オードリー・ヘップバーン展 @東大門デザインプラザ(DDP)

e0166398_2055423.jpg


現在、東大門デザインプラザ(DDP)で開催中の 「オードリー・ヘップバーン展」 を観に行ってきました。
メモ程度に簡単にUPしておきます。

e0166398_20471181.jpg


まだ出来て新しいDDPでのエキシビションということもあってか、チケットは大人13000ウォンもしました。 私が韓国に来たばかりの頃に比べるとビックリするような金額だったのですが、最近はどこもこんなものなのでしょうか。


展示内容は、オードリーの出演映画の一場面の写真展示や、撮影で着用した衣装の展示など。
(会場内は撮影禁止だったので、写真はありません。)

ガラスのショーウィンドウに入った映画のワンシーンパネルを見て周るのがメインなのに13000ウォンは高すぎやしませんか~?042.gif と思ってしまったのですが、可憐なオードリーの写真はやっぱり見ているだけで心ときめくものがありますね。


衣装の展示は、私がパッと見てすぐに分かるようなものは全くありませんでした。

借り受けるのが難しかったのかもしれませんが、例えばマイ・フェア・レディーで着た衣装とか、ローマの休日で着た衣装とか、誰もが見て 「あ! これ見た事がある」 と思えるようなメインの展示物が無かったのは かなり寂しかったかなという印象です。

e0166398_20464750.jpg


オードリーの出演作品を年代順に追った動画をフルで観ても、全部で30分ぐらいで観終わったかな?
私もそうだったのですが、あの辺りに出掛けたついでにフラッと立ち寄るには丁度良い感じだと思います。


会場の外には、オリジナルグッズ販売スペースがありました。

e0166398_20472812.jpg


下の写真集、今回のエキシビションで展示されていた写真の(恐らく)全部を収録してあったのですが、これは本気で欲しい!と思いました。 かなり分厚くて立派な本でしたが、なんとお値段も立派で7万ウォンですって…

5万ウォン以下なら間違いなく買ってましたが、さすがに7万ウォンは即決できませんでした。。

e0166398_2047474.jpg


通路に設置されていたピンクの壁(?)のようなものに 女の子たちが群がっていたので近寄ってみると、オードリーの名言があれこれ書かれていました。

e0166398_2048540.jpg


自分の近くにあったものを適当に撮ってみたのですが、なかなか良い言葉だったのでご紹介しますね。↓

e0166398_20483336.jpg


Nothing is impossible, the word itself says "I'm possible".

これ、下に韓国語訳が付いてますが、韓国語で読んでも「???」だと思います。 ちなみに日本語に訳すと 「不可能なことは何も無い。 単語自身が「私はできる」と言っているのだから」 となります。 これだけじゃ意味が分からないですよね… でも英語で見ると、「あぁなるほど」。

英語で「不可能」は「インポッシブル(impossible)」ですが、最初のアルファベット2つ(iとm)を後ろと切り離すと「im possible」→「I'm possible (アイム・ポッシブル、私はできる)」 となりますね…という、オードリーの言葉のシャレなんだと思います。 素敵ですね♪



久々にオードリーの写真を大量に見て、自分の女子力の無さに愕然としました。
まずはオードリーのスッとした立ち姿をイメージし、日頃から気になっている姿勢の悪さから直したいな。


オードリー・ヘップバーン展は3月8日までの開催なので、興味がある方はお早めに。




人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

# by yossy_kr | 2015-02-14 00:00 |     ミュージアム

ホングァンホさんコンサート「HONGCERT」 @オリンピック公園

e0166398_2334662.jpg


先日8日の日曜日ですが、홍광호(ホングァンホ)さんのソロコンサートに行ってきました。

韓国ミュージカルに詳しい方にはお馴染みの方だと思いますが、ソロでコンサートを連続3日間やれてしまうぐらい、ミュージカル界では有名で人気のある俳優さんです。

現在はロンドン・ウエストエンドで「ミス・サイゴン」に出演中の一時帰国ということで、コンサートのサブタイトルも 「Letter from London」。 お名前が「ホン・グァンホ」さんだけに、「コンサート」ならぬ「ホンサート」となっているのが面白いですね。





場所はオリンピック公園のコンサートホール。 久しぶりに行きましたが、大きすぎず小さすぎずでちょうどよいキャパのホールだと思いました。

e0166398_110128.jpg


単独コンサート連続3日間でここまでお客さんが入っていれば上出来ですよね。

私は3日目の最終日に観に行ったのですが、一緒に行った幼い頃からのディープなミュージカルファンの方は、1日目も観たそう。

e0166398_1104660.jpg


一番お安い55000wの席でしたが、彼女が頑張ってチケット発売直後に予約してくれたお陰で、とっても観やすい席でした。 ありがとうございます~♪



簡単にコンサートの感想を書きますと、とにかくグァンホさんの歌声は素晴らしかったです! 016.gif

声量もすごいし、聴いていて全然危なげないし、オールマイティーに色んな歌を歌いこなせてしまう方なのだな…と。 歌声のクオリティーとしては、間違いなく★★★★★(星5つ)でした。


が、が、「コンサート」としては、★★★☆☆(星3つ)だった、というのが正直な感想です。

というのも、コンサートというより、「ホン・グァンホ・オン・ステージ」だったのです。。


一緒に行った彼女は 「おじさんがカラオケで歌う曲メドレーみたい」とシビアなコメントをしていましたが、まぁ正直そんな感じでした。 グァンホさんの提案なのか、芸術監督のアイディアなのかは分かりませんが、「これもどうだっ、あれもどうだっ」 と歌いたい曲をまとまりなく詰め込んじゃいましたみたいな…



1曲目でグァンホさんが登場する前に なぜかスクリーンで2曲ほどグァンホさんの過去のコンサート映像がダラダラ流れたのですが、そこから 「あれ?」 と思い始めたのですが、その直感は正解でした。。


ようやくグァンホさんが登場し、「ミス・サイゴン」のナンバーを英語で歌ってくれたのは凄く良かったし、韓国ミュージカル「パルレ」や「レ・ミゼラブル」などの楽曲も歌ってくれたのは凄くよかったです。 でも、同じレミゼでも 「stars」は英語で歌い、「bring him home」は韓国語で歌っていたのは 何となく「あらら?」…



その後は、見事に色んなジャンルの曲がミックスしてました。

なぜかトロット(演歌みたいなもの)を歌いだしたり、韓国やイギリスのヒット歌謡曲を歌ったり。 韓国の童謡メドレーも歌ってました。(私は「へぇ、良い曲だな」と思ったのですが、韓国人のお客さん達は最初笑い出してました。 日本でいったら、ミュージカルスターが突然「ぞうさん」を歌いだしちゃったイメージでしょうか)


それから、なんといってもMCが長過ぎました… 042.gif

グァンホさんのお話はもちろん面白かったのですが、歌ってる時間以上に話してるというか。 しかも途中、「ミュージカルソングじゃない曲もたくさん歌いますが、今日はミュージカルの舞台じゃなくコンサートだからいいですよね!」と御自分で正当化しちゃってたりもしたし…。

多分私は、スターさんには「スターらしい毅然としたカリスマ性」を求めてしまうのかもしれません。



他にも色々感想はあるのですが… この辺にしておきます。



グァンホさん、本当に美しい歌声だし人柄も愛すべきキャラクターという感じでやっぱり大好きなのですが、次回コンサートをなさる時はぜひ もうちょっとスターらしい選曲と舞台演出でお願いしたいです。042.gif



最後の最後、アンコールで歌ってくれた「ジギル&ハイド」より、「This is the moment」。 韓国ではミュージカルファンじゃなくても知っている、有名なナンバーです。 やはりナマで聴いても素晴らしかったですよ♪






本場ウエストエンドで活躍中のグァンホさんではありますが、ホームシックなどから鬱病になったとも話してらっしゃいました。 海外で生活するということは、思った以上にささいなことでストレスが溜まることなんですよね…

(歌うときのグァンホさんは素晴らしい英語の発音をしていらっしゃいますが、実際は「英語はほとんど話せない」とおっしゃってました。 生活面でももちろんですが、特に仕事上で意思疎通が上手くいかないというのは、本当にもどかしくてストレスだろうと思います… 私も経験ありますから。)


ウエストエンドでの舞台が終わって戻ってらしたら、ぜひソウルでの舞台も応援しに行きたいと思います♪




人気ブログランキングへ ← 1日1回、ぽちっとクリックしていって頂けたら嬉しいです☆


●ブログに掲載した店舗情報は、あくまで その時点のものであることをご了承ください。(韓国は驚くほど移り変わりが激しいです)
●ブログ内の画像や文章の無断使用・転載を禁じます。 Copyright(c) yossy All rights reserved.

# by yossy_kr | 2015-02-13 00:00 | 楽  舞台・ミュージカル


2007年よりソウルで暮らすyossyの備忘録。ご連絡はツイッター(@yossywld)まで♪ instagram(@yossy_wld)もやってます。画像・文章の無断使用を禁じます。


by yossy

カテゴリ

カフェ 弘大
    梨泰院
    狎鴎亭・清潭洞
    カロスギル
    仁寺洞
    三清洞・北村
    景福宮
    付岩洞
    城北区
    明洞
    新村・梨大
    その他エリア
.
食  韓国料理
    和洋多国籍
.
楽  舞台・ミュージカル
    ミュージアム
    整理収納・インテリア
    雑貨・市場
    ソウル観光
    地方都市観光
    生活雑記
    日本帰省
.
他  ごあいさつ
    カメラ
    出版物

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...




海外旅行ブログ su・te・ki worldへ


各種ご連絡はtwitterまでお願いします




ブログランキング参加中




Copyright(c) yossy
All rights reserved






フォロー中のブログ

ブログジャンル

海外生活

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル