<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

引越し工事にまつわるエトセトラ

e0166398_15445468.jpg


調子に乗って本日2本目の記事UPです。

11月末にホンデから京畿道へ引越しをした…という話はブログでも既に書いたと思います。 ツイッターでは色々呟いてしまっているので、ブログではどこまで書いたか思い出せません。

それまで住んでいたホンデの家は借家だったのですが、「チョンセ」という韓国独特の家賃制度で借りていました。 日本円にして数千万円という大金を保証金として大家さんに預ける代わりに、家賃が一切無料になるという摩訶不思議な制度です。 (銀行金利が下がった今、チョンセで貸し出している家は本当に少なくなったし、いずれ完全に無くなるとも言われています。)


我が家は去年の8月で満期を向かえ、「さらに2年更新OK」 と大家さんから言われていたのですが、突然大家さんから 「会社をクビになり、お金も無いのでホンデに戻らなければならなくなった、出て行ってほしい」 と言われて家を探す事に。。

もう、これが 本当に大変だった んです! 007.gif


最初、同じホンデ内でチョンセで家を借りる事も考えたのですが、どこもあり得ないほどに値段が跳ね上がってしまい、このエリアで新たに家を借りるのは難しいと判断。 京畿道であれば ホンデでチョンセで家を借りるのと大して変わらない金額で家が買えてしまうと分かったため、SYママ(義母)の住むアパート群(日本で言うマンション)の敷地内に家を購入することにしました。

SYママと同じ敷地内に住めば、車を買わずに済む (今までのようにシェアして使っていられる) というのが 実は私の中では大きかったのですが… ←理想の不動産を手に入れるまでは動産に大金を使いたく無い



引越しの最後。 ベンジャミン君(植木)が悲しく運ばれていきます… ↓

e0166398_15451162.jpg


こうやって見ると、キレイな家でしたね… 「グリーンの竹薮模様」「赤い花柄」だった悪趣味なリビングの壁紙を、私達が自腹で張り替えてあげたからなんですけどね… なのに2年しか住めなかった。。

ホンデの家は3階にあったのですが、ベランダから顔を出すとちょうど柿の木が見えたりして最高でした。

e0166398_15452246.jpg


それまで私は 「アスファルトジャングル、最高~!」 と信じて疑わなかった人間だったのですが、「やっぱり緑が見えている場所じゃないと住めない」 と思うようになったのも、この家がきっかけです。



それにしてもホンデの大家さん…

2年前に家を借りる契約をした時と比べて、10年ぐらい老けちゃってました。。 SY曰く、「リストラされたから苦労したんだよ…」 と。 まだお子さんも小さいのに気の毒です。


これから結婚などで韓国にいらっしゃる方が、韓国の素敵情報ばかりブログなどで見て 後から現実を知ってショックを受けないために書いておきますが、最近の韓国は本当に働く環境が悪いです。。

大家さんのみならず 私の友人の旦那さんもリストラに遭いましたし、とんでもない給料しか出さない企業も山のようにあると聞きます。 私の業界すら (あまり書けませんが) あちこちで大変なことになっています。

本当に悪い事は言わないので 女性も経済力を身に付けないと大変なことになりますよ、というのが、韓国の今の状況です。 子供を産んでも、月曜から金曜は祖父母に子供を預けっぱなしにして、自分たち夫婦は共働きというご家庭、本当に多いです。 ←SYの従兄弟の家もそうしていました。



e0231876_0251970.png




さて。 今回の記事のタイトル、「引越し工事にまつわるエトセトラ」 ですが、ほんと、今回の引越しを通じて私は改めて 「韓国とは!」 というのが よ~~く分かった気がします。

e0166398_15453136.jpg


ちょこちょこリノベーションを入れたので、入れ代わり立ち代わり業者さんが入ったのですが、ブラボー!と拍手をあげたいのはバスルームのガラスを担当してくれたアジョッシ(おじさん)一人だけ。

あとは本当に「言いたい事が山ほどあるけど我慢してやる!031.gif」というレベルでした。

郷に入っては郷に従えですから、韓国に住んでいる以上、細かいことでいちいちクレームを付けたりカッカと怒る方が間違っているというものです。  …と悟れるほどに、色々ありました。

e0166398_15454084.jpg


それでも、「こいつ この人だけは絶対許さん!031.gif」 と思ったのが、リビングのタイルを担当したアジョッシです。

e0166398_15454879.jpg


物凄く仕事は早かったし、遠めではキレイにやってくれていたので 「おおっ」 と最初は感動していたのですが…

(アジョッシ自身も こういう壁にタイルを敷き詰めたのは初めてだったようで、「キレイに出来た」 と大満足。 「別のお客さんにも勧めたい」 と写真まで撮っていった程。 元々このアジョッシはバスルーム担当が多いタイル屋さんだったようで。 私達が乙支路の浴室工務店でバスルームのリノベーションを発注した際に、「もしかしてリビングの壁もタイル張りにしてもらえますか?」 とお願いしてやってもらうことになったのです。)

e0166398_15455733.jpg


はい、完成~♪ ずいぶん早いですね~と喜んでいたところ…

e0166398_1546694.jpg


あら? ゴミとかキャップらしきものが散らばったまま帰っちゃいましたけど。。

e0166398_15461528.jpg


SYは目ざとく アジョッシが使った板やコンクリートの塊(?)を部屋の隅に見つけて、「これは持ち帰ってください」 と言ったのですが、アジョッシは 「また後で来る別の人間が使うから置いて行きます」 と言って置いていきました。

でも後日、次々と業者さんが入っても、誰一人としてアジョッシが残していった大きくて重いセメントの塊を使うことはありませんでした。。


しかも、極め付けがこちら。 コンセントの部分がこんな状態のまま放置されましたよー。↓

e0166398_15462482.jpg


申し訳ないけど過去の引越し&工事経験から、韓国の業者さんには元々多大なる期待はしていませんでした。

が、が、 これは酷すぎませんかー? 007.gif



考えてみたら、この時(下の写真)からおかしかったんです。 とっくに工事は終わったのに、いつまでもコンセントの穴からアジョッシが離れなくて。 側に居た壁紙業者のアジョッシまで 「どうしたの?」 と言って覗いていたし。(そして壁紙業者のアジョッシが頑張ってはめ込もうとしてケガして流血していた、、)

e0166398_15463762.jpg


SYが工務店に連絡をしても 「タイルのアジョッシは別の人が直すと言ってるので少し待っていて下さい」 の繰り返しで。

が、後日来た別の業者さん達も 「私はできません」 の繰り返し。

さすがのSYもブチ切れて、「誰でもいいから早く来て直してください! ゴミや不要機材も全部持ち帰ってください!」 と何度も何度も電話をし、本当に心身ともにストレスな日々を過ごしてしまいました。 今こうやって書いていても腹が立って仕方ありません。


しかも、このタイルのアジョッシ、我が家のベランダの花壇の上でビニールシートも敷かず直にタイルを切り刻んだため、土の上にタイルの粉塵が散乱しまくり、土、全部死亡です。。 何か植えたければ、土を全部入れ替えなければなりません。

e0166398_15464820.jpg


(この写真を撮った時はゴミはどかしましたが、この花壇の上にもゴミを放置したまま帰られました…)


e0231876_0251970.png



上のタイル工事のアジョッシが一番ヒドかったのですが、その他の業者さん達も、多分日本の皆さんから見たらありえない感じの工事だと思います。

下の写真は、我が家の玄関ホールです。 もちろん、本来土足で入っていいスペースではありません。 が、韓国では工事をする際、ビニールシートで家を覆ってくれるなんてことは無く (よっぽど高級な業者は分かりませんが)、そのまま土足で入り込まれます。 よって、こんな惨事に。

玄関周りの壁紙も全部交換した後だったのに、早速壁紙に汚れが付き、2箇所はがれました。

e0166398_15465938.jpg


最後に入ったバスルームの業者さんだけは、私の無言の圧力を感じたのか 玄関ホールにはダンボールを敷いてくれたのですが、機材を運び込んだ隣の部屋はこんな惨状に。

e0166398_1547926.jpg


これ、本当にひどいです…

私達が引越す前ならともかく、これらの工事は引越し後、つまり家具も全て搬入し、私達が住んでいる状態で行われた工事です。 足跡だらけドロだらけの家で何日も何日も過ごさなければいけないストレスは相当のもので、本当に今考えてもゾッとします。。

こんな惨事 (引っ越し後に業者を入れること) になってしまったのは、「引越し当日に同時に大金を動かす」 という、韓国の摩訶不思議な引越し制度のせいだったのですが… これを書き始めるとまた長くなるので、いつか気が向いたら書きます。




それはともかく、新しい我が家も高層アパートの3階でして、最初は「えっ、高層アパートなのに3階…?」 と思ったのですが、家を見に行って室内に入った瞬間に 「絶対ここがいい!」 と即決でした。

だって、見晴らしが素晴らしかったんです!

e0166398_15472177.jpg


新居はホンデと違って繁華街でもないし、職場からも遠くて色々不満はあるものの、家自体については本当に満足しています。 敷地内も緑が豊かで、私達が引越してきた11月末はギリギリで紅葉が楽しめました。

e0166398_15473181.jpg



色々と文句を書き綴ってしまいましたが、これはあくまで我が家の引越しの場合であり、韓国全てに当てはまるものではないとご承知おきください。 (似たり寄ったりだと思いますけどね…)

例えば、駐在員の方が日本の引越し業者を使ったり、日本語が通じるような高級代理店を通じてあれこれ作業なさる場合は、もっと快適だと聞いています。 なんでもお金次第ですね… ふ、、、 044.gif


新居のことについては、また追々少しずつ書いていきたいと思います。



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2015-01-22 00:00 |     整理収納・インテリア

さらさらパウダースノーのパッピンス店、WICKED SNOW

e0166398_12374692.jpg


またも久しぶりのブログ更新になってしまいました。

年末年始、SY(夫)及びSYの従兄弟(大学一年生)が東京に来たので実家に泊まらせ、毎日朝から晩まで付き添って東京案内していたのですが、彼らが帰国後、私は完全ダウン。。。042.gif

幸いインフルエンザではなかったのですが、こんなに長い間 寝込む風邪を引いたのは随分久しぶりでした。

多分、秋からの疲れも溜まっていて、一気に噴出したのだろうと思います。 これで身体の中の悪いものを完全にデトックスできていればいいのですが。



さて。 年内は引越しに伴って本当に色々な事務作業が入り、学期末の業務と相まって本当に大変でした。

私やSYが居ない時は SYママや義妹ヘランちゃんが我が家で工事の監督をしてくれたり、役所関係に行く時にも同行してくれたりと、本当に色々手伝ってくれて大助かり。 2人がいなければ、とても全てをこなせなかったと思います。


役所へ書類を取りに行った帰りにヘランちゃんと立ち寄ったのが、パウダースノーのパッピンス店 「WICKED SNOW」。 →お店のホームページ(韓国語)

e0166398_12375687.jpg


1年ぐらい前から色んな場所で見かけるようになりました。 ちょうどソウルではミュージカル「ウィキッド」が上演されていて その頃に出てきたお店だったので、私などは 「これって何か関係あるのかな?(ただの便乗?)」 と思っていたのですが、実際はどうなんでしょうね。


12月に行ったので、まだクリスマスのディスプレイがされています。 ↓

というか、クリスマスが過ぎても普通にクリスマスの飾りが残されたままのことが多い韓国なので、1月末の今でもきっとサンタさんはくっついたままな気もしますが…

e0166398_1238546.jpg


この店舗は我が家(京畿道の新居)の近くで、観光客の方はいらっしゃらないような場所なので場所の案内は控えますが、WICKED SNOW自体は本当にあちこちにあります。

例えば、ホンデエリアの弘益大学正門に向かって左手数軒目にある雑居ビルの2階だったか3階にもお店が入っており、道路から見上げるとすぐ分かります。

e0166398_12381570.jpg


パッピンスの専門店だけあり色んな種類があったのですが、なんとなくマンゴーの気分だったので 「マンゴービンス」を注文。

冬だからでしょうか、全品2割引になっていました。 ラッキー♪ といっても、マンゴービンスは元値が(確か)9000ウォン。 5000ウォンでチゲが食べられる国でデザートが9000ウォンですから、考えてみたら決して安くは無いですよね。 (というか、めちゃめちゃ高い。 というか、韓国は洋食モノ全般が本当に高い!)

e0166398_12382385.jpg


季節柄マンゴーは冷凍でしたが、なかなか美味しかったです。

そして、何よりこの氷! タイトルにも書いたように本当に 「さらさらのパウダースノー」。 めちゃくちゃ美味しかったです。 韓国のパッピンスは氷が本当にふわふわしていて美味しいところが多いですよね。 だから 「どの店のパッピンスが一番美味しい」 とは一言で言えないですが、WICKED SNOWの氷も個人的にはとっても美味しかったです。

e0166398_12383341.jpg


あ、量ですが、韓国式なので1人分というのはありません。 これで2~3人分。 夏なら2人でシェアでいいのでしょうが、この日はマイナス5度ぐらいの寒い日だったので、2人でシェアでは量が多すぎました。。



今まで義妹ヘランちゃんとは2人だけで遊びに行くようなことは無かったのですが (←だってヘランちゃんと私って全然タイプが違うんだもん…)、、今回の引越しにまつわる諸々で彼女と2人だけで出掛ける機会も増え、ぐっと親しくなれた気がしてよかったと思っています。

「オンニ(姉さん)」 と呼ばれながら一緒に肩を並べて歩くのは、なかなか楽しいものですしね。 016.gif



ヘランちゃん曰く、「既婚の友達に 『兄夫婦が同じ敷地内に引越してきた』 と言うと、『えーっ! お義姉さん(私の事)、よく近くになんか住むね。 私なら義理の両親宅の近くなんて絶対イヤだ!』 と声を揃えて言う」 そうですが、今のところ私にとってはありがたいことが多いです。

それは、SYママが相当~~私に気を遣って 放っておいてくれているからだと思いますが。
(反発されるのを恐れず言うなら、女性も仕事を持ってると色々な面で免除されたり気を遣ってもらえてラクでいいです、本当に。)

多くの韓国のシオモニが要求するように、「頻繁に家に来い」 とか 「安否電話しろ」 と言われたことは一度もありません。



が! が!!

話が脱線してもいいですか? 034.gif


常に気遣いをしてくれるSYママではありますが、息子夫婦が近くに家を買ってくれて やはり嬉しくてたまらないようで、私が留守中に勝手に自分のアジュンマ友達を家に入れて自慢してくれちゃったことがありました。027.gif

その時はさすがに、「絶対やめてください~~!031.gif」 と強く怒りました。。


SYママも最初からやってはいけないことと認識はしていたようで、私の帰宅を見計らって即電話をよこして 「お前の家って素敵じゃないか」 と前置きで誉めそやしつつ、「だからね、実はオモニの友達に見せたくてね…」 と謝ってきて…

当然ながら私に怒られちゃったわけですが、絶対嫁に怒られることが分かっていても友達に 「ウリアドゥル(うちの息子)が家を買った!」 と自慢したくて 嫁の不在中に勝手に家に入るのだから、親ってそんなもんなんですかね。。


「気を遣うし面倒なことが多いから、義理の両親の家の近くになんか絶対住むもんじゃない」 と言い続けていたのはSYママ自身なんですけどね。 ふ、、



本当にタイトルと全然関係無い話題ですみません。 この辺でやめておきます。 042.gif



人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

by yossy_kr | 2015-01-21 00:00 |     その他エリア


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル