398_555783.jpg


お店は3階建てになっていて、1階はお持ち帰り用のチョコレート売場。 2階と3階がイートイン出来る客席になっています。 下の写真は2階のカウンター。

e0166398_56323.jpg


ワンフロアがあまり広くないので、時間帯によってはいっぱいなことも多いのですが、この時はどうにか3階席が空いていて着席できました。 ゴディバだからといって高級感があるというわけでもなく、ごく普通のカフェの内部という雰囲気。

e0166398_5698.jpg


お店の方に人気商品を伺ったらこれをすすめられたので (というか、特にこれという物が無かったようでオドオドされてしまった、、) 一番ベーシックなチョコレートドリンクをオーダーしました。 同じものを台北の空港で飲んだ時は凄く美味しくて感動したのだけど、今回はそこまでではなかったような…?

e0166398_561682.jpg



光化門は私にとっても思い出の場所。 仕事で毎週通っていたので、この辺を歩くだけで懐かしいような嬉しい気持ちになります。 元々オフィス街の雰囲気が好きなので、ホッとできるというか。

ここ数年は光化門広場が整備されたり ミレアセットのようなオフィスビルやオシャレなカフェなども増えたりして、以前より賑わっていますね。 そういえば、駅近くのビル群も大規模な工事を行っていましたけど、更に大きなビル街になるのかな…?


数年単位でどんどん移り変わっていくソウルの街。 これから先 どんな風になっていくのか楽しみでもあり、私のようなアジュンマにはちょっぴり心配でもあったりします。


人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-21 00:00 |     その他エリア

シンガポールの有名紅茶ブランドTWGのティーサロン&ブティック @狎鴎亭 sanpo

e0166398_21364145.jpg


紅茶好きな方ならご存知だと思いますが、シンガポールにTWGという有名紅茶ブランドがあります。 シンガポールは昔から中国の茶葉やアジア各地のスパイスをヨーロッパに運ぶ貿易の中継点として繁栄し、「茶葉の発信地」 としての歴史を重ねてきたそうです。 いつか行ってみたいな~

そのTWGの韓国一号店が狎鴎亭に出来たということで行って参りました。

069.gif韓国のTWGのホームページはこちら
069.gif自由が丘にあるTWGティールームについてはこちらこちら
069.gifTWG本社のホームページはこちら


さすがは狎鴎亭、建物1つが丸ごとTWGになっており、入口を入ったらバーンとTWGの世界が広がっていてビックリしました。 ソウルで行ったカフェ…というかティールームの中で、ここの豪華さはダントツでした。

(1階はとても写真を撮れる雰囲気ではなかったので、本社のHPから写真を拝借。↓ こんな雰囲気です。)

e0166398_21585287.jpg


1階の販売部部分に入るだけでも結構敷居が高い感じがしましたので、Tシャツにジーンズ、スニーカーみたいな服装では行かない方がいいと思います。^^;; 入ってすぐに、スタンバイしていた店員さんから 「ご予約はございますか?」 と声をかけられるぐらいなので… (「バレーパーキングのご利用はございますか?」 とも聞かれた。 この近辺はバレーパーキング付きのお店が主流ですね…)


ティーサロンは完全に予約制になってまして、当日予約は受けてないそうです。 今後は分かりませんが、まだオープンしたてのお店なので、当分はこんな感じではないでしょうか。


下の写真は2階のティーサロンの一角。

e0166398_21364925.jpg


予約を入れたにも関わらずずいぶん1階で待たされて少々手際が悪いなという感じを受けましたが、10分以上過ぎたあたりでどうにか2階へ案内されました。 こちらが声をかけるまでオーダーも取りにきてくれなかったりしたので、この辺は要改善かも…

e0166398_21365615.jpg


せっかくだから何かスイーツも頼んでみようかということになり。 周りにいたお客さん達が食べていたものをチェックしつつ、量が軽そうなティータイムセットメニュー (25000w) を頼む事にしました。

2人分頼むつもりでいたら、店員さんに 「セットはお一人分のみになさいますか?」 と言われたので 「そうか、ティーセットは一人分だけ頼んで、お茶だけ もう一人分追加で頼めばいいんだ」 と気付き、そのように注文。 そんなにお腹が空いてない時などに、この注文方法は便利ですね。

e0166398_213749.jpg


ティーセットメニューに付いてる紅茶は、ティーリストの中から12000w以下のものを選べるようになっています。 今回は確かダージリンファーストフラッシュにした記憶が。 追加で頼んだのはウバ (だったはず)。 友達と途中でポットを交換して両方楽しみました。

e0166398_21371385.jpg


ちょっと話が飛びますが、TWGの紅茶で特に有名なのが、こちらの布ティーバッグ入りの紅茶です。 ↓
普通のフィルターではなく、布の袋に入っているというのが面白いですよね。

e0166398_2137199.jpg


私もロンドンで一度買った事があるのですが、普通のティーバッグとの劇的な違いは感じなかったものの、目新しさで美味しく頂きました。 (←その程度の残念な味覚でスミマセン、、) 

ちなみにロンドンではひと箱15ポンドだったのですが、韓国のこのお店では全く同じものが34000wというビックリプライスで売られてました。 クスミティーでも何でもそうなのですが、韓国は輸入物の値段設定がオカシなことになっているので、韓国でこういった輸入嗜好品を買うことは 私はありません。。

e0166398_2137269.jpg


さぁ、ティーセットが来ました♪ 

スコーン2つにマカロン2つ (味を選べる) 、そしてお茶一人分が付いて25000wです。 そんなにお安い訳ではありませんが、どんなお店でも狎鴎亭というだけで驚くような値段であることを考えると、この豪華な雰囲気の中でお茶が頂けて25000wなら全然悪くありません。 (お茶だけなら12000w~。)

e0166398_21373385.jpg


マカロンは私が抹茶を選び、友達はアールグレイか何かの味のを頼んだのですが、半分ずつ食べたら どちらも予想外に美味しかったです。 でも1つだけ選ぶなら絶対に抹茶! マカロンって時にしつこく感じることがあるんですが、これは全然くどく感じなかったです。 友達は 「今まで食べたマカロンで一番おいしいかも」 と言っていたぐらい。

e0166398_21374056.jpg


スコーンも普通に美味しくて◎。 ←スコーンは本場イギリスでも不味いところは不味いので、「普通に美味しい」 ならOKだと思っております。

が、ビックリしたのは、スコーンに付いてきたクリームとジャム。

e0166398_21374785.jpg


普通、スコーンには伝統的にクロテットクリームとジャムが付いてくるものですが、なんとここに添えられていたのは 薄味の韓国の生クリーム、そして ジャムではなく メシル(梅)エキスで作られた 「ゼリー」 でした! クロテットクリームが生クリームに置き換えられるのは想定内でしたが、ジャムの代わりにゼリーというのは斬新ですよね~

e0166398_21375456.jpg


友達とウケながら食べたのですが、食べてみたらこれが意外に美味しく…^^; 

「スコーンはかくあらねばならぬ」 という確固たる理想(?)がある人はともかく、私も友達も 「韓国式のティータイムだと思えば、これも十分アリだね」 という ゆるーい結論となりました。 こってりした甘さのものでもOKな方にはもしかしたら物足らないかもしれませんが、甘過ぎるものは苦手という我々のような胃腸タイプの方には、このぐらいの薄さでも問題なしかもしれません。

友達に 「このメシルゼリーって、yossyさんが家で出してくれた手作りゼリーと全く同じ味がするね」 と言われたのですが、確かに同じでした。 特別な作り方ではなく、義母お手製のメシルエキスに 日本から持ってきたゼライスを混ぜて作っただけ… 私もメシルゼリー作り担当アルバイトならできそうです。^^;



オシャレなポットカバーをパカッと開けたらこんな感じ。 1階の店舗でも販売しているみたいでした。

e0166398_2138117.jpg


このティーサロンに行く前に友達が、お茶に詳しい韓国人女性から、「ソウルのTWGは値段ばっかり高くてフードは美味しくないし、サービスもテンパっててダメ」 と言われたとのことだったので、正直あまり期待せずに行ったのですが、思ったよりずっと良かったと思いました。 お店の方も、手際の悪い部分はあったけれど、決して感じが悪かったわけじゃなかったし。

江南はどこへ行っても紅茶1杯1万ウォン以上の世界ですから、どうせ払うなら断然TWGがいいと個人的には思いました。 結局私達は2人で4万ウォン弱だったので、1人あたり2万ウォン程度。 このお店でなら納得のお値段ではないでしょうか。

この辺は、好みや価値観によって感想が分かれるかもしれません。

e0166398_2138860.jpg


もし行かれる場合は、上にも書きましたがカジュアル過ぎる服装では行かない方がいいかもということと、お茶する場合は数日前までの予約が必要なので御注意くださいね。

電話番号: 02-547-1837 (日本語は多分無理ですが、英語なら大丈夫なはずです)


最寄り駅はブンダン線の狎鴎亭ロデオ駅。 3番出口を出てそのまま直進し、最初の角 (確かブランド店) を右折して少し行くと左手に見えてきます。 駅からだと5分弱。

またぜひリピしたいお店となりました。 誘ってくれた友達に感謝♪ 063.gif



e0231876_0251970.png



ご紹介が少し遅くなりましたが、JTBパブリッシングのガイドブック 「ララチッタ」 シリーズのソウル版に改訂版が出まして、私も前回に引き続き、ソウルのカフェについて少しコメントを提供させて頂いています。

e0166398_21382154.jpg


機会があれば、お手に取ってご覧になってみてください。 056.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-20 00:00 |     狎鴎亭・清潭洞

あのレッドマンゴーのコンセプトストア red mango classic @ホンデ

e0166398_1445847.jpg


皆さん、レッドマンゴーはご存知でしょうか。 私のブログまで辿り着いて読んでくださってるような皆さんは、もしかしたら私以上に詳しくご存知かも?! 016.gif

レッドマンゴーは、私が韓国に来た2007年同時、爆発的に流行っていたヨーグルトアイスのチェーン店。 私も大好きで よく食べていたのですが、気が付けばいつの間にか街で見かけることも ほぼ無くなり…。 移り変わりの激しいソウルなので仕方ないとはいえ、寂しく思っていました。

それが、一昨年の夏、今の家に引っ越してきてから このお店があるのを発見! わーいと喜んだのもつかの間、既に閉店した店舗だったらしく 店内は常に真っ暗なままで…。 その存在もすっかり忘れた頃、突然 お店が開いていてビックリ! これは行ってみなきゃ~と勇み足で行って参りました。

e0166398_23251868.jpg


店構えも普通のレッドマンゴーと比べると凄く凝っていてオシャレですよね。 店内も、一見したらレッドマンゴーだとは思えないような作りになっています。

e0166398_23252665.jpg


ご存知の方も多いと思いますが、レッドマンゴーはヨーグルトアイスの上に フルーツなどのトッピングを選んで乗せてもらえるシステムなのですが、そんな感じのケースはカウンターに全く見えません。

ふむふむ…と思ってカウンターに置いてあるメニューを見たところ、最初のページにちまっと例のヨーグルトアイスが載っていましたが、それだけ。 あとは普通のカフェみたいにドリンクやデザートのメニューが載っていました。 ドリンク類も、今までのレッドマンゴーには無いような凝ったものもありましたよ。

e0166398_23253394.jpg


お店の前を通るたびにチェックしていたのですが、ここでは日替わりで 「Today's Special」 として一品を特別プライスで提供しているようです。 この日はストロベリーワッフルとアメリカーノ2杯分がセットになって12800ウォンとあったので、そちらを頼んでみることにしました。

韓国は 「デザートとコーヒー2杯」 みたいに、カップルやお友達と来た時用に2人分がセットになっていることも多いです。 ワッフルの有名店、beans binsなどもそうですね。

e0166398_23254031.jpg


実はレッドマンゴーに行く前、夫が 「ラーメン食べてから行きたい」 と言ったのですが、ソウルのカフェは午後3時を超えると突然混み始めることが多いので、「先にこっち!」 と引っ張ってきました。 ごめんよ~

でも本当に私達がメニューを注文して食べ始めた頃から どんどんお客さんが入ってきて、3時過ぎにはほぼ満席に。 私達が入店する前までは、お一人様の男性と、カップルが一組しかいなかったのに…

e0166398_23254717.jpg


ハンドドリップで煎れたアメリカーノ到着。 チェーン店のレッドマンゴーでは通常絶対に出てこないタイプの素敵な器で出てきたので、もうそれだけでビックリしました。

コーヒー好きの夫に言わせると 「味は悪くない」 とのこと。 ちなみに彼はハンドドリップはあまり好みではないそうなので、大満足とはいかなかったようですが… 私は普通に美味しくいただきました。

e0166398_23255453.jpg


そしてワッフルの到着。 まさかのビッグサイズにビックリ! お値段的に言っても、ハーフサイズというか もう少し小ぢんまりしたサイズのものが来ると思っていました。

「甘いものはあまり食べないSYと一緒じゃ 絶対完食できないだろうな…」 と心配したのですが、食べ始めたら意外とアッサリしていて、あっという間に完食。 SYもバクバク食べていました。^^;

上にかかっているクリームは、レッドマンゴーのヨーグルトアイスを煮詰めて濃くしてクリーム状にしたような味がしたかな? ワッフルもちゃんと美味しかったし、よっぽどひねくれた人 味に厳しい人じゃない限りは美味しく召し上がれると思います! 016.gif

e0166398_1474581.jpg


ところで話は少し脱線してしまいますが、レッドマンゴーは私にとって特別な思い出のある場所なんです。


2007年の来韓当初。 非常勤からスタートした私は収入も多くは無く、結婚したてで何かと物要りだったことも重なり、生まれて初めて 「お金が無いって寂しいことなんだな…」 と思っていました。

そして時は折りしもレッドマンゴー最盛期。 2人分サイズのアイスで7000ウォン程度、当時のレートで900円ぐらいだったのですが、当時の私には気軽にいつでも食べられる存在ではなかったんです。

もちろん、「900円もするんだから当たり前じゃない」 と思う方も多いと思いますし、今考えると私もそう思います。 でも、韓国に来たばかりで色々とストレスが溜まっていた私にとっては、「自分の祖国を離れてまで幸せになりに来たのに、たかがアイスクリームすら好きな時に好きなだけ食べられない生活って 一体なんなんだろう…」 と、物凄く悲しい出来事のように感じられてしまって…

そして、「レッドマンゴーを好きな時に 好きなだけ食べられる生活が送れるよう、一生懸命に努力して収入を得る!」 と堅く心に誓いました。 今考えるとアイスひとつでこれだけ熱くなれるってスゴイですよねぇ… 015.gif 


でも私にとって 「2007年 レッドマンゴーの誓い」 は 「1192(いい国)作ろう鎌倉幕府」 と同じぐらいの重要年号として胸に刻まれています。 記憶力の悪い私が今でも鮮明に思い出せるぐらいですから。 あー、懐かしい。

e0166398_23261719.jpg


営業時間は、平日が午前9時から午後10時まで、週末はお昼12時から午後9時まで。

e0166398_23262465.jpg



場所ですが、2号線の弘大入口駅2番出口を出て5分ほどのところです。 韓国語学院のカナタ韓国語学院というのがホンデにはあるのですが、そのビルの道路を挟んだすぐ向かい側です。 というわけで、地図はカナタさんの こちら をご覧くださいませ。 レッドマンゴーの数軒先は、以前ご紹介したthe famous Lambです。


あまり時間も無いのでサラッとだけご紹介するつもりが、レッドマンゴーにはあまりに色んな思い(?)が詰まっているので ついつい長くなってしまいました。。

今回食べたストロベリーワッフルも美味しかったですが、次回はぜひレッドマンゴーと言ったらこれ!のヨーグルトアイスを食べたいと思います♪


※ お店のfacebookもありました。 →こちら


人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-10 00:00 | カフェ 弘大

お料理&手芸の教室が運営するWILTONdeco cafe @梨泰院

e0166398_2451027.jpg


以前もブログに書いたことがありますが、梨泰院には西洋アンティークの家具や雑貨を扱うショップが軒を連ねるストリートがあります。 梨泰院は外国人が集まる街なので、需要もあるのでしょうね。

そんなアンティーク街を抜けた先に、カフェやレストランが (ほんの少しですが) あります。 そのひとつが、お料理と手芸の教室が運営している WILTONdeco cafeです。 詳しいことはお店のホームページをご覧下さい。 駅から歩いて10分足らずの場所です。

e0166398_2451736.jpg


先に書いておきますと… こちらのお店は外観はともかく 店内の写真映りは結構良いです。

でも、正直そんなにオススメ〜という感じではないかな。 ある意味楽しかったですけどね。

e0166398_2453084.jpg


とても小さい店内でしたが、こうやって見ると 色使いが可愛い。 エコのためか電球が消えていますが。 ドンマイ!

e0166398_245378.jpg


お店のお姉さんは一人だけ。 笑顔で感じの良い人でした。

紅茶メニューも色々あったので 「オススメは何ですか」 と伺うと、「私は紅茶に詳しくなくて… この辺でしょうかね」 と、一番手前に置いてあったお茶の缶をいくつか開けて匂いをかがせてくれました。

e0166398_2454452.jpg


そして、レジで注文した後はセルフサービスで取りに行きます。 こんなに小さいお店なのに、お客さんがレジまで取りに行くって斬新! 038.gif

しばらくすると、お店の方は私達を放置して2階へ消えていきました。 レジとか商品とか大丈夫なのかな…。さらに斬新! 038.gif038.gif

途中で一人女性のお客さんが来たのですが、お店の方がいつまで経っても来ず… 
結局諦めて帰ってしまいました。。 汗

e0166398_2455136.jpg


テーブルの上になぜか置いてあったトッズのカタログ。 トッズって最近はこういうデザインなのかーなどとお勉強。

e0166398_2455850.jpg


お店には、クラフトのお教室で作られたと思われる作品があちこちに置いてありました。

e0166398_246428.jpg


「客席の電気は消えてるのに、窓際の電球はついてるね」 とシビアに友達。 037.gif

e0166398_2461197.jpg


ベーキング(パンやケーキ)のクラスを運営してるぐらいなので スイーツに期待したのですが、パッとショーウィンドウを見た感じだと う~ん、、、 ということで、2人で1つだけタルトを注文しました。

e0166398_2461855.jpg


「タルトの生地が柔らかくなってる」 と友達。 私は嫌いじゃなかったけど、堅い方がタルトっぽくはあるかな。

e0166398_2462467.jpg



駅から外れた場所にあり、且つこういうノビノビ大らか状態なお店なので、観光客の方が行くにはオススメしませんが、ある意味 韓国らしさ満点だと思います。

そういえば途中まで暖房も入っていなくて、寒さに強い私ですらかなり冷えてきたところでやっとスイッチを入れてくれたなんてこともありました。 あの時は嬉しかったなぁ…。(最初から点けといてよ、とは今更思いません)


いろいろ書いちゃいましたが、長居してもノープロブレムで放置しておいてくれたので居心地は良かったです。 面白いツッコミどころも色々ありましたしね。016.gif

韓国で暮らすコツは、些細なことでカリカリしない…ということを改めて教えてくれるお店でした!



e0231876_0251970.png




さて、上にもチラッと書きましたが、このカフェは梨泰院のアンティーク街を抜けたところにあります。 アンティーク街について詳しくはこちらをご覧ください。

e0166398_2463617.jpg


以前から書いているように、韓国は輸入品の値段設定が凄く高いので、正直ここで買い物をするのはお勧めしません。 目の保養だけが◎。 私もいくつかのお店でお店の人に値段を聞いたことがあるのですが、「ええっ!?」 という金額でした。

この日もちょっとオシャレなヴィンテージの棚を見つけたのでお値段を聞いたら、なんと100万ウォン! 素敵だったけど、どう考えても100万ウォンするものではなく…


もし西洋アンティークに興味がある方で ヨーロッパにご旅行計画のある方がいらっしゃれば、ぜひロンドン郊外にあるルイスという街に行ってみてください! ルイスは街全体がアンティークショップのような場所なのですが、本当に安価で良いものがあります。→過去記事

e0166398_2464377.jpg


梨泰院のアンティーク街を通るたびに思うのですが、韓国で古い家具が欲しければ、西洋のものではなく 韓国の李朝家具を探すのが正解ですね。 韓国で外国モノは食べることにしても何にしても高過ぎます。

ソウルで李朝家具や韓国の古い雑貨類を探すなら、こちらがお勧めです。 梨泰院にも家具や骨董を扱うお店はありますが、義母曰く、値段が高すぎたり 中国製のレプリカも多いそうです。


それでは、良い週末をお過ごしくださいね。056.gif


人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-02-08 00:00 |     梨泰院


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル