「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

引越し関連: ふりだしに戻った浴室リフォームの発注編 @乙支路

e0166398_23281824.jpg


引越しが近付いてきて、色々と発注しています。

すでに書いたように、韓国のアパート(日本で言うマンションのような高層ビル)は、基本的に2つバスルームが付いているのですが、そのうちの1つ、メインのバスルームだけはリフォームをしたいと思い、乙支路に注文しに行ってきました。


実は最初、SYママ(義母)に、乙支路じゃなく、引越し先のアパートの近くにある業者で注文しろと言われて そうしたんです。 SYママは昔の人の考え方をする人なので、「都会よりは地方の方が安いだろう」「有名店よりは弱小店の方が値引かせることが出来るだろう」「近所の方が気心知れていいだろう」 という考えの強い人でして。 emoticon-0141-whew.gif


でも、ママに言われた工務店は最悪でした。。 スミマセン


まず、店頭に商品見本が置いてない。 これは浴室リフォームの専門店としてあり得ないでしょう…。

タイルから便器、浴槽、照明まで全て小さなカタログの写真を見て選ばなければならなかったので、思わず「こんな小さな写真だけでイメージなんてできません」と5回以上言っちゃいました。。

また、店の人が細かな部品の選択をさせてくれないので、私から 「蛇口のデザインは選べますか?」 と 質問したら 「あ、お客様が選びますか? こちらで選ぼうと思ってたんですが」 と言われたりもしました。 お客さんの中には 「面倒だからテキトーにやってくれ」 という人もいるでしょうけど、私はどうせなら自分で選びたい。。


そして事件が勃発。

床と壁のタイルは 第二希望まで出さされていたのですが(←第二希望まで出させるのもオカシイ)、昨日になって 「全て在庫切れなので、別のを注文し直しに来てください」 と電話が入ったのです。 引っ越しも間近に迫ってです。 これにはさすがのSYもブチ切れ! emoticon-0130-devil.gif

「オモニの言うことなんて聞くんじゃなかった。yossyが言うように、最初から乙支路で注文すべきだったんだ。 全部キャンセルする!」 と言い出し、ふりだしに戻してしまいました。 引越しも近いのに、とほほ。。。



それで月曜日に乙支路へ行って注文したのですが、今回は大正解でした!! ←というか、最初からそうすべきだと私は主張していたんですけど。


e0166398_23282830.jpg


乙支路4街駅周辺には 同じような店がひしめきあっていますが、半休を取って先に乙支路に到着していたSYが私を待っている間にネットで検索しておいてくれたお店へ行ってみることにしました。

店構えも悪くなかったので入ってみたら、お店のお兄さんも説明が的確で◎!



こんな風に、お店の中にある程度の見本商品が置いてあるのはマストですよね ↓

e0166398_23283719.jpg


洗面台は、下の写真の真ん中のものとほぼ同じデザインを選びました。 カタログで見ると、どれもこれも同じに見えて困りますが、少しでもこうやって見本が置いてあるとイメージが沸いていいですね。

e0166398_23284649.jpg


例のキャンセルした工務店と違い、きちんと蛇口のデザインまで選ばせてくれました。 洗面台の蛇口と、シャワーの蛇口のデザインはセットになっているそうです。

e0166398_23285696.jpg


大抵のものは店頭に見本が置いてあったのですが、バスタブだけは自分たちで説明してカスタマイズしました。

バスタブ自体は既製品ですが、シャワーの水が飛び散るのを防止するためのスライド式ドアを別注で付けてもらうことにしたんです。 こんなものは ホテルでも時々見かけるので すぐ分かってもらえると思ったのですが、思いのほか伝わらなくて大変でした。 最初に行ったトンデモ工務店でも理解してもらえなかったので、韓国ではあまり無い形式なのかもしれませんね。

(バスタブにガラス戸を付ける場合、半分だけをガラス戸で覆って、残り半分は何もつけずに開放状態にしておくのが韓国のスタンダードなんだそうですが、それじゃシャワーの水がバンバン床に飛び散りますよね、、 そもそも韓国ではガラス戸でもカーテンでも覆ってない家もよく見ますが。。)

e0166398_2329529.jpg


下の左側のタイルが 私達が選択した壁のタイルです。 落ち着いたベージュのストーン調。
(写真だとツルツルして見えますが、手で触ると石のように 少しザラッとしています)

e0166398_23291424.jpg


お店のお兄さんが、「浴室の照明は、うちでスタンダードなものを用意することもできますが、オシャレなのを付けたければ この近所で買って用意しておいてください。 工事の時に取り付けますので」 とナイスアドバイスをしてくれたので、歩いてすぐの照明器具街へ行きました。

照明屋さんでは、「浴室用のライトを見せてください」 というと、壁一面に取り付けられた浴室用ライトを見せてもらえます。 私達はランプが3つ横に並んだデザインのものをチョイスしましたが、現金払いで9万ウォンでした。

このような照明器具店が並んでいます。 結構オシャレなデザインの照明も多いんですよ~ ↓

e0166398_23292450.jpg


木枠を専門に作ってくれるお店もあり。 SYが 「こういうの、ベランダに置こうよ」 と珍しいことを言ってきたので、実際に引越しして様子を見ながら頼みにきてもいいかも…と思ってます。

e0166398_23293360.jpg



ご参考までに書きますと、浴室全交換 (壁・床のタイル、便器、バスタブ、洗面台、鏡、シャワー等 +人件費) のリフォーム総額で270万程度となりました。 日本円にすると27万円ぐらいでしょうか。 妥協せずに 割と良い材料を選んだのですが、それでもこの金額なら私は満足です。 日本だと、浴室のリフォームはいくらぐらいが相場でしょうか?


ちなみに、SYママ推薦の工務店では、しょぼい 一番シンプルな材料でもトータルで310万ウォンと見積もりが出ました。 値段は高いわクオリティは低いわ、頼まずに済んで本当に良かったです。 タイルが品切れしててくれて良かった。 終わり良ければ全て良しです。



引越しも間近に迫ってきました。 韓国はポジャンイサといってオールインワンの引越しなので、自分でダンボールに荷物をつめたりする必要は基本的に無いのですが、それでも少しは準備が必要で。

断捨離は去年から進めてきたので 捨てなきゃいけないものは ほぼありませんが、貴重品などはこれからまとめなければいけません。 ほんと、無事に終わってほしいです。。 emoticon-0141-whew.gif


私にとっても良い記録になるので、引越し関連のことは可能な範囲で色々UPしていこうと思います。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-11-18 00:00 |     整理収納・インテリア

お久しぶりのオシャレカフェ「ANDO」 @梨泰院

e0166398_22930100.jpg


梨泰院(イテウォン)に移転してから3度目の 「ANDO」に、お久しぶりの方々と行ってきました。

ビルの中に入って階段を上っても行けますが、個人的には脇の石段を登って入るのが好きです。↓

e0166398_229967.jpg


よっぽど ここを狙って行かなければとても入らないような、隠れ家的なお店。 でも、ツイッターで教えて頂いたところによれば、日本のテレビにも出たのだそうですね。

e0166398_22102525.jpg


さ、中へ入りましょう。 城北区にあった時の店舗も 緑と開放感があってとても素敵でしたが、梨泰院の店舗も広々としていて好きです。 なんといっても、イマイチ見つけにくい場所だけに、いつもお客さんが少ないのが◎。 (ある意味、心配になりますが…)

e0166398_2212918.jpg


ANDOについては過去にも もう少し詳しく書いていますので、こちらの記事をどうぞ。

e0166398_22122980.jpg


店内に置いてあるオシャレなヴィンテージ風家具の一部は売り物になっていて、値札も付いています。
(かなりのお値段が付いていますが…)

e0166398_22125110.jpg


さてさて、お食事です。 城北区にあった時のANDOは 結構お食事メニューも美味しかったのですが、梨泰院の方もなかなか美味しくて満足♪

韓国のイタリアンは、値段はビックリするぐらい高いのにお味がちょっと…も多いので (←これ、繰り返し書きすぎでしょうか。でも本当にそうなんだもん…)、ちゃんと美味しいと大当たり~♪♪♪ という気持ちになります。

e0166398_22131914.jpg


城北区にあった時とはメニューは違いましたが、頼んだ4皿とも美味しかったです。 4人で4皿頼み、それぞれアルコールも1杯ずつ頼んで、ひとり当たり25000ウォンちょっとだったかな?

韓国の洋食は高い高いといっても、東京で友達と夕御飯を食べたらこの値段では済まないですから、なんだかんだ言って 実は安いのかも…?

e0166398_22134115.jpg


ちなみに、アルコールのメニューもそこそこあったものの、残念ながらカクテル類は無し。

最近はチョイスも増えましたが、韓国ではカクテルを頼めるお店はまだ少ないですね。 (チューハイみたいなものだったら、日本式居酒屋に行けば結構あります。)

e0166398_2214274.jpg


お食事もできるし、アルコールもあり、カフェだけでも利用できるANDO。 レストランやカフェのチョイスは多い梨泰院の中でも、なかなか使える便利なお店だと思います。 まだまだ穴場ですし、オススメです♪

(個人的には、お食事は他の多国籍料理のお店で食べて、お茶だけANDOという使い方もいいと思います。 せっかく梨泰院まで行くのなら、普段近所では食べられないインターナショナルなお料理を食べるのも◎。)

e0166398_22142469.jpg


ANDO
address: 4F, 736-8, Hannam-dong, Yongsan-gu, Seoul
phone: 02-749-0619

地下鉄6号線「梨泰院駅」3番出口から大通り沿いをまっすぐ歩き、徒歩7分程度です。



<おまけ>
e0166398_22144750.jpg


お友達からいただいたフランス土産のクスミティー。 皆でじゃんけんをして(笑)、私はチャイを頂きました。 毎晩食後にお茶を飲んでいるので、お茶の頂き物は本当に嬉しいっ

(ちなみにクスミティーの缶、ソウルのデパートなどではビックリするような値段が付いてます。 韓国では輸入品はあまりに高い! emoticon-0141-whew.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-11-12 00:00 |     和洋多国籍

秋のカメラ女子会 @ARARIO MUSEUM(アラリオミュージアム)

e0166398_22361592.jpg


11月に入り、めっきり寒くなってきたここソウルですが、秋と言えば「芸術の秋」。

というわけで(?)、久しぶりにカメラ女子会です。 学期中は何だかんだバタバタで やらずじまいになりそうだったのですが、今回はヨメコ先生に 「そろそろ…」 とお声掛け頂き開催の運びとなりました。 お陰で楽しい時間が持てて感謝です♪ やはり定期的にやらなきゃですね!



場所は、昌徳宮のすぐお隣にあるARARIO MUSEUM(アラリオミュージアム)。

最初は 「昌徳宮の秘苑で紅葉を撮りましょうか」 という話があったのですが、皆さんのスケジュールが開園時間と合わなかったこともあって、私が2週間ほど前に昌徳宮の秘苑に行った時に偶然見つけたARARIO MUSEUMの方に行くことにしました。

ちなみに最寄は3号線の安国駅。 3番出口を出て直進すると「空間」と漢字で書かれた建物が見えるので目印に。


2週間前のミュージアムの様子がこちら。 秋のカメラ女子会にピッタリの建物じゃないですか? emoticon-0115-inlove.gif

e0166398_22372629.jpg


そして、下の写真がカメラ女子会開催日のARARIO MUSEUM。 紅葉もギリギリ…という感じですね。

e0166398_22381330.jpg


ミュージアムに入る前に、まず同じ敷地内にあるレストランで食事することにしました。 平日なら予約なしでも入れないことは無さそうな感じでしたが、念の為、予約した方が良さそうです。

全面ガラス張りでかなり目立ちます。

e0166398_2338238.jpg


私を含めて数人は少し早めに着いたので、早速ここからカメラ小僧 女子を開始〜

e0166398_23384876.jpg


現代的なガラス張りの建物と、伝統的な韓屋の建物のコントラストがなかなか素敵でした。

e0166398_2339751.jpg


なんか窓際に変な人がいる…と思ったら、人間ではなく アート作品でした。 どんなミュージアムなんだろう…と期待が膨らんだのですが、想像以上に凄かったです!

e0166398_23392767.jpg


階段をのぼると、2階がカフェで、3階がレストラン。 4階もレストランだったようですが、コース料理でお高めみたいだったので、もちろん私達は3階を予約。

e0166398_2339477.jpg


窓から見えるのは、素晴らしいお月様。 ちょうど旧暦うるう9月13日に当たったこの日は 今年2度目の十三夜で、「後(のち)の十三夜」と呼ばれる171年ぶりの特別な十三夜だったのだそうです。

ガラスにライトが反射してしまって見え難いですが、お月様が出ているのも見えるかな? 左上です。↓

e0166398_2340738.jpg


ソウルは相変わらずPM2.5もひどくて空が曇っていることも多いのですが、この日の空はキレイなブルーでした。 ヨーロッパではよく見るブルーの空、ソウルでは久しぶりに見た気がします。

e0166398_23402784.jpg


とりあえず色々頼んでみましょう~ということで、6人で6皿を適当にオーダー。 考えてみたら、炭水化物モノばかりになっちゃいましたが、どれも普通に美味しくて満足しました。 (洋食系はソウルでは当たり外れが多いので、普通に美味しいととても嬉しくなります)

e0166398_2341694.jpg


せっかくなのでワインも。 ただのお喋り会になってはいけませんので、皆さん一生懸命にカメラを向けていましたが、お店の人から見たらさぞ不思議な集団だったことでしょう…

e0166398_23412312.jpg


写真は撮り忘れましたが、イカスミのパスタが一番美味しかったです。 口の中が真っ黒になるので、気をつけないといけないですが。

e0166398_2341431.jpg


e0166398_23415884.jpg


お兄さん店員さん達も親切で、感じが良かったです。

e0166398_23421265.jpg


ついつい目的を忘れておしゃべりに花が咲いてしまいがちですが、「そろそろミュージアムへ行きましょう!」 ということで、この日の目玉(?)、ARARIO MUSEUMへ移動します。 移動する、といってもすぐお隣なので楽チン。

ちなみにミュージアムは水曜日は夜間(22時まで)開館しているので、お仕事帰りにちょっと立ち寄るにもとても便利です。( あまり夜に行くのはオススメしませんが… 後述。)




そうそう。 説明が遅れてしまいましたが、このミュージアムが入っている建物 「空間」 は、韓国現代建築家の金壽根 (キム・スグン)氏による有名な建築物だそうです。

その建物をARARIOギャラリーが買い取り、改装して 今年9月に美術館/レストランとしてオープン。 つまり、まだオープン間もない施設なんですね~

e0166398_23422881.jpg


現在はアラリオ・ミュージアム・イン・スペースオープン展「Really?」が開催中とのことで 写真を撮る気マンマンで楽しみにしていたのですが、

残念ながら館内は撮影禁止でした。。 (何のためのカメラ女子会?? 汗)

ま、既にレストランと建物外観だけで かなりの量の写真は撮ってましたので、そんなにガッカリはしませんでしたが。 (←人はそれを「負け惜しみ」という…)


以下、ARARIO MUSEUM ホームページより写真をお借りしました。

e0166398_23424329.jpg


こうやって写真で見ると美しく見える作品たちですが、実際は物凄~~~く おどろおどろしかったです!

建物自体の雰囲気がちょっと朽ち果てた工場風になっているので、作品の雰囲気とはバッチリ合って素晴らしいのですが、それゆえ怖さもあり… ここは夜に来るとゾッとする場所でした。 各部屋ごとに係員の人が立っているのですが、その人影を見ただけで 「きゃっ!」 と叫びそうになるぐらい、常にビクビクしながら見る感じで…

私は入ってすぐに 「ロンドン・ダンジョンだ」 と思ったのですが、ディズニーランドの 「ホーンテッドマンション」 と言ってもいいかもしれません。 お昼に行ったらまた雰囲気が違うのかもしれませんが、とにかく夜はなかなかのスリルでした。

e0166398_23425849.jpg


んー、やっぱり写真だけ見ると美しい感じですね。 これはぜひぜひ、皆さんにも直で見ていただきたいです。 そして、ツイッターで感想を教えてください!

一緒に行った友人達は 「この展示物が終わって次の展示になるまで 行かなくていい…」 と言っていましたが、何となく私の予想では、次の展示物も似たようなおどろおどろしい系になる気がしてなりません。。


私個人的にも あまりホラー系は得意ではないのですが、とにかくARARIO MUSEUMの建物の雰囲気と、とことん狂気な感じに的を絞ったコレクションとがマッチしていて、今まで行った美術館の中でも5本の指に入るインパクトではありました。 結果的に相当楽しかったです。

(凡人っぷりをさらけ出すようなコメントしかできず、申し訳ありません。。)



やっと外に出られてホッ。 でも、夜なので、外にでても暗くてなんか怖い感じ…

お手洗いは地下にあるのですが、思わず皆で固まって行きました。。 アラフォーでも怖いものは怖いです。。

e0166398_23431293.jpg


ちなみに、チケット売場にはクロークもあり、係の方にお願いすると荷物を預かってもらえます。(無料)

入口はチケット売場の脇にあるミュージアムショップの奥になっているので、自動的にショップも見るようになっているのですが、置いてある商品もなかなかセンスが良くて、ノート類などは思わず買ってしまいそうになりました。(確か、同じものをサンサンマダンでも見た気がしたので今回は我慢しましたが)



来た時は 「変な人~」 と思ったこの像 ↓ も、おどろおどろしい展示を見た後だと更にホラーに見えます。。

e0166398_23432882.jpg


2週間前は 「うわ~、真っ赤でキレイな建物!」 と思ったこちらの外観も、おどろおどろしい展示を見た後だと (←しつこい) どう見てもホーンテッドマンションにしか見えません。

e0166398_23434336.jpg


せめて最後は美しく… ということで、171年ぶりの十三夜のお月様、ミラクルムーンをパチリ。

e0166398_23435897.jpg



最初、「せっかくカメラ会で来たのに、館内の写真が撮れないなんて~」 と残念がっていた皆さんも、ミュージアムを見終わる頃には 「ここは撮れなくて良かったね」「写真を撮ったら何か変なものが写りこんでそう」 と言っていたのが可笑しかったです。


そんな感じで、写真を撮るという意味では やや不完全燃焼な感もありましたが、私としては意外にも満足度の高い 「カメラ女子会 2014年秋」でした。 皆さんはどうだったかな??

リベンジに、年が明けてから冬バージョンが出来たらいいな~と思います。 暖かい場所で… emoticon-0162-coffee.gif


P.S.
冬にソウルに遊びにいらっしゃる御予定のある日本在住のカメラマンさんや その周辺のお仕事の方で、「海外でカメラのイベントをやってみたい、やってあげてもいいよ〜」という奇特な方がいらっしゃれば、ぜひお気軽にツイッターに御連絡ください。 謝礼はお出しできなくて申し訳無いのですが、、場所及び人員確保は全面的にご協力させて頂きます。 win-winということでご了承頂ける方はぜひぜひ…



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-11-10 00:00 |     カメラ

ドライジンジャーエールの素づくり

e0166398_14192721.jpg


久しぶりにヨメコさんのサロンに行ってきました。

今回は、ジンジャーエールの素づくり。 実は私、ジンジャーエールが大好きです。
生姜は身体に良いですし、手作りできちゃうならそれに越したことはありません!

e0166398_14195788.jpg


レッスン開始前に、これから作るジンジャーエールの素をお湯で割ったものを頂きました。 思った以上にスッキリとした味わい。 さすが、手作りならではです。

e0166398_14205390.jpg


シャルちゃん、ヴィオちゃんもお久しぶり~ なんだか色が変わった気がしましたが、ずっと同じですって。

e0166398_1420315.jpg


一緒に行ったお友達が作ってきた素晴らしい花束。 駅で待ち合わせして これが目に入った時、思わず 「この後、発表会か何かあるの?」 と聞きそうになってしまったほど立派な花束でした! emoticon-0137-clapping.gif

何度も書いているように、まだまだソウルでは色んな種類の花を手に入れるのが難しいので、このような花束はよほどのお花屋さんに行って頼むか、自分で花市場まで足を伸ばさない限り、なかなか手に入りません。

e0166398_14215469.jpg


さてさて。 サロンのお楽しみといえばこちら。 ヨメコ先生お手製のお食事です!

e0166398_14232513.jpg


毎度書いているように、私にとっては こちらがメインという感じなのですが…

うずら豆のズッパ。(ズッパって初めて聞きました)

e0166398_14344653.jpg


ジャガイモとインゲンのフリッタータ。 ヨーグルトのアイヨリソースをかけて頂きます。

e0166398_1435174.jpg


黒トマトのマリネ。

e0166398_14351818.jpg


サーモンのカルパッチョサラダ。(めちゃめちゃ美味しかった!)

e0166398_14353574.jpg


ヨメコさんのお宅の隣に住んで、「突撃となりの晩ごはん」 を毎日やりたい私です。 本気で。

e0166398_14355331.jpg


いただきま~す。 emoticon-0134-bear.gif

e0166398_1436731.jpg


思わず美味しくて楽しくて、食事だけでずいぶん時間をかけていただいてしまったのですが、ここからが本番ですよ~ (でもこの時点で私は90%満足)

皆でせっせと生姜の皮をむいて、細かく刻んでいきます。 包丁で細かく刻むの結構好き… (ストレス発散?)

e0166398_14362324.jpg


刻んだものを更にバーミックスにかけて、グイーンと細かくします。

e0166398_14364664.jpg


お砂糖投入。 「たくさん入れるんですよ」 とおっしゃってたけど、これだけ入れてもそんなに甘くないんです。(市販のものは、いかに砂糖どっさりかということですね…)

e0166398_14372100.jpg


スパイス類を入れて、火でコトコト煮ます。 なんだか、パエリアみたいになりました~

e0166398_14371834.jpg


煮ている間に、またもお手製のデザート 「紅玉と白花豆のデザート」 (←正式名?)を頂きます。
カフェ開いてくださったらいいのにー、と思うのは私だけじゃないはず…

e0166398_14373477.jpg


ひとつひとつのお道具に至るまで、センスが感じられて…

e0166398_14375164.jpg


楽しくデザートを頂いているうちに、完成です! emoticon-0137-clapping.gif

e0166398_1438895.jpg


煮沸消毒した瓶につめていきます。

e0166398_14382467.jpg


熱いうちにこうやって逆さにすると真空になる(?)とかで、長持ちするようになるんですって。
蓋をあけてからは1ヶ月、開けなければ2ヶ月もつのだそう。

e0166398_14384159.jpg


ラッピングも可愛らしく。

e0166398_14385568.jpg



この日作ったジンジャーエールの素、既に我が家では半分近く消費してしまいました。 生姜は身体が温まるので、今の季節にぴったりですよね♪

ちなみに私は、ここにSYママのお友達のご実家で採ったというハチミツを入れて飲んでいます。 ソーダで割って飲むより、実はホットで頂く方が断然美味しいので驚きました。

ヨメコ先生、皆様、素敵な時間をありがとうございました♪


朝晩はすっかり初冬の寒さになったソウル。 風邪を引かないよう、温かいお茶を飲んで予防します~ emoticon-0162-coffee.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.
t
by yossy_kr | 2014-11-06 00:00 |     生活雑記

安東&慶州2泊3日旅(9) 慶州はネタの宝庫だった!

e0166398_2055779.jpg


2日連続のUPです。

上の写真に 「Beautiful Gyeongju」 と文字入れしてありますが、それは慶州が市のスローガンが 「Beautiful Gyeongju」 だからです。 ブログを書くために慶州を検索して知りました。



さて、観光も終わって宿に向かったのですが、SY(夫)がギリギリで予約したペンションというのが あまりに凄かったので写真を載せようか迷ったのですが、ある意味ネタ的に面白いなと思ったので載せてみます。 ペンションの名前は分かりません。

真っ暗闇の中、歯の抜けた管理人のオジサンから鍵をもらって部屋に入ると…

e0166398_2055163.jpg


アラブのラブホテル…? (←アラブに失礼です。)


とにかくクタクタだったので、くまさんemoticon-0134-bear.gifをロッキングチェアーに移動させて、お休みなさい…emoticon-0171-star.gif

(ロッキングチェアーの背後の絵、なにげにフランスの結婚式の模様?です。 貴族の方々が乾杯とかしてます。 新婚旅行客向けの部屋だったのでしょうか。)

e0166398_20553124.jpg


そして、朝。 おはようございまーす。 emoticon-0134-bear.gif

外に出てみます。



・・・・・・・・・・・。

e0166398_20563389.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

e0166398_20564433.jpg


遠くに見える別のペンションは普通なのに・・・・・・・・・・・・。

e0166398_20554592.jpg


気を取り直して、室内に入ります。 クマさん、おはよー。 emoticon-0134-bear.gifおはよー

朝日に照らされると、ますます柱の青いタイルが輝いて見えるねっ!

e0166398_2056576.jpg


お陰様で、ジャスミン姫の気分が味わえました。 (ウソ)


そして、ロッキングチェアーに座り、やたらデコラティブなテレビで 「韓国のキムチは栄養価が凄いです」 的な情報番組を観ます。

e0166398_2055554.jpg


なんだか楽しくなってきたので、色々写真を撮ってみることにしました。


部屋のドアから繋がっているコンサバトリー的な一角には、このようなジェットバスが付いています。(私は入る気にならなかったけど、SYは自分が予約した宿だからか頑張って入っていました。)

e0166398_20561490.jpg


ジェットバスの隣には、なぜか5メートルぐらいあるプールも付いていました。 使う人、いるのでしょうか?

e0166398_20562364.jpg


SYに、「こんなんで1泊20万ウォンとかって、本当に腹が立って仕方ないんですけど!」 と怒りをぶちまけたら、「だってほら、プールも付いてるからそんなもんだよ」 ですって・・・。

私が安東の北村宅(過去記事)を予約した際、「おじいさんの家みたいな場所に泊まるだけで20万ウォン~?」 と不満そうに言っていたSYさん。。 同じ20万ウォン払うなら、北村宅に払う方が500倍ぐらい良いです!



そもそも、こうなってしまった理由は、SYが 「慶州のホテルで働いてる大学時代の同級生がいるから、部屋を探してもらう」 などと言ったから。

こういう調子のいいこと言う人って居るんですよね…。 交友関係の広さを誇示したいのかは分かりませんが、「○○なら友達/知人がいるから、頼んでやってもらうよ」 みたいなことを言う人が…。 本当に親しい人に頼むならともかく、大した知り合いじゃない人に頼むなんて、普通だったら申し訳なくて出来ないと思うのは 私だけなんでしょうか…。 それに大抵のことは、自分でパッと調べた方がずっと早いです。

案の定、その同級生とやらは ご多忙のためなのか 何もしてくれませんでした。 (想定内)


私がしびれを切らして韓国観光公社さんに電話をし、宿情報をもらって予約しようとしたのですが、意地になったSYが 「自分で探して予約する!」 と言い張り予約した宿がここだったのです。

(蛇足ですが、普通の宿情報サイトでは空き室のあるホテルが見つからない場合でも、韓国観光公社さんに電話すると いくつも紹介してもらえます。 電話番号は「1330 (韓国国内)」、情報はこちら。 ←但し、予約はしてもらえないので、自分で直接宿に連絡しなければいけません。)


もう、2度と彼には宿泊関連に手出しさせません。 emoticon-0132-envy.gif



さて、気を取り直して続きをいきましょう。 チェックアウトした後は、仏国寺へ向かいます。

e0166398_20565489.jpg


仏国寺は、韓国仏教界の最大勢力である曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の寺院。
1995年、石窟庵とともに「石窟庵と仏国寺」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

e0166398_2057322.jpg


コインに描かれている塔…だったと思います。 ↓

e0166398_20571568.jpg


と、SYの同僚さんにバッタリ出くわしてビックリ。 連休中って、皆さん行くところが決まってるんですね~emoticon-0104-surprised.gif

e0166398_20572442.jpg


セウォル号の事故の後だったので、黄色い横断幕が掲げられていました。

e0166398_20573514.jpg


奥に見える急な階段、怖かったー!

e0166398_20574655.jpg


SYは私に石窟庵(ソックラム)も見せたかったようなのですが、車も入ることが出来ないし、バスもあまりに行列で待つ気がしなかったので止めました。 SYは凄く残念がっていたけど、またいつか機会があるでしょう。


時間もできたので、ご飯を食べて 「そろそろソウルに戻ろうか」 ということに。

e0166398_20575698.jpg


高速に乗って3時間ちょっとだったでしょうか。 ずっと運転してくれたSYさん、お疲れ様! emoticon-0115-inlove.gif

e0166398_2058551.jpg



色々思うところもありましたが、なかなか充実した安東&慶州2泊3日旅となりました。


正直、以前は 韓国国内を見て歩く事に興味が持てなくて、8年住んでる割に訪れたことのある韓国地方都市の数は少ない方だと思います。

でも、最近は少しずつ私の気持ちも変わってきて、たまにソウルから出て 韓国の他の都市を見てみるのもいいものだなーと思うように。

今回は安東が素晴らしかったので、両親も連れて行ってあげたいなと思いました。



また連休があれば、魅力的な地方都市を探しに出掛けてみたいと思います。 emoticon-0115-inlove.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2014-11-01 00:00 |     地方都市観光


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

人気ジャンル