<   2014年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

安東&慶州2泊3日旅(8) 歴史文化都市・慶州へ

e0166398_20245720.jpg


5月に行った安東&慶州2泊3日旅、安東の部分だけUPした後、ストップしていました。 もうUPも諦めようかとも思ったのですが、せっかく行った旅の記念なので、全体像をさらっとだけUPしておこうと思います!

まずは慶州について少し。 慶州は「日本でいうと京都みたいな場所」とよく言われる土地で、かつて朝鮮半島を初めて統一し栄華を極めた新羅王朝の古都だった場所です。

文化財なども数多くあり、春は桜が美しいことでも知られています。 (このブログを読んでくださってるような方々は、私よりきっとお詳しいですよね…)



私達は安東から車で慶州に到着した後、すぐにお昼ご飯にしました。 ハジニネさんという韓定食のお店です。

e0166398_202585.jpg


とても美味しくて満足。 雰囲気も庶民的で居心地がいい感じでしたよ。

e0166398_20251697.jpg


次は国立慶州博物館へ。 慶州地域の発掘調査によって出土した多くの文化財を保存展示している博物館だそうです。 SYは私が凄く喜ぶと思って連れて行ってくれたようですが、うーむ…

e0166398_20252458.jpg


訪問者をまず出迎えてくれるのは、聖徳大王神鐘(エミレの鐘)。 鋳造する際に溶けた銅の中へひとりの娘を捧げたいわれ、このときに娘が「エミレ(お母さん)」と泣き叫んだことから、この鐘は別名エミレの鐘と呼ばれているのだそうです… (by 釜山ナビさん) 007.gif

e0166398_20253191.jpg


文化財も数多くあったのですが、私にはあまり響かず…

アクセサリーのコーナーにゴールドの小物がいっぱいあったので、「いつの時代の人も、やっぱりジュエリーに惹かれるものなんだな」 と思いながら見て歩いたぐらい。

私は美術館や博物館に行くのも好きですが、作品一点一点をじっくり見るというより、建物の雰囲気など全体を含めた「空間」を楽しみたい派なので、ここみたいに人・人・人で大混雑してしまっていると、それだけで疲れてしまって見る気が起きなくて…

e0166398_20253852.jpg


e0166398_20254582.jpg


博物館の敷地内にはガラス張りになっているカフェもあり、緑がキレイに見えてよかったです。



こちらは、慶州瞻星台(せんせいだい)。 韓国では東洋最古の天文台と主張されているそうですが、建てられた目的が何だったのかは、今でも議論されているのだとか。 国宝第31号。

e0166398_20255334.jpg


そのままてくてく歩いて行くと、こんもりと山になったお墓群に出ます。 名称は失念。 このようなものがいくつも連なっていて、中には内部まで見られるものもあったけれど、そこも長蛇の列だったので諦めました。

e0166398_2026165.jpg


連休中で人が多かったこともあるのですが、安東がホッとできる場所だったのに対し、慶州は私にとってあまり相性が良くない土地なのか、疲労感が凄かったです。


疲れを癒すために、上の写真のお墓群を囲む壁の外にチラッと見えたカフェで休むことにしました。 (←そういうところだけは目ざとい)

e0166398_2026986.jpg


近寄ってみたら、ただの韓屋カフェではなく、宿泊もできる施設になっていました。 慶州はこのような伝統家屋を宿にしているところがとても多いみたいですね。 冬などは寒いでしょうけれど、季節の良い時なら面白い体験になりそうです。

e0166398_20261799.jpg


場所柄、お店の中には外国人のお客さんもいっぱいいました。 コーヒーを飲みながらホッと一息。063.gif

e0166398_20262571.jpg


外に出たら・・・ キレイな空! 下の写真、分かるでしょうか。 三日月が電線に引っかかっています♪ 慶州の空は、やはりソウルより澄んでいました。

e0166398_20263213.jpg


お腹を空かせると急に不機嫌になるSYと一緒だったので、とりあえずご飯を食べにGO。 どこもかしこもいっぱいだったので、適当に歩いて見つけたサンパプのお店です。

e0166398_2026396.jpg


このお店も、サンパプのレストランと宿泊所が一体になっていました。 普通のホテルもいいけれど、せっかくだから こういう伝統家屋に泊まるのが面白そうですね。

e0166398_20264886.jpg


30分ぐらい待たされて、ようやくお食事。 これでSYが不機嫌にならずに済む~ 038.gif

e0166398_20265782.jpg


食後、散歩がてら瞻星台へ戻りました。 ライトアップされていてキレイ。

e0166398_2027545.jpg


歩きながら後ろを振り返ったら… 瞻星台と三日月。 (歩きながら撮ったのでブレてます)

e0166398_20271243.jpg


そして、そのまま歩いて別の歴史的建造物へ。 名前は失念。 (私の興味の薄さを象徴しています)

e0166398_20272123.jpg


ライトアップをしてくれるギリギリの時間に入場したのですが、チケット売場も長蛇の列で、本当に大変でした。 仕方ないですが、やはり出来ることなら連休ではなく普段の静かな日に行ったほうがいいですね…

e0166398_2027294.jpg


お月様と建物、その1。 小さいけど、見えるかな??

e0166398_20273715.jpg


お月様と建物、その2。 人混みは凄かったですが、月を撮っていたら無心になり、癒されました。

e0166398_20274683.jpg



予定よりずいぶん夜遅くなってしまったので、急いで車で宿へ向かいます。 SYが急遽予約してくれた場所…。 宿の写真は次回載せますが、色々すごいので驚かないでくださいね、、

続く。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-31 00:00 |     地方都市観光

秋の紅葉さんぽ♪ @世界遺産・昌徳宮、後苑(秘苑)

e0166398_21403832.jpg


年度のはじめが日本より1ヶ月早いここ韓国では、大学も後期の半分を迎えています。

私が大学生だった時代は期末試験しかなかったと記憶しているのですが、韓国では大学生でも中間試験があります。 そして、今がまさに中間試験シーズン真っ最中。 地下鉄の中やバスの中などで、一生懸命に自筆のノートなどに目を通している学生ちゃん達を見た方も多いのではないでしょうか。


さて、学生達が忙しいということは 私もそれなりに忙しいのではありますが、SY(夫)に 「昌徳宮の後苑(秘苑)に行こう」 とずいぶん前から言われていたので、週末ささっと行ってきました。

e0166398_21405484.jpg


紅葉を見るにはまだちょっと早いんじゃないかな…と思ったのですが、やはり早かったです。。

写真は かろうじて紅葉していた部分をクローズアップして撮っているのでそこそこ秋らしく見えますが、実際はグリーンの部分が7~8割、紅葉が2~3割といった感じでした。 本格的な紅葉を後苑に見に行くなら、10日から2週間後ぐらい、つまり11月の10日から15日ぐらいが良さそうです。



さて、以前も書いた事がありますが、昌徳宮の背後に広がる広大な庭である後苑(秘苑)は、個人が勝手に入ることはできず、ガイドさんと共に入らなければいけません。

チケットはあらかじめ予約しておくか、空きがあれば当日券を買うこともできます。 日本語ツアーや英語ツアーなら当日でも大抵購入することが出来るようですが、韓国語ツアーはソールドアウトでした。 日本語ツアーであっても、確実に入りたければ (特に週末は) あらかじめ予約していった方がいいと思います。

e0166398_2141853.jpg


韓国語ツアーはソールドアウトだし、日本語ツアーの時間も逃してしまったため、私達は英語ツアーに参加することにしました。 通常、韓国人は外国語ツアーに参加できませんが、外国人の同伴者としてならいいみたいです。 (念の為、チケットは私が 外国人観光客オーラを出しつつ(?) 英語で購入しました。)


春に日本語ツアーで参加した際は、ガイドさんといっしょに見て周らなければいけなかったのですが (途中でドロップアウトするのは可)、今回は最初から 「自由に見て歩きたい方は、ガイドツアーに参加しなくていいです」 と言われてビックリ。 ガイドさんによって、フレキシブルなようです。

e0166398_21412213.jpg


私達はもちろん自由行動を選び、気ままに散策を開始。

e0166398_21413789.jpg


後苑の中でお手洗いや売店があるのはこのエリアだけなので、あらかじめ行っておきます。 ここを逃すと、1時間以上 お手洗いに行けませんので…

e0166398_21414965.jpg


ここから先はかなりアップダウンのある坂を歩いたりしなければならないので、靴もフラットなものやスニーカーがいいと思います。 ご高齢で歩くのが辛い方は、ここから先もう少し行ったあたりでUターンなさるのがいいかな?


本を読む会、みたいなイベントもあるようです。

e0166398_21415882.jpg


そういえば、後苑ではこの時期の期間限定で夜間開放も行っているとのこと。 ただし、外国人限定で、しかも数回しか無いので、既に前売りチケットは売り切れていました。。

e0166398_2142951.jpg


e0166398_21423483.jpg


e0166398_21422238.jpg


今流行の 「セルカ棒」(携帯電話を取り付けて、自撮りするための棒) を使って記念撮影する中年のご夫婦。

e0166398_21424651.jpg


実際よりも 写真でこうやってまとめて見た方が紅葉らしい感じがしますね…

e0166398_21425921.jpg


王様の田植えスペース。 春に見た時は草がちょぴっと生えていた程度でしたが、こんなに立派に育っていました。

e0166398_21431192.jpg


手で触ってお米の出来を確認している人がいましたが、昔の王様もそうやって庶民の気持ちやお米の大切さをお感じになったのでしょうか。

e0166398_21432223.jpg


「お米すごいですねぇ~」 と見知らぬ人同士が何となく和やかになる、の図。003.gif

e0166398_21433662.jpg


後苑もそろそろ終盤にさしかかってきました。
(「やっと平らな場所に出た~」と思いきや、ここから先が最後のアップダウンで大変なのですが…)

e0166398_21435087.jpg


e0166398_21442100.jpg


e0166398_21441487.jpg


この年齢になってようやく、生活の中に常に緑があることの必要性を感じるようになった私です。 20代の頃までは、アスファルトジャングルが大好きだったのですが、人間って歳とともに変わるものですね…

e0166398_2144263.jpg


紅葉だけ見るとすっかり秋ですが、この日は日中ビックリするぐらい日差しが強くて暑かったです。 この時期は、何を着て外出したらいいか、本当に悩んでしまいますね。

e0166398_21443791.jpg



またも昌徳宮自体は見られずに終わってしまったのですが、現在、このような特別公開も行っているようです。 興味がある方は期間内にぜひ。 ↓

e0166398_21444760.jpg



季節ネタなのでとにかく日を置かずご紹介しようと思い、ちょっと駆け足になってしまいましたが、ブログUPだけは終えました!

秋らしさを感じたい方も、日頃の運動不足を解消したい方も(?)、ぜひ一度行ってみてください。016.gif
(月曜日閉園のようなので、事前に確認なさってくださいね。)



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-27 00:00 |     ソウル観光

テレビ局mbc横に出現の3体目 @京畿道・イルサン

e0166398_0471228.jpg


まず、上に貼った写真は京畿道・イルサン(一山)の紅葉の様子です。 イルサンは何度かこのブログでもご紹介していますが、SY(夫)のお祖母さんが住んでいる都市で、いわゆるベッドタウン。 テレビ局のmbcもあります。


そのmbc近くを歩いていた時、前方に妙に親しみを感じるものを発見。 ↓

e0166398_0472048.jpg


近付いてみると… あ!

バルタン星人でした。 お久しぶりー038.gif

私の中で見事 「韓国バルタン星人3号」に認定いたしました。 2号に出会って以来、ずいぶん間が開きました。

e0166398_0472844.jpg


ちなみに第1号はこちら、明洞にある郵政省のビル。

e0166398_0473685.jpg


第2号はこちら、ちょっと無理やりですが、安国にあるビルです。 (今見たら、バルタン星人っていうより NHKの「どーも君」の方がまだ近い気が)

e0166398_047446.jpg



一応 このブログはタイトルどおり、ソウルの素敵なものだけを紹介しようという主旨のものなのですが、今回は思わず記録としてUPしてしまいました。

4体目情報、ツイッターでお待ちしてます~ 004.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-26 00:00 |     生活雑記

韓国の手芸女子も御用達、ブラザーミシンの韓国店 @乙支路4街

e0166398_23483212.jpg


どういうきっかけだったか忘れましたが、友達とブラザーミシンの店舗に行ってきました。 今まで知らなかったのですが、韓国にもかなりの数のブラザーミシン店舗があるのですね!035.gif

私達が行ったのは乙支路4街にある路面店ですが、もし在韓の方で興味がある方は、ブラザーのホームページを御覧になってみてくださいね。→부라더미싱

e0166398_23484293.jpg


場所は、地下鉄乙支路4街駅3番出口を出てすぐ目の前です。 この辺は東大門にも近く (徒歩圏内)、昔ながらの問屋街の独特な雰囲気が残っている面白い場所だと思います。

この周辺はイスや照明などを見に行くことは何度もありましたが、まさかブラザーミシンの路面店まであるとは思いませんでした。

e0166398_2348514.jpg


さすがに店内の写真は撮れませんでしたが、思った以上に日本っぽい雰囲気だったのでビックリ。

韓国の手芸用品屋さんというと、東大門総合市場のようなゴソゴソッという場所しか見た事が無くて、吉祥寺とかでよく見るような乙女っぽい(?)手芸店は一度もお目にかかったことがなかったのですが、ブラザーさんの店内は、しっかり日本チックな売場になっていました。 (でも、個人的には何か買いたいという程では無かったかな…)

e0166398_2349188.jpg


お店に入って左側が 可愛らしいプリントの生地や手芸雑貨の販売コーナーで、右側がミシンの陳列コーナーでした。

意気込んでお店の方に聞いたところ、ここにあるのは60万ウォン代以上のミシンばかりだそう。

私が探していたような もっとお安いものは、ネットショッピングで買うしかないと言われてしまいました。。 せっかくヤル気マンマンで行ったのにガックリ。。 057.gif



ちなみに欲しかったのは、この程度の値段 (日本円で2万円以下) のものです。 ↓

e0166398_23591194.jpg


私は結婚前までミシンのヘビーユーザーだったのですが、20年以上に渡ってミシンを使ってきた結論は、「お高いミシンは不要」。

直線縫い・返し縫い・かがり縫いの機能がついていれば、大抵のことはできますし、それ以上の機能を使いこなせる自信もありません…
(実際、実家のミシンは無駄に多機能でしたが、誰もまともに活用していませんでした。)

本当に買うなら、やっぱりGマーケットさんになるのかなぁ。



店内に置いてあったパンフレット。 ↓

e0166398_2349985.jpg


ソーイング・マスター・クラス、なんていうのがあるんですね~

e0166398_2349178.jpg


店舗に置いてあったミシンは、ここに出ている60万ウォン代以上のもの。

e0166398_23492664.jpg


それにしても、平日の日中に行ったにも関わらず、店内にはひっきりなしにお客さんが入ってきていて驚きました。 韓国の人達にもブラザーミシンが愛されてるんだな~と、なぜか我が事のように(?)嬉しくなっちゃいましたよ♪ 016.gif

最近の私は 「結局のところ 買った方がクオリティが高いうえに安上がり」 などと考えるつまらない人間になりつつありましたが、、これを機にまたミシン生活を始めてみようかな。

e0166398_23493462.jpg


ブラザーのお店を出た後、「問屋街だけに、近くにミシンを売ってるお店もありそうじゃない?」 なんて話していたら、本当に結構ありました。

新品なのか中古なのか微妙なお店が多く、ここで買おうとは思わなかったですが…


アンティークなミシンを多く扱うお店もありました。 どんな人が買うのか気になります。 ↓

e0166398_23503265.jpg



この後、そのままてくてくと歩いて東大門総合市場に向かいました。
急遽、「ミシンを買えなかったから、せめてビーズでも買ってアクセサリーを作ろう」 ということになり…

続きは気が向いたらそのうちUPします~。 035.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-22 00:00 |     雑貨・市場

韓国陶磁器の特別展 「朝鮮靑画 -その藍に染まる」 @国立中央博物館

e0166398_0151495.jpg


週末、ふと思い立って、国立中央博物館で現在開催中の特別展、「朝鮮靑画 -その藍に染まる (조선청화靑畫, 푸른빛에 물들다)」 を見に行ってきました。



この博物館については何度もブログで取り上げているので詳しい説明は省略しますが、とにかく物凄い広さで見ごたえ十分。 建物も空間の取り方が素晴らしく、その上、常設展は無料と太っ腹。

さすがに週末は子供連れなどを中心に込み合いますが、平日に行くとシーンとしていて、そこに身を置くだけでスーッと落ち着けるような… とにかく私にとってはソウルで5本の指に入る好きな場所です。

e0166398_015228.jpg


上に書いたように常設展は無料ですが、特別展は有料。(5000ウォン)

常設展は向かって右側が入口になりますが、特設展は左側が入口になります。

e0166398_0153010.jpg


チケットブースも、展示会用に可愛らしく♪


ちなみに、特別展の入館時間はこんな感じです。 上から火・木・金曜日、真ん中が水・土曜日、下が日・祝日の開館時間。 月曜日は基本的に休館。 入館は、閉館の1時間前までなので注意。(見るのは30分ちょっとで十分足りますが)

e0166398_0153850.jpg


建物入口前の広場では、国楽の楽器を中心とした演奏会が行われていました。 明らかに外国人向けっぽいですが、この辺のサービス精神旺盛さは、毎度感心するところです。

e0166398_0154883.jpg


博物館の周辺は親子連れで賑わっていましたが、さすがに特別展は内容がシブいせいか(?)、大人のお客さんばかりでした。 平日に行ったら、まさに貸切状態で見られるんでしょうね。

場内は撮影可能です。 (フラッシュはNG&現代作家さんのコーナーのみ撮影禁止)

e0166398_01557100.jpg


龍の爪の本数に意味があると知ってから、つい数えてしまいます。

e0166398_01653.jpg


とっても細かいデザイン画。

e0166398_0161246.jpg


目つきの悪い鳥… 結構ツボでした。

e0166398_016206.jpg


最初の方は割と余裕のある陳列だったのですが、最後の部屋はフロア一面に白磁がズラーッと並べられており圧巻。 ここまでブルー&ホワイトの作品が一同に会していると、さすがに引き込まれてしまいますね。

今回、私以上にSY(夫)がじっくり見て周っていたのが ちょっと驚きだったかもしれません。

e0166398_0162822.jpg


自分で壺にイラストを描けるコーナーもありました。 描いたイラストは、こんな風にスクリーンに投影されるようになっています。

e0166398_0163664.jpg


特別展で展示されていた作品の中には、普段は常設展で展示されている国宝なども交じっていましたが、初めて見たものが大半でした。

正直に言うと、私は全体的にもう少し華やかな物の方が好みなのですが、見て良かったのは確か。

e0166398_0164358.jpg


特別展は11月までやっていますので、韓国の白磁に興味がある方は ぜひ行ってみてくださいね。 056.gif



e0231876_0251970.png



さて。 最近 急激に秋が深まり、乾燥も激しくなっているここソウル。 木々の紅葉もかなり進んでいるようです。

うちの周りはそんなに 「うわ~紅葉!」 という感じではないのですが、博物館の周辺はすっかり秋らしくなっていました。

e0166398_0165232.jpg


せっかくなので、建物の脇を下って行き、周辺を散歩してみることに。

e0166398_017197.jpg


博物館の下の方に緑が広がっているのは以前から知っていましたが、今回初めて歩いてみたら 思った以上に広かったのでビックリ。

ちょっとした丘を越えると、親子連れが遊ぶ 大きな公園に出ました。 この辺に住んでいる人は、緑が豊かで羨ましい~♪


思いがけず、秋のお散歩も楽しむことが出来ました。 併せてオススメです。 016.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-20 00:00 |     ミュージアム

イギリスのアンティーク食器の展示&販売も♪ CHLORIS TEA&COFFEE @ホンデ

e0166398_1472971.jpg


最近、新村にあるカフェ、CHLORIS TEA&COFFEEに行く機会は多いのですが、ホンデ店にも久しぶりに行ってきました。 お昼ごはんを食べたお店から近かったからというだけの理由で行ったのですが大正解でした!

お店は、地下鉄2号線の弘大入口駅9番出口を出て、弘益大学へ続く大通りを真っ直ぐ歩いた右手にあります。 1階はGIORDANOという洋服屋さん。 カフェについて、よかったら過去記事もどうぞ。→こちら

e0166398_1473867.jpg


CHLRIS TEA&COFFEE
address: ソウル市 麻浦区(マポグ) 西橋洞(ソギョドン) 358-18, 2F
phone: 02-333-7523


ビル脇の階段を上ります。 結構オシャレな感じ。

e0166398_147458.jpg


2階に着いて左手のドアがお店のメインフロア入口。 メニューのオーダーは、ここのカウンターでします。(先払い) こちら側にある客席も広々としていていい感じなのですが…

e0166398_1475324.jpg


右手のドアを入ったところにも別の部屋があるので、ぜひこちらにも入ってみてください!

e0166398_148053.jpg


というのは… じゃーん。024.gif

e0166398_148882.jpg


お店のオープン10周年記念とかで、アンティーク類の展示&販売会が行われているのです!

フロア中央に置かれた大きなテーブルの上にある商品は、残念ながら非売品だそうですが… 見ているだけで目の保養になります。

e0166398_1481639.jpg


お店の方にお聞きしたら、これらは元々、CHLORIS TEA&COFFEE でやっているアカデミーで使われていたものなのだとか。 販売されている商品も、そちらから持ってきた中古だそうです。

e0166398_1482428.jpg


正直、クオリティは全体的にピンきり。 色々ミックスされているという感じです。(展示のみの商品は素敵なものが多かったですが、売られているものは まちまち。)

イギリスから持ってきたと分かるものもあれば、韓国で作ったんだろうなという感じのものもあり (そういえば、日本のノリタケのもありました)、お値段も2000ウォンぐらいと超お買い得なものもあれば、数万ウォンしているものまで色々でした。 カップ&ソーサーの、ソーサー部分のみの販売とかも有。 こだわらない方なら購入する価値はあると思います。


素敵なこちらは 残念ながら非売品。 ↓

e0166398_1483519.jpg


イギリスポンドの値札が付いている商品もたくさんありました。

アンティークの本場といったら もちろんイギリス。 地方都市ルイスではこういうものが破格の値段で売られてるんだよな…と思いつつ…


イギリスのアンティークマーケットに関する過去記事
こちらこちらこちらこちら

e0166398_1484661.jpg


銀商品はお手入れが大変なので ちょっと黒ずんでいました。


壁際のこちらのコーナーの商品は、購入可能です。

e0166398_1485616.jpg


一緒に行った たまこ先生(→ブログ) は 米粉を使ったお料理教室で食器が必要ということだったので、ここで買っておいたほうがいいものと、別にここで買う必要は無いものをアドバイスしました。 たまこ先生の 「じゃあこれも買います!」 という即決力が素晴らしかった~ 038.gif

(私が韓国で暮らすようになってから、だいぶ韓国でも色んなものが手に入るようになりましたが、オシャレな食器類というのは 正直まだまだ見つけるのが難しいので、見つけたら即買い!が大切かも…)

e0166398_149492.jpg


ガラス製品も結構あり、断捨離中の私も つい手前のポットを…

e0166398_1491286.jpg


すっかり食器類に目を奪われてしまったのですが、お茶の写真も載せときます。

e0166398_1492856.jpg


お茶に関して補足ですが、同じCHLORIS TEA&COFFEE でも、新村にある店舗 (2店舗あり) の方が断然ちゃんと煎れてくれるし美味しいです。 新村の店舗はポットで出してくれますが、ホンデ店はこのようにマグカップでポーン、ですから…

新村店では、看板メニューのミルクティーだけでも10種類ぐらいあります。



後日、たまこ先生が 今回購入したアイスクリームボウルにお手製マカロンを乗せた写真を送ってくださいました。 素敵~♪ こんなに素敵に使ってもらえたら 食器ちゃん達も本望だと思います! 016.gif

e0166398_1492044.jpg


ちなみにアイスクリームボウルは私もお揃いで2つ買ったのですが、なんと1つ2000wでした。



お店の方曰く、食器の販売会は、この後も継続して行われるそうです。 が、何せ移り変わりの激しい韓国のこと。 人気が無ければあっという間に終了してしまう危険もあると思うので、在韓の方で気になる方は、お早めに行ってみてくださいね。

私も前を通った時には お茶しがてら チラッと覗いてみることにします。 063.gif


追記: 日曜日はアンティーク販売コーナーは閉まっているようです。(カフェは営業)



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-19 00:00 | カフェ 弘大

お久しぶりのヴィンテージ風カフェ、COFFEE CONHAS @ホンデ

e0166398_481482.jpg


先日、久しぶりのカフェに行ってきました。 白い看板ワンコが可愛らしい素敵カフェ、COFFEE CONHAS です。
(あまり気にする人はいないと思いますが、今回も iPhone5sでの撮影なので画像がちょっと粗いです。)

お店の場所など詳しくは過去記事を御覧くださいませ。 →こちら

e0166398_482299.jpg


最近、こういった雰囲気の いかにも 「工場だったところをリノベーションしました」 系のカフェが増えましたね。 街の雰囲気とも合っていて、私はとても好きです。

一緒に行った友達曰く、このカフェは 3階が映画製作オフィスになっているのだそう。 オーナーさんが、そういった関係のお仕事をする方なのだとか。


前回夫と行った時は1階に座ったのですが、今回は2階の席へ。

e0166398_482935.jpg


まだお客さんが多く無い時間帯だったこともあり、とても静か&席も選び放題でした。

e0166398_4836100.jpg


表から見る以上になかなか広いカフェで、特に2階は客席と客席の間隔が広く取られているのが良かったです。

e0166398_484471.jpg


ちなみに、おひとり様で来ている若い子もちらほら居ました。 真剣にパソコンに向かっている男の子とか。

学生街のホンデなので、授業の課題か何かをやっていたのかな??

e0166398_485177.jpg


他にお客さんもいなかったので、私達は贅沢にこちらの広々としたスペースの席を占有。
(このテーブルの席、合井にある 工場をリノベーションしたカフェとソックリ…)

e0166398_485890.jpg


インテリア雑誌だ、と思ったら、こちらのカフェが掲載されていました。 インテリアもオシャレですものね。

e0166398_49681.jpg


友達はこれからビジネスを始めたいのだそうで、ビシッとした企画書を作って持っていました。 凄い!038.gif

さりげなく私の前に企画書が置かれたまま彼女が席を立ったので、「これは、見てもいい…というか見てくれって意味なのかな?」 と思ってパラパラ見させてもらったのですが 037.gif、色んな可能性が広がりそうな、彼女らしい素敵なアイディアがいっぱいつまっていました。



私はビジネスセンスはゼロの人間なので、気の効いたアドバイスは出来ないのですが…

強いて何か言うなら、今はこういう時代なので、ブログ更新の頻度は想像以上に大切であることと、ツイッターやフェイスブックもマストということぐらいでしょうか。 色んな方を見ていると、使い方によってはツイッターの方がブログ以上にビジネスチャンスに繋げやすい気もします。 フォロワーさんとのやりとりの中から、ハッと気付かされることも多いですしね。

陰ながら応援してまーす♪♪♪

e0166398_491342.jpg


最近、慌しさに拍車がかかってきて、せっかく秋だというのに楽しい予定もあまり入っていないのですが、素敵な人、素敵な場所のお陰で、素敵な午後のひとときを過ごすことができました。

e0166398_49207.jpg



友達はお子さんのお迎えのため、ひと足先に退出。

引き続き私は一人で ボーッとして過ごしました。063.gif

そういえば彼女、日本から持ってきたという電動自転車に乗っていて楽しそうでした。 ←楽しそう? いやいや、軽快でカッコ良かったです! 韓国で電動自転車ってまず見ないから、注目されることもあるのだとか。


あー、スポーツの秋だというのに、全然運動量が足りていない私です。 せめて歩かねば~ 066.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-14 00:00 | カフェ 弘大

SYママのお引越し part2、家具探し編

e0166398_1303998.jpg


前回からの続きです。

引越しを控えたSYママに付き合い、数日に渡ってソウル市内やお隣の京畿道にある家具団地を周りました。 SYはアッシー君として、私はアドバイザー(?)としての参加です。



SYママが 「キッチンに置くイスが欲しい」 というので、拙著 『su・te・ki ソウル雑貨』 でもご紹介した、乙支路3街にある家具屋街へ連れて行きました。 乙支路の家具街は市内の中心にあって立地が良いという点と、初心者でも割と見やすいという点で気に入っており、今でも時々ひとりでフラッと見に行くことがあります。

ただし、さすがは小型店が並ぶ問屋街。 日本の家具屋さんみたいに 「ちょっとひやかしで見てみよう」 ということはまず無理なので、大抵は外からチラッと様子を伺うだけが多いです。

e0166398_1304761.jpg


道路にまでズラリと並べられたイス・イス・イス。 乙支路の家具街の得意分野(?)は、完全にイスです。 ママもすぐに良いイスを見つけて3つ色違いで購入していました。


そうそう、韓国の家具屋さんの特徴として、店頭に出ている商品の色やサイズが気に入らなくても、大抵はカスタマイズして注文することができるというのがあります。 パッと見て 「色がイヤだなぁ」 と思った家具でも、お店の方に 「色は変えられますか?」と聞くと、大抵は大丈夫。

家具に限らず、韓国はなんでも 「言ってみたら結構融通がきく」 点は素晴らしいと思います。

e0166398_1305635.jpg


上にも書いた通り、問屋街なので小さな店舗が多いのですが、中には割と大きな店舗もあります。 大きな店舗なら、ひやかしでも割と入りやすいかな? (お店の人に付いてこられる場合が多いです。)

下の写真は以前撮ったものですが、こういった比較的大型の店舗には、カフェやレストランの関係者とおぼしき若い人たちが家具を物色しにきている姿もしばしば見かけます。 そのため、店内での写真撮影も許容されているお店が多いようです。

e0166398_131577.jpg


でもやっぱり買う気が無いのに入るにはちょっとハードルが高いのも事実…。

ちょっとひやかしで入りたいだけなら、江南(カンナム)あたりにある 高級チックな大型家具ブランド店を覗くのがいいかもしれません。 ただし、そういう場所にある家具店はグッとお高いですが。

e0166398_1311413.jpg


韓国も最近はセンスの良い家具が多くなりましたが、そういう家具は値段もそれなりにお高いです。 洋服でも靴でも何でもそうですが、韓国ってやはり 「安物はとことん安く、高級品はビックリするほどお高く、中間のほどほどの物が少ない」 ですよね…


e0231876_0251970.png



今回は時間が無くて行けなかったのですが、家具の問屋街の近くに照明の問屋街があるので、そちらもちょっとだけご紹介しておきますね。

この問屋街も拙著でチラッとご紹介しましたが、ゴージャスなシャンデリアからシンプルなペンダントライトまで種類が多く、外からチラッと覗くだけでもかなり楽しい場所です。

e0166398_13124100.jpg


うちも過去に2回、この照明問屋街でフロアランプを購入しているのですが、値段も妥当でGOOD。 宅配で届けてくれるので、車で行かなくても大丈夫です。

我が家も引越しが終わって落ち着いたら、キッチンのテーブル上のライトぐらいは こういったオシャレなタイプのものに変えてもいいな…などと あれこれ妄想しています。016.gif

e0166398_131322.jpg



e0231876_0251970.png



さて、こちらは所変わって、ソウル郊外の京畿道にある家具団地です。

地方だけあり、パッと見た感じは全体的に閑散としていますね…。 「こんな外観の店ばかり並んでいて、まともな家具が探せるのだろうか」 と心配に思ってしまうのですが、意外とイケてる家具が置いてある (しかもソウル市内よりリーズナブルで) こともあるので侮れません。

e0166398_1314264.jpg


店名に「ホンデ」 とか、「大統領」 といった単語がくっ付いているお店が多いのが地方の家具団地の特徴です。 (店名がちょっとアレなお店は 社長さんのセンスもそれなり…ということで、品揃えもちょっと… 以下省略。)

e0166398_131496.jpg


予想を裏切らない 「ザ・韓国ドラマ」 な家具ばかり揃っているお店もありますが、なかなか趣味の良いものが置いてあるお店もあります。 とにかく 自分で色んな家具団地を周ってみて、目に付いたお店にどんどん入って好みに合うものを探し出すしかありません。

e0166398_131573.jpg


私も新居に合わせてテーブルセットを探しているのですが、イメージしているのは 「シンプルな一枚板の木目が見えるテーブル」。 いたってベーシックな物だというのに、これがまた面白いぐらい見つからなくて…

そこで目に付いたのが、白い大理石風のテーブル。 今住んでいるホンデの家のキッチンに合うタイプのものなのですが、引越し先の家に合うかどうかは分からないので保留に。

e0166398_132584.jpg


ちなみに、地方の家具屋さんでは写真撮影禁止の場所も多いので注意してください。 商品の購入を検討している場合は撮らせてくれることもありますが、「値札しか撮っちゃだめ」 というお店も結構あります。

(商品の写真を撮ってはいけない、カタログもくれない、ネットにも写真は無い、なんてお店もあって、「一体どうやって検討しろというのだろう…」 と思ってしまったのですが、部屋とのトータルコーディネートまで考えて検討する人は少ないのでしょうか。。)

e0166398_1321489.jpg


ちなみに、ちょっといいなと思ったテーブルセットは、4人用で140万ウォンでした。 京畿道の問屋街価格ですね。 江南あたりのオシャレ家具店で見たら、ほぼ同じものでもずっと高いはずです。



e0231876_0251970.png



またまたところ変わって… 058.gif

京畿道イルサンにある噴水公園で行われていた家具フェアにも行ってきました。 広い会場に家具店が多数出展しているとのことだったので期待したのですが、全体的には う~~ん。。

e0166398_1322262.jpg


とはいえ、SYママがお値打ち価格でソファーが買えたのでホッとしました。 038.gif

そういえば、なんだかんだ言って私も 「一枚板のシンプルな木のテーブル」 を発見。 カッティングや細部がかなりオシャレな感じで、見るからに良いものだな…と思ったのですが、予想通りというか、お値段も値引きされた価格で300万ウォンだそうで…。 とりあえずお店の名刺だけ貰いました。

e0166398_1322938.jpg


家具フェアに出店していた家具店のひとつをSYママが気に入ったらしく、「ここから車でそんなに遠くないところに店舗があるらしいから行ってみよう」 というので、また車に乗り込んで家具団地へ移動。

e0166398_1323816.jpg


上でご紹介した家具団地同様、こんな感じで ちょっと寂れた場所に 平屋作りの家具店が並んでいました。

見た目はあまり期待できない感じだったのですが、この中の数店舗が 予想外に広く、しかも「えっ、まさか!」 の趣味の良いお店だったので、頭痛も吹っ飛んで真剣に見てしまいました。

e0166398_132469.jpg


木の一枚板のテーブルで気に入るものは無かったものの、白い石のテーブルセットで気になるものを発見。 4人用でイス込み150万ウォンだったかな? でもやっぱり300万ウォンの一枚板の方に軍配が上がるかも…

e0166398_1325598.jpg



これだけ見て周ったかいあって、SYママはお目当てだったソファー、イス、テレビ台、化粧台を買うことができました。 SYママ、いちいち私を大声で呼んで意見を聞くのが可愛かったです。 016.gif

ママは我が家にあるIKEAのガラスの飾り棚も気に入っているようで、「私もネットで同じものを買う!」 と言ってました。 あまりインテリアなどに興味が無いSYママですが、家が新しくなるとやっぱり嬉しいんですねー 003.gif


そして、SYママはつい数日前に引越し作業が終了。 家具搬入後の様子はまだ見に行っていないので、どんな感じになったのか見に行くのが楽しみです。 この週末にはイスも届くはず。



来月は我が家の引越しの番なのですが、引越し当日に3家族(我が家・今の家のオーナーさん・引越し先のオーナーさん)が一気に引越し…という韓国独特のスタイルで行わなければならないため、スムーズに事が進むか今からハラハラしています。

何故そんな仕組みになっているのかについては、またの機会に…



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-11 00:00 |     整理収納・インテリア

SYママのお引越し part1、内装編

e0166398_2325453.jpg


この秋、SYママ(義母)及び私達はソウルから京畿道に引越します。(と言っても、今住んでいるホンデからもさほど遠いわけではありません。)

引越しの様子なんてブログに書いても仕方ないかとも思ったのですが、意外と参考にしてくださる方もいらっしゃるようなので、ちょこちょこ記録しておこうと思います。 これから韓国に引越してくる方に 少しでも参考になれば幸いです。



さて、今回のSYママのお引越しは、家の買い替えによるものです。 韓国の人達って、一度家を買っても 結構パッと買い換えたりする人が多いみたいなんですよね。 不動産バブルが続き、「家は投資目的」 という時代が長かったせいでしょうか。

韓国の引越しは、色々と摩訶不思議なことが多いです。 前の住人が出て行くのと同じ日に自分たちが入居するというのも そのひとつです。 大金を一気に動かすためなのですが、その話はまた後日にでも。

SYママは 前の住人が少し早めに退去してくれたため、引越し前に壁紙を貼り替えたりキッチンを入れ替えたり等の工事をすることが出来てラッキーでした。


(下の写真に写ってるアジュンマは お掃除のプロの人。 引越しの際は、こういったお掃除アジュンマをお願いするのが普通です。 なぜなら、工事の業者さんたちが土足で家に入って 床がドロドロになるため…057.gif

e0166398_23255427.jpg


キッチン総取替えの工事中。(テーブルの上が汚い…) ↓

キッチンはセットで200万ウォンぐらい(20万円)だったそうです。


下の写真の左側、ベランダ部分の窓際に見えているのは 「第2キッチン」 です。 韓国のアパート (日本でいうマンション) では、メインのキッチンの他に、こうやって小さなシンクやガス台が付いたキッチンがベランダに設置されていることが結構あるんですよね。

e0166398_2326261.jpg


このアパートは中古とはいえ 比較的新しい物件なのですが、収納が全然ありません。 韓国のアパートやヴィラというのは ほぼ収納が付いておらず、その点がとても不便です。

収納は基本的に自分で揃えるしかありません。


下の写真はSYママの寝室に設置されたクローゼット。 幅が3メートルあります。 これを、天井と壁にがっちり取り付けてもらいます。 ちなみにこのクローゼットは120万ウォン(12万円)。

日本のように普通のタンスを買って置いてもいいとは思うのですが、韓国のアパートには韓国のアパートに合う こういった長いクローゼットを買って取り付けてしまうのが一番良さそうな気がします。 私達も引越しの際には こういったものを設置する予定で、あれこれ見て周って目星を付けたところです。

(パッと見、日本の襖みたいに見えますね…)
e0166398_23261145.jpg


さて。 SYママのアパートの造りや広さについても少しご説明しておきますね。

SYママの家は韓国のごく平均的な間取りのアパートで、広さは24ピョン(坪)です。 SYママと義妹へランちゃんが2人で住む家としては丁度良いサイズの家ですが、トイレが2つ付いています。

トイレが2つ付いているマンションというのは 日本ではなかなか見ませんが、韓国のアパートでは普通です。 2世帯とか大勢で暮らすことが多かった頃の名残なのかもしれませんね。


下の写真のバスルームがメインのバスルーム。 欧米式で、トイレ・バスが同じ部屋にあります。

e0166398_23262041.jpg


こちらはメインの寝室内にあるバスルーム。 こちらにはバスタブは付いておらず、トイレとシャワーのみです。

e0166398_23262921.jpg


シャワーはシンクの蛇口から伸びてる状態。 朝シャン用??

e0166398_23263958.jpg


寝室にバスルームが隣接しているというのは便利そうに見えて、実は掃除が大変だったりもするので、結局使わなくなってしまうんですよね… ^^;;



さて、韓国のアパートで 日本と違うもうひとつの点は、ベランダです。

e0166398_23264866.jpg


日本は消防法上、ベランダに窓は付けられないことになってますよね。 それに対し、韓国のアパートのベランダは窓を付けていいため、部屋の中みたいな感覚になっているんです。

SYママのアパートは、ベランダの幅がかなり広く、測ったら180センチ近くありました。

e0166398_23265641.jpg


このベランダのスペースがもったいないということで、最近はリビングルームとベランダの間の壁を取っ払い、リビングを拡張するご家庭も多いそうです。 実際、今私が住んでいるホンデの家も、そのように拡張工事でリビングが広くなっています。


ベランダも収納ゼロなので、自分たちで収納の棚を付けなければいけません。 SYママ宅は、SYパパが生前かわいがっていた後輩さんが来て 棚を作ってくれたそう。(下の写真はまだ途中段階)

e0166398_2327342.jpg


こういう棚がベランダに無いと、スーツケースやら、普段使っていない布団やらが入れられなくて困っちゃいますよね。


ん? 窓際に、なんだかお風呂っぽい板を発見。 ↓

e0166398_23271194.jpg


元々は花壇になっていたこのスペースも、後輩さんが取り壊して収納スペースに変えてくれたのだそうです。 SYママ宅はモノが多い家なので、使っていないモノを収納するのだとか。。。 でも…整理収納アドバイザーの資格を取った私に言わせると、こういうスペースこそ危険〜!!042.gif

e0166398_23272098.jpg


そして、下の写真は さきほどもチラッと写真に出ていた キッチン側のベランダです。 窓際には、シンクが付いている台が置かれています。 SYママが買い足したのではなく、最初から設置されていたのだとか。

「キッチンって2つも必要?」 とも思いますが、韓国ではチュソクなどの名節に皆で集まって料理をすることも多いので、こういう広いスペースが必要なご家庭も結構あるのでしょうね。

e0166398_23272855.jpg


上にも書いたように、SYママの家は24坪と平均的なサイズなのですが、かなり広々として見える家です。(ちなみに他に3つ部屋が付いている3LDKです。)

広々と見えるのは多分、中心となるリビング&キッチンが広めに取ってあるからなんだと思います。

家族が集まるリビングが広いって、凄くいいですよね。 016.gif

e0166398_23273657.jpg



この1週間はSYママに付き合い あちこち家具屋めぐりをしていました。 本当にあちこち周って大変でした… ^^; 自分たちの参考にもなったし、結構面白かったのではありますが。

またその様子もpart2でご紹介しますね。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-10 00:00 |     整理収納・インテリア

とってもオシャレなタルト屋さん♪ Deux Cremes本店 @カロスギル

e0166398_1253468.jpg


気が付けばあっという間に10月。 昨晩のソウルの気温はなんと10度まで下がったそう。。
毎年同じことを書いている気がしますが、東京と比べるとソウルの秋は本当に短いです。


さて、まだ暑かった8月末に行った素敵なお店を簡単に御紹介しますね。

カロスギルから1本奥に入った通り沿いにあるタルト店、「Deux Cremes」 の本店です。

e0166398_125443.jpg


Deux Cremesはカロスギルのメインストリート沿いにもありますし、今回私が行った裏通り沿いにも2店舗あるのですが、それぞれお店の外観の雰囲気もちょっとずつ異なっています。 私たちは本店の外観が女子寄り(?)で気に入ったので入ったのですが。

(メニューは3店舗とも同じなのか、多少なりとも違うものが置いてあるのかは分かりません)

e0166398_1264019.jpg


入り口を入ってすぐ目の前には、ダーっと長いショーケースが。 中にはタルトを中心としたケーキ類が並んでいます。 どれも見た目が美しくて、何を注文しようかかなり迷いました。

e0166398_1265260.jpg


私が韓国に来たばかりの頃は、タルトはもちろんケーキ全般的に 「何だか美味しくなさそう、、」 というのが韓国のケーキ屋さん事情だったのですが、最近は本当にクオリティが急激に上がりましたよね。 有難い限りです。

よく 「十年ひと昔」 なんて言いますが、韓国に関しては5年、もしくは3年で驚くぐらい何もかも変わってしまう気がします。 夫曰く、「5歳違うとジェネレーションギャップを激しく感じる」そうですが、それも頷けます。

e0166398_127289.jpg


平日だったので、お客さんも少なくいい感じ。 1階は売り場メインで座席が隅っこにしか置いてなかったので、メインの客席である2階へ上がってみることにしました。 ら、正解~ 016.gif なかなかオシャレです。

e0166398_1271182.jpg


話は変わりますが、我が家は引越しを控えておりまして。


それに伴い、家具もいくつか買わないといけないのですが、こうやってカフェの写真を見ていると、韓国でも色んなタイプのオシャレな家具を(頑張れば)揃えられるんだなーと改めて思います。

私が結婚したばかりの頃は、まともな家具を探すのが難しく、まるで「韓国ドラマに出てくるお金持ちの家」みたいな韓国風ゴージャスな家具しか目に付きませんでした。 日本人が好むようなシンプル・小型みたいな家具は、当時の普通の家具屋には まず無かったんです。

けれども、近年のカフェブームや北欧スタイルの人気上昇もあってか、家具も少しずつではありますが、バラエティ豊かになってきたように感じます。 韓国の場合、もし自分の好みの家具が無ければ最終的には 「セミオーダー/フルオーダーメイドする」 というチョイスもあると分かりましたし。


そんなわけで、最近はカフェに入ると、「この椅子は、○○の家具問屋街あたりで買えそうなタイプだな」 なんて思いながら観察している私です。 056.gif



この週末、同じく引越しを控えている義母に付き合って家具屋さんを見てきたりしたので、その話題についても近日中にUPしますね。



さ、タルトとお茶の到着です。016.gif

e0166398_1272195.jpg


この日は ゆっくりお茶をしながら、同業者の友達と 「おぉ~!」 と驚くような、そして本当に勉強になる話ができて良かったです。


その道でキチンと食べていけるようにするには、人と同じ程度の努力じゃ確実に置いていかれるし、情報をタイムリーに掴めるアンテナの広さや感度の良さを磨いておかなければ、あっという間に後から来た人に先を越されてしまう…というような話。

自分が疲れていたり弱っていると、つい 「マイペースに頑張る」 などといった調子のいい言葉に逃げ込みたくなってしまう弱い私ですが、友達と話していて、日々淡々と目の前の事をこなしつつも、常にアンテナはONにしておかなければならないとシャキッとさせられました。 簡単に言うと、何事においても 「備えあれば憂いなし」、という感じかな? お金でもモノでも情報でも…

持つべきものは良き友です。 035.gif ありがとー



そういえば、彼女と駅で待ち合わせした時に、「暑くてクラクラしてきた。 塩を舐めたい。。」 と言い出したのにはビックリしました。 しょっぱいものが食べたいとかじゃなく、ただの塩が舐めたいって! 041.gif041.gif

あいにく塩は持ってなかったので(笑)、カバンに入れておいたポカリスエットを渡しました。 夏はカバンにポカリ、必須です~



<オマケ>
下の写真のビルは、同じくカロスギルの裏通り沿いにあるDeux Cremesの別店舗。 私たちが行った本店よりも、新沙駅寄りにあります。 次回行く時はこちらに行ってみよう。

e0166398_1273194.jpg



私たちが行った本店のほうの所在地などは、ソウルナビさんのこちらのページをご覧下さいね。 ←丸投げ


この路地一体は 最近新しいお店がわんさか出来ているので、ふらっと歩くだけでも楽しいと思います。 私も「いつの間にこんなお店が!」とビックリしっぱなしでした。(ソウルあるある)

私たちが行った時は、アサイーボウルの小さなお店に人が群がっていました。 大阪のケーキ屋さん「8b DOLCE」さんも出来てましたよ。 私もまだ行けずにいるので、気温が氷点下になる前に行けたらいいな…



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-10-06 00:00 |     カロスギル


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル